Skip to main content

Full text of "Tanpen shōsetsu Meiji bunko"

See other formats


, LIBRARY OF THE 、 
UNIVERSITY OF ILLINOIS 
AT URBANA-CHAMPAICN 

PL 
700 
,M41 
no .4-6 




明 文 庫 莠 S1| 

緣外钹 f 牛 露 件 一 

i= 人 爽 3 んー 

新學 {3" § ん 一 

眉 3 んー 

隅 田 川め 秋 田と 化^ 一 

ー扃. ^を!、 子 t.;JS えへ お 一 

^ ^ M K 人 一 




明治 文庫 第 四 



0^0 



蝸牛 露 伴 



たび みちづれ あち L 

二) 旅に 道 連の 味 C 知らね^ 



をん こど 

ffi ハ情 わる 女の 事 



がた どころ! 

但し < ^乙 やらに 怖 S 所 あ. 難 S 所 一 



われ わんら いし やれ .J どし をき ど を もの た 

我元來 洒落さい ふ 事 を 知らす 數奇さ 唱 ふる あらで 唯 ふら 



しゃく から お で、 むし 5 か こ、 ろ や 

さ 五 尺の 穀を負 ふ鹏 牛の 浮れ 心 止み 

がた ど 5 ざ S をん ゆく は た はっか かく yjf め おから ねよ よ み ど 5 せ S わ $ ^sf- 

難く 柬西 南北に 這; 5ま は. て璺, 束な き 角 頭の 眼に 力の 及ぶ だけの 世お 見た く、 い^、 らば 當世江 口の 君 

*-5tJ か f ち {ゎ ケく さま こ S せん ゆ ばい をし かま さど ど ほ つゆ は くさ A ど、 せみち 

の {怖 假さ卞 宇治の 華族 樣香 煎. 攝 一杯 を 惜み玉 ふ <w も關 はじよ、 里 遠し い^ 露 さ 寐ん草 まくら <kjn 了 Mas 

のく ひど たびよ ふけ の <y ゑ つか どき ぎん かいめ 5 やが もろ f> づゑ をち 

奧の獨 旅 夜更て gl^ 末に 疲れたる 時の 吟、 それよ 6 露 伴ゥ. J 戒名して 頓て 脆く も 下 枝 を 落な ば、 摺附木 S 

せ 5 ぶつ たい ゆく かげた .3^ ら あたり ん、 5 を こけ あほ を だけね が ね £ど 

.f^.-o て成佛 する 大木の 裔 小暗き 近邊 に、 何の 功 を. 爲 さ^る 若の 碧み を 添 へん. 1^ の 願 ひに て、 B 語にば 

しづ< 

か, 滴水^, 



は か せんせ 5 こ むふん ベつ をき ど. a ろ われ あき ほビ 3 だ 

試みに 浮世 を、 かば やさ 果敢なき 僭上 是れ 無分別なる 妄想の 晋所、 我から 呆る ゝ程定 



こんば くち 5、 さ 3 よ ひ ねんら.?" みづか わら せろ て. &m> き こ-,.' ケ 5 お ほ 

まらぬ 魂魄 宙宇に 彷德し 三十 年來、 自ら 笑 ふ 一 生定 力なく 行藏 多, 



sif ふか こ t} ん のこ 

業 風に 吹る さ 古人の 遺されし 金 句 



綠外緣 



どし いちた ふゆ はんや か はは 《- さわ をつ ゆ ふぐれ &stt ひや ほね た かん を こ Kit みつ A f ? 

k, 歲の 市立つ 冬の 半夜 蝙蝠 疆ぐ 夏の 夕暮 な.^ n 膽を 冷し 骨 を 焚く 威 じ を 起す 事 も わ. o しが、 三日 坊ま 

いつ どきせ 5 じん あど てう^ ころ お 5 せんじ をく L ら r* たけ R. ど S 

の ー將 精進、 後ハ ゆった. CS のった. o.^ て、 丁度 明治 二十 二 年 四月の 頃 $:、 中禪 寺の 奥、 白 根が の 下湯 

«• み かくしゃ .5-く,^:-ら しゅげ ふ か やま ひ やし ひ ゐ あ W がた ゆ き、 め たん ま ゝ ゆ 

の 湖の ほさ 6 の 客舎に 五目 幷べ の 修業お 兼て 病 腐お 養 ひ 居た. y し k 有難き 温泉の 功 能、 忽ち; 牛 愈す る や 

ひ を せ 5 ぶ UK . ^上 5 べん き だ もどき みち かへ きら G ていしゅ これ さき ゆ みちを 

否、 丈 4K 素よ. 存す 衝天の 氣 など さいき. 出して 元 來し道 を 歸るを 嫌; so 御 亭主 是 から 先へ 行く 道 nil 

— ビ,, 3 こゝ ゆき どま t &か み ビほ まへ まへ しらね をく しらね く& 5 へ あた a だ & 

いかさ 問へば。 < ^う も此處 n 行留. ^の 山の 中、 見ら るゝ通 前 ハ前白 根 奧白根 雲の上 k 頭お 出して 居る 

しまつ ど ざん つ むづ をのつ *• 上 こて は, F- こんせ ぃど,^ げ ケく 上 こ むら どうげ このて, 5 さ 5 か S づけし もつ- *- .,-5 二く さ pk- 

始末、 登山 ハ夏 さへ 六 かし、 其 續き橫 手の 方 n 魂 精 W さ 俗に 呼ぶ 木叢 峰、 此 頂上 C 上野 下野 兩國の a^s^ 

やまく を かさ 50 うは/..' こ ゆ S- あ ひだ ぬ K? ゆ の いへ こど さら e こふ だ. SK; $ .ft まさ 》i ビく C ら 5 

山々折<^累な.<:^て當方ょ,o越る六里の間に暖湯飮むべき家もなし、 殊更 時候 大分 逢; 5 て 大澤德 次 良め た 

や しう め. S くわ や しほ まつ? か この あた 3- さ ま ff. いちめん なき 

は、 野 州の 名花 八 汐の眞 盛 ウ^れ.^ 此近邊 tt をれ もまお K かす、 况 して 崎 は 一 面の 雪 五 尺 六尺 谷間に 

つも を みちろ く L こどし こ ひど ゆび かづ た くら ゐ あ, y はんぶん 

は 積. 居. て 道 も 碌に は 知れす、 今年 はなって から 越した 人 tt 指の 數に 足らぬ 位、 さても 遊び半分 ど 

ゆ どころ おきやぐ さなせ ひ ち 5 せんじ もせ あし を こ 5 しんざん さどち か ま&ゃ S 

に 行かるべき 地に あらす、 御容樣 是非 もな し中禪 寺まで か 11^4 あって 足愿 さか 庚 .5. 山 £ か 里 近き 孫 山で 

けんぶつ. S た こどば われ みやこ そだ じ やく もの あ を^ ものぎ つむじ まが こんせ 5 あ 3 

も 見物 致されよ さの 言葉。 のれ 我 を都會 育ちの 柔弱 者と 侮った や、 其義 ならば 旋毛 曲. の 性根 天の 

e やき いきちみ く ゥ 3 こどぎ せいは も、 ひき ほをづ ねん ,y のビ 5 げ i& に ま «J こど 

邪.^ の 意氣地 見せつ け與 れんさ 詰らぬ 事に 僞勢 張ゥ、 股引も^ き細臑 踏み はだけ て 其 S. 何^の 事 あら 

やきめし つく わらじ かふ こ ?o をん ぎ た を みち かへ たも.. J ろ はふ.? fj やま かみ きか こわ 

ん燒飯 作れ 草鞋 買て 來ょ、 少しば か 4 難義 でも 同ト 道を歸 るよ 6 面白 からん に 鼻歌お 山の 神に 閬 せて 越 

I ど , ほ 5 • こど ゆき々 つ 1* かく こ J> L6 < は さか. S あん をい. L やや ど しか 

ん。 さてく 途方もない 事、 雪沓なら でハ 中々 凍 ゆべ し、 强て S ならば 國 境まで 案 內者僦 はるべし、 然 

めいさん にく じゅ 上 5 ど おんやく た lef めし C せつわる もい け ふ S もの むかし たし & 

し 名產の 肉錢蓉 取つ て腎藥 にで もせん ビの御 思 召なら ば 時節 惡し、 醉興は 要らぬ 者ヒ 昔時よ ゥの敎 も あ 



めんせう こど. 5- わがい VJ ほ あん をい しゃ やど くつ か の、 し ももの 

る もの を。 面倒な 事 愚圖々 々せす さ 我 云 ふ 通りに せよ、 案内 者 は僦 ふべ し 雪沓 も 買 ふべ しさ 駡 A:.- て裙其 

3、 HL* くつ は t みたけば かこ W あん をい こゝろ の ほ 

饞にグ イ^ 端折, o、 沓 しっか <>さ 穿き 締め、 身の 丈 六尺 の 樵 夫 を案內 さして 心い さましく 登ゥ ける、 

て 5 きみ る ほや ひど 》3て もの めん ゆき.. i- ゎぺ こ ほ した やわらか だん < の は ゆ こ 5 は. 

四 五町ば か 4 求て 見れば 成程 人 は 嘘つ かぬ 者 一 面の 雪 表面 は 凍- =V て 下 は 柔 .1^><>、 段々さ登.c^行く勾配 

f Ltf f パ もこ ひる み あんみい しゃ し、 け か は くつ か をかん じき ふみこな ゆ 5 く あゆ K く 

急に.^ 6 麕々 滑る k 少し 萎みて、 見れば 案 內者は 猪の 皮 毛の 蛮 はきて 鐡雪橇 に 踏 答へ、 悠々^ 步む惜 さ、 

なけ われ い き は おひつ け そのた ほ を どこ この 50 は ゆき みち に わけ * & た K つた 

負 卜さ 我 も 息張 4- て 追 付ば 其 大男 ふ かへ. CS て 此通. の 雪 なれば 道 も 何も ある 譯で n 無ければ 谷を傳 

ゆ ぶん さま も が 3 んっょ しば. J をん じ5 しの そうこ £ 'ほ. S はげ か は て £■ せ 5 たつ 

は. て 行く, たけの 分、 おなお 樣 若し 堪忍 强く 少時の 難 a を 忍ばれるなら 一 層 勾配の 烈しき 代う 頂上へ 達 

ちかみち ゆ たづね か は し はつ だん またの は もみ き つげ き 

する 近道.^ 行き ませう かさ 尋られ ュ ,まゝ の 皮もう 仕 やう さ决麵 し、 又 登る 一里 あま 樅の 木 ffi の 木 

き き からまつ ね しげ かげ <ら との やま ほんめ 5 こむら ど 5 げ を たい しんく もの も & 

タ モ の木ド n の 木唐极 なさ 生 ひ 茂. て蔭喑 く、 此 山の 本名 木 St. の 名 は 體 を あら はして 森々 さ物瘘 く、 

乙 わた か つゆ ゑ S- くび を かほ f く is, ひ いき ど -s- むね わる ゆき しる さぎし か あ t 

棺を 渡る 風に 露 はらく さ 襟首に 落ち、 顏を撲 っ空翠 は 引く 息に 伴な ゥて 胸惡 し、 雪に 印せ る 兎 鹿の 足 

あど や 5 や へ み、 ね どづれ SOS- こもし だい た みよの くる v$ せ こ、 ろ お ほ 

痕 漸く 減 ゥて、 耳に 音信し 鳥の 聲も 次第々々 に絕 え、 身 は攀ぢ 登る の 苦し さに 汗ばみ „KV から 心 を 掩; 3 し 

£ よく ちんい まい まい はが &ど きの ふ ゑ.&.2^©じ、ゥゎ《.む じん e んっ 5 たく 3 だいろ くしき! 5 わ f けん ケくみ かた < 'しみ 

五 愁の塵 衣 は 一 枚 一 枚剝 る、 如く 昨日の 榮華縱 橫無盡 に 祌通を 逞しく せし 第 六 識 魔王 は 春嵐 * 方お 失び 

5 も さび を a こど せ かい をち む しゃ や 5 こ、 ろた く にんげんろ ftps あかつ. a な 

て 薄ら 淋しく、 何 どい ふ 事 はな けれき 世界よう の 落 武者 さなった る 樣に心 臆せられて 人間 老衰の 曉 五 

< わん を かばし さ. おか 50 きこの け 5 かい かよ ft© ズズ. i ほビ い か ほせおから よは S か ほビ たの もく 

宫 半 死して 最期に 近よ 6 たらん 時此 境界に 似通 ふ 者 あらば 何程な さけな く 如何程 力 弱く 如何程 赖み少 

もの か か ね も どきい. ど 5 sow こ ゑ まっくろ こ を ゑ いだ くび 

なき 者な らん 手^ を > る 悲しく 思 ふ 時 岩 を 透す まで 説き 鳥の 聲異黑 の棺ょ 射出され ギ ョ ツ^して 頸.^ 

St- ど たんめ わ みだ からくさ や 5 ものみ これ わか ま * こ、 れ 5 &く さかい tj* は 

縮む る 途端 眼に はくらく さ 湧き 亂る、 唐草 榛の者 見えし が。 是 にて お別れ 申します 此處 兩國の 境界 即 



緣外緣 四 

て せ 5 これ ひだ で ひだ て たは つた くだ ねま ,v のね ま ひだ s- くだ 

ち K 丄オゅ .0、 是ょ. 左. 手 左, 手 さ 谷 を傳ひ 下ら るれば 1 つの 沼 わう、 其 沼の 左 を またまた 下ら るれ は 

かたし をが は げんこれ ぶん た ら 51- £ のち よ を ふ ゆか おんせん わ いづ を か は むら つく こ 

片科 川の 水源 是;^ 坂 柬太郎 さ 後 k 呼ばる ゝ をれ に 傍て 行れな ば 温泉 湧き出る 小川 村 さいふに 着べ し、 此 

, もの むら W よ こ じんか i« き つ まよ f い U ぁん5^5ぃしゃ S 

處ょ. 其 村まで まだ 四里餘 少しも 人家な し、 能々 氣を 注け て 迷 はぬ 檨致 されよ さらば^ 案内 者の 云 ふに 

また せん さび まけさ. 《s せ ゆ き くち は ほ5 せん み たろ く- f をら ひ ひか おから つねみ,' き、 

叉 一 S に 淋-し 3.- を增し 今朝の 似非 勇氣 挫け 果て Si3 然^ 見下す k 曇 の 日の 光り 力なく 常 は 見 ゆる ビ M 

ぁひづ は 5 t( くも み i が あ t- つまさきた ゝ ま ひ& お a 

し 會津の 方の 山々 も 雲が くれて 見えす、 流石に 足の 爪先 佇む 間に 冷を覺 えけ る。 

あん を. S しゃ わ ひど くだ た a つか ゆきぐつ S i ひ むか.. r づね きづ いわ § ほ;^ も を だれ 5 い 

案內 者に 別 かれて 獨. 下る 覺束 なさ" 雪沓 なれば 滑. く 薄ら 氷に 向臑 ffi つき 岩角に 類 を 擦, 雪 流に S 

き ^.^ きもの さ ゆ ゆ まよ ぬま ほど で かば きを ひた 

めら れし 木の 枝に 衣 を 裂き、 行け^も 行け^も 迷うた 6 や 沼の 邊. に 出す、 棒の 木 折 6 て 火を燒 き、 あ 

やさめ し VJ S だ < き かむ や 5 5 ま e- ゑ.. > の い ろ < ほうがく かんが た、 も、 

た 6 ながら 燒飯を 取 出して 食 ふに 木屑 を嚙檨 にて 甘から ね^ 饑を 凌き たれば 色々 方角 を考へ 正して 進 

t ど ど けい S た を どこ C こく わか しき き "5 お くら き ,, . こ *た.^へん 

む、 元よ. 將 W も 持ぬ 男 なれば 時刻 分ら 卞頻. OS 氣を あせる 中 ほの 暗くな つて 來 たれば、 是れ 大變な 6 

また かつ あらや 3 ゆ くら 50 き f か を い! y ほ ねま き .S れ た f . . 

叉々 曾て 荒 山に 行き 暮し たる 將の檨 にな て ハ叶は 卜^ 急ぐ 程に 沼の ほさ 6 に來た 6、 嬉し や^ g へ は 

ひ ふゆ. a や も ゆき も はや. * <ク そこ き あし い た f くつ ひに も か& 

日 は 冬の 沒 4 易く、 雪 は 最早 無 けれ.^ 沓の底 は 切れて 足 は 痛し、 折 ふし プッリ さ 沓の翻 きれて 悲し やで」 

みち ぺ も S をれ つくろ つ * ひ ひか も か ゆら み ゥけ S れ 5 れ ゆ まる 

道の 邊に 坐. o- て 夫 を 繕; S 繫 がん^す るに アジ 燈の 光. 幽は 動ぐ を 見 付、 嬉し や 嬉し や^た 行けば 丸 

き ほった て しら さ、 ぶき やね こ いへ を ほつ はみ か た やまざくら たいほく ね がた たて どころ C か 5 かわ もの 

木の 掘 立 柱 俊葺の 屋根した る 小家尙 蕾の 堅き 山 櫻の 大木の 根方に 立 6、 所がら^ て將 候の かく も 變る者 

た &ろ はぎ かき ゆ だけ こど L を S き めんせ 5 きら .S ゑ よこて ほ *• けん ばか こ がわ &が 

ど^ 驚かれぬ、 获の垣 結 ふ 丈の 事 S せ卞 して 枝 折 Rl« の 面倒 も 嫌 へ るに や 家の 横手に 幅 一 間 針 ゥの小 河流 

かけ ひ みづ よせ わ. S み この や 5 • よ わた もの あ がた を ほち か より ひ 

るれば筧して水呼》^世話も要らぬさ見ぇた<^、 此樣 にしても 世 は 渡らる、 者 S 有り難く 尙 近く 寄て 火の 



も きわ たち せんじ ゆ もど VJS げ&ゑ みお ま 上 もの こど.. つか ほて こど よ を. C ざ 

拽るゝ の 際に 立ち。 中禪 寺の 湯元よ 6 峰 越して 道に 迷 ひし 者盡く 疲れ 果殊 さら 夜に ^ゥ て難義 いたし 

をが わ むら ほ^ みちの a- かつ ゆき. V つ き あゆ がた i わらじ 

ますが 小川 衬ま では まだ^れ 程の 道 法で/^?:; 6 ます か、 且は雪 沓を 切らして 步み 難く 困ゥ ますに 草鞋 j 

そ < な ゅづ くだ き く こどな がわ て 《- かわ fV ゆ 

足 御讓. < ^下さるまい かさ 云へば。,】 をれ はく か氣の 毒な 事 小川まで はまう 一 一十 町ば かう 川に 添 ふて 行か 

まお がへ はきもの き 3 こ ビ & もん ぎ あ. &K< わら e をく こど はづ 

れ さへ すれば 間違な し、 か 履物 を.; - 切らしな されて は眞に 御難 義な らんが 生憎 草鞋 一 足 もない 事耻 かし 

しか わたく て ケ 5«- よろ ま. & いふ ふしぎ をん & こ ゑ 

や、 然し 私しの はき 捨の 草履 にても S しくば 參ら せませ う^ 云はァ ラ 不思議 ォ がまめ かしき 女の 聲か、 る 

や 3 を か に あは これ れ をん む. * め た !-ょ わ あし 5 らいた を や _<f?i.J こ ゆび ひだ 

山中 似合し からす、 され^ 是も獵 師か何 どの 娘な らん、 唯 弱 6 たる は 足の裏 痛み^み て 右の 小指 K:-.' 

たや ゆび づめ はが これ て.,' て も でき こど や や 5J たの まこ ど も * 

の 拇指 は 生爪まで 剝 したれば よ-^ 二十 町 到底 わるけ 卞、 出來る 事なら 1 夜の 宿を赖 まん^。 具に 中し 

かね * がわ て 5 <■ けた ま つか み を かく あゆ がた いた 》: よ ふ びみ た ゆ めし 

兼 たれ.. ど 小川まで 二十 町 亡 承 はりて は 疲れたる 身の 中々 に步み 難く、 痛み 所 さへ われば 偶然 S 思し 召て 

や やさ ゆる たも よ こど を を. C ばか S をが いたど ひ あ からだ はんぶん 

1 夜の を 許した まへ。 をれ は 思 ひも 寄らぬ 事、 女子 許, れば^ 云 ひ 乍ら 板戶 引き IS け * 體を 半分 

いだ * んをヒ し しろ ひね a こ 5 てんにょ &VJ そのいろ しろ をのめ 

出す 女 年 は 一 1 十四 五なる べし、 後 面に 燈を 負ひ て 後光 さす 夭 女の 如く 其 色の 胶さ其 眼のば つち. < ^亡した 

その まゆ をが は 5 わ その <ぉ もど おい f> ま をの かみ け ふ あら か ゆ ひ うしろ 

る、 其 眉つ きの 長く 柔和なる 其 口元の 小さく 締 6 たる、 其髮の 今日 洗; 3 たる 手^ 覺 えて 結 もせす、 後に 

t<b げかけ .4* ゑ ほ 5 ひきさ は <t およ ど ま ビ け 5 つく ひど 

投掛て 末の 方 を 引裂きた る 白紙に て 1 寸 纏めた る 毛の ふさ-/ \.. ^してく ねら^る 美し さは 人に わらす ね 

is くわい み あし さが 5 か、 をん. 4> われ み いた まへ さ 3 ふせい あし け 

のれ 妖怪 か 1 二足 ほ.^ 返って 晛 へば 女 も 我 をつ くくと 見て、 傷まし や.;^ 前樣の 風情 御 足の あちこち 怪 

が あか ものみ そで さ a. さ、 ほころ き かほ いろ ね どろ くる げ a 

我 》 されし か 紅き 者 も 見 ゆるに 御铀も 草木に 障 えられて か、 綻び 切れ、 御顔 色 もいた く衰へ 苦し 氣に居 

i& る ほ 5J これ を がわ ゎづか みち ゆ を やた ま ど がた どころ よ てび ど 

ら せらる ゝに 成程 是ょ 4 小川まで 僅の 道 なれ ^行き 惱み玉 ふべ し、 留め 難き 所. れ^ も世捨 人に も わら 

綠外緣 五 



緣外緣 Bu! X 六 ! in 

ねがた か s- やさ こ、 ろ ど 3* がた まげ や あか <» を つよ こど わ 5-3* 

ぬ 御 方に 假の 宿, に 心 止 ひな さも 申し 難ければ 柱て 一夜 を 明 させ 申すべし、 强 く.;^ 斷 g 申す もゥ らし、 

,こ、 こし £ せん をく ゆ もまる S きみ わる い 3 にげだ i が 

爱に御 腰かけられよ、 御 洗足の 湯 持て * らん さ 云 はれて 氣 昧の惡 さ、 今 さら a 出さん も 流石 なれば 

もお <s へ こし 5 ちかけ あ S がた れい ち こ をけ あつ ゆく きた かひ.. C あら 

持 前の づぅく しく 腰 打 掛て。 有難し さ禮 S ふ 中小 桶に 熱き 湯 汲み 來.^ て 甲斐-^ i しく 洗 ひく れん^す 

これ *NC .S C ぶん を、 £ ゑん S- よ たみ あし のば もん ^ijs 

る を。 是は. 恐れ入. 升 十 1】 自分で 濯ぎます。 ィ? 一 )/\- 御 遠慮な しに サァ御 足 を か 伸しお もばせ さ 問答す 

ひま ゆび また せ ろ き れい をち た、 み 5 ゑ て. & ない あい 3 つ をん こ./ \ わら やま を か 

る 暇に 指の 股の 泥 HA で 奇麗に 落て 疊の 上に あが 6 丁寧に 挨拶 すれば、 女莞 爾^ 笑; S ながら 山中 なれば 

&ぉを 5 でき さい わ ね が は むら を & みゃく をん せん せ ど かた わる ■. ふろね はい はち つか 

御馳走 も出來 ね^ 幸び 小川 衬^ 同じ 脉の 温泉の 背 R の 方 湧き 居れば 1 風呂 御 這 入. あって 一 日の 疲勞 

$ こちら せ を か i5> が きつね ば をい-, \ぁ や 

を か 休めな され, サァ 此方へ され 御 背中 を 流し ませう か。 ハテ 狐に でも 誑さる、 ではない かさ 內々 危 

、 る わがて ヒゃ $ ゆ $j の ま を かたび さし あめつゆ しの ゆ てんねん れい 

ふみ 居る 我 手 を 取る 樣 にして。 湯殿へ^ 申しても 片 ffi 廂 雨露 を 凌ぐ ばか. o、 いぶせけれ^ 湯 は 天然の 靈 

せん よ あた、 こ 5 せ. 5r,y を こ み も きょ ゆ ぶ ねだ. &e はい む 

泉ま^J^に能く暖ま.oます€sふロ上鱸らしくなく底まで見ぇ透く淸き湯槽大事なか^cぅさ這入れば無 

るる こ、 ち はるか ゆ もど けっこう ひる 3 わ も f/\ あ.? -く まつけ をん を お めし はく 

類の 心 持遙に f 兀ょ. 結溝晝 間の つら か. しも 忘れ 悠々 さ揚 つて 來るを 待ち 付て 女 C 御召憒 うは,^ さゥ 

, た き&の ほころ ね あいだ これ 5 しろ ひき < ゆかた 

ませう か 御着 物の 綻び を 縫 ふて あげます 閬是 を^ 後よ, oH? かけて 與れる は ぼて CV かぬ フ ラ チ , ^の 浴衣に 

かさ くろで はおせ 5 わたい をん K_ ^もの たけ ズザ れ うて いづ たかし しんせつ 

重ぬ たる 黑出八 丈の 綿入れ 女物 なれば 丈, あ 6 て ュ キ 無く 兩 手の ぬつ ^出る は 可 笑けれ^ 親切 かたじけな 

よ ほさ ど あっか 5 んめ. & あやし こ けむ これ け ふ 

L、 餘程 ふしぎな 取ゥ极 ひせう した 運命 だ うさ 怪み ながら 少し 煙に まかれて ハ ィハ ィ是 は^う も g5 

Lf たみおび い わか こけ つい を * /か. L く これ わら だ ひ ち 《- めん 

縮。 御帶 にも 岩角の 苔が 付て 居. ますれば 可 笑 W も 之お^ 笑; 5 ながら 出す は緋 縮緬の しとき。 ハ ィく 

おび これ た ほかた ぶ ちづる L < わんね ん ざ fs き き 10 ろ s- もば わ かた は を く はったん ねづ みこ 

さ帶 にして 是も 大方 藤蔓 か 知れぬ^ 觀< もんし 座敷 へ來て 居爐 裏の 傍に 坐る 肩 へ 羽 折 <>ロ^- る、 は 八 反の 鼠,^ 



4 



七 





ャ 




や ほ 


ソ 

く 


ら 


Sim 


さ 


A が 
せ 


な 




て 






辨ズ 


irJ^ - さ 


-fLl わ 
あ 1 


ね 


パ * ろ 
ひ 




ん 


又 


rajb て 


さ 


し 


in < 


ま 




慶1^ 




等 


ど、 


錄っ 
鞯< 


な 




t 

綴? 


都め 

M し 


(O 


お 

4 し 


V 

JL 


T 


し 




の 


七 


U ほ 

凡ん 


定^ 


ひ 


さ 


lit よ 




か 


\f> 

C. 


ぁヽ 
ヵゝ 


V 

\ 


ft 


柴 【き 


ね 


曰 み 
見 


4- ぶ 
夫 


め 


マね 


深み 


'し 

Z 


< 


マね 




,き 


VI, 

お > 
最 


山ま 


1i ゝ 


折き 


ん 




の 


し 





山 1 


m 


る 


A 



市 こ 
,'き 


や 




> 、 
ん、 


< 


ね 




艇 


白き 


X 


の 






/d 


C 


お 

えし 


、ク 
CL 


m 


'翁き 


ベ 




ど 

户カ£ 

御& 


に 


廿そ 








4 し 


A:. 


は 


■ ^む 
"»« 




V) 


自 e 





山 や 

山 2 


き 




b 


ふ を 
女ん 


十 


f ぶ 


V) 





,'ル ざ 

お 5 


咏み 


生 さ 


在 ま m ゆ 


fe] ふ 

mo 


-> 


爭ど 




住 1 


■ ^、か 


» * れ 

年? 


女 さ 
v4 を 
は" 


7. 


ヒ 


•ffr さ 
IF 




z よ 


に 


«| 


流 5 


ザ 

る 


% 


錄た 


\P 
C. 


添"^ 


な 


ん 


に 


ilk 


は 


力 > 




の 


さ 




み 


力 > 


H み 
見 


ぶ ゆ 
あ 




-IT 
<^ 




哲 5 




け 


な 


御 




さ、 


• ^せ 

m 


し 


れ 


1 こ 




ら 


> 

ふ 


^ き 
5^ わ 


は 

散ん 


し 


さ 




好& 





さ 


< 


は" 
は 


ふ 


HH か 

ms 




> 一 
か 


» > 

K 




あ 

暖ミ 
か 


m れ 


活 


す; > 

'レ 


ま 






m く 
添ろ 


ft 


は 




C 


膽ん 


【C« 


の 






れ 


し 


ifi^ ろ 
m 


に , も 

何 『: 


ちか 
免み 

も 


る 


士 




A 


U "^せ 

願ん 


fr 


あ 


い 


沸" 


右 


由!? 




た 


の 


に 


女? 






/ 
\ 


る 


ヌ t ま 


あた 


し 


緒 i 


歌^ 


ろ 




せ 


あ 


房 は' 


::p て 
キ 




c. 








立 


ふ, 




の 


ラ 


K 


よ 


み、 


のう 


は 




J?-. 

や 


椀 2 


禮ぃ 


Mr 


t 


風 か 


る 




に 




cu 




樣 T 


し 




ら 


Z 







邪 B 


か 


つ 


ザ 


て 


不 

調う し 


し 


に 






k な 


ih ひろ 

m 


ひ 


衲 


1 

b 


で 


方 も 




ト 


あ 




見み 


/ 
S 






緣ち 


~f で 




を 

r ろ 


え 
モ 




^ 上 

m 


ふ, 




法 f 




榮ぉ 


B 笑せ 
膽ん 






K 


力 3 


if f や 


し 


召め し 


は 

先! 


7 

み 


閗?. 


さ 


な 


1こ 


% 


4"»±t わ 
鞭ん 




ホ 


JgL を 
直 か 


ら ^ 


おが 
豕 P 


て 


て 


# 


せ 


し 


る 


ふ- 


色 も 


V? 
C. 






ん 


4P わ 
我れ 




o 


は 




ね 


な 




ィ r, f) 

我 











、 


c. 


は 


了 ふ 
ィ、 


定き 


何せ 


X 


) ぶ 

は 


さ 


A ヽ 


n4 


ら 




か 

/r た 
"づ 

け 




御 


し 


^ま 


目 


め 


處こ 


h 


Ml 
曰ろ 


れ 




fit *> 

惜 t 


r 


な 




仏 め 
妃ん 


ゲ 


I 
\ 


rfi ゆ 
由? 


し 


ど 


思 さ 


さ 


あ 

笑 


く 




* 

< 


ビ 






•5* さ 
7; が 


仓 く 
其 


r 


御 S 


の 


U 


さ 




ず 


問 ど 


m. よ 
IS. 


仕し 


ジゝ 




ぺ 




4、 
ふ, 


腹ナ 


か 


ま 


所 こ 


却?: 


し 






て 


S づか 
私せ 




れ 




は 


ゆ 


方き 


し 


> ろ 





おげ 
孤 


出づ 


括て 


な 


、Jh 
ゆ 




\^ 
C. 


Sill を 


み を 
女ん 


し 


で 


に 


た 




て 


I こ 


る 


さ 


す 


ら 




さも-か 
纖 


お 
れ 


a. を 


な 


な 


濟も 


が 


て 


向お 





詞き 


な 


マ ふ 

不 


V 




Z 


士 







さ 


み 


さ 


ふ 


ふ 


-fj- わ 
あか 


ば 

r 


■A* を 
女ん 


■lit あ 






あ 
や 


安た 


れ 


ん 


ま 


b 




X 




知し 


fj ゝを 


議ぎ 






め 


や 

/ 'レ 


え し 




し 


せ 




ほ b§> 


f) 


御 か 


ら 




さ 


の 




卞 




御 e 




た 


ぬ 


て 


し 


切き 


方た 


す 


見み 




下 J 






た 




h 


ん 




は 






の 




れ 


さ 


1' こ 




宵き 


ふ 


所 i 


山い 
出お 








す 

S ど 


掛 S 


何き 


ノバ 


ば 


b 


坐き 




X 


r 


に 


す 




な 


b 


ら 




ギか 

ん L 


it© 




b 









片き 


蝶:^ 


サ 




の 


葉ば 


れ 


の 


ふこ' 


容 f 








の 


此 S 


付 3 


足 を 




き 


御? 


拙 3 





御 こ' 
m 


る 


色 i 


は 


我お 




所 i 






の 


御& 
lit 




身み 


し を 


ィ 


中 4 


をく 


何 § 


衣き 




業? 


ふ, 


仕し 






を 




ャ 


m 


女 ま 


問 ど 


物 さ 


物 あ 






用 墓 


ま 


寸ぇ 
盛;? 






號む 

4*\\ 


か 


ィ 


力 > 


は を 


ふ 


な 


の 




k 


ね 


ひ 


出で 


ん 



錄外緣 八 

i Ir—STrnlrBS-BBS—SIM-al—sl— 画— —— 瞿顯 i ■ 腸墨|纖| 冒 grpi 

ざん ビ い か しさいね は を こど を かく こど しづ め をん ゆいしょ 

殘の山 住み、 如何なる 仔細 か 御 話しな されて よき 事なら ば。 *、 中々 の 事 賤の女に 何の 由緒の わ A> ませ 

た、 わたく た わ ま 5 き がる もの こ ケ こ、 5 つ さ 3 ろ はん をの き がる もの さて き 

ラ、 唯 妾し は 妙 さ 中す 氣輕者 去歲ょ 6 此處 に移ゥ しば か. o、 かまへ 樣 tto 露 伴^ 名乘る 氣輕者 权は氣 

がる いか &ん 5 へきがる われ を L やま か みづ 5 か き がる 

輕^ 云 はる 、か。 如何にも。 何の 上の 氣輕。 我 は 何^も 知らす 山に 浮れ 水に 浮る ゝだ けの 氣輕 かまへ 

さ 3 5 き 上 いど きがる け 5 きょ ま こ ど いど た 0* をん つむ 3- そ 3 ろ 

様 tto 浮世 を 厭 ふだけ の氣輕 ハ テ 怪しから ぬ 浮世 を 具誡に 厭; S 玉 ひなば 御 頭 AJ もゴ ッジリ さ剡. 丸め 

た 3 #*- みケめ ころも たんみ あさ やまち は を ど ゆ ふ た わ あか くみく. 5 かんきん ねんぶつ つど 

玉 ひ、 墨染の衣に御身.?5^っされ、 朝 は 山路に 花 を 採 6 夕 は^に 閼伽を 汲て 供せられ、 看 經念佛 の 勤 

S.J ゅづ もた ま ばか む^ひ ど 5 つく おもて やきがね あて まへ さま た わ 

め あるべき に珠數 さへ 持ち 玉 はさる W.O か、 昔し の 人 は 美しき 面に 焚鐡當 たる さへ あるに か 前檨は 誰に 

み くろかみ あぶら * &け ゆ. せん を したぎ べに あた い ろつ < こど 4- た 《• 

見よ さての 黑髮油 rJ を 無れ しなやかに、 友 仙の 御 下着 紅 こもな けれ 仇め かしく 色 作らせら る、 事 疑 は 

よ 5 ど た 3 いつは ふか い かわ どの £ 5 ら もち あ くせつ あま も?:? たま やま. y も 

し、 世 を 疎み 玉 ふ^は 難ゥ 深く 云ひ替 せし 殿御 を 恨む る 筋の 有る かな^に て 口舌の 餘. 强玉 ふての 山 籠 

^ はつ もみち こ いろて < だ これ しつれ いづ のつ やべ この 

Ay. 思 はせ-^. の-初^ 菜 あきく ちから 濃 ふなる さいふ 色 手管、 是は 失禮阖 に乘て 饒舌. ました。 ァラ此 

ひど くち K く その is 5 き こど まった よさい ど £ せ 5 だん よ 

人の 口の 惜 さや、 其樣な 浮た る 事に は あらす 全く 世 をば 避け 厭 ひて マ ザく S した 御戯談 さらば 世 を 

いど いか わけ お しかへ 50 へ い こ 50 たづ あたら よふく や も みた こど ^» 

厭 ふさ は 如何なる 譯^ 押 返し て 問ば。 要らぬ 事 尋ね て 可惜 夜の 更 るに 御休みな され さ 身 を 起し て u; 棚よ 

い だ わた やぶ どん ね も ほか ひ ん も ふ どん あさぎ w ん A* かい 》• きこ, r はぶた へ 5 ら つけ らっこ ゑ 9 

.0 出す は 綿まづ しき 瘦せ 蒲圃 か^ 思 ひの 外、. 耕 緞子の 蒲 團淺黄 綸子の 抱卷紅 羽二重の 裏付て 獵 虎の 襟、 

ftunc やいた く ぎよし われ をし こ ベ 《- ぶ たて せひ ほ を f VW しか さき 

驚かる ゝ贅澤 サ ァ御寢 なれさ 我 を 押 や ゥて小 房 風 立 ま はすに 是非な く 話しお 中途に して。 然ら ばか 先 

& めんこ うむ よ-. J ほ £> ら. & ゆめみ s んか はしき まる まくら ちゃ つめ かほ J« ほ& さき た 

へ 御免 蒙る^ 橫 になれば、 蓬 菜の 夢見さうな 雲 鶴の 錦の 丸 枕に 茶お 詰 ある やゆ かしき 香、 鼻の 頭に 立つ 

ふ fl ん r! ぺ., r ぶ もど のケ ろ そば を ほたん ねん ざ を に よ a -5 つく 

不審.^ う も 眠られ、 ば 乙 を、 y ? V さ 房 風の 外 を 観けば 爐の 傍に 尙 端然^ 坐して 何やら -MS み 居る 美し さ 



K んげ 5 やろ じ かん たて われ *<b ほ a またの ケ や は s-st じかん a た S か!' をん を もど 

人形の 樣 なゥ、 一 特問も 經.^ 我は尙 寐られ ねば!?. < 限 くに 矢 張 動か 卞、 二 時間 も 過ぎて 叉 伺 ふに 女 は 元の 

ど. 3 ま t を か&ろ こ、 ろい よ < さへ ち ど さき. V ろ この や し まつ かんが またの ケ をん を L9 ひば C はいか 

眞夜 中頃 k も 心 愈々 冴て 後先 揃 はぬ 此 家の 始末 を 者へ 1^ がら 叉观 けば 女 は 頻.. ^^^箸 もて 灰搔き 

を こ お .J ばき もはや つきろ あた、 か こ むら: げ ふ もど さもが かんき お SS ひど £ど ゆ 

起し 居れ. $J柴 木 最早 盡て 爐の暖 ならす、 木叢 W の篚 なれば 流石に 寒 氣を甍 えて や、 獨り言 に 温泉に でも 

ひ い を ゆ のかた ゆき しばし かへ ろ ひ まった ほ をく &ほ" y の 七ば たん C ん を わ 

入らん さ M ひ 捨て ゝ 湯殿の 方へ 行ける が 少時して 歸れ, ハ爐 の火ハ 全く 細々 さな...^ しに 尙其 傍に 端然 さ 坐 

を a よ 5 み まった ね や ❖ ゆ ゑ し ゎ^;をど乙 み e ぶん 

たる 様子 何の 用 わ. 0,£も 見えす、 全く 寐 るべき 夜具. き敌^ 知れ たれば、 我 男の. して 自分ば か.^ 

A く ゐ る t たも ひ .S3 め ふ W つ A- き いづれ て fsv あん をい つ , よ. ゥ 

暖ま. 居お さもしき 檨に 思; S ナ がし、 今 眼 さめた る 振して 突ぎ. 一起 出ば 御手 水かさ 案內 する に 連れ、 用た 

も ti こ、 >c づき かほ た わ たれび ど また こ ひ f> だいぶん 上 ふ 

して 灵. がけ 心 付た る 顔して。 か 妙 さま まだ かよら すか。 ハ ィ。 誰 人 を 待る、 戀か 知らね^ 大^ 夜も更 

お からか ひ よ ちが い く ゑ わび 

け まし.^ ろうに ホ、 御調 戯^され 卞さ 能う かやす みなされ ィャ逢 ひましたら 幾重に も をし ます 

ひど み £ そこ なし S つばく ねが をん ふし 5 ば あや も まん 

が、 4- 獨 4 住の 御樣子 其處へ 推て 一 泊を願;5ましたれば御臥床を奪;5ました.<^さも危ぶみます、 若し 萬 

C- おさ われら を どこ み の じゅく た ほ わ ほしら もた ねむ や .cr らゐく sas さ 3 

1 左樣 なれば 我等 乙 を 男の 身 野宿の 覺 も.^ されば 柱に 憑れ て 眼る 一 夜 位 苦に もな ら^れ、 か前樣 をう し 

ゐ こ 、ろくる ね ぬ < のこ き みた ほ や もい かほ 

て 居られて は 心苦し、、 寢温も 6 の殘 6 しは氣 味わし くも 思しめ さんか さう かか 休みな され.^ - 云へば 顔 

もこ あか ね こどば ど は まこ ど や 々 ひど 七ろ ひ もな ま を どき わたく こ よ あか だい 

少し 赤め。 御言 葉の 通, < ^具に 夜具 一 揃よ-^ 持され^ ハカ^め S. したる 時よ 6 妾し は 期う して 夜 を 明して 大 

C ね も さ だ ねか まひ ねつ われ こま わたく 

事ない さ 思; S 定め ましたれば 御搆 ひなく。 をれ では^う も。 をう 仰し やらす さ。 我らが 困. ます 妾し 

こま まへ さま や も ぎ 上し それ さいげん ろ はん を どこ 

が 困.? N す マ ァ 4- 前 樣御趴 みなされ。 マ ァく あなた 御寢 なれ。 其で は 際限な し、 露 伴 男で と^る、 

やせが まん. これ たいど まま を は よせう &んぎ われ こ、 ろ ねむ せ- 5 か きん は、 て ta へ は s ゆう て まへ 1£ づ 

瘦 我慢 致して 是ょ. 御 暇 申す、 女性に 難儀 さして 我心よ く 眠らば 一 生の 瑕璲 母の 手前 朋友の 手前 耻 かし 

緣外綠 九 



緣 外 緣 】 Q - 

■I^BB^l^BI*Lal^l*f 5 せ な、 ,ごむ がた よ みち あるか たく 

く、 まだく I な な 60 をれ^ まで.^ 仰せら る、 を 背き 難し、 わなた;^ 夜道 步行 せまして は 妾し 

のなし歡-^|^1さなる^|_.^.>れば御彭|-に《^,ませぅが、 をれ では あなたに 寐 暖、 めて 頂いた 樣な 者、 の 

ひ ろ をば まる 3 たどね わたく ゆめ こ ひび ビ あは ね もしろ . 

めく にくる まって あなたお 火 もな き爐の 傍に 丸寐 さして は假 令ば 妾し 夢に 戀 人に 逢う さも 面白 力 

らす、 艇も お^,^? - んす、 ii/ns のぎ i 持 のぎ 前はづ かしく、 ^うしても わなた を 能う か 臥 ませ 申 

5t L£c ま a i わけ わか ぶ こつ もの われら へいこう つ £i こ r 

さで no ||きに^;^|5?&されては^ぅして一艮ぃゃら譯が分らす、 無骨者の 我等 閉口し ますに。 ホ 、閉口 

なされたら isusT の ふ^を^て か i み われ。 ィャく 拙者の 申す 通-^ に され。 マァ 頑固に 剛情 を 

^ ら 14^ ざ も。 疏齢 でも S でも 11^ の 申す 事 聞る、 がよ い。 ハ ィハ ィ 到底 わなた の 頑 に は 叶 ひませ ぬ 

5 I ケ- こわ か 5 こわ かま 5 ま つき おこ 

^-らゎなたの¥さる、16に致しましょぅ、 ホ、 ホ、、 まわ 怖い顔 をして。 怖い顔 は 生れ 付です。 怒ら 

れ たの。 ィ. 1 ぎ 監 D| に はって^の I で ませう、 唯 少し 眞 面目に なりた 計.^。 ホ、 可愛らしい 眞 面目に。 

ハ ィ おに。 i じ キュ, に しませう、 サァ露 伴檨。 何。 殿御の 仰し やる 事 さへ 通れば 女子の 云 ふ 

, £ C ^1 Z こビば む W こ、 ろよ わ わたく せう お わたく 

i^tti らす さもよ S さ 1^ はる 、か。 何。 御 自分の 御言 葉 だけ * ど 無理やりに 心 弱い 妾し に 承知 させて 妾し 

の^ に は 、ら ぬさ艇 らしう かりし やる か。 知らん。 知らん S は 御 卑怯な、 サァ 此方へ.^^ れ御 一 

恥 みませう、 IT も わなた の M 一; 某 を^ ますれば わなた € て 妾し の 一 言 を 立て 下さった どて 御身 體の 

ぎくる でも わるまい おる ゝ でも,^ さる ま S に 何故 をラ 堅うな つて 四角ば つてば か 6 居らる、. &、 ュ 、野 

^らしぃさ鬆らかな^!^に§15^を取.0て瞳もぎかさ卞平氣に引立ん£する其美しさ恐^しさ我膽も凍るば 



淫 o に 



I I |||國| 醒一— 画| ■ I— 画 11 - 醒 「 ||圓,,1『 II 顯 l-i- u! nm 

ケっ め ふさ くお びる か L こ、 ろ 5 お せっかい ゆ. ゥく しゅ あ く.. > きょく し を ちんく. P ん e ひ,, く 

か. 慄然^して 眼 を 瞑ぎ 唇お 咬み 切め 心の中に て 「孽 海茫々 た 6 首惡 色慾に 如く n 無く 塵 寰 擾々 た-^ 

が を や も た s-e やいん ばっさん がいせい ゆ 5 こ、 ざ みほろ 5 し を k こ. ん ュ そ、 よ ^ ^ 

犯し 易き は 惟 邪淫な. 拔山蓋 世の 雄此に 坐して 身 を C ぼし 國を喪 ひ、 繡ロ錦 心の 士玆に 因りて 節 を 敗.^ 

&, JM ビ 、、ゝ 、ゝゝ /•、、、、、、、、、 ゝゝゝ ,<!> ん も J4- は いんふ <- ひ さか てん 《- 5'ん»< まさ 

名を據 す、 始は 一 念の 差た 遂に 畢世 贖ふ莫 きを 致す 何 ど 乃ち 淫風 日に 嫁ん にして 夭理淪 C する ゃ當 

か を.. 1 まさ 5 ら かへ つ ね L かふ f> う ど f>«. せん こど てん はづ 

悲 むべ く 當に槭 む べきの 行お 以て 反て 計 を 得た. さなし 而し て 衆 怒 衆賤の 事恬さ し て 羞るを 知らす 

030000000 め き 上.? L を、 はらわた れんち 5 is て 5 た あるひ ていせつ あるひ L くど.^.' よ 一み けい 

詞を 刊し麗 色を談 卜、 目 は 道 左の 嬌姿に 注ぎ 腺は籐 中の? S 窕に斷 ゆ、 或は 貞節、 威 は 淑徳 嘉 すべく 敬す 

ゥひ けハ くわん こ 5 もし ひ じょ もし ゆ < しょ ろ あはれ あはれ つい せいはく し 5 しん 

べき を 遂に W 誘して 完 行なから しめ、 若く は婢 女、 若く は 僕 妾 憫 むべ く憐む べきに 竟 に勢逼 して 終身 

けが いた もで L んケく はち ふく を ゆし をん あか こふむ » こ; ヌ" ら き, * ^U^A^ , 

を 玷すを 致し、 旣に 親族 をして 羞を 含ましめ、 猶子 孫 AJ して を 蒙らし む 總て心 昏く氣 濁 A> 賢 遠 さ 

Jr*c 'した i あ!^ し て, C ち る がた しん しんさ さいお よし 5 しょ 5 し をん ゆ ほ 5 、 、 、 

か As 侫親 しひ;:: d 由る、 豈 知らん や 夭 地容し 難く 神人 震 怒し、 或 は 妻女 酬 償し、 或は 子孫 受 報す、 絕嗣の 

、、、、*、•、、、、、、、、 、、、、、、、、、、、、、、、、、 ど もの 5a よくろ 5 せき けづ 

墳墓 は 好色の & 徒にお ら^るな く、 妓 女の » 宗は盡 く 是れ貪 花の S 子な ゥ、 富むべき 者 は 玉 樓に藉 を 削 

K- ゥど きん ま 5 のケ ち で sso S-S たいひ いき £ 505 け S あ ち & くが き ちくし よ.^ ほつ 

られ貴 かるべき 者 も 金 榜に名 を 除かる、 苔 杖 徒流大 辟、 生て は 五 St の 刑に 遭 ひ 地獄 餓飢畜 生 沒 して 

さん づ く 5 、、、、、、、、、、、、、、 ゝ、 、、、、、、、、、、、 をの こ 5 くわい もつ した 力 > 

は 三 途の苦 を 受く從 前の 恩愛 此に 至って 成ク、 昔日の 風琉 而も 今 安に か 在る、 其 後悔 もて 從 ふな 力 

S づ くん はや f を か を か つ、 し せいねん か f> くわ 5 くわん め SW, つ ^ か: ^なし > 、 ) 

らんよ. CN は 胡 ど S く 思 ふて. g す 勿 ら^れ、 謹で 靑 年の 佳士、 黃 卷 の 名流に 勸む覺 悟の 心 を體し 色魔の 

しょ 5 ぶ こど 、、ゝ 、、、、、、、、、、、 ゝ、、 、、ゝ 、、*、、-»、、、* め -co,- £poc>- 

障 を 破らん 事 を、 芙蓉の 白面 は帶 肉の 贴髏に 過す、 美 艷紅妝 乃ち 是れ 殺人の 利刀な. 縱ひ 花の.^ く 玉 

000000000000000000000000 3 ぎ や 5 しゃ f. つもく ふせ きぎよ や は t く はお 

の貌 J ^厨しても 常 姊の 如く 姊 の 如くす る 心 を存し て 未 行者 は 失 足 を 防ぐ ベく 已 行者 は 務 め て 早く 囘頭 

さら のケ てんく る つ 5 たが ひ あいく わ!? 9 か を ざ. S くひ ビ かくろ き ひどく ども めいしん いで . <^ 

せよ、 更に S ひ、 展轉 流通し 迭に相 化導し 必らす 在ふ齊 しく 覺路 に歸し 人々 共に 迷津を 出しめば 首惡旣 



綠外緣 SJ 二 ■_ 一 ■ 

00000000000000 せい.: i いど ふ!: i. . !」 - - おゆ ぶんて いかつよ くぶん 5,5 わが けんち ひく 

k 除き 萬 邪 自ら 消し 靈臺 滯ゥ なく ffi 榮遠 きに 垂れん 矣」 さう ス 覺 えの 文 帝遏慾 文を唱 へけ る 我 見地の 低 

いや そのの ち このび c んのゝ し . 

さ酃 しさ、 北 ハ後此 美人に 罵られけ る 

い ろし かけいのお あや feK ひどく ち 

(二) 色 仕掛 生命 危 ふき 鬼 一口 さ 

にげ をく ベ f 

逃て ま は 6 し 臆病 もの 

しさい しさ. & 

ff 細う け たま はれば 仔細な き 事 

どし いな. SVC- さか はる は を さ みだ ? «« つく をん を や 5 ぉゐ われ 3>さ か けい ねよ 

年 は 今 色の 盛 <>、 春の花^^?亂れたる樣に美しき婦人さ 一 タ屋の 中に 居る さへ、 我 柳下惠 に 及ぶべく. 

み き み わる しか ん せんまんに, きよを どこ くお やか ま われ の、 しせ てつ 5?, 'かくせ 5 か 

あらぬ 身の 氣 * 惡 し。 然しながら 何千 萬 人 浮世 男の 口喧しく 我 を 篤, 責 ひる さも、 鐡 牛角 上の 蚊 ほ^に 

f やせが まん つよ この や ど i- この をん を め, J は を fl L もど 

も 思 はぬ 瘦 我慢の 强 ければ こを此 家に 止ま, て此女 S さしひか; S に 食 もた ベ たれ 談話 も 仕 たれ。 素よ 4 

はんげん ひ はん ビ 5- さ た をん たも われ てんだ 5 み まへ やま ><b か み し をん & ひど cva こど はづ 

人間の 批判 取沙汰 何^も 思 は^る 我 も 夭 道の 見る 前に 山中 なれば e て見卞 知らす の 女^ 同 衾す る 事耻か 

い やく ひどつ ね こども こ はづ その やわ はだち か ゎづ かき ものいく わ へだ み 5 も 

し。 否々 同衾す る 事 少しも M かしから ぬに せよ、 其 柔らかき 肌 近く、 僅に 衣服 幾重 か を 陽て ゝ身 の內の 

あた、 か たが ひ かよ くつ * き あ われな む ども ね こどば だけ み 5 ち 

温暖み の 互に 通 ふまで 密接 合; 3 て 我 眠らるべき にあら す。 共に 寐ょ さの 言葉る けられし 丈に て さへ 身內 

わ をゝ ふる わが r た、 ちま か H わが こ、 ろ ,- ど いくねん しゅげ ふ もこ やく せ 5 き 

顫き慄 え、 我 舌 忽ち 乾き、 我心 かきむしらる、 如く、 幾年の 修行 小し の 役に た、 卞、 も だく^ 上氣し 

い ま つよく ぶん ひ so ど ほ くち 》r お ど を たは し W よふんべ ゥ わ ま せ 5iJ き ビこ ろ むひ J- ち い つてん しゅい 

て今遏 慾の 文 一 通..' 口の 中に 唱へ 了ゥ しまで は 思慮 分別の 湧く 間な く、 正 具の 所 は 胸の 中に 一 點 のま 意 

* し せ 5 あん こ. 5* ん むかし まして この 5 つく をん を v> が て を 

なくな. cs、 婆子燒 庵の 公案 ひねく し 昔時の やう k はわら^ 6 し 况ゃ此 美しき 婦人 € 咎め 手の 無き か 

や W をく あんち 5 ねむ を か.. C もつ こ ゆく かんがん よ さんど 5 だんき ❖ あ S S たさ くねん も 

かる 山奥の 庵 中に 眠らば 中々 以て、 枯木 寒 岩に 憑る 三冬 曖氣 なし さいふ 工合に 意お 斂 めて 寂然^ 濟 まし 



を ノ,, - もび 4.1 ん こん. や も われ やく こ 上 る をい さら ひこば わ f むらさきの だい ど< いっき < 'さ 》^ 

居らるべし さは 思へ す、 美人 今夜 若し 我に 約 さば 枯揚 春老て 更に 稱を生 せん さは 紫 野の 大徳 1 休樣 さへ 

1^ く ies flte つ どころ だ < ;ケ < われら けん iJ< が ほ あや ふ か, をん を る やまかげ t> かん ひど 

白狀 されし 眞赏の 所、 大 俗の 我等 賢人 顔した さて 危 S 哉く、 婦女の 居ぬ 山 蔭なら ば 羅漢 ^均しく 悟 

きつ ゐ しろ もね み つ 5 ゑ せんにん くも だい ふみ IS づ をち は を 1 し く め せ. 5 も, f 

.0 切ても 居らるべし、 白い 臑 見て ハ通を 得し 仙人で も 雲の 臺を踏 外して 落た る 話し ぁゥ。 若 も 久米殿 7:5- 

をん を ひビ つ: 《 たぶん, y こ を ち S く をく ふか だ らく 乙 5J ひつせ 5 われ S まこの f つ *^、 ろ やさ 

女 さ 同 裳したら 多分 は 底の 無 S 地 糠の 奥深く 墮 落せん 事 必定な 我今此 美く しく 心 和し けな 女 さ 一 つ 

かハ まきい.^ まくら .J さい や あか せ を か あは かな さむ やま ざぶ よ かせ tf^pti 1 

抱 卷掛て 枕 をなら ベ、 仔細な く 一夜 を 明さん さす る^も 脊中 合せで は 肩 寒し 山里の 夜風 透 間裤ゥ て 一 

さむ わが かた t ぎ L を きかけ こちむ き ふなり, > !L いだ-か! い, . >^tl :t 

しほ 寒ければ さ 我 肩に 夜着 品よ く 着せ 掛て 此方お 向な され をれ では 兩 人の 間に s か入ゥ てと 云 は^て は 

e- よ < L を びん け わが ほ、 を は. 5> かほ わが は を さき <^^2く > r> i s 

愈々 ひづ かし。 わの 蕃 やかなる 愛の 毛 我頰を 摩で、、 花の やうな 顔 我 鼻の 先に ぁゥ ては尙 々むつ 力し 

た 3 i- で C づく を ち び^ こ さ ^^て いよく だい e め こだ S ^ た を *i ゝ ろ,. ほ 

玉の 腕何處 にか i きなん 乳首 何處 にか 去らん、 视は 愈々 大事な ゥ、 女 猫 抱て 寐じ^ 同 卜 心に て 我 眠らる 

5 。 よぎ i£ み 50 ころ.? .0 £ ひき f -、. 1 ほよ,, を"!^ あ, ts-s; おび.:、 け 二, こ S# 

べき か。 叱 若し や 夜着の 內 人の 見ぬ 所 身動きに 衣 引 まくれて 肉箭程 良き 女の 足 先 腿 後な,^ 我 毛膨に y 

これ カタ せ. b し いっき せま だいじ も W だ きけん & か:^ げ 5 ベね ほ -^r ほ," ぶ ?, f、 t 

らば 是 こそ 喝 生死 1 機に 迫る 一 大事。 素よ 道 力 堅固なら 卞、 戒 U: 常 破れ 居る 夬 凡の 我 あさま 

. iffsfff S は si^Anti か、 Mi の 春 1 や 

I 口 i ゆかす。 よしや, i にもせ ょ妖 にもせ よ、 人間の 形.^ なし、 人間の 言葉,^ 交 ゆる 丄は人 聞 S 晃る 

は^ I や ^だ^さ i に^らん の li^ にわる まじき 1^ な 人間 普^の 道理に わる ま ヒき事 を耻ら 

ふ もな く^に るお-が、 ^酽"..^^ る もお ii-li な < -、 いに 1 りて 得 S を か 言 はん 小人 は 謹 m の? 祛.^ 

^て^. 4 &ノは 組 の li を^て iv- ^こもく ru^ ん なれ め、 p^はl^^たる人liを存せすs向 

緣外綠 二 11 



緣外緣 n 5 

5 つ おろ ろ はん 《- きれ S お .y L < あ、 たの われ,. - ゥ め.? つよ 

よ.^ 打て 下して 露 伴が 力量の 恐 しき を 知らせ れんか。 t:」 をれ も a み 薄し、 我 不動明王 は^の 强き^ 

3 かへ つ ゆん てん せ ま けいし ゆら ちから もて L け A< きづ. 9 ど くさ 5 つ へび 

にも わらね^、 魔 n 却て 梵天 を 攻めし 摩 魔 修羅の 力 を 持る かも 知れす、 毛, ど 吹き 赃を 求め 草 を 打て 蛇に 

あ つたる 5 ゑ つた を こど _ .S かこた をん を さ わ も つい むかし ば せ 5 * ん&, そで どら 

會ふは 拙き 上の 拙き 事 どかし。 如何に 答 へん 何 ざ 爲んァ 、思; 3 付た ゥ、 昔將は s 燕 も 女に 袖を捉 へられ 

こど かれ も < せん f& をん をつ い さ どきば せ £ 'かへ をん を たも ど どら む われ さび 

し 事 わるに 彼默然 さして 動かす、 女 終に 去らん さする 將 ffi 蕉却 つて 女の 袂を捉 へ、 乙 ちら 向け 我 も 淋し 

あき くれ いっく .S ん go わた こ み、 はさ き、 た われ またよ ば せち もく ん ばか 

き 秋の 暮さ 1 句の 引導 渡せし よし 小耳に 挾んで 閱覺 えた. o、 我 又 良しく 芭蕉 を まなんで 默然 たらん W 

や 5 や け k け $ ち 5 f _ くわん こ , けんこん ざ だん いき ほ たく 3 こつ せん ざち やく をん を 

AN^ 漸く 1 心を决 し、 肭中には九fflの觀を凝らし.^^bがら乾绅AJ坐斷する勢;s逞しく兀然^坐着すれば女 

P て * &ほ つよ KJnls- ろ は, C さま を a か VC が ゐ こち ひきたつ ひか 

はも < ^かしが ゥて握 ゥし手 を 尙强く 握し め。 サァ露 俘 樣何考 へて 居らる、 此方へ く^ 引 立る。 引れ 卜 

を む さん ひか まんしんち から こむ こち こち がんこ たかた $s ちる 

く 南無 三 引れ て はさ 満身 力 を 籠れば 此方へ く サァ 此方へ ru^ んせ、 さ. さて は ^ 固な 御 方、 山に 浮 

みづ S. か きがる に L« ね も ざれ &どぃ 1^5 ほひき たつ だ. く と のよ $3 いつば てん 

れ 水に 浮れ たま ふ 氣輕に は 似卞 尻の 重さ^、 戯言 云; S 尙引 立る。 大事々々、 此 妖魔め i:d 1 步を轉 せられ 

少 つば ち& ^-^ ^ばみ かた を ほ ゆ; せん をん を ひひ か は おからよ わ 

て $: 1 步地纖 に 近づく^ 齒を嚙 み 切 <>身 を竪 くす るに、 尙 悠然^ 女 ハ 引く。 引れ 卜と 張る 力 弱く よ 

ひきた v.; t はや ふ を さけて ふ 3- K げだ をん をね わがた もど 

../.\ ^引 立ら れて 最早 叶 はす、 タツ さ 叫 ひて 手 を 振 はら; S 逃 出せば 女 追 ひ 鍵うて 我缺を さらへ。 ホ、 《 

わら さて わたく よ 5 くわ. S へんげ もの ね も t れほ いや S3 も- J き. 《 ふ ど 

笑;3ながらぉは妾を妖怪變化の者かさ思ハれて夫程まで,^^1«がらる、なるべし、 ホ 、 ホ 、今少し 膽 太く 

こ/ よ . 'かた , .^ん L^^,^^ ^ むね さは つみ ふか 2 ことわた くし よ, 2&S へんけ 

心强 きお 方な らん さ 存じての 親切 仇 £ な .0 却ってお 胸を騷 がした る 罪深く 眞誡妾 は 妖怪 變化 にも あら 

5 きょ t てみ > K .^.r まよ どか < ひどつ ね しる f S3 よ 

す、 浮世 を捨し 身の わさ ましき 慾に 迷 ふに も あらす、 兎にも角にも 同衾 せん^は 强て 申さ 卜、 今ょA^夜 

みち f . IC ぶ 5* つた を < や かぎ 3 i わ た 3 JJJ- われ! * たむ げ 》 "き 

道 あるかせ 申さば 亭. W 振 6 餘. csi^ 拙く 惱み 限. なし、 先 づ./ \. 坐. 玉へ さ 止 ひる を、 我 タ無下 k 振. 切 



弱^ 




た 


妾き 


ぶ 


樣? 


れ 


や 


び 


b 




ふ 


生? 




る 






時? 


のし 




の 





ま 


お 


爐ろ 


確ち 

Hit. ソ 


な 


7k き 






ふ, 


が 


の 


な 


や 


ホ 




あ〜 


に 


t) か 


ら 


な 


掛 S 


;1?1 お 

も 

ろ 


方き 


は 


檨 t 


了 V 


さ 




、 


ま 


な 


ダ くひ 




ば 




て 


で 


し 


に 


見 2 


る 


な 


ホ 


し 


妾き 
御と 


% 




男? 


t 


^ど 


し 
< 


は 


き 




で 


、 


美 ま 


、 


た 


h 


を 


のこ 


燃た 


の 




今ね 


な 


は 


な 


しく 


、 




— $ 


b 






力 > 


外き 




る 


は 


た 


羞ょ 








御& 


所 i 


わ 




我! I 
助? 


ん 


に 


爐ろ 


ま 


無 ゆ 




風 S 


何 t 


方き 


剛? 


心え 


に 


妾? 


1) 




出い 


の 






點 


寒 g 


の わ 




情? 


配 ま 




はし 

愈 S 


街!^ 


m 

致! S 


て 


で 


向; く 

ふ 







ず 《' 


さ 


妾ず 


~ * つ 


を 


な 


は 




薪 5 




存? 






山! 


がし 


所 i 


張 a 


し 


in 




坐 s 


さ 


丁? 


に 


ト' 




抱 K 


中!: 


厭 S 


に 


ら 


に 


さ 


獨 き 


れ 


ん 




々〈 


坐き 


た 




て わ 


何 


な 


5^ ね 
牀 


る 


獨 g 


卞 




ば 




に 


と 


れ 




す 


妾ず 


の 


れ 


る 








起 t 


女 ま 


鉈き 


タト i 


饗? ♦ ば 


御 e 




のし 


御 こ' 


ば 


は 


か 


で 


ホ 


居ゐ 


は を 


借 か 


へ 


お ゝ 


スん 






懷も 
中 《 


馳ち 


Z 






か 




る 


火 ひ 




山 い 


t 

7 


は を 

1 ぺ 


な 


走? 


k 




夬 fl 


や 


ホ 








L 


る 


W 匕た 
1^ ど 


千艾 




で 5 




其 S 




な 


す 


、 





搔 力な' 


け 


お、 


水き 

暴、 


萬? 




暖 * 


す 


樣( 


mi 


ら 


み 


、 


ら 






t. 




6 


未み 


て 


め、 


風 ふ 


に 


な 


ば 


な 


膽? 


力、 


し 




悟き 


切き 


出!? 
L 


練$^ 




て 


情ミ 


御 
逃^ 


し 


御 こ' 


さ 


の 


ら 


て 




れ 


る 


の 


箇な' 


進き 




玉き 


― い 

つ 


れ 


小 ま 


ね 


m 


ら 


ば 


音, 


て 


御& 


の 


\ 


な 


な 


を 

抱^ 


所 i 


ま 


さ 


ば 


にか 


の 


漸? 




n 
丄が 


性? 
根ね 


±^ 




け 


さ 


に 


せ 




サ 


焚 i 


雜す 


くや 




t1 


ば 


れ 


る 


力 > 





御 


ァ 


し 


木き 


安え 




る 




夫 ふ' 


か 


ば 




罪 2 





ィ 




露ろ 


初 を 


切き 


堵せ 




1' こ 


の 


初? 






な 


h 


お 


ャ 


伴? 


め 


b 


し 




叉? 


御 5 
― ち 


め 


の 


其き 


れ 


h 


は 


先? 


に ま 


樣^ 


頓 S 


倒 5 


て 




て 


ん 


む 




の 


御 e 


刻 i 


可き 


1^ 


て 


し 


我 




々く 


士£ 
5 ん 


逢 を 

«s ^ぷ 


1 ノ" よ 

切 S 


力 > 


嫌 t 








'I 叠ら 





漸 f 









ビ 


御 5 


て 


ゝゎ 


し 


は 


s ん 


蒙き 


申! 


氣き 


< 


くや 




、• 




ク 


戯 t 


抱!? 


妾? 


乳 5 


れ 


ま 


ド 


せ 


h 


焚 a 

リく 


ト 


い 








て 


^し 


母ば 


て 


の 


た 


し 


t 




fo 


抱で 


て 






な 


寐ね 


佛さ 


が 


は 
今 《 


わ 


し 


通 § 




御 


立た 


fe 


外き 




す 


ら 


た 


菩ゅ 










ま 


や 


ち 


た' 


に 




る 


す 


女ミ 


Wo 


な 


更! 


b 


ふだ 
人い 


か 


せ 


す 


暖ミ 


け 


出い 






ばか 




の 


1Z 


是 せ- 





俗? 


ま 


申ず 


み 




家 や 


で 




見 * 


玉き 




見み 


を 


非 ひ 


チ 


凡!? 


へ 


し 


な 


滿っ 


の 






て 




心ミ 


玉き 






ホ 


夫ぶ 


さ 


ま 


さ 


る 


內 4 


焚 1 




ホ 


を ろ 


ふ 




な 




の 


か 


し 


れ 




に 


し 






力 > 


動 【' 


前ミ 


寐ね 


け 


ホ 


我 }^ 


や 


た 






投き 


木き 






さ、 


力 > 


に 


力 > 


れ 




等ら 


す 


はわ 




て 


込 こ 






笑な 


る 


t 


つ 


し 






ふ, 


み 


妾? 


し 





み 


取 ど 




a 


RI ほ 


檨? 


し 






か 


ま 




か' し 


て ふ 


、此ぁ 




h 




草? 
履 




な 


て 


進 J 


實ミ 


な 


へ 


さ 


わ 


再? 


通 ほ 


^ビ 


玉! 





綠外緣 一六 

せう じん せう じん ど は わたくし ひどつ ね たま をで つみ もけ ベ S * かた しつれ どかく こ 

小人 は 小人なる 通. 妾 さ 同衾し 玉 は 卞ゥヒ も 旣に罪 わる 助 倍の 御方ホ 、、 是 は失禮 觅も角 も わなた の 御 

t わたくし ある C み ひど む こ ヒ いた がた われ あき あ くち ふさ ゑ ほ f せん こ の * ん, *> こど 

自由にな され 妾 a 亭主の 身で 獨. <>寐 る 事 致し 難しさい ふ。 我 呆れて 明きし ロ閉ぎ 得す、 茫然 さ此 女の 言 

ば き かんが ひどよ きょ ほ うへん こ、 ろ ど がん せん われ み さんさい せ 5 

葉 を M き、 つくく 考 ふるに 人の 世の 毀 譽褒肢 を 心に 留めさる のみ か、 眼前の 我お さへ、 見て 三才の 小 

は /,」 ど ど ちフか LA ss. け, 1 ちう べつ a る さど ひら だいち しき ま. ,\? ^ L んほ 

兄の 如く 取.^. 扱 ひ、 然キ" ,5 々^して 胸中 別に 春 ある 悟,.^ 開けし 大 智識の やうなる に 益々 不審 晴れす。 お 

を a もの -, J を はもの へんげ e んせぅ をん を たも そ もく. S か S* れ き か あなら A4.;n 

テ 何物の 子な らん 何物の 變化 ならん、 尋常の 婦女 さは 思へ す, 抑々 如何なる 履歷. ^みて 期く 可惜し き容 

は 5 やさ こ >K-r« やま *,_b か ひきこも 》r せ S C J-5 ほ >J け Ja わ i> ぎ Jf よ 3 つた よ 

貌 * しき 心持ちながら 山中に tt 引 籠り けん、 當 世の 小 督か佛 か顾王 か誕女 か、 をれ S も 全く 妖魔 か さそ 

さま さ S & じ ゆ 《. われら われ C ゆ. 5 われ このろ せ, < い ちゃ .^?か 

ど >C 恐 しく。 さらば かまへ 樣 は.; :5 まへ 檨の御 自由 我等 は 我らの 自由 さして 我 は此爐 前に 1 夜 明す つも 

わたくし ろ ま ゑ むか ざ い ちゃ あか くる かへ こ、 ろ や も こ、 いっさい らち あ われな は 

ゥ。 妾 も 爐の前 わなた の 向 ふ 坐に 一 夜 明して 苦しから す 却って 心安し。 € 欺に 一切 談 しの 博 明けば 我大 

あん あ を ほさ をん S ォ づ せう せんたい み いってん きづ たま を y も I ほのほ ひら 

きに 安堵して 穴の わく 程 女の 頭上よ 4 全 體を觀 るに 一 點の疵 4 &き 玉の やう て 折から 燃 ゆる 火炎の K め 

かげ いんげん によ じん をのけ だか 5 つく おんげん ゑし これ K .« のか ため 

く 陰に 隱現 する 女神、 さても 其氣 高さ 美し さ 人間の 繪師 まだ 是に 似た者 も 書きた る 例し あら^るべし 

い ばら 5 お (J か を を つる たいまつ こづ わ め ものた つど か わ. & 5 つ 

荆_ ^の 中に 鹿 は 置きた く 無く、 鶴 a 老松の 棺に あらせた し、 目 さましき 者 尊き もの 可愛き もの 美く しき 

ものみ を その どころ ゑ われ ひビ せ 5 おも われ しゅんめ ? L ビも めいく わ をの こ てう 

者皆其所を得させたきは我人の情^^らんさ思ふ我ぁはれ、 駿馬は勇士に伴.1^^はせたく、 名花の 園の 蝴蝶 

ねむ ある どし われた び ど きほ た &ゃ げ を ふき, どき ふ ど 乙ろ ^ ほんせ 5" き さつ-を ど み こゝ ろが け 

は 眼ら せた し、 威 歲我 旅せし 時 旅 宿の 下司 洒 掃除の 時懷 中よ. 日本 政 記 iJg 落せし を 見て 心掛 わ. なが 

む& つかわ れゐ .V の を どこ く あ をし 5- か をみ だ こど を れ い まこの をん をぁ つばれ 

ら 空しく 人に 僕 仕 居る 其 男の ロ惜さ 如何. らん e 涙ぐみた る 事 あう し、 夫に もまし て 今此女 夭晴の 

もが is! かたち み f た S3 は を さ くち はつ ど ほ さて き 5lJ く び e ん どころ, ゑ ほ だ 

容 貌 むさくさ深山の谷間にぁる埋れ木の花も^かせ卞朽果る通-^^扨も氣の毒。 美人 所 を 得すして 搰 



ぴ i くさ や ね P てん ど 5 を だんじ ど a- ゑ も うかい s わ & $ 

火に 燻 ほ. 草の 屋に 終る さは なさけなき 天道の 爲 され かた。 男兒時 を 得ねば 搶 海に 入る 亡 同 卜く、 旣に 

けん LCI- ケ< せう ど ほ ふ i-©.? かい せんきゅう ちか ゐ この をん を S き 上 ち S- いど やま を か を わ L ょケん 

見讖. ^.o て 俗情 k 遠く 風流 を 解して 仙境に 近づき 居る 此女、 浮世の 塵 を 厭 ひて 山中に 終らん 所存 か、 さ 

また をん を くせ 2t ビこ にく をん を をん を おど Kt おど t ども てんねん みち もむ 

.<>w て は 叉 女の 癖に 男め きたる 憎さよ。 女の 女らしから? t; る SR の 男らしから る、 共; J^IK 然の 道に 背き 

みにく こど て, r 'せ, f をん を ねん を かみ おど こ おど こ かみ ども 

て 醜き 事の 頂上な ゥ、 さ. ながら 女の 女らしから すして 神ら しき、 男の 男らしから すして 神ら しき は 共 

たつ ど て 6 せ 5 いまこの * ん& い どころ もはや をん を をん を くち BC あ われ だいね を かく 

に 尊き 頂上 どかし、 今此 女の 言 ふ 所最速 女らしから す、 女のロょ^^ー初めて逢ひし我を抱て寐ん^!^ゅー中々 

もつ. S こど しか 5 ば *2 さ か ,ゎれ だい ね 550 われ. だいね い こども 5 も 

以て 言 へ た 事なら るに、 然も 乳母が 幼稚 ゥ し 我 を 抱て 寐し 如く 我 を 抱て 寐ん € 云 ひし 事 若し 盧誕 なら 

こ をん & をん たど こ かみ かた おか ほ ^-.^bs をん & しか われ はんぶ めみ こ の 

卞バ此 女 は 女の 男め きたる ならで 神ら しき 方に 近づきた る 方 外の 女な. 00 然し 我 凡夫の 眼よ. 見れば 此 

をん を かど.' げ よ つれあい ゑ しせい あいだ S つく いっか のケ おも 

女の 期く 尊 S 氣 ならん よ A^、 良き 配偶 を 得て 市井の 間 美しき 一 家お 爲 したらん 乙 を 望ましけれ^ 思 ふ 

3 たみ たんねん ね さま. S よ /\» ん かい をん *5> こ ひ や .9 ふくく ろ 5 さん & ね がけ たいまい <L 

まに く 又 W れば、 端然^ せし 御有樣 愈々 凡界の 女の、 戀に 病み 衣服に 苦 勞し珊 糊の 根掛の 玳瑁の 櫛の 

よく た ◊ ひ め «. ち を t. ふ <£. ん せ e むね 5 ち sot- た S 

£ 愁 に^わつ く 儔に あら 卞、 御 眼の 中の 淸しき は紛 ^ たる 世 事お 御 胸の 中に 留め 玉 はさる を あら はし 御 

かまいろ つやく 4J5 ぶんい ま け ふかい まん ケく をん くる お ほへ こど L か ク くち 

顏色のゎ^ゃか.に絶々しきは|^分今の境界に滿足して何の苦しく覺さる、事なきを示めして、 且は御 口 

.*> ど fj ま S- ひき.. 1 たまお ゑ さど ゐ たま t ふ. L ぎふ 》1 ぎ 

元の 締 たるに ど 理非 を 判め 玉 ふ 智惠敏 く 居 玉 ふ を 知られけ る、 不思議 不思議。 

あ 3 ふしぎ こら われ ていねい ま こ ど こめ こどば ゆる さき ほせ 5 か どし わか i あ 3 

餘<> の 不思議に 堪へ かねて 我い ビ 叮嚀に 眞實を 籠て 言葉 緩く 先程 も 伺 ひたれ^ 歲若き かまへ 檨の 尼に 

やま &も いか ふしぎ ケん 5 つく & よ 5 ほ- X 'やさ こ、 ろね もちた ま む 

.tj- わらでの 山 籠ゥ、 如何にも 不思議に 存ドら る、 も、 1 ッは 美しき 御 g 貌和 しき 御 心根 持 玉; S ながら 無 

ざん L 、なほ かみ ぁビぉ ほ ビ ころ ひそ た <a 15; げ ケん か やま?, * i その わ まく 

慘ゃ、 猪 狼 の 跡 多き 地所に 潜み 玉 ふお 慨か a しく 存す るよ 4 な. 9、 期く 山 住し HI ふ 其- fS 苦しから 卞ば 







は 


/ C 


キミ' 


キ 










笑な 




fl» じづ 


玉? 


_^ « ひ 
ど 


齢 
ほき 


北 'さ 

メ、 ひ 


化み 






矛ミ 

本 さ 


狩き 










し 




は 




力 


1 人 


C 


な 




し 










し 


さ 


1 

し 


ん 






ま 
ほ 


\r\ 




づ 


、 


妙 g 








去 S 
ノ もれ 


窗こ 
爭ど 


さ 


御& 


御 


力 
/c 


ス け 


ノ 


1、 


に 





tt 








キ 




&み 


了き 閬? 


め 

り 


ほ だ 
はん 


N 


サ 




-orrL ん 


長? 








rfi む 
H か 


K ほか 
1 ひ 《S ぎ 


レノ 


見: t 


せ 


レ 


ふ k 
マ \ 


1 

し 


力 > 

//'* 


H か 


pj ん 


江ミ 








の 1 

蔡 2 


b 


— L ゑ 


か 


下 も 


'ク く 


V? 


A. 


+/• 




<L. 


を 








プ r 
な 


ッ 3 け 




さ 


'6s 


4* な 
入 ほ 


れ 
H レ 


で 


义 まれ 


S こ 
阜 










の 


A 
ジ 


て 
レ 




れ 


ち 




O 




し 


HJ 


る 












ム 


し 


れ 






げ さ 


ゆ 


翁げ 




風な 






, ~ 、 


, 八 




小す 


し 




も 
ず 


他よ 






寧き 

g 昼^ 


輕カ 5' 








懺 o 


«<、 


ミ乞ま 


說 S 




fk 


A 
') 


It 

V に 


船' 

ん 


o 


あみ 


< 








悔 


irx は 


土 


に 


問 ど 
へ 


力 

/c 


し 


•7h= の 


蒲 を 




力 


雲 《 能? 




聞き 


は。 


ム 

t 




は 


ナ 
タ 


- リメ 


みし 

ひ 


のき 

V リ 






t 


k 




け 


戀 






書で ば 




+ 
1 


! さ 


お 只ん 




if ゝ 


吹 m 


ふ ひ 


ば 


の 


お 
4 レ 


れ 
A レ 


さ' 








13 か 


戀ざ 


は 
【人 




て 


ノゝ 力 》 
ノ、" 


It せ 


聞き 


終 


—'广 
し 


め 


る 


ホ& 


ん 






((、 


れ 
A レ 


苗ミ 
早 さ 


み、 




a\ 

V ノ 


< 


い 


■H7 は 




It 




キだ 

で 


就 を 
仏き 


A 
ソ 


お- で 


霞ろ 
路 




は 


m 
兄 


H- 
'«\ 


程'! 




y» ヽ 
TP 






t. 


ろ 


'入 、 


] 

し 


お、 


in 


茶む 




れ 


ト、 


筋き 悟き 


し 


し 


せ 


笑な 


< 

、 


mi 

,水 よ 


ャ L 






し 


i 、 


ば 


め 

ドノ 


の 




さ 


ノ V ビ 




ひ 


'OS 


周 か 


-ケた 


ど 

1 口 J 


て 


ね、 


皆 J 


タ 


わ 


て 


白. み 
身 


あ 






A 
J 


り 


ソ 


ひ 


妾き 


ほ 


す 


我 わ 


,tE さ 

r 口 ど 


力 > 


今 ま 


の 


A 

V 


話 g 


が 


o 


卞 


卞 し 


し 

レ 


しく 


43 
V 


む 


が 


A 
ソ 


ら 


は 


h ち 

丄も 


て" 
レ わ 


し 


ら 


果は 


卒ゃ 


宜£ 


"ヌろ 


幼 f 


A 
ソ 


る 






ぬ 


佝 S 


か 

P 口た 


去た 
女 < 


の 




敢か 


れ 


て 


は 


少 ず 


ほ 


の 


手て 


靴 
v\ は 




k 


h 


の し 

V ノ 






な 


玉? 


冬 【お 


ま 


X 


マ 


夜よ 


P お 


A 
ソ 




力、 


由 ま 
甲る 


み 


產げ 




き 


a 








A 
ソ 


の 


相 も 
あ、 ひ 






匿 や 


士 
タ 


の 

V メ 






野の 
邊ぺ 


し 


く 


< ^で 






月 S 

大ほ 






し 


ぺ、 
へ 


丄ゑ 


都 J る 




1) 


ら 


ノ しか 








申き 


し 




のこ 


さ 


は 


h 


移る 


•1 レ 


I こ 


A 
'ソ 










す 




し 

C 


K\ 


< 


― ひ 
ど 


悲 i' 






生ち 


*u わ 


に 








ぺ 


化 ゑ 
緣, 




It 


世せ 


條き し 


TiU か 


H か 
風せ 


長 g 


b 


た 












a* 


盛。 
周 た 


間 2 


の 


さ 




c 


て 


く、、 










t 




ら 


に 


煙 S 


遣 や 


! r ヽ 


せら 
お い 
ろ 


父? 




ふ 








云い 


緣ぇ 




し 




h 


る 


Fife li 
メ: sc ぴ 

母 £ 


母う 




樣^ 








a 


1/ 、 


gJt て 
Itl ん 


歸 


行る 


を 




縮? 


t 


陽 


に 











引力 ひ' 


わ 


ら 




觀;; 


な 




緬》 


づ 


炎 § 


滿ん 










さ 


は 


ん 


力 > 


じん 


< 


買 か 


の 


し 


立た 


面》 








ほ 

や だ 


れ 


れ 


御き 













力 > 




の 










て 




Tf 


し 


後 § 




て 


袖? 


ら 


如 


神え 








添 g 




«:* 、も 


見ん 


小? 


は 


居る 




に 


卞 


< 


彩き 
生 S 








た 


は ひ 


ふ 


な 


說 S 


二 さ 
~ »ん 

度 ^ 


見み 


ふ 


厭 さ 




兩 f 
眼力/: 










泣 を 


人 ひ 


る 




る 


羽 は 




家 1 


々く 








け 


さ 




ベ 


で 


の 


外 g 


子 5 


し 


計し 


の 












は ひ 


ら 


し 




御 こ- 


に 


板 S 


頃き 




流? 


然 力し, 










ば 




書!' 



m^fi. s の yef た あ むなしく r て s? 辦の 「本ぎ たる 如く、 しえ ぼ 

6 ざ は I 饀 ばが. orl^ しく、 la^ り? 5;.ir へ? i ひたる やう:^ お 6 ながら、 &がほ を ^ て 悲し ひも 同 卜 

く l、i も 靴 を 厭^ P "ひて、 御 ii ゑた る や の 1 叙な く; のみ S たづら は飮 して 私 かに 臉の潤 ひさ 

しお ふに の^の is つし かぎえ てみ 氮酽 ぎみし めし i^,- に ti く か 6 し。 われ もれよ 6 自然 さ垂 

i6K に^.^ K やし、 きなる flfl のお C ム!: き • さん W もせす、 琴の 師 I にも 忌中に 休 課 たるま、 

i さか て、 は 取 零 か r 玉 まひし 紙く さ f れ i み、 あ 有る 、さ? k きつら ねたる 冊子の 中に 幽 なる 

iL みませし V て i み 見 i せし fi 觀ぃ 伊せ 勢た ち,, は f あき f て 三ね た f わ 解か 



ら Q: な:^ ら 源氏 狭 衣にまで is み 至ゥ、 其 間つ く f 人情の 濃き 薄き を 者へ 世の 態の 眞實 ffi 妄を 覺.^ 、 む 



かしょ いふ il の わさ ましく、 l4TIr さけ li"、 ひ si» けれ.^」 もぎ S く、 逢 ふを悅 乙べ さ 別れ 

を^し ます、 齲め かしく g ら へる を かしきお ピ& のみ、 irii の わ^くれ 三 ¥ 犬 猫の 色 美しき を 愛る 

i.fesirfe:Jf るき f 。i きき IT なれち き霸の f f S 余 i く、 

rf るに まらね に i あれ, fe お き If ば 馬ぎ がろ の p 一 T ける が、 十八の 

F&i も I ぎ vsf たき、 ^ききぎ S く gife に 1 は S ながら 神 f 赖み御 介抱 

おせし 1.1,5 なく。 gt, き 鎖 は srsK て 一 せ も-のみ 身の 1 を L 知れさ 4 きみ 4/ 散 6it く IE 鼓ぎ. - せし 黑 漆の 小 

箱を與 へられし ま、 の 卸 往生、 悲しと もつ らし さも. ふ 言葉 を 知らぬ 歡き、 漸く 御 葬ま濟 して 後 ^.::: 



f こみ クょ 



わか 



緣外緣 



1 九 



ば こひらみ いつ ま f た、 * か; 《§5 みメ いつ <- かきおき これ われ かわい ね 

箱お 開き 見れば 何時の 間に 認め 置れ しゃら j 通の 御 書 量、 是 ほ^まで は 我 を 町爱ぅ 思しめ されし わ 0, が 

ま をみ だ , 上み あ、, で- どき こ、 ろ もちい ま を も だ ケっ ほ- たヒろ くちね し かも 

たさ^ 先づ涙 rJ ぼれ なから 讀み 見れば、 其 t5 時の 心 持 今 思; S 出して. 懔 然^す る 程、 恐し さ ロ惜さ 悲し 

ズザ さけ VS- あじき を むね わる こ、 ろ fSAJ いや いや こ、 ろ も お C こ A あげ とほ S 'みづ さんし 4 «' ち 

さ 情 さ跟氣 a- さ胸惡 さあ さまし さ 心細 さ、 厭^い ふ 厭な 心 持 ! 時 は 込 上て 氷水 全身に 打 かけられ たる 

3 たも 5 くわ まゆげ や £ ビ ひやあせ わき -J た わ み ど s- ゑ き くら め くら 

如く、 叉猛 穴に 暦毛燒 かる、 如く 冷汗 脇の 下 湧きて 身 ふる ひ 止め 得す、 氣も喑 く 眼も喑 くゆらく さ 

I サ -f^ め をた も はべ . をれ いよく 5 きょ い £ はふ f£ をの < ろ ^sfs- こ ぶこ S. ち 

ゆらぐ 玉 緒 絕果ん ばか. な. しか 夫よ. 愈々 浮世 を 厭; 5 て。 ィ ャ御 話しの 中途です が其黑 塗の 小箱の 中 

ふめ る , こどい か 、 , ま ゑ さま なさ き、 ふみ しる 

の文に記しぉ6し察如何なればをれほ^までに.£M檨を驚^Cかせしか0 マァ御 g なされ 其 文,^、 記し あ 

乂ど くお > も 5 さて われ どし はる む Si あだ ふけ ゆけ しんるい たやた ち 

し 事お. Q たくしの 口から * す もつ らし、 扨 も 我 年 は 十九の 春 を迎へ て 空に 更 行ば 親類の やうに 親 達, ヒ 

つきあ ひ たれかれ われ よめ わ T; "む 二 せわ く はせ ^if いつほ ?か 

交際し 誰彼、 我お 嫁に せん、 我 婿 を 世話 せん^ いひ 來るを 早く もお さましき 人情の; ゥ、 盛. 十 年の 

い ろ 上,っ ビ き ざいく わ ま 5 こみ もい やっこ こど わら は * した 

色 用 は 一時の 財 貸に ひかれての 申し込^ 猜 して、 一-^ きびしく 家の 僕に 謝絕 せ、 ひたすら 母お 慕 ひま 

このみ くち たま. L ゐ は、 さま そばち か ゆ t のち 

ゐらせ 、 おはれ 此 身の 朽 よかし 靈魂 のみと な. て 母 樣の御 傍 近く 行. £ん.*- の € あせ. o、 ゥ く-/ \ 生命 も 

たし せ けん をん たのし t みムけ か \>.,(\ ft 5 ち またみ を どこ かま ちま A, きら や...' 

惜 から 卞、 ffi 間に 何の み^く、 讀耽. し數々 の 草 絨も打 すて 叉 見す、 男^ li^KS す さへ 忌み嫌 ふ 襟に 

は W ちょ^も ビし わか M- つく やくしゃ ら わさ はが た Si t せん t ぶん かみ あおら 

な. て、 瀵 葉なる 下女 共が 年若く 美しき 俳優な どの 蹲まで 苦々 しく 覺 えければ、 自然^ 自分 は髮に 油の 

か ビ く. し ほ びん かっこ 5 き 3 わさし べっこ, ゥ ふ せんぎ rf がけ か こ 

香, ij^ 止め 卞. 榔の齒 を スれて 鬚の 恰好 氣に する まで もな し、 まして や 前 差に g 甲の 班の 詮議 根掛に 鹿の子 

い ろ ど た,、 ぺ K たしろ い わ. t たび くろふ げた 

の 色の よし わしなん さ 問; 3 もせす 質し もせす、 紅 脂 白粉 はまる で {>5 れつ、 帶 に苦勞 をせ し は ひかし 下駄 

ほ を を く ろう は を W い ろ き もの ど 《- あは いっさい B んを 

に 鼻緒 を苦勞 せし も ひかし、 羽織の 色が^ うで あらう さ 着物の 取合せ ^うでわ う S 1 切 女の たし^み 



• k L ん ちらつね もみだ た * てんお -5* くろ み は- & さい ほ われ ど V <• た t< 

を 捨て- かもし^ からぬ 心中 常に 涙 を S へて 夭 地 も 薄黑く 見え 花 は K て も 萎れた る 我、 鳥ハ歌 ふても 默 

. われき Ls»3:»« も つき むか みづ われ かげきよ や いん < も 5 く ねたき く fru ん 

然 たる 我、 胶々 さ 澄 ひ 月に 對ゥ ても獨 6 水の 我に は 影淸く 宿ら 卞、 隱々 漂々 f ふ脒て 起て 食 ふて 少しも 何 

> f 一ば ゝ * み ► わ? - ま.' かみ 《• ら ほどけ 5 ら ひど 5 ら てんち S ら も だ くる い ち ひん ケ 5 

の 業. さす 身 を 卜 だらくの 吾 儘に まかし、 神お 恨み 佛を 恨み 人 を 恨み IK 地 を 恨みて 悶え 苦し ひ 一々 

. 、/'つい かみ いきさ ほ ほどけ さほ 53 のよ も せ, r たいた は は & さき つい こ、 ろせ JS きた 

長す る はか う 遂に ハ 神 を 憤 4 佛を 憤 .<y 今 世に 若し 正體在 さば 針の 先で 衝て や. たきまで 心 逼ゥ來 .0 

k IM. み &ん ど 5 もみ を 《=d f « さら ね, y はんせ 4 み たか つら、 さいしき :b つどき 

て、 道理 を 見れば 何の 燈 心の 繩張, o、 道理 も 更に 恐.^ しからす、 人情 を 察れば 高が 永 柱に 彩色の 一 時、 

はは せ, 9 ゆめ け ふさ 5 しも ゆき さむ の. J む& くわん ひんた ひ i あるひ 乙 ど S- つば 

人情 も 夢 うれしから す、 胸中に 霜雪 寒く 殘 6 て慘 らしき 觀念絕 ゆる 間. く あ. しが 威 日の 事、 立派なる 

ろ ■,£:wf ;々 ^ まわが や かさつ ひげ かんいん ふ 5 を どこ あん をい こ 4& ふだみ を K が. L きよくて うお 5 にん ど 5 

臌 a 人車 我家の 門に 付きて 髯 毛うる ハ しき 宫買 風の 男 案內を ふに 名刺 を 見れば 何某 局長 奏住 一 等の 御 

力た ゼ. & きけもの へ.. T- ばん ひど わが; J*- けん か a %iん たん ど まか たど. J S よ 5 ち 

方 in 田 世の^ 物^ 評^ ある 人. れば我 後見 さもな ゥ て 家事 萬 端 取. 賄な ひし 老僕 出で、 御用の 筋お 何. 

5 け だしぬけ さんせ 5 は を は fl つれい つて を せひ た *• ち ま 5 い つか こど き、 R?f 

承た ま はるに、 唐突の 參上 甚だ 失 鱧 なれ.^ 傳 手の 無き まゝ曰 lii 非な く 直に 申し入れます、 ぬ 事 を; ssi. & 

505 け .1 ゆ e ん どし. b ろ いま いづかた ゑん だん やくそく たつ せっしゅ & 2- はんしゅ わか どのみ こ ひ 

すか 當 家の 御 i 人 街 年頃なる に 未だ 何方^も 綠談の 御 約束 なきや、 實;! 拙者 舊 藩主の 苦 殿 見ぬ 戀 にあく 

, —お ま せひ しよ. a-5 & わけ まお ばか わか こどし はる わか 50 のこ 5 ぐ わい 

かれ 玉; S て 是非に 所望いた され 居る, 譯、 亡 申した てハ御 分. わる まじき が、 今年の « 若殿 郊外 を 

さんば *w あ ゆち ど ほ i ど こじき ^6 は を きか いま かへ む め れ 5 5 つ < 

散步 せられし 折 威る 墓地 を 通. 0. か、 られ、 不 H 乞食 共の 話し を 聞 るれば、 今歸 つた あの 娘、 器 i 美しい 

?^, か : fL^ み は、 * や はか まへ 5 づ くま 5£ ゑ をみ だ あめ た ゑ ほ. ij を S 

W.A> か 孝 >5 の いぢら しさ 見えて 母親の 墓の 前 k 隙跼. たるま、 動き 得卞、 涙 は 雨の 絶^る 程 泣て く、 

f5 か み, V » . k い 9 ち し > ,はや は、? ま そば ゆき e ゆつ くわい &ん いま sii きめ づ き だて をん を 

若い 身に. ii- 似す、. 生命 惜 からね は 早く 母 様の 御 傍 k 行た しさの 述 懷、 何^ 今時 珍ら し. S 氣 立の 女で は 

ヽ * > > »• ぶ ひど W き 32 け ふ ? あのむ. 4^ め き つい 3 いげつ こど こケ 

*s>.s かさ 一 人 か 云 ふ を 叉 一 人 かひつと つて、 贵樣 今日, 初めて 彼 娘 氣が 付た か、 われ は 毎月の 事、 去年 



緣外緣 ニニ 

fcTCSJ つ あのむ. * め は、 こ、 ほ t. む 3 いげつ め. &a ち を こた こど こ、 き VJ5 ひたんよ t 

の 何月. ウ^ か 彼 娘の 母の 此處に 葬 ちれてから 每 月の 命日 怠る 事 く此處 に來て あの 通りの 悲歎、 他所 

み A あ ひそ 5 こど さらけ ふ かほ だ いぶ や けつ L よく わる か はかたい ゑ 10 L をい 

で 見ても fs. 愛想な あ 6 さま、 殊更 今日な^ は顏も 大分 瘦 せて 血色 も惡し 大方 家に 居ても 始終 泣てば か-.^ 

a こど 5 わさ み、 い わか どの たま さも をみ だ てき これ こ ひ みづ がみた も いづみ 

居る 事で わ うか^の 嚼、 耳に 入る よ 6 若殿 グッ さし 玉 ひて 誘 はれし 涙が 一滴、 是ど戀 の 水上 思 ひの 泉、 

ミき こ、 ろ こ ひ さ たんさく をの ゝち を ま ゑ e5 しょ S つ 3 き、. I たま 

ゆめく 浮た る 御 心に わらす、 戀が爲 せる 探索 其徑 御名 前 御 住所まで 何時の間にか 聞知 6 玉 ひます く 

こが つ ひ ち、 《. ゑ ゆる こ ち、 ぎ み い らい ビ かく きつし や を か せん ろ 5 ど . こんに お 

焦れて 遂に 父上の 許し を 乞 はれ、 父君の 御依赖 によ..^ て 觅も角 も 拙者 中に たち 周 施の 勞を 取るべく 今日 

わざ t さんせ 5 を S 5 けた いま い づ かた ゑん だん *5> ん このは を i<( か A が 

態々 參. H した .0、 内々 承 ま はれば 未だ 何方 さも 御緣談 きま. たる も あらぬ よし、 何^ 此 話し 能々 御考 

<^ jjb か fJJ. &ぉ せつ. L やき 5 はん,. J ゆ ちゃくし しゃく & ざいさん せけん さた ケん 

お下さるまい か、 媒 人口た、 くで ハ なけれ.^ 拙者 舊 藩主の 御 嫡子、 爵位 財產は 世間の:^ 沙 でも 御 存卜を 

こど せんねん $J いっこく がく がく ゐ わか どの くわ ケ くかん ゆく. t ゑの ケ かた まつ 531 

るべ し、 殊に 先年 獨乙國 に留學 せられて 學 位まで. める 若殿、 華族 間にて 行 未 望みの ある 方、 全く 浮た る 

た わ &ど だいめ.? 6 たぎ わが ま、 ゑん だん ま を い L み ASJi- ど 5 こんに おちつ もつ のち < こ 5»1*.<ふじ ん われら 

戯れ言 大名 氣質の 吾 儘なる 綠談 申し 入る ゝ わらす、 四民 同等の 今日 實以て 後々 は 候爵 夫人^ 我等 も あ 

S L ょケん こ ひ L だい かんが を いろ へんじ たま かへ 

がめ 申すべき 所存、 戀の はじま ゥの 次第 を 考えられても 成るべく ハ色 よき か 返事 を 玉はゥ だし さて 歸ゥ 

あど おど こ ねせ あが 》2C.J つねし わ かほ その ど a- ひか われ むか ゑん ❖ みせろ ち どき 

たる 後、 老僕 は 躍.? H ゥて喜 び、 常 皺び たる 顔の 其時ハ 光,..^ をな し 我に 向 ひて 緣組 承知せ よ^ 說す、 

われ いち^ ひど こ ほ きい せ 5 き また いち g これ * ど. J れい いちじ ねク 

ひる J^、 我 1 度 はやん,^ S なき 人に 戀れた <^v- 閬て カツ さ上氣 し、 叉 一 度は是 も 男の M の 一 時の 熱 やが 

さ ろ この *J 、ろ S や さげ. * またせ 《 ゝ かき * きね も だ たちまち み せ. 9 いやくく 

て は 褪める 色好みの 心 鄙し さ 蔑視み、 又 1 度ハ 母の 遺書 思 ひ 出して 忽 に 身ぶ る ひ 生じ、 厭、 夂 々、 

( もんだ, X- きみ、 つよ. S を ビ こ たさろ これ けつ こ 5 わん だん S かたはらいた & 

ふ、 緣談な く 耳 もた 卞 S 强く 云へば 老僕 は 驚き、 是ほ ^結構な 綠談 いやさ 云 はる、 は 片腹痛し S 理 

つく われ いさ もこ 5*c せひ こど わ 03* 14- さけ- 1 もの かげ &ど 

をせ め 言葉 を盡 して 我を諌 ひれ <^ 少しも 動かねば 是非な く 謝絶 申して、 情 知らぬ 者 *J も V 蔭 言 さる、 を 



^ば . われもの どき をん ふ た& 、ろ さ ほ *j ic きら こ、 ろ 

服 はさ. し。 され も 我 其 時よ 6 何 く 二心に 》.cs て 然程む,^ く は 男 を 嫌 はす、 ひなか. し 心い つし 

やわ かみ おさ みゥ きたち 》• たかの を W が L きよくて 5 み わが. J5 けん むか 

か 和らぎて 髮 かたちお も 治 ひる やうに な. しが、 三月ぼ^ 經て叉 彼 何某 局長 見 おられ、 我 後見に 向 ひて、 

ぎ ひ 9£ S らい さもが くわつ ばつ ti' め S わた た 》• わか w© fp, かわ たま もどで たま 

過し 日の 話し 纏まらぬ 以來 流石 活潘に 聰明に 渡らせ 玉 ひし 若 « 御 動靜、 カヲリ さ變 6 玉; S 外出 もし 玉 はす 

しょけん たま は を つき さ たん ねん 乙 ゑ のケ たも このよ た ゑ を ま を か& i かぎ 

書見 もし 玉 はす、 花に も 月に も 嗟嘆の 御聲 ばかう、 望み は 絕し此 世に 絶ぬ 玉の緒の ある は 悲しき 事の 限 

か ひ いのち た ため かこ た 3 L だ. { さん Si & しよく 

うど、 わるに 甲斐な き 生命 誰が 爲 にか 4^ がら へんな.^ ゝ唧ち 玉; 3 て 次第々々 に 三度の 御 食す、 ま卞 畫 

ねむ たま 上 いね:^ て ふした ま これ つき もの を. 3- た > ^か 

ハぅ で.; 眠. 玉 ひて 夜 は寐 難に 輾轉玉 ふ、 あはれ さは 是な. さ 思 ひて 御 付の 者 慰 さめ まねら せ、 0£ 

ち、 ぎみ t か た 3 た 、けし きわつ ゆみち ひど み 

はもれ なり £ さ S して 父君 叱ゥ 玉へ.^ 唯々 消な ば 消ぬべし 露の 身の 散. なば 人の わ はれさ や 見ん、 つれ 

ひど われ をて いのち て 5 せき ひど きか K、;s み 

なき 人 はつれな からでう さまれ し 我 乙そう^ まし、 さく^, \捨 ば や 生命^ 朝夕の 獨. 言、 闞 れて 母君の 

た た 3 ふた 、びせつし や め この つか どケ も いれ 5 ふ そく か! Si ゑ. <:«> 上 ? * 

堪え 玉は卞 再度 拙者 を 召して 此御使 ひ、 何卒よ Z: しく 御推諒 ゎゥ て、 御 不足の 廉 わらば 御 遠慮なく 申さ 

さ しづ したが まも この こ ひせ so ゆ よう せ 5 つく せ は,^> その どき われ こ 

るべ し 一 々御 指揮に 隨ひ 中す ベければ 此戀 成就す る樣^ 情 を盡し 道理 を 責めての 話し、 其將我 ふすま 越 

きい ね も をき たど こ われ むか へんじ も f だん どき また かの ほ、 <• へ のこ た 3 かきねき こどお も だ 

しに 開て 思 はす 泣し が 老僕が 我に 向 ひて 返事 相談す る 時には 又 彼 母上が 殘し玉 ひし 書 S の 事 思 ひ 出して 

た J'.f ゑん む もい や いき あ 》♦ た ひど f か 3 このたび もはや た 4 きつ 

唯々 つれな く、 綠を 結ぶ は 厭な 6^ 云 ひ 切って 數 多の 人に 憎まれぬ る.^ 關は ^!;ゥ し、 此度は 最早 思 ひ 切 

き Jsl ね も また ひどつ き かの ひどき た わか どのつ い S きょ たも 

て 來るま 卜と 思: S しに 又 1 月 ほ^たち、 彼 人來. て 若殿 終に 浮世 を あおきな く 思 はれし あまりう つら 

^1 どこ 5 ち ふ ものの ち 3 くら あが れ.^^^ せんかな ち、 ぎ みは、 ぎみい ま ども さいあい ちゃくし ひか 

くさ 病; S の 床に 打 臥され 其 後 枕 上ら 卞、 療治の 詮方 もな く ハ乂君 母君 今 n 共に 最愛の 御 嫡子に 引され て 

こ 、ろ ピ1 し s: ばい よそみ いた ねが たも かへ へんじ た 3 

心よ わく、 共に 御 心配の わ. さま 餘 所に 見る さへ 痛まし、 願 はく は 思; S 退して よき 返事き かせ 玉 ふやう 

緣外緣 . 二三 



さ.0なし^^は^- は fi^^ 御 is のおに て 割^られし 故ながら 戀の 切なる 事 わら はれて 隱 れ+、 せめ 

も: く もち まる *» た. J れ わか どの 

て は點を だは まねら せて 少し はわ はれ を 汲まる たよ 6 さも なれ かし さ 持て 參 6 し^...'、 又是は 若殿 

: き ti i Lb. しん これ あほ へん, しあ. * 5 か *• あが 

S ま, た 御 i& にな AVI^ は^ ゥし 前の 寫 具なる が是も 併せて まねら すべし、 御 返事 は 明日 また 伺 ひ による 

べし、 おは; ^御 gs5 虻^ はも あれ、 が^^ かけて まで 釅れ しおの 寫 3^ 一 ^玉 は たし ざ W 殘 

して^-, ければ 刃 i に swi^ し、 SKI- に 嫩 i ばれよ、 i からぬ 因綠 なるべし な^ 泣て 勸 ひれ^ 

戲 Si に^^せねば がし は i りて おおし わ も はの きせし 寫臭、 見る に氣 高く 美しき 御顔ば せ、 い £ し さも 

たんざく ふで あゆ もこ やか , 

?H じたる ばか..^ か 短册^ 筆 も步み 健なら すして 

燈し火 も 暗うな ゥ ゆく 夜半の 床に 

乙ゝ るき お/^ 君 をし ど 思 ふ 

さ L£ も!^ なく r もされた る を F て iSi も ゆらく W を 6 しが 母君の 遺書 思 ひ 出して 叉 か、 る 貴人に 近 

X CCN ^£ へんじ しゃしん おく どうか ほ *J**-ia わがや かせ あほ <t 

づ くべき にも わら 卞さ 翌日^, K く 返事 させ 寫眞も 送らす、 かくて 十日 程 過て 吾 索の 門に 慌た》 しく 車 を 

せて^ s^fl^ ぶ^く せ^ 6 酽^ さへ^ さは 键 6 て f ぁド みながら りれ なき の i ひれ 人め、 今日は 是 

> . -: :t しき こ わか ビ のい のち t よ ひも & いし かんてい ち、 ぎみ は、 ぎみ われ ら 

^^:^;:^^^の^ずはぉばす蒙&まで來られょ若殿生命今宵を過さすさ醫師の鑑定、 父君 母君 我等までの 

,S:!t さゥ たま こどけ さ わか どの くお , ダウ ュゅ 

1 き^しても 玉 はれ 殊に 今朝 若殿の ロ卞 さまれ し 一 首 

厭 はれし 身 はう きもの^ 知. <^ なから 



尙 捨てが たき 

* * - H > . , BS ぺ 5 こ ひゆ ゑ をに か ほ Si ね. P 

i 後の 一 句を殘 して ま を 吐かれし 御 あ. CS さま、 肺病 もつ ま. は戀敌 よしや 女 は 鬼な ウ^ 箇 程まで 思 はれ 

あた はんぶん ?ら B ん ぶん いか われ ひきたて ゆか われ またみ き f つ 

てま だつらく 當 るべ きゃ^ 半分 は 恨 み 半分 は 怒. て 我 を 引 ^^ー行ん ^する に 、 我 は 叉 身 を 切らる ゝ ょゥ切 

いよく, {JS せう ゆか を w またく る 3 を ど つき ひ >; あど ょ<. き つく たま K 

なけれ.^ 愈々 剛情に 行 卜さ いふ 折し も 亦 車の 音して 御 付の 人 を 後に なし、 容儀 繕る; S 玉 ふ rj^ もな く馳 

い せ 5 ひん ふ ti ュ き はんら" た わ わが こ いま んじ 5 きわ ひ 50 め さ 3 み 

せ 入られし 丄 品の 夫人、 氣 も半亂 に、 妙 さま W はわな たか、 我 子が 今 臨終の 際、 一 目.; - まへ 檨を見 た 

き 》i たむ 3- 5 & のケ この X- ほ て あ ねが せひ き こ./'. L やく ふ 

し^ 利かぬ 舌 を 無理に 動かしての 望み、 此 通.^ 手 を 合 はして 願; S ます 是非に 來て^ 侯爵 4K 人 £ も S はる 

たつ ど ひど たが こゝろ こら たビ む W ひきた こ くる 3 i ゆめ 

る 尊き 人に 拜 まれて、 心 は 洪水に 漂よ はされ たる fu^ く、 う くす る を 無理に 引 立ら れ、 車の 上も^ 

ち & つば やしき 1^ か い ひど <»J ゑ かぎ よ ひ、 は s( . ^をし をん を L ゑ 

路 をた^る やうに て 立派なる 御 邸の 中 k 入れば. < 々聲を 限. < ^に 呼ぶ 響き、 早ゃ切々さ悲み泣く女の聲4*^ 

き.」 ふ じみ あは s< ま ど ほ *i ざた ま われ けぶ 9 その あど つい ぺ 5 しク い み やせ: s- 

閻 ゆるに、 * 人 は 慌て、 幾 間 か 通ゥ過 玉へば 我.^ 煙に まかれ 其 跡に 跟て痫 室に 入. ける、 見る k 瘦 枯れ 

た <^ I ^3 あや \ よ いけ は 、ぎみ か, み たま か いた 

玉; S たる 御 わう さま 今さゥ つめて 危か. し を 呼び 生られて 母君の 顏見玉 ひさめく さ 泣かる、 痛 はし さ 

これ たれ ゆ ゑ われ ゆ ゑ ね も a つたい きゑ い ふ んを いだ わ A ど ち A a& u' I s-t 

是も誰 故、 我敌亡 思へば 勿體 なく 消 も 入-^ たきを 失 人に 推し 出されて 若殿の 御 鼠 近く 泰. o、 私 を i§ れて 

:*』 みだ ; て, ど **>ん わけ し S1 わか どの 5 & みだ み た S こどば 

つ、 み.^ れ,^ 摘 手 を 取- >しま 、何の 理由 さは 知ら 卞泣 伏せば 若殿 も 涙ながら 我 を 見 玉; S て 御言 菜 は^ 

て かよわ ちから こ わがみ かも か はたら あた その ま、. C れ た ♦ate-s' * め £ビ 

く, 握られし 手に 微弱き 力 を 籠め て 我 身に 幽玄なる 働きお 與 へられた. o、 其燼我は絕入て^^^の如くなゥ 

そのな 上び いか わか どの つい 上み がへ た <» われ み よ りち U り メ£ 

しか^ 後 呼 生され たれ^ 若殿 は 遂に 蘇生ら せ 玉 ほ卞、 我は身も世にぁられす?且|6てょ6獻^|^をのみ 

思 ひて なま 卜ゐ に生殘 6 し をロ惜 く、 ますく 夭 地 を m み^. ^て!^ な .0、 ; \?t5 の^^. の^^ 

緣外緣 nj 二- |__, I i S 



のぶ1に^^1したる^』^€めらはれョひし御ぉ气のゎさを^"て脫出で、 何 is さもしら す 迷 ひ あるく 眼 はは 

^^をのみ て iSS の • を^す、 ゎさましく^^ふて,|§¥に^しら卞來ゥしが圖ら卞道德高き法師に遇 

ぎして、 ¥き の 脇-. を^ に^むす びし ばかり、 溪の i 嵩增 して 春 を 知. の 木の葉 

if ヽ u-^ さど |& かん じゃく ちち ❖ んめ. ゥ くわん か f ぺ めな 5 きょ み: み を a ぶ • 

の 離って お を 悟る 住居、 閑寂の 中に 群 妙を觀 卜て 頭 を 廻らし 浮世 を 見れ は 皆お もしる き 人 さま f 

,|8.0し|^時の亂の,れ碎けて柬風|^^41に糸遊のぁるかなきかの身もかもし^く、 佛 き く 凡夫 も 可 

^ a5? * ^ てんち a く こ 3 を VJW かわゆ つち あ &> きつね かわゆ 

く か §i も k は 可愛し、 夭 地に 一 つも 愴 きものな く樹の 間に 巣く ふ 鳥 も 可愛く 土に 穴す る 狐 も 可愛し、 

- If Its? ^7J5f ^«-M4 ゆ. &しき め, ns- あち K さら こ 3 か でい もい あ ひわ か せいせ 5 を て s: せ 5 

> き! Tli^ して わ?. が Is しく かもし^き 唯 誡の妙 理味ひ 更に 濃く、 泥水 相 分れて 淸淨に 澄めば 夭丄の 

が ■ る の.;^ もむ きを 得て 愈々 面白し、 我をぁはれ^人が云ふ.*2^*-し^く我を厭ょ^ぃふもかか 

し、 だ m ひたれば こも 慰て, て さいひし に 厭 がられし tt 愈々、 かかし、 昔時 は 我 死ぬ ほ^ 人 

i し ひど ハゃ かわゆ いっしん へんく わ を を てんち 5 ら たのし 

に i は T て も つらくあた. 今 は 我 死ぬ ほ^ 人に 厭 がられても 可愛し、 一 心の 變化问 卜 夭 地 を 恨み もし 樂 

かた さら われもの ゆお さど * ^わ もの 1^ を > 5 ち 

み もす る rJ も かかしけれ^ 長々 しく 語. <^ つくせ^ 更に 我 其 故 を 悟らす もしく か 妙 さま 其 話しの 中の 

II ら 5 WiA I© & ひ? くろぬ 9 こ はこ 5 ち かきおき を K£ ど をれ き は を わか 

1^ さな 6 し ti^^ に^. く i の 1< ^^措せ し黑 iS の あ 箱の 中の 書 僮 は 何事な. - しか、 其 を 聞かで は 話し 分 

« f &れ きく あ を M はんせ 5 その かき * きょん のちむ & 、 S 

ら す。 ハ テ IJl らし S 默を 聞よう では 貴君 もま だ 人情 しらす、 其 書 置讀て 後慘く ^ゥ し^いへば 云 はす 

さ^れし $s;、 を m てよ £s ふ 辦酽、 、p を^ねば ならぬ 譯を かきしるせ しに 極った 事。 怪しから ぬ 事 

bit しら ひち る にんげんお ひ T きょ をて £■ きょ て あんしん 

isufep ばなら ぬ 鋤な し。 ィャく 妾 等 一類の 人間 是非 さも 浮世 を捨 ねば 》ら す、 浮世 を捨 ねば 安心 



みち Ke め かみ ほ どけ 《.ら さて わか はみ X わか B を 

の 道 か ぼっかな し、 されば こ を 一 初は祌 AJ も 佛をも 恨みし 也。 扨 も 分らぬ 話し。 ィ>1く 能く 分った 話し 

み t jibA わたく. L ら み 5 へ 5 きょ ひど 3 もこ しゅ < さど i*. さけ 

深山の 中に の たれ 死せ すば^らぬ 妾 等の 身の上、 浮世の 人 は 眼く らく 種々 の あはれ を 悟り. がら、 情な 

わたくしら み 5 へ つきひ 3 つた くら は を ど 3- <» つた L かの わか どの わがみ はや 3 か 

き 妾 等の 身の上に は 月日 も 全く 暗く 花鳥 も 全くお し^からぬ を 知らす、 されば 彼 若殿に 我 身 を 早く 任 

わか どの fl もん わが &ど まこ ど こ、 ろ をの どき くる p-^a-f 

せ さ. しも 若殿の 子孫 をして 我 如く あさましから しめさ らん^の 眞實の 心 其 時の 苦し さ 推量した まへ さ 

しづ て 5»> こた またき f £ き かへ * &がは を t B や い た 

沈みた る 調子に 答へ ながら 叉 急に 語 氣を變 て、 * 、 ホ、 かもし からぬ 長話し 最早 やめ 致し ませう、 

いふ かたつき こ ひ 5 ら ども L く S-SSJ い ひ ま ほ ダ そ 

言もう る さく 語る も盡 卜戀^ 恨み は 隣 6 同志、 乙れ までく 乙れ まで や 線 言 もさ 云 さして 叉 楮を添 

よ 5 がん る はし もい せ 5 くつ げん さめ いろ め ふ ゑんめ い ゑ、 やが また 

ゆる 容貌の 美麗 さ、 水晶 屈 原の 醒 たる 色なら で瑪 ® 淵 明の醉 るが と、 どき ぁゥ さまな 60 頓て叉 かすか k 

われ み ほん & い みち か あたら あけ は を か S- をめ あ, t ん これ きみ かた L& がわ 5 は を か 

我 を 見て、 あら 本意な き 夜の 短うて 可惜 明 放れな ば假, g ながらの 綠 是 まで、 君 は片 科 川に 浮く 花, 香 

fyf esw ど もみ われ をの か は きし た や をぎ かげ を5- て 5 しづ ば ゆる がた あつ 

は 急流に 伴って 十 里 を 飛-^ 遄 やかに、 我 は 其 川の 岸に 立つ 柳、 影 は 水底に 沈む で 一 步を 動ぎ 難し、 逢て 

上ろ こ わかれ た わ こ ひ きぬ < どき あ 2 ひ あか- (.« の ほ .& ゑ ひど 

の 喜び 別離の りら さ 戯けし 戀の後 朝ば か ゥには あら 卞と いふ 時し も われ 朝日 紅々^ さし 登 ゥて家 も 人 も 

a き かのこ こケ かや も、 き 1* か ゆき. &ク ひもつ を われ ひど W あし もど はくはくろ 

雲霧 亡 消え、 枯れ殘ゥたる去歲の萱薄の中^^^雪沓の紐續ぎ かけし ま、 我た > 1 人に して 足下 白髑體 

1 ゥ 

ゆ ふべ ほ わい そ 5 ケ 5 の e ゆく どぎ ね. 》.L ろ たどへ こど hi を ゎ^-どぎ を , C これ ゆ ゑ 

さても 夜 は 法外の 想像お 野 i5 の 伽 さして 面白 か As し、 假 令 言葉 は 無くさ も 吾 伽を爲 せし 髑髏 是故 にこ 

さび これ *» た 5 わん も や かた ちい か を をん をん & み *^*、 - :|^^ 

を 淋しから さ 6 し、 是も亦 有綠の C 者、 形ち の 小さき は 必らす 女なる べし、 女の 身 て此處 にの たれ 死 

50 むら ひど を ふか その & くろ 5 おさ がっせ 5 をむ あみだぶつ をむ あみだぶつ かげ , ゆ 1 

吊 ふ 人 さへ 無き はわ はれ 深し さ 其 髑髏 を 埋め 納め、 合掌して 南無 阿 彌陀佛 南無 阿彌 陀佛、 お蔭 さまで 昨 

緣外緣 二 七 



緣外緣 二八 

ベ ,<y もし, n れい だん, か IS ベ くだ を が は むら きた ゆや SJ 5- この や 3 をく い 

夜 は 面白うな さ, ました さ 鱧 をのべ、 段々 川邊 を下ゥ 小川 衬に來 り 温泉宿に 入 ゥて此 山奥に 入 し 1^、 

e ひど ど ていしゅ かほ しばら かスが ふしぎ こど ど ) > 

出て來^1/ゥし人なか6しゃさ問へば亭主け>ん顏して暫く考へ0 不思議の 事 4,- 問 はる、 もの かな, ォ、 

こケ こど こ C き- をん を る やま ふか か?: J い こど につく,^.^ -^5 ゆ ± , / 

去年の 事な-^ しが C 食の 女 あさましく S ひくて 山 深く の 方へ 入う し 事 あ.^ しか 日光の 方へ は 行 さりし 

e-T> く なき ^ま も ©5 わさ たづ S その * んを や 5 も し くわ 

よし、 何 所へ 行し かさ 今に 其噌ゎ 6、 をれ を 尋ねら る,. - かさ 云 ふに をれ く、 其 女の 様子 知る だけ 詳 

かた i z$ にが かまわれ み. どし ね ほよ, y せ. J もの わか いろ? 

しく 語れ さ 逼れば 老父 苦い 顔して 我 を ザ は ザ "見ながら。 年 は 大凡 二十 七 八 何 處の者 分らす 色目^ 

み よ £ あかつき ば ろ M ビ やぶが さね か あし はきもの たけ ぺほ > 

見 ゑぬ ほ^, 污れ Sg 付た る權禱 >^ 纒ゐ、 破れ 笠お 負ひ 掛け 足に は 履物 もな く 竹の杖に よわく W すか. < ^談 

いま も うしん 々ろ あか L よ^ \ むらさき あや ひか て 5 し ゆびせ 力 ね 

す さへ 忌 はしき あ. さま 總 身の 色薄黑 赤く、 處々 紫が、. て 怪しく 光ゥぁ 6、 手足の 指 生姜の 根の や 

か、 $ f こど さら ひだ S- あし ゆび ゎづか さん ほん の. J その いっぱん ふご つね ひど に ほ W 

う k 屈みて 筋 も»き まで 膨れ、 殊更 左の 足の指 は 僅に 三本た け 殘ゥ其 一 本の 太 さ 常の 人の 二 本 ふ. りぁゥ 

をのつ こ 5 みぎ あし おやゆび 5 せ あ 50 > み , てこ ゆび.? ね ^ 

て其續 きむ つく. さ 甲まで ふく だみ、 右の 足 は 拇指の 失し 痕 かすかに 見.^、 右の 手の 小指 骨 もな き 如く 

«b f みづ もつ きみ ね ほ かいこ ひだ W て ゆび をち #J ぶ 》> 

柔らか をう k 縮み がち 水 を 持て 氣味 あしく 火き. * &る蠶 の やうな, 左の 手 は 措 わら かた S て 寧 頭づん 

3 ろ .£ ま 5ょ< おそ あか *• ね L ゝをか ど K まゆ けこ どく ぬ ひた ひ たい たかは だ 

ぐ. さ 九く、 顏は 愈々 恐 しく 銅の 獅子 半ば 熔ろ けたる に似て 盾の 毛 盡く脫 け 額 一 體に凸 く 張り出して 

し 上 《 ほ その あ を どころ い ろ さ むらさき 5 ゑ さぶ さろ 《- もっけ きた 

處 々凹みた る 穴 わ ゥ、 其 穴の 所の 色 は 褪めた る 紫の 上に 搆 泥お 簿 くな すゥ付 たるよ ふま だく 汚な く 

きいろい ねび ねづみ かき さ をが i 5 み しる あ ふ をの 5 み た ほ どころ あかな し i 

黄色 を 帯て 鼠色に 牡蠣の 腐. て 流る、 如き 膿汁 ザク くさ 溢れ、 其 膿汁に 掩 はれぬ 所 は 赤子の 舌の 如き 

あか にくむ & あら は を はしら かけ を こ み e る た、 はくちび る さ まばら B き 

紅き 肉 酷ら しく 露 はれ、 鼻柱 欠け 落て 其處 にも 膿汁 をした、 か堪 >^、 上 唇 け 去りて 粗 る 齒の黄 

❖ »J ら は. &き たが ひ て あ あら K くお み ぎ KM- だん く た *• 

ばみ たる^ 瘦せ 白みた る 齒龈ざ 互: ^照り 合 ひて すさまじく 暴露れ、 口の 右の 方 段々 さ 爛れ 流れた るよ ゥ 



^のi^%で■さけてsiwをiまゅる§にy^ぎき、iのs€て^3ければ^liのs^都^雷ぜかi..鍵ら 

れて减 6 たる 如き 妙に 光 を 放ち、 今にも a え 破れん.^ する 熟柿の 如く 絶や かなる もれさへ 見る にいぶ 

_t53 め くさ 》< た これ 5 み 》> る&, ほか わ ひだ 5- to した < ^ぶな - ち. > fi^ > ► .f" IP )-^^| 

せき J!^ 右の 眼 腐-.. 捨 ゥて是 にも 膿汁 尙 乾かす、 の 眼の 下瞼 まくれて 血の 筋.^.. = ^くさ &く見 ゆる 程 K 

しろめ き い ろ はいいろ くも < ろめ 5.* どび いろ め だほ ^-C^I . ゝ ひ", , is^ け r 

がへ. cs、 白眼 黃 色く 灰色に 曇. O 黑 眼は簿 鳶色 に^んよ ゥ さして 眼球な かば 飛び出で、 人 を も 神お も佛を 

さかめ はら ひどみ き 5 5 & どき < いき まんく 5 く は ね ^ i^w >>Jf ; >ゝ >、 

も 逆 目に 睨 ひ 瞳子 急に は 動かさす 時 々ホッ^つ く 息に 滿胺の 毒お 吐く か €覺 えて 犬, kj- 鳥,^; d 避ける ま 

はんげん ひどめ み む a もの K ほ S めしく をり ね.^ だ み. AJ— L る f,s ^ i ^ > 

して 人間 は 1 目 見る よ. 胸 あしく '、其 あしき 臭 を 飯 食 ふ 折 は 思 ひ 出して は 味 憎 汁 を 甘く は 吸 ひ 得す 

5 み e る おも だ おんて 5 しほから ^ て たれ かれ はぎ ftusft , I ^> ! ? ^^^u^^. 

膿汁、 思 ひ 出して は 珍重せ し鹽 辛お 捨 ける、 されば 誰も 彼 も 握 ゥ飯與 ふるだけ の 慈悲 もせ 申 其 女の^す 

ま A の W 上 w つ 5 て もの 5 を きけ よもて よ.^ r^^( 

ま、 に 住せし に 彼 呂律た しかなら ぬ 歌の よう » る 者め はれ^ 唸る を閗ば 世に 捨られ て 世 を 捨て、 叱々^ 

覺柬 なく り 返して は 息 だはし く、 ハ ッ タさ S を聣 みて 竹 杖 ふ 6 あげ 道 傍の 石 さも 云 は卞樹 も 

云は卞 打た、 きて ハ a まわ ゥ、 a ひ 躍て ハ 打た、 き瞋恚 の 炎に 心を燒 き、 狂 ひ 狂 ひて 行方 しれす (を はり) 

綠外緣 の 後に 記す 

e くろ たいへいらく たん は 5 た 5 た おかし: , * ゝ, 1- ) , 

莊 子が 記 せし 髑髏 tt 太 le-s- をぬ かせば 韓湘が 敷せ し 髑髏 は 端 唄に 歌 はれけ る をれ は 可 笑き に . ^町の L 

? C くげ さま たの てん ❖ がいこつ はも き じん かんてい » > 、 ^^-^^c J 

やれ かう ベ は 眼の 療治 を a 家 檨は賴 み 天狗の 骸骨 は 鼻で 奇人の 鑑^に 逢 ひたる 是も 洒落た.. ン 我 一 夜の 

ビぎ Lto.H As- ふ こ 5 もの あいて ひど u- ^^^^ , , > i 

* にせし 髑髏 は^かしから 卞 洒落 卞、 無理に かかしく 洒落させて 不幸 者 を 相手に 獨.^ 茶番 さに も 力く 

醫 i 画 ■=■ 画一 翻 画一 國 一 - _|國|| -- ■-■ - Ill ||隱|璽— —1 画 ■=■ 馳 I. - -- - - - IEgisEr--!r ■ i l 5 _ i『lTa ffctcr , u>^£fc.FS, 二 I 醒 -- -■- j 

錄外緣 f 



44^ 




緣外緣 I HQ 

— HBaBBBB B- I iMBS B—aBBKaBB— 二- : _l 一 匪 ggME8 ^aB88fl—H— ^— 麗ー醫 ■_ - =■ II • - 醞画 - , , ■ ミ 靈 , U l£s -l i— - - 曆 一一-漏 ■■■■ = 醫 画 國》1-83|8 

こゝっ け s; は ぶ あざ 

にも 枯骨に 向つ て^ 襴を撫 する 嘲ク はまぬ かれさるべし 



i 錄 介入 漣 山人 

((上)) 

• ふ • ふ k if しん 5 い *» か もの たが こ 、ろ i つねき あ f はんげん f • 一 

一夫 一 婦、 一生 一 身 を 打 委し わ ふ 者の 互 ひに 心の底お 見せす、 常に 氣の合 はぬ 樣な と で、 人間^ 生まれ 

かひ 5JJ こ か あい い ビ た. &せク おも 

た 甲斐 か何處 にあら ラど。 しんどく、 しんから 可愛く、 最 惜しく、 大切に 思; 3 あ ふて 乙 を、 はヒめ 

f> かまる * さ かせ をみ た きい てい. L ゆ も 

て 夫婦 か 夫婦ら しく、 1 家 圓 滑く 治まって、 風^*-波^$-立っとで$:なぃに0 氣に入らぬ亭主持たされ、 

こ 、ろ も に 上 ゆ..' * しっけ しゃ i 'おもしろ ねく くる ども しらが き き くらる 

心に 染まぬ 女房 押 付ら れて、 1 生面 白くな く 送る 苦し さ、 共 白 髮も氣 が 氣ても あるまい。 をの 位なら 1 

.L や 5 やもめ ど ほ sir か rO は 5 ほさた の し ふうん ひど た ss- ん 

生寡獨 で. し 通し、 犬で も 飼って 居た 方が、 . ^れ程 樂し みか 知れ はせ ぬ。 されば 乙 を 夫婦 ハ 人の 大 倫で、 

はじめ これ さ だ ばん たいせつ にんげん しょう こ.,' ふ 乙う ひど この どき ttc は 5 らい 

當初是 を める か 第 一 翁に 大切 だ。 人間 一 生の 幸 さ 不幸^、 等しく 此 時に, 初 まるので あるから、 蓬 菜 

La だい is- だ れんた f. しゃ f 上 めだ たれ ねが もの 

の 島臺ぉ 振出しに して、 一蓮托生の 上. まで、 ならば 好 S 目お 出したい もの ト、 誰も 願 はぬ 者 はわる ま 

たいせつ ふ 5 ふ ゑ; i し か. /\ .6«っ ひビま を はづ 

so 乙れ ほ^ 大切な 夫婦の 綠、 中々 以て 人委 かせに して は 居られぬ 箬^ の を、 をれ ほ^に も 思 はぬ か、 

はべ ぎ しき をが lib か 51- ひビ さい こし. &れ のちむ こき い 

皮相の 儀式にば か. 流れ、 媒者獨 うに 一 切 を まかせて、 さて 輿 入まで すまして 後、 聱が氣 に 入らぬ の、 

ど い まさら や 5 く t> や 5 さんま. S そ ももば か SSj l 

姑が やかまし いの^、 今更の 檨に 苦情 三昧 11 抑 も 馬鹿の 度が 知れぬ ク。 

ほ S- せんざ 5 しゃ.,' a かたがき しょう さん 4J くわん つど げっ きふ ちか 5 し 

文 學士保 利 仙 三、 正 七 位^ 云 ふ 肩 出い かめし く、 さる 省の 參事官 を 務めて、 月給の 百圓 近く も 取 ゥ、 牛 

&め たかだい こ ざつば W しゃくや ど しょ ら., 'ば やし ゐ こどし さ だ つ 3 

込の 萵臺に 小満洒 した 借家 か-^ て、 年寄った 老母 を 養な ゥて 居る が。 今年^!^ なって、 まだ 定まった 妻 



がな い。 をれ に i か へて、 ^"Ivi^^^li した 朋友 は、 皆 をれ どれ 妻を迎 へて、 內證は 知らぬ が 皮相 は 

a- こ で ろ. じんりきしゃ だい はし この & ろうら や 

むつ まし さう J^、 何 所へ 出る にも 呂 塗の 人力車 ニ臺っ > けて 走らせる のが、 此頃 羨ましくて たまらす 

おは^ Jk6 の il から、 ミ獸 めら れ るので、 S よく 求婚の i€ まりて 來 たが。 西洋風に 自由結婚 さ 

,g ^やう k も、 si^iMn は、 學校 おた^から fjil^ の i^s^^ で、 交際の 席 な^へ は、 一切 出た と 1^ く。 

i がって 酽 M にお^た とが!! いから、 さ しづめ Sii が贮 1^ ら す。 乙ん》 とさ 知たなら、 書生の 時分から 

^けて、 へ く © 間 をへ らしても、 i 語 歡ゃ圜 遊^へ 出て 置た もの をち 今更 侮む でも 死んだ 子 

のお、 l^i:s た て はな so さて X 親類 朋友の 家.^ 男 渡した 處が、 似合 はしい 娘 も 見當ら すト、 玆 はい 

よく iSi して、 な 仏 がらす も を i む さな ゥ、 出入の 者 や 親類 朋友、 逢 ふ人每 に、 心當 りが ぁジ 

L ゆしよ,.' たのむ — 

たらば と、 殊勝 k も赖で 居た。 

b ハ まま e ひ おん み お ほ かみ つき そつ 

ぎうな る^ 1 な もので、 お i は& 分^》 むさかった 男が、 をろ く 身お しなみ を覺ぇ 。髮も 1 月め 吃 

鲈 まらせ、 i 雞は. iSl! れ たと なく。 高 帽子 も 毎朝 ブラ ッシ かけて、 カフス も 具 白. なの. を はめ、 ズ 

^ヅは 15:: の i に、 チト價 段の 張る の も 厭 はす。 肩で 切る 風に ホブ イト は IK (香水の 名) プ I ゾ^ 句ハ 

f & & . い さま f かわ や 5 も やく レょち 5 ひや 5 ばん * &っ. かわら みが 

f 、 Sni もがぎ にす る さ 云 ふ 騒ぎ。 急に 變った 仙 三の 樣子、 役所 中の 評判 £ 成た、 が。 瓦 は 》ん ぼ 磨い 

、メ- 9^ >< tt& ひきは fc^ いろ あ * くろ ぶ さは 5 まへば 

て ヒガ^ まれが て 底い 鼻 は、 引 張っても 高く はなら す。 色 は靑黑 くて、 口 無作法に 大きく 前齒 

S : r 6 6 ひげ もつ は 5 >i しんば か , ... _ せい ひく 

三 四 本 i| く 朽^て 居る、, 其 上 はみ を はらし S 髯、 いつを 制 4^ 方が ト、 入らぬ 心配 をス にかけ。 脊か 低く 



をの ゎ& K< ふ ど ^ゐ ぶん ふ,.' つ そのほか わかが ど わ おど こ 

て 其 a に 肉太く。 隨分を かしな 風 付き。 まだ 其 他に 腋臭が ある^ 云 ふの だから、 ^て も取ゥ 得の ある 

\* > ) - . ► が <» > & かま で き せいらい 

振. CV でハ ない。 シテ學 士はト 云 ふに、 をれ すら 问 じ學士 中間で、 わん ま. 出來 のよ い 方で はなく、 性來 

へ k くつ たお 5 かか ケみ せこ たの どころ 

偏屈な 質 だから、 朋友の 受け もよ く はない。 期う 數 へて 見る ど、 何處に 一 ッ賴 ij- し S 處は ない が。 をれ 

しもの わか ぶんがく.." か 5 ど くわん を a これ 〇 

でも 知らぬ 者に は、 をの ぼ h: は 分らす 文 學士で 高等官、 何よ. も是が 呼び物であった 

((中)) . 

5 への はくらん くわ. S ち 5 もん はいつ び t ゆつ くわん 》5 ゆ ビ ころ き がげ t ん ゐ や 5 ふくで 

上野 博覧 會の中 門 を 這 入て、 美術館の 方へ 行かう さする 處の 木の 影の ぺゾチ に 休で 居る、 洋服 出た ちの 

I f- ま あら *2A- ら しゃ をつ ふく あた かぶ くち 

二人の 男 年 は いづれ も廿七 八、 一人 は 縞の 荒い 薄羅 妙の 夏服に、 ま, た 新ら しい,、 か メット を 冠ゥ、 口 

ひげ こ ^?AV -f - さい ゐ こふ ど f レ A こん せ びろ しろ 

髯 少し はやして、 時 々仔細ら しく ひねって 居る。 今 一 人 は 少し 太. 穴で、 靴シ ュ かの * 廣に、 白 リヅ于 

I y . > きんぶ お め がね は Hf a 

^の チョッキ。 rJ れ^ ヘルメ ッ トを かぶ, o、 金 緣の目 鏡 を かけて、 マ 1】 ラを ふかしながら 話 をして 居る 

のお 問けば、 

「君、 保 利が プィフ を もら ふ ゥヒ云 ふの は 事 實か。 

r ゥ ヅ事實 さも、 而も 今日が 見合 ひだ。 

こぶ c だ. S ビこ 

「見合; S さは 颇る特 代 だ 十 何處 で。 

や は W くらん くわ S ズチか S ti ほかたい ま く 

「たしか 矢 張. 博覽會 の 中で だ 云 ふ とだ。 大方 今 k 來 るお らう。 

おんせつ あいて たいど こ x_ba もの 

r ィャ、 を いつは 近頃 珍說だ 。をして 相手 は 一 體何處 の 何者お。 



媒介 入 ! Isimllsllu!!!! 三 四 

さき ! 2t か は ? いぶんび ^..ん 

「先 は 僕の 同國の 者で、 第一 國立 銀行へ 出る、 星 川 さ 云 ふ 者の 嬢で、 かさき, ヒ云ふ 女 だ、 隨分 美. < だダ。 

»> か は H- やう やつ .a- んば 5 ゆる 

「然し あの 保 利の 樣^ 奴に、 よく 先方で 許した S 

i こ こんたん いは ゆ をか《-"^&ち はたら ほ 5- ちち で い ほんや せん もけ やつ せわ 

「サ、 何處に 魂胆が あるの サ。 所謂る 媒者 口の 働きで、 保 利の 家へ 出入る 本屋の 善 助^ 云 ふ 奴の 世話お 

はや か は ビ ころ ひ e や 5 み ,」 や. しん ど かへ い だん 

さラ だが^んでも 早 川の 處で、 非常に ほめた の^ 見へ る。 を rJ で 寫具を ®A> 替る, ヒ云ふ 段に つて、 

はや かは -J やしん ほ 《- しゃ t ん ど つ み ど ころ き やつ .J やしん や わいろ み 

早 川から. さきの 寫眞を や. o、 保 利の 寫 * も 1^ て 見た 處が、 彼奴 寫眞師 に 贿赂を つかった^ 見へ て、 

けつ しんせい ほ w せんざ. 5 ひ e や 5 つく み べつ じん をつ 

决 して 眞 正の 保 利 仙 三で はない、 ^うして、 僕 も 見た が、 非常に 繕った^ 見へ て、 まるで 別人に 成て、 

無論 好男子のと だから、 早 川で も 承知し、 か^き も是 ならば ト云 ふので、 相談 はま さま ゥ たが、 鬼 も 

かく » た./' にん,」」, つし あ むか ふ 《> み あ ひ 

角.^ 1 度當人 同士 會 はして 4^ かう ト、 を 乙で 昔し 風に 見合 云 ふ rJ さに 4 &っ たの だ。 

き やつ ひ れつ しゅだん ほ 1- こ L か, y か あい 

r ィャ 彼奴 卑劣な 手段 を 施し やが る。 然し をれ ぢゃ 其の か さきさん が ^愛そう ぢ や.^ いか 

たい あね ちゃ y あい 

「さう -、 ー體 あれの 姊に する,. J い ゝのだ 丁度よ い 似合 だ。 . 

「フ ,シ、 姊が わるの か。 - 

い S き &ゃ, r わる その 5 へ を こ にぶき K3 ビ かく ゑん, 々一!^ 

「4^€ し^ 云 ふ姊が あるの だが、 器量が 惡し其 上に 少し 鈍い さ 來て居 るから、 觅角綠 が 遠くて, つま...^ 

厄介 ものなん だ G 

じつ こうつ ゐ きみ お 5 こく 

「さう だね、 をれ なら實 に好對 だ、 君 さう 注吿 したら よから う。 

く ^うこく こ、 ろ fo^ も ふ い わ H I 

「然し 僕 は 同國 でも わ ま 易くな S から、 不意に 行て 注吿 する さ 云ふ譯 にも い かんの サ 



いん <5- わ か あい 

「然しわん な 奴の タイフ なる 女 は、 よく)/ \- 因果 だ をれ は 可愛 さう だョ。 

き みち か £ ろ ゆ « あ 

「s 近頃 保 利に 會ふ たか。 

1- ばら あ 

「ィャ 暫時く 會 ハん。 メ 

こん ビ あ おさろ ふ けっか この,?, ろ ひ e や./' る 

「さう か。 今度 會 つたら をれ は 驚く ど。 あの 不潔 家が。 此頃ハ 非常 めかして 居る せ。 

ふ けっか ?. つか ゥ & し ぶん: IJS しつ をつ 上 わ しか つら 

「さう か。 あんな 不潔 家 もなかった ョ。 學 校に 居る 時分 同室に 成て 弱った から 子。 然し あの 面で めかし 

か <ぺ つ はわ , 

たって 格別 榮も しま so 

い «< や 5 けん 

「でもめ かさう £ 云 ふ 了簡が を かしい ョ。 

びビ ゆつ しん おこ み 、 

「や ゝ 美術 心が 起った^ 見へ る。 

び ゆつ しん S び C ゅク くんわ ひビま es- み 

「美術 心 ざ 云へば • ^うだい 美術館 を 一 廻して 見やう 

「よから う 

しづ む &ん ど は 

云 ひながら 二人 は、 徐 かに 立 上って 美術館の 方へ 行た、 今まで tt 無言で、 隣ゥの ぺゾチ から、 二人の 話 

みゝ あきん: >*J ふ f 

耳 を をば だて、 居た、 商人 風の 一 人の 男、 

この どき ゆく へ みわく しき かんが その ま、 いも あし らう もん はう 

此特 急に 立 上って、 二人の 行方 を 見 送って、 頻, に 何 か 者へ て 居た が、 其 儘 #5 ぎ 足で 中 門の 方へ ::: 

で ❖ お いつ 

ズ タ> (- 出口お さして 行た 

((下)) _|___ 

媒介 人 三 五 

ョ; i ll^^il 匪 = Lr- 1 MM I I 



けス みあ ひ ?' じつ 3 へ ばん た ひ み も どき しゃ しん だ み 

今日はい よく 見合の 當日、 仙 三 は 前の 晚 から 魂 身に 添 はす、 か 將の寫 具お 出して 見て は、 にこく 

あ も f> や 5 じん み .5 c ぶん しゃしん い だ み まゆ 

して、 明日 はこれ を 正 身で 見る のか ト嬉れ しが. OSO さて 自分の 寫 眞を 出して 見て は、 眉 を ひ をめ て、 rJ 

一 じぶん C ぶん たも <fc '& この. つぶつ あ ひそ つか しんぱい よ.; まし 

れは 自分ながら 自分 さは 思へ ぬ 位 此實 物お 見せたなら、 愛想 を盡 かされ $: しま S かト 心配し 終夜く 

r しんき ろ 5 けけ め あ けさ ばん SHJS- め 

だらない 歷氣褸 を、 かいて ハ 消し 消して はかき、 目 も くく 合へば 乙 を 。今朝 は 一浪 鳥から 目 を さま 

から も ^ t f たき ふろた み^ f かわ 

して、 烏の 鳴く の を 待ち 遠が. 00 起る さすぐ k 風呂 を 立てさせて、 磨いた も J/\、 類の 皮の す. むける 

みが か !• み 4J かん むか かみ ひげ はん びん .£.5 

ほ^ 磨きた て。 鏡に 一 時間 も 向って、 髮 おかいた 6 鬓を; S ねった ゥハ ゾドコ n ゾ半瓶 ほ^ふ, たて、 香 

S でさ ちから づく や < そく t> こく ま か i はや いへ 

水 を 浴びる やうに かけ、 出來る だけの カを盡 してめ かし 乙み、 約束の^ 刻,^ 待ち兼ねて、 少し 早めに 家 

で ノ ) 

を 出た 

5 への つ はくらんく わい は い つ f ゆつ びん め く ゆき、 ひど つきみた か こど ほ い 

さて 上野へ 着いて、 博覽會 へ 這 入ても、 出品に は 、目 あ 與れ す。 往來の 人に 突當 つて、 叱られても 斷ゥ云 

ま を い を いそ ち, 「もん ほ S さん こ- ゥく わん そ 5^4 ばんだ いけん やく もく ば (1 よ つ 

ふ 間 も 惜しく。 急ぎに 急いで 中 門 を 這 入.. o、 參考 館の 側 を、 やつ ^萬 代 約束の 場所へ 着 いた。 

やく く ぼ しょ ゥ やくそく じ こく せん ぱろ れん- fc-s まちみ は 

約束の 場所へ は來 たが、 約束の 時刻 はま だ來 ないから、 先方の 連中 はまお 見へ ない 仙 三 は をれ を 待合 

ま (m. を わ に ほ で ま $j ビ けい をば み ゐ 

せる 間 も 尻が 据ら す、 庭へ 出て 見た. o、 窓からの ど S た. o、 また 時 it を 出して 見た. OSO 傍で 見て 居たら、 

た, X,. にん しゃ S けんめいむ & さむ f- き fl んざ 5 こ $.-5 はん ゥ いき あら た 

さど かかしな MJ であった らう。 でも 當人は 一 生 憑 命 胸 騷ぎ頻 ゥ にして、 心 臟の就 動 鼻息に 現 はれ、 只 も 

を か け ふらん ていやく rV く e こく き やく, yf. ひビ い らゐ ビ ころ たもて ひど 

う 半ば ハ 亂の體 約束の 時刻 は來て も、 約束の 人 は來な so 仙 三 はいよ く 焦 思って 居る 處へ、 表 k 人 

たど だれき f を K^ff る: y かざ S- $ せき まつ 

音 かして 誰か 來た樣 子 ジ レ n ヒ亡讪 三 は 飛立ゥ ばか, o、 襟 飾 を 直し、 >1 ヘシ 亡 一 ッ 1咳 ばら; 3 して、 待 



ひど かげ み 



せん けた S- ひど 《. 



て 居る、 やがて 這 入て 來 た- <敦、 《^れば^^^&「^<。 仙 三 はず に つて、 

1 せん もけ 

一 チ ィ、 善 助 まだ か。 

だん さ! S 3 こビ き &く さま ,c た く I > こ _J わ あが 

I I ィ ァノ 且^ 檨、 誡 氣の 毒檨で さいます が、 ^がか 斷. は上ゥ ましたので。 

1 - &ゎ V , , こど わ もさけ 

1 ナ 11 齪ウ、 今^- 1^ つて、 斷 ゥさハ 情な いぢ や^ S か 

fr F P - ま 1 , ど かへ てぬ々 ひ あせ 

W 三 は 目お 丸く して 問 ひ 返す^、 善 助 は 手拭で 汗 を ふきながら、 

r , ゝ、 せ c,- . k こんち どころ こど わ じつ e や 5 さま さく. *i ん わる 

一 ィ ^ か 急き 遊 はすな、 今日の 處 だけ. JJj 斷 6 申します ので ::: 實 はか 孃檨, が^ 晚 から, さう で、 

今朝まで は 御出での 心算で さい ましたが、 醫者檨 が 他出 はよ くない^ 仰し や. CS ますので、 急に 

is^ ジ 、ほ わ . ば I , .fl*? ) & ゑ, C だん 1S5 あちら さ3 たい を 5 いも み あ ひ 

私 力 か斷. c'k 出ました 檨 なわけ で。 へ ィ、 もう 御 綠談の 方 は、 先方 樣 でも 大層 か 急ぎで、 もう 見合に 

ねよ、 > e や 5 さ; 5 & せんく わい. L だい さっそく こしいれ ト f K をし 

は 及 はん 力ら か 孃樣の 御 全快 次第、 早速 御輿 入 さ、 期樣 なか 話で よ k: しく 申 上げて くれ €、 かつ 



しゃ タて >;0^^;6ました0 



あつ 



r ゥシ、 さう か、 をれ はま ァ御 苦勞。 さど 暑かった らう。 . I コ レポ.. 



ラ 



はや 

チで^ 速, 

もちぶ 



き 



? F 力 ひ せっかく のし .0 かんじん ほん ケん さま &が でき i つ ;, 3 , .< V. ?' 

待つ 甲斐 もな く、 折角 樂んで 居た、 肝腎の 本尊 樣を. 种, >.0 が 出來な いので、 少し 手 持 無沙汰に 成た が 

I ^i^N よ あ も び や ちき ズザ ほ L だい こしいれ こ、 ろ を 5 いさ だ 

綠談の * 合 はます く 好く、 明日に も 病氣の 癒り 次第、 輿 人お させ やう さ 云 ふので、 心 は 一 層 勇み立ち- 

. . き げん を は かへ つ 

其 日 は 機嫌 直して 歸て しまった 



介 



三 七 



II J?> J 



lis "三-: i 一一 7- -_ .Js, り 5 ど こ しいれ ひ よめ かほみ 

ら iSii ほ^の に、 5g 納のゃ 6 取り すみ、 S よく 與 入の 日^な つて、 は 卜め て 嫁の 顏を 見て 

L t v-^ ち w- ひ いろ くろ にく ふ ど め は を だ みにく しゃしん に. 

I びっくり。 til で £k たと は 4< した 逢で。 ま づ色は 黑し肉 は 太し。 目鼻立ち も 醜くて、 寫眞^ は、 似 

- , 5 ゝ kl,Jk.f,i & しろ S, かく Jt- あざ Lv^ こど きょ 5 て どつ 

て も^^か 卞。 をの^ iii に、 I 白粉で も隱 され S 程の 癜が 一 か 所。 あま. -の 事に 興さめ て、 手に 取 

が « も鬆へ は" J らす。 はれても、 &には 逆卷く 一浪、 さて は 善 助め は 一 杯 喰 はされ たか 

I , こ? C5i さ.' よ ひどよ W まん .5 もむ し そ ひひ こ、^cも 上く あさい t せ/ 1*4- け たく お 

ト、 y はお-て もが 4^ で&ぎ もなら す。 夜 一 夜 我慢して サ于虫 ざ 添寢の 心持ち。 翌朝 急いで 善 助の 宅へ 押し 

まへ ど S-A し, 0- しん & たけ だか だん せん, i 、け か 5>^f ろ 

かけ、 前に 取替へ た寫眞 つきつけて、 威猛 高に 談卜 つけても 善 助 一 向 驚 力す 

で、、 、乙の 寫具も 寫眞師 で 直しました のでた^い まし やう。 

&• 5 -か. a は... し れ 5 けん しゃしん どか みあ ひひ 

《わ^で i 子 を^けば、 sffi; でも, 初めは、 妹の^ 時 を やる 了簡で、 審眞も 取々 替 はし、 見合の 日まで も 

U りジ 》03 で い の は i ち 5 しん た ^ いま- ゥ への B くらん くわ. S は をし き ま, Q 

II がぎ であった を、 出入の 者が 急かの 注進。 只今 上野の 博覽會 で、 乙ん な 話 を 聞 SVA ゥ ましたく 

し ,>^ゥ い く ころ ま みあ ほ さっそく せん もけ よ つ - * . 

信^は云ふて!;^^れたので、 きわ^い 處をー ト先づ 見合せ^ な.. 早速 善 肋 呼 ひ 付けられて, 羼 しく 談 

1 さん をケ ケ ま めん 5 く 5 し を 21 ? n しわけ こど 5 た そか は k 5 まひ, ど は る,.: i ゆ, 

ト まれ、 おきに 面目 を 失った が、 誡 に申譯 のない 事 を 致しました 其の 代. > 私 か、 今 一 智衷 i 

わる f た また ケ,^ ろ さく たてまつ あねむ もめ > 、 \ k 

6 まして、 惡 に は 致し ませぬ さ、 又 候 一策 を 奉ゥ、 姊 娘の ク」 しさす. 萬 事 私か吞 込み ま 

こ、 せん もけ かへ お <- あげく は て かく し まつ あさ * 1.*^ V > \\ 

した さ、 玆に善 助, 返ゥ忠 をして、 上句の 果が $S の 仕 末 I® まし や 淺ま しゃ)) 




® 新 學士 漁 山人 

で 5 9 きた. * きれい ビ こま を《' せ S き や 5 せつ ぺ Sf 

八疊の 1 ト間、 さして 汚く もない、 さして 奇麗で もない、 床の間に かけて ある は、 憎淸 狂の 七絕 ー篇、 

みぎ つ ほんばこ 3 は 5 づ たか ► よ、 こ 5 はや 

をの 右に 積み あげた 書籍 ニッ 三ッ、 をの 左方に ノ. 'ト ブック 堆 くな ッてゐ る 夜 はまお-初更 にや、 早 S 

じぶん &ろ ひよりく せわる ゆ 4 け. S はげ ふ あめ た をつ よ 

將分、 なれ 乙の 頃の 日和 癖の 惡さ、 け ふ も夕景 から 烈しく 降 ッてゐ る 雨、 をの 爲 めに 夏の 夜 だけれ 

あつ き 《- さめ 《■ ち s おも あま ビ た き L や- -e がら も S し .£",<が« み このし つ 

e、 暴くない から 散 霧の 內に 入る を 恐れて、 雨戶 建て 切ッて ある、 障子の 硝子 越に 緣 側お 見れば、 此室 

しゅ じん み ど f- ころ い ろ あ?々 ろ ち 5 にくちう せ. S- や & ろの や 5 み e か ひげ は V& した 

の 主人" ヒ見 える は、 年頃 二十 三 四、 色淺黑 く、 中肉 中 丈、 漸ッさ 乙の 頃 延ばした 檨な短 ssr 鼻の 下に 

は もば つく *| まへ わ た 《,」 く ゆ む £ ん あた リ し. づか た、 いきこ 

生へ てゐ る、 一 IS シプの 傍に 机の 前に、 坐ッ て煙艸 燻らして るた、 をして 無言、 四邊 は靜 に、 只 閱 ゆる は 

あめ ぶ ね ど ていさん ぶ せ 5 5 せ. sis たか きこ このせ いかん この 5 せい この s- や .x- き わん せん あき 

雨の 降る 音、 庭前に s 蒸で も わる か、 雨聲 殊に 高く 閱 える、 此靜 閑、 此 雨聲、 をして 此 凉氣、 宛然 秋の 

よ れもひ た :}j ろ や を き き や ゆめ た f か,, 'がい こ、 ろ しゅ じん もい がら 

夜の 思が する、 驚かし 易い は、 歸鄕の 夢、 起こし 易い は、 烕慨の 心、 i 人 ポヅ^ 吹殼 はたき、 

ひつ しょせい き や が S $ C ぶん あき < く に 

《ァ ゝ實に 書生の 境界 は 長 かッた + 、 自分で 倦々 したば かゥぢ やない、 敌 園から さへ をう^- \s 

こ、 はづ つ <も した て ぶんこ ふた 5 へ. L た し た *Jb か か 

た- ソ たけ ==ゥ ゾ此處 にある 箬だ、 (机の下の 手文庫の 蔬を あけて、 上 を 下へ 下 を 中へ さ、 搔き まわし 

>J しょ CJ やう つ 5 ひら くち i もん &ん £J や 5 はん 

て、 取.^ だした 書狀 1 通サ ッ笆拔 S て 口のう ちで、 讀シだ 文 言の 上半》 

ひづけ せんげつ はち 》i よせ S, かく <- せいよ ん や 5 .L, や.^ が. いが, Y 

乙れ だ、 これお、 ュ 、^日 附は …… 先月 1 日, た、 何時まで 書生 をして ねる 覺悟、 西洋人の 檨に 1 生涯 學 

せい おわ &ゃ けん こく おやじ かんが み むり $ ' , 

生で 了る 了見 かッ て、 酷 なと を 家君 ハ いふ ョ、 が考へ て 見る^、 無理で ない、 長 S とたから ナ ェ 、 



新學士 » 四 o 

しょせい は. じ せゥ がく こ 5 に, r' がく わ も ひさし しょせい ねんき をが 

さ 書生に な. CN 初め U 小學 校へ 入學 した ハ 忘れた、 久ぃ もんだ から、 乙れ でも 書生の 年期の 長 

てきれい さい はる C ぶん せう がつ こ 5 

く あかな かッた 好適 例、 まて ョ、 たしか 七歲の 春、 た ッたナ 1 ゥシ をん な もの だ I をの 時分の 小學校 は、 

53 せ 5 がつ こ 5 くら み ひら たん & かけ づ たん & へん にほんく ぱづく f せかいく にづ く, I ち S しょ 

今の 小學 校から 比べて 見る さ、 開けな かッ た、 翬語 の憑圖 や、 單語篇 や、 日本 國盡、 世界 國盡、 地理 一 初 

3. K ほんち L 上. PS- やく a ほん やく !-らゐ もの か てい をん き 5 t ぶん き 5 

步、 日本 地誌 要略、 日本 略 誌 位な 者が、 をの 課程お ッた、 をう く 何 級の 特分 だッ たけ か …… 六 級 …… 

き 5 たん £ へん あんし や 5 い *^>け》<き 、しぶん 

五 級の さきだ ッ たけ か 眾語篇 を 諳誦して 行かな く ッて、 何に 今日は 聞かれる もん か ッ て I あの 時分 か 

さい き こたで き せんせい たい を. しか 

ら われ は、 才 は卜氣 ものお ッた 十! = を うする さ、 聞かれた、 答へ か出來 なか ッた、 先生に 大層 叱られ 

ばつ みづ をけ みづ いれき いた じ かん G> や 5 て もた くた び 

て、 罰に あてる ッて、 水 桶 を I 水 入 器に 入れる 爲 めの. i 二 時間 チヤ ヅさ兩 手で 持せられ た、 疲勞れ 

もこ て せんせい も $ しか だいじん もち かほ 

て 少しで も 手が さがる さ、 先生に 1 層 叱られる、 が 大人で も 持 きれた ものお やない、 をれ を rQ れ顏. #し 

み ,*」 ども せんせい かね だ f} んゅ づょ こ あ e ぶん たい 

かめす は、 美事 持 ッてゐ たら、 先生が I 金 a は 辛抱強 S 子 ださいた ッけ" I 彼の 時分から われ は、 耐 

はん & よく つよ み たい き や $ し 5- ちわる き 5 -5- ん 5jj き 

忍 力が 强かッ たさ 見える、 ー體 あの 敎師は 意地が 惡かッ たョ、 ゥゾ 二級の さきだ、 何 かして- -= 隣席の 

こはやし も はね もこ もみ つけ こ! やし せんせい 5, L . 

小 林の 磨ッ てす ッ て、 骨お 折ッて 濃く した 墨 を 一 ト附 S ッて、 をれ を 小 林が 先生 吿 ひつけた のか 知らん、 

fjs しん だんわ つく した 5. たつけ まけ みね ね VI 

をれ^ も 修身の 談話の さき、 机の下で 板附 して ゐて 、われ 負た か うかして、 われの 墨片 落ちて、 をの 昔 

い たつけ L をん さ、 いこ ど ? *!4 つく こん さ へで f いま 

で 板^して ゐ たと, が 知れた 芝き か、 何でも 些細な 事お ッた また I 罰 を 食 はせ た、 此回は 閉口した、 今 

なな くらい に ほんし S? やく 35 たみ どころ ど ほ 5 つ e あやま W ぬ け 

でもよ く覺 えて ゐる位 だもの、 日本史 略 を 五 枚、 同 卜 所 を 三 通 6 寫せ 一 字で も 誤謬 か あるか、 胶 漏て > 

* 乃 や も 5 L も 5 か めい あ へ. S*J5 ビき 

も ゐる さその 該の數 だけ、 紙數を 書かせる ッて命 卜た、 彼ゾな 閉口した と はな かッ た、 をの 時お ッ たナ、 



--ん あ S よねち よ 5 か あ. &も 5 を 5 れ L 

わが 親愛なる か 米孃= 可哀的 だから、 助けて あげ まし やう- =^s ッ たの は、 をの^き の わが 嬸サ、 

&ん こんきゃく こせ も てお が き 

何 さもい ひなか ッ 4^、 困却してゐるミき,たもんだか^^^=子供だナ==手跡の異ッてゐる^^£も氣がっか 

せんせい も. S A? めだ 3 く わる かん にん 

す k、 先生の さ 乙へ 持ッ て行ッ たら、 1 層お 目玉 を 食 ッた= 惡 sij をし ました チ、 堪忍して ョ fi さ 

き Sj く tね.f^ょ<' め もど あ S き や 5 K づ 

も 氣の毒 をうな、 か米孃 のい ッた € きの 目元の 愛嬌 ゥヅ ある 箬、 . 

てがみ ひざ S へ をい て ぶんこ を か あちこち さが め fl や. J ん ねう 

€ぃ ひながら、 手紙 を 膝の 前に 置て、 また 手文庫の 中 を、 彼 處此處 探して、 見 ゥ けた 寫眞 一 二葉、 

. .&3 め もど あいき や 5 t «J も ど き 

乙れ ぢゃァ ない、 ハ テナ オット これ、 れ、 今でも 目元に 愛嬌が あるが」、 乙れ よう 小 供の 時の 

は fi\ t よか たも < ひいき めし e ぶん あ S こ ひ 

方 か 一 曆好 われ を 助けて 吳れ たから、 爱顧眼 かも 知れ チぃ けれ^ われ、 その 時分の 爱ゃ戀 

L むしん L や や S あ た わる な も だみ は を 

を 知らぬ、 無心の、 淸淨の われ = 何に 食 嬢が 惡 いの おやな s,u^ 思は卞 抱きついて、 皆ん なに 噺し 

た からか き や 5e やう せつ いん かべ もん くろいた ぺ. S あい あ ひがさ か & 

立てられた、 をれ から 抗 はれて、 教塲 のポ- ルド や、 雪隱の 壁、 門の 黑 板塀にまで 相合傘の 中に 二人で 

た. f これ ふた!? こ ひ ば ため e ぶん み しゃもん たいね ど 1& き 

立って ゐる樣 になった、 もも 是が 二人の 戀の, 初お、 をの W 分から 見る ど、 乙の 寫具は 一 體に 大人び て來 

こばやし >5> ん 上ね if よ $ つい & &ク を か いま 

た、 小 林 は うしたら う、 乙 の m; からだつ たけ か、 何でもお 米孃 のとに 就て、 與 越の 中 k なった が、 今 

かへ を さ を、 t><t こ きた め f よねち よ 5 5 きを た しん 5 き 

では 却って 幼馴染が 戀; S しくな つて 來た、 妙な もの サ、 か 米 孃ヌ浮 名が 立って から ハ= 乙れ が 具の 浮 

1& ii> に ふた S- わ ふさ. S ^ や 5 こ、 ろ み じん しつど 

名サ、 何も 二- も、 末に は 夫妻に ならう さ 云 ふ 樣な心 は、 徼塵 ^なかった から= 嫉妬 ::: でも ある 

, み , L よ あ, y < 上ね ち. r.f f» た ゝん fi かた V あ も f 

まい か、 皆ゾ なが 一 處に 遊んで 與れ ない、 か 米 孃も亦 同 運おから、 仕方なく ツイ 二人でば か 4 遊ぶ 檨に 

か 5 さい を 5 しんみつ つい け 5 だいせ うや 5 たが ひ たや くわし つね ふた V 

なった から、 交際 も 一層 親密に なって、 終に は 兄弟 同檨 になって、 互に 親から もらった 菓子お 常に 二人 



新 舉 士 I 四 二 

b く 上ね ちょ 5 も せ $ がっか *5 ,てつげ 4.- お 5 がく か 5 H い よ C ちょ,^ ^ K 

で 分けて 食 ふ、 をれ から われお 米孃さ 共に 小學 校お 卒業して、 われ は中學 校に 入った、 か 米 嬢 は 伯母 

さ S は 5 けいこ ほ &- い せんた が ひ あ 5 らい つい ビ ^ 

さんの さ 乙る へ、 裁縫の 稽古に いった、 かく 離れても、 依然 互に 往来して、 遂に は 泊まる 乙 さも 泊める 

しんみ CN わ ま、 でき はて を けんく わ 

N>s もあった、 かう 親密になる^ 我儘が 出て 來て、 すねた. < ^、おれた..^、 果は 泣いた. りして、 喧嘩. *P した 

め 5 fet- お を か ,*>ほ もど &ど き、 あみ 1 た ほむ ど s き や 5 < 

が 妙サ、 直に ぃゥ た 仲が 直って、 元の 如く 嬉々^ して 遊び 戯れて ねた、 われ 東京へ 來 る^き 訣^に 行 

ジ たさき、 われ =か 米さん、 僕の 立派に な ッて歸 ゥて來 るまで、 何處へも行かす.^:^、 か 嫁に も 行かす 

ま こ :Jj も&、 ろ せいべつ ひあい めあか を よねち よ 5 ^ ► > 

、に 待 ッてゐ るか >11. さ 子供心に も 生別の 悲哀に、 眼 を 赤く して 泣いて ゐ たか 米壤に S ッたら 彼の 愛 

め き もり たも ど をん ねん ま & つば かへ 

らし S 眼 を 衣服の 块で rvJ す .0 く I ァ 、 何十 年で も 待ッて いますから、 立派に な ッ て歸ッ ていら ッし 

& はや わん せん わら かほ を- r ぎ や 5 れんく わ ひ あ S つゆ 

やい、 だけれ^ 成る たけ 早く ョ 1= さ嫣然 笑ッた をの 顔、 早 曉の蓮 花、 悲哀の 露で 4ai くして ゐる顏 

く 5 £ つき をみ だ そ 5 きょ あら め ひ いま め さき k ■ fc * ► - » ひ は 

色、 雨後の 月、 涙で 一 曆淸く 洗ッた 服の 光 5= ァ レ今 でも 目前に ちら ゥ いて、 ァ 、逢; S たい、 見たい 語 

5 れし あい f か をし あい f せいべつ をみ だ 

.0 た S=E をの S きの. Q が 嬉サ、 かくまで われ を爱 する かさ 思へば、 哀サ、 この 爱 らしき 友^ 生別の 淚 

^ fe6 V^^^i5 »r 'き や 5 き お *n がく こ $ に $ 力く 

を &きぁ ふかさ 思へば、 もの £ きわれ 十五、 か 米孃は 十三、 をれ から 東京へ 來て、 中學 校へ 入學 しゃう 

.vbi しょ だ ふけん お 5:?, くこ 5 ど 5 き や ろ ち S がく こ 5 がく、 わ て SSJ , こビ » , 

願書 を 出した さき、 府縣の 中 學校さ 東京の 中學校 £ は、 學 課の 程度が 異なる から さても 元 級へ 入 

でき おんじ .& ほら を K ふ けん ど 5 き や 5 ひどし ち 5 がーく 

れる HJ は 出來な いさ、 幹事の 奴め 言ッ たさき は、 業腹, たッ た、 何も 府縣 * たッ て、 東京お ッて、 均く 中學 

こ 5 さ くわて S か 5 てい ほづ い きさ ほ いま ち f じんぶん ど -1 き や 5 や 5 ひら 6^ 

校 だもの、 差 はない、 課程に 高低 はな. S 箬ざ 憤ッた I 今で さへ 地方の 人文 n 東京の 檨は 開けて 》 い 者 

C ぶん む q かん C げん お S がく k だキ, ゆ T K^^^ 

をの 時分 少しも 無理で なか ッた、 幹事の 言 は =も れでは 中學 をヌキ にして 大學乂 入學 しゃう をれ 



X t 9 にう がく わい & »*を L W つ e ゆく 》> や 

^^は豫備門へ先づ入學しなければ.^^らぬ、 をれ はは 英語 を學 ばなければ ならぬ、 をれ に は 私立の S1 の 

よき ら べんき や 5 せ せい じゅんじょ お. 《 に 5 がく せい てつがくしゃ い 3. が はこ. ワ C 

善 を 撰んで、 を 乙で 勉強す るが 捷徑 また 順序お S 思ッ て、 入學 した は 成立 * 舍 I 今 川 小路に わ ッた時 

ぶん e ぶん ど 5 き や.. T. を ひ ちほん t しんば はや 

分お ッ た- -= 乙の 時分 はまお 東京 慣れぬ から、 日が な 一 日本ば か 4 讀ゾで ゐ たから、 進步も 早かッ た、 

くら ゐ よね,? べんき や 5 どき あん もよ よねち よ 5 ね も ひや w 

rJ の位餘 念な く 勉強して ゐた 時で も、 喑愁を 催 ふした ハ= か 米 孃の乙 ど、 せめても の 遣悶に なッ たは 

てがみ く 3 お 5- ほ い <SJ かん; £ 'よ つぎてが みく いせん L 3. 

鯉 魚、 もれが 來る のが 待 遠で ぁッ た、 幾度 さなく 卷纾 して ゐた、 次の 鴻 書が 來る さ、 前の は 仕舞 ッて 

き X ぶんこ S だ ぶんこ 

かいて、 乙ん^ 來 たのば か 4 を 讀 ヅでゐ た、 文庫から 入れた ゥ、 出した ゥ して、 チ、 文庫 さいへば この 

ぶんこ t> や き や 5 は、 き は、 て ぶんこ もん きん を き 5 るし だいぶ は き 

文庫お、 上京の さき 家萱 から もら ッて來 た、 家萱の 手文庫、 紋の金 は 措 4 切れ、 漆 も 大分 秀げ て來 た、 

いま ねん ねんた L ゆび おも ゆく わい よび もん に S がくし 

今では 八 九 年 k なる から、 をれ から 一 1 年 立ッて 首尾よくし B 思; 3 だしても 偸 快お I 豫備 門の 入學試 

けん きう だ. & ひ. &へ *j 上 け St! せいめい み らくだい ひ e や 5 しんつ 5 さん じゅつ 

驗に 及第して、 控 所の 揭 示に 姓名 を 見つけた ざき は、 落第 ぢゃァ ないか さ、 非常に 心痛した I 算術の 

L けん をん もんだ. & はん & <- ひ C や. 9 5 れ どき ど ちもう sse ん さそ 

試驗は 難問題で ぁッ たから I をの 反動で 非常 嬉し かッ た、 をう をう、 rJ ゾ 時お、 同恣の 友人 を 誘 ひ 

sas はく てん はじ きま わる さけ ょ5ぃ 55 

だして、 牛肉 店に 始めて あが ッ たの は、 をれ でも 極ゥ が惡 いから、 酒 さは 容易 はいへ ないか ッ たか、 友 

じん めい < & 5 おい をい こうほ まんさん *.>ゅ< かへ き もん いきん あ 

人が 命 r て cj- れた 一 合で、 二人 さも 大醉 して、 行步蹣 墊へ歸 ッて來 て、 門で 友人に 逢ッ たら |ィ 

ぉ&き めでた を かま - fcl わ:^. > , 

ャ奢 ッて來 たナ、 ゥヅぉ 目出度 仲間お ッ たナ=ぃ はれた さき、 われ 思 はす 11 ッ n リ笑ッ たばか 6 て 何 

C ひや 5 ばん め も も & おや if 

も. S はな かッ た、 rJ の 11 ッコリ 一 時評^に なッ た、 眼 を 据えて 一一 ッ n リだ もの、 もの 凄い ッて 家君の 

よねち. ち ょね^^ょ5 さく 4i つ じゃっき て 5 けさ このき つ ほ 5 せつ 

さ 乙 K ^さか 米孃 のさ 乙へ、 rJ れを都 知したら、 米孃 は== 昨日 鵲喜の 兆 あ. CN 、今日 此 吉報 接し u, , 



新學士 Es 

めでた 上ろ こ ね やち i f ゆく ?. 

ま rJ さに 目出度き H?- 喜 ひ を 卞 ;^, = S ッ てよ rJL.^J^、 家君 は 何も 祝すべき、 資すべき ij でもない、 

yJT せん ど s き や う あ を だ こ Sj の くさ こ *J も 

當然 だ、 東京まで 遊びに 出して.; - くのお や^いから、 をれ に 小 供の 癖に =,1- 小 供ッて 十八、 ぎ. くに 

セ いさん ねん こ W S- ビし ね や こ さも たも せんこ 

精算しても 十七 だ、 女なら 子の 一人 や 二人 は ある 歲だ のに、 親 はいつ まで も 小 供^ 思 ッてゐ る は、 千古 

I は: fi^r ぎ 5 にく マん いん L よく ゆ ,^§5. き ひ C や f たこ き - たい 上ろ こび i い 

の 人情お 十 I 牛肉 店^^へ、 飮 食に fi く、 生 意 氣だッ て、. 非常に 怒 ッて來 た、 一 體 われ 喜の 餘ゥ、 委 

細に 書いて ゃッ たから だ、 豫備 門へ 入學 するとが 出來 たら、 、1 度歸鄕 しゃう^ 思ッて ねたから、 rJ の S 

く に 3- よ ひ おく く せいき や 5 しへん 上 ち. ei く 

き 故國へ 旅費お 送ッ て吳れ h: さ. S ッ てゃッ たら、 あの 淸 狂の 詩篇お よく 讀 め== 乙れ だ 乙の W の、 男兒 

學若無 成死不 還、 埋骨 豈期 墳墓 地、 人間 到 處有靑 山 I われ il^ 『右し!^ るなければ &す S 

V-M.^ > ゎづ >- • さ. r ね: <" , き、 や 5 ゆう じゅふ だん ひき や M. み れん こ、 ろ ねこ やつ せい 

も 還ら 卞^ S ッ たハ。 僅か 一昨年 もれに 歸鄕 したしな ゾて、 優柔 不斷な 卑怯 未練な 心が 起った 奴 は、 成 

ぎ .0-5 おはつ か はや かへ こ し や 5 ひゃくせ 5 お C き 5 ら くやし 

業覺束 4 &し, 早く 歸 つて 來ぃ、 1 生 百姓させる から ッて、 怒ッて 來たッ け、 われ 怨め, P くも わ. o、 ロ惜 

, * Hft^ だ , このげ きれつ みち L ん しゃ こ tRS. C や 5 L &く 

くも あ. 腹立たし くも ぁッ たが、 此 激烈の 語が 成業の 道の 指南車^な ッた、 乙れ も 子 を 思 ふ 情の 至極 

L せつ、 ? C たつ げき ぶん ねんしん は 、 .^isTLfi" 'や, *- き 

至 切 だからのと、 だが 當時 tt 實 にわれ 激して、 當分 音信し なか ッた、 家萱 から 音信の な S は 病氣ぢ やな 

f^;^ ばい しょしん き よねち ぶ ねん 53 かんが ざん 

いか ッて、 心配した 書信の 來た まで は、 か 米 嬢の 乙へ は、 をれ でも 無音に しな かジ た、 今考 へて. ij- 殘 

ね, < こんねん よ ひ もん, V つ ざ や 5 f だ S 、ちか- CVJ5 お 5 がく こ 5 ねん 

念お ッた は、 もう 今年 は 豫備門 卒業 S 思ッて ねたら、 また 第 1 高等 中學校 さな ッて をして 1 年ました £ 

だいがく Kf ねんへ て ふ ほ こ、 ろ もお げき K つばん かん 

きサ! , 大學の 方で 一 年减ッ たから 朝三暮四 だけれ.^ 心 持が ちが ふ I- "これに 激 せられて、 日本 k は完 

せん 力.^ れ>, » k おぎ &. こ 5,.- ん ら a ん ほ がく. L ばん 

全な 學 令かない 力ら、 乙うな るのお、 乙れを铺ふは後進のゎれ等の^だょしく法舉士に4^>ゥて 1 翁 や 



, けゥ くわが く たも 》1 ろ ゆく わい がくもん ねも くし 

ク て やらう^ 决 心した をれ まで 化學は 面白い 偸 快な 舉 問お^ 思 ッ て 、 理學士 になる つ も .rs だ ッ たが I 

大學 へ入畢 した W き は、 先に 戀ゥて 家へ 厭して ゐ たら、 今年 は 大典が へ 入る 頃 だが、 まだ か、 した か 

つて、 家君から S つてよ 乙した、 乙れ 世に出る 方便の 道おから、 をの道の何處を|^;1仃がぃてゐるも、 1 

1® 知す る Ji£ も、 及ばない さ 思って たから^ S つて やったら、 老親の心配をがらんか?5^1^.かち1^3 

一 ^ さお もの 5 ころ 5 ち たく つ rt- で よ ^^ぢょぅ 

れたッ け ァ、. $J うしても 長い 物に は卷 かれる ナ、 ゥシ をの 頃 だ、 われ 家へ 送る あに、 米 簾の さ 乙に も、 

寫具 を贈ッ たら 大層 嬉ンで 先方から も 送ッ てよ M した は、 これ この m 具お、 をの isi^ii^ お I- の 七 M お 

B ハ たやち , び.! き かへ ちゃ f SJS3 か き き t 'ぎ や 5 こ,, 'つ が 5 

た家萱 から 家君 か病氣 だから 歸 ッて來 い、 丁度 今 は 夏期 休業 だら うから 好都合 £ぃッ てよ 乙した、 われ 

よねち よ こ Sj も わか がた め 5 つ さ、 7じ ん K-A 

米 孃に小 供の S き 5^ れ たから、 をの さきの 姿ば か. 眼に 寫ッ てるて、 rJ れほ^ 大人に ならう £は 思ッ 

t ぶん たい じん を VJ5 だ. & もど くら み しゃしん み e あ 

てゐ ない =自 分の 大人に 成ッ たは、 燈臺 の下喑 くして 見えす に I 寫眞の 乙の 姿. 見て、 一 度 逢 ひた 

• > . さつ も く- > たく あ も ひさぶ 5 'くに ゆ あもん. y:^ 5 め 1^>ま &, 

くな つた € き だから、 早速 仕度した、 明日 は 久し 振で 故 園に 行かれる、 彼の 門の 傍の 梅 はさ ど 九き く 成 

.S HKb さ いみ む も rt ん は& ビさ < ^ ^ f &さ 

ジ たらう、 美い 花 を^ かせ、 美い 實を 結ぶ だら う われ も 一 年で 花 さく 時が 求る、 彼の^に われ I で 

捕へ て 求て 放した 鯉 は、 大きくな ッ たらう、 昇天の 勢 にな ッた らう I われも^^ は^る に!^ す 

は ► L よせ.^ あき IHC そつぎ や 5 3*1 K ち ぶ や こく さ、 

る、 ァ、 待 遠:^ ナァ、 書生 は飽 たナ、 乙の 時 始めて 卒業が 待 遠に ッた、 一 日 も く 一 刻 も に、 i 

げっ •> をが- -ぃ ね. f がくせい き や 5 がい ゆく わい L や 5 が,. せ S たも あ 

月 か 统れゝ は 好い さ g ッた、 をれ まで n 學 生の 境界 は 偸 快 だ、 一 生學 生で ゐた 思 ッてゐ たに、 彼の 

白狗 == 叔父さんと こる から もら ッて來 た 尨 は^うした らう、 大きくな ッ たらう がわれ を S れ て^えつ 



新^ 士 ■ ■ 四 六 

&ゃ 5 しん そつぎ や 5 まち ど は もつ ぎ や 5 みかん せんし む; J あたま つも き 

くだらう、 兩親も 卒業が 待 遠し くな ッ たらう、 ァ、 卒業した くな ッた、 萬 感千思 、胸に 頭に 積 ッて來 て、 

たいお よ もこし ね しゅったつ かい ft お 

五體 お押しつけ、 をの 夜は少 も 眠られな かッ た、 サァ 出立 さな ッて、 二階 を、. 乙 ゝの 二階 を 降 6 やう ど 

くに てがみ さらて がみ ぶんこ だ てがみた や び や £.. きくら S 5& 

したら、 故 園から 手紙が 來た、 (また 更に 手紙お 文庫から 出して) ゥヅ Nl の 手紙 だ、 親の 病氣 位に 動かさ 

はじめ ちか こどば ほ& f やつ こ こ たいにん たいはん 5 ち も 

れて、 始に誓 ッた語 を、 反古に する 樣な奴 は、 子で ない、 わが 子で ない、 S まが 大任、 もの 大住 を打捨 

かへ く § M ftR, ttL^O だん こし »5 

て、 歸ッて 來る乙 さはな ら^い ッて、 これ はわれ 氣脱 けがして、 思 はす ドッ か^ 階 子 段に 腰お かけて 茫 

せん It-O はら た ほ. s,w い い まかん が fc やち ssvcs- 

然、 餘ゥ 業腹お ッ たから、 大 磯へ 行 ッて、 しま ッたッ け、 が、 乙れ は 今考 へても、 家君の 言理 がな S ョ、 

こ たや び や. i- き たれ ゆ S . & VKK- こんねん しゅび t つぎ や 5 

子^して 親の 病氣^ きけば、 誰し も 行く、 行ッて 行かれぬ 所でなければ、 をして 今年 マ ァ 首尾よく 卒業、 

P この 七つぎ やうせ St よ つく わ f へま かみ み つく わ 5 へ た! d こ ぶく L 

握 ッた此 卒業 證書、 (机の 上の 卷 いた 紙、 ちょい さあけ て 見て、 また 机の 上 はかき、 煙艸 一 燻) けれ. ^期 

がく こ 、ろざ e ぶん い ま お ほひ どき ちが き んケく ゐ お < わんせ い L ほ その ビ く 

學 志した 時分^ 今^、 大に 時が 異ッ て來 てな かく、 滿 足した 位地 はない、 宫 省の 試铺、 をれ も 其 得 

い がく じゅつ けっき 5 くれ たれし どくい どころ か をつ JS- や S < た 七 

意の 學 術で、 月紛 でも 吳れば 誰も 得意の 所へ ゆけば i 可な 6 だけれ^、 卒業の 點數で れ るから 恐れ 

だいげんにん たもし ろ L や S けん. f わ お ちさい めし { おも さいぶん くわん つ 》• 

る、 代言人 も 面白くない 一生喧1^$^をの=1:裁で、 飯 を 食 ふさ 思へば、 ム、 うか W ぃッ て、 裁判官 ij- 詰らん、 

ろく ほ つ fs はん *J せの かふ f た み こく、 わ. & ぎく わい し 上き くわん を Si 

碌に 法律 を 知らぬ 判事 殿の 下 a に 立つ の だもの、 マ ァなッ て 見たい は國 會== 議會の 書記官 だ 十、 何し 

しょ_3 を. * 'ぎ や- 5 こ sr しん fl ほ くわん せい たも しんせつ し 

初期 だから、 創業の 功臣 さなれ るから、 けれ.^ 試铺 さいふ 官制がない^ 思ッ て、 新設に なジ たさ 知ら 

く. r ち だいがく ゐん はい けんき 5 た. 《 たやち L? 

すに ねたら う i£ 空地が なくな ッた、 s ッを 大學院 へ入ッ て、 研究し やう £ われ 思へば、 家君から は 一 生 

(it せ. S き .S ちわる は * はだ このし や I ん やう も ひ S- ぶんこ 

書生す る 氣かッ て、 ぃジ てよ 己した、 意地の 惡 いも 太甚 しけれ^、 此寫 眞の檨 子で は 無理 も レ、 (文庫 



さら しゃしん f はる f つ わ やち » , ひたい ど み あきら かケ き 

から 更に だした 寫具」 葉) 乙の 春寫 された のおが、 家君 も 家萱も 額に よる 年波が 明かに 算 へられて 求た、 

か み だいぶ & 3 しほ や s H ゝ おやち こし むか t ど 

ォ、 頭髮も 大分. S 麻鹽に をら れた樣 だ、 家萱ハ まだ をれ ほ.^ でも あるまい が、 家君の 腰に は、 昔 取られ 

ぁづ 3 ゆみ わ も かげ ら き ど 5 き や 5 たん でんち でん >^ た て は を いや むかし かな 

た 梓弓の 面影が 現 はれて 來^、 柬京へ か S でな さ いさいへば、 恩紛の 田地 田畑 を 手 離す は 厭 だ^、 昔 堅 

f *JJ» 上ね ちょ .f こん, ひ ど かく かへ S- おそら こん こ SI- き 

氣を いはれ るし、 困る ナ、 か 米 嬢から も、 今度 は 兎も角も 1 度歸れ さい ッて东 た、 恐く は婚 …… 公式 を 

あ つも y II やしん しばし P む &ん を 5< tL が , たいど 

舉げる 積お らう、 (また をの 寫具 さゥ わげ 暫し 眺めて、 無言) 乙の 楚々 たる 風姿、 この 雅々 たる 態度、 る 

あ S き や. 5 まる か は を, め もど L£ くち もビ は を も C 50 ほ a も 5 

の 愛嬌で 丸めた 顔、 この 凉 やかな 目元、 乙の 優 やかな 口元、 この 鼻筋の S ッて、 威なら す、 猛 ならす、 

ひたいぎ はだん の 5 まゆ ふ ど ほそ わきき き き や f き あいき あいせん たん 》1 や f か の-. r まつ またよ 

額際 淡なら 卞濃 ならす、 盾 太から 卞 細から す、 和氣、 喜氣、 嬌氣、 愛氣、 靝然、 淡粧も 佳、 濃抹 も亦宜 

からう、 色 は 1 寫眞ぢ や 知れない けれ^、 小 供の さきから 白かッ たから、 今 も 白から う、 71 の 笑 ひも 

かた か は かほ み こわ き $ 上 ねん ど 5 せん ど かく 

ぅナ、 乙の 語 .C^KWN 十 顔つき、 顔が 見たい 聲が 聞きたい、 (しばし 眺めて 餘<^1 なか ッた、 恍然) 觅も角 も 

さ き せい 乙 G- や 5 しん おも ろ, fM-s し 3 うだん 

1 度歸 省して 來 やう、 兩親は 思 ふほ^ 老衰し ちゃ ねられない かも 知れぬ、 また 相談の しゃう も あらう、 

だい x^^f あ &ょ 5 しん どくしん ビ ころ 

そして 第一 米孃 にも 逢 はれる から、 けれ.^、 ニ人の兩親が得心し^^^かクたら………今の處では、 これ 

• 3 いきん き は 4> . い み あ A や も き、 や 5 けっしん あ た 

か 最近の 希望 だが …… まさか、 行 ッて見 だら、 案 卜た よう も 易から う、 歸 鄕さ决 心し やう、 (身 

s- み ま、 S ち ぁづゅ 

邊見 まわし)、 乙ゝは 乙の 饞そッ くゥ、 乙ゝの 家へ 預けて 行かう、 ゥゾ をれ がい ゝ、 をれ がい、、 オット 

もつ SS,J や 上 s しょや ひも をん あした 》* ち" J ほ はや ね ねむ みや か よ あ 

乙の 卒 業 證 書 是非 持 ッて ゆかう、 何だか 明朝が 待 遠に なッ た、 サ ァ 早く 寢 やう 眠れば 速に 夜が 明け 

て 5 せい け ふ あら ねまき も きく 

るから 、(手お 拍ゥ、 ニ聲) オイ 今日 洗 ジて吳 れた寢 衣 を 持 ッて來 て?^ れ 



風流 狂言 BA 

® 風 ^li 言 一に 眉 山人 

^ »tctt^^^w5?i is- や ^ こ を 5 だ つ I を やっかい & S きょ ひ ど& 

が 1 人!:: i 隆ゴ 一、 軋 も 無し、 子 も it、 定まる 妻. 1^ 無く、 乙れ さいふ 厄介 も 無し。 浮世に たった 一 人の 

たど こ この ころ 《-<i>J.& SL& の » $ くも 5 へ .L や 5 か 5 ど 5 くわん にさ,^ — ケく 〔わん め .L た 

男、 此頃學 生の 梯子お 登りつ めて、 直さ ま 雲の上に さる 省の 高等官 さな ゥ すまし 一 ニニの 屬官を 目の 下 

み どめ いも みの. 5 へ か は か は せか を きの ふ たびく >.-^| ' . 

に、 撿 印の 急がし き 身上 .ia>.oo うつれば 變る 川の 瀨哉、 昨日まで は 度々 の:^ 刀うる さくて しゃう 事な 

の ひげ is さら, e く た ひげ あぶら ゃ5 も 《• ボ— ト レ I ス たく かひ K5S て &む せいしん 

し Ji^ 延ばした 髯も、 今更 役に立って 鬓 油に 樣 子を賣 <>、 短艇 競漕に 逞 ましき 櫂お 握った 手 も、 護謨 製 新 

がた きゃしゃ ステ タキ も ろくしゃく ひまん お ほび や f き な る ひ りつば * ろ Af- - て; 《^_f-*!i- 

1^ の 花 車な 洋杖を 持つ やうに な. o、 六尺 肥満の 大兵に フ " ッ グ コ I トの 着工 合 立 lig に、 呂 の 手車 を 走 

どき は まき けむ 3- たかば 5 し せいざう しょ じん 5J5 i かんだ $ が だい て, びろ ^ き f*^ 

ら する 時 は、 葉 卷の煙 高 帽子 を かすめて 製造所の 煙 筒の 如し 神 田 駿河臺 に 手廣の 邸を搆 えて 門內は 

こ まつ み^ W み. K けん をが 上 e や 5 げんくわん しきだい まへ こ ちゃ 3- ぶ あ ひ タパた 1^ i , r> tctl- 

小 核の 綠を 漲らし、 二 間 長 四疊の 玄關、 敷臺の 前の 小 砂利 は 車の 齒さ嚙 合 ふ •£ 日に 幾度 か 知れ 卞 家內 

C まづ かひ、 ど SCJa L やせい ひど 《- ひ いち $i もさ 5 げ e よいお はん けんく わ fv き t. ^ふいち K,^ ^^c^c^^ る js p が 5 

は 小間使 一 人、 取次の 書生 一 人、 日に 一 度 ffi 相す る 下女 一 人、 喧嘩 好の 車夫 一 人、 主人公 を 合せて 都合 

S はん くら t け かはいつ け じむ ,J まつ あさおく ま. L づ 上 ひ だ ころ にぎやか ゆ ふ. >れ かぶ 

五 人の 募し、 乙れ だけが 竹 河 一 家の 事務 を 始末して、 朝の 奥の間 靜 かに、 宵の 臺所 賑 な.<.^o 夕暮の風 

<6 みね くづ つき 3 つ こ も を t. に は くさき 5 ち t づ けし やう ► 々マ 

雲の 峯を 崩して、 八日の 月 核の 捎に凉 しく、 庭の 草木 も 打 水の 化粧 をす まして 葉末 を チヤ ゾ さ.! 丑 直す 

ろ L ゆ 4J ん s>s ざ. f 'ふ ろ あが tee ゆかた きか る ま ゑん さき まく W て はは I • び— . 

頃、 主人 隆三 風呂よ.? HA- て、 白地の 浴衣に 着更 へ、 居間の 緣 先に 棬 手して 團 扇つ かひな から 庭お 取 

& そ %d ちか き たばこ あいて しんちゃく ざっし よみ は e 

, めて Is られ しが、 やがて ラヅプ の^ 近く 來て、 煙草 を 相手 J^、 新着の コズ モ ポリ タゾ (雜 誌) を讀- 初め 



, 


が 


程 g 


1 


出 だ 




— 1 


へ 

這 は 
入い 


骨き 


隔 S 


に 




釣つ 


ft 


極 や ャ 




な 




し 




只 


逞? 


のて 


氣き 


齒は 


れ 


h 






く 

入"^ 


V 




な 


今ヒ 


しま 


襖- 




k 


た 




端!? 大ま 




へ 




が 


此め 

方 S 


る 


& 


の 3 


取 ど 


愛 5 




隆? 


な さ 




來< 


通 5 




ら 


時 ま 


大 5 
お 

夫 ま 

ノ、 Jn 


開 あ 




< 





二 ざ 
¥ こ 


挨£ ラ 
&ク 1 つ 
振 さ い 
〜 1^ 




る 


し 




差ず 
出 だ 


が 


腕え 


< 


れ 


る 






名!? 

刺し 






ふ、 




香ね 

»-» こ 


て 


し 


はれ 


年で 




ノ、 




す 


目め 


< 




に 






大ほ 






の 


れ 




面:^ 


に 




行- 


首 ふ 




處き 
^)ろ 


さ 


+ 


遠;^ や 




ぬ 




1 




精 1 


掛か 


の 






近 ま 


け 


四 


慮!? な 




し 




の 




袖^ 


短き 


上 あ 


さ 




れ 




% い 











1^ ゥ 


た 




き か 


ぐ 


3^ 乙 




も 


色 《 


や 




プ 






い 




UdU ,み 


Ml 

ty:^ ノ 


れ 


の 


に 




く し0 










め 

刺お 




し 


摩 ま 


は 


昔ね 


< 


m は 

Ib ■% tA^ ろ 






チ 






云い 




ガ 






延の 













表 5 


ク 


サ 


プ、 


柱? 


養? 


ば 


/子み 
'ノ 


け 

り 


力 > 




緣ミ 

•W 、& 








て 


fi 


、) 


のら 


の 


し 


か 


れ 

A レ 






の 








か 


士 L 

十 




蔭き 


ほ 


ft 


L 
り 


レ 


座き 




鼻 2 






ゥ 


iii で 




着き 


X 




る 


ホ 

》 


頭 は 

ぶ ■ ^ち 







目め 






活^» 

WAX) 


に 


公 を 

み、 7 


X 


6 


h 


髮カぷ 





て 




鏡 § 






字〗 


な 


に 




顯き 




は 

'へ 


與を 


醜き 






か 






で 


1) 


馴き 


夭 了 

ノ、 れ 


は 


騒き 


縮? 


m 


カノ 


直! ♦ 




け 

*^ ソ 






堀 4 ま 


ヰ 


^み 

パ、 


々ケち 


れ 


く 


れ 


< 


ら 


に 










井& 


し 


薄 1 


禾も 


山い 

で 


風 $ 


て 




す 


羽 は 




る 






春き 


た 

/ レ 


き 


綿!^ 


た 




飽? 

PO く 


額き 





織き 




丸 1 

ノ lj々 






雄 を 


L? 




の 


る 


う 


、、ケ ま 

1 しで 


Ik ゆ 






mi 










力 > 


帶 5 

IN ひ 


此 S 




黑も 






晩ぬ 




の 






ノ Xftci. 








家 や 


) 


し 




m 


ぐ 




MS 

力 ど 










^す 

t く 

、 


十 ど 


の 


\ 





笑な 


< 






、乙 






く 

ヽ 




•1 "へ 


奏! 


覺 S 


隆? 

コざ 


ふ 


濃 こ 






^jC« ゆ 

人? 

ノ \ ^ん 












^は 
十た 




ラ 


時 f 
頰 f 


< 


人ミ 












辭"^ 


な 


今 ま 




は 




を 






れ 

n レ 




義き' 


す 


が 


は 


に 


の 


笑な 




穿み 










レ 


に 

k 、 




ら 


蚊 か 


深^; 


字 e 


U 










A 
ノ 






卷? 


き 






さ 


を 


な 




< 













付つ 


もん 


ご 


拂' 1 


片き 


引 ひ 


が 




な 






主 ゆ 
人え 






け 




^^ぃ 


ふ 


笑わ 


さ 


ち 




づ 










た 


面に 


心ミ 


1 


露^ 
入い 








< 






は 
ーき 






る 


m 


V ろ 


% 


目め 






や 










好き 


< 


clr わ 




は 












目め 






のみ 


面》 


fill 


れ 




丸 i 






に 






見み 






出さ 




か 






< 












る 






立 g 


粧^ 
クは 


け 


き 


白 i 


し 






禮 S 






X 








し 




< 


て 






し 












座 ざ 




時彥 


謂み 


細 i 


少さ 






な 






m 






敷き 


筋 きん 




物 さ 


お、 


し 



風流 狂 言 Si 



四 九 







— 1 


つ 


つ 


中 ま 










尔 


n 《 

□ お 




, 


, 


ん 


ム 


> 


、 


を 


を 


ki 然 


ら 


くルゃ 
f 又く 


苗 こ 
早 


ft 


輕ろ 


iC 




/fcr 'や 
1 リ J に 


お く 

曾 A 








れ 


ん 


ない 
君、 を 


し 


ん 


所よ 


り 


» きた 


> 
\ 


取 《) 


、 


/と 


/" ノゝぃ 






ほ 


な 


カュ 




で 


は 


*Rn け 


4U "ぜ 

ik い 


• ^い 


i!^ つ 


、 


ハ 
ソ 


^き 


1、 壬 W 






事き 


、 

し 


儘ミ は 


ひ 


ど 


m を 
另ど 
■> こ 
し 


ふ IT さ 
切 


ハか 
ソ 


、 


ダ 
レ 


<(X\ く ♦ 

j&i み 


過 わ 


先き 


腕 4 で 


い 


で 


な 




リ丄き 


'ン 


/c 




么め 
るい 
し 




* る/, げ 
激き 


そ 


が 




ど 


は 


IP 


ふ 
丁 


出 


れ 
ぶし 


て 


TJ ゝ 


T 


ち 
や 


《 


ん 


試 ま 


な 


L? 


過 も 


fi ゝ 


r 


し 


C. 


t=; あ 


ら 









丫 んか 
攻ミ 


な 


し 


い 




9c, 

さ 


し 


〇 




二い 
ム 


TIFi ざ 

き 




TO ビ 

取 《 

め 


ん 




搫き 


も 


た 






な 


か 

まね 




> 

ふ 


山 "0 


― お 

つ 
す ど 


つ、、 
七 




?2 


の 


< 






い 




人 




士 し 

if 
義 


し 


の 


ui 


VJ 


リ 






ば 


t 














や 
谷 < 


え 


し 


Jo 

72 






羅き 試 g 




7 ま 




漆 よ 




は 


お 

人 ほ 

で 

于 


體ぃ 


の 




VJ 










- レ 

す 








ネ a さ 
'お 5 




を 

ム" 


厶、 
ぶ 


A ぐ 
カス 


改も 


た 


然!^ 






ant Ik 

門え 


> 




MX 




CL 




け 


ど 


'リ 


新え 


v6 た 
ま 




し 






へ 


か 




ぁ亇 




W 




お 
^レ 


m 




かさ 
参ん 


ソ 




きへ あ 

餘? 






仃ゅ 


曹 f 會 t* 

出- 




取 5 




A ま 

生つ 








m み 


で 


わ 
/C 








何 さ 


> 

< 


來 S 




豳 k 




? rc 
\ 






て 


/と 




爭ど 


3^ 




ii ゝ 


《 




む 




> [^ん 




ず 牛き 


さあ 




侯く 






^ろ 


n 


\n 


い 




い 




ま ま い 




IS 


St 




/7\ 
VJ 


ナ 




に 












> 

ふ 




し 




は 


山た 





ma 


な 




過 


昨、 


o 






や 




レ 




白ろ 




々k ほ 
タト か 


z 


V) 




ぜ 
さ 


B ひ 
















る 


1' こ 


/en f 
天 U 


が 






の 








ぶ 








/ 
\ 




\r 


ら 









改 S 








爭き 









诚ゎ 


,ば乂 

此き 


ゆい 


な 






太 

め 


正 ま 








ど 




a ひ 
P 






f ひ 
人 さ 

丄ゅ 


m[ 




し 




れ 


ま, 

2^ ん 








•sJb* い 








へ 


《 


t 


て 




で 




















し 




し 


見み 


311 




は 












力 > 




綠ぁ 

投 3 




C 


c. 


o 

し 


X 


















る 




い 






lp]? 






け 




て 
















VJ 






縣!? 




非? 


ばね 






の 












矛し 




欽 e 
ホそ 


(J ヽ 




常 言 


のし 




你ち 
貫? 


* い 








ラ 




cr 




心ミ 


生る 




に 






4ih ち 


目 け 
兄ん 








す 








ろ 


お 
^し 




丁 5 ±% 




1 こ 


は 








る 




さけ 




•f く 
な 


I こ 




寧 S 


さ 




ねた 


中 ま 








さ 




rj ふ 




人ん 


て 




It 


な 




は 


々〈 








試し 




ミ乞ま 




/ぬぶ 
'っク J つ 








名!? 




れ 


手て 








驗ぇ 








な 


同き 




御き 


刺し 




ん 


酷 g 








前ミ 




れ 






じ 




上? 









力 > 








の 




さ 







經;? 
歷き 




使 L 


や 




君 象 











m 




云い 




隆? 




の 


な 




は 


た 








m 
ダ 




ふ 




二 さ 


を 




か 






學? 


ら 










仕し 




過 も 




入; ハ 


力、 




校? 










X 




爭ど 




勢? ま 


で 




の 







の 


し。 












は 




よ ひ 


し 




や 






m 












は 




や 




< 


て 









風流 狂言 記 



玉 



いぶん じっち やく els' L よせいぶ 5 ね 

r ィ 、 ャ 隨分實 着に やった 積 だが だ 書生 風が 股け な S かナ o」 

この も やう た. &ゎ ♦{> が つ J- ぶたい ま は こづ <3- こ まづ かひ あら こくたん まるし よく ども 

此摸樣 の對話 長く 繽 いて、 舞臺の 廻る までに、 小作の 小間使 顯 はれ、 黒檀の 丸 卓 あら はれ、 をれ £共江 

た ほ びん 《 くぶ SU<'.L ゆ はら 3 か を ふた み い だいつ き しゅかく くちびる の 1^.^ の ► > 

大瓶の 白葡萄酒、 腹に たまらぬ 肴 二 ッ三ッ 出で、、 臺 付の コ ップ 主客の 唇;^ しき、. < ^なく 飮物を 運べば、 

きゃく さき あか め 5 ち #4- こ しゅじん < ち み かほ いろ, * こ つや だ - • ► くろび か 

容は先に紅くな.c^、 目の 中 少し さ けしが、 i 人 はなる 口 さ 見えて、 顔の 色 少し 鼬 を 出し たれ.^、 黑光 

ぎ 上く ざん くづ まへ わら お ほ s<5 ざ 5 ひざ たて ほ 

の 玉 山崩れす、 だが 前よ. は 笑 ふと 多き ばか 6、 隆三は 膝 を 建 直して、 

きみ むか S, こか 

「君に 向って 云 ふ 事が ある o」 

&に& ど . 

「何事 ,た。」 

い つ だんこ ゑ は w あ ゐ i ゐ を ほ flstj ん わら 

1 段 聲を張 上げて、 眞 直に 居住 居お 直せば、 主人 は 笑って、 

ね ほ こ ゑ ほ" J だい e けん ゆく この &ろ たは かん とど 

「をん な 大きな 聲を する 程の 大事 件で もない が、 僕は此 頃.. K に感 卜た 事 か ある。」 

きんち やう 

「謹 聽!」 

ほか こま か せい せ S5- » くみから あた めんだ 5 たま I : だい- -ふ e ゆ. x- 

「外で もない、 細く した 家政の 整理に 僕 自ら 當る のが 面倒で 堪 らんの だ これ か 第一 の 不自由で、 を 

ほく 3 づ を ど で ばん t む あた < 5 ち かへ ろ 5^ を 々さ §K ^ 

れ から 僕が 先 外へ 出て 百般の 事務に 當 ゥ て 來る、 を で 家へ 歸 つてから, V の 勞働を 慰め 氣カ を酈ま 

< か をい くわ. S らく ビは い だ. & てん だい 

して 吳れる ものがない、 ッ マ リ家內 の 快樂に 乏しい。.. -云 ふの が 第二の 點で、 第三 はは 」 

み、 かたむ き る はるを くち さしだ 

耳 を 傾けて 閲 S て 居た 雄 乙、 で 口 を 差 出して、 

あど こどば い さいくん ほし い 

「跡 は モウ い、。 言 を かおて 云へば 妻 君が 欲 云 ふんだら う o」 

風流 狂 雷 玉 1 

hll は = n LPM ^ ^1 — Tir_1.B^i 



ml 風流 狂 言 記 HS 

一 4 檨, た o」 

き, a- ちか, U ろン シャル じんぶつ むかし たけ かは& 5 ざ 5 きみ K よ stts さ ^5- つ 5 .0 

「君 も 近頃 社會 的の 人物 は^った。 昔の 竹河隆 三で ない。 君が 女房 を 探が す やう k なる さは、 實 に有爲 

てんぺん よ を か 

轉變の 世の中お ◦」 

い お ほ きに ゆく. L や ち 5SW> «J くしん ろん 》J ゆち や 5 ち ぶん かんが まる か は しか 

「さう 云 はれ ゝバ 大きに さう だ。 寄宿 舍の 中堂で、 獨身 論お ま 張した 時分の 者 へ^は 全で 變 つた。 然し 

f のケ わけ しゃく わ. S ほく 上 ぎ > 

乙れ は 僕が 望んだ 譯 でない、 社 會が僕 を餘義 なくした のお 0」 

しちや 5^ ん ど. 5 Lf © あらた み 

「質屋の 番頭が 品物 を 改め はしまい し、 をん^ ひねく ッて 見.^ くッて もい、 t やない か、 ハ、 ゝ、」 

ど S- あ L ゆ e ん まちめ め Jl た を、 

^ぃひ:^ & がら コ ップを 取上げる、 ま 人は眞 面目に .>&..^、 目 を 下に 注いで、 

じゃ^ 'だん & さい -5 きょ ど かく ゑんく わつ ゆ こ 3 . & 

「ィャ 冗談で はない。 何う も 妻がない^ 浮世が 觅角圓 滑に 行かな いよ。 それに 困る の は、 云 ふとが をれ 

ね ち どくひつ きこ た ビ へ ぎ ろん ていしゅつ ばん わかげ はや たも 

の價直 だけ 篤 實に闞 えない の だ。 假 令ば. Q る 議論 を 提出しても、 一般に 若氣に 速って いふ やうに 居 は 

お ほい ふ ゝく 

れ るの が大に 不服 だ o」 

ふた こど f Soa-Ji-C ん s-i く 

「を 乙 も わ. CS 蓋 も ある、 さう S ふ 事なら やるべし く C 僕 も 共々 盡カ しゃう c」 

てき t!5 もの を じつ へいか 5 

「サ ァも 乙で 適當の 者, が 無い はは 實に 閉口お o」 

み きみ を いぶん さが み ゆだん 

「して 見る さ 君 も隨分 探した ざ 見える ナ、 油斷 のなら ない o」 

t^ru あた み 

r ィャ さう ではな S が、 少し は當 つて 見た o」 

こ あた 

「小當 ゥ;^^ か。」 



「もんな 浮いた 沙汰で: tri ^い。 極く 真面目に さ o」 

1. , . ^u^^. * ^ I. L ゆしよ 5 もの ひど を L フ 9 ンテ I シ m ン ひつ わ. 9 

「な.^ ゝ容體 ぶって 言 ふ 内が 殊勝 だ ナ.' 11 其 人さ爲 6 を 知る に は 情 遊 も 必要, た 

「をれ も 企て ゝ見 やう さ 思 ふ。 をん な 知識 も 得て 置く はう: c,、o」 



や、 かる 



J,J^' . I 2 2 がへ つ を は をし 5 お みづ 

張 一 弛、 井 替の 綱の やうな 話の 内に、 コップの 水お ひか 



客の 言葉 tt 稍輕 く、 i 人の 言葉 C 稍 重く、 

4^7 il ノ 1 、 :t は m- め > 一は ザん" 1 ん , -. きやく まった 1 L ゆ C ん もこ よ きゃく と 5 で まく あ 

ひに 力え ほ L て 替 目の 瓶 も 半分 は^になれ は、 容 a 全く 醉; 3、 主人 n 少し ^ひ、 容 ハ 腕 を 捲. <^ 上げ、 



客の 頭 も 丸く、 主人の 



きやく II i 

客はハ ケチを 取 出 



^^^^^r . て, あら ,"おは つか さ 5 は *>50 も あぐら や 5 だ P い まき ども i^r かく 

主人 tt 脎を廣 けて 手荒く H 扇お 使 ふ 雙方 共に 胡座 かいて、 容體は 今 消えた 共に i 仃方 しれす 四角 

?の あの P ば?、 をれ もやが て 1; に i れて は、 m%s%^< I i I i 

丸し、 此處 さすがに 書生の 名殘 ありて、 Si の^に。 へ ゾ li の あら はれ^な 

して 口 を 曲げながら 顔の 汗 を 拭き、 鼻 目 鏡 をはづ して 臺の 1^ に^いて、 

「を rJ で^う いふ 妻 君が ぃゝ のお o」 

1 * f め やま ふ じん ほ 

- さうた ナ ま づ梅山 夫人の やうな のが 欲し so」 

ほくろ 



「年が 四十 一 で 額に 大佛の やう ^llg 子の あるのお 



ひ にく を VJVJ UCJ^. y. 

「皮肉な 男 だ、 をん な 處に目 をつ けなく^も ぃゝ 



「では 何う いふ 處へ目 をつ けの る、 お。 脊中 へつ ければ 鲽の申 子、 頭へ つければ 蜻 蛇の 親類。 

「ァ、 度し がたい、 比 みなん-' i b 



かれい »*5L£ あたま 



しんるい 



風流 狂言 



玉 三 





つ つ 


つ 


つ 


~1 




-1 —1 —I 


つ 


, 


, 


つ 


時 i ハ 
片? 、 


7. ■bh お 

で m 


さ 


モ 




何 ど- 


ァ君 1 を 


ム 


梅 1 




ャ 


i し 1 人 




ク 


ャ 




レ のの 




山? 


、 


み 


湿 

?x や; 




信え 


澤ゃ 决 5 n 


ハ mi 日 ひ 


來き 




、 


プ r 

な 


に 、 


や た 


PH や 
用 5 


ill さ 


し 


力 > 


陶? 査 3 に 


た 


IP 




ん 


力 > ゝ 


> ク 


7?-* 


n 


又 


當き 器 さ tt は 





へ 


手て 


1 


し ^ 


m く て 

の 大 ね 


傅 も 


o 


さ 




の 眞ミ 未み 

審ぇ 


m ば 


が 


\ 

y h 




\ 


此ぁ 






の 


此き 





ま 


なめ Al 


fr 
《 


■ - へ 




、、> 
y 


査 3 Ifl の 


荦 


土 e 


け 


Iff- ち 





麻 上 ( 


ソ 


は 


か 


あ 
/c 


僕ず C 妻き 


で 

失お 


曜? 


ら 




て 


13, は 


て 


何 ど- 


1 八 


モ 


の 此こ, 君え 


好き 


B び 


れ 


せ そ 
cS: ろ 


E ゐ 


土 ふ -fr 

大 5 な 


は 

仕し 


ん 





V) 


長 1 每ミ が 


VJ 


に 


な 


7Z 


M い 


な 


/V い 
マ h 


で 


所 【 の ^ 






新え 


IP 


吐 あ 


こ 

小 


n さげ 


樣言 


g め 


度 


な 


でよ 日 £ d 


JI 




築? し。 






も 


が 




は 




は 曜 1^ 來 < 


みヽ 
T3 ゝ 


VJ 




A 


便 *' 




な 


逢 あ 


ひ 

ど 


ピ 


なにる 


ら \z 






は 


の ひ 


き& 

御 






y 




m 、 V 


ぎ 

服 や 


敷き 
pq び 




る 




飽 L 
称ん 





力 i 


ヰ 




コみ 





TT か 
, よ 






賴る 
類い 


堀 4 « ま 知 L 


、わ 




人え m 何 》 


學ど 


ム き 




叉の 
きみ 






井& 


れ 


t 




類 5 伯? う 


r 


ふ 
や 




VJ 


p5 は 

m 




もる 


な 


H み 
見 




のの た * 


ム 
や 












雄 を 
J=j ん 








鑑 え' 夜 1" k 




ヅ 






額 g 







ふ 
や 




定 5 會 S の 
^ で 内 4 


1 て 


て 






にい 




の 








ブ 


案! • 






當ぁ 




名 




o 
し 




ら ので 




內き 




ず 






譽ょ 








恐き 失 も 馔? 




し 


狀ミ 




力 > 














ら策! ん 




を 5 




せ 


ま 




地ち 








く は で 








の 






に 








何 ど • 未 S 見& 










m 




落 * 








處こ U て 




し 




I 八 
い 


眠^ 




ち 








へ に '- 


、 








c 


t 




た 








行い 忘?? 













す 













つ れ 






あみ 




v» 


る 












たら か 




の 




o 


を、 












ツ れ 望? 




處き 
















てな なみ 




へ 






客? 












引 S い ら 










はく 












を L? 審ぇ 




來き 






見み 












取 ど 査さ 




た 






て 












ら の 




ら 






管? 












な m 










煙る 












い f 











で 












積? 取 ^ 










3 曰び 












た' a ら 










さ 












L? う 










し 












し0 











風流 狂 言 記 



玉 四 



ながら、 

み か; J はじ かち -^^ B- や s & く も あた 

「見た まへ 兼が, 初めた。 かも 梶^. 梶、 ど ゥ 乙 いく 兩國も 過き たナ、 をれ 當. ます o」 

こどば わ は >ゥ ち かね からだ まへ ふた W もろ 

言 菜 終らぬ 內、 兼の 體は 前に こけ かゝれ ば、 兩 人 揃って、 . 

「二 ゝ、 :」 

i ね"」 ろ かね たは め あ ふた S- ほ s-a また わら ひも ほ 

聲に 驚いた か、 兼 は 大きな 目.^ パ ッ チリ 明いて、 キヨ tx く 兩人を 眺める。 堀井は X 笑 直して、 

かな 》 く ねむ ゆ 

「ィャ 兼ば か. でない、 僕 も 眠くな つた。 ドレ 行かう かナ o」 

た たび... - $ こり どきつ き み, 6 み .v-e, たか 50 お y-t のき さ みづ #*ゝ むし こも か <V — 

立って 帶 お縮め 直す。 此時月 は 南の 空に 高く。 遠き 隣の 軒よ ゥ、 砂糖水に わ やなされ たる 鈴虫の 聲 微か 

ひ かせ わかた け はも ど こま かけもの あた 《> さ ほせ C f 

響く。 風 は 若 竹の 葉 を 救れ て 床の間の 掛 物に をよ ぎ、 耳 をす ませば、 四面 しん。 ヒ して 去る 程に 小 供の 

こ ゑ かる e ざ ほり ゐ かへ あど か づけ いそ こ まづ かひ のこ しゅじん ざ <■ き を y はさき 

聲も なし、 輕 く辭義 して 掘 井 は 歸れ ば、 跡 片附に 急がし き 小間使お 殘 して、 主人 は 座敷お 捨て 、庭先に 

い つき 5 へ かげ ほ .ゥし ひ ど、 ころ ど、 ははげ た どび いし は >a> i- らて 5ゎ>*」 み ちかづ わか! 1^? 

出で、 月 を 上に、 影法師 は 一 處に 止まらす 庭下駄 は 飛石, ど 離れて、 裏手の 植 込に 近く、 乙、 は 若葉に 

さへ もこ くら f3 や. x- てんち つき しゅじん ゆ かた り 5 ざう あし 

遮ぎ られて 少し はの 暗き 小天地、 月に めだつ は 主人の 浴衣ば か. c>、 隆三 はも 乙 は 足 を, ヒ> めて、 ザッさ 

つき が t のか ほし だ 5- 5 つむ 《. ち a むね f> づこ、 ろ 《 'ち を し. ら 

月お 眺めし が、 其 顔 次第に 打 向いて、 圑 扇お 胸に I 沈 ひ 心の 內は 何? 暫くして、 

^よ ほ 5 

「 ァ 、 女房? 」 

おも こ ゑ だ あし もど むし ね だ か ひビ 

思 はす 聲 お出せば、 足下の. a の 音 さま. < ^て、 首筋に 抱きつく 蚊 一 ッぁA^O 

S III! 

k 流 狂 言. 記 玉 五 



下 其き 


7 




春る 




烏^ 


物:^ 


車]; 


顔 ま 

ヌは 




搭? 


ス U ど 


下 1 


膨 f 


ェへ 


71 

'あ 


寧お か 


雄 を 


は 


の 


V 






ic 




谷 や 




K 




に 出 S 




斷 
ぶ ら 


*^ く * 


ァ 


步? 


知 L 


力、 


伊 

^ い 


勝 5 


" し 


m 


黒ろ 




八 

5 




のら 




ら 




b 


< 


^て 
つ 


71% > ろ 


を 


ftp > 

m 


指さ 


Z は 


八 

ノ、 


の ゑ 




余? 

主ん 


し 

リ 


れ 


し 


ら 


へ 


1 4 れ 




り 


1 

レ 


•"K "さ ^ 


釘 $ 
す J ち 

、せつ 

m 


み 




機 2 

1伍 ん 


て 


た 

/ 、 


が 


ベ 


の 


町! 






»J? o 

^ し 


お 


く 




る 




し 


パ、 i 


1 い 


/ 
s 


絲を 
職 《 


夾《 
小 


し 


i (し 


打 1 


ば 


J4 上 


も 


刀 ど 


見み 


て 


路"^ 




し 


ム 


る 




V. 


寄よ 


り 


なく 

か 


怪ミ 




る 


立た 


曲 ま 


m< 

ttR ろ 




m 


人で 

ノ、 ど 


► ば 

働き 

& 




せ 


( 


ノ 


まし 


富 A 







が 


い 






あ 


于々 


* 塞 は 






す 


沃 f 


に 





ゥ 


问か 




股ら 


A 
ソ 




宙る 
早ま 


It か 









の 




近? 




く 




ど 





ヌん 


— {|£ 


返 * 


鴿ミ 


lit さ 


新え 




鬼 や 


超 ゆ 




角 




密っ 


ャ し 


I ん 


麵だ 


さ 


ノ 


近^ 


會 


山 f 


FH で 


にみ 


地ち 




if! だ 


け 


安 あ 

茶ん 


勢' きま 
い 










み 


來き 




似 K 


面? 




し 




KM い 






下げ 


の や 

V ノ 


ク 


トる 

丄が 


や 
に 


9 レ 


を 






1 


Mf 
c* 




■ J ん 


宿々 


さ 11 さ 


の 




る 


A 
ノ 


折 ま 




レノ 




j レ 




ぼが 
トぉ J ど 


內ま 


屋ゃ 


JL つ 


き 




中し 
千ば 





洒ま 




ソ 


力 > 


V. 


土 は 
5b し 


益の 




の 


^z> 


、 


=j ?ん 
入て 


へ 


は 




し 


A 
'ノ 




ら 


の 


百 ま 




目い 

SF^ ん 


t 


つ 


V ジ 


は 


f 

レ 




> 




■BS ほ 




壤& 


脇プ f 


階;: 




肥 4 


a ふ 

Q 


ほ を 
另ヒ' 


系 あ s 






( 


スけ 


dtz> 




れ 


く 


に 


名 を 


ク 


-4- 
1 


一 L 








\P 

C. 


は 


<L 


+も 


る 


お 




前ミ 


た 

手て 


ェ 


ナ 


本き 
普 ふ 


い 




•、f ち 

はか 




4b.3 
7t| 


妙 




に 


中お 


n 




人! ^1 


ね ゝ 




パ 
つ 


スぃ 


((に 






直 i 
年る 


國 1 


け 


の 


座 3 


は 


壬 も t 


め 

、ノ 






It 


+々 た 
ii け 


脇 は 

m 




のま 

• ^ノ 


t、j 




内き 


敷き 






し 

レ 




レ 


1 

レ 




JL 


i ど' 




の "0 


貸 か 


に 


開ミ 


曰 ひ 


四 L 






バ 




タ 




h 


ii ば 




せ 


3^ ぎ 


のき 


每ど 


わ 
5 や 


門 5 

1 J ん 






、 






b 




生ま 


ば 




披ひ 


に 


の 


搆カ a' 




m た 


BP き 


Al 


rj4 


o 


な 


の 






露? 


入 《 
込 こ 


家 や 


のへ 




ノ V 


A 

ソ 




Y^Z 


曰 ひ 


A 
ソ 


話 g 






の 


L 








R あ 
疋し 


)> 
K 


は 




なし 


下 か 


れ 


b 


ん 


線 g 


あき 

*f ノ 




目み 
兄 


ノ 


並き 
チみ 




夕"? 


古 7 
ェん 




安え 


n 




で 


に 


A 
ソ 






力 
/に 


^、孑 


込 こ 


Mi 


iia< 

は わ 





心え 


け 


ォし 

ュゅ 






o 




よ 




揃 5 


ん 


に 


にん 

V、 


午& 


し 


の 


人え 


鐡家 
槌 S 


風? 






ノ 


ga か 
Ha ら 


に 


n 


程 g 
近が 




ぎ 




收ぁ 


梅 i 

山 5 


見み 






少き 


にだ 


木き 


b 


辭 e 




4 ぶ 


入? 


の 


の 


へん 




し 


薩き 




o 


さ 


義ぎ 


時 e 


±? 


で 


貞 5 


音き 


か 
お ら 


の 




急 ^ 


摩 ま 






頃き 


の 


過き' 


m 






鉋!' 


^ も 


大!? 




件 1 




が 










it 


浮! 


? 


の を 


ゴ 


道? 




にし 




廊 t 




竹 g 


し 




崔 あ 

つ 


世よ 








直' を S 




な 


を 


下 か 




河 S 


げ 




る ま 


の 


神え 












ず 


通 ほ 




隆? 
三? 


< 


來 S 


は 


大 g 


士し 


曰 § 




し 






琉 力- 






客? 


さ、 


道? 


仲 ま 




m 


て 






し 


る 




Ml 


奥ず 


の 




間 ま 




m 


砥ビ 




< 




時? 




井る 


の 


渡さ 


人え 


E ば 
»^ 


に 


間 ま 


の 


の 



「ャか 揃で 能う 乙う C サ、 何う ど rJ ちらへ。」 

け ふ しゅじん はる * まへ み、 

これが 今日の 主人な 60 泰雄は ズ ッ窆前 は 進んで、 

た _3 ち こく f> や 5< やくしょ ほ 5 て $J 

「大き 遲 刻し ました。 少々 役所の 方で 手間取った もんです から、」 

さ や s SIS ひ ど あし はや ぁ&た を &i か 505 き、. & 

r ァ -左樣 で …… 今 一 足お 早い^、 貴郞の^^好な河東をか閬;^^入れましたッけ。」 

たし こど いた f 9 むし f> み, み、 あ > 

「をれ は惜ぃ 事お 致しました。 道理で 虫が知らせた S 見えて 耳の 穴 かむ づく しました 0, 

あ K せ み か t 'み たけ かほ せんちつ あ 9 がた & ざ 

「きつ い 合 鏡 です ね …… 鏡^ 云へば 竹 河さん 先日 は 有難う 御座りました o」 

「イエつ まらん もの …… -;^ 鱧で いたみ 入ます o」 



くち »3 & この どき ほや はくしゅ こ ゑみ、 ビ *-LV* たち ま C?C8 ひろ いで 

泰 雄 は 口 を 動かし かけし が、 此時 早く 拍手の 聲 3 元に 押 寄せて、 忽ち 三十 疊敷 ばか の廣 §1 に 出た 60 

てんき ど 5 上る かく お めし も そ lS> が fl3 だ び, <: ぴ けい おん もで S まてね ビ り 0C 

電氣燈 ばゥさ 夜を隱 して、 御 召の 裸 長く、 島^の 鬚す いたる 美形 二 寸 人、 袖お つらねて 今 手 踊 を 始めた 

どころ ぢ かで はやし つ t 'みおも一ろ らいきゃく さ,, せい ひげく ろ- 5V- かた きんぶち めが U 

處 地方の 聲 うつくしく、 « の 鼓 面白し。 來容 は總勢 五六 十 人、 鬓黑々 さいかめ しき か 方、 金緣の 眼鏡 か 

.5:^.5- し t し かみ きんだち の、 ゥ てん つやぶ きん ら 5e ん もく はつ ひ. S さ 3 ぶんきん e や しろ 

けた あ 紳士、 ブ ラ ッシ で髮を いぢめ た a 達、 腦 夭に^ 布巾 かけた 老人、 束髮の 姬樣、 文 金の 續樣、 白の 

まる a<b i まるまげ や. *. さう わしゃ 5 き ら めいち ふう ケ く あつ 6 ビ ころ > さ かづき もの あ ひだ 

丸 儲、 黑の 丸髻、 洋装 和 粧^. CS ませて、 綺羅く しき 明治の 風俗 乙 集めて 独ら す處 なし 盃 tt 其 間 



レ P あるひ あみ め で ee- もん t> はつば S し めん VJS- ま 

を廻燈 籠、 威 tt 巴の 字 IS は 網の 目、 蜘手 かくな わ 十文字、 八方 四面に めぐ ゥく て、 止る 處何處 か 知れ 

しゅじん まう け せき ふた S また ざ し 3 そ ど たちいで 

t 主人 は設の 席に 兩人 をゥ かして、 又 座敷の 外に 立 出. - 

たけ かほ みぎ さんめ を^ か. T-L や 

「竹 河、 右から 三番 s の は 中く 巧者に こなす ト やな S か o」 



B§;gs§...v.g-a;ia?g§§sgs388BBgs cB c gs JZ3ec, * 



風流 狂 言 m 玉 七 



風流 狂 言 記 五八 I 

こ 4- ゑ さ、 や はるを vif わら 

小聲 に!^ く 春 雄、 隆三は 笑; 3 かけて、 

あ. & もの ほ わい びん 

「相 か はらす 其方に は 銳敏だ ナ o」 

げ い ほ たん び e ゆつ しん つかま きみ を かく こくひ や. 1. か 

r ィャ 藝を譽 めた の だ。 isf に 美術 心ば か 6 の もの を捅 へて …… 君 も 中々 酷評 家だナ o」 

こど り 5 ざ 5 ぶ L 5a ふ 《> かへ その かほ み かれ ほ 5 み つ み 5& き はるを 

いへ さ 答へ ぬ隆 三、 不思議^ 振 返 ゥ て 其顏を 見れば、 彼 はさる 方 を ザ ツ^ 見詰めて 身 動 もせす。 春 雄 も 

た *<b もの ほ 5 め も、 ひがし $ r^ru B を も ほ 5 つく ひど ビし いま 

同じく 其方に 目 を 注げ は、 東の 窓 を 少し 離れて、 行儀よ く 座 6 たる 美しき 人 あ A>o 芳紀 は 十七 八、 今が 

はる さかり .& ろ もこ 4J ろ しろ は を ちゃ 5 こくし み さく h だ. S 、おが まん 

春の 盛な. o、 色 tt 底 白に 白く、 鼻 a 彫刻師に 見せて rJ れ ほ^の 作 はなし さ 云ぶべし。 第 一 我慢が ならぬ 

あい ふた かいめ S ん てん いのち 30 L 5 け. お あいき やう は、 おや ゆ づも& もの て、 おや かたみ 

a 愛く るし き 重 皆、 もれの 一 轉 きれ だけの 命 を 取る か 知れす 受 口の 爱敬は 母親の 讓 物 か、 父親の 筐か 

このく ちび る ひど しろ くに どん ほ かへ ほへ ぎ わ がんか 5 よこ はげ ふせ ?-ぃ つらみ みか づき を3 3 ゆ 

此 唇 一 ッで 城も國 も蜻舲 返. すべし。 生 際の 厂 行は橫 禿の 厌 勢なければ 連を亂 さす。 三日月形の 眉 は 

げちく くも あざ や ねが かみ て ぎ わ &. くわいむ も つや ^ろが み いや 

蜒蚰の 雲なければ 鮮 かに 拜 まれた 髮は 手際よ く夜會 結び して、 飽 しき 黑髮 なかく 厭に あら 

もんくろ、 いし や 5 ^1 や 5 くわん せみ づ あっさ 3- ぬ 3- L たが さね ね, & しろ わ w みづぎ わた 

す。 三ッ紋 黑銘の 衣装に、 裾 摸樣は 觀世水 を淡粧 さし、 練の 下 重に、 同し 白 襟、 をのう ちょ. 水際立ち 

くぴ♦4.^^をぃせん ね § はるを み また り$ ざ 5 かたみ .SJ5 め 5 &か 

たる 首筋 水仙の 根の 如し、 春 雄 a つくく S 樣子を 見て、 叉隆 三の 方 を 見れば、 * おに 目 を 動 さす 

たけが わ ひどこ ど. S きみせ こみ 

「オイ 竹 河、 人の 事 は 云 はれな S せ。 君 は 何處を 見て ゐる o」 

かた 5 いそ ふ © む ? r ざ 5 . 

いひながら y ッ el 眉 を 打てば、 jfa がしく 振 向く 隆三、 

「>1 …… 何, た。」 

ほか ひビ ftf は 5 f6< -0 ft-J を 

「さ ぼける ナ。 外の 人が 踊の 方 id 注目して 居る からい、 やうな もの、、 チッ S 嗜 むがい ゝせ o」 



「何 を 」 

「,u まかしても いけん。 僕 は 先刻から 觀 察して 居た o」 

さど しかた Si を か. (-び じん 

「悟られ 4 ^のか。 をれ では 仕方がない。 何う だ 中々 美人 だら う 



まづ 

^.^ »-先マ ァさぅだナ0」 • 

きみ ど かくてん から 

「けしからん。 君 は 鬼 角 點が辛 SOJ 

から いたお あ 3 

「てんが 辛け 6 ゃァ 鼬が 甘 5/ たらう o」 . 

「わ、、 、相 變らす 詰らな いと をい ふ o」 

この ほ 5 つみ よつ ほビ 

「此方が 罪が なく CN て餘 程い 、o」 

わせ w つ はくしゅ : ゑ また ふた、 わきいで らいき^ < S も あた ふた & みつけ や,, づ sitfw ヽ し 

iro、kl? ぎけ て、 拍手の 聲又與 び 沸 出た...^。 來 客の. H !、 新ら しく 兩人を 見 付て、 矢繼 早の 聲 五六 人 

くちつ s- . 

。口よ み賴 けさ ま は 一. 



r ャ竹 河さん o」一 



その さ 



さん、 其 後 は 暫く 」 

53- ゐ ひど けん 4J や 5 、 

「堀 井さん 一 ジ獻 上」 

t-tAS 5S-.S ぶ ね, y いで おもしろ みちくさ , • > > 

「$i さんが 分 a いか 出です ナ。 面白い 道草で もぁゥ ました か 

たけ か 《$J ^つば S この だい はい 

「竹 河 何う だ 一杯、 此 大杯で 」 



風流 狂言 記 玉 九 



風流 狂言 記 



六。 



i 1 々■ して、 sisf が i ぎ, お ■ 尸の f i て、 i のおき Efef £r、 

ほ SKS さか づき _<; た 

「堀 井さん.;^ 盃を 戴き まし やう o」 

\w^u3t§ おも a どころ お 上く さしだ どき 乙, 5 や & L^f 

一 ロノ 今 差. H や うさ @ つて 居た 處 、(猪口お 差 出して) 時に 今夜 は く 掏 趣向が さう ですな o」 

「あ. ます £ も、 乙れ からが 山です 竹 河さん 1 向上が らん やうです ね o」 

ど ほ かほ で はら こもかぶり み る 

一 ィ >1 S ゥもの通.<=^顏に出な5,ばか,0" 腹の 中は薦 冠で 満たされて 居ます olj 

は f つ つまさき み - ね.ぃ 

「腹 はか- でな く 爪先にまで 滿 たされる やうに 願 ひます o」 

; Js;^ U ぎ ほ 5 も ほ る をく はつ きふ e ん をん かた 

I 梅 山さん, あちらの 窓の 右の 方に 座って 居る 束髮の 貴婦人 は 何^い ふ 方です o」 

もばげ ど ひか、 ざ f しゅ じん むか ふ み 3 た ゝけか は み わら ひ ふく 

何氣 なさ、 うに 問 褂る隆 三、 主人 は 向 を 見、 竹 河 を 見て 笑 を 合み、 

「あれです か 。あれ は、、、」 

こど 5^ き <a たわら はるを くお 3fl だ 

言葉 を 切ゥて 又 笑 ふ » 雄 は 口 を 差 出して、 

5 め やま けた か a さつ. t- X ほさ:; 70 'しん fesj^s- よ も むか ふ みつ &.. L ert. 

「梅 山さん ◦ 竹 河が 先刻から 餘程 熱心で、 踊は餘 所に して 向ば か.. 見詰めて 居る < ^いふ 次第です o」 

り 5 ざ, ばる * およつ soy ら 上 けい こど かまつ き 5 め やま み わら 

隆三は 春 雄お 一 寸 睨んで、 餘 W な 事 を ふやう. 顏付、 梅 山 は 見て 笑; 3.} & がら、 

かた さいき や 5 むろ こ 5 ち だんしゃく れい t5 ゃミ この あ ひだ このお いで ft ど、 A 5 ばき 

I あの方 は sn 京の 室 小路 男爵の 令孃 で、 ツイ 此間此 地へ お出に なった のです 1 昨日でした か 乳母が 來 

は をし 3 つ こんけつ こん くち 《s-50 a 

ての 話に、 昨今結婚のロを求めてIffi^4:^取る3ぅですo」 

をる ほ SJ -ノ ひ. で. 

「ま ァ 成程。」 一 . 



お 上つ ar- ひざ も、 り <- ざ. はるを わきめ み &. -5 ざ 5 せ も か つ f; ゆ e ん ビ<ぃ くわいく わつ おん t や, 5 

1 寸膝を 進めて 隆三、 奢 雄 は 脇目で 見ながら、 i^ジ《隆三の背中を突く、 主人 は 得意の:^ 活の音 蘀で、 

たけ かほ のケみ I や 5 かい ろ 5 ど > 

「竹 河さん、 お 望なら 紹介の 勞を取 6 まし やう か。」 

9b おか づき わ t:i く こ 5 わ S ゆ - な,, 

「何う ど 、 、 、 お 知己になる の は 私の 光榮で o」 



「街く お 待なさい。」 ま., J t" ヽ. . 

S ひも ざ た しゅじん も々 び /しん もば おか み、 くち i&£ さ、 や , び じん . ^つむ ヌっ, .►iw k ま*^ 

言 捨て 座 を 立つ 主人、 直に 美人の 傍;^ 近よ. <>、 耳 i£ 口をつけて 何事 か 囁けば、 美人 は 打 向 S て 莞爾, X 

ざう み わら ど に,. CSS や S わく ゆい 3 はるべ は 5 t は ♦& 5 へっ^ - ざ *^ T つゆ- 

隆三を 見て 笑 ふ聘、 人形 笑 靨 今 を 春 邊の頰 に 寄せて、 花の 上.^ 露 もこ ほれる ば S6、 隆三 ttsf いて >? 向 

たばこ きう ふ けむ W 5 ち かほ かく L ゆ e ん ど& て 3 ねぎ 

き、 傍の 煙草 を 急に 吹かして、 烟の 中に 顏を隱 した. <yo 主人 は 遠くから 手招して、 

たけ か は およつ ど! iJM- ケ 

「竹 河さん。 1 寸 何卒 こちらへ o」 

ざ 5 L んざ. ゥ い 3 さら みみ X tj* ら たち かね ほる を i 5.L ろ つ こ ゑ .J ゆ, J 

隊 三の 心臟 今更の やうに 波. V 寄せて、 暫く * 兼る を、 寿 雄 は 叉 タツ ト後を 突 いて 聲を S はし 

はや ゆ , 

「早く 行かない か。」 

St* ね も ひき たちあが こ、 ろ きづか t ゆ e.^ Ik び s ^ 

いはれ て は尙 進ます、 乙れ ではなら す、 思 切って 立 上う、 心 氣 遣な ひがら、 ま 人の 傍、 美人 はは 離れ 

しゅ じん むか 

て 座 A 人 主人に 向って、 

をん 

「何です か o」 . 

>r 上び たて S5 お をれ い 3- いま あ をた たは をし で どころ おか づき を ま * , f た f 

か 呼 立 申して 恐 入ます が、 今 乙、 で 貴 郞の御 話が 出た 處が、 か 知己に 成. たいさ 申される 方 か 



あるので 」 



風流 狂 言 能 

'L u —-は = n LMK. HM -T^r r. 



さ 云 ひながら 美人に 向 ひ、 

rp さん、 こ % 方 v<;Tsr むた STIT 君んで、 pir 出しの im ぎす。 mf ^,のか方たはps& 

は &こ たっしゃ か R- か はまん ぴ たん ど, r き や 5 き いっか 5 ぶ あん を S ひき?! 1;^ し H;?!^ ► - I - ) 

花 子さん £ 仰 有る 鴨 本 * の 美人で また、 東京へ 东 てから 1 向不 案內 である からか 5:>廻 を 願; 5 たいさの 

こど 

事です G」 

、5, "! r C/Ta ま 9«sfcA. あ にせさ & べっこん こ、 ろ や も つ s- がね こも 

は Tii に ぎして、 州 i は i おして 軋 を 二度 下げた. -or 御 別懇れ、」 「お 心 易う、」 si の やうな 聲、 

の やうな^、 だ 1 動り て^ は、 しまらけ し^ II な. -。 座 ^ttsge. 亂軍 さなり て、 三々 五々、 鐡 

ぺ., J ^^Aff ?< たけ か は ゐ まわ ひビげ L ゆ f 

^^t. 1- げた さな 6、 さて は 百 萬 遍の阒 座 を 作- 'て、 竹 河の 居麵ゥ 人氣少 く、 主人 も S つの 間 は 

か を rJ を はづ して、 ik 人 差 向の 疊ニ 疊、 fO ゝ? てさ隆 三の 腕 は 鳴れ^ あ 心 は 旗色に おびえて 氣合を W るば 

力.. y 

&ろ こおら い で , 

「いり 頃 東京へ.:^ 出に な 6 ました o」 

き ね ? 6L ど , > . 

氣を ft くやうな 調子で 問 へ ば 

fs. かん 5. せん 3 ゐ 3 - 

「ジィ 1 週間ば か. 以前に 來. CN ました o」 

た. & てい _c けんぶつ > ) 

「モウ 大抵 御 見物 ました か o」 

か fi 'ケん を w< ほ 5 がく ま おが くらる、 

r ィ 1- 、 15 お 1 向存 卜ません まだ 折々 * 角 を も Si 違へ ます 位で 」 

& あん を. & .S た > > 

「チト 御 案內を 致し まし やう かピ 



ねが ひま. - 

「何う どか 願 申します o」 

ど 《 'ち か^! 上 ほ いで 

「當 地に かち かづきの 方は餘 程-:^ 出です か- 



もの ほか まる を じみ ^ ひませ つ 

「今度 初めて 來ゥ ましたので、 親戚の 者の 外 は 丸で か 馴染が あ. ませんで すから、 何う どか 隙の 節 はお 

は を, 



話に.; 5^ 出 下さい まし o」 



どき かほ しんく .V- め あ かっこ 5 ひげ を どこ 0i ゲぅ そば き 

此時顏ぉ奥.§^に染上げた三十恰好の髯男、 隆 三の 傍へ よ 2: けながら 來て、 

たけ か a きみ おさ こど およつ >i き 

「竹 河、 君で^ くって は 納まらん 事が わる、 I 寸來 たまへ サ ァ、」 

f ちょつ どや f .L ばら ま あど ゆ 

r 講は 一寸 用が あるから 暫く 待ち またへ。 直に 跡から 行く から、」 



「いけん 



きみ も. a- 5 をぎ や た、. 53 ま らち あ き 5 上 .5 きうよう おん e &v9f s や 

o 君の 直^ 釀屋 の!; I 《今 はいくら 待ゥ て.^ 將が 明かん。 急用お よ、 急 W く、 § 急用、 早 



く來 ない W 消えて なく, る、 評判の 玉 や^い ふ 用事 だ n レ云ふ 事 を 聞け さいふに 

«- や < 'て む り だきあ 

兩 手で かゝ えて、 無理に 抱 上 ぐれば、 

しかた ゆ K を 

「仕方がない、 行く よ。 放せ。」 



「ィャ いっかな 放さ^い、 » 生會の 時まで は 放す ij はならん 0. 



む ねん 



たけ か は は. * こ 



し もくさんむ 



む さん <づ 



,.^ろがみゎ^1乙*ろ 



無 今 § ながら、 竹 河 は 花 子に 目 鱧して 抱かれて 行く れ からが 話の 目算 無二無三に 崩され、 後髮 我心 



ひ み れんね び is わ ど W つ た び 5 ら .L5 ちゃ < こ 5 やく た * み を 

に 引かれて、 未練 帶 際に 取 付き。 足 © の K に 執着の 膏藥、 疊に 扱; SCN きたき 思な ゥ 

「サァ 連れて 來 たく o」 



風流 狂言 記 



さ 11 



に 卜, =^ I 



s 風流 狂 -w 記 .K 四 

お ころ はん ざ ? ん ><b か はるを ゑ が ほ A* のちお *Cb ら いま £5-5 ざ 5 ,てがた み 

< ^りか さ 下 k: された 處は、 五六 人 一 座の 眞中、 春 雄の 笑顔 も 其 中 k 並びた. 今隆 三の 姿お 見る よふ。 

せい わ <lyt くちびる を a B を こ & i«< 

^つ ^ー齊 になぶ 6 たて ゝ、 和 事師? あやか. もの? てんでに 唇 の 反 を かへ し、 花 子 を 名 さして 降东 

およく てき お ほせ いみ かた ひど 3- はじ さか づき ばい も ゑ み 、うち みんか. 9 をみ S い のち こ ざ 

る 猪口、 歒 は 多勢 昧方は 一 人、 - 初めは 觴 の 1 杯 も、 末 は 身の 内 に 眠 江の 波 を 打って、 命から く此座 

き S- ぬ あし もど もい がん S せん せき み. は を こ ヒ かくよ ひ/ C 、ろ くる 

を切拔 け、 足元 はよ るく、 醉眼^ K? くさ H;? 前の 席 を 見れば、 花 子 は 最早 居ら卞 へ 觅角醉 心の 苦しく、 

ざ fl き い ら ろか ち « たせ み &み に は Lf めん み はんさき く C S たき な £>,5* い わ ね どづ 

座敷 を 出で、 廊下 を 千鳥に 池ゥ、 南の 庭お 正面に 見た る 綠先は 求れば、 掏の 間の 瀧の 音 細かに 岩 を昔訪 

こ いし 5 へ をが みづ つき さ、 をみ ほたる ふた い まあし ほかげ をが み 5wO し た ゆ つ よ 

れて、 小石の 上 を 流る、 水 月に 漣 をう つし、 S ニッ今 葦の 葉 影よ 6 流れて 水際 を 慕; S 行く、 S の 夜 は 

.J や 《 'び ふで. at ら まゥ こづね み かせ まつ ら, B $ み かせらん .WS- もど 

凉し きを 賞美の 筆頭で」 して、 fe の棺を 見れば 風 にあ ゥ、 蘭の 葉末お 見れば 風 蘭に. Q.O、 乙れ を 襟元に 

L Lf ひち 3 くら 5 た、 ね ゆめ ぬめ み、 もど びみ と ゑ 

をよ がして、 知ら 卞く 暫く 肱 枕の 轉寐 せし J^、 夢 か、 夢 あら 卞 5 元に 微妙の 聲ぁ て、 

あ を な かせめ 

「もし 貴郞、 風邪 を 召す €s けません o」 

A を も ひら をば はも こ #4. がた まんめん びめ あつ こ &> たみつ ^ S 5 つく て 

微かに 目 を 開けば、 傍に 花 子の 姿滿 面の 美 を 目に 集めて ザ ッさ 此方 を 見詰めながら、 素直に 美しき 手 

S5 ざ 5 か H ね しづか ゆ g を こ ゐ > ざ,^ 

を隆 三の 脣は 置いて、 靜 i::: 搖 起して 居た. 隆三 はダッ € して はね 起き、 

さ おもれ い X あま くる 

「オタ 乙れ a …… 何う も 恐 入..? fi50 …… 醉 つて 餘ゥ 苦し S もんです から、 ツイ …… 」 

みづも つきあ, > > - 

「まだいけ ません か 。水で も 持て 东て 上げましょう か。」 -IT.. ^ 

^sft ケん をん あ た ぃで< だ 

「有 離う 存卜 ます ィュ、 乇ケ 何も も あ 6 ません …… 貴孃ゎ くお 出 下す つたので すか o」 

あ をた f い かへ^ ^ » fe も 

r ィ-ナ 11、 貴!^ が こちらの 方へ 入らし ゥ たき か 歸がぁ 6 ません から、 何う かな さゥ C しな. S かさ 思 



to きで 9 

ひまして …… 實 C 氣掛で …… 」 

S-S ざ 5 さ をん こたへ ほ 3lJ ね I こどば L 

隆三 は^ やめ を 刺されて、 何 さも 答す る 程の 價値 ある 言葉 も 知らす やう),^、 

「をれ は 何う も …… 」 

「あちらへ 4^ 出に な AN ません か o」 

まゐ 

r 參 まし やう o」 

み がる たちあが あし も 

身輕 さう に 立. rHy しが、 足が 座 はらぬ か、 ふら J さよる めく を、 、 

「ォ やか 危なう 。」 . . 

て ^ や だき ど どき f ひや 5 し かさ >& あ て サイ X ンス わ ねん でんき e-5 ざ $ こ、 ろ おき 

丰 早く 抱 止める 時、 折 か、 柏 子 か、 チッさ 重 合 ふ 手 …… 理學 でも 分からぬ 艷電氣 …… 隆三は 心の 置 

どころ し ざしきつ らいきゃく み & かへ あど のこ ほ 5<_0 .SSL ゆ じん さしむ か を w&y> 

所 を 知らす。 やうく 座敷に 着けば、 來 客は皆 歸. し 跡、 殘るは 堀 井ば か .0、 今 ま 人 € 差 向; 3 て、 何事 

こ & ね さ、 や る 5 め やま ふた 5- み 

か 小 聲に懾 き 居た- 梅 山 ハ 兩人を 見る ょゥ、 . 

いで ど. J ろ ちょつ どみ ちゆき い もがた 

「や。 か 出な さ い。 さう した 所 は 1 寸 道行 さ 云 ふ 姿が あう ますせ o」 

はる * 

春 雄 もす かさす、 

「僕が 一 ト くさ 獨吟 をゃゥ まし やう か。」 

ぁ&た ほんつ W がね こわいろ ほ 5、 

「ィゃ 貴 郞には 本 釣 鍾の聲 色の 方が はま. まし やう o」 

たけ か は いま ちゃ どころ S つぶく. &か 

r ハ、、 、o 竹 河さん 今 茶 をした てた 所です、 一 服 如何です o」 

風流 狂言 . 六 玉 



風流 狂言 記 smulsl 六 六 ill 

けっか 5 いた S- 

「結 搆、 戴き まやう o」 

P やせんい そ さつ ちゃわん を か 》> れ もい & ぶく こ 、ろ 《fc ^た あ /5 タ a > , ^^^t^^ . 

間#.^&く茶宪急がしく、 颶^ 茶碗の 中に 時雨して、 醉 後の 一 服 快よ く 腠 を 洗 ふ 折から 栴山は 布巾 を 

絞 6 ながら、 

どき み を あ を はお や 5 か K びら き けん. w つ も •* み いか 5- ほ 《-& 

「時に 皆さん、 明日 は 日曜で は あ. o、 川 開です から、 見物 かた. t 鈉凉は 如何です () 堀并 さん は *-論 御 

f い くだ は を 乙 めづ せひ & らん たけ かみ せ 

同意 下さる だら うし、 花 子さん は趁 らし いから 是非 御覽 なされなければ らん。 竹; £ さん 何う です。」 

つど のケ どころ よろこ & SJ5 はん ねが 

「尤も 望ひ處 です。 喜んで 御 同伴.^ 願います a」 

ほ を こ いで 

「花 子さん. ij^ か 出な さるで しゃう o」 - 

ね el 

「御 邪魔に さへ な. ません ければ 」 



「をれ で 話 は 極った。」 

ひビし 

r 1 ツ. め まし やう か OJ 

ほ S-& を かど ほ > 

「掘 井さん も 中く 通った もんです ぬ .0」 

は を まほ^ をつ よつ き ふ むかひき t„J ffi かへ もの ほか はる ほ 3- & さ, v-s た つ *• い 

話す 間 程なく、 夏の 夜の 月よ. 更け 4- め、 迎來ゥ 花 子 は 歸れ は、 其 外に 春 はなし、 掘 井 を 誘 立て ゝ續 て 

げんくわん たち いづ & 5 ざ, 5 むか ふ み S** もん かけ いづ しゃ e や 5 a を こ おもて が もど.,' をが た て よこ かほ びん 

玄關に 立 出る 隆三、 向 を 見れば、 今 門を驅 出る 車上の 花 子 表の 瓦斯 燈パ ッ ^ 姿? 照らして、 潢 顔に 鬓の 

ろ ざ 5 こ ゑ ふ りかへ み あ かほ ゑ <» ぴ e ん 1«<.&ん as ざ 5 このみぎ W さ ど 

ほゥれ お見せし が、 後に 隆 三の 聲 に。 振 返 て 見合 はす 顏笑壓 は 美人の 極印 さ、 隆三此 時に 悟りぬ。 

2 、 



ゥき ^らく も 5 ち 53 む ひど いぬ こ ゑ あど ばんしょ うし くわ. & &ど たけが わけ まわ & こビ さら しづ 

月 は 西の 叢雲の 中に 眠 4 て、 一 し.? 犬の 聲の跡 は、 萬 象 死灰の 如し。 竹 河 家の 周圍は 殊更 靜ま か 

まお か *J たてば きゃくまち ちゃ ちおん み よろ づ上 ばし よ あきび ど よびこ ゑ か K みづ mj- ほか * よ 

へ. CN て、 町の 角の 立場に 客 待の 提燈も 見.^ す。 萬 世 橋の わた ゥ J^、 夜賣 商人の 呼聲川 水;^ 響く 外 は, 夜 

3 わ S- ひや. 1f>5s, どき. t き あ ひだ きら ほし かげ.. -づ よ t も *• かゆ; B 一 あ ひ 

廻の 拍木 時々 消え わたるば か..^、 をれ の 間 a 輝めく 星の 影靜 か^ 夜 を守ゥ て、 i ほしき 風 張 合な さ、 う k 

ふ こり どき ひどり ゆめ み & 5 ざ 5 へ や よ ひ も かや &fi 

吹く。 され < ^此 時、 一 人う ゥ、 の 夢を見る 人 あ. 9、 隆- 三の 部屋 はテ ゾプ甯 のま、 に 燃えて、 蚊帳の 中に 



- —う. < て .S3 や も さき ほ& むめ や S い へ いで .< る J» ?' へ へや 5 さ まくら もど みぎ ひだ M- はる 

画 扇の 手 未だ 休まら、 T、 先程 栴 山の 家 を 出て よ 6、: 車の 上、 部屋の 中、 さて は 枕元まで、 右に 左に、 花 

こ がた はら さ み 上 こめ ふさ おもかげ ビ W つ みゝ も-^ た.^ ひ こ ゑ 

子の 荽は拂 へ^も 去らす。 身は撗 は、 目 は 塞ぎ » がら、 あ <>く 面影に 取 付かれ、 耳の 底に S の聲 あ- 

われ も yj よ y# し だい ど けい * &る し ある どき も や めの まへ 5 む やま t ゆく ゑん 

て、 我から 求めた 夜伽、 次第 k 時 針の 鳴 を も 知らす 威 時 は 雲霧の やうに 目前 はおら はる、 梅 山の 祝宴, 

ほる * てい、 ち そ ち たち ま は を こ 《* せち か 上 W か、 ど a- かへ ざ わ ゑ が ほ 

春 雄も貞 一 も其內 にさ まよ ひしが、 をれ は 忽ち 花 子;^ け をされ て、 窓 近く 倚掛 し 時よ. <y、 歸 際の 笑顔 

6 ねんぶつ こ 5 ひ なを <0 かへ か 53S- L , はて われわれ 

まで 一 ら rc す 8=<?51 佛講の 六 字 = 同 卜 やう.^ 綠 返して、 いつを 限 さ 知ら さ. <y しか、 果は我 さ 我 

を 笑って、 - 

たも をん こ VJ ひど & おも ど- ろ を K およつ ど あ I 

「ァ、 モウ 思 ふまい 。何の 事 だ、 つまらない、 一 人で 思 ゥた 所が 何 i:^ なる もの か。 一 寸 遇った はか ゥでー 

fc は をし われ こ、 ろよ わ けっく わ .<5 さ 5 み きざ たの 

少しばか.c^話をした>けで ••:: ァ 、我な、 がら 心 弱い。 結果の な S 空想 は 身 を 刻む 斧お OJ 

り 《. はら しんがん ふさ ね あど わき いづ みづ こけ した 

&惱拂 ひのけて、 心眼し つか V」 塞ぎし が、 寐られ やう か、 よ 6 沸 出る 淸水、 SCN か 苔の 下- 

し A L 5 ち .< ^がチ 1 プ み を でき 》i よたい めん こど, < 

「然し ァノ仕 打 …… われ を 消極的に 見做す とが 出來 やう かおが …… ー初對 面の もの はもんな 事 か …… けれ 

CI ふかしぎ $ はや. L た * あ した 

も 云 ふ もの は 不可思議な もの だから …… 何に しても 早く 親しくな 6 た S もの だか …… 明日 = 



風流 狂 さ r 能 六 七 



風流 狂, 記 六 八 

明日 は 全力 を盡 して 一 ク情 遊の 船 故 を 味って Si 几 やう か。 をして,^ しく % りて、 J^i^TI- したら、 1^ 

, 、^卞 >t い, -、 * ゆつ. i ん * , たれ この &ろ のケみ み しか だん しゃく fl や 5 ち お, t 

お 介 を 棘んで、 結婚, …… さう すれば 己の 此 頃の 望も滿 たされる。 然し 男爵が 知 をし やう か。 己 

の 才器、 性質、 位置、 職分、 こん ,}^> もの は皆 調べられる だら う 花 子 して 輕重は 1; か、 ャ、 少 

し當 らん^も 知れん よし./ \ 其 内に I ッ名を 出す と を やっての け やう ::: を 乙で 首尾よく 貰ったら、 

其 當座は 何ん » 烕覺 だら う。 …… ハ 于 f ム 》 'ソ。 西洋 流に 旅行が ぃゝな …… ァ、 辩^ は、^ くで あら 

► > 3 た をが あ いだ 

うか。 叉 は 長い間 か。」 

^ ) . き" こ、 ろ こま 3 た ひき かへ 

想 ひついけ て 乙 、まで 來て、 心の 駒 は 叉 引返し、 

1 さき こど あした Jly ,こ VJ あ fj た 

I をん な 先の 事よ 6 も 明日の 事、 ァ、 明日 は o」 

PC あした こ、 K- む f つし だ び .ft も aj お げんど5.ま^50 

まだ 炅ぬ 明日 は 心 力 向く ま \ に寫 出されて、 二人 は 首尾よく 思 ふ 同士^な .CS しが、 幻燈 叉 消えて、 

た ど たれ さ ばん ゆく わい ゆ 

一 を rJ で 夫 さしての 己 は 何う したら 一 番偸 快に 行 くだらう o」 

r^^^^^^LU > i , を は たち かへ *<b み こど f ゆく ねん e や. r ゆ 5 か は びら き 

此 研究 は閽の 夜の 鐡砲 ほ^に 終, o- て さて、 立歸る 波の よるの 事、 祝宴 さな, 9、 情遊s.f^b.c^、川開.yJな.o、 

1 . 、は K どき i る かみ ど たさ たも ひ ゆめみ の 

花 子の 姿 はか. な .0、 果 tt なた くになる 時、 夜の 祌に 取って 押えられ、 思の 夢見に、 乘る やゆら ゥ 

t らか はよ ふね 

白川夜^! 

ふ どめ さ J ひがし L や あさひ め ぁさi^**«,s- だま A へころ 2 くら もど 

不圖 目お 覺 せば、 東の 障子に 朝日 目の くら ひは^ さして、 朝貌 賣は默 つて 歸る 頃な. 00 枕元に^ かれし 

しんぶんし 上 だん よみ をが f たばこ どこ た み けム も 

二三の 新閱 紙、 13. 常 は 乙れ を讀 流して、 三 服の 煙草お 床の 中の 樂 させし が、 今日は 乙れ に 目 も くれす、 



t ,々f どび お あは かほ あら S が ひろ やわん < ち まへ を か みづほん ぶん 

夜具 はねのけて 飛 起き、 條 た^しく 顏を 洗へば、 嫩茶碇 口につ けぬ 前に、 中の 水 半分 はこ ぼした Z 



一 ? l^i た こ まづ かひ 

れは 何事! あきれて 立ち、 小間使, 



めし はや 

「@を 早く、」 

L か L たくべ や かけこ $ か 4 'み 3 へ こど をが て S ど かみく し 

叱る やうに いひつ けて、 支度部屋に ffi 込み、 直に 鏡の 前、 乙れ は 事 か は. て 長く 手間お 取る、 髮に 櫛の 



パ, 7. ■ , * ほ さ さ あた 3 わ を ほ くろ あや fsv l/i-M 

齒 退屈す る 程 あて、、 一 一度 頭お 分げ 直し- 黑 絞の モウ 1】 シグ、 白 リシ 子 かの チョッキ、 いづれ も 新調の 

ほ 5 か 4. み さ 5 だん み i せんげった ち ば 5" い おく さいわい はで さ 

方お 鏡に 相談して 身に 纒; so 先月 叔父が 巴 里よ. 送. し ダイヤ モゾド の ビシ、 乙れ 幸 さ 華美に 揷し 

5- でた ちみ でビ i. かた あさめし も々 a し を 5J けいみ どきれ い を どこ ほ ゐ はるを はや 

て、 出立 見事 終. o、 形ば か 6 の 朝飯、 直に 箸 を 投げて 時 W を 見る 時、 例の まめ 男 堀 井 春 雄 早く 乙、 は 

お どづ 

音 訪れた. 00 • 

1 したく はや > け ふ きみ だいき つば 5 もた き 

「ャ、 支度 は 早い な。 今日は 君に 一 大吉 報 を 齎らして 來た OJ 

「何んだ。 いきな. o、」 

め やま 5 ち よ はも こ こどつ S 5. ろ こどき き 

「今 栴 山の 家へ 寄って、 花 子さん の 事 付て 種く^ 事 を 閬 S て 來た o」 

きみ 1* か たも ひや ふか を ビ こ き < 

「君 も 中く 思 遣ゥの 深い 男お。 聞いて 吳れ たか。」 

ふか かる をぎ &た あさ f- きみ ため おも き 

「かも ひや ゥ が 深い か、 輕 刀が 淺 いか 知らないが 君の 爲さ 思って 聞いた。」 

「を 乙で 話の 模樣は …… 」 

ほ *&こ ぶん き や うい く f がく じゅつ ほ 5 ゑ か あばた ヅ つら てん 5 ち ころ ほか 

「花 子さん は 十分な 教育 を 受けて、 學 術の 方 は繪に 書いた 痘痕面で はない が 點の打 處も無 so を こで 外 



agggsawanrtrgr き ir;_-Laa 8sg3gES!s g. さ WSF5ju8.-1g.-a,SSVA"ags,? ノ --rjcgvl?v;saari 



風流 狂言 六 九 



1^ 流 狂言 記 



—雪 3 3-—= — - ― l= = lii 國| :i li ! 1, 1 を ぷ CJ*C is 

の點 はさ 何う か 5 ふに、 09 ト; I;- いふ やうなら パ ッ さした ので は そって、 婦人の きべ きもの 

は^り まらん 鋭まで こも 仏 わて ^5 る。 をれ から ひ f.- 一、 酽" m# 特筆大書 してい、 事が おる。」 

「i ピ rw ふナ。 間いて 見る さたね S も 無 S とだら う。」 

「ィ 、 ャ菅 J い、 ま 知 f がい、。 r 子さん はは^く sr わ 別 かれて、 粼& はお あぎの 性質で わった?、 

C - け』 か せ 5. がく じっけん あつ ばれな ssa 

か 家! g あ f だ や; -なく B^siit て、 十五の 年 t 十八の 今日まで、 家政 學は實驗 で 夭晴奧義ぉ 

g めて ゐ 居る。 れ? p さんの £m で、 ぎせ 世 ysif るけれ^ fnKS^. 

00$^o ftf<0f$K 醫, にくき まつで i ふと £な替, リ i -、 泣く 事が 大嫌 

だ。」 

ひ ど ば か > > 

「方 ィ 人 を 馬鹿 する 务 o」 1^40^ 

r;f たまへ。 、ノコで f S つ &が懇 の f r て i したの をた田 おはせ て。 ^al 

&めゃ »• をん い 1 

「^山 は 何も 云った o」 

き はるを をち つ 

せ はしな く 聞けば、 春 雄 は從容 いて い きみせ き 

? SFf b^po さんが ib なら SI ずよ r やうと 云り た。 f うだき 氣は わ 



るかない か 



たけ か B むね ss さら S くだ みづか あ 

竹 河の 胸 今更 云 ふ も 管な ゥ。 自ら も をれ さ 明けて はい はす。 

い づ f f め $ 3 » 

「をれ は 何れ 話す 折が わる。 梅 山 も 待つ てるおら う、 行かう t やな S か 0, 

いそ C かん はや 

「ィャ 1 一 急ぐ ナ まだ 時間 は 早 S 、」 

「でも 善 は 急げ, た OJ 

£ ん あど 

「椀 は 跡から か o」 

こど S ビき け ふ e かん » く 上 ほさき ちゃう 

「をん な 云 つてる 時で はない 。今日の 將間 はまに は餘程 貴重お o」 

こど L もん » く まか 

「せいて は 事お 仕 損する。 マァ 僕に 住せた まへ。」 



< ゆ はるを 

ゆうく 煙草 を 曛らす 春 雄、 隆三は 堪らす 

»< さき ゆ 

「僕 は 先へ 行く ど o」 

たちあが はる * てね さ 

立 上れば、 春 雄 は 手で 押える まねして、 

t み も か かんち や 5 S < 

「マ ァ 待ちた まへ、 三十日に は 勘定. する から 待 ク て吳れ o」 

そ ひどき ふ. 5* さつ あ はんぶん からだ い ね は ST ま さだゆき くんむ か はき び つき か!! KM だ 

其 時 襖颯も 開いて、 半分 體を 入れた る 大沼貞 行 君 昔ながら の面跑 付の 顔 を 差 出し、 

「梅 山さん, が か出に^a><.^ましたo」 

ゥ J- い V く 2 'め や 3 ていいち あ £ L だか たれ S3S-5V?9 «&-c け ふ みちん き や 5 ふ. 5 は 

縝 S て 入來る 栴山貞 1 、 跡に 從 ふうは 誰? 今隆三 をせ き 乙 ませし 花 子な. CN、 今日は 微塵 京風お 離れて、 

b. み tSJ まへ f まだ ど 《- あ き t の めし は .fca ね び ほんこく. KW- み. S つ HI で f- だ さわ あ ふ 

髮は江 m, 前の 島 田に 取上げ、 着物 はお 召の 棒縞、 帶 は本國 織、 身 一!i い 華美に 仕出して、 觸 らば れる 



風流 狂 言 , 犯 七 1 



^ よ,^ Ifg— ば ぼば .5:^ ズ t ^ -に JLTf^fnrfif は 



1 ^流 狂言 記 I 七 二 

あいき やう せ けん た ひ ゆ. 9 づ もの いれもの ねき ほ s-a ふた q 



ほ.^ の 愛敬、 世間に 魂 の 融通 物 わらば、 かゝる 入物に いれて S つまで もさめ て tt たし、 堀 井 は 雨 人の 



あいさつね わ ま 

挨!^ 終る を俟 つて、 

たけ かわ ま. & 

「竹 河。 乙れ だから 待て さ 云った の, た o」 

「然し 君 は 只 待 て さいふ か ら譯が 分らんだ o」 

こ よ ひ かね あいづ S ほさ お ほげ 5 こど た t.3 S . 

「だが 今宵 五 ッの鐘 を 相圆に £ 云 ふ 程の 大業の 事で もない から 只 待て さ 云り たの だ。」 

s め やま «• や 5a ん み れ. S ほ ■ ていが ほ さしだ 

栴山 tt 兩人を 見て、 例の 布袋 顔 を 差 出し 

£ こち g どが わし まん を か は S やく わた. 》 こ をた 

「飛んだ 鍇 咎めです ナ rJ 、は 私が 眞 中へ 這 入る 役 だが、 をれ は 私よ <y 此方の ほうが 

は を 乙 ほ 5 ゆび はるを こ ゑ 

花 子の 方 を 指さして 云へば、 春 雄 tt 整の 下よ As、 

た. J 5 で 

「をれ は モウ 俊 かな 腕です もの o」 

$J いた L や 5 み L び クく& 

「何う 致しまして …… 正咏が 知れる さ 叱 驚なさい ます」 



S-5 ざ 5 ふ. J ぎ み 》• 

隆三は 不 思議 さう J^llL 人 を 見廻 はし、 



をん は をし 

「をれ は 何の 話です o」 

<- め, ゐ め みあ わら はるを しづ S-5 ざ f むか 

梅 山 * 井 は 目 を 見合 はして 笑 ふ。 春 雄は靜 かに 隆 三に 向 ひ、 

きみ e つ むろ こ 5 ぢ だんしゃく れ SC や S は * こ , , & &- も 

「君 實に室 小路 男爵の 令嬢 花 子 さいふ もの か. S ^りて 居る さ 思 ふの か • 

» せ 

「何故?」 



け 5 か.! S は1* こ みつむ ゑ < ほ かたよ 

怪 有な 顔お して 花 子.^ 見 詰れば、 乙れ も 笑 靨 を 片寄せ て、 

さくや かた い ひつけ どめん かぶね じつ わたし せ か はきく わ «»5 み. - ちく やくしゃ 

「ァ ノ 昨夜 はさる 方の 云 付で 飛んだ 假面を 冠って 居りました が、 實は 私ば 瀨川菊 枝 さ 申す 未熟な 俳優で、 

乙ん: fU & た らち の ほ らいげつ かい 3- や 6 ざ L ゆつ きんいた ^ を a ぶんな ひいき 5 へ ね ひきたて くだ 

此 度御當 地へ 登. まして、 來 月から 改良 座へ 出勤 致し 1550 何う ど 何分 御最 負の 上、 御 引 立 下さる や 

う k か 願 申します 

ァク トレ タス 

「女 役者!」 

ざ. 5 め みは L ばら そので く SJS み 5& 

隆三の目は見張ったき-c^、 暫く 其 ま ゝの木 隅の 坊、 身動き もなら す。 

5J ひど 

「何う です、 一 ッ かつがれました う o」 

f め や; W ほ a> ゐ ふた a をろ 《» た あた . たか わら ひ き かしら このぶ たい f L^t たけ か はり 5 ざ <• 

梅 山 堀 井二 人 揃 CN て 叉 新ら しく 高 笑、 rJ れを 木の 頭 さして、 此舞臺 は 幕 にすべし 笑止 やな 竹河隆 三、 

上 ひどよ お. * ひ みだ むね 4J やう ゆう けっこん け ふ いち as もくろ み のこ あほ 

夜 一 夜の 思に 亂れ て、 胸 を 乙が した 情 遊、 結婚 ハ 于- 'ム -ヅ、 さて は 今日 1 日の 目論見 も、 殘らす 泡の 

き ぃ.ま さら づ つ ,5 か fsl み ろくしゃく ひ 3 ん ね, r- を どこ こ ひ. we た i 'ひどく ち ほ, 9 やき 

やう;^ 消えて、 今更 頭痛 を 記 《,^1 に、 六尺 肥満の 大男、 一 1 十四 歲の 戀- 初めに、 只 一 口で 頰を燒 きけ ゥ。 




田 川の 秋 七 ra 

® 隅 田 川の 秋 田 山 花 袋 

ョ 、 

や 5 しゃ & ひど の ,7f かいお- 5 た *• よ 5. きょ をみ, ft を ) むかし 

用捨 無く 人 を 呑みて、 渺茫 たる 海中に 漂 はさ ひさす る 浮世の 波 ほ.^、 げに 恐ろしき もの はわら. 昔 は 

や ヅ ばん あるじ K f>s. き や. り iJ や 5 ゆだ しかげ の g まわ み ぶん 々ゎ-- わい な ど かくお も 

槍 一 本の 主 もて、 ニ州檑 上、 優 かに 鹿 毛の 馬を乘 廻した る 身分な れ^、 瓦解 後 tt、 鬼 角 思 ふや ラ なる 

こど は くしゃく ま 々ち 5 らだ を まひ いま か は つきかげ * &が よ よ あんる. S か K ひ 3 

事 も 無く、 果て は 九 尺 間口の 裏店 住居に、 今 も 變らぬ 月影 を 眺めて、 世 か 世なら ば さ、 暗涙 乾く 隙な き 

ばつろ か を よしだ るが のかみ みつあき い くわつ ばんいん さつに よ L 上 < か 5 おちぶ t C5 さか 

末路の 悲し さ。 吉田駿 河 守 光秋 さも 言 はれし ものが、 活版印刷 所の 職工 さまで 零落れ て、 五十の 圾は、 

こ からだ .S ち あ esji e くれん ろ 5^ う ふく くる ひど W む もめ ひど, み を だ 

S うに 越えた る身體 にて、 1 日 十二時 間の 勞 働に、 服 さね はならぬ 苦し さも、 一人 娘お 人並に 養育て た 

つが ひ 上 ^1 ち を ふし あはせ $j こ せんげつ 《 

きば かう の 願に、 この 世に 生耻辱 かきて 居. しもの を。 不幸 £ は何處 まで ゥ くもの ならむ。 先月の 二 

つ か あや 0* みぎの 5 で ;y ん いま S わがみ ベ 5 き あは , つま む もめ 

十日、 誤ッて rJ の やうに 右腕 を 損じて ょゥ、 今に 治らぬ 我 身の 痫氣, ss> 哀れなる 妻 や 娘に、 あられ 

flA ばいか ふ ビん S きょ 5 みほ -i や s>e き あたま かみやせ 

もな き 心配 懸けて 亡、 あか づきた る蒲圑 に、 つくく も 浮世 を 倦 果てし か、 正直の 頭に 神 宿るな^、 は 

は をし をつ も あき 3 かみ.^> づき むらし ❖ れ た わ ま のき K な どづ ころ あさゆ ふ しんかん 

あてに はならぬ 話 どかし。 夏 過き 秋 去 ふて、 神無月の 衬赌 雨、 絕間 なく 軒端に 音信る、 比、 朝夕の 新 寒 

はだへ し ベ ski ん まくら ひ 3 し たも あ か ざい こど Ji-il-s- つく かいほう を C L るし を .S3 

肌に 浸み て、 病人の 枕 日增に 重く、 有. もせぬ 家財、 悉く 寳盡 しての 介抱に も、 少しの 効 無く、 今 はさ 

あさ こどし es- ろく む. * め まくら もビ 上び 上 をん を みち もの、 ふ みち をみ だかた て をん あいかたて ピきき 

いふ 朝、 今年 十六の 娘 を 枕元に 呼 寄せて、 女の 道、 武士の 道、 涙 片手 恩愛 片手に 說 聞かせて、 . ^の やう 

ft ちぶ i しだ をけ が こど L ゆい. U ん かたみ そのよ ひき^ ビも 

k 落魄れ て も、 吉 田の 名お す やうなる 所業 は、 仕て くれるな さの 遣 言 を 形見に、 其 夜の HF 潮 ど 共に、 



か を かの よ たびだ 

悲し や 彼 世へ 旅立ちぬ。 < 

あど のこ た fe- こ 1* きく づを い ま わい の ,< おく V きりょく を きん じょ ひど を a 

跡に 殘. たる 母子 は、 いたく も 泣 崩 折れて、 今 は 遺骸 を野邊 送せ ひ氣 カ^ても 無き を、 近所の 人々 に 何 

かれはげ よさ. & & み Ss< あ ひ かね はら はた くひい よ さむ ひどめ ほ! を f れ S もの 

彼^ 編まされ、 餘財も 無き 身の、 入相の鐘し みく^ 腸に 喰 入る 夜寒に、 人目に か ゝらぬ 程の 葬 禮の物 

さび & た 3 さケ む ねん た u むか. 1 し は、 を や e つく わい こ、 ろ を か& かき をみ だ よ ほ 

淋し さ を、 C き 靈に嘸 や 無念に 覺 さるべし S 、昔 を 知れる 母親の 述懷 k 、心無き 興 丁まで も淚を 濯し ぬ。 

ちから たの つ ゑ はしら 5 し を しょく もど てだて を あした き 々わ ねち い ふ 

されば、 力 さ赖む 杖柱 を 失 ひて、 食 も 求む る 方法 も 無く、 明日よ は、 みすく 飢餓に S ら むさす る 母 

た 5- ね も ひど ^< み *5> これろ ど$ ひビ しんそこ ちから く を や こ 

子お、 あはれ^ 思 ふ 人 も 少なから され^、 皆是 路頭の 人の、 心底よ ゥ 力に なゥ て!; S< る、 もの もな く 母子 

ひヅし おんし &ど ふ けいき 君 びん ゆ,!' がみ あし ねヅっ がた ど、 さま & せんこ 5 あげ ひ 3 & 

必死 さな ゥ ての 賃 裁縫 も、 不景氣 の 折^て、 貧乏神の 脚に 追 付かむ こ^ 難く、 c 親 は 御 線香 上る 隙 も 無 

む. * め つね つぶや 

レ£、 娘 は 常に 獨言 きぬ。 

をが つきひ かんべ 5 つか は、 まさ さんしちにち ゆ ふ々 れ をん こ、 ち まくら つ 

まして 畏 の 月日の 看病 勞れ か、 母の. 政 は、 三七日の 夕 墓よ ゥ、 何 さなく 心地す ぐれぬ さ、 枕に 着きた 

L か **>L み L む. A- め しんぱい ひど か だ は、 を やまで こど い 

るに、 死^ S ふ 悲哀 を 知りた る 娘の 心配 は 1 方なら す、 母親に 迄、 もしもの 事 わりて はさ、 か のれの 衣 

f^iL$ を しげ しち い ほ ど ほ し たや Kf- くろ もんて <- た い しゃ さつ たの あさゆ ふ 

服簪、 等 を、 惜氣 もな く 質に 入れて、 程遠から ぬ 下 谷 西黑門 町の 多 田^い へる 謦師に 診察 を赖 み、 朝夕 

もの やさ かん ぺ 5 いちじ くわ. S ほ *> ね もむ ひさ まへ むね つか か を." み せ. S こん S3 ^ &y つか 

物 優しき 看病に、 一時 は 快方に 趣き たれ.^、 久しき 前よ 6 胸に 碍 へたる 悲哀に、 精魂 今 ハ名殘 なく 疲れ 

し &ど て ど ^1 L £ どで き 503- き S- よく を ひ&ど おどろ ゆく は、 J M 

て、 裁縫の 針 手に 取うても、 思 ふやう る 職業 も 出來ぬ を、 取な ほす 氣カも 無く、 日毎に 衰へ 行、 母の 

t««, き い 3. & ちせ い しゃ む もめ も ゑ |:i ね も ひわ づら め.. > びつ をで から 

容體の 氣ゥか はし さ。 今一度 謦師 にかけ てみ たし ど、 娘 は 燃 立つ ほ.^ 思 煩へ <^、 飯蠊 すら 己 なる 

いへ いっせん た <ゎ へ - 

家に、 一錢の貯金^5?し0 

. 隅 田 川の 秋 . . 七 五 



な れ 


差し 


子 こ 




さ、 


腹き b 


失み 本' ん3 




>^、 


力、 


喉 3 
へ 




ら ば 


上& 




す 


* 


に て 


望?' 所 5 


の 


ね 


カュ 


れ 、 


卞 


し 


る 


世よ 


は 、 


の に 


愿か 


錢?: 




は 
通 § 


< 


て を 


は 


て 


が 


の 


早? 合? 


足 を 從^ 
k 兄 C 


け 




、 


し 


、 れ 




の 




中 


く M 






g あ 


ら 


て 


牛 $1 よ 


t 


不ふ 


し 




歸 5: t 




、 


貸 か 


的て 


す 


四 L 


込 g 

若 Z 父ミ 




孝? 


さ 


情^ 


れ 赖き 


返え' れ 


家ミ 


し 







五 こ- 


倾く 


此ぁ 


、 


わけ 


が め 


し ば 


t 


て 




枕? 


曰 g 


ル?" 


々〈 




足? 


る 


し ば 


て i 


出い 


下 


ふ 


をら 


は 


町で の 


御 こ • 


な 


を 


人き 


の 、 


、 、 


て 


さ 




着つ 


過 も 


に B*S 


恩? 


し 


我お 
豕ミ 


は 


挨き i 


淺 t 遠 S 


ぬ 


る 


無 を 


け 


ぎ 


住 J め 


fKf 





わ 


m れ 


草 基 き 





や 


け 


た 


し 




ト、 


如い 


の 


ら 


に は 


三き % 

m 厭? 






れ 


る 


が 


ふ 玉 


せ 


何 か 


門え 


ぬ 


、 うや 




知 L 




ま 


、 


よ ひ 


ぬ 


に 


前? 




腹 1 ま 氣き 


町ち は 




れ 






母? 


し し 


わ 


し 


ま 


の 


立た の 


It 卞 




す 


一 は 


呼 こ 


の 


° 比 1 


妾? 


て 


で 


お、 


て 毒? 


母う m 




え 


= さ 


吸? 


* 法で 
タ内 5 


力 > 、 


のこ 
心 i 




Ml 


、 


ゝ の 


の ぬ 








の 


氣き 


子 こ 


、 


し 




Z い 


知! )- れ 




母? 


の 


數き 




て の 


力 > 


%、 


た 


錢ミ 


、 た 


AS ば 




に 


知 切し 
人? 




X 
/ 


母? 檨? 


す 


公 か 

3^ ね 


る 


の 




を 、 




は 


今け 


樣 i に 


ま 


の 


が 


合? 


立 g な 


訪 折? 




i 


に 


朝 さ 


\ 


の か 


す 


ェく 






去 S れ 


ひ 惡あ 




寸? 行 ゆ 


は 


重? 


tol 世せ 


乙 


面》 


田 た 
* はも 


を 


b さ、 


、 し 




其 そ 






< 


話? 話 わ 


m も 
ぬ、 ひ 


し 


へ 




、 、 


Z や 




處こ 




t 




h な 


返 


て 


ば 


,iiifc を 

m し 


淺 i 今 も、 

m は 


れ 、 




迄き 


赖 g 


、• 


曰 ひ 


れ さ 


し 






ひ 






言り 


ま 


烈^ 


頃ミ 


ば れ 




假き 




客え 

IS よ 

ば 《 


下し 主 【1 


\ 昨 ど 
の 曰? 




ば 


し 


好き 


、 し 


の 


令へ 


れ 


谷ナ 4 人ミ 




殘? 




さ 


み 


其 そ 、 


外' ま 


御 乙' 


程 g 


の の 


次 L 全? 




し 


世よ 


Via 


玉? 


iht 橫こ 


にと 


生ま 大ま 力 > 


區く 留る 


第 K 家 か 
な 橫き 








子 も 


ふ 


に 井る 


心 4 命 病? 




內^ 守 も 




き 

mi 


情^ 


t 




行 ゆ 正彥 


ゆ あ 
虽た 


は 


の 





It It 


れ m 




m 




の 


き 弘ミ 


b 


31 &を 


母? 


い 


、 て 


ば U 




さ 


at か 


性き t 


て 檨 i 


は 


さ 


鴨 さ 




m& さ 






古 ま 


A? 


m 進ミ 


賴 g ^ 








k 兩^ 、 

家 三 1 m 


、 移^ 

詳も b 




布 § 




m 
な $ 


め 


み や 


さ 


の 






子 こ 


わ 




申 ら 


ぉゝ 


な 


靨い に- 


¥rw ila レ 


し た 




It 






づ 






師も 


歸ミ > 


jU に 
寄 f 言き 


< b 






て 


る 




ば 今 t 




さ 


に 




難? と 




色 S 


謦& 娘き 
師も はめ 


ふ、 


、 は 







力、 




b ぎ 


義き 罢 、さ 

2. is 

員つ 八 12 
、/D き ノ V ん 

の 








貧 5 尊 J 


ら 




H 




て を 




せ 


に 




ふ 


力) し きど 
ら 官も 
ぬ 吏 J 




おく 


ぬ 


母? 


も 飾 カ^ 




し 


力 > 


み 


や 


( 


藥 S 




樣養 


見み b 




袷,, け 


る 




考 カズ 


丈 5 


は 


の 


1Z て 




羽 S 
織 5 


む 


に 




に 


ふが 


% 




m 


れ 、 


53£ か を 




は 


堪ミ 


咽の 



秋 



み から /*乙 め ❖ た ま くだ けさ ほ こ 5 お 5 かた つかれ は あし § 七 

身柄^て、 少し は惠み 玉 ふても 下さるべし さ、 今朝よ 4 の步 行に、 大方 は勞 果てた る 足に 路を急 ぎて、 

ぷど もら み はや かんだ みや 5ti ん にや 》1 ふゆ ひ かた ふ 5 への よじ か a l- るめ し も まさ 

不圖 西の 空 .>.>見 れば、 早く も 神 田 明 神の 林に、 冬の 日 は 傾きて、 ぶ 野の 四時の 鐘 は、 まだ 午 飯 も濟^ る 

む もめ はら K た 

娘の 臈 はひ>きぬ0 

か ぐら ざ か ひだ W を ばんお よ., J み じゅんさ ど t> ん 《. きしゃ ふ たづ .《 ん w-a へ もる 

神 樂拔を 左 に 折れて、 番地 すら 好く は 知ら ^t; る 身の、 巡査に 問; 3、 人力車 夫に 尋ね、 門搆 いかめしき. iS 

や ふたつ も ,, £t よこ ゐ さ 3 まへ をが や よ..' は 5 をし く 

屋敷お、 一 一箇 ほ^ 過 ぐれば、 をの 隣 は 橫井檨 ど、 前 長屋の やさしげなる 女房 は、 敎 へて 吳れけ 60 

たいか も よ こゐ さま むかし ど 、さま せわ ひど お、 t& (Lpi As 

乙の やうなる 大家に 住む 橫井樣 も、 昔 は父樣 のか 世話な されし.; 5j 人 か。 父の. □.o し? も、 九 間!:? の 

5 ら. た を たづ いへ wfp L あ a ゝさ た ふ どゝさ 3 をく *, か 

裹 店.^ 尋ねられて は、 家の 耻》れ ば、 知らせて 上け ぬ^、 母樣の 仰せられ たれば、 父檨の C られ しもい 

. 、"Ju.h ん 、 , . は、さ^* « ち こ SOKS- &ヅば い へ ,G たし 

まだ 御存じな rc る まじ。 され < ^ま 乙で」 に、 母檨の ffi さなし 玉 ひし も 道理 ど か、 る 立派なる 家 を、 ;;^ の 

みかげ を をん & たづ 1^, ん B づ は、 さま た こ、 ろ r だ 

やうなる 見る 影 も 無き 女の 訪問ぬ る は、 何となく 耻か しけれ <^、 これ も 母 樣の爲 め なれば さ、 心 を 定め 

あん をい こ es- ち K お L よせいいで きた ひどめ み をん や 5e C- A ヒ sis ?づ clto- 

て 案內を 乞へ は、 十七 八の 書生 出來, CS て、 一 目 見る から、 何の 用事 かさ、 如何にも 應 風な "^!^0 

わ いや ス きょしょく こ、 ろ たさ あさく 3 t しだ む やめ まゐ t し. じん ぎよ 

乙れ は、 我か賤 しき 身 装に する ffi 飾 ど^ 心 を 押へ、 淺草 の吉 田よ.. CS 娘が 參. まして、 御.^ 人に 御 

^得た しち まさ やかに 述.^ れば、 をの ま 、奥に 人 ,0 て、 は ^卞。 i=i^%^ ちし さ II ふ ¥ 1^ 

わんつ. S たて かげ かく ど S け 4.1 や £■ さ 3 たち に さんにん 7 ら こ hf ^ .C ら 

關の 衝立の 陰に、 隱る 、は當 家の 御孃樣 達なる べし 二三 人して、 くつく^ 笑 ふ聲。 笑 ひお ふ 

> 、 ゆ "め 《f > / ^^.^i> まへ L よせ, ま t^i できた やう L りび ど も た 

? 娘は羞 かし さに 堪 かたき 折し も、 前の 書生 X 出來. o、 當家 にて は、 をの 檨 なる 知人 は 持ぬ 

箬、 宿 違なら ひ^、 管 II く 言 捨て、 立む さする に、 否、 宿 違 は 致し ませぬ 吉田 光秋. we. せば、 

隅 田 川の 秋 , 七 七 I 




隅 田 川の 秋 七 八 

la に ゆ じん & ケん いひ かく t f^cA も もう I そ. r ゐ 5 か t づ 

御主人 は御存 卜さ、 言 憑れば、 持たぬ。 主人が 持たぬ ざ 申し たれば、 持たぬ に 相 逢な し ぎ尋 

い ゝ 2 へ 二 い ヅを M- きび こどば わか をん を みたつ 5 もん いづ 

ねて みるが 好 v-、 以前よ. も 1 曆嚴 しき 言葉に、 少き 女の 身の 達て さも 言 はれす。 す;^ く 門 を 出る 

*r しろ た ❖-fi'? まだち わら こ ゑ 

後に、 < ^ッさ 御孃橾 達の 笑ふ聲 きこえぬ。 

t まちが ひ む, め ふ M- かへ いまい あ か ss.l ふだ み よ C10 まさひろ どゝさ まこ せわ 

若し やまこ さの 間 逢 かさ、 娘 は 振 返. て、 今 1 度 門札 見れ^、 橫井 正弘。 父樣の 子の やうに 世話せ し 

は、 よこ ゐ fa さけ を ひど わざ わんろ たづね こ e-A-l, 

さ、 母よ 6 き ゝし橫 井に 相違な し。 あ、 情無き 人 も ある もの かな。 態々 遠路 を尋來 しもの を、 膽言 ふて 

た ひかへ をん い を ひどで を. L ど、 さま & * ん わ, t さか を >*5 

追 返す^ は、 何 さも 言 ひやう の 無き 人非人。 父 樣の御 恩 も 忘れて、 か のれの み榮 へて 居りた. OS て、 富 

きふ 5 ん i i- ら やま は 、さまた K 、さ 3 さケぃ ま& ろ わた .> かへ 

贵は浮 雲の しとい へば、 少しも 義 しく はわらね^ も、 母 樣の爲 めに ぁゝ 毋樣。 嘸 今頃 は 私の 歸ゥ 

お, ^ & LSI ばい ね K ど かく をん を み かひ を い おにち かけ ま K いっせん < 

の遲 きを、 御 心配な されて や 御 在 すらむ 鬼 角 女の 身 は、 甲 S 無き もの ど 一 日 驅姻. て も、 1 錢のェ 

めん で き た 5" 、さま &ふ e ゆ から を mv はやせん かた S f> や わた. し 

面すら 出來す 只々 母 樣に御 不自由 を 懸け 申せし ばか. 00 最早 詮方な し、 謦師に はかけ す^も、 私に て 

ね をば * かう iJ5 を たつ みだ やぶ たも ど もどき みち いも 

も 御 傍に 居らば、 せめても の 孝行と、 端 無く 落る 淚を、 破れ か、 れる 挟に 拭 ひ、 元 來し路 を 急ぎて 歸れ 

ひ. *> でみ &«- く こ いし か は 5.L てん e ん .ttw かま かんげつ の は 

ば、 日 は已 に名殘 なく 暮れて、 小石 川の 牛 夭 神の 森に、 鎌の さき 寒月 は 上 6 ぬ。 

ョ》 • 

さくふ ち ふき あ かほき さむよ みち は、 * や こど きかけ つね い をい へ 

朔風 街に 吹 荒れて、 顏は 切らる、 ばか 4 なる 寒き 夜路 を、 母親の 事、 氣に S ながら、 常よ. も 急ぎて 家 

もせ けさ ゆ 50 き. J や 3ど,- や fi-e あ は、 さ 0- た s-s まも ねぶ 

へ 11^6、 今朝 行きし 時、 閉めし ま、 の 大和 障子 を 明けて、 母檨。 只今 屍 6 ました さいへ.^、 睡ゥ 

た へんど チ を ぺっ だん あやし かみやぶ あんさん ひ も み 》•< らも ど ゆ 

玉へ るか、 返答 無し され^ 別段 怪み もせす、 紙 破れた る 行燈に 火を點 し、 容體を 見 ひ v-、 枕元に 行け 



CI 情 f 

#? 無 ま 


其? ク 
後 こ' 


1 に 




r& ヒ 

堪ど 


きを 


卞 5 


y 1 

LA 


M 




力 > 


さ 

m ま 

1 


の 


\ i、* 

Id 


田 ね 




) V ろ 


り 


ndh C 




曰 は 
早 や 






で 




のき は 
死お 浮! 、 


> 
ふ 




1 おち 
一 い 
ら 


ォし 


ほ & 
おろ 


は 




ぐ 


《 


\ 




'/ポ 


"へ 
もん 


^ 上 
•1^ ろ 








(し 








> 

く 


圑ミ 




次し 


效ど 
合 5 


ひ 


V4 




w> 


鬼 


K 


開 ひら 耳? 




な 


の 


t の 


第 5 




て 


や 


兩 




て 




入 

さ 


に 


翻 こ 

聲 i 


る 


外き 


翻 


に 




E を 




AB み 

親 や 








て 


ロ4 


IT み 

蜀ゑ 




に 


呼 こ 


汲み 


2: 






ら 

だ 


御 






を 






れ に 


吸 f 


ic 


パ, 
へ 


6^ み 


Pll わ 

M か 


i 宠も 

還た 


全! 


l^'C ま 




寄よ 


ncf> よ 
呼 ム 


酒 5 


CO 


/2 拋き 烈さ 
る 出 だ し 


rH さ 
(j 守、 


い 


ム 


お 

れ 


け 


1^ わ 


ic 




せ 


ベ 




-r て 

手 


へ 


お 
れ 


V. 


V. 


V) 


》 りか 




て 


> ぶ 
は 


/ 

\ 


r 


手 g さ 


S 


ら 


は 


の 






は 


"^し 


か 






) 








な 






依た 


+ノ J つ 




わ 


初さ 




ほつ 


{ 


144 い 

P5 だ 


ic ぬ 


容 T 


、 






き 


z 


は 


は 


力 > 




U 

r 


み 


し 


掩 S ° 


體] 5 




八 は 

ノ V ん 


つ 








z よ 








V- 

ぽ 
は 


71 


ひ 


ml- 


七 


03 W 

|BJ ん 

― ち 


音ゐ 


な 
さ 


ひ 


覚 》 

つ 

JR か 


ら 




is 


u ゝ 


k 
9 




b 


逼ど 

qcm わ 




甘 そ 






霜 もし 


がし 






o 


佛さ 


て 


/ギだ 


ス 


チを 


乂 、 




• ^ヽ 


を 


歸 5: 


モ 


顔 § 
色? 


寒 2 


壇 ま 


あ 


《 


レン 


f ひ 
ノ^ ど 


の 


m さ 
ま 


1\ 

VI 




經へ 


b 


パ 
づ 


力 > 


の 


1^ か 

曉っ 


•f し 


非 か 

、も 




^み 


の 
レン 


Jf し 


田 お 
>c*» も 


た 


ま 




来 f 

、さ. 


る 


線艾 


ハゝ も 

のさ 





し 


土 * 

大タ 


ひヽ 
VJ 


御 


ハ * 

Y、 




る 


し 


ぐ 


ぺ 


m 1 


mi 




さ 


)r z 
IC 


丄へ 


齧ゐ 
退 


タ 


は 


虫? n 


C. 


< 


さ 






退い 
5 ん 


狩 


は 


口 ん 


霁ゎ 

rfar < 

TP i 




の 


れ 


B お 


m 

b 




二 さ 


I 乙ら 




b し 

TIT や 


t 


; v> 


音ね 


ば 






み 




K 


い 


c:; わ 


し 


1^ つ 


に 










淋き 








IE き 


^ 、 

71、 


お 
れ 


て 


は 


髴 『^ 


氣き 


wl-> か 


眼 2 


を 


し 


る 




ふ、 




1' こ 


て 




非 か 




■fe^ さ 


光 f の 

m 腕 i 


ぐ 






初 


ML よ 
世 




さ 




し 


た 


確? 




紫 i 




は 


ム 


も、 え 


へ 


プ 

u 


さ 


b 


ね、 




に 


を 

握? 


じ 


ふ" 》 




なみ 
身 


彼た 


SB コば 
配 1^ 




な 







に 


A* い 
'つ « 












ク 


に 


Jf し 


ず 


甘た 
堪 






E を Q 
お fii ん 

終 【 


ん 


れ 













て 


J- 

r 








言き 


よ 


ば 


ら 


な 




モ 


ぬ < 




la 


に 


力) 




葉' t 


の 








づ 




朋ふ 


れ 












を 


なち 

it 
け 






ぐ 


お、 








れ 






け 




重き 


に 


お、 


過 こし 


し 









レン 


vj 




れ 




ぬ 


ス 


Y 


ヾ 


去 S 

行? 


き 




ば 


母? 


み 


母で 




さ、 




れ 
ば 


で 


め 


し 


母? 




力、 


% 


は 


は 

s ひ 

殘? 


を 

進ミ 








る 


玉 


末袁 


の 




h 


父? 


宜め 


力 > 






し 




へ 




手て 






檨養 


土 ど- 


め 


< 









敏 5 


る 


田 た 
ぽ、 も 


X 




か 




へ 


す 


し 


ま 




ぢ 




きろ 





へ 


6 




ぼ 




の 


ほ 


が、 


で 










、j が 


ば 


離 g 






艸 1 


碍き 


>^、 




% 




る 






きな 


今 5 


れれ 




て 


塲ば 


0(0 


の 


あの 


哀ど 




眼め 


氣き 






て 






の 


惡? 


事き 


夜よ 


ひろ 




を 


を 




乙 


迄? 






心 


m 


さ 


の 


の 


玉? 




は 


確? 


母? 氷? 



隅 ffl 川の 秋 



七 丸い 



I- si I n HI 





n 


貿 5 

まく 




む 


力 ゝ 


* 晩つ 


最', 




さ 


る 


ん W ん 

何 力 


は 


さ 


の 


て 


に 


触 を 


る 


V、 


力 > 




rp み 

居 


れ 


ml 


に 


俘き 




困^ 


見ケ 




> 

し 


さ 


X 


《 


五 こ' 


に 


ら 




の は 


し 


JXL 上 

世よ 


を 


辛え 


れ 


は 




身み 


し 卜 

す 


る 


十? 
曰 g 


職 か 
'柳? け 


れ 


夜よ 




て 


の 


れ 




れ 


の 


の 


ii ゝ 


ベ 


m 


す 


は 


fee ん 




It ひ 

人 も 


か 


古く 




ぬ 


殘 5 


甲 か 

斐ひ 


の 


さ 


ば 


て 




名 を 


々く 


の 


の 


ら 




ま 





1 曹、 3- 

少 1 


わ 





力 > 


吳く 




嫂 § 


K 


i 子き 




は 








な 


触& 


b 


昨 § 
g ふ 




れ 




《 


Vft み 

f 兩ち 


世よ 


> 




一 * 






入 

さ 


し 


け 


の 


し 


る 


く 


來? 


r 


れ 


母; 


> 1 

kK 


に 




家 か 


や 


る 


、、な ま 
フ 2£ で 


中 J が 


涙 ま 


rip あ 

明》 


1 




渡 g 


a 


樣 2 


\ — t 

B§ 


M け 

景 




Ml. ざ 
斑い 


■ 




は 


に 




ビ 


放 2 


て 


-> 

ら 






ュゃ ま 


色き 




, 


四 L 


の 




俄お 


其き. 拭 § 

夜よ U 


れ 




if 


我 




It 


好よ 






十ぎ 


, 


,j ^ベ 

ヲ内 5 


はか 








K 


人? 


顯 1 


き 






九く 


Q 


沐ゃ 


世よ 








に 




"、、 れ 


«/ ひ 

必^ 


れほ 


所き 




處 f 

mi 


曰 £t 


八 

今 


'ひ 


に 


か 


が 


mi 


は 


ふ 


情 を 


死 


て 


なろ 




の 


は 


丄 ぐ' 
カュ 




な 


ら 


に 


そ 


事 


力 > 






b 




のり 


喪 も 


ヒ 


ら 


哀ミ 




、 


さ 


れ 


ま 


I 

b 


な 




き 




ひ 

貧え 


す 


の 




れ 


父ミ 


裏; ら 


ゆ 


, 

ど 


で: 


し 




樣 i 







窮? 


ら 


な" 

御 




な 




の 


る 


4m た 




爭 


て 


の 


― に 




者の 




顔 ほ 


曰" 


る 


の 


差さ 


早 4 

井 S 


破 S 






の 


r!n l/» 

印!? 






の 


守? 


さ 


粥 ゆ 


孤 ^ 


墳? 

is 


gag 





丄 




賃ぇ 


刷う 


前ミ 




土? 


ら 


へ 




子 と- 


人る 


^ど- 




一 


は 


仕し 


所! 






m. 


れ 


見 


召? 


ざ 


に 


に 


の 


を 




乂 


Mi 


へ 


父ミ 




に 


す 


る 


上 5 








曰 S 




» T お 

お 




に 


>^ つ 
#1 


樣 i 




ズぉの 

殘? 




事 * 


h 






母? 


mt 


だ 


さ 


^ど 






に 




し 


を 


叶!^ 


玉 


て 




の 


、 

し 




人!^ 


辛 力ら 


せ 


連 2 






の 


は 


ふ 




ゝ * 


死し 




ft 


胸 ま 


情& 


< 


し 


ら 




✓ 、お 


十? 


レ 

す 


母? 






を 


き 


る 


深 t 




比き 


れ. 




fret ば 

母? 


. 少 




の 


h 


し 


知 L 


に 


Zr 


に 


さ 

母? 


其き 


X 


て 




の 


HI 


•""^ "ど 


々ズん 

顏 S 

ヒき 


茅き 




ら 


て 




打^ 


曰 ひ 


b、 






位& 


目め 


1-1 ひ 
曰 


家^ 


葬! 


す 


雨 1 

户: 


< 


寄よ 


祝 や 






觀 g 




ml 


に 


/ 


に 


に 


禮 S 


れ 




せ 


に 




腕^ 


花み 




J: 


、 


\ 




起? 


t 


ば 






し 


ま 


b 


を 


に 




携 5 


差さ 




釁 5 


臥 t 悲 1' 
す みし 




h 


の 


が 


で 


し 


怪け 


來 1 




へさ 


配 ま 




さ 


ず 


< 


ま 




死お 


事 


我が 






て、 


人!^ 


悲 1 




る 


ぬ 


配 S 
人え 


る 




果 t よ 


別お 




し 


し 






の 


レ 


ら 







ど 


其 も 


て 


れ 


父? 


て 


向 IS 




鐘き 


ftt せ 


< 


さ 


少き 




は 


鷹" 


は 


て 


親 $ 


歸た 






淵! 


统ゎ 


の 




女め 




親え 


い 


に 






の 


ら 


のま 




紡? 


に 


み 




の r 




切 S 




泣 食 
崩 ^ 


海?: 


明? 


its; 


れ 


長?' 




住ま 






心^ 




な 


ま 


門え 


曰た 


S ん 


し 


さ 




績 i 


せ 


し 


< 


淋 g 




る 


で 


折 を 


に 


X 


の 


さ 


ぺ 




會^^ 
社 4 




け 


ら 


し 




男! 


力 > 


れ 


堰せ 




事 




^み 




大ほ 


る 


力、 


さ 




む 




ぬ 


力、 


は 




の 


き 1 




の 




が 


は 


や 




て 


し 





れ 




昨き 


悲!' 




女 i 






m 












1Z 


如い 


曰 2 


し 



秋 



八 



f め わか やしろ まわ み ね タろ れん クゎ づく W お ほやが た f < わん ねんどつ <.» つ 

ぎて、 梅 若の 祠を くる 6W 廻れば、 見る から 驚かれぬ る 練 瓦 造の 大 館に、 數 管の 烟突雲 お突きて、 折々 

をき てきた £ まへ いったい かん .*ぃ15<はん 《• か 5 しろ も B- ん Jifc- を ほし 

鳴る 嵐 笛の 音い さぎよ く、 前 は、 1 帶の寒 水 白帆 を 浮べ、 後に は、 疎林 霜を帶 びて、 ちら はら 星の 

でんか さんざい あいだ を L みづビ W- ぃ< わ ピびゅ » L& »5 f$i 

さく、 田家の 散在す る 間 を、 名 も 知らぬ 水鳥、 幾 羽 さなく 飛行く 景色、 さながら 嘗 の,^ もし 亡、 東京 

おひた み S も か めづ #5* ぃ<« 、で か を(> み も *J ,5 も fcl 

^成長ち し 身の、 田舍 珍ら しく、 か、 る處 ^^£住 は > 、今迄の 悲哀 も 少し は簿ら ぐべ し^、 か 一 初 は 思; 3 ぬ。 

f> よく か.? W や 5 あ ざいく わんち 5 きも く はたつ ど L i お ほかた さだま け ふ 

職 ェ 4- に 逢 ひて、 在 館 中の 規則な^ 詳しく 尋ね、 おのれの 執るべき 職業 も、 大方 は定 6 て、 今日よ ゥ 

#s* へや あん い 

住 ふべき 房に、 案内 せられぬ。 . 

へや ろくで 5 上 はん ちょ か 5 も み を どし *J ろ 》5 ち & s«&\vwl? S 

房 は 六疊 にて、 rJ 、に 四 人の 女工 住め <>o 皆お 初 £ かなし 年頃^ ゥき 越後よ. 遙々 東京に 出で し、 か 

わい を ど め ち、 を や ぺ. き をづ S さんや む もめ そのほか ひで ど .Ls 

榮さ いふ 少女に、 父親の 病氣 にて、 乙 の 夏、 こゝ; 入 AN きさ S ふ 三 谷 堀の 娘、 其, 脇, ^ 秀 さいふ 年增は 、 

ぉヅビ も は、 やし 1* も ゑ をん 4J さん き ん つく ろ fsJJfL や 

夫を槩 て、 母 を 養; 3、 末 亡 名のる 女 C 、持参金 を^る ための 勞働 者の よし。 S づれも いづれ、 か、 る 

せんげ f み たど ふ fj あはせ せつ さ 《>e や. 9 へ 5 -1 ん ざん ふつ、 かもの 

賤 業に 身 を 落す は^の ものに、 不幸 福なら ぬ はなき に、 一 初 はいさ^ 切なる 同情 を 表し、 新.^ の 不柬者 

ゆく ゑ み て てい たのみ S よ を さけ を お ほ よに I 

なれ^、 行末まで も 御 見捨^く^、 丁寧 k 廠 入れば、 世 は 情無き ものば か.^ にも あら 卜さ 覺 ゆ。 四 人の 一 

を どめ こ、 ろよ 5 けが . 

少女 は、 快く!^ 諾 ひぬ。 

ぁケ £ C 50 こ S ろく e さだま ゆ, ,せ さ げ. f- ゥ fU s- & il たね ま ろ 5e う つ 4- 

朝 は 五 に 一: ^お出で \、 六 時よ ..>定 みたる 紡績の 業に 就き、 午後 五 時まで は、 絕 問 4 &く勞 働を續 けねば 

5 へ もこ t わざ ほ e め ろ 上く ひ VJ かた をに, JJ ど をる かた 

. ^らぬ 上、 少しも 知ら fo-y ける 業 S て、 始は勞 力の ほ^も 一方なら^. <^ しが、 何事 も 慣れば、 難から ぬ 

5 れ ひどつ き ふたつき $ 5 ち や 5 L くわん をい かって わか L せん: » うせき 

M を 嬉し けれ 一月ぐ」 たち、 二月 さ 過る 中には、 同僚の 乙 も 知れ、 館內の 勝手 も 分う、 自然 紡績の 

si^iBliiMalliii i - ■ SI- - 5 ■ ■■■■■ ニ國 -" Sjssjt-Byisssijilt- ョ B S M la g I 一 - 85s 3,,g3 g .,3 g , BB, 1: -- - : -誦 | I .1 ■ 「履 一 一 I 一. I l l , 霧 

隅 田 川の 秋 八 一 



隰田 川の 秋 八 二 

r-p v»»flHiBBlBiiHS-s - ,ー3 一 腦匪 薩 一 I I 置 一 --- - 靂 ,画 -一 ■ *n-BS--lle,twfc6fc fl &ss 羅 ■■, .guiE fiuGcfea 51- 一 sg- _ -1 g -ai— ias-£-i-CBt- -.e-.-Bfc 一 5 - I- ー画| _.5| 墨 I gJ - iM 爾 ■ = 靈誦 匪 - 画 匪| 一 ■ = - 顯 Ill s — I 1 

わざ lib «c くる を か を しみ ゥひ いもが ひ S だ 

業に も 慣れて、 始めの やう;^、 困し くもつら くも 無く、 か のれの 悲哀 も、 遂に 忙し さは まぎれて、 思 出 

す rJ さも、 日增に 少なくな 6 ぬ。 

ど かくろ s^ls しやく わい あ S- が おか &ろ しゃお 5 ふ S ケく みぱ わか だん じょ ふみ ど& 

されき 鬼角勞 働社會 に、 有 勝ちの 話な れ^、 近頃 社中の 風俗、 いたく 亂れ て、 少き 男女の 艷 i5< の 取 や. o、 

ろ 5 か もど であ ひ は fl 上く か 5 ちゃ f $ R "のさ ど みい ち、 ほ、 ゆるなん わ も み 

廊下 外の 出 遇、 果て は 職 ェ 長の ふしだら 等の、 ふさ 物聰 き. R 初の 耳に 入る に、 父母の 遺言 を 忘れぬ 身 

こ、 ろ や も ゆ だん ふ かく もど こ、 ろ し を ほ さ々 は/' さ S あら か e 

の 乙れ は^、 心安から す。 油斷 して は、 不覺の 墓 さ 心 を 占めて、 猶 よく 探れば、 かなし や、 母 樣の豫 め 

fix ビ ころ せき もどめ こど t けつば く み ど 

の 玉 ひし 惡 所^は、 か、 る處 か、 御-初 は 同席の 少女す らも、 悉く 潔白なる ものに わら^る を 認めぬ。 

あるよ ランプ ふきけ のち わた £.-♦* かひ まき み あど さき かんが までよ & 

或 夜、 洋燈を 吹 消して 後、 綿 薄き 捲卷を かつぎながら、 か 初つ らく 身の 前後 を 者 ふれば、 かく 迄污れ 

たる 濁流に 交 て、 果して 好き ものに や、 惡 しきもの や 

L» ま じほ あか こビ わざ をが つきひ あくま さ 七 .L ら く 上しお け 

朱に 交れば、 赤くなる さの 諺 も ある 乙 さ、 長き 月日に は、 S かなる 惡 魔に 誘 はれて、 不知く 吉 田家の 

をけ!?' >^ 54 おおい * S &ろ せっかく II £ ど を ほ 5 ば い こ、 ろな 

名 を 汚す やう » る 不運に、 陷る 乙 艺 無し さも 言 はれす 乙の 頃 は、 折角 職業に も 慣れ、 同 女工に も 心 置 

ど/' さま « 、さ 》• まつ £ ゆ _0& ん たこ >* ひ を こ 

かれぬ やうに なうた れ^、 父檨ゃ 母樣の 末期まで 心に かけられ たる 御 遣 言に、 をむ く 行爲ぁ 6 て は、 少 

きんせん のこ 41 ゐ a いたい も わけ ひる かへ み ゆき ^ ころ おも 

しば か,. > の 金 錢を殘 した.. て、 御 位牌に 對 して濟 ま?:; る譯。 され^ 又飜、 ツ て、? * の 身の 行處を 思へば、 

あど さき かんがへ い ちづ S せわ ひど を ろ ど. 5 まよ 

前後の 者 無しに、 1 圆 にこ、 を 出で ゝも、 世話す る 人 無き 身の、 路頭に 迷 ふやうな る 乙 さわらむ はは 

ほケ ねよ M か 5 たちい おい むね i^l おも ひ 3 上 

臍 を かみても 及ば さる、 不幸に 陷る べし ざ、 小さき 胸 は、 暫し ニ途の 思に 迷; 5 ぬ。 

つい わがみ い か せ S くわつ おく しづ ねがへ 5 

をれ に 就ても、 我 身 はこれ ょゥ、 如何なる 生活 を 送る やらむ S 、靜 かに 寐返ゥ 打ちて、 我 はいつ まで も、 

liiiigl- _l i 一 -llll 一 gBaal i 一 ,.: 三 i - 一一 一 國|——酾 ー|- t - i 一- || 慮| 二-一 aaaaa s l 瞿誦 漏 ー| = | 國 m iii ll ss l s l ■ 二 i ii --a 5 I_ 麗 il gra a agEumf 



ひ ど© よ わた かく & B-- さ 3 ゆ a<y ん ゥク おヅど 6 L や. さ よ わた C つ ひ yj 

獨 して 世, W 渡ら ひ 覺悟ナ がれ^、 母樣の 遺言に は、 實 ある 夫 を 持ちて、 正直に 世 を 渡れ さの 事、 實 ある 夫 

よの も か しんせつ 1* さけ ひ ビ ひつ ひど ひろ iw< わい ひビ W ふ た 3- 

^は?、 世 中に 親切 はして、 情 ある 人 はわら 卜さ かも ふに、 實 ある 人 も、 廣き 世界に、 1 人 や 一 1 人 は あ 

じつ ひど ぉヅど t { び かたぶ I 

る 乙 さか、 もし ま 乙 さに、 實 おる 人 あ- て、 夫 k 持ッは うれしけれ^^、 首 を 傾け、 いや./ \ 持ッま 卜。 

t ?6 を ひで さん こ ものが な 

持ッ まじ 男€ はか を >C しきものに 相違 g 一 かるべし。 ^秀樣 も、 男に はこ く^、 S つ も 物語. し 玉へ 

お タビ **- ん Ja くろ 5 た だ さび ひビ& だち よ わた 

ば、 夫 は 難 義苦勞 せひ 爲 めに、 持ッ やうなる ものなら ひ。 をれ よ <:s は、 淋しく さも、 獨立 にて ffi を 渡ら 

をん しんぱい を た fi 'ろく? い を どめ K あ W はつ しんち,/' ねさ を こんたん 3 が 

ば、 何の 心配 も 無くて ゥ.. J、 十六 歲の 少女 k 似合ぬ.; 3j 一 初の 心中、 乙れ も 幼稚き 乙 h: よ の 困難に、 曲- >た 

る 想なる べし。 

i 

S っぜ a- はつ L &ど お K ゆ ふめし あせつ およつ ども > 

1 夕、 か 一 初 はいつ ものた さく 職業 を 終...^ たれば、 夕飯まで k、 汗附 きたる シ ャ ッを、 一 寸甅、 がむ もの さ、 

*,ら る さ ゆ か はかせ か , ゃをぎ ふき をら ゆ ふし.?!' も わたいれ ビほ ふき かんき た 

S の 井戶に 行けば、 河 風 枯れた る 柳 を 吹鳴し、 夕 霜 薄き 錦 入 透りて、 吹 さらしの 寒氣、 堪 へがた きを、 

み われ さき に さんまい じゅばん あら ひど w ら5 ば n 

見れば、 我よ. 先に、 これ も 二三 枚の 襬袢を 洗へ る、 一 人の 老婆 わ. 

< わん をい であ こ yj »* んさ らし かほ ひどた び こど か は 

舘內 にて は、 を.?/. \ 出逢 ふ 事 われば、 萬更 知らぬ顔 にも わらね さ、 さ, て、 一 度 € 言葉お i 父した る 

み ゑし やく かたはら よ ら はつ かほ もが まが つか こし のば ね さむ 

乙 さもな き 身の、 會釋 して 傍へ 寄れば、 老婆 はか-初の 顏を 眺めて、 曲, 勞れ たる 腰 を 伸し、 御 寒 

ぼん こど 丄 か さむ & ぜんだく £ をん ぎ ** ひさ ク B 

S 晚で すねさ 言葉お S けられ、 乙の 寒さに て は、 御 洗濯に 御難 義 なるべし さ 挨拶 すれば、 i 

ほんた 5 て か C かん を S ひか 3 た せんだ く て g 

本當に 手が 冷龜で 成り ませぬ さ、 言 S けて、 亦 も 洗濯の 孚 をつ. 5. けぬ。 I 




隅 田 川の 秋 八 四 

L6 こ ほ つるべ を ほ しづ ら i-^ti み どし &ろ& ciK さん こし あづさ el"* 

霜に 氷る 釣瓶 繩た ぐ-りながら、 靜 かに 老婆の 體度. glB^ れは、 年頃 五十二 三に もな ゥ ぬらん。 腰 も 梓弓の 

3 が がち まばら かみ を かば L6 か K ゑん s ん よ らく ゐん きょ S> ビ L 

S くら か は曲ゥ 勝に、 疎なる 髮半は 霜 變ゥ、 圓滿 なる 世に あらば、 藥隱 居さ !^ーーロは るへ き 年なる に、 

どころ やど さむ ケら せんだ く こん をん 》* のた ま いか ふしあわせ らくたん し 

か、 る 所に 观 はれて、 の 寒 夭 に 洗濯す る は^の 困難 を 凌ぎ 玉 ふ は、 如何なる 不幸 福 ゆ ゑの 落魄 か は 知 

, . さケ か を あじき れも ひた ま い ま > で j5> んぎ かほつ き あら K 

ら され^、 嘸 や 悲しく、 味氣 なく、 思 玉 ふなら む。 まして 今迄の 難義 の^るし は、 顏 色に も顯れ て、 い 

かぎ 5« はつ みづ くつ いで は さん iiS くみあ ら 5 ば よろこ いくたび 

たはし き 限^、 はか のれの 水お 汲む 次 手 k、 二三 杯 汲 上げて やれば、 老獎 はいたく 喜びて、 .4, 度 か 

卞 いの、 t どし わか み みづ くみ 々らゐ iS> ん こビ を ねれい およ S, ら こ どば 

驩を述 ふる を、 年若き 身の 水 汲 位 は、 何の 事に 無ければ、 御 鱧に は 及び ませぬ さ 言へば、 老. 婆 は、 言葉 

» はつ かほ が しんち 5 しんせつ を どめ たも 

も 無く つく/^ さか-初の 顏を 眺めぬ。 心中 k は、 親切なる 少女 S 思へ るなる べし 

ォん だく を は かんお f みづ しわざ て あし を i こ J- & ほん ゆび かんかく を 

やかて 洗濯 も 終 6 たれ <^、 寒中の 水 仕業に、 手足 名殘 なく 凍へ て、 五本の 指 も、 ぼ 亡く 烕覺 無き ばか 

» さい は く W- や { わ つく わな こ を もこ あた * ゆ たま らちば こどば B つ 

.0 なる に 幸 ひ 厨に は、 活^ 起, て 居れば、 少し 暖めて 行き 玉は卞 ゃクヒ の、 老婆の 言葉に、 初 はすな 

ほに 從; 5 行きぬ。 

い; s.^> を- や の せ 5 る ほ あが たんく わ て あし あた、 ど S 9 れき いおぶ 

一 椀の 粗茶に 晒 喉を濕 し、 燃 上る 炭^に 手足 を 俊め つ、、 問 はる、 ま \、 rJ 、に 入. たる 履歷 の、 一 伍 

t. *;i ^ ^te - • ► か あいさ <- どきく はさ こどば も ゑ ら 5 ば ? ct をみ だ をが 

1 什 を 詳しく 語れば、 か 可愛 想に と、 時々 揷ひ言 葉の 末に、 老婆 も 同情の 涙 を 流しぬ 

メ 1 チタ *? - 9 , 、 ? ct へ 5 か をら を,, ぎ た ほ ゆ ゑ はつ をん 

わか 身の 屨 置に、 かくまでの 同情お 表する は、 必 す^のれ にも、 難義 せし ® え わる 敌 さ、 ys0i 

* > > , 、よ t; . み をし *」 み ふびん ゆく も ゑ ちから くだ 

く, 老婆な つかしく、 世に 槩 てられた る 孤 子の 身 *4.|、 不憫 亡お ぼ さば、 行末までの 力 さもな つて 下され。 

l^K ゆ ゑ ケん わ なし なば i はじめ たにんた も よいた の なや 

何故か は存 しませね^、 妾 も 御婆檨 を、 - 初よ. 他人^ は 思; 3 ませぬ にさ、 餘 意な く賴 めば、 親^ 



し. < る s- を たこ、 K- ほ t わたし ふしあわせ sta お ちから 

無く、 銜 親類 も 無くて は、 さどく 御 心細く か ぼ すらむ。 私^て、 不幸 福の 生れ、 御 力になる はせ の も 

f k た 上 ー だけた 《*> しあ ひて しん ら 5* よ ふ 《-ん は ゥ かた 

の も.^ ら ね.^、 及ぶ 丈 は、 御 話 相手に もな. て 進すべし^、 老婆 、ち この 夜、 か のれの 不運お や 初に 語 

う ぬ 

A かし *L<^g^.,^5 > ) つれそ ねつど ざいせいおば { ろ5 くろ. ゥ 45. よ わた せい 

昔 は 中國: ^方の 士族なる よし 連 添 ひたる 夫の 在世中 は、 苦勞 さいふ 苦勞も 無く、 世お 渡. たるが、 西 

f んメ. ^は . % みづ の、 T わ 乂.? ん したが W ひビ よし た、 かひ 5 ち あ SO かぎ 《- こ 5 さい かぎ りを >J しっき くら 

南の 役に 自力ら 好みて 宫 軍に 從; 5、 人 苦の 戰に戰 死して よ 6、 跡 は 限 わる a 債に、 脇 無き 年月お 暮さ 

» - .t^ V. ^!5にき1ハぺく I ひ,ビ^-.,む:^乂 つ , ひどな づど 5 き や 5 S しケく !ょくげ ふ S X む もこ 

ひこ さ 難く せ _ 一時 七 歳の 一 人 A 子 4.^ 連れて、 一 先 東京に 出で しか ど、 士族の 職業^て あ 無き 世に、 息子 

せかお や s たよ 5J かく 5きょ 

の 生長ば か. を 赖ゥ にして、 鬼 角.;^ もしろ からぬ 浮世 を 過し ぬ。 . 

ゆ む ゆ こ : , , こ *^ k ざ 5 さん し だい 9= ん こ、 ろ ほ, y やさき に ねん S へ ひら あさく さくら 

然るに、 違 子の 年頃に なれる 頃に は、 財產も 次第に 減 卜て、 S さ <5u 心細き 矢先に、 二 年 前開きし 淺草 藏 

前の 煙草 店お、 喜 六 さいへ る 番頭に よき 事され、 加 之、 一 一三 百圓の 借財まで、 我 名義に て^られし 始ぉ 

みぎ ひだ M- せんかた を * ん K_b む C ん い 、た、 をん ぎ ぶ せきく わ "f> や み 

に 右に も. kjk も、 詮方 無き 女の 無 < ふさ。 をの ま、 家を疊 みて、 をれ からの 難義 は、 乙の 紡績 會 社に 住 

こ に 0. む 5 らみ の ほ 5 へい こ. X. ちゃ 5 ff.<t やど は いま わで し たのし た t- む もこ こ 50 し 

込み S 子 も 怨を吞 みて、 砲兵 工場の 職工に 慕れ たるが、 今の 私の 樂 みは、 只 もの 息子ば かり。 今年 は 

.^L は f ぷ C ュ ん あくしょ あ を ひど いま 、でち からつ く だ あ かひ .-5 か 5 

最早 廿三 になれ.^ も、 惡所 遊び 一 つせ す 今迄 カ盡 して、 養育て 上げし 甲斐 あ. さ、 ^も はる、 孝行 も 

) y f 〈も たのしみ おも をん ぎ か を ひ おや ひ 《 

の。 共. (に 家 を 持つ^き の 快藥を 思へば、 乙れ しきの 難義 は、 もの、 數 なら 卞さ、 冷えた る 茶 を、 1 

くち ,k < ふ f ん よん 5?.- ろ を この をつ ほ 《 へい こ,. 'ちゃ 5 ひど ベら む もこ ビ も 

口に 呑 乾し、 されき、 不運 は 據 無き こさな Arso 此夏 砲兵 工場に 人 減し あ, CS しさき、 息子 も 共に 

s.-,^ ひ, ^ > L % 力 ぃぷ くち さが いま、 で ?' どころ を I i f 

雇 を * 力れ, 其 後 あちこち^ 口 を 探し たれき、 今迄 は 思 ふやうな る 所 も 無く、 困ゥに 困 6 たる 折から、 

隅 田 川の 秋 , , 八 五 



USI! 隅 田 川の 秋 ス 六," 

しょく こ 《> おや s お つど 上.., かさ 3 おせ わ あき W ど 5 こう やど こど ?だ S 

乙、 の 職工 長 を御勸 めな さる、、 吉岡樣 の 御世 話に て、 S 職 ある ま、、 rJ 、の 一 1 等ェに 一展 はる、 事 i:^ 定 

わたし あんしん いた i はや も た 3 , はった ジ 

i 乙れ にて 私 も 安心 致しました。 をれ では、 最早 乙、 に 住み 玉へ るか さ、 か, 初尋 ぬれば、 …… 

いね あした あさつ て く はづ 3 & またた ぜゎを I 

…否、 明日 か 明後日 は 來る箬 參 らば、 亦 御世 話に 成るべし^ いふ 

どき ゆ ふめし〕 ,たくせ. S まんだ .5 § SVJ ま つ ゑん 

乙の 將、 夕飯の 拆聲滿 堂に ひ > きわたれ るに、 S くな ゥ ては^、 暇を吿 ぐれば、 さらば、 SOJ^ て も 遠 

&ょを ft あ も おいで また & しんば い ふくざ. T- を た は& >»> ねよ 

慮 無く、 御遊び 御 出な さるべし 亦 御 心配の 乙^ て も あらば、 腹藏 il く 御 話な され 。及ばすな がら、 

お ちから しん をは ビケ いひ を どめ * もて い 

御 力に もな i て 進 じましょう よ。 何卒で 」言 さして、 少女 は 外 k 出で ぬ 

さむ ゆ ふべ はんりん はんげつ はや せいてん もみ が S みづ いったい 3 へ .L ろか あし R i 

S さ 寒き 夕な. き。 年輪の J5g 月 早く も 西 }KJ^ か、. て、 隅 田 川の 水 一 帶前 i:- 白く、 枯れた る 蘆の 藥を吹 

かせ さむ か *A、 きん T ざん かね ね .《 のさ ぴ t &> か 

わたる 風、 がさ-/ \ さ 察け く、 微かに; く 金 龍 山の 鐘の音、 物淋しき を、 世の中 k はさま f なる ひ 

はつ ら《 'ば f《 おも ひ づ fi 上 <だ$ かた と 、ろざ 

さも ある もの さ、 -f^ 初 は 老婆の 身の上 を 思 や. ゥゝ、 靜 かに 食堂の 方へ 志しぬ。 

ひろ よ か のみ しんるい ひピ 5- を をビめ み ね も ら 5 ば |» かん fj や 

廣き 世の中に、 侬赖 になる 親類 一人 さて 無き 少女の 身に して、 思; S かけぬ 老婆の 情 は、 いかなる 烕謝を 

むね ねこ い ま、 で わ? -み a. れ きか だ * & みだ いってき < ひ VJ を 

をの 胸^ 起さし めしやら む。 今: IJ^- は、 我 身の 履歷 語. て も、 涙 一滴 乙 ぼして 與る、 人 も 無 か. し J^、 わ 

らうば を さけ ひど *<bK ひどこ ど かく こ、 ろ かた S-S »>ん ばい 

の 老婆 は、 ま 乙 さに 情 ある 人なる べし。 何 1 事つ、 ま卞隱 さす、 心 は あ. のま ゝを語 出で ゝ、 心配 あら 

おから < こど つど わがみ かた 

ば、 ぃゥにてもカ^^なゥて?^るゝべしさの事。 かくて は、 乙の まゝ 乙、;^ 勤めた. て、 我 身 すら 堅く 

t しんぱい こど ひ & ろか &f> み 》> づ がお * どめ こど きわだ た- 

持た ば、 心配なる 事 も あら t と、 日頃 悲哀に のみ 沈み 勝なる 少女 は、 か、 る 事 も 際立ちて、 うれしう 思 

はれぬ。 



.& ち K ち いくたび .^ かほ あは ら<.-0 われ やさ 》^ん てい よ &> さけ ろ *?5ff <» ん 

されば、 一 日に 幾度. W 無く、 顏を < 口す る 老^; に、 我よ ゥ 優しき 心底 を 寄 すれば、 情に 脆き 老婆 も、 万斛 

i びん こ、 ろ ほ X 9 f A.tG せ わ むかし さだま わん かつまた かぎ! * 

の 不憫 を 心に 催し、 世に も氣の 毒なる 孤 子 を、 世話して やる も、 昔よ 6 定ゥ たる 緣 なるべく、 且又 限 わ 

fz く せく むかし はた もど おちゃ 5 さ <» 5 こし &ど ビ き た 3 み ぶん ば 5 

る 老後の 功德 にな <^ もやせむ。 昔なら ば、 旗本の 御 孃樣^ て、 乳母 腰元 も、 1^ めき 玉 ふ 身分なる を、 紡 

わい-や ちょ. J<- たちぶ こ、 ろ S ち か を ね. 《 ひ あ K こ、 ろ ね しんせ ク . 

績會 社の 女工 さまで 零落れ し 心の中の 悲し さは、 思 やる だに 哀れ なれば^、 心 を S かすに 親切 を盡 せば 

^ C はや ゎづ K さん K ち or ち e ふねん むか. J ち き あ ひだ がら はつ *.^5 を 

馴染 ひ^は 早き もの かな。 線 か 二三 日の 中に、 十 年 も 昔よう の 知己の さき 間柄に な て、 ;-- 初は兔 無 

t 5* か こど わざ たも ひ. S だ 

き 世の中て ふ 諺 キ"、 ^ 出さるべし。 

よく/ _ じつ ゆ ふ々 れ さ 5 せき ちょ たち .& づく いでゆ あど つれく たへ ら 5 ば へや ピ B ちか 

翌々 日の 夕暮、 同席の 女工 達の、 何 處£ もな く 出 行きた る 跡の 徒然に 堪 かね、 老婆の 室お 訪ばゃ ざ、 捷 

みち ぬ 5 ら 3SJ 5 か J- か,, ひ ?^1ち かこ たのし ものがた 9 ひどり を どこ を どつ ひ は をし 

道を拔 けて、 裏恣ょ A.^ 窺へば、 角 火鉢 を 回み て、 樂げは 物語す る 一 人の 男め ゥ。 乙れ や 一 昨日の 話に き 

む, *乙 もる * ば 3 ん こ t- ゑよ たれ 5 お- どひ かへ 

ゝし 息子なら ひ,.,;、 推しながら、 賢母 樣 くさ 小聲に 呼へば、 誰?さ、內ょ.<^問返されぬo 

わたし ね ちゃ 3 い はつさん ら 5 ば たちあが S わ き つか ゐ ひど 

私。 御 邪魔です か^ 言へば、 あ、。 か, 初樣 です かさ 老婆 起 上 ゥ、 …: ;. 否、 氣 遣な 人で は 

t よ ft- ひら おは. あん をい ざ S お 々う つ み を 33 上 を で 

あ. ませぬ さ 障子 を 開き、 御 這 入な され さ案內 されて、 座の 1 隅に 就き、 皆樣か 他に 出て、 

わたし ひどり さび たへ お は をし s-at. ね ちゃ 3 い た あ ひさつ i C 

私 一人 淋し さに 堪が たければ、 また 御 話 を 伺 ひに、 御 邪魔 致しました ど、 しさ やかに 挨拶 すれば、 其處 

はしぢか かん さは を はだ .S3 もこ ひ ばち そば X た _» ら 5 ば B ゥ どき いつ. L ゆよ つね 

tt 端近に て、 寒氣甚 しきに、 今少し 火鉢の 傍に 寄り 玉へ さ 老婆 はいふ。 ^J- 初 は 乙の 時、 一 種 世の常なら 

はづか こ、 ろ わ は 

ぬ羞 しさ を 心に 覺 えぬ , 

む もこ ひきあ 》 かいめん など こ、 ろ をん かち まん ケ< あ ひさ ゥ で き 

やがて、 これが 息子^ Si 介 されても、 海綿 ゥ 如くなる 心の、 何 € なくす くみ 勝に、 滿 足なる 挨拶 も 出来 

隅 田 川の 秋 八 七 




隅 田 川の 秋 八 八 

■■ c 一 園 靈置 曆 i r^ Mll i ||| = ー|國||画||||隱ー 匿 隱 醫 ョ| lllrl m -I ! IIBP/H SH - f.,>m 

はづか 3 さ しばし うつむ たの ふたり たいわ 君 C は 

ぬに、 羞 しさ S よく 增み、 暫時 は 低頭き っゝ、 樂 しげなる 二人の 對話 をき、 ながら、 折よ くも 老 is- の 

かげ $ くらがり を S 上く あ も か ら あ げ を * ど *J み ss- ざね i 

陰に 座ゥ たる 身の、 廳所 にある を 機會、 舉 ぐる さも 無く 頭 を颦げ て、 さ. <.氣 無く 男 を 見れば、 爪 實の薄 

チま、 まと &ゃ S け ふ ほね だち め つき も *• いさぎよ くち もど ゐ げん ふく あまつ さへ わら た ひ 

肉 Ktt 細 けれ.^、 兩類 ふく やかに 骨 立な く、 目付凉 しく 潔き k、 口元 ゆかしき 威嚴を 合み, 加 之、 笑 ふ 度 

< は わか がた ひどめ を どめ かほ たれお > 

笑 ii わら はる、 若 姿、 1 目み し 少女 は、 乙の 顏、 誰 やらに 似た も ひぬ 

ft ひど、 _3 も のち らうば ばんこ やき き 5 も ちゃ てん む も" t たも ど いだ ひど ふくろ くわし 

さて、 用事の 物語、 一 ^ゥ濟 みて 後、 老婆 tt 萬 古燒の 茶瓶 は 茶お 點じ、 少年が 袂ょ 4 出す 一 袋の 菜 子お 

さら も Li< たま を、 はつ ね や こ だんらん たのしみ うらや わがみ ふ こう いまさら 

1 に 盛. o、 い II; 食し 玉へ さ勸 めら れて、 か- は 乙の 親子 圃欒の 燊 羨ましく、 我 身の 不幸^、 今更の 

まねみ K 、さ S S &たま たのしみ あ くこ ど 

さく 骨身に.;^ - ぼえぬ 。せめて 母樣な 6^、 生きて 居 玉 は >、 か、 る 快樂. 逢 ふさき も, めく. 來る事 わ 

てん ち き や f だい をち をば i わがみ か を ちゃわん かたて ど お b 

るべ けれ^、 夭に も 地に も、 兄弟 すら、 伯父 伯母 すら 持たぬ 我 身の 哀し ru^、 茶 椀 dt 手 取ゥ っゝ、 思 

いってき * &みだ < わい らく 上 ねん を ふた q つゆ 》* 、 — 

はす を、 ぎし 一 滴の 涙 を、 快 樂に餘 念 無き 一 一人 は 露 ほ^も 知ら さゥ け. <^。 

を のよ く e を こ i ころ はつ かんせう こ、 ろ に * & へや いつも 

かくて 其 夜に 九 時 少し 過き たる 頃、 .^^,初はさま,,^の烕動を心に擔ひて、 か のれの 室に 屍々.、 m のな. kJ 

ふきけ 3 くら つ .S ぉぺっ は せ .9 ねん かほ め さき あら W 

く ラゾプ を 吹 消して、 枕 を 着けし が、 1 瞥に 似た ゥも.^ も; S し 少年の 顔、 ぁ<^く^目前に現れぬ0 

ね も ひ si^ わ 5- ハへ わち ぶ こど ビ /'さ S を S むしゃ 5 つどめ 1:; ま i ひ こ まち かみ ばん 

思 出せば、 我家 S まだ さほ.^ 落魄れ ぬ は^の 事な. y き。 父樣 の內務 省に 勸玉ふ 乙 の 住居 tt 麵 町上 六 翁 

おや 5 わら 《 み isjs- みはく たち や £.. さま *1 だ ど きん 4J よ よ ども だお お ほ せろ がく か 5 かへ の も 

町に あ 6 て、 妾が 身 装 もさして 醜から ぬ 御孃檨 育ち、 隣近所に 好き 朋友 多く、 小學 校よ. 歸ゥて 後 は、 

ハろ あ も. ひ ひ くら れい わら は い へ Si けんさき お S ど. > ビも だお もの あ はさ s たけ * 1 

蕭々 の 遊戯に 日を暮 すを阅 さしけ るが、 妾の 家よ. CS 二 軒先に、 同歲の 朋友 あ. て、 其 兄檨に 猛雄樣 さい 

fcit- を ど ij ゆきさん よ K ひさ »• も た 》• こ SJR- &、 ろ 5 らゃま たけを 

ふ は、 優しく 男らしく、 や 雪檨 は、 ほんに 好き 兄樣 持ち 玉; 3 しさ、 小洪心 義 しか, しが、 をの 猛雄 



さん は た ひ 5 つ ゑ はしら たの む を こ も ら. ゥば 

檨 J^、 よくも 似 かよ ひ 玉へ る 容貌の なつかし さ。 杖^も 柱 もも 赖 まるべき 息子 を、 持てる 老婆 は、 いか 

こゝ ろつ よ むねの. つち さ 《- ケ fsao み?; 5 C ふいち C ほん /- き f ゐ ねぶ 

に 心強く やか ぼ すら ひさ、 胸裏の 想像 糸 の^さく 亂れ て、 十 一 將 の大將 w を閬 きても、 客 易に 睡られ ぬ 

こ 5 はて も はやな も め さ く^7ち^^ きん S- ん わ $ ち せ,^ ねん がた 

k 困 卜果、 最早 思 ふま t く^ 眼を閉 げば、 S 中に 金輪い くっさ 無く 沸きて、 中 はは 少年の 姿 あ ゥく。 

を まつ こ ゑ き .s,a> か さび どし わく あ L ん ねん * & のか や,^ み い おねん て あし しば S 

慣れし 秘資 の聲も K かで、 田舍 淋しき 年 を 送 ク、 明 くれば、 新年 七日の 休暇、 一年 手足 を 縛られた る 鳥 

a f ^ ね や き や 5 だ. S をお を;! d たづ か^^ぉほ L よくこ 5 ね も やかた 

の、 自由 を 得た る さく、 親、 兄弟、 父、 伯母.^ < ^お尋ね ひ^、 數多き 職工^も の、 思 ひく;^ 館 を 

たおさ あど しづ はつ ゆ どころ かへ どころ を ど かくら, ゥば へや ね どづ 一 k T 

立去ゥ たる 跡靜 かに、 .:-,p? は 行くべき 處、 歸 るべき 處 無ければ、 鬼 角 老婆の 室 のみ 音信れ て、 やかて 

こつにく をば やさ さけ ふか k _^^^u^» c f- はい, ち 

は、 骨肉の 伯母な さも、 かくまで 優しく、 情深く は ある ま tc.;^ も ふ ほさ、 遠慮 無くなれ は、 文 一 さ 

よ む もこ こ、 ろ わき L だい いちざ だんらん ものがた 《- むつ , み . ^ん ふ. t.^^ ^ は を 

呼ばれた る 息子に も、 心 置の か.^ く 次第に されて、 一座 圈欒の 物語 睦まト く、 蜜 W 二 簡を睹 けての 花 

いくさ い ち a ち わら ひきよ 5 たの ム こら かたま 9- くわ. &ら < に ゆし 一 * 

戰に、 た わ ひなく 一 日ケ 一笑 興す もの 樂 しさ。 不幸 S いふ 魏 のうちに も、 快 樂てふ 種子 は 乙 もれ ウ^ かほ 

し 

こ 50 し にん ねんさ 5< 5- つし ゆれつ しゃ 5 かんば か 5 ど 5 き や ffl ち *> y さん はんた か いへ 

されき、 今年 は 新年 早々 ょゥ、 一 種烈 性なる 威 胃 流行し、 東京 市中 は、 二三 人 侵されぬ 家 は 無き ほ.^ 

ひ 5- L ん ぶんみ たび を:^ きみ あし さ. &は ひくわん をい .eHW ひ か 5 

タス 日々 の 新 問 見る度に、 何^なく 氣味惡 く.; - ぼへ しも、 幸 舘內に は、 をの 病琉 行せ す 乙ゝ まで は、 

あくび や <- いりこ こ ゝろづ よ たも むひ か £ ろ おひく かへ 《• きた しょく こ s を S- あし その や 3 ひ ぜほ きな 

さる 惡祸も 人 込む まじと、 心強く 思 ひしに、 六日 頃よ. cs、 纏々 歸來れ る 職工の、 折惡 くも 其 病お 負ひ來 

かふ を ク へいてい きみ われ いちた だい か 5 か、 へ いしゃ め , > もが かき は ひ 

.0 しょ ゥ、 甲乙! 內丁、 君 も 我も^、 やがて 一 時の 大 流行に、 抱醫師 は、 目の ま はるば か-^ の 忙し さ 勢 

隅 田 川の 秋 八 九 



隅 田 川の 秋 九 。 ^^^^ 

わ やま ひ はや はつ & 5 せき しん ふ ゑち, y * どめ まっさき 2 くら つ よく じつ わ-; -づ 、5 さ は ビ 

を 得た る 病 は、 早く も か 初の 同席まで も 進入して、 越後の 少女 最 先に 枕に 着き、 翌日 はか 榮 頭痛 甚 し 

さて、 職業お やすみぬ。 お, 初の 乙、 k: ぼ を さ、 言 はむかた なし。 

ュ その ひ ひどた び あ ら 4 ば こ、 ろ ゆき あ ど を 3- ^xf 

^るに 其 日 は 一度 も 逢 はぬ 老婆 を、 いか^せ 卜^ 心に かゝる ま、、 を. し^ 行 逢へ る、 憐 席の 女工に 

ど ば あさま ひる も づ 、5 はげ まくら つ たま .t^ ま St た か せ む; ^1 

問へば、 婆樣 は、 午過ぎよ, CS 頭痛 烈し どて、 枕;^^着き給ひぬ。 大方 は 風邪なる べし さいふ。 さて は^ 胸 

ばげ ろ k > あ. L ► S そ へや ど, の ビ こ はち なき ら 5 ば むむ かたはら しんば いかほ 

藉き、 をの 足に て、 急ぎて 室を訪 へば、 伸べ たる 床に 鉢卷 せる 老婆の、 す やく ^眠れる 傍 k、 心配 顏 

わ ぶんいち 

して 座れる は、 文 一な ゥ。 

ゑし やく ざしき い ど ほっさん こ 3 でき わたし ひ 

會驛 して 座敷に 入 6、 體を 問へば、 か-初 樣、 困ッ たこ さが 出來 ました。 私は惹 かぬ やうに く 

を をん こど おも H 、おや ゎづら こま は 

さ、 注意して 居ゥ ましたれば、 何の 事 もな けれ.^、 思 も かけぬ 母親に 病 はれて ビ、 S かに も 困, 果てた 

かほつ き たび か せ あくしゃ $ ら, 'じん やみつき わ. 5« せんく わい 

る 顔色 をれ は、 の 度の 風邪 は、 惡性 にて、 老人 な^の 病 付て は、 容易に 全快せ ぬよ しなれば、 

ズ ザ ほさら しんば い いひ ふ どん *A.-tt,<- さぶ よ ほ ね くるし 

猶更 心配に て さ 言 かけて、 蒲團の 隅々 を、 寒から ぬ やう たゝ きぬ。 餘程御 苦 み^され ませし か 

こ *■ ゑ ビ いわ べつだん くる. I わたし f> &5J か 《 ころ も はや ど. J ど 

さ、 小聲に 問へば、 -? &、 別段 苦み はいたし ませぬ 私が 職業から 歸. し 比 は、 最早 床 を 取. て、 

ね - を ぉ& ろき を たづ づ 、- 5 はげ たへ よしを かさん は を や も 

寢て 居らる、 に 魂消、、 き ラか爲 され ませし か^ 尋 ぬれば、 頭痛の 烈し さ堪 がた く、 吉岡樣 に 話して、 寢 

さつ をく び や ちしつ つ ゆ あ ひか ほ ws- か 5 か せ ち 5 

んだ W いふ を、 をの ま、 もな しか きがたく、 早速 病室:^ 連れて行けば、 相 變らぬ 流行 威 1?^ れば、 注 

い くわん & く. ts" もら ゆ .S まも こ のち こどば つ *• 

意して 看護すべし さの? これから 藥貰 ひに 行かねば ならね- $J、 今少し 後に £ 言葉お 續 けて いふ … 

ねつ » を どめ ひざ f ^ ひたへ て あ み ゐ ぶん & ざ >0 き ら 5 

…… 熱《ゎ.<.^ませぬかさ、 少女 膝 を 進めて、 老婆の 額に 手 を當て 、見。 隨分 御座 ゥま すね ふ 時、 老 



* め ひら はっさん わたし をば さん 

婆 は そ/^ と 目 を 開きぬ。 か-初 樣 です か。 私 もさう く やられました よ。 賢母 檨さ、 やさ 

よび A & きぶん か& げ かほ 5 お まも あ S- かた £ ざ た はや g かせ ま を 

しく 呼 » けて、 御氣分 は? さ 悲し 氣に顏 打 守れば、 雖 有う 御座います 。只 流感 行 胃^ 申し 

べつだん こど &ざ いか づ、 5 はげ こめかみ あた & み ざ て たさ 

ますれば、 別段た S し.^ 事 も 御座る まじ けれ.^、 如何にも 頭痛が 烈しくて さ、 攝嚅 の邊を 右の 手 k 押へ、 

ハま い た こ 5 もら さ <!1 ほビ いた どし くる しみ 

今 は 痛み も 少し は 薄ぎ たれ^、 先程の 痛 ささ S ふ もの は、 乙の 年に なゥて も、 は 卜め ての 苦痛、 

の やうに 烈しき a 邪 を、 惹 た覺は わ. ^ませぬ さ、 苦しき か、 嘆息 を拽 しぬ。 

を y. およつ ど たお あが ぶんいち を 10 め ひきど く を 5- どり わたし 上ケん を ど 

折から、 鳥渡^ 立 上る 文 1 を、 少女 は惹 留め、 藥 取なら ば、 私が 能く 存 卜て 居 ますれば、 取ッ 

き さ f あげ い いわ if き わけ あ *<b た さび 

て 來て差 上 ませ ラさ 言へば、 否、 直, V 乙 なれば、 譯 もな し。 され^、 貴樣は 淋しから ぬ や 

* 5*4 さん そぶ を かま を y- こ あ L わけ を £5£ 'ゐ わた く^^-ぴん む 3- f けど 

う k 、賢母 樣の 傍に 居 6 玉へ。 男の 足の 譯も 無ければ さて、 容易に 渡さぬ 藥瓶 お、 無理^^受取-^^て 

ヒ もて い さ げん かけいだ ISJJ^ ゆ ゑ ふり かへ L 上 stj あ わが ろ 

外に 出で、 二三 間ば たく^ 驅 出して、 何故 £ も なく 振 返れば、 障子 を 開け たるま、、 乙れ も 我 後 を 

み おく * どこ み 3 わ かほ かほ でんく わ S せきく わ はつ しづ がお こ、 ろ いちべつ W づ 

見送 ゥ たる 男に、 はッさ 見廻す 顏 さ顏。 電光石火?、 か 一 初の 沈み 勝. >a> る 心 も、 rJ の 一瞥に、 うれしく 羞 

や 5 かん e や 5 おは 

かしき 樣. る 感情 を、 まみ./ \ -覺 えぬ。 

くや a- ど W かへ 5-<* お らもん い • まへ みづ. < わし や たね を 5 んし ちみ かん 50 ほ か たも ど S 

藥 取の 歸路 k 裏門 を 出で ゝ、 前の 水 葉 子 店よ.^、 種 無しの 雲 州 蜜 相、 十ば か. <>賈 ひて 缺に 入れ、 その ま 

はし いき ら へや もど 

ま 走る やう k、 呼吸 をき らして、 老婆の 室に 戻. ぬ 

ざつ のち たも ど み やげ ど W いだ をば さ 3 もこ めしあが だ 

座 k 就きて 後、 块ょ 6 かの 土產を K 出して、 賢母 檨、 少しば かう なれ ^、召 上ッて 下されまし^、 

3 くら もど 56 ら ふた 3- ありがた い. かほみ ゥ きみ わる 

枕元 k 幷 ぶれば、 二人 は 難 有し さ. 言 はす C か は. CS く をの 顏を見 詰む るば か 40 うれし さ、 氣味惡 さ、 

瞎 田 川の 秋 九 1 



^隅 田 川の 秋 m 九 二 

はづか み おき! 1 ころ ひ ゎゥ かほ かべむ どき 

羞 しさに、 身の 措 ft なく、 火の もく 熱する 顏を、 壁に 向けて、 いか > せひ W かも ふ將、 乙の や 

& し A ふ." い ら,? ば い fc き 5,- く ぶんいち S 

う^る 御 心配 を^、 老婆 は 言 ふ。 御氣の 毒な^、 文 一 は 言 ふ。 

は し ぃビ くち その上 e ふ e $^ へだて かた わたし で き こど S 

乙、 に 話の 糸口 ゥ> きて、 其 夜 も 十 時 過まで、 隔 心なく 語 A- ゥ いけし か、 私の 出來 まする 事なら ば、 何 

こ、 ろ ^ico £ 上ら た ほ .5- ひれ はつ かへ I 

なり さも 心 置な く、 御用 を 仰せられ まし さ言筐 きて、 か 初 は歸ウ ぬ。 

らヽ へや ふた 3- び や 5 しゃ づ つ £ 'はつねつ くるしみ ぴゃ. r き 

歸れ ば、 か のれの 室に も、 二人の 病 者。 頭痛 發 熱の 苦、 みるに つけても、 あ、 病氣 はいやく。 

i 

よくて..' でんち こま 3 む をみ だ ジは L. や 《 'めん ふきつく かせ こA^;^ な むか S かみ そ s- 

翌朝 は 夭 地 も 永る ばか. の 寒さ。 隅 田 川よ. 正面に 吹 付る 風、 ; 3 うく さ 棺に鳴 ゥ、 向 は > 顔に 剐刀を 

あ こ、 お くわ,.' かんだんけい L ふ 《J くだ L くお く いひ ほや 

當 てられた る 心地して、 華氏の 寒暖 針 も、 四十 度 を 下る 乙と 四 度^、 口々 に 言 離されぬ 。をれ にしても、 

ら 5 ば び や 5 き をに さき こど こ、 ろ か、 ろく C L >«ど ゆ み こ、 ろ まか て あし こい 

老婆の 病 氣は^ 、 何よ. 先に をの 事の 心に S れ. il、 六 時よ ゥ は、 職業に 行く 身の 意に 住せ 卞。 手足の 凍 

ふゆ ひ あぜ f^^s を ろ 《• く た © み じか ひ あし はし? Vi わたし た 

ゆる 冬の 日 は、 汗ばむ ほ^の 勞働 も、 慣れて は、 さほ^ 勞 苦を覺 えす。 短き 日脚、 橋塲の 渡に 落ちて、 

は、 ムぬ しも お ころ ほ 5 ばい ど も へや も みち が ら 5 か をば い みづ さむ こ いけ め ❖ 

白帆 夕 霜お 帶 ふる 頃、 同僚^ 共に わが 室への 侯路、 長く つ》 ける 廊下の 傍に 出で、、 水 寒き 小 池 繞る 

どき sfl ろ よ ひど たれ かへ りみ だんこ rL ゥ さか ゐ まがき くび いだ ひ ビ 

時、 後より 呼 ふ 人 は、 誰か^ 顧れば、 男工 室 さの 境の 籬ょ 6、 首の み 出せる は、 かの 文 一 な. き 

S1. ゥ « い おも は. つか 上 t ふ^でき > いか J- ためら 5 しろ 

同 ェの思 はく も羞 しけれ.^、 呼ばれし もの を、 まさかに 知らぬ 振 も 出 來す。 如何せ ひ €、 躊躇 ふ 後に、 

たび a つさん れく よび &ゑ ょ ゐ i をん く いやみ い あま ゥ さへ 

乙の 度 は. &ー 初樣く S 馴々 しき 呼聲。 それ 呼んで 居る よ^、 . 末で」 いへ る 女 k、 嫌味お 言 はれ、 加 之、 

A た あ .t づ こづ き B づか たへ い. か 上ラ to f5r is や..., き 

W の 邊を靜 かに 小 尖 かれて、 いよく 氣恥 しさに 堪が たけれ <^、 如何なる 用事 か、 もしゃ 老 if- の 病氣の 



ま, くた も たま こ、 ろ さ だ くび も もさ i わら をん を もろ &ゑ I *v げ y - 

益々 重くな. 玉; 3 し はわら^る かさ、 心 を 定めて 踵, ダ M せば、 後 はくつ く 笑 ふ 女の 諸聲。 塵に 污れ 

* どめ i * 

さる 少女の 乙、 の 苦し さは S ふば かゥ なし 

上 くる たも ひ ゎづ かきね そば ちかよ ぶんいち こ ゑ て 5 し お ビ > け P > ^...^3 . k ば-、: \ 

世に も 苦しき 想して、 纔 かに 籬の 傍に 近寄れば、 文 一 聲の 調子 を 落し 今朝の 寒氣 にて、 老母の 

び や 5 き 上 ほさな も かた つ S い (や お上げん まか び や e 'しつ ひ y ま か n-tc さ だ 

病 氣も餘 程 重くな 'たる よしを 語ゥ、 就て は 謦師の 助言 は 住せ、 病室の 一 間 を 借りて 療治す るに 定め 

i われ あさ ねっき づ 、5 もこ ねこ こ、 ち あるひ かせ.: V ゆ- L 

たる は 好けれ^、 我 も 乙の 朝よ 4 熱氣ゎ 4- て、 頭痛^ 少し は 起. たる 心地。 或は II 冒に ^ され しゃも 知 

こな たま び や J-L つ ひど; * せわ ひど ゆ を は さ 

れ す^、 いふ。 をれ はさ どかし 困 6 玉ぶべし まして 病室の 一 間に、 世話す る 人キュ 無き 賢母 樣の 

たこ 、ろ ほ- V わたし D い からだ い ひか ふ yj で こど^ こ、 ろ づき k ゆ ki あ ズサた 

御 心細 さは、 私さへ 自由の 體 ならば さ、 言 S けて、 不圆 出過ぎた る 言葉に 心附。 何に しても 贵君 

& だいじ べつだんよ. り * &み わ^ 

は 御大 事 さ、 別段 用 も 無き 身の、 をの ま 、別れぬ。 

しか その上 おも ii-c いでき こ、 ろ か、 ら 5 ば たづ ゆ 上く ひつ かっき さむさ いど 

然る k 其 夜 は 思 も よらぬ 用事 出 i ホて、 心に 憑る 老婆 を 尋ね はも 行か^ ゥ しかば、 翌日 は 曉の寒 も 厭 はす。 

ひビ さき ねき い あさめ LIS へ いそ び-や つ ゆ ろくお や 5 ま よ にん び や 5 し-や は..,. か 

人よ ゥ 先に 起 出で ゝ、 朝 齦 前に^、 急ぎて 病室へ 行けば、 六疊の 一 室れ、 四 人の 病 者、 いづれ も 流行 烕 

せ く つ 5 は を はだ (1&. あ W さ! HI け ふ つ S ち い ら まくら ズ ザら ぶんいち 

胃の 苦痛 甚 敷有檨 なる に、 をの 狹屈 は いかなら むさ、 中に 入れば、 老婆 さ 枕 を 並ぶ る は 文 1 にて、 乙 

た を はやり か せ かほ いろ ん あ をみ ね め つき, i 、で つね J 

れも 同し く 流行 威 胃 やか、. けむ 顔色 何^^く、 蒼 咏を帶 ひて、 服付已 に^んよ ゥさ 常なら す〕 

た 3- ろ ゑし^>く わう も き は、 くつ 5 **,J おどろ さくや い らい わ, くる 

驚きて 會霈 もせ 卞に、 容體を 開けば、 老母の 苦痛 は 少しく 衰 へたれ.^、 昨夜 W 來の 我が 苦し さ。 

*^-か/\ひど、.ミ" S ひつく け さ さい は ひ たちつ き せんしん ちから まった ぬ V , た 1- ひ,, 

中々 一 通りに 言盡 すべきに あらす。 今朝 は 幸 に 落 付た れ^、 全身の 力 全く 拔 けて 職業な おは 思 も 寄 

ねった か あで ま くら たおる むづ so も だち たの K さ,^ K ち き H か ど ^ 

ら す。 熱 高き 頭 は、 眩み にくら みて、 や, 居さへ 難 かしければ、 友人に 赖 みて、 一 ニニ 日の 休暇 を 取らむ^ 

隅 田 川の 秋 九 三 

- i,.T ., し" 



隅 川の 秋 九 四 

こ かな を どめ き f *> みだ らうば 3 くら もど ゆ ぴ や. x-a- く つ,, - 

悟 亡、 たえ t に 語らる ゝは、 少女 は 氣の毒 さ J^、 涙 こぼれぬ さて 老婆の 枕元に 行き、 病氣の 苦痛 を 

<*-々さ あ Ms- くわ. S しゃ ぺ《 'しつ くわん せん のケ む 《- し ■ 

慰めな.^ して、 をれ さ^く 邊 おみれば、 か、 る會 社の 病室に、 完全お 望む は 無理 か は 知らね^、 わ ゥ 

€ い へば 乙の 室の 荒凉 

らく? I き くろ L.5f4J やぶ f &ど かん ふ 5 ** るビ A きど ほ ベ .f-K ん まくら もど さむ i 

書に 黑卞 める 障子の 破れよ-^、 棒の 如き 寒風、 銳く吹 透りて、 病人の 枕元 S か k 寒から ひさ、 思 はる 

くづ かべ きま あさひ ひか 5- S や た • み $ へ てら 

る さへ わるに、 崩れ か、 れる 壁の 隙間よ .0、 朝日の 光 さびしく さし 入りて、 破れ はてし 疊の上 を 照せば、 

てん t や 5 を や ね Co さま もの か * & みし ふた た に- ん ね,/ b まくら つ 

夭 井 無き 屋根裏の す、 けたる 樣も、 いさ >物 悲しき を、 見知-^ もせぬ 二人の 他人^、 同 卜 枕に 着ける 御 

こ、 ろ た ほ こん * &ん かぞく い まさら たも ひお. J 

心の ほ^ は ざ、 か ッて覺 えし 闲 難の 數々 を、 初 は 今更の やう k 思 起しぬ。 

たも ひなこ ころ つら かも ひき くわん ベ 5 ひど ふ た 《- ふ べん L ん, VJ こ 

思 起して は、 をの 頃の 我 乙、 の 辛く 悲し か. しに 引 くらべて、 看病す る 人 も 無き 二方の 不便 を 心底の 

こゝろ たも ひ で き こくわん ぺ 5 まう あ へや もど のち し あ, 

情 k 思 や o、 出來 るなら ば、 御 看病 申. H げたし さ、 か のれの 室に 戾. て 後 も、 つく f さ 思案し ける が、 

ど かく fi よくこ < て 5 あ しだい かた Si さぶ にち き £. か こ ,< クビん ひ 

免 も 角も^ 職工 長に 逢; S て、 rJ れ くの 次第 を 語. o、 二三 日の 休暇 を 乞へば、 別段 難く も あらぬ i の、 

たや も ゆる 

容易く 許されけ う 

こ、 ろ や も くわん ぺ 4- でき 5 れ § *L も. U へや ゆ 5 ち こど さら こ、 ろ fe, も 

乙れ にて 心 易く、 看病も出來る^Jさ、、 嬉し さに 躍る 足 を 房して、 わが 室に 行き、 中 にても 殊更 心 易き 

ひで わけ か tii ft て 5^ たづ さ ふ t:i 、びべ 5f> つ 5J ひビ かた * どめ しんせ ソ K-5 ば ぶん 

か秀に をの 譯を 語ゥ、 入用なる 調度 を携 へて、 再 病室 を訪 へば、 一方なら さる 少女の 新 切に、 老婆 も 文 

3 ち もみだ しゃ 

1 も 淚を乙 ぼして 謝しぬ , 

く. も、 かしら た、 しょく たづ かや さむ Lfa やぶ つくろ ね 3 き 上ら あら *, ザに かれ 

藥を 働め、 頭 を 叩き、 食した きもの を 尋ね、 風 寒き 障子の 破れ を 繕 ひ、 寢卷の 汚れた るお 洗 ひ、 何 彼 さ 



よ しんきつ かい ほ 5 た にん を も かたわら ふ ぺ 5 しゃ まで 

世に. 新 切なる 介抱 は、 他人と も 思 はれ る ほ < ^なる に、 傍に^ したる 病 者 k 迄、 やさしく のみものせ 

を どめ むひ はた かみ や: i 一 i 上く ひどで き L わざ .WW 

る 少女の 胸に は、 果してい か. る 神の 乙、 や 宿る らん 少しに て も 慾 ある 人の 出 求ま 卜き 所業 襟 

つ かいまき かぶ ぶんいち くわん しゃ をみ だ $ み を どめ かた わが 

冷めた き 搔卷を 被 6 ながら、 文 一 み/^ さ 威 謝の 展. i.* 流し、 見る さもな しに 少女の 方 をみ やれば、 我 

はゝ ね まき ぬ Kw はこび よねん みい かほつ き 5 つく いま ゝで. s< たび で あ ひ 

母の 寢 衣-^ 一 縫 は ひ^て、 針の 運に 餘念 なく 見入 6 たる 顔色の 美し さ 今迄 幾度 か 出逢 たれ.^、 乙れ はき 

き S や 5 ふし つゆ こ、 ろづ か あい くち もど S い e や 5 あ. S ん 

の 器量 好^ は、 露ば か 6 も 心 付か f06 き 可愛らしき 口元に は、 言 ふに 言 はれぬ 情愛み ち-,, \ て、 德£ 

を め もど せん W や. f ね <- ち S ん くわく た t- かほつ き ひ げん いど しさ あら K L んげ つ 

凉 しき 目元に は、 千 兩の價 値 わるべし。 まして 輪廊 正しき 顔形 は、 無限の 可憐お 顯し、 新月の やうなる 

まゆ £ 'まれつ き をん わ f め 上 び どく を を をん を ぶんいお 

盾 は、 をの 性質の 温和 を 示せる に 似た るに、 世に はこれ ほさ 美德備 はれる 女 も ある 乙 もか^、 文 1 もお 

.& ビ しさ た ゆ 

- 初の 可愛 を 心に 覺 えぬ 

しづ 3 が 3<ら を ほ み ゆく も ゑ ね も ❖ ち こ ほ い 》* さらる くち 1* こど 

さて、 靜 かに 橫り たる 枕 を 直し、 つく/^ srj の 身の 行 未 を 思へば、 愚痴 滴す は、 今更 意氣地 無き 事 

わがい つか ふ L あわせ ね も ひいだ ざんねんし ft< た ど、 さ 3 & ざいせい 

なれ, を、 我 一 家の 不仕 合の ほ^ は、 思 出しても 殘 念-全 極に 堪 へられぬ 乙 さど。 父檨 すら 御 在世なら ば、 

いや L よ < か 5 をお ぶ つ ゑ ほしら たの 

まさかに乙のゃぅ4^^る賤しき職ェ^まで、 落魄れ卞wもすひべき^i^のをo 杖 さも 柱 さも 賴 みたる 父 は、 

く K た せんし あど ちから し S- るゐ み K 、さ 3 C あ ひ ひ 50**- み f いく 

國の爲 めに 戰 死して、 跡 は 力になる べき 親類 W て 無き 身の、 母樣の 慈愛ば か 6 に、 人並 勝れて 養育され 

き ろくめ せん ケ ざい さ S: つか ひ は. N をれ ね も げ 5 でき は は、 さま 

し を。 あの 喜 六 奴に、 先祖よ/, の財產 を費果 されて、 其よ 思 ふやうな る 修業 も 出 來す。 果て は、 母樣 

ひど W や し な こど か £ さ. & さか こ からだ た はん S- ち あさゆ ふ をん ぎ さケく ふ かひ ♦& む こ 

1 人 養 ふに 事を缺 き、 五十 歲の拔 を 越えた る身體 にて、 他人の 中に 朝夕の 難義、 嘸々 不甲斐無き 子息 £ 

おゆし めし: .5- つ t く はや -C あんらく み is へん C f 

己 も 思 召 玉 ふらめ。 されば、 一刻も早く、 御 安樂の 身 k せ させ 申した しさ、 dt 時 も 心に 思 はぬ に はわら 

隅 川の 秋 九 玉 



の 手て 人 
か 無 を に 




ち な も ri み くち を ざんねん 上 ら ひまよ 

^れ き、 智惠 持た すに 生れた る 身の、 口惜し さ殘念 さ 世に も あられぬ ほ^、 思 迷 ふこ^ はわ. ながら、 

K ft かんがへ & いっしょ i ct 

S つも)/ \ru まめの 齒 ぎし ゥ同樣 の 者 バか ウ、 御 1 所に 住 はれる やうになる も 、あ、。 いつの 事 やら 

feR" た ほつ か を 5 きょ 

思へば く、 覺束 無の 浮世 や。 . .,. 

い つ まで か を らいねん を けっき 5 3 いか い を か . か e 

され^、 ま 乙^ 何將迄 期く しても 居られねば、 來 年;^ 爲ク て、 月給 にても 增 ば、. 如何なる 田 舍の假 

も まひ いつ f フ い へ も , ) あさゆ ふ^ たき せ わ たれ たの かつまた は、 さ 3 ひど 

住居な. も、 一 軒の 家 を 持た ね はなら す。 さすれば、 朝夕 卖燒の 世話 は、 誰に か赖 まむ。 且又 母樣ー 

わがる も i ま 5 Aj 、ろ さび せ ひ ひどり たはみ fl あ ひ 

、 我 留守 を 守らせ 申して は、 さどく 心 淋しく おぼし 玉 ふらむ それに は、 是非^も、 一人 御 話 相 

か>^> お は!^!しぁぃて L んち 5 ほ、 ゑ をん ひど S- も 

くて は ::•• 叶 はす。 御 話 相手^、 心中に 微笑みて、 何 £ しても、 をれ までに、 一人 持たねば ならぬ 

. も . , . は、 さまた き め さけ ふか あひこ W や てう $J や 5 

. ^うせ 持たねば ならぬ ものなら ば、 母樣 の御氣 にも 召して、 情深く、 愛 濃 かに、 丁度 あの 檨 なる 

ね f ひ ふ VJ 5>s- . ew, &の たも ひ しづ i せい $ こ、 ろ 

を さ、 S ウ^け て、 不 圆.; ^Ig を鳆 へば、 rJ れも を, 針 を^^め て、 物 思に 沈める a 情、 何 か 心 か 

かる 乙 さ j^, て. ij^ あるに や。 

f を どめ i を か た ほ 上め 》?.VJ ふ けつ たこ つき., i-- けいざい こま 

あの 檨 なる 少女なら ば、 世の中に 多き 嫁 姑の 風波 も、 决 して 起ら^る ベく、 月々 の經濟 にも 困る やうな 

こど を たの せ S くわつ おく 

る 事 も 無く、 いかば かゥ樂 しき 生活 を 送らる ベ けれ. 

so かくね も よ > *^>^ ほう さ s せん, ぶん. S ちわれ しら を ためいき _« ら も 

鬼 角 思 ふやう はならぬ 世の中の 慣ひ か、 る 妄想 も、 詮無き rj^ かさ、 文 一 我 不知 嘆息 を せば、 少 

どめ ぉ&ろ f も aw- て ど しづ を ど し なくら もど ゆ お IT くる & ざ 4 

女 は 驚きた る樣 子に て、 針の 手 を 留め、 靜 かに 男の 枕 iH に 行き、 御 苦しう 御座ります るか さ、 や 

こどば いは ぺっ だん <る を い ため c き 

さしき 言葉 を かけられ、 否、 別段 苦しく も 無し^、 ゎづか i£ 言へば、 嘆息な きをお ゥ きな 



ゆ ゑ 3 た を びつ <9- 

さる 敌、 私 は うか 爲 され ませし どかで」、 吃驚いた しました よ。 

&> かば こどば あらた 6 K やひ る ちかづ おくもり さしあげ e 5 

半に て 言葉 を 改め、 最早 正午に も 近き たれば、 御 藥を差 上 ませう かさい ふ 比、 左樣 して 下 

を ど *j こた 

され さ、 男 はすな ほに 答へ ぬ。 

め さ sfs^i ど RTC \< を、 くち を は あら かし や 5 ゐ くわし いだ て. S ね. & ふた 3- あた 

よく 目覺 めし 老婆 共々 藥を勸 め、 口直し さ、 豫 め 用意せ し 菓子 を 出して、 丁寧に 二人に 與 へぬ 

ふた S- しんおう かた e け >*f てき *<b みだ $ 

二人 は 心中に、 辱^し さ數 滴の 涙 を 流すべし。 

K さん W ち へん を f く. tw- き 、め くわん ベ *> せんじ ろ.,, ば 》i よくよく も、 づ 、《, 

かくて 二三 日も變 無く 過 くれば、 藥の功 効、 看病の まるし、 漸次に みえて、 老婆 は 食慾 も 進み、 頭痛 も 

や かほつ き ひき ぶん いち ぺ 5 せい もこ い ねっき 

止み、 顔色 も いくらか はつ やよ くな. ぬ。 をれ.:^ 引か へて、 文 一 の 病勢、 少しも 愈え す、 熱氣 いよく 

たか しんた. & れ どろへ ゆ こ f へ こ、 ろ 

高ま タ、 身體 ますく 衰 行く ど此上 もな き 心が ゝ. なる。 

このたび はや w か せ .S ままで るい を れいし や 5 はつねつ くるしみ いちじ はい >9 ゆ SI を こ .a 5^ ん 

此 回の 琉行 感 胃 は、 今迄に 類 無き 烈性 にて、 發 熱の 苦 を、 一 時に 肺に 受く るが 故に、 少しく 油斷 せば、 

はいわん へんしゃ 5 や. * へんしゃ 5 5 へ &ゃ<^9 を か て f くわん 、いち^ 5 む S- fa 

肺炎に 變 症し 易く、 變症 せし 上の 療治 は、 中く k 手 重なれば、 患者 一 同、 無理せ? I; る やうに 注意せ よ 

> ベ うしつ かぺ L ちゐ は W ふだ に さんに ち 3 へ ビ り み い ま t ぶん. &ち &し &. <! 

さ、 病室の 壁に 主 治 醫の貼 札 わ を、 一 一三 日 前の 藥 取に 見し が、 今 kfe らぬ文 一 ^の は、 万一 をの^ 

氣 にな 玉 ひし J ^はわら さる か。 さらぬ だに、 不便 勝なる 母子の、 此 r さる Is^ を銷. ^おは 3-、 をの 

悲哀 はいか、 ならん。 をれ のみなら す、 をの 檨 なる 事 無き 爲 めの 私の 看 仏.^ る を、 さ 3- かぬ M のへ SSS 

い * 一 やさ ま い ろ 5^ き f めん は く を ま &W 

な f、 醫者樣 に 言 はれ 4^ ば、 老 の 御 氣の毒 さ、 面目無 さは、 ま rjs は 風 もんされ ぬ ほ^なる ベ 

隅 K 川の 秋 . 九 七 

is . し,. は 



隅 田 川の 秋 力 八 

し。 . 

わたしい ち AfS はち *«ん| をに KJ ケ ぶんいち やま ひ ねだ や せんく わい ちゃだち しゅし . ^の I ま 

妾 一 代の 八幡 樣!、 何卒 文 一 < ^の、 病を穩 かに 全快せ させ 玉へ と、 茶 齲まで して 殊勝に 祈る 少女の * 

と、 ろ ^1 .S き ほひ & どき か& 上く じつ はいわん へんせ 4- -J ん だん い しゃ 

心 も、 病魔 勢 を 得た る特 節な. き。 悲し や、 をの 翌日、 肺炎.^ 變 症した 6 さの 診斷 を、 醫 者よ 6 き ゝ 

ぬ 

ひ まし .J よく 上く も、 み ゆ せんく わい ろ S ば む もこ a いねん た 4- ひ ど3- こ ひ y5 *J や 5*^ ひ 

日增に 食慾 は 進行け.^、 S まだ 全快せ ぬ 老婆の、 息子 は S よく 肺炎 さき かば、 親 一 人 子 一 人の 情愛に 

お". -ろ たま L た- 5- ろき せっく わ < か は やま ひ さい はつ こど ► 5 へ 

< ^れ は.^ 驚き 玉 ふや も 知れす。 をの 驚愕に、 折角 治 ふかけ し 病の、 再發 する 事な.^ ゎゥて は、 乙の 上 

を か あい おい こ、 ろ ひ ひど. J ど ろ 5 ば つ ひど こ、 ろ こ つもうて いねい 

無き 難 義^、 可愛 や 小さき 心に 秘めて、 一 言 も 老婆に 吿 けす 。獨. か のれの 心を籠めて、 一層 丁寧なる 

くわん £ 

看護 を. ^しぬ。 

いちにち ろ £> ば せんく わい ひろ 5 へや S ど かく ね ふ w> かち ぶん いち め さま 

1 日、 老婆 全快の 披露に さて、 おのれの 室に 屍ゥ たる 折から、 兎角す やくで」 眠 勝なる 文 1 は、 眼を覺 

やせお どろ たもて f- づ あ はっさん ふた こ ゑ よ ゥぎ へや を: W め み 、さど き、 つけ 

し、 疲衰 へし 面を靜 かに 擧げ て、 や 初檨く さ、 ニ聲 ほ^ 呼 ふ を、 次の 室に あ 6 し 少女、 耳 聰く閬 付て、 

3 くら もど ゆ るい-, ♦& みだ © や わん ふく を どこ ぶ 3- たさろ せ 5 t んば いかほ 

枕元に 行きし が、 累々 たる 涙 を兩 眼に 舍 める 男の 素 振.^ 驚き、 何 どなされ まして €、 心配 顏は 

たづ をみ だ はっさん ね i もで かほ お ほ * &が あいだ 

尋 ぬれば、 ます.. (-淚 をす、. あげて、 か, 初樣! さ、 男 は 寢卷の 袖に 顔を掩 ひぬ。 長い間 

くわ A ベ 5 .S や かほ ひど こつにく およ かた お. J 、ろざし f れしき s ケ 5 こた こた 

の 看病に も、 厭な 顔 一 ッ せす。 骨肉 も 及び難き 實情 の歡喜 は、 五臘 k 徹 へて 徹 ふるば かふに 

i の を や こ S くら *<b ら を a ひど ふ e ゆ ふ ほ、 ベ.,. き よ ぺ5 S 

て^、 聲を 呑み、 母子 枕を幷 ベても、 何 1 ッの 不自由.^.;^ ぼえ す あれ ほ.^ の 母の 病氣 すら、 餘病も 出 

せんく わい み ><b あつ & くわん & かげ あ S- がた たへ 5. つた ほ わたし 

でさ, CS し 全快 は、 皆 厚き 御 看護の 御蔭 さ、 をれ さへ 難 有さ 堪が たきを、 何時まで 立ちても 治らぬ 私 ま 



で、 g 俨ふ i に 添 へられての Mi は、 Tsr あれす に、 虻が IS し i すべし。 まして 幾日 か、 職業の 休 E 、ビ 

> . をみ だ id 

も ?夙 はかけ ぬ、 御^ろ の^しく も 齢 もしき に は、 7> れ、 乙の やう k …… か-初 樣 …… 涙が こぼれて さ、 男 泣 

k& かれ、 をれ はぎ にな さる ゝ lis さ S ふ もの、 さる 心細き 事 を 御者へ なされて は、 病氣 にも、 

fgp く&ぎ 4 せぬ。 rfrislpil き g ぞピ て、 ^^kiki I の 母樣に 

は、 ^れ ほ^ 御 情 を しか がれ ませぬ i^、 S のこれし きの 事 は、 今迄の 御 恩 報し。 をの やうなる 御 遠 

^なされ 卞は、 ^Tkv^ss わ をば しまし、 ^かぬな から、 霞 おしまし うよ 气 口 はは 言へ さ 

は いわん おも ひ IZ- だ はつ しんち.!' を 

L き 肺炎 を 思 出して、 初 は 心中に 泣きぬ , 

かくまで、 ふ て^さる て も、 あの 御 病 氣は、 是非共 御 全快 * させ 度し、 實は 今日 も 心に か、 

る ま、、 Igsisis せば、 if は、 0fii0s. ipl 肺』 i§ 事 鍵れば、 

をれ 迄の ■ ^は にせよ。 S ビ li して、 rfsm も m おせむ は、 慰 さへ || くば、 大抵 は 全快すべし £ 

? ひ $ C せ,.. -くリ い £ かく いしゃ ほ 5 べん こ ど 

の j^o ぎ 鍵^ は、 S く ^ にも S おけれ.^、 まこ^^ をの やう 全快す る ものに や。 m 角 警師は 方便の 言 

あこ ビ を にかれ ぺ ん も 々さ 

I? 旭 ゆるよ しなれば、 乙れ さても 當て k はならぬ 事 さ、 思 ひなから も、 何 彼 g 病人 を遍 めて、 をの ま 

.rc だ やか ね ふ 《- つ > 

ま 穩 なる 眠に 就かし めぬ。 

?1ョ?5€"田|ひ て、 :{乙 ひし S% の、 ひ rs くさ Ir ひ tt きて、 け ふ は 十日 目の 夕暮、 同席の 4- 秀、 病室に 尋 

f^o « か かさ ば、 姻¥ か龈の さして、 か のれの! ^^慰 ある あらねば、 十日 以ムの 休 



隅 田 川の 秋 1 

かど かた あした しゅっきん しよく か. て 5 めいれい よしった きた 

暇 は 難き さだめ、 明日より 出勸 せよ さ、 職工 長よ A, 命 4= あろ たれば、 をの 由傳 へんさて 來 ぬ さ S 

ふ。 、 

きをく fi わけ きの ふ け ふ たも ゆく ベ 5 しゃ み も f( 

ま rJ 芑をの 規則 も 知らぬ 譯には あらね^、 昨日 今日 さ、 ます ノ\ 重. 行 病 者 を 見捨て、、 いかで 悠々 と 

L eyw いか たねが ひ JS- つし 5 くわん き i 'か 

職業な^ のせら るへ きこ さか。 れは 如何にしても、 職工 長に 嘆願 申し、 今 1 過 の 休暇 を さ、 か-初 は 

ひで VJ も じむ しょ いた S- ゆ ふ い お ふ し C5 かた ゆるし こ ほか L よく か 5 れい 

4^ 秀 亡北ハ 事務所に 至ゥ、 をの 理由の 一 伍 十 什 を 語 6- て、 許諾 を 乞へ き、 外の 職工の 例 も 無 けれ は、 を 

5^4 か W き、 K つき S< い こ、 ろか を いまり や 5 さんに ち さいさん こどば つく き 

れ, は、 聞^ > けられぬ^、 分明 言 はる、 に 心 悲しく、 せめて は 今兩 三日 さ、 再三の 言葉 を 盡 せば、 親 

fc< fl た しょく めん ほか せん ^こ ゐちは を さけ を 

則に 從 はぬ もの は、 職 を 免す るより 他に 詮なし さ、 何處 まで も 意地 を 張らる、 は、 情無し や 

ク か, ろ ろば かた もんく わ S くわん & ねが ま 5 あし は. S わん 

如何せ まじ。 老婆 は 大方 全快し たれば、 看護 を 願 ひ 申す も、 惡きに はわらね^ 、もれに は、 肺炎^い ふ 

はふ.. J f た は ま 5 た:? J ろき K をし ま を 

乙 さ を、 御 話し * さす はなら 卞。 御 話 申さ X、 をの 驚愕 は?、 S やく < ^うしても、 御 話し 申さね はな 

ベ 5 しつ も ^Js- みち .53 や 5 たし かへ?? きた ろ 5» *J い け みぎわ い であ 

ら ぬかさ、 玄ほく さ 病室への 展路、 今し も 用達よ-^ 歸來れ る 老婆^、 小 池の 汀に て 出逢 ひぬ。 

J こ ど は しばらく へ くるし は を Ij 、ろ さ だ f か にち 

何處へ かぐ」 問れ て、 暫時 をの 答に 苦み しが、 .^ラせ話さねば.^&らぬもの^^らばさ、 心を决 め、 休暇の 日 

f I こど い ま a さん a ち S ふよ こ ゆる こどて みじ かた さい, U はいわん 

限の きれた る 事、 今 二三 日の 酒 豫を乞 ひたれ.^、 許され さ-.^ し 事な^、 手 短 かに 語..' て、 最後に 肺炎の 

2 C か >J あん たが ろ 5 ば ね: JSCS- しん じつ がんてい はや みだ ふく 

二字 を 語れば、 案 k 逢 はぬ 老婆の 驚愕。 をれ は 眞實か s、 眼底に は 早 涙 を 合み ぬ。 

& しんば い や. 5 い しゃ は &L いままで けいれき のこ ほ- 5> 

され^、 御 心配な されぬ 檨 に^、 臀師 よ- y の 御. 話 もゎゥ たれば^、 .;^ 初 は 今迄の 經歷 を殘ゥ なく 話し、 

じつ ベ 5 & を 5* さん & しんぱい そん ま 5*: あ やど み 

: 實は 病後の 賢母 樣に、 御 心配 かけぬ やうに さ存 して、 御 話 も * 上げさ 6 しが、 人に 雇 はれた る 身 



, かも まぶた を どめ こ、 ろ ろ 5ば しんおう て あほ 

の, S ふま ゝ にならぬ 悲しさ^、 隨を 拭; S ぬ。 かく 迄、 やさしき 少女の 情に は、 老婆 も 心中に 手 を 合す 

らし 

よくて 5 .LVT- は い ろ ぅポ $^ ひさ る も へや も,; J 

翌朝、 か, 初 は 心配せ ぬ やう J^、 くれく も 老婆 を 慰めて、 久しく 留守に せし わか 室に 展れ ば、 か のれの 

fee わ こ.: ろ ► . て 5< かた 《< あ かし ま お むこさん & せん < わい ど * かくわん ねたの 

覺 わる 心に、 人の 事まで 喋々 しく 語 合 ふ 女き もの 姦し さ 御 婿 檨は御 全快 かの、 十日 問 はさ ど (- 御樂 

さん/. \ わめ ち よ を か ふ どく y んげ s: お ほ 3 C め 

みの さ、 嫌らしき こさお 散々 喚き 散らされ、 世の中に は、 か、 る 不德の 人間 多き で^ かき、 眞自 目に な 

にらめつ - , いひ いち tsjsf しろむ き いひ あは わら 

.0 て晚付 くれば、 を や さ 言 かけて、 1 同 後 向に な. しが、 言合せ たる,^^ く、 くつ )/.\- 笑 ひぬ。 

ひ き * ^ はく e や 5 かふ. L さ まさ て ど L Ac ビ a か < け ぶ やり も べつだん か は 

人の 氣も 知らぬ 同 ェの溝 情に 悲哀い^.^ 勝 6 て、 手に 執る 職業 も 渉々 しからす 今日の 容體 は? 別段 變 

く よ おも ひク !• & C ふわ かけいだ ぶ I ク たづ 

-.^ も 無くて", れ、 は 好けれ^ ビ、 思續 けて、 五 特の濕 笛 をき くさ をの ま、、. 驅 出して 病室 を 尋ね、 さし 

へん こ.. 、ろ や もん ひビひ も S ゆく どし **> み あ. L はや ひどつ き み を 

4^ る變 II きに 心お 安 じて、 一 日く さ 過し 行年 波の 脚 早く、 いっか 一 月 も 皆無に なりぬ。 

は, がつ い-て k よかん かせ た ほかた やわら あし は も ゑ あさ f ぶんいち ベ 5 

1 一月 入れば、 餘 塞の 風、 大方 は 和ぎ て、 蘆の 葉末に.:^ く 霜 も、 朝な く 少なくな 行く に、 文 一 の 病 

f-1 く^ づ > こ、 ろつ よ ろ..' 5** かほつ き ひ ただ や み 

氣も 段々 元氣附 きしょし。 きくに うれしく、 心强く、老婆の顏色も日ましは穩かに見ゅるは、ぃょ^,.\- 

せんく わ き づ さ.. 'ゐ L & どかへの ち へや たつね きた へんじ を や こ 

全快の 期 近き たるに 相違な し^、 職業よ. 歸. て 後 は、 S つも 乙の 室に 尋來. て、 少女 は 片時 も 母子の 

かたわら は 

傍 を 離れ^ 6 き。 

をのの ちま VWC あ ていち, 9 さん ほ ゆる つき 5J ほか &ろ かほつ きを ほ げんき 

其 後 間も無く、 文 一 n 床 を 揚げて、 庭 中の 散^も 許されけ るが、 をの 月の 十日 頃に は、 顏色復A^、 元氣 

つね s£ .L よくよく ふく む ベ 5 ろ 5^5 ふく さしつ かへ S しゃ 

常の 如く、 食愁復 して、 全く 無病の 人 さな. ける に、 やがて は、 勞 働に 服して 差 支わる まじ さ、 醫師も 

、 隅 田 川の 秋 】 1 



I 隅 田 川の 秋 1 二 

言 ひぬ。 

もの ゆ ふべ を や こ あきは V5 しつ へや 6 ど どひき な ビ も ざい S ん 

其 夕、 母子 は 倦 果てた る 病室 を 去. CS て、 か のれの 室に 展ゥ しが、 折から 訪來れ るか 一 初^ 共に、 在院 せし 

ひ かも かケ さて ふ 5 ん た いち. 3. わつ こ、 のか さん? ゥょ じつ ふくやく 

日 數を數 ふれば、 锗も 不運なる 大病 か、 4 しもの かな 1 月の 九日よ .0、 三十 餘 日の 服藥。 

£ せん <ゎ い $ けっか 5 はいわん Lsstts いた t 

され^、 かく 御 全快な されし は、 何よ A> 結搆 肺炎 £き 、しさき、 妾 はきの やう 心配 致した か、 知れ 

& しんせつ せんく わ 5- ぶんいち まへ わ も 

ませぬ さ- i^l 初 さ、 やけば、 ま 乙 さ か 一 初 樣の御 親切ば か て、 乙の 檨なる 全快、 文 一 御前 は、 忘れて 

も ろ, つば 

は濟 まぬ ど さ、 老婆 はいふ。 

いね い ひか f つぶ め かほ 5 おまつ て S こ 5 てん 

否、 をん な rj^ を …… 言 懸けて 低頭け る 少女の 顏は、 一抹の 潮紅.^ -點 したる.^^ し 

pfv て 5 て いはを ひら つきよ かげ さくらもち 5 せ 5 たん はるかせ ゆら か. * み 

十 里の 長 堤 花 開きて、 -f^ ほ >c 月夜の 影 もな つかしく、 櫻 餅 賣る招 帝、 をよ くわた る 春風に 搖 ぎて、 霞 

はら はくはん か をみ ねだ や みやこ aos- ゆめ 》* ん 2 く さくら ま ひき 3 わ ちゃ てん いくつか か じん のせ ゆ ふね 

に 孕 ひ 白帆の 數、 浪穩 かなる 都鳥の 夢、 幔幕 を 櫻の 間;^ 引 廻した る 茶店、 幾 S の 佳人 を 戴 行く 船な^ ゝ、 

みた か は ほる はんく わ いま I 

隅 田 川の 春の 繁華 は 今な. ^き。 

きん S-5 ざん 5 ろ 5 おもむ み ゥ わた ゆうじん かげし だい お W ゆ もら ま た ひど きこ ほ £.A.J き 

金 龍 山の, 牢、 徐 ろ;^ 水 を渡ッ て、 遊 人の 影 次第 k 徵 行く 《<i に、 X 一 しき. かしましく 閗 ゆる は、 紡績 

<h^L&. き てき あど わた... > よ ひど i しづ ゆ ふくれ いも S ろ も5ろ5 ゆ ふか をみ 

會社の^^笛な.^。 跡 は 渡 呼 ふ 人の 聲、 靜 かに 夕 暮を急 ぎて、 花の 色 朦朧 さかす けく、 夕 霞さん よ. さ、 

いつをん た&, A き わん せん L き や f ゆめ をら ゆ ふた S- ひ 5J 

1 衬に 棚引 たる うら、 かさ。 宛然た る 詩境のう ち を、 夢の/^ さく 幷び 行く 二人の 男女 ゎゥ。 

お wft さ しづ てい 5 め わか かた の ゆ みち はた たれさが ひど わ だ た * 

塵 R ま て、 S よく 靜 かなる 堤 上 を、 梅 若の 方よ.? H ゥて、 路傍に 塑 下れる 花の 1 枝 を、 男 は 手 折-^ 



をに こど * どめ さ、 や 

ぬ 。やがて 何事 か 少女に 私語く か, ^さし。 

* どめ かた ほ ゑ み-どこ あた ひ yj ねだ みぎの て ど くち もの はも ひら せつ 

少女 はに ッ乙 4 さ、 片頰を 笑ませて、 男の 與 ふる l枝を右手は把-=^、 うりく しきお のか 口に 其 花 瓣を接 

吻せ させ CNO さて 默 しても のま ゝ足を 進めぬ。 

さくら そ まが くもし ろ は を め およ をん て sffT- 

櫻に 傍 ひて 少しく 曲れば、 雲 白き 花 は、 目の 及 はぬ は < ^ウ^き て、 何 £ なくの かなる 眺望の かもし 

ちゃ てん ど もしび ふた み その あ ひだ お どめ かたわら よ 乙£ 'けいしょ < 

きに、 茶店の 燈火、 二 ッ三ッ 其 間にか^ やきぬ。 男 は 少女の 傍 は 寄. て、 好 景色 く^、 さゝ やきな 

かたわら べつ, vif い きんせい み、 かたぶ 

がら、 傍 の 別莊を 出つ る 琴 聲に耳 を 傾けぬ 

を どめ しばし さくら も ど あし か, X, て いき はま はくせい き、 ほ 令ミも ふ ど かた 

少女 も 暫時 は、 櫻の 本に 足 を さ、 めて、 高低 極. なき 肉聲 に、 閬 惚れた る檨 子な. しが、 不圖、 男の 肩 

たさ け しきょ どころ も こどたん だのし み 

を 抑へ て、 これ ほ.^ 景色 好き 處に 住みて、 琴 彈し玉 ふ はいか ならむ いふ。 

むん み こど な& こど ど は いろ あら K まづし 

さて は、 御身 も 琴を學 びた る 事 あ. CS やさ、 男に 問 はれて、 少女 は羞ぢ たる 色 を、 かもて 顯し CNO 貧き 

I み こどたん わざ .txj L た *• お a -J づ かほ 

家に 生れた る 身の、 琴彈 する 業な^ は、 少しも 知らね.^、 只 4 ^もしる く覺 えたれ はさて、 靜 かに 男の 顔 

あ ふぎみ わら きね わ <tt ほし な あら K た かほ 

• ^仰 見ぬ。 笑 ふどき、 鍋の さき 兩 ド, 笑 鶴の fil 1 ッ顯れ たる 爲め、 顔のう 'くし さは、 い よ J 

まさ 

增クぬ 

L ら ひげ tv こ あか もみだ が は みづ いった S S く ふ ひ たも 

を As しも われ、 白 鬚の 森、 少し 明るく ゥて、 隅 田 川の 水 一 帶の白 布を曳 きたらむ やう;^ 思 はれけ るが、 

だ わんけ い L ゆ. < げっ ろう < さ V.. ら こ^4^ゑ の ほ y. は いちだん ほ く も は を いろ い つ ふく f- んか 5 

やがて 橢圓 形の 春 月、 朧々^ 櫻の 棺;: :d 上 6 ぬ。 俄かに 一 段の 白 を 添へ たる 花の 色 は、 さなから 一 幅^ 江 

くわげ つ づ の さも,.^ 

花 月の 圆を展 ふるに 髩 » た. <yo 一 

隅 田 川の 秋 . 1 三 



隅 田 川の 秋 1 〇 四 

imm il I. EIJan—B U 瞿璽竇 露 一 ■= = —麵謹 鵬—— 一 Ill—gi n Il—i 疆 ■ = _ 画一 醒 i 誦画| ■ = 1 = ? -33?35漏 = 画 === 匿ー隱 5 瞧 = 謹 = ー||||| 画 - 匿 ■— a TTTJal ijj^i^^n 

あ を か ぃづ< く 5 き みみぎ もの い 

有る か 無き かの 花の香 は、 何處 ようさ も 無く 空 氣の中 漲.. て、 わた ゥの 物な つかし さ 言 はむかた な 

し。 

ふたり ..>ら ひげ S も S つお や てん い 二 i si ひど た、 は *{i み き や < 

1 一人 は 白 鬚の 杜を 過ぎて、 さある 1 茶店に 憩 ひぬ。 夜 なれば か、 乙 \ に は 休 ふ 人 無 か- Ts き。 只 花見 の 

& のこ ひ ど く はさん ぎ たづ さ まへ たか, ヒの み もち だん 

居殘 6 さか はしき 人々 の、 二三の 妓を携 へて、 前^^る高褸^^:^ 三 &を彈 せし むる あるの み。 

* んを い だ .& ちわ S: ちゃ ちじ わ ほど y さんねんぶ W たの は >&み L を どこ つぶや 

茶婢の 出せる 一 椀の 茶 を 味 >;3 っゝ、 殆ん^ 二三 年 振に て、 か、 る 築し-き 花見 を 仕た. ^さ、 男の 獨 言けば、 

わたし さんねん まへ ど 、さま つ つきよ は をみ 5 ま 

妾 も 三年 前、 ハ乂檨 に 連れられて、 乙ゝに まる. しば か- >、 月 ある 夜の 花見 は、 生れて は t めて^、 たえ 

を どめ い 

く k 少女 も 言 ひぬ。 

を W てんせん か. L3 ひど こ ゑ き や うし 53 ん き やう か まん iJ ん ひど むれ S&K もの み 

折から、 店 前 喧しき 人の 聲す 狂詩 Y 吟し a 歌 をうた ひて、 いか k も蹣 ■ たる j -點 を、 何者か さ 見れ は、 

は 5 せきく わ. sr や fji く か 5e も ) 

紡績 會 社の 職工 輩な < ^き 

いづく さけ の あし もどね ほつ か だん じょ 々わん みまわ よ 

何處 はて 酒 を や 呑みた ゥ けむ C 足元 覺束 なき 男女の、 醉顏 きょ £ くさ わた 6*犷 見!! して、 世 i:d もた わ 

^ こど さわ おら みせさき あゆみよ e よか 5 ひ yjs- ふ 50 f- や i- ぎ こし を どめ み VJ 

S 無き 事 を 囀. 散し、 今し も 乙の 店 前まで 步寄ゥ し、 が、 女工の 一 人、 不圖 床机 k 腰かけた る 少女 を 認め、 

お ほ £ ゑ よびか わんり よ を ちゃ てん S かたわら せ 5 ねん よこめ み たたの. L 

.R- 初樣 さ! 大聲 呼 懸けて、 遠慮 も 無く 茶店に 入.^、 傍 ある 少年 を橫目 k 見て、 ^i- みさ、 

を どめ せお もた、 > 

少女の! ii?^ 思 ふさ ま 叩きぬ C 

め C, わく かほつ き あ た さ 6 • ど わた. > 

少女 は迷减 なる 顔色して、 貴姊 は何處 まで 行き 玉 ひし^ ゎづ かに 問へば、 私! 私よ. か、 

3 へ こしかけ た を こし か ど もも ひど むれ み 5.L ほ か いもん よ 

まあ あなた は <^、 前の 榻 に 倒る ゝ やう k 腰を戀 けぬ。 俘へ る 一 群 も、 滿ち たる 潮の 海門に 入 込 寄す る 



ちゃ てん SS- こ I 

ご £ く、 < ^さ-. (-さ この 茶店に 入 込みけ 

よ わ つきさ か 5 こどば つ あま おも 90 

一 初檨、 好い 御月樣 です ねと、 女工 は 言葉お 鑌ぎ、 餘. うかれて、 遲 くなる^ いけ ませぬ よ。 けれ < ^月 

は を わたし ね ふた S- & 6 つ も つば 

S 花ば かゥ でも、 妾 ia>. ^はこの やうに うかれます もの を。 御 二人で は。 …… ね、 御 道理です よ^、 唾お 

もんた 5 ち かへ s- しょく か *- てろ め たま て$ だい 

はきて、 けれ^、 門か閉 てられない 中に、 御歸 なさらな いさ、 職工 長に 御目玉 を 頂戴し ますよ、 W 

わめ かたわ. ゥ ふ JOWL お cfL^ff^ を どこ ゑさん はげ こ や 5 い を たまへ 

喚けば、 傍 の 肥 肉の 二十 七 八の 男、 乙れ か 末樣、 をん な 逃 口上 を 言 ふ もので 無し。 わし^ 御前 は …… 

ビく& &ゝ. &っ こる a- か あい ひどめ は つ 

£、 得意ら しき 都々 逸 をう なれば、 ほんに、 乙の 子 は 意氣で iH* 愛 S よさ、 人目 も 憚から す、 まがみ 付き 

ぬ。 

み つ たちあが せ 5 ねん を ,. め f- たが にげ さ 

かゝ るぶ しだら お 見 かねて か、 衝^ 立 上る 少年 J^、 少女 ももの ま、 從 へば、 ^一 初樣 もう 逃る の。 私が 來 

に い ャ: もど 50 ら い, や にらめつ む 《- ふ 3- 

たッ て、 さう 逃げな く ッても 好いて は 無い かへ^、 狭 を 捕 へられ、 嫌です よ^ 睨 付けて、 無理に 振 は, む 

.S ソ さん はげいだ あど わら こ ゑき. J 

き、 一散に 逃 出せば、 跡に は、 さッ f 笑- -聲 聞えぬ。 

さつぶ <• けい みせ つき ふた s- もがた さくら かげ かく 

殺風景なる 店お、 月に まかせて、 二人の 姿 tt なつかしき 櫻の 陰に 隱れぬ 

は -r ぜ き々 わい しゃ ふ <.5JB あくへ. S ひ S f はさた を だいに --っ e 上 か 5 ひ yjq 

紡績 會 社の 風 ® の惡弊 は、 日 ましに つの 6 行きて、 S やらし き e 絕 ゆる こ ビ 無し、 第二 室の 女工の 一 人 

もん せん み づ々 わし てん む 4- こ かけねち だいろ く t つ わ ほ.. か i め こ ひ ね も ひ も.^ だ が は み た <- 

は、 門前の 水菓子 店の 子息と 驅 落し、 第 六 室の 大阪の 少女 は、 戀に 思せ ま. ^ て、 隅 田 川に 身 を 役し、 あ 

L よ <か《 'て い ままでお ざ e よかう た CV*T み か を どめ はっき や 5 に ?«s し かんお f だ いいお. 

る 職工 長 は、 今迄 契れる 女工 を、 他の 女工 さ見替 へて、 をの 少女お 體狂 せしめ、 二等 技師 は、 館 中 第 1 

隅 田 川の 秋 . 1 ci 



隅 田 川の 秋 lulllull 一 。六 ,111 

び, J よく む y せ, f こご K まい や き たよ か 5 しつ こ だんか 5 

さた、 へられた る 美 色 を、 無理に 妾 € なせし、 事よ 6 果て は 每夜籬 を Nl. えて、 女工 室に 入 込 ひ 男工の 數 

さん? X 'にん おか 3e たれい & .& ひ はや くわい 》1 や 

ほ 三十 人に 近し^の rJ さ 迄、 何人 言 ふ V- も 無く、 言 離さる ゝに、 お 一 初 は、 乙の 會社か を しき や 

. こ、 ち んか 5 み 5 へ たちき をん を もち まへ VIS- こし 

うなる 心地して、 もしも さる 不幸の、 わか 身の上に 落來ら S ひきは、 いかいすべき^、 女に 持 前の 顶越 

く ろ 5 いつを ろ... は かた よお ゑ か たも ひた どき こど たづ を どめ み ど 

苦勞 して、 遮莫 老婆に 語 ウて、 好き 智惠 借らむ さ 思 立 ッ時も あれき、 さる 事を尋 ぬる は、 少女の 身に 取 

はづ かつまた かの ひ VJ 6 ね も ひど、 ま こど いくたび 

.0 て、 羞 かしく、 且又 彼 人に 居 玉へば さて 思 止. CS し 事 幾度なら ひ。 

こ、 ろが、 さ 5 せき d かう は め 5 ち き さく ひど-: $J<'t5 や f へ 5 

され.^ 乙、 に 心 «ゥ》 る は、 同席の 女工な ゥ。 入社の 中 は、 氣の 毒の 入々^、. R 初 は 同情 を 表し たれ .$J、 

をが つきひ せ 5 ね いちく けが のケみ ひ れつ よく もちぬし はっけん 

長き 月日. ^は、 をの 性根 1 々あら はれて、 S つれ も 汚れた る 望、 卑劣なる 愁の 持主なる を體 見し、 たの 

をん を ゆ だん ャ ss>5 あゆ f を も ば を 

もしから ぬ 女^も さ、 心 少しも 油 顱 せ さ. しが、 濁流に a ほ^の 魚 は、 住まれぬ ものな 00 乙の 春、 

ろ i.. ば くわん ぺ 5 X ねん を あ otss- や 5 い つら たは 

老婆の 看病 比餘< ふ 無が 6 し rJKW<>、 そ く^ 惡 推量 主 1 一口 はる、 辛 さ を、 . 初は覺 えぬ さ. ながら、 

けが あいて ふんべつ を は をし はらた ち fe さ み き かた か 5 しん G-5 

かく 汚れた る 女 を、 相手に せひ も あま 6 分別の 無き 話さ、 腹 立 を 押へ て、 見す 閱 かす 語ら 卞の 庚申 流お 

f み かた たの ひで さん. > わつ ゑたい しゃ はげ い い e ぶん 

守 6 ける が、 咏方^ 赖 める 御 秀の、 三月の 末 退社して より、 ますく 烈しき 邪推お 言 はれて、 自分な が 

ら ほさ-/ \堪 が たき 乙^も あ. き。 . 

ちか &ろ i ゑ まいよ ひど S- をビこ ひき こ かた ほら わいせつ 

まして や、 近頃 は 御 末^いへ る 女の、 毎夜、 一人の 男工 を 引づゥ 込 ひ^い ふさ わぎ、 傍に て、 をの 猥褻 

み つ こ、 ちわる ふうぎ みだ おもれ 5.3 かひ 

を 見せ: けらる、 心地 惡さ a 饈を亂 す 恐 あれば^、 諫めても さらに 甲斐 だに あらさ 

力き。 



ほ. ゥ くわん た わ よし かんど < ろ t ば つ t6 こど <* 

S よく 傍 觀に堪 かねて、 4- 初 はもの 緣由 を、 堅督の 老婆に 告 くれば、 をれ は 容易なら ぬ 事^、 口に は 

. い はら わいろ ど み ふ w もくさん つげ.: > ち ゑ み-' 

言へ <^、 腹に は賄赂 取. <y て、 見ぬ 振せ むさの 目算。 乙の 吿ロ は、 まも iax 御 末の 耳に き 乙え て、 か-. 初 は 

S よ./ \- 乙の 室の 憎まれ ものに な ゥぬ。 

く e や く. e わん ふ .A ゑ て 5 ば たもて KM. わ 《■ お ふく わい かう かく まわた くび 

毒蛇の 火焰を 吹く やうなる 御 末の 嘲 篤、 表に 柔和お みせて、 裏に 針 を 合む 御榮の 口角、 眞 綿に 首を^め 

<s さ e や, * い さん l_s せめつけ くる ゆつ < き でき 

る 御 政の 邪推、 ま. こ^ k 三 力よ. < ^隙間な く攻 付ら るゝ 苦し さは、 か-初 は 緩 ゥさ氣 を やすむ る 乙^も 出來 

を さ, ^- ころ こん r_b ん にんた SW よ < やし & み こら こら しんし 上く だけ た を 

ぬば か. なれ.^、 幼稚き 頃よ-.' の 困難に、 忍耐力 を 養 はれた る 身の 堪 へに 堪 へて、 寢食. K は 同じう すれ 

い か くち * こど を どめ よ を か くるし ね も ひいだ 

如何で、 口惜し からぬ 事 やわるべき。 わ はれなる 少女 は、 世の中の 苦み を、 叉 も 心に 思 出しぬ。 

つい ろ., X ば たや こ しんせつ ほねみ し つね SJJ,. せつ ろ 5 ば へや 

それ i;- 就ても、 老 ai^ 親子の 親切 は、 つくく 骨身に 浸み て、 か-初 は 常に、 女工^も の 毒舌お、 老婆の 室 

さ れい 一 

に 避く る.^、 ffl さなし ぬ。 

.S つせ き ざんねん はづか わ を ろ 5 ば かた くちね し &み 

一夕、 あま ゥの殘 念 さに、 .:^のれの羞しさ^1^忘れて、 しか-^ さ老 嬰に 語ク、 私 はロ惜 くて 

をが かたはら は ぶんいち こどば はさ せん e つむ かふ e ま ち ビ へん C 

. ^流せば、 傍に 坐れ る 文 一 も、 言葉 を揷 みて、 先日 向島に て 逢 ッた女 かさ 問 ひぬ 。返事 はせ す k、 

な-つ こま つぶや よしな かさま は i5> 

點 頭けば、 困 ツ^ 女^も だ。 ヒ、 獨言 きな から、 吉岡樣 に 話して みやう か^いふ。 

其 親切 は うれし けれ.^、 吉岡檨 に 話せし 事が、 知れます る さ、 叉 私が いぢめ られ ますれば さ、 首 を舉く 

J&K < つ かひ い なおよつ ど い あ たちあが 

れば、 何 その やうなる、 氣遣は 無 かるべし 今 鳥渡、 行 ッて來 て 上げ やうよ さ、 立 上ら む^する を、 否 

あした i ろ £ ざ む s- 

明朝で も究 しう 御座 6 まする^、 無理に^ > めぬ。 

隅 田 川の 秋 1 七 



隅 田 川の 秋 一。 八 

をのよ おと まで ものがた 5- かへ a ど ぴら しめ B. . を. k 巧 「ぶ つゾ い. ち ゆく, 

其 夜 は、 あま 4 遲く迄 物語して、 歸路の In. 扉を閉 切られ たれ は、 しょう 芑 無しに、 老 壁の 室に 一宿し 

よ <こ.ゥ たきな わい へや もビ &く をむ し &ビ ほか いっかくわん きんそく かんどく めい 

翌朝、 起拔 けに 吾 室に 11^ れば、 規則に 背きた 4 さて、 職業の 外 は、 五日 間の 禁足 を 監督よ. 命せられ ぬ 

S つげ々 ち ね も くお を た — 

乙れ も 御 末の 吿ロ £ 思へば、 口惜し さ堪 へがた し。 

い つかく わん さ を がらろ 5 ち, ゥ 50S み 5 へ ゆ み 5ぉ ねつ ゆ A.< ^ へや * ゆ r 

一 五日 間 は、 恰好 籠 中の 鳥の 身の上、 行きたくて く、 身内 熱する まで 行きた き 老婆の 室に も 行く 乙£ 

つら つ をい あく かう ざ 5 げん さへ づ おら くや ざんねん をみ だ こ £J ^§ . 

1^ はす。 いさ > 辛き 室 內に、 さま/^ の 惡ロ雜 言,^ 囀り 散らされ、 口惜し さ 殘念 さに 涙 癎れて 時に 

へや の <■ だ おも みっか め ゆ .*..>れ かほ や ゆ ろ 5 か ^ くらやみ 

tt 室お 逃 出さむ^ 思 ふほ^な. しが、 をの 三日 目の 夕暮、 副に 行かむ^、 廊下 を 過く る f ^暗に 手招 

をの ひど こゝろ い を その もば はし &ょ ► ' ) . 

する は、 其 人 ざ、 どく/ 心ケれ しく、 急ぎて 其 傍に 走 寄れば、 ー初樣 も、 S つもの さく 優 

こも よびかけ * & さけ ひビ ねさ をみ だ . > % - 

しき 聲 にて 呼 憑ら れ、 かくまで 情 ある 人に ある もの を^、 押へ きれぬ うれし 涙 を、 片 袖に 拭 ひつ ゝ ひ 

も * 上 5- も ひ ぶん さ <5 こ ゑ < も f * どめ も ぶ" 、 9 

しく さ 男の 傍に 寄 添、 文 檨さ聲 は 曇.. < ^ぬ 何 ど^されました かさ、 少女の 素 振を怪 みて 

どひ かへ ぶん さま f i いっかくわん きん もく > * み if*^;- 

文 一 問 返せば、 文檨、 あの 晚泊. ^ましたば か 6 にて、 私 は 五日 間の 禁足 さ、 少女は^^のか身の悲 

み つた &-ん そく を"」 ろ たれ い ひつけ s つぶ .S ^ ' ' k 

.PK 訴 ふるが;^ し 禁足! f 男 は 驚きて、 誰が 吩咐て さ、 低頭け るか 一 初の 顏を靦 け は 

よ を か K く をみ だ いひき こどば 乂ど は 

私 はきう しても、 世の中の 愴 まれ もの^、 涙に 言 切れぬ 言葉 わ はれな ゥ C をの やうなる 事 は 無 

はづ かんどく .S ち s> や けん .4- もさん は. ゥ さん い ち ゆ^, 

き箬 なる に、 をれ は あの 監督の かてつ 婆の 一 了見 か 御末樣 が婆樣 にた のんで 、私お 苦め る 手段、 

f?^ くちお Z ざ あまつ さへ わたし ビら いろく あく か <- こど , し *^ k 

文樣、 口惜しう 御座 ゥ まする。 加 之、 妾 を 捕へ て、 種々 の惡ロ あ. もせぬ 事を^ やかく 芑離 立て ゝ、 

C ぶんた ち ふ ひんか 5 L ふ w つらにく * ばさん どこ ろ に ま&ら ケん » ぃバ 

自分 達の 不品行 を、 知らぬ 振す る その 顏惡 さ。 私 は、 賢母 檨の處 へ、 逃:^ て參 うさ 存 卜ました の も、 幾 



たび し あぶれ S をみ だ 1 

度 か 知れ ませぬ さて、 溢 出 づる涙 を 拭; S ぬ 

X かな こ でき くわん にん ビ こまで くわん にん ノ 

され^、 世 は 悲しき 事ば かゥ k て も ある ま 卜ければ、 出來る 堪忍なら ば、 何 處迄も 堪忍し 玉へ。 我 も か 一 

よ .S おな L '上しお か は を ビ り しま s- かた たの かん ビく しょくぶん ひん や $ こビ くお 

の 夜、 一 伍 1 什吉 岡に 話して、 をの 取締 方を賴 みたれ. $J、 をれ は 監督の 職分^て、 尋常の 事に は、 口 を" 

は 3 S せんかた しか ほか き ちょ か. 9 しつ 5 つ わけ ゆ ど . 

稀み がた しさ、 言 はる \に 詮方な く、 然 らば 他の 氣 のおへ る 女工 室へ、 移す 譯に a 行かぬ か^ 問へば、 i 

でき ^ i>** if こど は L つ わむ もき は * 

れは出來ぬ乙さ.^^-無けれゅ、 今 は 他に 隙 無ければ ざ-て、 斷られ ぬ。 いたく 失望せ る 趣 を、 をの ま、 母に 一 

い ろくしんば 5- ど かく じょげん く べつだん S よきち ゑ を こ 3 こ S 

語れば、 母 も 種々 心配して、 左 や 右 さ 肋 言して 5. 只れ たれ^、 別段 乙れ^ 言 ふ 好 智惠も 無く、 困. ^ に 困 ウー 

? 'へ .& ちにち あ こど ねんみ ふっか みっか こ $ か K こど i 

たる 上、 一 日に 逢 はぬ 事 無き 御身が、 二日 三日 ^來 ぬ は、 何 か鍵ゥ たる 事 われば^、 我 も 母 も 心に か、 一 

たんみ へや ど あ わけ ゑち & *-50 め こどば あやし 一 

る まゝ、 今し も.; - 身の 室を訪 へば、 か, 初 樣は逢 はせられ ぬ譯ぁ さ、 かの 越後の 少女の 言葉、 怪 みなが 一 

I かへ S? SO ち 5 しろ, がた み を かば こどば あらな いっか き. fVVJ く さケ /、く や 一 

らも、 歸路の 途中、 乙 、よ. 後 姿 を 見かけて、 さ 半よ. 言葉 を 改め、 五日の 禁足 は、 * 々ロ惜 一 

きょ あきら かつまた にい 

しかるへ けれ <^、 乙れ も 浮世^ 呆め玉 ふべ し。 且叉、 をの やうなる 女に は、 何 言: なれた て、 少しも 一 

はち I L あは J?J わきい き やつ ら 一 

か のれの 耻辱 にも 成らねば、 きかぬ 振して 濟し 玉へ 今に 乙れ みよが しの 幸福の、 湧出で、、 彼奴 等に; 

f は を どき ズザ かば を .3- さ * & かば いさ を さけ ほねみ 

思 ふさ ま、 鼻 あかして やる 時 あらむ さ、 半 は 慰め、 半は諫 むる 文 1 の 情お、 お はっく /^と 骨身に か: 

ぼえぬ ノ 

よたよ をみ ひ&ろ か いな * ぶん さ わたし をん & くやし く : 

世に 頼々 無き 身の、 日頃 をの やうなる 鹽悟は 致して 居らぬ にも わらね^、 文 樣妾も 女。 口 惜き事 は、 ロー 

やし f> つ ひ/.. \ ま をし あ は^!-し み さ 一 

惜 うて。 をれ S 知- ながら, 遂々 か、 る 事 を 申 上げし 心の はした.^ さ たさへ 羞 知らぬ 女 ど 御 見下げな 

隅 田 川の 秋 1 九 , 

I— ぽ 口に— 川-わ—" やひい!.^ a II ^ ^2 IS.S « ^wctf WM^^ J 』 



隅 田 川の 秋 lull nn 一 一 〇 

ふびん よねん をき S はるい らい をん み せわ ほビ 

さる さも、 不憫 もの さ、 おも ふて くだされ さ、 餘念 なく 泣 入れば、 春以 求、 御身の 御世 話の 程 は 

心に 浸み て 忘れが たし。 され^ もれ は、 口に 出して 言 はす さも、 心に^ み-^ 承知して 居れば、 今更 さ 

. 乙ど 》* を この t も あべく たんき い だ 

る 事 は 申す ま to 只此後 も、 可成 短氣を 出さぬ やうに。 

ぶん さ 3 きつ VJ こ^ば わ, t くだ て ケもビ かげ かた にぎ 

文樣、 屹度 をの 言葉 を 忘れて は 下さ A> ますな^、 か, 初 は 文 1 の 手 を袂の 陰に 固く 握-^ ぬ。 

われ わ, たんみ わ も y ぎ 3- かへ いまさら はづ f つ ふかち し: *d らく 

我 も 忘る ま 卜ければ、 銜身も 忘れす にさ 握 返されて、 少女 は 今更の やうに 羞 かしく、 低頭き 勝に、 齊 時 

む &ん せき W や 5 しづ ひど あ. しな ど やぶ ふたり たも は を どび の を i のお け わか どき ろう か 

は 無言の 寂藝 を、 靜 かなる 人の 足音に 破られて、 二人 は 不思飛 返き つ。 名殘 惜し 氣に 別る、 時、 廊下に 

あら a K-b ん て 5 づ ば が を ど fi- つ を ど こ 

顧れ たる は、 何の! 手水 塲の 瓦欺燈 燃け る 男な. CS き。 

もの 上 まくら つ のち かんがへ ねむ あつり たの 》 づ までし 

其 夜、 か 初 は 枕 を 着けて 後、 さま/^ の 考 胸に 集ゥ、 うれし さ、 樂 しさ、 羞 かし さ。 はて は 乙れ 迄識 

いっしゅ ゐ や 5 かん e や 5 も くつ へだ かゆげ か 

らさウ し、 1 種 異様の 感情の 萌ぇ ける, が、 さながら 靴 を 隔てし 痒氣 の、 援く か ゝれぬ も.^ かし さの,^ 

さし C 

よ せき た 上 か 5 せつ をに ゆ ゑ きの ふ ふく わい かん た ビま ち ほ た の 

夜 あけて、 同席の 女工に 接すれ. $i、 何故か、 陣日 ほ^の 不快.^ ir せす。 只 待 遠し さに 堪 へがた き は、 殘 

ふっか きん をく いちこく はや ゆる 

る 二日の 禁足 を、 1 刻 も 早く 許されむ のみ。 

ろ 5 か こ 50 は たも を どめ よ こ 、ち ゆく ゑ わ そ 

廊下 k ての 男の 言葉 を 思へば、 少女 は 世に も あられぬ うれしき 心地す。 行末まで 忘れぬ さは 、つくく も 

2- れ わがみ f つ 3.JS- もの い つ.. "や,!' だい つ 3 くお ゆ <♦*- ゑ 

嬉し けれ.^、 我 身の やうなる 恍惚 者 を、 1 生 大事の 妻^な して は、 下さる ま. r.o まこ さに、 行末までの 



つ 3 くだ かひ かみ はしな あさゆ 5 な を * は を ほ 5 か o を ば さん やさ 

, 妻に して 下され 卞は、 甲斐 無き 身の 下婢に な. <y てな 朝夕 御 傍 を 離れ 卞に 奉行すべし。 賢母 樣も優 

を さけ た かた よ を か ひど む e や- 5 S つ. L やう あんらく ひど 5.;>ら《> 

しく、 情 わる 御 方 なれば、 よも や、 世の中の 人の やうなる 無情 はわる まじく、 1 生 を いつを 安樂の 獨暮、 

を は、 さま ゐ&ん もむ & a は. S ^A- (^- わけ み ふつ、 か せんかた を こど 

C き 母樣の 遺言 k 背きて、 御 位牌に は 重-^ 清ま^る 譯 なれ^、 身の 不束 ゆ ゑ^て 乙れ も、 詮方 無き 事 W 

わたし ふつ ゝ かもの いく わ が 3 ん つし や 5 つま 

あきらめて くだされ。 され^、 もし、 私 を 私の やうなる 不束者 を、 幾重に も 我慢な されて、 1 生の 妻 

も くだ * ばさん は、 さまよ どき どき い か 

持ッて 下さるならば、 わの 賢母 檨を、 母樣 S 呼 はねば ならす をの 時 は、 ま rJSJ^ をの 時 は、 如何に 

ft も ひ ほ いっしゅ じゃち むね ね, y み 5 お ねつ 

うれしから ひこ、 まで、 思つ 3. くる 程に、 1 種の 情 か, 初の 朐を襲 ひて、 身内 をぐ く ^熱しぬ。 

つい い まいち^ お は & ぶん さ a* こ、 ろ くわ き ; -,. ;.一 a ね ど ゆ たき k 

をれ に 就ても、 今 1 度、 逢 ふて、 話して、 文 樣の心 ij- 詳. しラ 聞いて^、 羽 あらば 飛びても 行き 度ば か.^, 

たも ひわ づら を 3- あし わるめ たも おも きん をく めい くわん どく つら^く はく 

. 思 煩へ^、 折惡く あ、 あのい ぢ惡 奴が さ、 思へ は 思 ふほ^、 禁足 を. 命した る 監督の 顏 憎く、 をの 憎さ 

につけて、 行きた さは 猶募ゥ ぬ 

しょぐ か, r-* あ あ ひだ た わ わ も ひ こゝろ をら みし, JJ ど て い つも はんぶん 

職工 塲に 在る 間 も、 絶す 思 ひつ > けて 心 も 空なる 身の、 職業 も 思 ふやう に は 手に つかす、 平日の 半分 も 

で き L よく か てう の、 fj そ S ひど こ ひ をみ だ こ ほ をが 

出來ぬ を、 職工 長に さやかく^ やかましく 罵られ、 S よく 其 人の 戀 しさに、 涙まで 滴れけ るが、 長き 

L 々わつ ひ けげ がら も ませ を、 め みだ が は み tjw みづ せんく き, C ば くだ 

ためしの 四月の 日影 も、 S つか 微子 窓に 斜 にさし 入. て、 隅 田 川の 綠 なる 水に、 尖々 たる 金波 を碎け は, 

いっせい き てきまん: き ふ くわげ 5 を わ c つ 

やがて 一 聲の a 笛滿 堂に; 5 > きわた ゥて、 今日の 課業の 終お 告げぬ 

いも あら .5, ん し. T- われさき どび いだ いき へや も *J もはや 二. S つか; め きん, 《 く: S るし こ 

字 を 洗 ふやうな る 群集 を、 我先に 飛 出し、 呼吸 をき らして、 室に 屍ゥ、 最早 五日 目の 禁足 許 を 乞 はむ S 

あや a く かんどく >? ば ち 上つ ど め わかまで や f たし ぃ, 

すれば、 生憎 や、 監督の 老婆 は、 一寸 梅 若 迄、 用達に 出で たるよ し。 

隅 田 川の 秋 1 1 1 

謹: mm -II II ニー i 一 — I—— ■ 



中き : 

It i 

m h 
も の 

1Z 子 こ 
れ は 
ば 親え 
、 切 S 

萬? k 

事 C て 

ま 私き 

し の L 
く 氣 S 

、 に 
情' ぎ % 

深 5 叶 J 

く か CA 
、 ^ 

—5 、 

家 力' 中^ 
t It 
住 5 て 
せ は 

% 葉 ' 《 

、 t 
ま つ 
た' ぎ 

ら :、 

な : 

る •: 
不ふ • 
始し ま 
末き し 
は 



わ 
る 
ま 
卜 



稚 
さ 

頃き 

よ 

且$ b 
311 、 
、 難? 

家 力' 義ぎ 
系!? の 



し をの 

に れ う 
耳? 《つ 
知 L れ 
欹き' b る 
れつて を 
ば は 見- 
、 、 ぬ 

不ふ う 

鱺ど れ 
し 
< 



h か 
の し 
子 こ く 
は 、 

S< ん 、を 
切? げ 
U る 
て 足 ご 
さ k 
、 ず 
老 f 第 K 
婆' f It 

の 靜 S 
聲 J め 
す て 

ゝ 

匁、 何に 
初 t 
は 力 > 

足? 語き 

t h 
Z 玉? 
、 ふ 
め ら 
て ひ 
、 € 
佇ち 、 
立づ き 
み く 

i 無 を 



m 

I こ 

靜^ 

力 > 

な 

れ 

ば 

在 も 
や 

疑! 
ひが 

な 

が 

ら 

I 

{ 

を 

れ 

に 

近 g 

けづ 

ば 

燈ズ 
ほ 
の 
暗 I 

障 あ 
子き 
It 



ぼ 
の 
人 か 
影げ 



ま 
せ 





女 i' 

丄 4 
室 も 
七 
箇っ 
は 
さ、 
過 も 
ぐ 
れ 
ば 

厨 J 
近き 
い' 

水き 
の 
音き 
力、 
'す 
け 
< 

人き 

氣げ 

絕た 

% 

た 

る 

|1 ヶ 
の 



は 

二 

れ 
な 



驅^ い 
出 も % 
し の 
て や 
は ら 

後き m 

あ 御 

見 7> mt 
卞 み 

^ 

瓦 力- 、 
欺 も 散え 
燈? 々く 
明 に 
る な 
き ぶ 
長 ^ 
廊? mt 
下 か さ 
t れ 
ま 今 さ 
た 更き 



ら 同! 
む ェぅ 
さ ^ 



す 
る 



に 
知し 
ら 
れ 
端? て 
な は 
< 、 

御 わ 口? 

榮 の 
に 甚 J 
見き な 

fr れ 



ら 
れ 



方 



ん 
か 



まゆ 



少? 



< 

a 
ま 

行 i| 女め 
襄? は 
し 、 

其き 



散: 



て 

は 
づ 
み 1^ 

7(1 1^ け 
る 出プ ど 
呼 ^ し 
吸 S け 

を b 
暫 ° 

や 
す 



ば 

可 S 

成? 
は 
知 L 
ら 

性? れ 
% ぬ 

Z や 
b 5 

M を ^ 

< 、 

、 ffiTJS 
亦き にや 
御ね 行 ゆ 

ml く 
樣ぇ 振 f 
へ し 
? て 

^ 廊? 
ん 下 か 

な k 
に 傍き 
行 ゆ 道 g 
き へ 

72 曲 ま 



夕? き 

mt に 
^ て 
仕し す 
舞 2 ら 

a 、 

て 默? 
點? ッ 
燈^ て 

頃き m' 
、 さ 
や て 
う は 
居ゐ 
ら 

歸 5: れ 
^1 ぬ 
れた ほ 
る さ, 
監 t の 
督? 口 も 
に 惜? 
、 さ 

將 4 k 
來 I 、 
か 
初 

めし は 
ら 耳? 
れ を 
て 塞 t 
、 ぎ 
お て 

初 耐 i 
が へ 

五 i5 ぬ 

曰か G 

の 

;4* き 
~yf^ に 

足? 

« 

さ 

れ 
ぬ 



散? m\ 

し b 
、 に 

果 a 躍 5 
て る 
は 心ミ 
い をろ 

つ m 
^ め 
m て 
ら 、 
ぬ さ 

惡? 6 
口き 氣け 
雜 f 無 を 

曰ん く 

、 歸! 
意 a る 

氣く t 

地ち 待 S 
組 を て 

し ば 
あ mt 

な H 
た m 
の る 

耳 t 女 f 
は ェず 



き 

< も 
ら の 
げ 、 

? 益 

聾 2 It 
、tt ^ 

御ォ: た 



m"^ ぬ 

• ^き 
, か 喋? 

々く 

な V 



鹿, 
尼; 



むかし はた もど fee や A*' さ ねまへ こ もら き を 

も 昔 なれ は 旗本の 御簾 檨、 御前 n あの 子を賓 ふ氣は 無い か。 

ひどつ かげ s つ ふ ?- たへ 》55 よめね *» へよ めね まへ き S, .& か 

一箇の 影ハ 低頭き たるま ゝ答も 無し され < ^嫁 は 御前の 嫁、 御前の 氣 にも 入らぬ もの を、 如何に 

わた I き い せんかた も .& ひか ろ 5 ば こどば さへ 53 

;?^ ばか- >氣 に 入. たう さて、 詮方 無き やう » る もの なれ < ^も、 言 憑け たる 老婆の 言葉 を遮ゥ て、 

いわ その や 5 こど &ざ は、 さま おき S ぺっ た. せ 5 

否、 其樣 なる 事 は 御座 6 ませぬ。 母 樣の御 氣に入 6 さへ すれば、 私 も 別 Ji^^、 さながら 絕 ゆる,^^ き少 

ねん こ ゑ 

年の KO 

ももて た、 づ を どめ こどば ひどた び あし もどき かた S , 3 た しづ き K 

芦 外に 佇立め る 少女 は、 rJ の 言葉 をき、 て、 1 度 足 を 元来し 方へ 戻しけ るが、 やがて 又靜 か.^ 來. < ^て、 

み 、 |« 

耳を欹 てぬ。 

お まへ fl や.. T. ち あんしん こ あ... -た X は を 

御前 も 承知なら ば。 私 は 安心、 わの 子に は、 明日 k も 好く 話して みよ C 

へんど 5 た、 かろ 5 ゃづ せ.? C ん シェ. iv- ヅト たちあが み い だ おも 

返答 は 4^ さす k、 只 輕く點 頭き たる 少年の 影 書 は、 立 上. ぬ。 見出されむ rJ 艺を 恐れて か、 か 一 初 ももの 

まゝ 影を隱 しぬ 

^$ あ ひた ふっか かんね も ひ わつ き .S5 

行 度し 逄度 しさ、 二日 間 思 つめたる 乙ゝ るの 熱 は、 あはれ SCN く.^ か 消失せ け ひ。 

51 を ビ め S づく あし も、 ほ 5 せき々 わ. S-J や ひろに ほ い 

嬉し さに を はくせ る 少女 は、 何處 さも 無く 足 を 進めて、 紡績 會 社の 廣 庭に 出で ぬ。 

のま ほる X ゥき ら 5 ろ 5 ひ s-w さくら こお ゑ つ、 ほふ か をで 5 へ き もの 

折し. 上れる 泰の 夜の 月 は、 朦朧たる 光.^ 櫻の 棺に 13 み、 花の香^ み/^ さ 袖の 上に か を.^ 來て、 物 や 

ふ.,' ぶつ しん 5- 上く しげ S- ゆ まつ あ ひだ f( しんあいた をび き さ 5 せい 

はら かなる 風物のう つくし さ、 ^綠 や、 茂 行く 松の 間 を、 茫々 さ 春 靄 棚引 f..- た て、 さ 乙 2: に 叢生 

ォ し やまぶき たん » 、 るい み お S てい £ けんし ほう S け. * を& くお 

せる 罌子、 山吹、 ,s 公英な.^ の 類 も かすかに 見 ゆ。 中庭に は、 五 間 四方ば か-^ の 養 #i 池 ありて、 折々 躍 

隅 田 川の 秋 . 一 一三 



隅 田; 川 の 秋 ullnll^^lllll 一 一 四 

w きょ ね 5_J ものた び £ビ きんば ゆみ &ど ゆら S つ こん しろ みづ うへ ど 3- み .< さ 5 き 

る 鯉 a の 音、 其 度 毎に、 金波 弓の 如く 搖 ぎて、 1 痕 白き 水の 上 を、 むぐ 6 さやら む 鳥の、 水艸 がくれ 浮 

しづ あや をき < ^ &i りきう め 5 し て 5か5 

沈みつ、、 怪しげに 鳴 わたる さへ ある を、 むかひの 森 を 陽て たる 養 牛 場よ. は、 女 牛の ゆたかなる 長吼 

聞えぬ、 

た わ み、 い もい せ. S ふり かへ いっぱん かげ をが つき を て 5 か 5 ばんて 5 を かば しんりょ ばづ い f t<- ろ 

絕卞 耳に 入る 水 聲に振 返れば、 一 帆の 影 長く 月を帶 びて、 長江の 晚潮、 半 は 新 蘆を沒 し、 伊税 たる 柔鱸、 

$ 3e は や くほう./ \ あ ひだ わん けん どもし び はしば わ 

浪に 交. て、 溶々 々たる 間に、 隱 見す る燈火 は、 橋 場の 渡なる べし 

まへ たいくわん ねん たったい せん そら もび か お ほ fl よく か 5 しつ わら こも t 

前なる 大 館に は、 烟突 泰然 S 空に 聳えて、 數 多き 職工 室よ, は、 笑ふ聲 を- y く 稿れ てき 乙 ゆ。 

i わ 二く わね ちつ & こ しかけ はら こし f こ 上 ひ たも ひつ?' 

櫻 花 落 積れ る 榻を、 拂; 3 もせす. に 腰. 休めて、 初 はっく-/ \- も 今宵の rj^ を思績 けた, CSO ま 乙 さは か 

ひど こ、 ろ わたし きら べき い を ふつ、 かもの き ".s- いつ. t や 5 つま 

の 人 は、 心よ 6 妾お 嫌; S 玉 ふに はわら^る 可 か 否 妾の, き 不束者 を も、 嫌; 3 玉 はで、 一 生の 妻に す 

しんせつ をつ ど も わら ほ ひろ よ を か ふたり (J あはせ 

べし^の 玉 ひき あの やうに、 親切 » る 失 を 持つべき 妾 は、 廣き 世の中に も、 二人 さは ある ま 卜き 仕 合 

ひど どひ くら たの しさ つも ひ かしら あ 

. ^ら ひやかて かの、 人^ 共に 暮 さむ^き の藥は かく 思つ > けて、 か 初 は 頭 を 上げぬ 

^MHV-i ひどり a ざいせい か 5 ふく は をし 3* 上ろ こ 

をれ にしても、 c られ し父樣 母檨、 せめて、 一 人 も 御 在世な されな ば、 乙の 幸福 をお 話 申して、 喜び 玉 

お かほ せつ ろ《 ど..,' こ 5 み もこ £ おん ほ 5ti で き てんち L あはせ 上ろ. J 

ふ 御顔に 接し、 碌々 孝行 もせぬ 身の、 少し は 御恩载 も出來 しもの を、 今 はこの 夭 地に、 私の 幸福 を 喜び 

くだ ひビ ひど W を か& かが W れい ど、 さま は、 さま くさば かげ 

て 下さる 人 は、 一 も 無き rJ をつ く-/ \ さ 悲しき 乙 さの 限^れ され さ、 靈 わらば 父樣 母樣、 卿 塲の陰 

み か 5 ふく よろこ <^ ゆ ゑ こど おも ひ さ ふ かせ. S ち e ん を どめ む わ 

からな さ、 rJ の 身の 幸福 を 喜んで 下され さ、 何故 さもな く をの 事 を 思 やれば、 寒き 風 一 陣、 少女の 胸 

は ど 吹 入 たる 

In 



c- ろく おも ひ は のち ね も またせん じつ きんそく あ み&み ろ ちか かへ S- みち ぃ3 

種々 さ 思 果て、 後、 遜くな 6 て、 又 先日の さく、 禁足に 逢 ふて はさ、 南の 廊下 を 急 足の 歸路、 今し も 

ねんみ る も れづ ぶん. &ぉ であ. 5 

御身の 不在 を 尋ねた ゥさ S ふ 文 1 は、 はた^ 出逢 ひぬ。 

K づ た むね ど /• ろき おさ を ど *J ここ どば ま け ふ おんみ ど よろ 

羞か しさに 堪 へられぬ、 胸の 轟 を 押へ て、 うぢ-. (-さ 男の 言葉. 待てば、 今日は 御身に 取ゥ て、 喜ばし 

しら 4J こど たも かしら あ きの ふ だいさん. L つ もき さつ, y く よしたか 

き 報 を さいふ 何の 事か^、 重き 頭を舉 くれば、 昨日、 女工の 第三 室に 隙 わ. さき \ て、 早速、 吉 岡に 

たの をん , む こど を は を 《> さだま あ L た 5 つ われ あし 

赖 みて みしに、 何の 六ッ かしき 事 も 無く 話 定ゥ、 明日よ は、 移. て もよ し^の 事。 我 はもの 足に て、 

ど まぜき くれ たの き し おんみ 上ろ こ f き だ 

第三 室 を 訪ひ、 同席の 女工に くも 赖 みて 來 たれば、 をれ 知らせて、 御身 を 喜 はせ ひど 思 ひて 來 6 し 

る も ほん 6 を あ わ ためしん せつ たせ は あ 《>?1 た 

に、 不在 はて 本意 無 か 6 し を、 rJ 、にて 逢へ る は 仕 合さ、 いふに さても 我か爲 親切^る 御世 話^、 難 有 

かた C け ^5, をみ だ をが f. や をん い ひけ あ もよ はや ち, y きまへ 

さ、 辱 無 さに 涙 を 流して 謝すれば、 佝 の。 乙れ しき^ 言 消して、 明日の 夜 は、 早くよ. c> 遊びに 來玉 へさ、 

こビば ゥ もの. J ゑ &こ もこぶ る かせ を たけ をよ I 

言葉お 續 ぎしが、 其聲 は、 何處 やらむ 少し 震へ て、 風 無き k 竹の 戰ぐ か,^ さし 

こ、 ろ み こたへ 《-**>づ 

御-初 も 心 わる 身の、 答 はなさす 點 頭き ぬ。 

I/vfe? い 3、 で へや さ だ. S さんしつ せき 5 つ をビめ どくふ あくせ つ のが み ► , 力 ひゾ 

翌朝、 從來の 室 を去ゥ て、 第三 室に 籍を 移した る 少女 は、 毒婦. $J もの 惡舌を 逃れた る 身 を、 7^ れも彼 人 

しんそこ 

ゆ ゑ^、 心底よ. うれしく 思 ひぬ。 

そのよ いちざ たの はづ もの Si た s- きん ©J.. ざん efe かね たもむ 

わ はれ 其 夜の 一座 は、 S かに 樂 しく、 いかに 羞 かしき 物語 はて わ. しゃら ひ。 金 龍 山の 十 時の 鐘, 徐ろ 

みづ hz X まも げき V! く こ ゑ さび ころ みつ かげ あん ひか sfi. を くら ろうば へ あ 

に 水 を渡ッ て、 夜お 護る 擊拆 の聲、 もの 淋しく き 乙 ゆる 比まで、 三 簡の影 は、 行 燈の光 簿閽き 老婆の 室 

. 隅 田 川の 秋 1 1 五 



隅 田 川の ^ ! 二 六 

の 障子 k うつ. ぬ 

ひ 上し ま ケ f ちゃう ふた 5' こ ひ い ま ろ 5 ば ゆるし わ ねつ もろ ども つか さ 

人知れぬ 間に 增長 せる 二人 か 戀は、 今し も 老婆の 許 を 得て、 ますく 熱しぬ。 諸共 Ji:^ 1 家お 成す む.^ き 

たのしき 53 たが ひ ね も ふた W て あ. J $ 

の樂 を、 今よ 6 互に 思 やれば、 二人 は うれし さに 手足 も 躍るべし 

"パ び, ゆた I あき ぶんいち けつ ほ 5 5 こ ま . ^みだ むら きん? 5 いへ か 

老婆 は K<> ぬ。 秋に なゥ て、 文 1 の 月俸、 少し にても 增 さば、 乙の 隅 田! S の 近傍に 家 を 貸 ゥ て、 た £ひ 

tist- ん < らし こ あんらく よ わ 1,J き 

十分なる 生活なら 卞芑 も、 少し は 安藥 なる 世お 渡らむ をの 時 乙 を さ。 

もの どき ぶんいお こ、 ろ ちか 

其 時 rJ を^、 文 1 さ 御-湖 も 心に 誓 ひぬ。 

ふ ふ さ だ ふしぎ をの あひ^ い い かんじゃう 

さて ゆく く は、 いよく 失婦 £ 定まれば、 不思議 や、 其 間に 言 ふに 言 はれぬ 烕情 やか rJ.O けん 今 

»• で む わん 上 たが ひ つ、 ろ 5 ば へ. a. ゆき ゝ .2 まよ をい. S にち なき 

迄の やうなる 無遠慮 も、 互に 謹みて、 老婆の 室への 往來 も、 大凡 一 日 隠 した. 00 されち ひじ が itt 

ひ ふく 

日 ましに 深くな 6 まさ. ぬ。 

ひゃく.、 わわん ほ たん かば しほ もゐ ん もり わか Ski くら た ねま ふ W さみ だ X* さび J、 AW 

百花 園の 牡丹 半 は 凋みて、 水神の 森 若葉に 暗く、 絕間 く 降つ > く 五月雨 もの 淋しく、 ,なる 層 

3 ろ わ ふはつ ふ ろ i-s みだ はしば XJMfJ ォふ ころ f 

いみ 卜く 增 して 蘆 葉, 5« し、 浮萍 動き、 檐勢 亂れ、 橋 場の 渡、 今日は さま, ぬ さ S ふ 比 、 S つか 過ぎ、 

田 子の 植わた す 早苗の 新綠、 朝日に かゝ やき、 斷ピぅたふにぎたる^^5まノ ^やかに^^ を II けば、 

をき ,4- つち や 3 ほど、 きノ- めつ み、 を * た ひど た ほ しょき わ £<»56?£ 

鳴 過く 待 乳 山の 杜靜、 珍ら し^て 耳を欹 つる 人 は 多 かるべし。 やがてき らく 意 溉廻6 て、, 職工のお 

くる をつ きた 

も 苦しき W きさい ふなる 夏 は來ゥ ぬ。 

. くる 4* つ あき お * つ み ち さか ゐ たも ふた u- f fjo 

され さ この 苦しき 夏 も、 秋に 近く 道路の 境^ 思へば、 二人 は CN らし さも 思 は ft, るの みか い さ>樂 しき 



月日 を 送 o ぬ o 

ゆ ふ も I み きた * どめ たっさ .4- みだ が は 

夕凉 k さ 來れる 少女 を携 へて、 隅 田 川 



ふき かせ a- や e 'しう はら に さんまい あし を W し 

吹 わたる 凉 風お、 兩釉に 孕ませつ、、 一 1 三枚の 蘆 を 折 敷きて、 



み 53 わ 上 さ、 をみ む も の ゆ つき しらたま 'し む. * みづ < だ さしち か お 上ぎ かも ふたつ 

汀に 寄す る缠を 掬へば、 ^ 折から 上れる 月の 白玉 は、 凉 くも 掬べ る 水に 碎け、 岸 近く 泳よ る 鷗 の數、 ニッ 

みめ づ をつ あっし 上 ねんよ ふか た W またい き そく C 'ら 

三ッ趁 らしく、 夏の 暴 さも 知らす i^、 餘念 なく 夜 を 更す rj^ も あれば、 折に は、 亦 出 てられぬ 親 則の 裏 



S ばかせ たん is みお 

門,^、 コ リ拔出、 稻 葉風に を よげ る 田 就 道 を、 はる 



つた ゆ みづな ま M- かひた て げた XL 

さ傳ひ 行き、 夕立の 水 溜に 買 立の 下駄 を污 

ゥぶゃ を どめ たも ふた W まったく きょ をみ くる わ を 

した. OS さ、 獨 言く 少女 を 救け な^して、 二人 は 全然 浮世の 波の 苦しき を 忘れぬ。 

ただ やか つきひ ま を, ag- た R< の あば あき かせ そら み $5 ふ やみぎ けん 

かくて、 穩 なる 月日 は 間も無く 立ちぬ。 物 哀れなる 秋の 風、 そよ くさ S の 碧お 吹きて、 柳に か、 る 鎌 



げっ かげ はん ひか S- は を ^-ゎし かんだんけい L £ ^ けんせ 5 まお 

月の 影 も、 何 どなく さえく しき 光 を 放ち、 華氏の 寒暖 W は、 少 くも 四 五 度 を减 少した るよ し。 待 かね 



あき ちかよ こ ひ 

たる 秋^ 近寄. ぬ。 御, 初の 戀も いよ 



つの 

募么。 



しょくから けつば 5 しゃ 5 しん ^sひ;3ん<.c^cっ **- ゑ を ほ いひ もはや し ?. >K お ふ をく ひ か を 

職工の 月 棒 昇進 は、 毎年 九月の 末 なれば、 尙 は^あ. は 言ながら、 最早 四十 日 不足の 日數、 今迄に 比 



**- ん わけ た i> この 5 へ まん そく &. L や 5 しん てんた < けっこん ん e おも ひ 5j ほ 

ぶれば、 何の 譯も 無し、 只此上 は、 満足に 御 昇進な されて、 轉宅、 結婚、 萬 事 意通ゥ 》 うなむ も W 乙 を、 



k ねが わたし * ば さま ゆく やゑ をが か 5 こ 5 まもみ また ほか たよ いっしゃ 5 

かへ すく も 願 はしけれ 妾 も rJ れょふ は 賢母 樣の 行末 長く、 孝行 を 串 上げ、 妾 も 亦 他に 赖. き 一 生 

つ ゑ はしら たの 3 を 

の、 杖と も 柱^も 頼み 申す 可し。 



た • • たも ひ く がつ 30* か ゆ ^れ *1 の ふ ゆ ろ 5 ば へや こ よ ひ おも ひた をり * もて 

絶えす 思つ》 けて、 九月 十日の 夕暮、 昨日 も 行か^. し 老婆の 室 を、 今霄 は^ 思 立てる 折し も、 外に 



あした どき 

慌 しき 足音 閗 ゆ 



隅 田 川の 秋 



1 七 



JI 




^隅 田 川の 秋 一 1 八 

たれ び あ をつ ぶん さま はっさん いそが げ さきよ 

誰なら むと、 首を擧 くれば、 懷 かしゃ、 文樣 か-初 樣さ、 忙 はし 氣は 先よ, CS 呼ばれて、 を はく 

を どめ たちあ け ふ 上ろ こ くだ , 上ろ こ こど いも ど ひかへ 

しく 少女 立 上れば, 初樣、 今日は 喜んで 下され さいふ。 喜ばしき 事 さは?^、 急 ざて 問 返せば、 

み け.: ふ fl よきが、 S- めい ふる がち こ ぶんいち C れい っヅ 

rJ れ 見^され、 私 は 今日から、 書記 掛 id 命せられ ました さ、 震へ 勝 る 手よ. o、 文 一は 辭 令め きたる 1 

通 を 渡しぬ 

めいじ に e5£ ねん わつ ビをか ほんしゃ. Jt きが s-a- めい げっ iift>5 に わん き...' ゐみ e れい たビめ い, てが 

明治 廿五年 九月 十日よ, o、 本社 書記 掛 命 卜て、 月 俥 十 一 一圓 を紛す さいへ る 意 咏の辭 令 を、 少女 は 忙し 

もく よみくだ かほ あ ふぎみ ぶん さま ためで た <■£ ざ 

く默 して 讀 下し、 さてつく-^ さ 男の 顏を仰 見て あ. CS しが、 .1^ 樣。 御 目出度 御座. 0. ました。 

をみ だ さ、 あど こど い 

うれし 淚に碍 へられて、 跡の 言葉 は 出です。 

しばらく のち その. &ヅっ 5 .S まひ どた ぴ ていねい 上み ね は をば さん ?ケ たよろ こ さ、 や いま じ れい 

暫時た ちて 後、 其 一 通 を 今 一 度 丁寧に 讀 終うて、 賢母 樣も嘸 御喜び^ されて さ、 少女 私語けば、 今辭令 

5 けど は、 は & い つと く H や をん み 上ろ こ た あし 

を 受取. しば かゥ; ^て、 母 はま だ 話さね.^、 1 刻 も 早く 御身 を 喜ばせむ 爲め、 をの 足 て さいふ。 か 

わたし f くだ まて あた & みだ 

くまで 妾 を 思ッて 下さる かと、 か 一 初 は 亦 新ら しき 涙お ぼしぬ。 

《十 1 》 

ね も はや しゃ, f しん も H や. &ヅか .《 さ f> つかへ は、. S ■ ね も 

思 ひしょ ゥも 早き 昇進に、 最早 1 家 を 持ちても、 差 支わる ま 卜さ、 母 も 言 ひ、 か のれ も 亦し か 思 ひて、 

t>5 ろく^ち あさ ま よ S へ もみだ むら たづ こ、 ろ さ だ い ヅ しょ 

あくる 月の 十六 日の 朝、 住 ふに ほ^ 好き 家 を、 乙の 隅 田 村に 尋ねむ と、 心 决め たるが、 お 一 初樣も 1 所 

つ は、 こどば したが け ふ "いちにち け ふか わ を どめ もろ ど. い も- (- ゆ 5 せきく わい しゃ もん い 

に 連れて さの 母の 言 菜 k 從 ひ、. 今日 一 日の 休暇 を 得た る 乙女 諸共、 文 一 は、 嬉々 L く 紡績 會 社の 門 を 出 

でぬ。 



^^tf いろづ たん ほ みち つ ゆ * み, * へ. L かる かや さきみ だ くさ 

檢 若の;^ よ. CS 广 i に 折れて、 稻菜& 付ける 田 畝 道お、 驀直^ 行けば、 女郎花、 萱 等の K 亂れ たる 艸 ひら 

ひか 0- 



.L づ を がれ ゆ さど かほ みづ 

を、 静かに 流行く 星 川の 水、 銀 蛇の やうに ちょ h: 



S 私語き て、 末 は 朝日の 光、 う CN くしく 金を碎 



きぬ。, 汀に 傍へ る 竹 藪の 間よ. は、 白頭翁 さかいへ る 小鳥の、 幾疋 sal く 囀れば、 A:- さ. にさて 里の 蓳 



むか まつ こ ねだ か かな S ち れいろ 5 saw- をき £众 あ ひだ ひろ ふ た S- 

が、 向; S の の 小枝に 戀 けたる 籠の 中に、 これら 玲瓏たる 鳥の 啼聲。 乙の 間 を、 拾う やうに して、 二人 



は 小 松原 一 ッ 過き ぬ。 



た むか ひど をが や み をみ み い ヅ けん ふさが あど かしゃ ふだ は は, せき々 わい しゃ 

田;^ 向へ る 一 長屋、 南の 隅の 一 軒 は塞ゥ たれ.^、 餘 は いづれ も 貸家 札お 貼ゥ て、 紡績 會 社の 職工の 需要 



やつく w ろくで 5 ひど 3 だい^ころ S かや ちん や も 

窆 いはぬ ばか 6 の 家 造、 六疊 一間、 臺所 にて は、 如何に 屋 貸ば かふ 低く さも、 さても 話に ならぬ 亡、 を 



かしゃ ふだ たづ 



めい 《 'た .S た ほし わ tJ こ みち みぎ を 

のま、 行 過ぎ 銘も 打ぬ 板 橋お 渡ッ て、 ,^^路づたぃに右に折れ、 左に 曲ク、 少なからぬ S 家 札 を ® ねたれ 



ど かくな も .& へ を ま かも あ おしいれ もく を をし. S れ ま か を もく ズォ を しいれ まか つ が £ 'よ 

免 角 思 ふやうな る 家 は 無し。 間數 有れば、 押入 少く、 押入 あれば 間數少 く、 押入、 間數、 都合 好し 

ね も ゐんき も まい K はせ ま は を さき .S へ ふる た、 みやぶ ざ f- きひろ も 

さ 思へ ぼ、 如何にも 陰氣 なる 住居、 或は 庭狹 く、 鼻先 ゥ かへ、 威 は 家 古く 疊 破れ、 或は 座敷 廣 過ぎて、 



I , もみだ むら eoc & ろまで た ほか 5sS た. つ つく ふた e- き^ を まひ 

價せ问 く、 さほ^せ まく も わらぬ 隅 田 衬 を、 十 時 頃 迄に、 大方 は 尋ね 盡し、 が、 二人 は氣 入 A- たる 住居 

無き にあぐ みぬ。 

あま つか を か しばくさ ひど や もみ を どこ こどば はつ ゐ Jit- を た? -ひゅ 

餘ゥ に勞れ たれば、 あの 小 丘の 芝草に て、 一休 憩すべし さの 男の 言葉に、 御-^ は 異義 無く 從 行きぬ。 

ぬ しゅ のこ W 

ッ拔 ければ、 朱は殘 



て そで f- の だけ ❖ ぶ 

葉 は 枯れた る 羊 畑お 過ぎ、 铀 にか./ -る篠 竹の 毅を、 



山門 寂しき 衬 寺の 傍お 廻- 

は こけみ は い ヅたい ビ S- ゐ だいがく み たけ じんじゃ 上 e わ *y よ み たけ じんじゃ 

なく 剝げ て、 苦靑き 一 帶の 華表 あ.. so 扉 額.? 4 れば、 御嶽 神社の 四 字、 纔か 讀 まれぬ 御嶽 神社 かさ、 



隅 田 川の 秋 



1 】 九 



ST ル. U % ^お 



隅 田 川の 秋 一二。 

ふん. &ち つぶ *• や ろ れ いはい ぃセ を か の ほ 

文 一 は 咳きながら、 われ.^ る廟 に鱧拜 し、 はたく さ 急き て 小 £ へ 登る。 

ね t い, U ゥ 1- はつ r-f 3 2.- へ こ.. i t * ど. J かたわら た 

後れ ま 卜さ、 急ぎて 續 ける.; 初 は、 うつくしき 芝艸の 上に、 腰 を 休めた る 男の 傍に 立ちて, は みたる 

C き いき ft を かたわら いこ 

呼吸お ほッさ « し、 ァ、 呼吸が きれて^、 いひ かけし が、 乙れ も 同じく 文 1 の 傍に 憩 ひぬ 0.: 

いき わら ひ yj を ほ. & き あら あ をた あま B 

…… をん な 息が きれて かさ、 笑ながら やさしく 問へば、 え? ^ 、 猶 呼吸つ かび 荒く、 貴 郞が餘 

ft c-t き だ ほ、 ゑ か あい ゑ く ほ ほし も、. S ろざぬ 

御 急ぎなさい ますれば、 まけぬ 氣を 出して、 £、 微笑みて、 可愛らしき 笑 靨の 星 を、 桃色 耦 の やうなる 

W やう 55 

兩 頼 にわら はしぬ 

」 た W くびち けしきみ ぃ&> か ほ どころ いままで 

やがて 二人 ハ首 を舉げ て、 あた. の 風景お 見や 6 ぬ。 わ はれ かゝ る田舍 に、 rJ れ 程の 處ぁ. は、 今迄 

fr^ L Is ヽ い ちほ 5 せん s- むしろお み わた かう、 ん CSS- e んょ ふせい 

少しも 知ら さ 6 き 前に は、 一 望 千里の 席 田 を はる )(- 見渡して、 黄 雲 十 里^、 詩人の 讀 みけむ 風情 も 

tei>rt.^ t り び a-f( ^^^'ふ .AinlKV*> L &ビ いでゆ ほな ちか も w かげ き せん こ 5 C sis かみ 

思 II? ^る。 !S^®1、 兩々 たる 農夫が、 鋤 荷 ひて 仕事 出 行けば、 程近き 森 陰に、 戯 戰を講 する 兒 童の 紙 

at き. aft- ひる; 5. へ &s-< あ さけび て きこ か 5 け しき おも ひ 5 しろ かへ s- み 

fe> 秋ぽ^^:^飜ゥ、 折々 揚 ぐる 叫聲 まで、 手に さるば か ゥ 聞え 來れ. <„o 好 景色^ 思ながら、 後 を 顧れば、 

ま K-*i ち; SJ ん 5-^ チぃ .S ち さ 5 ちゃ に 》1 きた やうく ど., 2 &ん を S ちく はく ほん かせ はら かへ 

乙れ は 叉 一 の 美景、 一 道の 長 流、 西よ- > 來ゥ て、 溶々 東南に 折れ、 一 々の 白帆、 風 を 孕んで 歸れ ば、 

5<) -^5( のこ 5- を みぎわ つ、 &み L つ K つ みづ VJW かを み は 5 せきく わい しゃ へん ,,.. んを へきら く 

|g 『化 實々 さして 殘 無く 汀 を 包み、 に出沒 する 水鳥の 數も見 ゆるに、 我が 紡績 會社 は、 dt 雲 無き 碧 落 n、 

いきま ひ さん はん &ん どつ ふるわた はつ くろけ ぶ s- み 力 j^pOT- い きくわん 

勢. -ょ く 突立ち て、 三本の 烟 突よ -、 古 綿 を發 したる やうなる 黑烟 、もうく^ 漲 出て ゝ、 機關 の; s> き 

はるか こ、 ち よ こ 505* い は 5 せん た、 み い けしき * どめ せん 

の遙 にき 乙 ゆる 心地好 さ。 言葉 も 出です、 文 一 然 S 佇立し が、 好 S 景色です こさ、 と 少女に 先 

ぺ ,,, ? どころ もこ t こ 、 ら をゥ 

鞭お 着けられけ. CSO ま 7|€ は、 乙の やうなる 處 がわる さは、 少しも 知ら^. し。 此處等 は、 夏の 



隅 田 川の 秋 



二 1 



ころ くな び さ あ 1^ に ゆ ゑ L つぶや 

頃、 幾度 も散步 したる 乙^も 有. <^ ながら、 何故、 知らな かッ たか^、 文 一は 獨言き ぬ。 さう です ねさ、 

* どめ やさ あい あつ みつ 3 た X あやせ ,i ^み K が K がつ あた & おや. ゥ ていきよ く 

少女 は 優しく 挨拶し、 あの 三叉の あた. o の 好き 乙 S を さ、 綾瀬川の 隅 田 川に 合する 邊の、 長 汀 曲 

ほ ゆびさ 

を 指しぬ。 

ゆび 1^ むか ふた ま 5 ち みつま せっけい しい か はいく わい この ひど 

指さ、 れて 男は點 頭き、 向島の 中 はても、 あの 三 X あた ゥは、 絶景の 處 さて、 詩歌 誹徊を 好む 人 

つき ゆけ ふね 5 か めいしょ いち ビ ムひぁ をび •> たも も 

は、 月に、 雪に、 舟 を 浮ぶ る は.^ の 名所 なれば われ も 一度、 舟 遊お 仕て みたし さ 思へ き、 よき をゥも §1 

かた ふね ね こ ぎ こど &ざ ? *t は ぶん e 上 5 づ こ 

くて さ 語 6 ぬ。 貴郞 は、 舟 を^ 濟 4fb されし 事 は 御座 ゥま する か。 昔 は、 隨分 上手に 漕ぎて、 

々わく か 5 * ころ によ や 5 たいてい かほ ふね 5 か s ち あみ L こど いま 

學 校に 居る 頃 は、 S つも 日曜に、 大抵 この 川に 舟 を 浮べ、 打 綱、 ぼらつ ゥ なき を 仕た 事. ii- わ. しが、 今 

たのしみ わ も さや 5 &ざ ふね たいそ ね もしろ Z ざ 

i:- を の 幾 は 忘れられす。 左檨で 御座. ませう^ i^、 舟 は 大層 面白う 御座 ゥ ますれば。 をれ 

まへ ふね き わら ひ だ いもき ね もしろ 

では、 か 前 も 舟, ど 好か、 えさ 笑ながら、 大 好な.. <.'.^ の 事な 乙れ は 面白し。 をれ では、 

S つ ひ 3 どき ふ を あおび t いひ かけ い S 上ろ こび 

何時か 暇の わる 時、 舟 遊 を 仕 やう かさ 文 一 はいふ、 何卒 どや 初 は 言 懸けて、 言 ふに 言 はれぬ 喜悅、 

あら は 

少女の かもて に顯れ ぬ。 

*J5.S ち 43 つ.^ あさ くら でら かね むら かへ み 

を 6 から 十 1 時 を 吿る錢 草 寺の 鎵、 たえく に衬を わたるに、 十二時 迄に は、 歸らね はならぬ,: n?^ の、 い 

まで こ を くわつみい ふ もど S まひ どめ さが たも い へ, |> はふ ひど 3 づきく わん 

つ 迄 斯うしても 居られ ま 卜さて 割愛し、 rJ の 麓 40 今 一 廻. 探して、 思 はしき 家 無くば、 今日は 1 先歸館 

かた &ぁひ んた& を か く. た ほ. C ろくて 5 さが ffcf たく ムか いけがきた け ほそ 

さ、 語 合ながら、 二人 は をの ま、. 丘 を 下. <=v、 潜 五六 町 も 探しけ るが.、 養 牛 塲の奧 深く、 生垣 竹垣の 細 

みち くもて どころ おもく み かけ ま, C ざら かしゃ 

道、 蜘 手にた^. ゆく 處に、 表よう の 見 S は、 萬更 ならぬ 貸家 ぁゥ。 



隅 田 川の 秋 



«| ふるわ つく ffl- さいもん あめ くろ かしゃ ふだ X ろ < で,、 r ひ-ど .^L で ん: -fp、 .^SJS- ひ 1 ど 

柳の 古枝 かもしる く 作な したる 柴門 は、 雨:^ 黑 める 貸家 札 を 讀めは 六疊 1 間 四疊半 1 1 間 ^笸 1 箇 

€t されぬ の ひ 家..、 li^ き iwl をよ 呼びて、 i を はか させ、 rlM はゥヒ りか はも に 人れば、 家:^ も 

さほ^ 古く は あらす。 

《士 U 

i. f0p0<f ず" の f 旭 ゆべき は、 だ讀: 近 かく f 、 

ゥ き.? -c こ ,づ ら, ごん ほ み あまつ さへ まへ も 5 くわん せんちく しげ つきい: 

ひ。 ずの 小 窓に はるく さ 裏 田! S を 見. Q たして、 加 之、 前には數竿の箭竹乙んも-^^繁-^^て、 月 出て 

&« *| £ き 上ろ たも し 5^ を 3-^ ひら はは いづ , ❖ わんせ き _<«..i^ も,; i5 

むが、 ぎふら む 時 は、 S かば か. 宜しから ひタ」 思 はれぬ。 柴折卢 を 開きて、 庭に 出れば、 岩石の 位置 颇 

fe もしろ をみ & へし かる かや ふ SJ さきみ だ ふ せい われら も まひ 力ば も, ) 

る 面白く、 さ MW: くに、 女郎花、 4: 刈萱 等の^ 亂れ たる 風情、 我等の 住居に は 立派 過ぎた ゥ。 

? si 思 出し けん。 押入 は。 有る かさ、 文 一 振廻ゥ て 間 ひぬ。 初 は 流石、 さる 所 k は 早くよ ゥ せ 

6 みつ £ ざ たくさん くち を 5 こた 

意した. かほし く、 三 固 御座 ゥ ますれば 澤山 さ、 口に 應ヒて 答へ CNO 



f 二 si、 もれで は 十分、 M の 位の 住居なら ば、 人に 来られても、 羞 かしき 事 も わる まし。 左樣 です^,^、 



さ や 5 



乙れ ならば 少しも 申 分 は あ..^ ませね.^、 あま. 結搆 過ぎ は 至し ませぬ かさ、 少女 はいふ 

r ゆ 5 せき,, ヽゎ. St や L 上き が、 c ぶんざい さ 5 どう S へ?" まへ さ,? &; 、 . t 、 ► ^;^^ ► . 

まこ^にお-初の 言へ る r ^さく、 紡精會 社の 書記 掛の 分際に、 相當 せぬ 家 構に は 相違 》 けれ さ 家賃 もも 

わ たか 2 £ へいち?. <i いへ を どめ もろ ども も たのしき . 

の 割に 高く も あらす。 假令, 1 年な ゥさ、 かゝる 家に、 少女 諸共 住みたら むに は、 をの 築 はいかなら むさ 



文 一 はか もしる き 希望 を朐 にか 乙し ぬ。 

はゝ さ <• だん ふた 《- い 

いづれ 母^も 相談して ど、 やがて 二人 は 乙ゝを 出で ぬ。 

き ろ のケみ ちくいち かた ぉ< X で S はん をお ざ. L*8 わら 

歸路、 文 1 はもの 望を逐 一 か 一 初に 語. 'て、 かの 奧の 四疊半 を、 其方の 座敷に すべし^ 笑へば、 

ざしき い V お をた & し 上さい もちろん べに た f> ろい 

私 は 座敷な ^は 不用 ませぬ。 をれ よ. か、 貴郞の 御書齊 はなさ. CV ませ。 勿論、 紅 や 白粉 だら 

けに されても 困る けれ 

^< s * ど vj .e ほ よこめ s^i ら を どめ かけいだ 

あれ まあ! をの やうな 惡 まれ 口 を さ、 男の 顏を橫 目に 睨めて、 少女 はすた./ \- ^驅 出しぬ。 

かけ. &だ その や 5 たこ よい ^ 5 しろ たも ど V ら を kJ たこ 

女 1 も驅 出して、 其 樣に 怒らす さも、 好で は. lis かさ、 後よ 6 袂を 捕へ、 何 を をの やう 怒る のか。 ま 

お ま い つし よ ゆ 》* たわら ぶん さま よ ほ 5.1 ね ひ ビ わる こ、 ろ ね もて 

あ 御 待ちよ、 一 所に 行くべし さ 叉 笑へば、 文 檨は。 餘程御 人 か 惡くッ て さ、 心の うれし さは 面に みえぬ。 

をせ つ, & ふた あし あゆ をせ ひど わる つめよ L もどめ かほ か 

何故 さ繫 が..^ て、 ニ^^ほ^步み、 え、 何故 人は惡 いえさ 詰 寄れ は、 知ゥ ませぬ さ、 少女 は 顏を掩 くし 

?。 

ひビけ を ねん » みち e や s だんい へや .《$J 3 ちか S 、を やむ かい ^ あ 

人氣 無き 田献道 を、 戯談言 ひく わが 室 i:^ 戾れ ば、 待 兼ねた る 母親 迎 出で、、 好 S のが 有ッ たか 

f あ ぶんいち ざ つ くわ かた たい も 5 つ が 5 X 

さ 問 ふ。 有う ました^、 文 一座 k 就きて、 これく^ 詳しく 語れば、 をれ は 大層 都合が 好 

ろ 4- ば よろこ かほつ き さら また むか る せ .W んきん おし いれ $ む ひ あた & よしあし 

かッ たさ、 老婆 はいかに も 喜ばしき 顔色。 更に 叉お-初に 向 ひて、 井 In, の 遠近、 押入の 有無、 日當の 善惡、 

そん も こど おも こど めんみつ たづ ひるめし も のち わたし ゆ 

はて は 其 樣事さ 思 ふやうな る 事まで、 綿密に 尋ね、 晝 餒を濟 ませて 後、 私 も 行きて みて 來 べし^、 

こどば ク 

言葉 を績 ぎぬ。 

隅 田 川の 秋 一 二三 

,i i は . し. .r »M M.n^^^n 



隅 田 川の 秋 1 二 四 

ひる やぎ ? « ふた e- み き いへ けんぶん き か を ゐ てん を S 

午後、 老婆 は 二人が 見て 來. -し家 を、 我自 から 檢 分して、 氣に叶 は》、 明日に も移轉 し、 老て はい さ > 

めん な K ん づき あ ひ いっこく はや のが かつ W た ふ S よ めづ を かよし ふ, T ふ の 一 ^ 

面倒なる 他人 交際 を、 一 刻 も 早く 免れた く、 且又、 一 一人 は 世に も 珍ら しき 仲好 なれば、 夫婦に なりて 後 

よ を か ありがち ふ,^ は たこ ひど 3づ あん-し, c で き をく ねつど ゐ はい た. & 

も、 ffi の 中 Jii 有 勝なる 風波 も 起ら^る ベく、 さすれば 一先 は 安心 も 出 求、 C られし 夫の 位牌に 對 しても、 

い く ね も は おろ さ 5ケ5 ゆ みち つね はか 5J 

幾らかの 重荷 を S. す 道理 さ、 うれしき 想像 J^、 行く 道 も 常よ ゥは渉 取るべし。 

へや のこ ぶた s- を ものがたり B 、さま き い いか i. ぶんいち たづ 

室に は、 殘 された る 一 一人が やく も 無き 物語す。 母 樣の氣 に 入らす ば、 如何すべき^、 文 一 の尋ぬ 

お ほかた たき い けっか 5 も L を どめ I 

れば、 大 方 は 御 氣に入 6 玉 ふべ けれ^、 あま. =V 結搆 過ぎる^、 の 玉 ふや も 知れ 卞、 さ 少女 はいふ。 

/び たれ おも ひかへ たいがい tf0 くだ ねが 

さう かね、 さ 男 は 首お 低れ しが、 やがて 叉 思 返して、 何、 火 槪は求 知して 下さる やうに 願 

さ や 5 それ た At かへ ころ ま. i- くび. &だ 

ふよ。 左檨 なされ まし 0, 其に しても、 もう 御歸ゥ なさる 特刻 さ、 か 一 初 窓よ 6 首 を 出せ は、 

みみ い い ちじくわん もはや 

まだ 見えぬ か。 見え ませぬ。 行ッ てから 一 時間に も なれば、 最早 歸 6 さうな もの。 

をば さん み み ほんど 5 たちあが 

あ、、 あれ は、 賢母 樣 らし so 見えた か。 見えました € 笑へば、 本當か S 文 一 立 上 

か は いだ き ちが 3 が L まひ をん ひ W た 

て顏を 出す 時。 あれ、 違 ひました、 ぁッち i£ 曲ッて 仕舞ました。 何 だ! 人 を 立せ て。 才 

3 ちが ひ し かた ォん し ひど c や & 

ほゝ、 をれ でも 問 違 なれば、 仕方が あ.. ませぬ。 何だか 知れる もの か、 人 を オヤ もんな 邪推 

e や, * ゐ をん よ こ.' や は 《?て どら ほんど 5 ひ 5i ひど 

邪推で も 何でも 好ければ、 まあ 此處に 座らぬ か^、 裙ぉ捕 へられ、 本當に 酷い 人かな^、 

ひざ ) 

初 は 膝 をつ きぬ 

3 ち よ c M-JS かへ w き ろ 《 'ぶ 3 は ふた S- つめよ は、 さ i ぶ を ば さ 3 

待くて 四時 過、 歸來る 老婆の 周圍 に、 二人 は 詰 寄. て、 #樣 いけ ませぬ か、 賢母 樣.^ う 



暮' さ U 
色 そ 、 




洛^ 


返 s € 


し 


% 


m 方き 


all; 


4itr つ 

都が 


過 


で 




し 


き \ 


7(L 




卿 1 




雜せ 
籍? 


が 


御 こ 


や 


タゅ 




の DC" 


れ 


fete 


の 


小、 タ 


の 


好よ 


さ 




帶を 輪? 暮 A 


も 

I* 内み 


、, なき ffifl: せ 

ぎ 聲る 

かケて 'はや 
Hi 


は 


Lh 、 

ろ 


親え 


殘^ 


ど 


け 


プ 

る 





ひ の 


の 


ra だ 




/ 上 

S 


類 5 き 


ム 


れ 


は 


な 


m 


44 む 
村ら 


ち ム / 
長 や 々 く 


7 


求 や 

»> 石 だ 


V 

X 


め 




ぽ 
は 


さ、 


し 


る 月 

森 5 、 
、 胶 t 


に 


vj 


鳴^ 1Z 

、い 7 
し る 


の 





て 


A け 
マ 




<L 


ft 




? +C も 
林 <0 


悅老 


) く 

し 




來き 


口 ふ 
P 


t=t さ 

竿 さ 




\P 
<L 


名 を 


y ベ か 
影げ 


^ 圏 ど 


喜 さ 


で 


寄よ 


、 

し 




'せ そ 






々w 




^ 藥 

なせ -X- め 

y i \ の 

|{ 日 t? ご 化 やた 

二 樂の 


)> 
に 


m い 
山で 


せ 


、 > 


モ 


移し 


trR き 

吸 さ 


吁 w 






た ゆ 


て 




、: t き 






nn さ 
吸 さ 


驊 


> 

< 


つ 

ービ 


はは 
母、 


さ 




々 


の 






リ 


〜 トり 

丄の 


吹き 

拂? 


ク 


mt し 


挫 3 
檨 a 


し 


nn あ 
明? 






せ 


し 


> 
\ 


ヒ Lot 




丄 ir ば ^ 
場 ^ 


V 

よ 


7/-* 


n ャ 

曰 な 


ね 


頁ら 






間 3 


は 




/y\ 
の 


さ 




に 


、 タ 


は 


V 

A 


-M- も 
丄ぇ 


ャ、 


ゝ o 


れ 


njc < 
PR ら 


诚ゎ 

mtc 

) し 

に 


-ズぉ 

杀ゃ 


3: 






士 


o 




― い 

お 


て 


/ 
\ 


チ, 

r 

"^い 


お、 


移& 


八 い 

今? 




一 ふ 


井る 


< 


時 e 




《 






轉?: 


一ち 


'ぶ 


r た 


^ど- 


問? 


に 


net <♦ 
眼 あ 


L 



チ 

b 


れ 


狩く 


は 
出で 


度 


一 


は 


に 






ん 

界ぁ 


行 






P ゆ 
間ん 


仃 


ャ 


い 




ら 


から 


さ 


耽ん 




モ 


來 3 


ク 




A 、 


押^ 


れ 


に 


い 

點? 


V4 


潮 5 


《お & 

御 


fRf た 


る 


て 


御 


に 






な 







m 




ベ 


好よ 


ほ IJ 




に 






の 


V\ (g 


ま 






、 

し 


/ 

\ 


&ち 
烏よ 

渡? 


お 
れ 






て 


ml 


モ 


よ、 

JJ、 


し 




、ク 


さ 


し 


曰? 








好 


1 こ 


て 


苗ば 
禺ぇ 


い 


の 




U ゝ 


當 S 大 S 


IP 




し 








ふ 


て 


'1 ま 


L 






m 





ぐ 




の, 


さ 


變の 




W 


チょ 


け 




系 a つ 


の 




AW 
-7 

a X. 
P 


凰し 


お 

れ 






て 


岡 か 

ml. 


1/ 


何き 

~~ "ど 




間 ま 


さ 


r 


〇 

わ 


て か 




吳く 





な 


に 


な 


I 斗 
は 


洗ら 


私? 


g きへ 

if in o 




れ 


に 




クま 


る 


下 も 


が 


き 

霤ミ 


へ 


モし 


A 是 




V 


S も を 




申 t 


住 あ 


b 


ら 


れ 

暦 § 


は、 


苗 ' 
呆ゎ 


b 







し 




分尤 


居さ 


け 


青き 


の 




マ 1 

チ L 


リ 




さ 


て 


k 


は 




む 


mi 


A| 


fcfT ふ 

薪 f 




o 




す 


來 S 


れ 


號を 


わ 






CI が 

月つ 


ml 


い 




れ 


て 




< 


の 


s« も 


熨 の 




^ヽ 


バ 




ば 








家! C 


は 


し 






ら 


れ 






吳く 


て 




1' こ 


る 


た 




え 


購 J 






家^ 


れ 


a 




て 




ら 


お、 


し 


め 


都つ 




を 


ぬ 




It 






ひ 




て 


て 


合力 5: 




持 も 


力、 


禾 /、 


通 5 




の 


や 


h 




mi 


好よ 




ク 





t 


ふ 


の 


白 しら 
玉 S 






白? 


b 


< 




道? 


且き 


ふ、 


に 


家 や 


な 


な 


帆' え 


ま 


定 1 




具く' 




初 




賃 2 




る 


る 


1: 


し 


h 




は 


豕^ 


樣 


至し 


は 


光き 


空! 




吹き 


1Z 


ま 






の 


の 


極? 


低 や 



隅 田 川の 秋 



二 1 五 



隅 EI 川の^ n I , -■- 

£ の s、 If 、 fff. がふ 頭き て、 心 t 人 I くに 

f . :i s (b. t ?びぃ はくろ こ ゑ はる ゅゥ 

0<ft^ff f0i i-ff ミ 雷し? 皇の聲 は、 遙 かに 水上に 沒し、 

獻!: ふ M の I* は、 さお/ \ たる に ま. C し Q 

お】 51 の T に^ 、られ たる を、 ゲ ms^ されば、 叉 何時か は 見ら るべき さ、 文 一 は 夕 

^ - 一 ら 3フ て .S きこし y-sv や 5 せ を々 るい はこ た あさく させ S でん 3 ち しん 

^を 齦 ませて、 r 外^" 出て ぬ。 I は^ぎ 日の, 轉は、 入用なる 道具 額 を 蓮ば む爲 め.^、 淺 SWK 町の 親 

顯に t 仃き て、 S まだ か I らす。 .R-s^*ぎ^^のへむ€て、f斷かのれの室に展.-たれば、外に伴も無き身の、 

> みだ か 》 みぎお きた ) 

お .,1 まかせて、 來る とも 無しに、 隅 田 川の, 汀に 來 6 ぬ。 

, > 't sit. くさ かせ 5 & さき いったい おやち ©5 しろ を s- も t. 

か g みれ は、 ま &き, S なゥ。 8^ 軋の をよ くさ 風に 搖く 先れ、 一 帶の長 白く、 折く 過ぐ る柔 

^のギ きみおに ひ > けば、 li をむ i ベる,^ ぎの みお どや" % きて 飛 起ち 行く。 詩き ど は、 か ゝる處 ど さ、 

て 5 は 5 X ね乂 *^ 

文 一 はわた 6 の 眺望に 餘念無 か. き。 

掀 わら、 ひ f% の Mi ぎに ぎち て、 おに 步 r れる もの ある は 不審 さ、 文 一 月の 光 はす かし みれば、 

その かげよ た あ しみ あし あど もビ • > ) 2 

其 影 二 步三步 後 戾<. ^して くゥく 笑 ひぬ 

rf 1 ら どき ぶん さま わたし S ざ こ ゑ たま まろ 

K かさ 1 ひなから、 ; i よくく i ピ 凝す 赌、 文樣、 私で 御座 A> ますよ ち 聲は 玉お 轉ば すか.^ S 

し。 



* 



もつ もっか © かた 



:: :… 御初檨 か、 默ッ て立ッ てなる ゆ ゑ、 誰か さ思ッ た^、 少女の 傍に 寄 添、 もう 荷物 は 悉皆 片 

づ I たいてい かた ク たビめ くお おう こ ts 

附 きしゃ さ S ふ。 え、 大抵 は片附 きました さ、 少女 は 口に 應 して 答へ ぬ。 

い つき つ ひ .& ままで つき をが めゐ ひるが へ * ビめ かほ .リち み 

ゎまゥ 好い 月に、 遂 うかれて €、 今迄 月を眺 居た る 文 一は、 飜タ て 少女の 顏を打 見や ゥゥ。 ま rjs に 

あい * どめ つきよみ 5 つく み どき s- んか くた s. かほ を、 め 

か のれの 愛する 少女 を、 月の 夜に 見る は^、 美しく 見 ゆる 時 は あらさるべし。 輪 ® 正しき 顏を、 斜 にさ 



つき ひかり いろ *J ろ はだへ 

したる 月の 光に、 い 色白き 肌 は、 



よ 



しろ びし や 5 ふく くお b ビ め もど いへ 

白く、 微笑 を 含める 口元、 目元の いっくし さ。 あの 家に 



f > を どめ わがつ ま を 《- たの I さ たも ひ ほみ ま ゆ ひ を ほ み 

住みて かゝる 少女 を 我 妻 さなす 折の 樂 は^、 思つ > けて、 雛 見れば、 いつの 間 k 结 直しけ ひ。 見る か 



I か 5< 



5-? 



ら 格好よ き 高島田、 一 技の 簪を揷 したる 邊 

ちょ ゥ VJ わか ft. げしゃ 5 くちびる べに 

る を、 1 寸は 分らぬ ほ^の 薄化粧して、 口唇に は 紅お さした ASO 



は さん ほん おくれげ み ざ かほ みだ ふ せい 

、 二三 本の 後髮、 右の 顔に 亂れ か、 ら 4, る 風情 さへ あ 



さて はさ、 文 1 心に 可笑し、 



たいさう 

か 1 初 樣大曆 御つ 



む ざん 



力 



出来た ねさ、 無殘 にも 短刀 直 入の 言 

ば は 4 お ほひ lij 5».& f も たしろ ひ たへ わら ひだ ねし ろい 

葉お 放てば, え! さ、 か-初 は 大に度 を 失 ひたる 檨 子。 白粉お つけて さ、 堪 かねて 笑 出せば、 白粉! 臚ば 

いひ はづ か S お 5 

^i. 言 かけて、 羞 かしき か、 顏 を掩; 3 ぬ。 

i ぶ S- .S どし 

はらしき 素 振に、 男 はもの 可愛 さ を、 ^み f さ 心に かほえぬ 



* は を. は ふた 《- て ど あし を、 ば, r せきく わい しゃ ふねつ ぎば へん きた 

今少し 川の 傍に さ、 二人 は 手お 取らぬ ばかう にして、 足 を 進めし が、 やがて 紡績 會 社の 舟 繫 場の 邊に來 



ぬ。 

み-て • ^u. メクず た ュね つ.; * ろ さほ < ?-こ q を ビ、 の こぎて is の 《 'いだ 

見れ は、 其處に 一 艘の 田舶聲 ぎて あ. 00 櫓 も、 竿 も、 殘無く 整 ひて、 漕 手 さへ あらば、 今にても 乘 出さ 



隅 贝 川の 秋 



二 七 



% ^い V 



I お^ 



隅 田 川の 秋 ■ 一 二八 

め はや み ど ぶん. S ち かき や i-KS ; S つ せん たこ けさこ やま * どめ こど ば おも ひわ こ つき 

るへ きを、 目早く 認めた る 文 一は、 雅興 俄かに 勃然 < ^起. り、 今朝 小山に ての 少女の 詞を思 起し、 乙 の 月 

ふ 5; み おもむき おも ひた を どめ かた s をづ 

K 舟よ <rs 見ば、 をの 趣 いかによ しから ひさ、 思 立てる ま、 を 少女に 語れば、 少女 も點 頭き て、 

k k ) ろつ か へく は L ひかへ 

S かに.;^ もし かるべき £s ふ。 され. $J、 梭を 使; 3 玉 ふ 術 詳しく 知. 玉 ふや^、 思 返して、 問; S 

5 み い こど か は こ こど そ^^ 

ぬ。 海に すら 出で たる 事 ある を、 乙れ しきの 川、 S かで 漕げぬ 事 あるべき さて、 文 一は 早く^ 其 

ふね どひ f つ ら せん わ ふ をみ つき くだ 

船へ 飛 移れば、 螺旋 をな して、 動搖 したる 波 は、 きらく^ 月に 碎 けぬ 

ほんど 5 だい SJ よ ぶ いまい ち «J ねん お だ. S-ti 上. T. ぶ をに を 50t あや ふ つゆ 5 たが さ 3 

本 當に。 大丈夫で すかで」、 -;^ -初今 一 度 念 を 押せば、 大丈夬 も 何も ある もの かざ、 男は危 きを 露 疑 はぬ 樣 

.r まれつ き, * ね この をの ふね の as つ よろこ ひ .S ろび ズ わん あら K 

fo 生 質 舟 を 好める 少女 は、 かくして 其 舟に 乘移. CS しが、 喜 悅の色 眉間に 顯れ ぬ。 

S や 5 がん おひ しげ ろ てき を で わ ふね しづ こぎい あや ふ おも を どこ さ. * が ふね こ をぺ 

兩 岸より 生 茂れる 蘆^ を、 袖 分けて、 艄は靜 かに 漕 出で ぬ。 危し さも 思 はぬ 男 は、 流石.^ 船 漕ぐ 術 を 

L さほ つか て ぶり i & 5 れ 

ば 知. た A,^ け ひ、 竿 を 使 ふ 手 振な さも、 さして 不慣に は あら^. き 

がま こ もげ か tt や. S3 あ ひだ ゎづ も sff( .S ろ こわ さ、 e をん 

蒲、 小 管、 川柳の 間を縐 か:^ 過 ぐれば、 一 望 溶々 たる 水の 色。 恐い やうです ね^、 少女 私語けば、 何の 

せん ふ e> む さほ >A- て ろ こ 4-f- たし 

さ、 悠然亡振向き^^がら、 竿 を 捨て、 鱸 を 小 腰に 押 は 卜め ぬ。 

も はに け ,<: ほせ ふね を、 ふ どて も ん もり かた ゆ みつまた かな ビ さ,, 

猶 一 一間 程、 舟 を 進めて、 文 一 不圖手 をざゝ め、 水神の 森の 方に 行かう か、 三叉の 方 かさ • 問 ふ。 左様です 

L ? ti しかんが や 2- も みつまで. ほう けしきよ みつまた 

ね ど、 少女 も 暫將者 ふる 檨 子な. しが、 三叉の 方が、 景色 は 好く は あ- y ませぬ か をれ では 三叉に さ、 

觼を 急き ぬ。 

ゥき み わな いっく わ .J らお ま ど ろてき かせ をび さ 3 ろ こん つき くだ 3 ま 

月はぃょく澄渡.=^て、 1 穎の 白玉 を 磨ぎす ましたる し 蘆 荻の 風に 靡く 檨、 榑痕の 月 を 碎く樣 な 



Q く あ み び また かくべつ をん くお S かへ りみ ♦ ^ゐ C ん も 5- 

陸に 有りて 見し さきの 美^ は、 叉 格別に て、 何さもロには言はれ^^;るべし。 顧 れば、 水神の 森、 

a- し K ト. やう やみ つ < はる み ち i つきみ ふね ひど しらべ ふね 

の 船、 水上^ん よ ウ^ 閽を作 $、 遙 かにき 乙 ゆる 三 終の 聲は、 月見 舟 をう かべし 人の. 調なら む。 舟 

を、 け < ^まヒ か は せん!?. ん こ, ゐ ちゃ $ ていきよ く ほ ねよ め. & い み を. L せんび 、 ふた W 

退めば、 景 ^^黏.<^、 前 岸 後 水、 長 汀 曲 i^、 凡そ 目に 入る € 入る もの、 皆 自然の 美なら さる き z£、 二-^ 

よ わ 七 ゆめ こ、 ち _ 

はう き 世 忘れて、 さながら 夢の さき > 句 地 やすらむ 

ふ C みつまた か-. r て 5 ズ%ん*55 の S- こ あやせ さ. S > * &み fl づ -みづ あさ て 5 g 

やがて、 船 は 三叉の 高潮お 難無く 乘 越えて、 緣瀨の 細流に 入 6 ぬ。 rJ 、は 浪も靜 か はて、 水も淺 く、 眺 

f かうん、 わん ふち ろ てき あ ひだ ふね い, ► つか ['て f 

望 も 叉 あしからねば、 向 岸 を緣^ れる 蘆获の 間に、 船 さし 入れて、 文 1 は 少しく 勞れ たる 鱸の 手お 休め 

ん さす 

ん& し みづど り あ, ど はげ は;; を ど ち S てんた か どび さ た ろ こ ゑ た 

不意に 名 も 知らぬ 水鳥、 足元よ 6、 烈しき 羽音して、 中夭 高く 飛 去る k、 か i 初 はいたく 驚きて、 聲を立 

ね を ふ りかへ ねどこ かほみ あ a ほ、 ゑ ? 

てし が、 7- れも 同し く 振 返れる 男 さ、 顏見 合せて 微笑みぬ。 

あど せ fc-ts ろ L5 かせ をよ たど ころ も はや あき ゑお か ゐき f く S だへ さむ て. や 5 ど ほ をん げん ほ 

跡 は、 千 畦の 蘧洲に 風の 戰げる 音の み。 頃 a 最早 秋の 末 近く、 水 氣蕭々 さ 肌 寒く、 堤 上 遠く: S: 犬の 

i み、 r> みい こ、 お むかし ひどつ き . . か *&L プゅ -5^ k 

ゆる 聲も、 をれ さなく 耳に 浸入る 心地 せられぬ。 昔の 人の 月に むかひて、 悲き淚 ばか-^ 灑ぎ けむ も、 無 

e- あき さ び つきみ みやこ ひど ia く ^ < ^。く を ほか j^,^ ね い やく 

理 ならぬ 秋の 寂し さ。 月見す る 都人の 船 も、 乙ゝ まで は來る もの 無くて 折々 過ぐ る 帆 S 船の、 伊貺た 

ろせい よ ふけ ゆく f つき L だい はん C ん ちか の ゆ かげ おひ み 

る檐聲 も、 夜の 更行 まゝ は、 いよく 少なく、 月 も 次第に 半 夭 近く 登ゥ て、 影 はます く 小さく 見えぬ。 

も はやよ ふ W- や 2- さんや を どめ 5 をが 2.-*< ^づ T. よ 

最早 夜 も 更け たれば^、 兩 三度 少女に 促されて、 文 一は やうく k 點 頭き ゥ。 あま 6 好き 

け しき つ ひ たちあが またつ き をが ゆく. CS つきみ R" はやで き つぶや 

景色に、 遂 うかれて^、 立上りて X 月 を 眺め、 rJ の やうに 偸 快なる 月見 は、 最早 出來ま ヒ^ 咳く 

隅 田 W の 秋 1 二 九 



« g 田 川の 秋 ニニ o 

またら いねん あし は た を. S i おも は、 i.,- & しん は. S もの 

を、 X 來 年^、 か, 初 tt 蘆の 花 を 手 折 ゥゥ、 言 ふ され^ 餘 6 遲 くな 6 て は、 母 樣の御 心配^、 其 

くわつ あ S さほ あ- i ね っゝか ひど をし * をれ ふ あし を 上ね か., C みづ ちか 

まゝ 割愛し、 竿 を 蘆の 根に 突 懸けて、 一推 推せば、 折 K したる 蘆、 する く. 起きて、 舟 は輕く 水に 浮 

K さんげん こぎ 4 だ ろ ベ そ f- め をクか < VI き ほ 5 せきく わ. や estl や" げきた く てう 

びぬ。 さて 二三 間 漕 出して、 鱸 臍を濕 し、 もう 直歸 らう か W いふ 時。 紡績 會 社の 十 時の 擊折、 丁 

くみ づ esc も B やかへ こどば たちあが ろ ねし は C 

々さ 水に ~ひ> きぬ。 われ は 十 時、 最早 歸. ませう £ の 少女の 言葉に、 立上りて 艫 を押始 むれば、 

く どき て T- せ いたか ふ.; 3 ね も こど おも こど 

來る 時よ ゥ潮勢 高くな, ぬ S かほし。 魍の 重き 事" 遲き事 

みつ; 》 た き. i-sf あら か.. i こ、 ろ L t& るべ く きし を おも づ を、 み ゆ たま 

三叉の 急流 を、 文 一 豫 め 心に 知れば、 可成 は 岸に 沿 ふて^、 思 ひながら、 靜 かに 進行けば、 や 初 は 玉 

a て f で. S だ ふ K タ tfjji た、 さ 》• &み よ ねん む も 

子お ひきし やうなる 手お、 腕まで 出して、 舷 を 叩く 缠 K 餘念 なく 掬び ぬ。 

ふね し だい ^\ $J.C. や 5 さら はげ ふ, S>,V こ あた をみ たも つよ ぶんいち たせろ ま. t< き L 

舟 は 次第に 進みて、 動搖 更に 烈しく、 « 底に 當る浪 も、 思 ひしょ, 强きに 文 一は 驚き、 益々 氣 お占めて、 

ゆ だん を こ i た ぶね か を もんしんし やくたい もこ をみ さから てん ふく ね をれ いま 

油斷 無く 癯 げ^、 何に しても 田 舟の 悲し さ。 寸進尺 返、 少しく 濱に逆 は^、 轉 覆せむ 恐 も あれば、 今少 

きし ちかづ かじ ま せん じゅ かた ま: 'きた き S ろ 5 i& ふみ ほた あら 

し 岸に 近け む S 楫を 曲.^ る^き、 千 住の 方よ. 曲 来れる 急 浪に、 名殘 なく 舷 を 洗 はれて、 かも K- しき 

お ねし いだ 

中流に、 押出されけ 60 

いまさら せんかた を fet- この 5 へ をみ さから ふな も、 みづ ふん ぺク 

これ、 は S あせれき、 今更 詮方 無し。 只此上 は、 、痕に 逆 はぬ やうに 舟お 進めて さ、 文 1 自 から 分別して、 

.S つも 5 と、 ろ ねお つけ ま?" りが お ふ i6 さき ねし, &ほ かぎ w おから つく わ も e つけん ほせ げきろ 5 こぎ if 

ー曆 心.^ 落 付つ、、 曲 勝なる 船頭お 押 直しく、 わら ひ 限. の カを盡 して、 纔 かに 十 間 程の 激浪 を漕拔 

ひど あんしん ためいき もら さき ほ" J あぜ $ ft どこ ほな を w もく L ん はい 

け、 まづ 一安心 さ 嘆息お ® せば、 先程よ ゥ汙 お流しての 男の 盡 力に、 少なから 卞 心配せ しか, 初 は、 

をみ あら &ざ ど 

濱が 荒う 御座 ゥ まする か^ 問 ふ。 , 



n ^ み かろ $ をづ 3 た たか をみ みぎ ひだ S- A もんら " 5 ん 

答 ふる 暇 も 無き 身の、 輕く點 頭き しば か. <yo 叉 も 高まる、 痕を、 右 k よけ 左 に拔 けしが、 ぁゝ问 等の 不運 



, . が せん ろ \ を はづ を s- を s- さんめん ょヒ きな & 9 はデ 

ど。 乙 のき 所に て、 俄然、 艫 臍の 外れた る;^ あはて たる、 折も折 さて、 三面よ. 寄來る S は、 あま. 烈 



; 1( いま ふね くつが へ ふた w みづ 

しく や 逆 ひけむ。 あ ツ^ 言 ふ 間に、 舟 は 覆 i て、 一 一人 は 水に 



を a.$ をみ をへ し の わき かせ ふきみ もみだ むら あ き か を 

尾花 敷 6 ぬ。 女郎花み おれぬ. - 野 分の as たく 吹 荒れて、 隅 田; s の 暮秋の 悲し i 咜 



ct おく いへ 5 ま * &ほ. 4- むひ ど & ま、 かしゃ ふだ は がんせき KK つき かた $ あめ かせ 

養件镇 の 奥.^ る 家 は、 今 k 猶 住人 無き 饞の、 貸家 札 を 貼られて、 岸 石の 庭 も、 月形の 窓 も、 あたら 雨風 



た、 あは S き t み しづみ ほ るゐ々 わん かわ ひま & ろ,l^ば ひ SOS- は 5 せきく わ St や いっしつ 

の 叩く k まかせけ るが、 哀れなる 浮世の 、泡に 沈 果て、、 涙 眼 乾く 隙 無き 老婆 一 人、 紡績 會 社の 一 室に、 



さび のこ 

淋しく 殘 りぬ 



(完) 




隅 田 川の 秋 



111 二 



庭の,^ し へ 子 1 三 二 

^ なしへ 于 峨嵯の や 主人 作 

X もの あまの ゆきこ どし さい こ >,-し はるて 、おや . いま ぶハ 

世 k 愛らしき 者 夭 野 雪 子 i:^ まさる はな かるべし、 年 はやう く 六 歳なる が 今年の 表 父親 は 別れて 今 は 

T1, やし も ぬき こ は、 たや せいしつ ひど みやこ ひビ こ、 ス どら iii ほかみ おも 

親 一 人の w.,k て 養 《る> 'な...^、 雪 子の 母親 ハ 性質 やさしき 人なる が、 都 は 人の 心 虎 S ょゥ 恐^しく 

きつ, afr.cr き わるが いつそ ふるさ ビ いへ そこ ひき 5 ゥ X さき ころ をの 乂, ど 

狸 よ. 较 滑し ければ 寧敌鄕 家 をし つら ひて 其 所へ 引 移る 乙 を宜 からめ、 S 先つ 頃よ, 其 事; 

いま こどみ グザど 、の そ の ひど a- & も か ふるさ ど たび たもむ ゆきこ は、 おや ,y 力 を 

かゝら せし が、 今 は 事 皆 整; 3 たれ バ、 其 一人子 を 伴 ひて、 敌鄕の 旅へ さ 趣くな. 00 雪 子の 母親 ハ其名 を 

つゆこ 上 こ so し さ S び ば i-e ん こど t つく つま わか 一 か, ゆしに I 

露 子^なん 呼ばれて、 今年 三十 四歲 なる が、 未 亡人 の 事^て 装 も t み k 作. たる i^、 失に 別れし 悲 みの 

わ も . か .<5H- せ 4^ お 2,. れひ fe , あ 《■ の はぎ ゥゅ たも .4- がた こビ どし & ス.? ^Jf;^ 

S られ ねば 花の 顏も何 さなく 憂を帶 びて、 秋 野の 萩の 露 重く しほく さした 姿な ゥ、 殊 k は 年頃 住 》 し 

き: wsi ひ、 .rfmfvf^M^mfmf. i あ si. の ずの さも r ぬ 船 

かさ » きを 1: て. &鄕の 夭 草深き 田 舍に身 を かくす なれば、 胸 k は 種々 の 思の ゆきか ひて、 淚ひ まなき 

らり さま あ 3 れ み むしん £ は、 乙、 ろ い か ばか 5- か Kt み し , * まば 

樣、 いさ 上 d^k も 見 ゆめう、 され.^ 無心なる かさ » 子 は 母の 心 は 如何 ifr 悲の ある や を も 知らす X 

■ が 1 ^のおに t 伊なる ぉ&^ るき 化のお,. ^り、 有 や を も 知らす、 遊びに 餘念 なき を哀 4 れ、 母 はせ めて 慰 

むお. やさ^ ぞの 1^ なを m おやれ,"、 iiE^ でた i& ^く^がたく、 i% ながら 射さる、 なゥ、 緣の髮 は 

i さ. あげ 卞 1 たる i を 维れて 肩の ま ハ.^ k ふ.^ 亂 したる、 つや く^して 美しく、 顏容 もよ く 揃 ひ 

て、 Is も I 口へ す^きなる J^、 ^のか、 の f やかに して、 ほ、 €打 笑む 笑 ii の 泉 は 愛の 露を堪 て、 L 



その あ. S き. や 5 ざ 5 くわ この こ あた たも ^ かた あ. & それ * どこ こ 

. ^もくした 其爱敬 は、 造化が 此子 k のみ 與へ しか^も 思 《れ て、 言 はん 方 4a>< 愛らし、 其に 男の 兒の 

き や 5 はで やか き ct あはせ, *,y みち か & ひ ち w めん おび ま S 5 しろ む も さ あか 

着る 樣な 華美なる 黄八丈の 袷 裾 短に 着な して、 緋 縮緬のへ コ帶ゥ いぐる く^ 卷て 後に 結び 下げ、 赤 

け ぃビ あみ くった び ひざ は なヅ い あそ よ ねん ちい き や S 'にぶ ざ や <- こしかけ 

き 毛糸 編の 靴 足袋 膝まで ある を 穿き、 ゴ ム靴 乙^く さ 言 はせ て 遊びに 餘念 なく、 小さき 京 人形 腰掛 

かざ りた もの _» へ ふた み たもち や * &ら あね さ 3 &ど がた さ を がらい ど はぎ つゆ ばか S- は、 み 

に 飾 立て、 其 前に 二つ 三つの 翫 具お 並べて 姉檨 事す る 姿、 宛然 糸 萩の 露に ゆらめく 針 なれば、 母 は 見る 

ほ き はれ fj ば. し 、りさ わ も 

程に 氣も晴 々^な. < ^て 暫時 は 憂 を 忘る、 なるべし 

この あ ひだき しゃ しば ゆ ふよ ひがし はし や 5 ど ほざ みやこ もら や 5 ちか こき や 5 

此間翁 車は朁 らくの ©豫 もな く 西よ ゥ 東へ 笆 走るな. o、 漸 やく 遠 かる は 都の 夭、 漸 やく 近づく は 故鄉の 

てん のこ やまこ か はこ B やひ !:^ し い ひ さど ひど も t& ろ その どき ゆきこ あ を あ 

天、 野 越へ、 山 越へ、 河 越へ て、 早 日 も 西 入日の 里、 點燈 頃^な 6 にけ. o、 其 時 雪 子 は 遊び 飽き けん 

たもち や し fa げちよ. & た i-K んぎゃ 5 だ は、 ひざよ あい かほ 

飯 具お 仕舞 ひて よ W 下女に 言 ひつけ、 唯 人形の み を 抱き かゝ へて 母の 膝に 倚. か、 ゥ、 愛らしき 貌ふゥ 

あげ t-l- め わみ ふく 

擧て淸 やかなる 眼に 笑 を 合 ませ、 

か あさ 3 さつ くわし くだ 

母檨、 先き のか 菓子 下さいな 

i ぁク 

あいよ、 あげ ませう ね、 よくお 遊びで 有た から。 

ふくろ くわし よ い つ SOS- いだ もれ もみじ f て 5 け ひどく かたはら み K はか たも 

袋ょ.^菓子四ッ五ッ取出してゃれば、 其 を 紅葉の 樣な 手に 受て 一 ッ食 ふ、 ふさ 傍 ♦gls- て 俄に 思; S つきた 

る樣、 

きょ まへ ひど か 

淸か 前に も 一 ッゎ げやう 歟?、 かいし いよ 

ひど げ およ かほ み あは 《 'れ 5 ちわら 3 たか ゝ 6 に, C ぎ や 5 かほ み 

一 ッゃ て 下女 さ貌を 見合せ、 嬉し さう にほゝ S 打 笑 ひしが、 叉 抱へ て 居る 人形の 貌を 見て、 

庭のお しへ 子 1 三 一二 



庭のお しへ 子 — ----- 一三 四 

おや、 坊も はしい の、 あげやう かへ? 、 

さも^ら しげ kH^ かしげて 酽ひ、 W やかなる II して^の 方 を かき、 蕾の 樣な 口へ 入れて やりて、 わ や 

f てろ し 

す 様な 調子で 

、。いし いかへ? ホ 、 ゝ liiim なさい、 かいしい もの だから 莞爾々 々笑ッ て、 ね、 笑 ッて居 ませう? 

A あ ( か *S わら ゐ 1 

ほんに ねへ、 可愛らしい 貌 をして 笑ッて 居る ねへ。 

I かおなる^? に ii^ されて、 ¥も铲 酽し にな, -、 覺 えす ホ 、 、さ 打 笑へ n 目 も 輝きて 顔 も 

,i やぐ ll;^.o、 ^^...1^ よさい さほ しげ k 腐の r へ かき 乘 せて、 玉の 樣な顏 打 守. - ながら、 柔 か^る 綠 

かみ で 

一 の髮 かい 撫ゃ A' て、 

て J! わば it ば こ g ん そくば つ いて ふかでし 

は li さん も E^lg ふて あげやう ね、 ^が宜 へ、 蝶セ髢 かへ、 か 煙草盆 かへ、 束髮 かへ、 銀杏 返 か 

へ、 島 田 かへ? 

さ 言へば おさな 子 は 嬉しけ に 

MM. ^wsw おの Ik はさまれ、 I- の 15^ にあいたら 櫻に € まれ、 櫻の 花の 榮 ゆるみよ は、 さまれ 

よ 遊べ、 あ をべ よ 止まれ。 

^も? たる こ瓤 i ^て 4 气 I を S ふ、 は ^ほれり、 よく 酽: へました €1- れば、 雪 子" 

C 、ん たもし ろ や < も 

自身 も 面白き 樣 子に てまた 



一 f こ み く K 



ツ^ や 人 ど 生れて 忠孝,^^,. \ かきて ハ皇國の人で4^^し 

: ふたね やき や s だ s<. ち くら きみ たん 

ッ さや 一 一親 兄弟 打 を K-s J たのしく 墓す も 君の 因. ひ 



三ッ とやみ な 

5 た もの さき S かしら 

歌; 3 かけて 其 先 出です、 頭 を かしげて 

をん かあさん 

何お ッ けね へ母樣 なんだ ッけ 

母 は ほ、 ゑみながら、 

みつ ひ ^ ま を たや ^4 

三ッ W やみな-/ \- 日々 につれ だち て )(- うれしく 學ぶも 親の 思 

歌 ひて 聞 かすれば、 廻 C らぬ 舌に て 愛度氣 なく、 後,^ ゥ> ける^ら しさ、 が S 、^ぺ や i ベの 1、 

あ ふぎ 見よ の 歌、 國旗 n 門な みヒ丄 7 ヒラの 歌な^ 節 面白く 靳ふ。 m いして i にもお i び&き しか、 W 

の i すべに pg よ., f さしい 出 だし、 S らしき r 下の if 一 Pf0i ひて す。 



母 樣御覽 1^ さいよ、 此樣廣 い 田、 是ハ 皆お 米? 

ぁゝ、 是ハぉ 米になる の、 田に あるの は 稻と云 ふので す、 ね、 あの 稻の 先き の 方に 粒が 有 ませう? 

こめ ほ S ね くし ほ fein もの それ そ o*J ,* 

彼 か 皆. 米になる の、 あの 穂 を稻 乙き さいふ 櫛の 齒の樣 な 物で 乙 いて、 其から 其 粉 を 曰で ぺゾ たら 乙 

つ K _ > きれい こめ *■ 

^捣 の, さう する さ 奇麗な か 米に なゥ ます 

^ き > は、 こどば L e5 き 、を また 

言; S 閬 かする 母の 言葉.^ 注意して 始終 聞 居りし が、 やがて 叉、 



庭のお し へ 子 ニニ 



^>^^ p.^ I /や, " S . や 3- w,^^ ^ / " JT— 



庭のお しへ 子 1 三 六 

この こめみ & しゃ., f つく じんべ ゑ ちい や 5 しゃ 5 

此; -米皆 か 百姓が 作る のです ね、 甚兵衞 爺の 樣 なか 百姓が ね、 

あ、 か 百姓が 作る の だよ 

かあさん あん 1* ど. ろ 5 ま き 

や あ 母檨、 彼樣所 を.;^ 馬に 木 を かんぷ させて 

き ゐ を か みみ たく や 3 き S- だ 53 

さう ねへ、 んぶ させて 來 たね、 われ は をお W いふて 田舍 では 皆 あれ を 焚の、 A 山から 切 出して お 馬 

k 附 させて 來 たの。 

こ SJ も あん を わら 5 へ のつ つきね ど あぶ ひど 《- つきな ど , 

おらく 小兒が 彼檨に 藁の 上へ 登て、 あら 突 落し ッ 乙して、 危な ぃハ、 あら 一人 突 落されて、 けが を 

する n、 ねへ 

げ ちょ かた むひ い 3 冗 むひ .》 ほ いだ どきき しゃの むら こ f あど 

さ 下女の 方 ふ. 向て 言 ひしが、 叉 ふ. 向て 貌を さし 出す 時 は、 汽車 は 野 を も、 衬 おも、 £ 小 兒を % 後 にし 

はや. S づ か てぃしゃ^9ゃ5 ちか おゆ み たんか や ね ゆきこ みつめ を S- 

て、 早 何れ 歟の 停車場へ 近づきし 亡覺 しく、 見 ゆる は 人家の 家 根の みな ゥ、 雪 子. rcNW 見 詰て 居し か、 

ふしぎ か は は、 むか 

不思議 をうな 貌 して 母に 向 ひ、 

A-h. さま こ、 さ こ あん を か はら やね ど けいだい 》* たど. r き や 51 き か 

此處ば 何き? 彼樣に 瓦家 根 だの、 時計 臺 だの、 叉 東京へ 來 たのです 歟? 



は、 おや げ ちょ かほ み あは にっこり 

母親 は 下女^ 貌を 見合せ て 莞爾 



^、へ ビ S き &. 5 き f$i で こ、 たかさき どころ 

否、 東京へ は來 はしません やね、 東京から 出た のだ^の、 此處は 高 崎 さいふ 所 さ 



ビ 5 き や 5 み や 5 > I 

さう、 だけれ^ 東京、 見た 檨な 所です ねへ 

I 口 ふ ¥ に if あは i まち iSir へ つ 着く oi¥€nl く ii が々.^ 呼んで ゆく、 ま 私 r.^¥Mli へ ゆく ぉ^^^たは^^に 



ふ 

力-' 

ら 
で 
す 

力) 
ね 



雪? 

子。 h 
、 

%1 さ 
前ミ 5 

^ n 
る よ 
人 g 、 
の 汽き へ 

貌 S 車 も ? 
を の 

見み ふ 

•S-Jb つ 1 

叩め 

て へ 

居 を が 

h 傳 S 
し は 
が る 
ゝ 力 > 
男き ら 

はこ C 

a め 

の 

ぎ 



し 
て 

at 
俗? 
お 

し 

さ 

人? 
な 
れ 
ば 



氣き 
味み 
わ 



を 

ね 母 t ミ 
へ の 

母 膝^ 
樣ぇ に 
、 押ち 
此ぁ おけ 

V 足? 

プ It 

面き て, 

白き 11 
い 戯? 

事き お 

よ し 

、 な 

逆? が 
痫"" ら 
の 、 

人? 家 や 
見み 根ね 

様? の 
に ラ 

震 念 ゾ 
へ フ。 

て 見み 
居& 

ま て -お 
す 居 を 

、 し 

何 を が 
故せ 、 
で ふ 
せ ど 
う 叉! 
jta 母う 
、 t 
車 4 見み 
がま 力 > 
る、 へ 

€ b 



雪' き 宿き 
子 こ 屋ゃ 
« へ 
最^ 、 
もど 面ち 
元: [ 白 4 

5^" い 
な な 

日 ひ 早 5 
暮^ く 
て か 
は b 
四? ft 
下 W い 

糢 I な 
糊 こ h 
^ • 、 
し ね 



子' 
雪 k 》 に 
さ 、 
ん 

今え 
度 ど- 
は 

か 
b 
る 
の 

n 

降? 
て 

伯 ど' 



行? 元 g 
g む 

ひ 此の 



へ へ 



目め 、 

に m\ 
入い 、 
る 面き 

も 64 
の い 

も ね 
無き へ 
れ 
ば 

璧^ 
子 こ 

母? 

の 

傍き 

の 
み 

居 を 
る 

そ ' 



ふ, 
泊? 

す 
る 
の 





客】 



坐き ち 
る 上ぶ 
、 等 J 

m m 
く ら のつ 
し 事^ 

て )£ 
驛爹 て 
夫 ふ 、 

相' 5 本'! 
圖づ ffil 

の m 

? 東? 
を 乘 S 
t 合き 
ふ の 
け 人 さ 
ば % 
、 な 
汽き か 

車 4 6 
は し 
MS が 
ピ 、 
立た 此こ 
て 處、 
ゝ I こ 
前ミ て 
橋 f 男え 
の 女 f 

方き の 

へ ニ吞 
t 人"" 

向お 連;? 
ふ 八忠 

; f 
は て 
か 、 

<^ 此の 
な 一 



b お 

m h 
t る 
さ 人? 
し 、 
出;? 茶? 
し を 
て 呼よ 

面? > 
白き 人? 
さ 、 
う 菓ぁ 
に 子 L 

眺!; を 
ひ 買 力' 
る ふ 
な 人? 
る 、 
ベ わ 
し い 





し 

た 
混え 

な 
6 



子 こ 

是 ft 
箸ら 
の 

m 

ら 

し 

け 

れ 

ば 



义ま て 

物 あ 乘? 

賣さ 替 5: 
の に 
男き な 

幾& b 
M ま 
歟^; す 
來 S t 
て ふ 
、 れ 
菓も 廻 2 
+し は 
は る 

宜老 \ 
し 叉? 

£ 一-ひ 
フ ど 

、 人! 

酢 t 客? 
ハ 車 4 

如い の 
何で.' 家 や 
、 根ね 
茶? み 
は し 

ま 

せ さ 
ぬ 踏 A 
歟か み 
、 て 
%、 、 
辨ズ 家 や 
當? 根ね 
は 裏 I 
€ へ 

阵ょ 7 
び ゾ 
ゆ プ 

く、 を 

げ 



他 
乘 

る 
人 



C5 丄 
は 
ひ る 



庭のお しへ 子 



二 11 七 



庭のお しへ 子 |||||||||||||||||||||||||||_|_ 1 三 八 

♦ かほ こしかけ 5 へ はい R、 み、 くち あて 

るけ 1^ 貌 して 腰掛の 上へ 匍の. o、 母の 耳へ ロ當 て、 

あの ひど こわ かほ ひど 

彼人ハ 怖い 貌の 人です ぬ 

ftf り k は、 もの ひど きこ き もの や 5 *jiJ it ft 

さ呀 やく、 母 n 其 人に 闞 え やせん さ氣づ か; 5、 其 檨な事 はいふ もので.^ し、 なしく しな S さ 他の 叔 

ば いひ さき をの こど きこ み つれ * ん& 

母樣 かお わらいな さ S ます さ 言 まぎらせば、 先へ は 其 事の 聞え^ りし^ 見えて、 同伴の 女が、 かさなで 

あいさつ 

いら ッ しゃ いますね さ 挨拶す る も 4^ かし 

よも たば さ i* ほめ ゆき い 

をら く 外の 叔母 樣が. S 員になる、 雪さん n か^な, しい € 言 ッて 

^ ゆきこ はづか かほ は、 ひざ • つ ひ ひざ 5 へ K.S て もちぶ さ た 

言 はれて 雪 子は耻 しげに 猊を 母の 膝へ かし かくして あ. しが、 終に は 膝の 上へ 這の 6 て、 手 持 無 沙汰 S 

fe か あゆ て ふ どころ. い f をつ どひね ほ * わら 

いふ 樣子 にて 可愛き 手懷 へさし 入れ、 乳 をば 靜総 りかくる にど、 母 は 笑; 3 なから、 

に をば さま わら る 

かや、 何 をす るの、 かかしい ね、 あら 叔母 樣が笑 ふて か 居で になる、 かゝ かかしい く 

S あい いだ fl かみ や はら ま、 おしあ ゆきこ し a め そつ £* ん かほ 

さ 言 ひて さも 愛らしげ に 抱き 占め、 つやく さした 髮に柔 かな 籐 を押當 つれば、 雪子ハ 尻目に 窃 女の 貌 

おみ または、 かほ み あげ を こ あ S f わら を ほ ふか かほ は、 ふビ ころ をん^ わら 

を 打 見や. 0^、 X 母の 貌 4=1 見擧 て、 少し 甘へ る 樣に笑 ひながら、 尙も 深く 貌を 母の 懷へ かくす、 女 も 笑 ひ 

ながら、 

まだ か 乳 を かわが 6 です 歟? 

でク のみ 50 き < あん を こど -*s いけ よ. St a 

否、 もう 吞ハ しないので すが、 時々 彼樣事 をし ます、 甘へ て 不可ません、 さあ 善 子 だね、 ゥ てお 居で。 

い だ ゆきこ もの ま、 はゝ ひざ 5 つぶ f ひる つかれ ねむ か たお ま ねむり 

抱き かろされ て 雪 子 其 儘 母の 膝へ 俯伏しが 晝の疲 に 眠くな 6 しもの 歟、 忽ちす やくさ 睡 かくる にど、 



古い 




"^い 






)£ 






#? か 




此こ 


淸! ひ 




ふ ね 


h 


お-力' 
傅 あ 


• ^い 


さ 


眠ね 


は 


人? よ 




處、 


や 。 


ら 


中 4 








お 


む 


膝^ 形? 


ら 


で 




% 


に 


、 


** 


れ 


、 




の 


《5 




眠 g 


か 装 t 


5 


汽き 






て 


Jl! &き 


力、 


上え 




牵ゅ 


ら 




前ミ 


車 も 






雪 g 


て 


へ 


へ 


ふ 


さ 


れ 


退 S か 
屈ら い 


橋き 


の 


直? 


田ゐ 


子 C 


%、 




力 > 


聲 i 


ん 


て 


% 


進え 


% 


全 を 

a か 


ハ 


居る 








、 


は 


か 




行? 


X 


の 


ふ、 


で 




乘の 


%、 


如 ど- 


都つ 


し く 




か 


、 


か 




、 


眠 g せ 


さ 


何 5 


合力: 


で ん 


、 




今え 


家 1 


な 


て 


る 


て 


な 


し 


わ 


有 あ U 


長 力 を' 


< 


夜 や 


n 


し 


ら 


の 





兒 こ- 




る 


V ゝ 


力、 


な 


. _^ • ひ 


m 


< 


雪 S 


で 






の 


し 


た 下げ 
ら 女 1 


ク 


る 


晚え 


V 


目め 


さ 


は 




力、 








、 


%、 




t 


ん 


な 




す 


は 




う を 


事、 シ 




泊? 




覺 i 





IP 




か 


ら 


母? 


ね ふ 

、 h 


、 




4 




し 








に 








を 




、 








g め 


ぐ 


%、 


何 S 顧 S 






す 








% 




k 


御ね 


さ 


樣か て 






る 












開き 




な 


CIJ れ 、 
、も 






え 








(tl 




て 


形 $ 


子 こ- 


れ 






明? 








%、 






の 


な 






曰た 








h 




少き 


がん 頭ケ 
















る 




し 


m 


から 
















の 






ま 


い 
















n 






す 


排, 


%ヽ 






か 








i3、 




直 'き 




な 


し 






家^ 








ら 




す 




が 








往? 














お 


ら 














此ぁ 

次? 




な 






此ぁ 






れ 










み 


形き' 




方 
パ 






ま 
す 








の 
プ、 




し 
が 


か' S 
, « ひ 

ど 




ヅ 














テ 






人 W 




:« クト^ 






、 

車 4 

で * 








1 

=y 




311 

h 
k 
眠 g 
b 


で 

寂 g 
し 










が 








ヅ 














ら 

く 








で 

降 5 




口 つ 




か 














る 




て 




前ミ 














の 




力 > 
< 
る 
に 


き 




m 






往 g 








だ 




て 




て 






ま 








力 > 




居る 




か 






せ 








ら 




ま 




< 


















ど 


す 





庭のお しへ 子 二 11 九 



…ほ V レ K 



庭のお し へ 子 一 四 〇 ^^^^^^ 

わ tJ し こちら ひど もつ ゆき こん 5fJ は, < ャ/」 や 5 3 へだい ゐ 

れ、 私ハ此 * の 力 パ ゾを 1 ッ 持から。 さあ 雪さん 今度 ハぉ. るので すよ、 か 人形 はか 前 抱て か 居で よ。 

この どき、 LV £ もき ふ 3 た へばし さけ 

此時 汽車^さん V- 止ま. て、 驛夫 X 前 橋と 叫び ま はる 

ゆき ひど W お W あぶ 

さあ 雪さん、 か して あげる よ、 かや 1 人で 降る の 危ない よ 

はゝ f い 5 ち ゆきこ ? ど くる もど , たさ を >^ P へつ ^ゝ . -,, 、- xr- 

母の 注意す る 中に ハ 雪 子 n 銑に 飛び かりて 車の 外に ある 雜兒ハ 却て 母よりも す. はやし。 

A く た S- て < ^し, 0-;- や 5 1,^ かね き、 ゐ S よてん を い くるま $ くるま ま H、 ま W よべん 3 へ き^ 

期て 三人 は 停車 Si を 立出づ る、 兼て 聞 居た る 旅 店の 名 を 言 ひて 車 を 傭 ふ、 車ハ 瞬く間に 旅 店の 前へ 來る 

みせ た ほげいく ちく 

店の 大勢 口々 J^、 

B や つき わかし C さん £ く ろ S さまた く もん?^ ん& ん まも 

か 早い か 着さ ま、 かくた びれ で^^い ませう? 、若衆 樣御苦 勞樣奧 の 何番 御案內 申し あげな。 

い を かく にき ゆき これら や 5 も K こ 5 おみ はゝ. て ひか あん. <b.& 

^ 言 ふ も 中々 に繁 やかな. o、 雪 子ハ是 等の 樣子を も 莞爾々 々さして 打 見や- > ゥゝ、 母に 手お 引れ て 案内 

ざ £5 このへ や t ゝみ ちゃ SJti.&s' しか だんつ 《• しきつめ ぁ& どこ わし さん **-ゐ ちく か, ほ k 

の 坐へ 氣る、 此 室は疊 八 丈 ^ も 敷る、 なるべし、 s通敷#sて有て床には得知れぬ山水の軸もi^^れ、 

くり びん あき くさ ど ,6 げ 1 おや たばこ ほん くわ. I も もちきた ゆきこ は、 ちゃ だ 5-、 く 

花瓶 k は 秋の 草 つかみ さしに された ゥ、 下女 やがて 茶 煙草盆に 菓子 添へ 持 求る、 雪 子の 母 は 茶代 幾ら 

A ていし ^^;,ご,。 5 れ 5- くひき て だいち 5 しょせいめ S つけく も y これら 

か を 歟はづ ひ、 Mi^ 受取 を 持ちて わ^く 鱧 k 來る、 引か はゥて 手代 住所 姓名 を 附に來 る、 總て是 等の 

ゆきこ fr. み を さてお や の くわし ひ ビゃも 5 ち げ ちょ ゆ かた も きた 

有 樣をも 雪 子 C 注意して 見て 居 る^るべし、 探 茶 を 呑み 菓子 をく ひ 1 休みす る 中、 下女 浴衣 を 持ち 來ゥ 

て、 

&ゥ がふ 上ろ t ふろめ 

御 都合が 宜 敷ければ か 風呂へ 召し ませ、 

これ ゆ ゆ ふめし は をし ふたみ * £■ お たげ ちょい $ どこ fu. » 

さいふ、 是ょ. 湯 を わび 夕飯 をす まして、 話の 二 ッ三ッ もして 居る 中、 又も 下女 入 6 來. て 床 を 敷の ベ 



あん & 5 かや も い. 5" これ, K 、おや ひど. S き つく 

喑 燈にラ ヅ プを替 へ て、 ^休みな されませ^ 言 ひて すべ. 出づ る、 是 にて 母親 ハ * ッさ 1 息 を 吐なる ベ 

し。 、 

あ、 旅ハ 何もし ないで, 氣く たびれ がする、 淸ゃ、 か 前 嘸く たびれ たらう ねへ、 や、 其處に 浴衣が 來 

ゐ もれき ね は また あ を ゆき まへ き &の きかへ や も 

て 居る だら う、 其 を 着て か寢、 1^ 明日 も あるから、 さぁ雪^r^んぉ前^^-衣服を着改て休みませぅねへo 

t ら. S & がへ あらた 50 こ い ひる つかれ はや ねむ そのみ を ひち 

用意の 着改 k 改めて 床へ 入れ ゝば、 畫の疲 はた わ S もな く 早す やすや S 眠. かくる は、 其 身 も 添 乳して、 

か あ S こ 3 だ f. r ,(. ぶっしん わが こ けんか 5 いの 

神 ど 愛 可き 子 さ 抱き 占めて、 佛神 k 我 子の 健康 を 祈る 

よ q じつ 4 きこ か "きしゃ べん /る ま やど また こき や 5 な もむ かく いく むら こ 

翌日 ハ雪 子の 一行 ハ 汽車の 便 あらされば 車 を 傭 ひて、 叉敌鄕 へさ 赴くなる べし 、期て 幾つの 衬 を も 越へ、 

u/% の こ いく しゅく こへ その ひ *J こ さが とろ こき や 5 わが. や つく 

幾つの 野 を も 越へ、 幾つの 宿お も 越て、 其 日の 二 時 少し 下. し 頃、 敌鄕の 我家へ^ 着なる べし 

わがや る ばん ら 《> ふち ふ かね け ふ た ちゃく でんば 5 わ あさ よ うい かれら ま かく 

我家に ハ 留守番の 老夫婦、 兼て 今日 到着の 電報 を 得 たれば、 朝よ-^ 用意して 彼等 >^ 待つ.^ るべ し、 期て 

くるま ね どろく もん せん ひ t- .s つか はこ かほ ほ. 1 いで これ むか 

車の 音 轆々^ して 門前に 響く や、 夫婦 $: 何時も 變はら ぬ莞爾 やかな 貌 して。 走. 出て 之を迎 ふるなる ベ 

し。 

>^.^ はやつ き けさ では いつ まち/ おや. T さ sa 

是は まあよ く 早く 4^ 着 k な. <^ ました、 今朝から もう 出た. <r '這 入た- して.;^ 待 申しました。 へい.; -孃様 

» いで あ をた 

ft 機嫌よう, よく.;^ 出に なう ましたね。 へ S 貴君 はも。 

きょ むか これ ら. X 'ふ S ふ あら-さ ゥ 

さ淸 向 ひて。 是. が 老夫婦の 挨拶 るべ し、 

ふ じん や わがや を こ、 ろ や. *- たく 《• ちビほ Ka か たび つかれ かん 

夫人 先住み 馴れ ぬ^て 我家 さいふ 名に 心安く、 奥へ 打 通れば 俄に 旅の 疲を 威卞 るなる べし、 

庭のお しへ 子 一四 1 



庭 のおし へ 子 1 四 二 

やまた か みづきよ この もま ゐ t っ&. & く f き きょ こ、 ろ つかれ や も t-Tis ん 

され^ 山 高く 水 淸き此 住居、 室內の g 氣 も淸ら かなれば. - 心 ものび くさして 疲を 休む るに は 充分なる 

ベ 10 

£ ふる? ど ,上 ひろ け しき むね つく を か < み ii ころね ほ 

抑 々雪 子が 敌鄕の 家 さいふ ハ、 さの み 廣くは あらね.^ 景色 を 旨^して 作らせければ、 中々 見所 多き 

fe- しき 5..- ろ き 上 か K を がれ さ .sf きした か いは ほこけ み^り しづくた の. C か ふち かづら 

ffi^^i. ぎの 後に は淸ら かなる 山川の 琉 ぁゥ、 左右の 岸 高く 嚴苦 むして 翠の乘 自 らした ゝウ、 藤 桂 

4 メ、 一二 fi むか きし せ S さん ゑ だ なじ 》>げ ど* /わん れんや 3 IM- つら を i 

i_ 一 g 廣か. てぎ にか、 る 姿 かかし、 向 ひの 岸に は 极杉枝 を 六 乂 へて?? K るが 遠く 觀音 山の 森に 連ゥ、 黑め 

A しら トら 5 ゥく はビ みきな ゑ もの? び ひだ W もはや S こ ti や s たか こ? ゑ あらしの き かよ まひ か $3 

るぎ 夭 よ 6 て 美しく、 鳩の 啼聲物 寂たり、 左に は識訪 山の 古城 高く、 棺の嵐 軒 k 通 ひて 三昧 堂の 鐘の 

r- ら ajd ま/ "らく $ち つ i- お ひろ ぃズ ゆだ ..>げ もり わらぶき や ね 3 き かき を が ほ を がれ や も かげ いね 

fft 前に は: S 々打賴 きて 千 項の 稻田、 ^^る森、 藁葺の 屋极、 縝の 垣、 小川の 琉、 柳 蔭、 稻 かる 

©£, ふ A しら み い ね.!' つ わらべ こみち ほし ひ く I . & ゆみ か/' しかせ S づれ 

農夫の 頭の み 見 ゆる、 犬 打 童の 小徑を 走る、 あがる 雲雀の 雲に 入る、 弓 ひく 案山子の 風に ゆらる、、 孰 

あ れ み に ほ い へ まへ 5 しろ つく 5 しろ た ほい けしき てい 

一 1^^ 見え fl> る は 無し、 庭 は 家の 前 ど 後^、 造らせた るか、 後に は大 なる 景色 あれば さの みは 手 を 入れ 卞も 

か, 6 た t't.a-.L ろ い わ . つき や 3 をの 5 へ い わしば い わつ、 e せき. L や, ゥ ひく は もの. J た あさ せん 

I 哉 さ、 唯 面白き 岩の 築山 をつ かせ、 其 上に 岩 芝、 3K 躑躅、 石菖 な.^ の 低き もの を 這 はせ、 其 下 k 淺き泉 

气 U ほ た 3 いし めん , き たて. S しなき いし もへ これ もはや ま 、りら おか おちく たき みづ をが 

水 を 堀り て 玉石 一面に 敷つ め、 立石卷 石な^ 据 させて、 之に 諷訪 山よ- H 暴の 岡へ 落來る 瀧の 水 を 琉 しか 

みづ おい そ S-JS し もど く r あし したば あら いわ はさ 》♦ 5 f- の だけ ね まへ やま 

けた. o、 水 は 小さき 反 橋の 下 を 潜ゥ て、 葦の 下葉 を 洗 ひ、 の 狹間を 打つ、 篠 竹の 根 をぬ ひて 前なる 山 

か は ね あめ せん ゐ あぶ こど か まこ ど 乙、.. つく り この はは ひ y-*;,^ ゐ ま かた 

川へ 落 つれば、 雨 ふる 泉水よ-^ S る、 事な かるべき 歟、 誡に心 わる 造な 4、 此庭 人々 の 居間の 方に 

あ は、 ひど しょさ. & 3SJ ひら どき や 3 か B がれ くわん ねん やま t の はつ、 き s£ み セ. * 

有る なれば、 母な, る 人の 書 齊の窓 開く 時には、 山川の 琉も觀 音 山の 翠も此 庭繽の のゝ 如く 見えて、 面 

をが め またお もて かた に は はるあき む; J つく いけ かき を t: ゆ も { 5 &,s ぶ 

白き 眺な ゥ、 叉 表の 方なる 庭 は 寒 秋 を 旨 W して 造 6 しもの^て、 生垣に 添 ふて は 樹木 を 植え、 内部に は 



し き やろ く くさ^ >^ やし *M ,VJ だ また?, へ ゆん e M. ら, i は ♦d- は やまつ、 き おいさ おか ひビ むらしげ 

四季 種々 の 草花お-養 ひ 育てた ク、 叉 家の 左手なる 後 園に は 譴訪山 繽の小 やかなる 岡ぁゥ て、 杉の 一: S 茂 

を か ち S ^ゐ じん ほ にら 》1 みづ ちい たき あ ほこら 3 へ や、 た ひら 

る 中には 小さなる 水神の 賴 も 有るな ゥ、 淸水 のした ゝ の 小さき 瀧 さなれ る も 有るな. 祠の 前の 稍 平 

ビころ わらぶき あづま や 乙れ ぶ f は もの 3 へ fw-t,- ん ? これゆき, J ため 

なる 所に は 藁葺の 東屋し つら はせ、 是に菊 萄を這 はせ たるが、 其 前に 鞦韆 造らせた る は是雪 子の 爲な 

ねか crc おや け ものみ ひだ < 5 め ゆく いくほん 5- ゑ 、 あ また か- 4> た f ふる 

るべ し、 岡の 下 は 茶畑に して 其 間々 に は 梅の 古木の 幾 本 € なく 植られ て、 有ゥ、 叉 彼方の 一隅に は 古き 

もや .A しら かれくさ みほ.! J 、け い た、 せんし §4J ん たんせ 5 ひし も ク ほこ 3- かほ た あ をべ のせ か &を 

納 厘の 頭に 枯草靑 苦 を 戴ける が、 先主 人の 誕生の 日 を 知れる を 以て 傲貌に 立つ も 有る、 總て長 なる 田 

か ^がめ 

舍の眺 な. y、 

ゆきこ は、 ひビ .& まもの さわが みやこ いで この しづか る を か 5 つ こ、 ろ いろ < たも ひ 

雪 子の 母なる 人 は 今物骚 しき 塵の 都お 出て、 此靜 なる 田 舍に移 ゥ たれば、 心に は 種,々 の g の ゆきか ふな 

みやこ をつ 50 さかへ いま むかし ね ひ つかね ほ ひどで はみ くら いま よろ づ 

るべ し、 都に て 失の 榮て 在した 6 し 昔 は 奴婢 わ また 使 ひ、 多くの 人出 入して 花やかに 暮 しつる が 今 は 萬 

むかし こビ& わび ひ を もま ゐ いへ ゆきこ おやこ まか ね ひ ふ. I ふ もの み こ つき、 た ひどり 

昔に 異. CS て 1 保し き^の 住居 S な. <v ぬ。 家に は 雪 子 親子の 他に.、 老 たる 失婦の 者^ 都よ. CS 附來. し 一 人の 

か ひ ゎづか にん を ゆ ふ. >れ かせの き しのぶ のでら か U わた ころ あき み しみ さ ひ ひ VJ»i ほ 

下婢 さ 僅に 五 人 居る のみ 夕 暮の風 軒の 忍 を ゆす. て、 野 ォぜの 鐘の 鳴 渡る 頃 は 秋 も 身に 染て 淋し さも 一 入 

は、 ひど をの つゆ ほか 5- f れひ f みやこ る X ひど たち 5e XC 

なるべし、 され-^ 母なる 人 か 其 を 露 ifr も 憂で」 は 思 は^るな. o、 都に 在. て 世の 人に 立 交 は. o, 潢 しまな 

ひど けいはく き K らくろ ひどの、 しほ き を^ みづな ど みゝ あほれ か SJ ね き 

る 人の 輕薄を 聞き 腹黑き 人の 罵- cs^ ゆる を 聞かん ょゥ は、 流る、 水 音に 耳 を かし、 哀 なる 鐘の 昔 ^^JM き 

かた b かば か w こ * ろ ,こ、 ろよ か みやこ き や 5 いく かたむき よろ ぎ ゆ 5 に ほんかた ぎ か 

たらん 方、 如 ^Tffr 心に は 快 からん 歟、 まして 都に は敎 育の 傾 宜しから す、 義勇なる 日本 氣 質の 代ハ 

ひ くつ はいきんし 5 かてい S きた ど か 5?!.. だん $J5C 上 や. T- これ くわ さら あ,, 

ふに、 卑屈なる 拜金宗 の 家庭に 入 ゥ來. CS て、 都下の 童 男 童女 ハ漸 やく 之に 化し 去れなん W し ゥ ゝ 有れ は 

もが かのち あり しらい ど &ど きよ わが こ 乙、 ろ い か このみく しう ビ a い こど 

長く 彼 地に 有た らんに n 白糸の 如き 淸き我 子の 心に も、 爭 で此惡 習の 友よ, 入る 事の なかるべき ゃハ艺 

庭のお しへ 子 1 四 ー11 , 



庭のお しへ 子 lllll_lllllllll!llul^l 一 四 四 II 

ね も わび ひ, & 16 けっく t のこ、 ろ や を また このち い どげ & むかし よった ws 

思へば、 しき 郜 の 住居 こも、 結句 其 心に C 安 かる ぺ しまして、 叉此 地に ハ 幼 か. <y し 昔の 友の 四 人 五 

few- いま こ * かし 上め い! 5- こ 5」 も ある ひま を W かみた き こ をた ゆき 

人、 今 n 此處 彼處に 嫁入して 子供 まう けたる が 有 なれば、 閑 4 &る折 n 彼方よ- > も來、 此方よ. も往 て、 

たが ひ ど ひ こ ど でき 《» し 》* た _* め あし つき ゆ ふべ さん も .0 «■ る は „_b がめ たい こ こん ふみ ひろ 

互に 問 慰 ひる 事の 出來る や、 况て又 雨の 朝 月の 夕 山水の 美しき 眺に對 して 古今の 文^^く ゥ 廣げ、 あ 

こし をれ ひど ふたい もら. たのし 3 し S たつき は まさ か あい たも 50. ひざ 

るハ 腰折の 1 ッニッ 言 ひ 独す る樂 みの わる を や、 て 又 月に も 花に キ" 增ゥ ていさ ほし 可愛 さ 思 ふ 者の 膝 

かた よ そのみ した あ * この こ この *J この こ は、 い のち この, J は、 たま. L ひ 

に まつ n A 局に 倚 6 て 其 身 を 慕 ふ を や、 鳴 呼 此子此 子、 此子乙 を 母の 命 なれ、 此子乙 を 母の 魂 なれ、 

この こ む C や 《• おに 50 ら さ .& づれ y> ころ はゝ こ、 ろ ひかり か や たつ ビ ゆきこ は、 

此子 にして 無常の 鬼に a へ 去られす ば、 何の 所に ある も 母の 心に ハ 光の 輝け るな. <^、 貴ぶべし 雪 子の 母 

ひビ かく &ど そのこ あい あい たは そのこ き や を こ こど しか あい おゆ こ き や 5 

なる 人 ざ 此の 如く 其 子お 爱 したれ^、 愛に 溺れて 其 子の 敎育 怠る 事ハ なか. き、 然ゥ爱 に 溺れて 子の 敎 

.5- くね こ がち よ はよ き 2.- ts やくてん この ひど を の じゃくてん 5 おかち ひど かたみ この こ 

育怠ゥ 勝になる は 世の 女性の 弱點 なる 此人ハ よく 其 弱 點に打 勝し なゥ、 なき. < の 片身なる 此 子を充 

ぶん き や 5 いく もへ むこ このい へ つ かめいた ど .^,&-っま みさほ たも 

分 敎 育して、 末ハ よき 婿 さ. て此 家を繼 がせ、 家名 を 落さ > る 乙 €43* への 操 なれさ 思; 5 て、 ひたす 

ゆきこ き や 5 いく こ、 ろ. S / 3 た あ 3- こ * ろ さ iV の し f> もつ き ほや この こ がく こ 5 か 上 

ら雪 子の 敎 育に 心.^ 入れた る ハ 又 有が たき 心ば へ な. '、然 れば其 年の 霜月に C 早此子 を學校 へ 通 はせ て 、 

ふみよ も t か . & ら また か て. & き や- 5 いく ねさ & £ ち ゑ ものし もこ や そで やう ちから 

文讀み 5 字書く 乙 さお 習 はせ、 叉 家庭の 教育に も 注意して 稚 子の 智慧 づき 物識. ^健かに 育 CV 樣^ 力 をつ 

ゆきこ ま たれ ss- たち iib ら こ 5J ひど 上く おは い へ かへ 3 した どくほん 

くしけ る、 雪 子 叉 怜俐の 質に して 習 ふ 事 人に まさ て能覺 え、 家に歸6ても廻はらぬ舌^^:^て讀本の 一 さ 

ね. も C おさ を か これみ は、 こ、 ろ 5" かば か うれ もれ 

らふ こさ 怠らす、 文字 も 幼き に n よく 書きけ る、 是を 見る 母の 心 は 如何 1&0 嬉し かるらん、 其 つけて 

たつ ど いま こりさ み S か 上ろ こ 3 たいま さら f 5ち*^>げ 

も 夫の 在して 此檨 見ました らば、 如何に 喜びた ま はん を^ 叉 今更の 樣に打 歎くなる べし、 

このけ い あい ふじん f> せん この せいしつ ゆきこ がく こう かへ < どき その にん ども さ. y 

此 敬すべく 愛すべきの 失 人 は 自然お 好む 性質^て、 雪 子が 學 校よ 6 歸. 來る時 n、 其 三 四 人の 犮を誘 $: 



をの ひど むれ も & い もの を ほ もぎ も a- むら < 5 んせ 5 とどまい にさ き 3- かぶ の 二 い を だ 

せ、 其 一 群 を 伴 ひて、 礎 野、 調訪 山、 杉の 森な きの 衬々 を 運動す る 事 毎日 き、 切株の みの 殘る稻 田 

だいこん は あほく み 53 ひだ 《- み をが は ほど 5> も W- かげ もゐ しゃた み いへ ゐ た けむ W.. たお 

大根の 葉 な^の 靑々 さした 畑 を 右左に 見、 小川の 傍なる 森 蔭の 水車 民、 の 家居 Jb£ 焚く 煙の しめ やかに 立 

の は てぬ. 5- ひかぶ だんに 上 はた み ねち こち 1*- が わん あ 3- あけ つき 《 'つく ふ たん 

昇る、 羊 拭 被りた る 男女の 畑に 見え かくる、 を 遠近に 眺めながら、 艷 なる 有 明の 月よりも 美し. hhK 人が、 

き ST こまげ た か、 ど ? ft れん ゆ を、 あゆ がた S あはれ 1$ゐ を、 や つ * んを 

くす みたる 衣に 駒下駄の 踵お 打せ て、 蓮 ゆ. 楚々^ 步 まする 姿、 得.^ 言へ す哀 なゥ、 周 圍には 七 八 歲の女 

こ にん. S づれむ e ん あ 5J け つみ あい げんき み 5^3- かみ ゆ ふ .3^ れ 

の 兒四五 人、 孰 も 無心なる、 愛度氣 なき、 罪の^ さ • やさしき、 愛らしき、 元氣 よきが、 綠の髮 夕暮の 

かせ ふ ふ t おもしろ 

風に 吹かせて、 節 面白く、 

に ほ ち なさ ね あ、 L ろぎ く 

〇 庭の 千草 も、 ひしの 音 も。 かれて さびしくな ゥ にけ. CNO あ >iuj ら ぎく 嗚呼 白 ひ くれて、 

さきにけ.<=^0 

CN ゆ &く は K ォ しも きく はみ しらぎく ひど 

〇 露に たね ひや、 菊の花。 霜に た,^ る や、 菊の花。 ゎゝぁ ハれく あ、 白菊。 人の みさを も、 かくて 

f か 《• な こ vtj ねち こち も& こ ばる か の をへ き おさ をな 

愛らしき 聲 にて 唱歌い るく 歌へば、 聲ハ 遠近の 森に 木精して、 遙 なる 野の 末に 消 ゆる、 稚兒 

む しん ひろく このはた, &か こ、 ろよ こ ゑ かぎ 3- は 《- あげ 5 た こど こ、 ろ いさ たの 

無心.^ れ.^ 廣々 £ した 此畑中 を ゆく さへ 快き に、 聲の ある 限 張 上て 歌 ふ 事 なれば 心 も 勇み 樂 しめるな 

」 また こり しづか L さん ち あり れさ1^>& こ、 ろ こ、 ろ よ K ザ か とど ベ ちわ をれ あき かせ 

i 夫人 (!^ 此靜 なる 自然の 中 有て、 穉 子の 心 を 心^して ゆく なれば、 世の中の 事 總て打 忘て 秋風に 

it もて ふ こ、 ろ 上 * ォ さ け め も VJ しづか ほ、 わみ ふく よ ゆ. f しづか たのしみ あら 

面 を 吹かる \ も 快 く、 慈 わる 目元に 靜 なる 微笑 を 含ませ、 ゃさしき容貌に靜^^^る 樂 を 現 はしつ ゝゅ 

まこ ど この ひ VJ むれ あ 3- さ <» 5^ ん げんかい ひ W ど ほ てんかい ひど おか や 5 たも むら/ (- み を この,, はさ ふ 

く、 誡に此 一群の 有 樣乙を 人間界の 人に ハ 遠く 夭 界の 人に 近き 檨思 はれた 6、 されば 衬々 皆此& して 失 

庭のお しへ 子. 一四 五 



庭のお しへ 子 】 四 六 

ん おさ *<h& たお L ひど 

人^ 其 稚兒^ は 忽ち 知らぬ 人の なくな. しも か かし。 

Lttt つき さむ みやこ まさ さむ こど こし ゆき わが > ^にだい ゆきく に 

臘月の 月に も^- > ぬれば 寒さ ハ 都に も增. て 寒 かるべし、 殊に 越の 雪 S て我國 第一 の雪國 なる 越後^ ハ 

ゎづか や 3 ひど この か. i- つげ ゆ さ みやこ ふか ひ こど きを ふ っビき ゆきよ 

僅に 山 一 ッの此 上野、 雪 も 都に ハま さ-^ て 深 かるべし、 ある 日の 事な-^ き、 昨日ょ.c^ふ.o續きたる雪夜 

2 や しの、 め ころ そら を £«. はれ わな ゆきこ は、 ひどこれ こc^ゃまがは ムね く 

の 間に ふゥ 止みて、 東雲の 頃 ハ 夭名殘 なく 晴渡. たれば、 雪 子の 母 » る 人ハ是 よ ゥ此 山川 を « にて 下 

&ゃ 5 がん ゆき け しき たの たも たち まづ C んぺ ゑ ふ をば はし ふね を たの よし 5- ひいれ 

4、 兩 岸の 雪の 景色 を樂 しまん^ ど 思 ひ 立け る、 先 甚兵衛 を « 場に 走らして、 艄 一艘 賴 みたき 由 言 入 さ 

をのみ さ、 ひさ £ さけ もこ f> ばか M- いれ くわし ふろしきつ、 も ゆき こ f & お: ft む 

せ、 其 身 C 小 やかなる 瓢 に酒少 斗 を 入 させ、 菓子 >v」 風呂敷に 包ませて 持ち、 雪 子 を 伴 ひて 趣きけ る、 

いへ ふ A ば ちゃ 5 あま w ゆき やくよ ゥも ゆきこ わ r,t いれ きぬ あた、 か き けいど S 

家よ- TV 艴塲 まで ハ ニ町餘 あるな ゥ、 雪ハ 一尺 餘も ふ. rs 積ゥて あるべし、 雪 子ハ綿 入の 衣 a に 着、 毛糸 

かたかけ かしら かぶ を かば ゑ W ま か あ. S む も ひもくつ ゆき けだて さき た ほ、 たがげ た 

の肩掛 頭よ. 被. 0, て 半 を 襟に 卷き、 可愛らしく 結びし 紐 靴に 雪 を 蹴立て 先に 立てば、 母 ハ 高下駄に さく 

ゆき ふみわけ これ- つ , き よ 5. & ふね の ど 5 き や 5 やねぶ ね 

く 雪. 蹈 分て 之に 縝く 4ib るべ し、 やがて 艄 場に 求て 用意の 艄は乘 るなる ぺし、 東京に ハ家根 « われ^ 

こ、 ら しゃれ た んぺ ゑ もた むしろ fl そのろ へ し また ざ ぶ I 

も此處 等に n さる 洒落た もの し、 唯 甚兵衞 に 持し や, たる 筵お 敷き、 其 上に ケット を 敷き、 又 坐 蒲 一 

どん しき 七れ も K せん よ わん e や. 5 ふた 《- ふ rj り 5 つ ころ 

圑 敷て やうく 其に 坐るな るべ し、 船頭 は 四十 餘の頑 丈 のか やおな. き。 二人が 船に 乘ゥ移 ゥし頃 

はやき よくじつ たか の S くわん たんや s .& た i き ゆき ばか S- L5L さま 

ハ早 旭日 高く さし 昇りて, 觀音 山の 頂 の 雪 きら-/ \s して まば ゆき 斗な. き。 舟 子み 4^ れ棹, て 

* 一- 1 ぺ * ^たべ はな たは ま お, * 5 つね み SJa た、 s> や 5 がん いはほけ ふ めん しろた へ きぬ き , 

岸に 突立る 時 船 は 忽ち 中流に あるなる べし 常 knga を疊 ひ兩 岸の 巖、 今日は 一 面に 白妙の 衣 を 着た るに、 

び ゆ. r は,^ ^はく 4 ク 评 k ゆ f- あつ つも S わかげ せきし や 5 ひげ をが た あほ &け びやく も 

流る 房 厘の 如き 直立の 岸^て、 雪 も 厚く ハ 積らねば、 3 お蔭に ハ 石 菖の髯 長く 垂る V- も あ. 靑苷の 白衣に 

t ねく うつく * & がめ kJ のか 》 やま かほ こど は ひろ げん も せま けん 

摸樣を 置 さへ も あ. OS て 美しき 眺な. o、 此川 山川の 事 なれば 幅は廣 きも 五六 間に 過き す、 狭き は 三 四 間に 



t ものみ を かみ いづれ どころ このした どね が は を、 « どき くだ き ss-i' り や i- がん 

狹 まる、 其 水源 は 何の 所 にゃある らん 此下 k て 刀 寧 川に 注ぐ.^. <^、 十 里 を 一 聘に 下る の急琉 なれば 兩岸 

がめ み 3 か ふねせ つべき もど どき つた かつら つむ ゆき も り ねち ひや、 か み き 

の眺 見る 間は變 は. y ゆく。 船 絶壁の 下 を ゆく 時、 蔦 桂に ふ. <^ 積雪の 頸に 落 か、 る 冷 さに は、 身 を 切ら 

おも ひ あ みづ ねび &ど をが ふねき た むか どき ゆき ふく かせお もて はら ジ さむ ほね ど ほ あほ 

る、 の 思 や 有る らん、 水帶の 如く 流れて 船 北に 向 ふ 時、 雪 を 吹 風 面 を 拂ては 塞 さ 骨に 撒るべし、 仰げば 

fc^ ま t ら る& きょ はれわた ち 《. くも ペん かげ さ く A- のび ものせ S その だい をの か 5 ものけ つ 

f€ きガ t 登 は 琉璃よ 6 も 淸く晴 渡. て、 散 雲 一: it の 影 だに なく、 蒼々 たる 其 美、 其靜、 其大、 其 高、 其 潔、 

をり もく たさ * &. C せっぷん こ、 ろよ は、 ひビ ふ ころ S- や S 'し, ti-s- ビ S- いだ ゆき .L ろ て か は 

其默は 稚兒の 接吻よ 6 も 快し、 母なる 人 は 懷 よ 料紙 硯を取 出し、 雪より, ii- 白き 手 さしのべて、 川の 

づむ, * を 4,-3- そ、 もみ かみ した、 これ 5 た ゆきこ たさ- * な つね 

水 掬び て硯に 注ぎ、 墨す. 流して さらく さ 紙に 認 むる は是 たしな みの 歌なる べし、 雪 子 は 幼 兒の常 ど 

めづ こど この ふね の こビ ね もしろ ビも& き はじめ 5 ち よ も .L ろた へ きれい み 

て 珍ら しき 事を好めば « に乘る 事の 面白 からん^ 伴 はれて 來、 始の中 乙 を 四方の 白妙 を 奇麗の もの ど 見 

を W こ 、 いた かあさん さ W い いだ 2、 ね や S おわら . 

て 居し が、 此處 に至ゥ て母樣 寒い よさ 言 ひ 出しぬ、 母親 はお 笑 ひ » から、 

こ <4j も かせ こ つ 上 いこ さむ くら ひ をん たも さむ き を 

小兒は 風の子^い ひます よ、 强子 さいふ もの は 寒 S 位 は 何^も 思 はな S ものです、 寒い 方が 氣 が淸ん 

こ;., C もち かあさん だヅ この つく け t き & らん 

で 心 持の よい ものです、 さあ 母 樣が抱 乙して あげる から、 此 まあ 美しい 景色 を御覽 なさい、 

ひざ 5 へ かき くわし そのみ ひさ & さけち よく ふたみの もど た あ たち ま 

さ 膝の 上へ 搔 のせて 葉 子 を や 6、 其 身 は 瓢の酒 猪口 k ニッ 三ッ飮 みしが、 元よ ゥ たしまぬ 質 なれば 忽ち 

め りんち さく ろ つや、 か ゆきこ ゆきみ た R> しろ かあさん かへ S .S だ わら 

目 緣の櫻 色に な たる も 鮑な 6、 雪 子 は 雪見の 面白から ねば、 母檨 もう 歸ら うさ 言 ひ 出しぬ、 母 は 笑 ひ 

さむ f か 《- t もしろ それ かへ あちら ム をば い 2- ち ふ. a も はくわん なん 

ながら T 雪見 ハ寒 SST て 面白く.^ S かへ? 其で は歸 6 ませう ね、 彼方の 艄塲 から、」 言 ふ 中 船は識 訪觀音 

«- や 5 さん あ いだ も こ、 おい & がめ 3 だか さ ゆ 5 き ひく q や,^,.^ ゆらくめ ぃゴ ば W ュセ 

兩 山の 間 を ゆき 過ぐ る此に て 眺叉變 はる、 左右の 岸 低くな て兩 岸の 衬々 目に 入來る 顧みれ はニッ 

や 3 わた 》5 し あさひ か *- や ふね こ、 きしつけ なへ の S か S & ^ 

の 山 は 綿帽子 ひき かつぎて 旭日に 輝きけ 6 船 を 此處. ^る 岸に 着させ、 前 » る 農家に 入 A- て かさな 兒を爐 

庭のお L へ 子 一四 七 



ml 庭のお しへ 子 一 

の ひ火 に ¥ , 纩& な" お まみて どひ、 ^ぎ i.^ へさ 獻. - ける、 i お^ぎで 1\ て、 雪 ぞ^に は 如何 も 雪 

A く ね や. vj ふたり もの ひばで 

が は へば、 ¥ ^も 机 i ひて、 かほき にしく 卜. - ました さ S ふ もお かし、 期て 母子 二人の 者 は 火鉢 

を齔 へて i ぎ rs する なるべし、 mffm<t¥ l^f s-i. f0i 

f しろ 

樣に 白い の? 

をお か A あさん よ .《• し ゆき たは &し > 

さう さねへ、 何故 だ 歟母樣 も 善 は 知らな いが、 雪の 御 話 をして わけ やう 力へ? 

fe^^s 3、 む. i- め ほ、 ft しあて い ゆきこ e 'れ , , * し 3 

さや さしく も 甘 1 がの 嫂 を 娘の 頰に 押當て 言へば 雪 子 は 嬉しげ にあ、 して かくれ 

さ iS; しおへ た iiTi, でい ふも^ 愛し、 母 はかんで 哺 める 樣な 調子で 

&は irs ふ も?」 製 かへ、 お 御て 手き の f ね御た盥ら ひの, is さ?、 わの きい まの も 

あ、、 知て 居ます よ、 夭から^.^ く ふる。 

をの あめ あの あめ みづ 

わ、 其 雨、 彼 雨 は 水 だね? 

みづ 

あ 、、水よ。 

,yれ あめ 31 づ ねて をけ ね たら ひ みづ $ ちが - 、 

さう、 よくお 对ゥ だね、 其で は 雨の 水 は 御手 桶 や 御 盥の水 さ 同 卜 かへ 違 ひます かへ? 

れ は しか 钆 "へ る しが、 稀ら くして、 おんき。 

^ )> ておけ たら ひ みづ さむ こ ほ や 5 あめ みづ さむ こ 4 > 

かんな. r? さう。 ではお 射 だら うお 手桶 やか 盥の 水が 寒い さ 水る 樣に、 雨の 水 も 寒い さ 氷る の 

g がの が^になる の、 だから H は丽 のおった のが ¥ ねへ、 分. - ました 歟? 雪 は 雨の 氷。 叉 



ふし; rj こど ゆき み *5>は& f かたち , 

不思議の 事に は 雪^ い ふ^の は 皆 花の 檨な 形の も のな の。 

S, かみ .& ろ/、 かたち かい み 

言 ひながら 紙へ 種々 の 形 を 書て 見せる。 

み Ji- むッ わか を & らん この や 5 かたち あ また この や かたち あり け, C び 

ねへ、 皆 六ッに 分れて 居る の、 をう ら御覽 さい、 此檨な 形の も 有れば 叉此檨 1^ 形の も 有ます、 顯微 

&. f めが なみ をれ わか か 5 かたち たい も 5 き れい は 

鏡 S いふ 目 鏡で 見る さ 其が よく 分る のです よ。 欺い ふ 形の が 九十 六 あるの、 大層で せう? 奇麗な 花 

かたち ゐ たま f ^^^rf やう わか か 

の 形 をして 居 ませう、 玉の 檨 4^、 水晶の 檨 i^、 分. ました 歟? 

ゎゝ、 分. ました、 だから 雪 は 奇麗ね、 雨の 氷おから。 

あめ f ほ S* ば K.b f かたち あめ こ ほ W- 

あ、 雨の 氷、 花の 檨な 形の 雨の 氷おから、 , 

い ま たこ どば 

言 ひさして 叉 言葉 をり ぎ、 

A 一 *s ゆき 3 たたい モ 《 'やく た だいじ せ 5 ゆき かね 5 ヅ よろ. J 

其 は 雪 は 叉 大層 役 k 立つ キ、 のです、 大事の ものです、 か 百姓 は 雪が ふる^か 金 かふる さ ざ 口て 喜び ませ 

, をせ ゆせ ゆき かね き れい は を や 5 ある かね ^5 ら 《. 

う? あれ は 何故です、 何 敌雪ハ か 金で せう? 奇麗な 花の 檨な もので は 有が お金の 檨^ もので は 有 

k それ f かね 3 よろこ あり か せ 5 ばか 

ますまい, 其 を- ^百 姓が か 金が ふる^ 言ッて 喜ぶ の はか かしいで は 有ません 歟、 か 百姓 は 馬鹿な ので 

すかね へ、 ェ、 かかしいで は 有ません 歟? 

こゝろ や 5 たづ & 

^試みる 樣に 尋ねれば かさな 子 はさ かしく も、 

* <- わけ 

如何い ふ譯 

» ff-, な K > よくで き はでけ あ ^ぎ さむ こ; S I f つめ 

其 はね 雪 かふる^ 何 か ^能 出來 るから、 畑に 有る 麥 だの 何 か > 寒 困る でせ う、 霜 な^の 様な 冷 

T I I ニ醫 IIII 二 —■ 漏 一議 ||= I 画 画-冒 画 III 漏 誦國國| =1= 画 I 厦隱漏 隱8醫ー||國誦—— 11= 匿 us— ■=— 8醫隱 三 I 醒 誦 I =11 III! 画 一議 i 置 5 ー|== lil— -si 醒ー|國|國8ー画|ー隱-|顯|||ーー画=ー^^^—|謹—隱 

庭のお しへ 子 一四 九 



—— ー,l,^-Htfi.—".iv:.".i.t,,\ssl ^1 ^fl "ゆ ド!^.^ ば ^1 



庭のお しへ 子 一 五。 

レン とり 5 ヽ さ ひ かも ふき こ, い 7C お こど で き それ ゆき, 5 へ つ、 

た S ものが おて、 ^..4 を 寒い 風が 吹で もす る s、 凍へ て 育つ 事が 出來な いの、 其 を 雪 か 上から 包んで 

」 さ、 ち ©.51J+' ふ まへ かあさん さむ いひ どき かあさん 3 へ か、 ぺ *• か £ 'か C ッ 

if やる の、 ね、 度ゲ B お前が 母樣 寒い ょクヒ £ 口の 時、 母檨 がか 前 を 抱へ てお 衣で 期圍て あけ まし 

£ れ まへ ぁヅ N- か ちゃ S^JJ あの 50 き f ゆき, むぎ <*>K > か、 へ あた、 かゆ ^6 

たらう? 其で か 前 温 でしたら う? 恰度 彼 時の 樣 i:^ 雪が 麥ゃ何 か を 抱て 温めて やる の 風 だの 霜 

t f をれ ゆき はたけ でき ゆききれ い あ 

,たのに 弱 はらない 檨に、 ねへ、 其おから 雪が ふる € 畑の ものが よく 出來 るの、 だから 雪 は 奇麗で も 有 

3 ただ あ わか かわか わか かんし \| 

As、 叉 大事の もので も 有る のです、 ねへ 分ゥ ました 歟、 ュ、 分 y た? よく 分ゥ ました tf 心 

.& しら で ^^きこ 5 れ 5 ち をべ けいけん おさ を, JJ た このせ か い ぎ iA あつま W 

さ 頭 を撫て やれば 雪 子 は 嬉しげ に 打うな づく、 總 て經驗 なき 稚 a の爲 めに ハ此 世界 ハ疑 門の 集 なれ は 

te^rl め つねみ たさ &£ こ、 ろ ふ 《i ぎね も こど ゆきこ はゝ ひど ねさ 

大人の 目に は 常 さし 見ら る、 もの も、 幼兒の 心に n 不思議に 思 はる、 事 ある i^.y、 雪 子の 母なる 人 か 幼 

Izbt R- の たづ どき よろこ をのせ つめ S 3 たつね こ、 ろ どひ お" しむ こど 力ん しゾ 

兒の 物を尋 ぬる 時ハ 喜びて 其說明 をして や.^、 X 常に 心して 問お 起す やう 仕向く る 事の わる n 烕心 

誰 斯ゎ 6 たき も のに rJ,vo 

さて ひ ゥき か e みづ をが はや か を ちまの け ふるさ ど 5 つ はやみ つき こどし む を 

扨 も 日月の ゆく は 川の 水の 流る、 ょゥも 早き 哉、 天 野 一 家が 敌鄕 へ移ゥ てよ ゥハ早 三月、 今年 も 空しく 

くれ よ あらたま はる ど し 5 ち はる き ひど ゝせ こ ケ い こどし い 5 た 

暮て 世ハ新 玉の 寿 さどな 6 ける 年の 內に 春ハ來 にけ. o- 1 年 を去歲 さや 言 はん 今年 S や 言 はん ざ、 歌; S し 

むかし こど い ま せ 々わつ むか よ ふゆ た,, -Kva さむ 3 一,, げっ -げっ u-^At つ 力. 9 ん じつ 

は 昔の事に て 今 C 正月 を迎 ふるさ も、 世 は 冬の 只 中なる ど 寒き され.^ 1 月 は 1 月な ゥ 元日 は 元日な ゥ, 

これ 上ろ t いは もの W つ. C んこ < ちら ザ かんづく これ i ろ こ S はもの 、 Z, k ► Tf>«l^ * 

之 を 喜び 祝ハ ぬ 者 日本 國中 にあるべき ゃハ、 就中 之 を 喜び K ふ 者 はか さ.^ 子な ゥ, ま だ 墓の 内よ 6 門 

まつかざり そ * &へ かざ 5- もり き:? もち たる づめ この ほ、 おち さ ど S 'もち や 3 き ゃソ き 

の极 飾、 か 備の飾 物、 切 餅の 樽 詰、 かいしい、 好 もしい 額の 落さうな 砂糖 餅の 山、 か 客か來 ましたら S お 

ビ £ 1? づめ よ 5 い でき み き W もちた はじ きれく これ W に 5 ^ . み-一、、,、 : % 、¥r4^J,* 

屠蘇お * 詰の 用意 出来し を 見て ハ、 切餅斷 ちし 端の 切 屑、 是ハ 如何す る歟^ 見れ は 三月の か 節句に 



1 



^»'^^ . - > V ^2 » と. しら. み を か かたちた ほひ ,ii さい .*i>s>tf こどり. &だ 

豆 入の 爲 め^て あられ を 今から 裕 へる を 見て ハ、 中に も 形 火 なる ハ雙 六の 赛 になる 亡て、 硯函取 出し、 

,しくず 4、 1 1 一三 四 五六 S よお S せば ぎ^ f をぎ n、 ^ 鲈に み m らん 。い 

つ, げ ^ つ せ 5 々わつ かみ あたら あか Lsw きれ かん ざし は を かざ か5 おし se- ぬ < ち べに 

聲を吿 渡て 正月 どな. て は髮を 新しく 赤い 絞の 切 を かけ、 簪の花 さし 飾, て、 貌に 白粉 を 塗ゥ、 口に 杠 

s- っぱ S 'つく きものき か あし ちで こま f た ざし 

を. さし 立派な 美しい S ゝ 衣服 を 着て、 可愛らしい 足お 小さな 駒下駄に のつ けて、 簪の 花ハ; S らく ふゥ 

袖 ひるが へして、 鞠 CN く、 羽 子つ く、 かけ 廻 はる C 其 心 如何に 樂 しかるらん、 雪 子 も 叉 其 1 人な.^ き 

つね ぶ、 ね,^ め さ たさ を & け さ は、 はや め さ *v*s- む あ ゆ 《-$ftJ か 

常 は 母よ, も遲 く目覺 むる 稚兒、 今朝 n 母よ .CS も 早く 目覺 めて、 其 胸の 邊を搖 動し、 

かあさん よ あけ かあさん 

母樣 もう 夜が 明ました よ、 よう 母樣 

よ,, は、 おき K つ こ W ほ、 ゑみ 

さ 呼び さました る も かかし、 母 n 起 あが. て 莞爾さ 微笑、 

た. S そ i. はや め さま 

かや、 大壯 早く 目 をお 覺 しだね 

だって か 正月です もの 

さう、 嬉し いかへ 

; れ 5 れ 5 れ わたし はや め さ 

わ、、 嬉し いわ、 嬉しく ッて 嬉しく ッて、 だから 私 早く 目が 覺め たのです のよ 

にこ ( かほ か あい は、 きぬき かへ ゆ ^ の つれ た S かま あら み かみく し *; づ 

^莞爾 々々さした 貌 可愛らし、 母が 衣 を着改 させ、 場 殿へ 俘 ゆきて 玉の^ 洗 ひ、 綠の髮 梳 て やれば、 

fis" J は れま>11> マ 1 )^^. 1 i * ふ ^2 どきたん も 5 へ おき たしる K £ い た 3- つば 505? いで それ よこ 

雪チハ 忽ち 母の 手の すゥ ぬけて、 昨日 寢る 聘簞 筍の 上に 置し 押 書の 羽子板の 立派なる を 取 出て 其お 橫 

だき げ ち 上 きょ tS "ちゃい & そ 

抱に 下女の 淸 が 餅燒て 居る 傍へ ゆき、 

庭のお しへ 子 1 玉 一 , 



—— -. か 1 5^ ザリ 3 —ま , ぶ " S ?レ W S IS ^ .ssrtj J ^^^^p 

J , , 1 i に ,1 レは MM Msb^^^^ B^HT 



■ 庭のお しへ 子 1 五 二 

き 上い ま H a つ 

淸 今に 羽 子お 突かう ね 

h たの その ゑ *$>が ちの ふ .ST れ &ど かく ざ い は を は S- のち は、 きぬ あらた 

言; 3 て藥 しげに 其 書を眺 ひる、 其 風 嬉し さの ゃゥ ばな きが 如し、 期て 雜煮を 祝 ひ 終て 後、 母 は 衣お 改め 

またげ ち t ねく が < か 5 がっか f かれら ど も た ほ いみ ぶん さ 5 た 5 はれ; 3 き よろこ かほ 

させ、 X 下女に 送らせて 學校 へやる、 犖校 にて は 彼等の 朋友 大勢 身分 相 應の晴 衣 を 着、 喜べる 貌 をして 

き や 4- し みおび らんま か り や 5 へいか せい ケ 5 SS それ せいれ きみ よ せ 5 か S た S た 々わ ん たん 

教師に 導かれ、 欄間に S けたる、 兩 陛下の 聖像 を拜 し、 其よ 6 整列して 君ゲ 代の 唱歌お 歌 ひ、 ヌ 元旦の 

L ゆく わ 

祝 歌、 

ビ, 一た お <- ケら か S 'やひみ. S" たみ きみが よ よろ づょ 

一 年 立つ けうの 大空に ひか ゥ 輝ぐ 日の 御影、 あ ふがぬ 民 n なか-^ け-^、 わが 君 千代に 萬 世に、 

はふ いへ いは たて ひ みはた く Si わがくにち よ よろ づょ 

一 一 さした つ 今日の 家 さに 祝; 5 立た る 日の 御 旗、 なびかぬ 國$:» か け. <^、 我國 千代に 萬 世に、 

どした よろ ま & い へ S ち ども いは し ちょ 上ろ づょ 

三 年 立つ け ふの 喜びに つお ふ學 びの 家の 內、 われら c„s は 祝 ふな ゥ、 わが 師は 千代に 萬 世に、. 

どし け ふ 上ろ こ つた S い へ S ち われら ども SK わが ども 巧 よ 上ろ づょ 

四 年た つ 今日の 悅 びに 集ふ學 びの 家の 内 我等 も 共に 祝 ふな ゥ、 我 友 千世に 萬 世に、 

こ ゑ は 5> あげ 5 た 5te *^ のち はくしゅ くわん つく それ おも わがや かへ ゆきこ Ss5 ん 

S 聲張 上て 歌 ひ、 歌 ひ 終 6 て 後 拍手して 歡を盡 す、 其よ. 思 ひく k 我家へ 歸る 》 ゥ、 雪 子 は 二三 人の 

ども だち つれ かへ つき か あさ ssfei" いま て ほか £ て 

友達 を 伴て 歸て來 て、 母樣 只今^ 手 を つか ゆれば、 他の かさな 兒も手 をつ かへ て、 

たば さま めでた 

伯母 樣 4^ 目出度、 

おい かしら もこ をゝめ あい .は 、ひどに こ かほ をが 

さ 小さな 頭 少し^ はさぐ る も 愛らしければ、 母なる 人 は 莞爾 やかな 顏 をして 眺めながら、 

めでた 5 いで み をさん よくいへ こど *i ち せ.? わつ 

お ィ、 ^目出度、 よくお 出な さった ねへ、 4- うく 皆檨 のかん かんの 能 結た 事、 如何です ね、 か 正月 

5 れし 

で嬉 いの 



/[ わらつ 



笆 言ば 孰 牛 ュ莞爾 々々^微笑 てぁゝ さ打點 頭- 



< ^れ、 其で は 善 物 を あげ ませ ラ ねへ 

い ちが だ を ど ね. C は ひ くわ. 3 ど:? S だ かみ めいく .& づれ S れ かほ fiv 

言; S て 違 ひ 棚の In, あけて、 九 年 姆に千 菓子 取 出し、 紙に くるんで 銘々 にやれば、 孰 も 嬉し をうな 顔、 有 

がた て S け あけ み せ ちき ゆきこ $ ほか こ さもが WJAW 上 しば.. J は、 

難う さ 手に 受て 直に 明て 見る 正直 雪子ハ 直にく ひか、 れ.^ 他の 兒ハ 流石に 遠慮して 暫た ゆた ふ、 母なる 

ひど その や < を み 

人 n 其樣子 見て かかしく、 

をせ み を 

何故 皆さん.;^ わが 6 なさら. i ^い、 よいから- R あが 6 なさい、 1 

ゆろ し い いみ t* んみ たち 3 く はじ あい ほ-. - また 

許の 出 づるゃ 否や、 何の 見え も. く 忽ち 食ひ始 むる も 愛らし、 母が 又、 

& ほん か み <4> さん こおら き & らん 

さあ、 御 本 を 貸して あげる から 皆樣 此方へ 求て 御覽 なさい、 

ざ.. J きかたよ .S づれ St もこ われまん を か .S5 i どし かさ 

S 坐 敷の 方へ 呼べば、 孰 も 急ぎて 此處へ かけ ゆき、 吾異 中へ 坐らん さ 競 ふ も かかし、 年 層なる がいきな 

f へ さつ 5J ひら さいしき くち ゑ み 

.0 上の 1 册を 取. て 打開き、 彩色の ある ロ繪を 見て、 

あ ゝ奇魔 だ 乙 さ! 

JJLL た くわつつ ば ゑ たもし ろみ わか たお 

年下の活澄.^^bる$:霱の白面*まだ分らねば、 つい € 立 あが ゥ て、 



だれか B ねつ か 

誰 鞦羽子 を 突かない 歟、 一寸、 

よ み をお &た む どし うへ 

. ^呼び かくれば 皆 其方 を ふ-.. 向く を、 年上なる が、 



今是を 見てから よ、 ねへ、 



庭のお し へ 子 



1 玉 三 



^ W I, ^ I ^ w^^^ ! 



曆 庭のお しへ 子 SI! Basiriu r i nn 

VJ も ひき な もしろ しぼら ゑ ざ 5 し み を: a .S づれ しつ *65- あ あ C 一め を 

さ 朋友 引 £ ひる も 面白し、 暫くして 綣艸紙 見 終れば、 孰.^ 室內の 遊びに や 鉋 きけん、 外へ 出て 游 ばう 

さも あ a 5 ら K14 かた .5-VJ ふゆこ ど f?* へ こ を Si hi t& つ こ い 

よう^ 誘 ひ 合せて 裏庭の 方へ 33 て ゆく、 冬 子 ざい ふ 年上の a 、「何 を L て 遊ば 5. ねへ、 H 子さん」 € 言へ 

ば 「さう ねへ、 羽 子 を 突て か 遊びな」 「羽 子 か へ?、 羽 子 $: つまらな S おやない 歟、 せ • 〈よ. 何歟 もつ で」 而 

.L ろ こど あそ ゆき を W こ、 もん 

白 S 事 をして か 遊びな、 ねへ お雪さん、 何 をし やうね へ、」 「さう ねへ、 此處 なる 門 を かしな、」 「ぁゝ 、をれ 

ふ たのて たか あ 

しゃう」 さ 一 一. 人手 をつな S で 高く さし 擧げ、 . 

こ , もん たれ 》« ん 50 ほ こ >• もん 

1 此處 4 & る門ハ 誰か 門、 通らば さほれ 此處の 門、 

ど ほ ど ほこ、 もん われら たて もん 

二 通れ や、 通れ 此處の 門、 我等が 立し 乙ゝの 門、 

ど ほ かへ ゆく $ ちつれ - 

三 さほれ £^ らば 通ら まし、 歸るも 行. 打 逆て、 

たの 5 た 5 た も-ども , 

四 樂 しき 歌 を 歌; S 、 かくれす 進め 友お ちょ、 

く りかへ この あ. V を し^ら これ 》♦ た あ .« あ か ビ Lf へ やま ゆ さけび 

さ 繰返しく 此 遊び をして 居ゥ しが、 暫くして 是 はも 叉 遊び 飽きし 歟、 年上なる がか 山へ 往 かう ビ 叫な 

かけいだ ほか つ t-s t こ また. J5 せん » かれら きた まち 

がら 驅 出せば、 他の も績 てかけ ゆきた. <y、 其處には又鞦韆が有ぅて彼等の來るを待け,0^、 

& ら ひどり fM- せん の ふ つよ こ は 

かさな 兒 等の 1 人 は 鞦韆に 乘. て、 さわ 搖 つてお くれな、 わい よ、 强く ふッて 怖がらして やらう、 ね、 な 

か あい かほ さ s な 5 ね そろ く はだて わら き や 5 あ も よ ねん 

$i、 可愛らしい 貌で 相應に 恐し き 企 をた くみ ゥ、、 笑; 3 典 t て 遊びに 餘<?5 なし、 

こんせ ふた 《- によ むか あつ の ゆき こつお む. & の わた しもつ お むい の 

さわ、 今度 はね 一 一人 1 所に 向; S 合て 乘 らう 雪さん 此方 を 向て.;^ 乘. な、 ^其方 を 向て 乘 るから、 

ふゆ. J ゆきこ t の はる _J つ こ e- や 《 'はん つ を ふ やく み ひき 5 け 

£冬 子 € いふが 雪 子. 呼び かけて 乘 う つ れば、 春 子 さ 夏 子の 兩人は 綱 を 搖る役 を 身に 引受 て 、 



さわよ くッて o 

、よく ジてょ o 

っ^:< は? 熟.,^. UJ^tr 手 ST 手お tAr、 ar 手 は、 f0s\ 贮ぁ <s せて s 爾り々 さ 笑 ふ、 



t こ IS や f おち ) 

何だか 怖 S 様ね、 落さう ね。 



さ 冬 子ハ. S ふ、 

て はぎつ 

わ、 ねへ、 だッ て: it 手し きゃ摑 てな S のです もの 貴 . 

.e- きこ ほか ふたり ちから い, , 9 

^雪 子い ふ、 他の 二人 は 力を入れて い 

さわ ふるよ、 よく ッて? 

✓ >5 は ゥらを .L ばら つ を だ? ちから 

ち あ i?i びて ぎ C むれば 1^ の n.:<i4 さ ふな ii をして |究爾 々々さ 笑 ふて 居る、 暫くして 鋼 は 惰力の 力に 

^て giv^ しく、:^ の iT<ls ち さ ふになる はま" て、 

わ、 ない、 さめて、 早く 止めて やう! 

) んっ ff i た a あほて ふためき 

さぞへ^ の rp<ttw めさう にも く、 もッ W 根て かや クヒふ ゥ かくる にど 上の 二人 は 周章 狼狠 

あん 6* ねつ 

^めて よう、 よう、 £ め てよう、 餘. *^ だね、 あら, 落 乙ち るよ! 

も^さう になる にど、 1^ の rfv も て i を かさ ゆれば、 おの r は^び やりる^ にか 6 立て オタ さ いふ 

いき つ *» たに C /\ ミ おわら I- 

息 を 吐き 叉 莞爾々 々さ 打 笑 ひて ^ 



庭のお しへ 子 一玉-.^ 



庭のお しへ 子 1 五六 I 

ぁゝ 危なかった 

^ S" ふた s- むか 

言; 3 ながら 他の 一 一人に 向 ひて、 , 

もこ $ どころ あんま つよ > たれお お > > 

もう 少しで 落る 所だッ たね、 餘. 強く ふるんで す もの ねへ、 誰 だって 落 か ゝるは 

S S S れひ あん. LA &ど ふ ど い き つい ど び a 

言 ひながら も 今 は 落る 憂な しさ 安心せ る もの、 如く、 太き 息 を 吐て。 ひよ S くさ 飛 はねて 居る も かかし 

これ *» たかれら てて へ. &ゎ かほ あほむ い きょ め たか てん おもしろ 

是ょ. ^叉 彼等 は 手 さ 手 をつな がれて、 平和なる 顏を ふ- y 仰向て、 淸き目 は 高き 天に、 ふ € 面白く、 

は、 もら L はて つき かつら いへ かせ ふか 

1 母の 4^ も; 3 は S にみ ち、 § くへ も 知ら 卞果 もな し、 月の 桂 をた よ. CV て ど、 家の 風 をば 吹せ つる、 

仰げ-^ 母の みい さ を 

はゝ をで しこ つゆ わ も め ❖ み い へ くさ ほた * しへ々 さ 

二 母の なさけの 撫子よ、 露な 忘れ を惠 をば、 家 をう つす も を だて 草、 機 をき る さへ 敎草、 したへ し 

たへ 母の なさけ を 

か 5 せい <5 た や 3 こへ やま はや.. J こ だま あい まこ ど S たち <* 

さ 高 聲に歌 ひながら 山 をく だれば、 聲は. $J よみて 山の 林に 木精す る 愛らしき は誡に おさな 兒ど かじ、 忽 

もん いで いづ か また あ を 

ち 門 を 出で 何れへ 歟 X 遊びに ゆきた. 9、 • 

A< &S0 ゆきこ もこ を だつ は、 ひ ど よろこ い か ばか 《- はる しけん ft? だい S ほ 5 ひ 

斯の 如く 雪 子 は 健やかに 生長 なれば、 母なる人の喜びは如佝^^:なるらん、 春の 試驗 にも 及第して 御 褒美 

もら ゆきこ 上ろ こ H、 よろこ いよく これ ほげ ま 

貸 ひたれ ば^て 雪 子が 喜べば、 母 も 喜びて 愈 是を激 すなるべし。 

e つち fa の び ば 51C ん もはや ま さくらい 3 さかせ き たさ ひど むれ ひき さくらが & R> よ ほ.. J も は やま さくら 

1 日 夭 野の 未 C 人 は諷訪 山の 櫻 今 を 盛 ざ 聞きて 幼兒の 一 群 引 つれて 櫻 狩の 龍 あ. けう、 諷訪 山の 櫻 

み みやこ は を み こど を あらし や 3 さ >»ら つき かつら みづきよ j6> がれ へだ さんじ や 5 ほ を み あぐ みだ さくら くわ 

見 は 都の 花見に は異 れゥ、 嵐 山の 櫻 は 月の 桂の 水 淸き琉 を 隔て、 山上の 花お 見舉 るな 6、 墨 田の 櫻 は 花 



1 



か はいく わい こ もで はる ゆき はやま さくら いた さ, C てん どき 《 ぎ ゑ ひだ ち ほ" 卜 > 

下 を 徘徊して 小袖に 春の 雪を惜 むな ゥ、 纖訪 山の 櫻 J:^ 至うて は 山 よ 6 常 盤 木の間に 散 6 交 6 て^:^ る 

はんぷく は を み ,y の ふ せい 3 た しゅ あせ こど み J5. こ *- ど ざつ W5 乂ど ? 、み- 1 > やく- 

半 腹の 花 を 見.;^ すなれば、 其 風情 叉 一 種の 咏 あるな ゥ、 殊 k 都の 如く 雜沓 する 事 は く 花見の 客 さ 

ちか ほど W さどび ど ひど かげ ゆび を かケ この ひ ふ じん さん e や 5 XLe ^ J^. ^ 

て も 近き 邊の 里人の みなれば、 人影 は 指 を 折. 'て も數 へらるべし。 此日 夫人 tt 山上の 葭簀 張お 借 S て 休 

そく じょ さ だ &ら 4J5 ぶん あそ ^ さん じゃち さくら たい じゅ いく ねん せ ;^;^:;: 

息 所と 定め、 かさな 兒等 をして 充分の 遊び を爲 さしめ た. cv、 山上 も 櫻の 大樹 わるが、 幾 百年の 星霜お 

も か か 》>ら はく. r ん 5 へ もび.. 5^ みき 5- つか、 へ を& «^ さかり >-A( か タ q み 5^ 

過ぎし もの 歟、 頭 は 白雲の 上に 聲へ幹 は 五 抱 も あ 4 ぬべ し、 折し も 花 は 盛に て紛々 さして 風 散 雀る、 

をが た さ & がら W く、 わ ビてふ 3 &>J S a たも VJ き ど : ► ^3-*-^^ 

姿《宛然六花の飛び蝶の舞ふが如く4^^れば、 招か #1; るに.:^ さな a の ふ 6 の 袂へ來 て 止まれば 幼 兒等は 

わ もしろ まる ゆき ふ t t& が たも >J やうて さゝげ お 5-< S を あ, VJ . 

面白、 が- > て恰で 雪の 降る、 樣 ねさ 長き 袂を兩 手に 獰て徵 來る花 を? めて 遊ぷ、 

ゆ き乙 わたし たも ど 1 こん を 

あら、 雪 子さん 私の 缺に は此樣 ッ さウ、 , 

こ、 のつ , 

1、 二、 三、 …… 九片 よ、 

わたし やつ 

あら 私のに は八ジ 

お V ふ はるかせ • お たも ど S くら 

折から さジ笆 吹く 春風,^、 ばッさ 散. ゆく 袂の 櫻、 

いけ かせ 

あら、 不可ね へ 風が、 

S ま t ふん.^ (\ をら おりく は をい くひら 

悲しむ 間もなく 1^ 紛々 さ 空よ. < ^徵來 る 花 幾片、 

6 Z6 ち き せん ふわ こ、 のつ あ • • J 

あら 歉ッ たかさ 思ッ たら X 落て 來 てよ、 先よ 6 殲て、 九: t で有ッ たの か 十 一 にな ッ てよ 

r,f k '.I 』 : '^z rfs s& ど *• よろこ あ も がた または を つ ほみ ふ • しん y t 

S がれお きを i ひながら i 沪へ かけ S がへ かけて、 花 を 止めて 喜び 遊,^ 姿 も 花の 蕾、 失 人 は搖爾 やかに 

庭のお しへ 子 一玉 H 



: M —— ほ ., レ" ひ M^^iM 



同? た 
m ん 

mtm: 
へ し 

た 
か 

ま 
る 
を 



中!: 
で 
年き 
重 カさ' 
の 

冬 も 
子 こ 

g め 
當き 

雪 I 
子な 
追な 

力 > 

け 
へ 



か 

ま 
ら 
せ 
ね 
ば 

冬 
子 こ 
苦龙 



動? h 
議ぎ 、 
な よ 
し く 
It ッ 
决 3 て 

定 5 よ 
す 
れ 

ば 

m 

ちま 

異ゐ 

n く 

同? 
昔 2 
に 



わの わ 
、 、ら 

、 岡 ま 、 
其き な す 
で し る 
は で く 
ね はッ 

、 貴 i て 

此き 孃た よ 
木 t 、 、 

€ 誰 r た 
彼 § だ ん 
木き ッ乙 
《てし 
m 捕 2 て 
木き る ま 居ゐ 
^はる 

此ぁ 71 で 
所き か « 
t ら 有' さ 
、 岡 さ t 
其 g を せ 
か 定 S ん 
ら め 歟カ > 

此こ な 

所、 く 

£ て 
彼 こ は 

所、 a 



會ミ の 

ら 雪き く 
m 子 ^ m 

一- - 捕 2 て 



子 
さ 

ん 
の 
おお 

X 



M 忽 S 
£ ちま 
定 S ^ 
ま か 
る 



彼? 
所 こ 
《 

木 こ 

X 
X 

< 

ヅ 



ね 

子 こ 
さ 
ん 



定き 

め 

る 

が 

有 あ 

る 

の 

で 

す 



る 

な 
れ 

足? 
% 

7Q ま 
入 化 

早? 

け 

れ 

ば 

ま 

ちま 

一 g 

人 

を 

3ぉ か 
へ S 

か 
< 

る 

其き 
時 i 
の 
+こ 

m 

ん 

で 

ふ 

-1 

た 
ん 

機 ど 



あ 

し 
ま 
せ 

多 S ^ う 

く 寄き 

の 集 3 
幼? a 

MS" -ff 3 
Jt^ > ^る 

は く 

n な 
方? b 
に て 
散ち つ 

て や 
、 ん 

雪 g H 
子 こ ん 
さ ぽ 
ん ん 

の L、 

鬼 勝 S 

や 72 
、 る 

お は 

う 次 L 
に 第 ま 
や 

や It 
t 拔ぬ 
噺? け 
し て 
立た 、 
つ 雪^ 

る 子と 

雪き 番ぇ' 
子 こ 後き 
は に 

男? 殘? 
のこ /) 

兒こ て 



打 I 

-! 見' 
や 
、 b 
鬼に て 

ぞ mi 

9 の S 

子 こ 花! 

な は 
H tir わ 

C* 、も 

I い れ 
な た 
る 
が 
如^ 
し 

に 
し 
て 

幼: 

お を 
兄 こ- 
の 
― ひ 

人 CO 

附 

、ん 

で 

ふ 




庭 の お へ 子 



】 五 九 



しが 4 て逃务 がら、 

ゆきこ あんま わた L ひど 3. ねら ひ 《«- ねら ひ fc» 

あら 雪 子さん 餘. 0ね、 私 一 人 を狙ッ て、 一 人 狙 三度 鬼よ、 

^ か をた i<b つ こ また さけ 

言へば 彼方の 夏 子!? < 叫んで、 

もれ では. さねに 

其から 出 這 入 も 三度 鬼よ 

3 た ほか ひ ビ& さけ 

又 他の 一 人 叫んで、 

其から 手 さわ. 卜 やん けんよ ノ 

L だ S で 5 れ S あら き をく くわくて i ね も. J ろ もで ゆきこ ひ 5JS- ゥか <a fet またね ほ 

で」 次第く に條 M 現 はれて、 規則の 確定 さる、 も 面白し 旣 にして 雪 子 一 人 を 捕 へれば、 忽ち 叉 多くの 

と はやした て やまの たに を か こ、 .5 で i ざけ しん e や 5 か た .J をた はし み 

子噺 立て 、「山野さん の. m なら 岡な しだ、 此 所までお 出、 甘酒 進上、」 な^、 彼方へ かけ、 此方へ 走る 身の 

かる かせ ぃビぬ っ^め &ど たも ど らく ゝゎ ども かせ ひるが へ yj ら 

輕 r\ 風お 糸鏠ふ 燕の 如く、 ふ- <y の袂は 落花 S 共に. 風に 飄ッ て; 3 ら くく、 捕 へられし を ふ.... もぎ ッ 

にげ ひや <- し かたあげ 5 らめ げ み をき いだ これ t 3- や $ はだね. J ぬ 4J ゆ * ん ひどつ 

て 逃る 拍子 か As る 肩. H、 恨し 氣に 見て 泣 出す も あれば、 是に戀 ,0 て 兩肌押 脱ぎ 襦枰 一 さなる. わる、 

たも.. ろ は み あ も あ を ほか かれら かれら ほか あ を ひど むれ かへ わ も あ 

面白き は 花見の 遊び どかし、 遊びの 外に 彼等な く、 彼等の 外に 遊びな く、 一 群 は 歸るを 忘れて 有け るが、 

め ふ. > れつ から も こ ゑ ふ e んま ねビろ きたく ふこく おさ をら ら ゆく わ S こ、 ろ たの き f もつ 

夕暮吿 ぐる 烏の 聲に 夫人 先づ 驚かされて、 歸宅を 布告 すれば、 幼 兒等は 愉快なる 心^ 機し き 記 臆^お 以 

て 家路へ 乙 を は歸ゥ けれ。 

この さくらが 5- あ も はかの だ 41-5- つみ はら やま わらび ど S- いろく yl ほで あ, y *r お はる を さみだれ 

此櫻 狩の 遊びの 外、 野 田の 芹 摘、 原 山の 蕨 採な^、 種々 il^ 出の 遊び わる 中、 春 も 過ぎ. - 五月雨^ ゆきて、 

つ はや は、,) め t つ ま マ あまの び ば 5 ひん むか. I- 50 も りゃう めい まへ やまが 14 ほ た るが 5- もよ ほし * & 

夏. も 早 始^な うけ .0^0 1 日 叉 夭 野 未 C 人 は 昔の 友兩三 名お rc を ひて、 前なる 山川に 齄 狩の 濯を爲 しけ 



る 


手て 


し 




田 ね 


る 


面》 


の 


同? 


月ミ 


な 


It 


fi ね 




b 


れ 


に 


が 




は 


、 


の 


如き 


の 


な 




て 


け 


ひ& 




手て 


b 


t こ 


る 


美ぶ 




< 






、 


上ミ 


る 


て、 


人え 




に 


立 g 


は 

如い 
何?^ 




しく 


にる 


河 S 


さ 


夜 ま 




州?. 






見み 


m 


上が 


斗 ま 


さ 




の 


な 


の 






夕! J 


の 


る 


をぎ 


b 


な 




mi 


背せ 








の 


の 


暮, く: 
近? 


朋 i 


見み 


き 


て 


;レか 

ィ flj 


れ 


は 




t 


は 


晴? 1 




虫? 


船 さ 




る 


て 


騷き 


面' さ 
白,^ 


ば 


ん 




飛 ど 


跳き 

JL あ 


て 




所? 
なろ 


に 


さ 


IP 


籠 




ぐ 


、 


方き 


し 


び 


吹 1" 




乘? 




ふ 


は 


t 


を 


く 


夫 ふ 




て 


< 


りが 


風 i 




b 


移^ 


X 


は 


m 


打 5 


靜ぉ 


ほお 


A え 


な 


鞠 ま 


る 


て 






HI 


ら 




をる 




にか 


は 


達ち 


< 


子 










此き 


せ 


失 ふ 


^れ 


化 1 




、 


れ 

け 


% 
h 


甘 そ 


の 
如き 


お 
にれ 


MS 

い 

し 


し 
< 




地ち 
の 


、 

字 J 


人 £ 
の 


+ 


M 


々く 


ぬ 


/t 


なね 


間;^ 


< 


て 


暫 f 


お 




螢^ 


然ほ 


家ミ 




さ 


樣? 




夥 g 


ビ 




、 




よろ 




はる 


棒 さ 


へ 


上 言 


れ 




に 


h 


し、' 


m 


級 


お 


止 や 


さ 




東? 


ピ 




の 




し 




れ 


の 


狩 力る; 




れ 


む 


に 




都- 


さ 


集き 人き 




て 


4 や 
達 i 




鍵 


の W 






時 1 


、 




玉? 


し 




に 




の 


やる 


船 さ 


し 


た 


は 


mi 

川 S 




川 S 


て 


た 


し 


の 


上ぶ 


の 


澤? 


-' 


幾 T 


て 


し 


な 




の 


漕 力 こ' 




て 


碧? 


ヌ '/口ん 


制 5: 


山! 


美^> 


艘 f 

彼!: 


火 ひ 

花 ま 




お、 


の 




瑩 g 


せ 






紗さ 


す 


の 


のく 


幼き 


h 


琉 S 




^ 々 


れ 


夫 ふ 


子 こ 




上? 


る 


所き 


し 


方た 


の 






に 




一 ど 


b 




供? 


面》 


it 




へろ 


事 ど 


此ま 


如 i 
< 


の 








、 


は 


% 


に 


落ね 


か 


ま 


や 


方た 


附 


船き 


し 




て 


ii 
抱る 

棒 ざ 


彼?; 




光 か 





力、 




t 




、 


ぶ 


然ほ 

澤き 


て 




其き 


等ら 


X、i 




る 


し 


や 


感$ 


漕 こ 


或 J 


間 ま 


艇 




か 

形ち 
f レち 

も 


はは 


を 


て 


數? 


< 


ク 




ぎ 


は ひ 


に 


へ は 


降 も 




夫 ふ 


は 




m 


、 


て 


暫き 


廻 2 




船 


近 ま 


る 




ど 


人 £ 


ひ& h 




か 


や 


、 


時し 


は 


1' こ 


は 


づ 


Z 






の 




る 


を 


な 


が 


早? 




る 


向お 


下 か 


け 






お 


豕へ 


兼?; 


人き 


點 f 


し 


て 


< 


止 や 


有き 


ひ 


る 


矢 や 








て 


の 


さ 




せ そ 


/ 


ま 


さ 

T5h ま 
、 


て 


し 


頃き 


の 




< 


b 


今け 


み 


V、 


拾 g 


處こ 


\ 


さ、、 


飛 S 


て 




如き 








曰 1 


な 


る 




へ 




i 


天 t 


び 




は • 


< 




數さ 


を 


の 


れ 


に 


取 ど 




舟 




の 




任 か 
月せ 




な 




十 


mi 


ば 


ST 


b 


の 


子 L 




河 か 


或^ 




の〜 


れ 








び 









求く 


t 


ま 


原 1ら3 


は ひ 


め 


—ふ 
—た 


ば 




夥 g 




の 


各? 


の 


各 g 


れ 


せ 


し 


の 


m 


ぐ 








し、' 


fl 


爲 § 


m m 
の 意會 


ば 






中 ま 


叢? 


れ 


rr み 


雪? 
子 こ 




< 


を 




其き 




立き 


物》 


を 


に 


ば 


ク 




實ミ 


KgC へ 


さ 


1 ュ 


照て のい 


m 


て 


珍き 


ゆ 


向 力" 




四よ 






に 






供 f 


る 


籠き 


兒 f 




ら 


< 




河ク; 


ク 


始? 




懲た 
» もさ 

t ろ 


し 




等ら 


如? 


に 


等ら 




し 


歟か 


て 


上? 


迷! 


め 




m 
下お 


m 




< 


入い 


は 


力 > 


さ 




散ち 




子 g 






々り 







庭のお しへ 子 



】 六 



ひ xlji- ね も かげ あざやか lib が ふ e ん. H ち み を むかし かへ £ ら ども あそ よ ん 

人々 の 面影 鮮 に 眺められた ゥ、 夫人 達 も 皆 かさなき 昔.^ 返 6 て、 おさな 兒等^ 共に 遊びに 餘念 なく、 

*?Q4J やろ おち &ゃ ひろ ど たも ビ みづ ひ あるひ ふね きし くさ は かげ や を どら 

水上に 落 惱むを 拾; 5 取. て 袂を 水に 曳き、 或は 船 を 岸に 添 はせ て やらせ つ、 草の 葉 K に 休らう を 捕 へ て 、 

»i ろ て つち 5 たよう あ を を かばつ ど め おさ を /0 そでた もビ ^f- る ほ こビ たもし ろ 

白き 手 を 土に まみら すな^ 興 k 乘すれ ば、 まして 遊び を 半 勤 さする 幼 兒は釉 袂の潤 ふ 事の 面白ければ 

歸るを 忘れて 遊びけ <>、 

を か ゆきこ K ゝて ね っゝ をで ひどへ; asT を VJ この こ £5 ち 3- めん おひ 5 しろ む も いでたち かる ちい 

中に も 雪 子 tt 母が 手づ から 鏠 ひたる 筒 釉の單 衣 男兒 のす る 唐 縮緬の へ コ帶後 結んで 打扮輕 く、 小 

ふね ち か た こ をた な は む さしの つき ゑが ふかく さがな i- ち は あげどく はら は、 

さき « の 中の 彼方此方 さはね 廻りつ、、 武藏 野の 月 を 描け る 深 草 形の B 扇 を 摩て 飛び 來る を拂 へば、 母 

上お ふ じん かた ゑ 5- あた 3- なお ね も. とつ ひろ か £ いれ また- i-ゐ めん わ K ゝ 

または 他の 夫人の 肩 襟の 遺にば らんく 亡 落 か、 る 面白さ、 拾 はせ て 籠に 入 させ、 叉 水面に 落つ る は 母 

f つか .L くる s» m よ ふけ L« 'ゐ ふね ね ひ 

をせ がみて 掬 はせ つ、、 疲る、 も 知らす S ひ 廻 は.^ ぬ、 旣 にして 夜 もやう く k 更 ゆけば 周 圍の艄 も 追 

( こぎ かへ がん e や, X' ひど かげ L だい f& こ、 ろづい わが ひど むれ ひど つき き や 5 を i 

々に 潜 返- >、 岸 土の 人影 も 次第 k 少 くな ゥ ゆく k 心 着て、 我! 群の- < も盡ぬ 興に 名殘 惜し けれ^も、 正 

か よ こ、 おく こど でき Aj 上 ひ あそ これ .S へち > ^ね こが -&、 *«-/\ あ t 

可に 夜お 此 所に 送る 事 も 出來^ れば、 今夜の 遊び も是 までな ゥさ 家路 を さして 艄を澧 せぬ 斯る 折々 の 遊 

はか あまの ふ じん にち わろ や もみび へ. つ ゆふ^れ ちか あた w こ らさ, y 

びの 外 天 野 夫人に は 日曜の 休日 は S ふまで もな し、 '日 4- 夕暮に は 近き 邊の兒 ^も 等, ビ誘 ひて、 そい 

ある こどつ ね かく をつ こど たち あき はや K% かば ひ あ 3 こど ゆきこ つ r* &y- 

步 きする 事 常な 6 けり、 期て 夏 も 事な く經 過て 秋 も 早 半 さな. しおる 日の 朝の 事な. き、 雪 子 は 常の 如 

がく か f わが liw- ねんき. ゥ せいど s くた S げんくわん どころ あ も a ゆきこ み 

く學 校へ ゆ きたる に、 我 問 年 叙の 生徒 幾人 玄關の 所 i£ 遊び 居た るが、 雪 子 を 見る よ. o、 

あまの ゆき *J け ふ きた *5> こ に ふがく た いや はや いつ & らん 

夭 野 雪 子さん、 今日はね 穢 S 子が 入學 してよ、 穢多の、 厭お わね へ、 早く 往て 御覽 なさい よ。 

ゆきこ こき さだかみ か い しゃ 5 あか ょ£ きめ 

雪 子 は 穩い子 さ 開 くよ. 定めし 髮 な^の わしき 香 わ て、 衣裳 4^ きの づき れ たる を 着、 目 な^のく 

庭のお しへ 子 1 六 1 



リュイ 



庭のお しへ 子 一. K 二 

ぶ 



きみ ^:か くろいた かた- み 

しゃく^して 腐れた る 如く » るべ し ざ 思 ひ、 少し 急ぎ足 ji£ て敎塲 に來て 見れば、 ,2 ひの 墨 板の 片隅に 

ほん せきばん い かお も っゝ みか、 た をゝ つば か 5- をん ^45 のこる ものよ さう 

本 S 石板 S を 入れし 歟^ 思 は、 る 包 を 抱へ て、 しょん ぼ さ 立てる 七歲 の女兒 居た. o、 され.^ 其豫想 

こど & て ね 9- も めん あ K せぎ ぬ あ ら き あたら あさ, I. らざ 53- 5^ かほ め は*^>たち 

はは 異クて 手織 木 線の 袷 衣の 新しき を 衣て、 新しき 麻裏 双 履 を 穿ちた るが、 顔た ち もやさし く 目鼻立 も 



もろ あ 5- こ $J こ きた t<h か 5 たが おも み なほ をん を 

揃; 3 し 愛らしき 兒^ れば、 何 處が穢 いの 歟^ 疑 はしく 思; 3 ながら 見て あれば、 多くの 女兒 は.; -轉 婆に も 



こ かほ み た が ひ さ-' や あ 

ちょい^^ ^新入の 兒の顏 を 見て は、 互に W き 合 ふて、 

きのした わたしみ いつ ど を 3- こ いや 

ねへ、 木 下さん 私 彼奴 k 隣へ 來られ て は 厭お わね へ。 

あ、 私 だッて だ. QO 



を か わんば く 

中に も 腕白の 男兒は 

ゑ た la. こ か きた を 

あた ゥま へよ、 穢多なん どに 隣へ 來られ てた まる もの 歟、 穢 いや、 

こ ゑな か はをは だ また a* の あた & むか 

さ聲 高く いふ、 甚 しき は 又 面 向 ひて、 

まへ 5 ちゑた ゑた ゑた た ❖ お こ い つ. S へ ゑた けが 

い、 お前の 家 n 機 多 かい? え、 穢多? ハ クシ ョ 穢多 ださよ、 オイ 田 口 此奴の 家 n 穢多 ださ さ、 穢ら 

C しいね へ 

あ ども あくた らう くちばし どが 

惡 しき 朋友 を さも; S かくれば、 さも わる、 此方の 惡 太郞、 憎々 S 口角 尖らして、 

た f ^ き やつ もた くせ がく か 5 き ゑた こつ e き ち { しゃ *> 

穢多? をう かい、 生意氣の奴だ^^ゎ、 穢多の 癖に 學校 へなん r 亇來 やが ッて、 やい 穢多、 乞食、 畜生、 

た にんげん かへ てまへ ゐ けが 

穢多 は 人間で ハ な S の だ ど、 歸れ、 手前が 居る 《 穢ら n しい や。 



o ゝ L あはれ との £ はじ がく か 5 は t この f ぎゃくたい あ S3 ほやた へ 

さ 篤. ぬ、 憐む べし 此かさ 5 &兒、 始めて學校へぁが.c^て始めて此檨な逆待に遇;sて、今$:早堪かねけん、 

をみ ビ め ふお ?& くろいた むか ぁビ. 4- さ W ゆきこ z£ ゑた いか *S>K ゆ も きた i5> 

淚を 目の 緣に 浮べて 黑 板の 向 ひへ 退步 する を、 雪 子 ハ 元よう 穢多 £ハ 如何なる ものに て、 何故に 穢 

いや か をの わ け L -? ねん し f や. r も をが め * こゝ いた あはれ た 

卑しまる、 歟、 其 理由 を 知ら^れば、 默然 S して 始終の 檨 子お 眺て居 6 しが、 此に 至りて 哀 みは 堪 へす、 

たちあが その をば あはれ ねさ *55 & 3 た はづ かし み ち ど ほざ ゆきこ 

ゥさ 立, 上 4 て 其 傍へ ゆけば、 哀 なる 幼兒 ハ!^ ヰ j 辱めら る 、にやさ 身 を 縮ませて 遠 かる を、 雪 子 C やさし 

かほ ぶん あ K れ e や 5 ふ < 

き貌に 充分 憐 みの 情 を 合み て、 

あ をた わたし つくへ どころ きも ほ lO .& ま せんせい く あ をた ざき 3 ) . 

わの、 貴君、 私のお 机の 所へ 來て 坐ッ てお 居で な、 今に 先生が 來る^ 貴君の か 坐も定 るから。 

こ ゑ いま は W どが こ ゑ こど を を さけ こ ゑ ゑた こち &く ほどけ 

いふ 聲ハ 今までの 荆 棘の 針の 尖ゥ たる 聲に 異ゥ て、 情の こもる やさしき 聲 なれば、 穢多の 子 地獄で 佛 

あ 5 れ もの ざ つ ゆきこ ほ を 々さ が ほ 

は 遇 ふ 嬉し さ、 ひかる、 ま、 i!^ 其 坐に 着けば、 雪 子 ハ尙も 慰め 貌に、 

とのつ、 み 5 ち をに & ほん 53 & ほんよ こど あつ 

此 包の 中 ハ何、 御 本、 今まで 御 本 讀んだ 事 有て、 

S かの^£^ そで *<b みば ふき ひ < こ ゑ 

さ 言へば 彼女 ハ 袖で 淚を拭 》 がら、 低い 聲で、 

な いの、 

くち 5 ち あはれ た ほ こ f をん をの. J ゆきこ L ばら くち み 

^口の 內で いふ も哀な A -、 多くの 小兒^ 女 .:1^ さハ雪 子の ふるまいに 暫く あきれて、 口 を つぐみて 見て あ 

たち ま ひど り 

.CV しが、 忽ち 1 人、 

あまの ぁ&た この ひど t つ せん しつ 

や あ、 夭 野さん、 贵君此 人知て ゝ、 先から 知て ゝ? 

0«た ひど 5> 

叉 一人、 

庭のお しへ 子 1 さ 11 



薛 のおし へ 子 マ 六 四. 

しんるい い 、こどき 

親類な の! あ、 をラ。 や あ 宜事閬 いたく、 

い たち ま 2 た をん あつま み、 せ 5 なほ 

S 言へば、 忽ち 叉 何 • たく^ 集ゥて 耳 乙す. ^ を 始めし が、 や, がて 一同 大き »聲 で、 

あまの ゆきこ ゑ た きた を た ゑた あまの も た 

や あ、 夭 野 雪 子さん は 穢多お ささ、 穢 いな、 穢多 や、 穢多 や、 夭 野の 穢多 や、 

K や た ゆきこ いかつ 

さ 離し 立 CN るに 雪 子 怒て、 

い ま ぃゥ ぃゝ せんせい < 

今に 言つ けて やる から 宜 先生 か來 る^、 

しばら き や 5 しい ゆきた せいど ひどめ み たち ま しづ ま いま さは る たれ か ふ, ゥ に』 

暫くして 敎師入 來れば 生徒ら 一 目 見て 忽ち 靜. かへ. て、 今まで 騷ぎ 居た る は誰歟 さ. S ふ 風な ゥ、 新入 

せい しん はふせ S- つね き や 5 し さ L づ よ もつ ど < 'しろ せき おやく しか 5- んざ をん を こ これ Id き つら 

生は新入生の常^て敎師の指圖に據.=^て最も後の席に着しぬ、 然るに 隣 坐の 女の 兒は 是^ 席 を 連ぬ るお 

いど め つきが ほっき にら かたく w んざ こ *5> に かさ、 や そのこ せき 

厭; S て、 目附顏 付して 睨みながら: it 方なる 隣 坐の 兒^ 何を歟 S. きしが やがて、 其 子の 席に 1 ッ にな ゥ て 

き や, re ゆ ひビ、 き ぶん や. t &. tL tj かへ e よ たちさ あど こ ゑ fe_3 

坐る も かかし、 教授 一 特にして 十分の 休み さな 6、 敎 師も控 所に 立 去れば、 後 ハ また さきの 聲、 多くの 

せ. &ビ たお ほ 3 たかの しんに ろせい かこ はじ & か &んざ こ y くて S 

生徒 忽ち 叉 彼 新入生 を 圜 みて なぶ 始む、 中に も 隣 坐の 子愴體 らしく、 

まへ ほか い つ まへ そこ る わた は こどで き & ほんどき 

い、 か 前 外へ 外て かくれ、 お前 か 其處に 居て ハ ね、 私 坐る 事出來 なくって よ、 御 本の 時 C 山野さん 

ざ いづ い、 たて をら. & どき _3 か いつ 

のか 坐へ 往 てるから 宜が、 御手 習の 時に ハ しゃう がな くッ てよ、 よう、 外へ 往 ておくれ、 ようよ ッて 

ば 

か あい て , つくへ た、 き せめ つ あばれ たさ を, y 15- に い た 4- f ^« 

^可愛らしき 手し なから 机 を ぼんく さ 叩て 貴 立れ no 哀. る 幼兒ハ 何も 言 ハ す 唯し くく^ 泣 出す を、 

ゆきこ また あはれ たも t ぶん ほん せきばん も その そば ビ *<b<y ざ こ むか 

雪 子 叉 哀に思 ひて、 自分の 本^ 石板 S を 持ちて 其 傍へ ゆき 隣 座の 子 k 向 ひて、 



♦i. ぎむら あ ズォ た をん & こ、 い や わたし V- ころ いで わたし こ、 ノ ^^-^t - ) , ^ .』>,、>, 

杉 衬 さん、 貴君 其檨に 此處が 厭なら 私の 所へ お出なさい、 私此 處へ來 るから 其 檨にゐ ち 目る ものて 

ハ なく ッ てよ、 

せ わ やきば 4- あ , あ を た こ、 ► わな.^ *^ つち ^ . 5 

なんお いか 世話 燒婆、 おや 貴君 此處へ S らッ しゃい、 私 彼方へ 往 くから 

ざ L ばら き や 5L.&e> きた この や 5 も み をの わ け ど ^ほこ に 义 ぶく や 二 ,に,, 

さ 坐 を かへ る も かかし、 暫くして 敎 師入來 りて 此檨 子お 見、 其 理由 を 問 ふに 雪 子 答へ て是々 さ 言へ:? 

き や たもて Mr こ 3- も ら さど 3 た ゆきこ も ど せき つ e ゆげ 5 BC ^1 こ/ろ ^ か ,^^^: 

敎師は 面 を 正して 兒供 等を德 し、 叉 雪 子 をして 元の 席へ 着かせて 授業 を 始めぬ。 雪 子 は 心 竊 に 何故に 

わた こきた か 5 たが 

穢多の 子 は 穢 なきもの 歟さ 疑へ 4、 

この ひ いへ かへ のお ゆきこ は、 むか け ふ がく.? あ 乂 ど 、 Ji^ & Dp 

此日 家に 歸ゥて 後 雪 子 は 母に 向; 3 て 今日 學校 にて 有. < ^し 事 を 語,.^ 叉 佝敌は 穢多の 兒は » きもの 歟と質 

もん は、 あ こどき わが こ せいしつ せん? や 5 よろこ 5& みだ "か * な" ^UL^ x> 、 らか 1*- 

問せ ゥ、 母 は 有. し 事 を 聞きて 我 子の 性質の 善良なる を 喜び。 涙お 浮べな から IK に 威 謝し ウ、 暫く 者 

て あう しが、 

&. ら か きな み か まへ み ほ: f V- . 

穢 なか ッた歟 機くな か ッた歟 お前 見なさ ッ たらう? 穢 なか ジ たかへ? 

s 、へ きた を ほか こ きけい ) 

否、 穢 かないの、 他の 子より 奇麗でした の 

それ 5 かこ こど たた ひど * &に きた- & こど i 

さう、 其で は 他の 子の いふ 事が わる いの、 穢多 ださて 人です もの 何も 穢ぃ事 C 有ません 

もれ こん さ -5 ち あ も よ かあさん かあさん 

さう、 其で ハ 今度 家へ 遊びに 呼んで よく ッて、 え、 母檨、 母樣! 

ふ じん へんど 5 ち 5 ち 上 わ £ もど いや W- いか 乙ゝら あた 9 る を かび ど 

夫人 は 返答に 躊躇せ.. y、 穢多な. て 元よ. 卑しむべき 理 ハ なけれ^ も、 如何に せん 此處等 邊の舍 田 人 

&ゃ 5.S く そ や ひどた ち むか t めいしん 5 わた こ わが こ ども -^^ k これ * ^ 

は 教育 もな き踩 野の 人達、 昔ょ6の迷信の失せ^1,れば、 穢多の 子に して 我 子の 朋友たら ん歟、 是か爲 め 

庭のお しへ 子 一六 五 











縛 




づ 


雪^ 


宜ま か 




ら 


去 <0 


It 


其き 


七 f 






ら 


野の 


此ぁ 


SI 




さ 


ね 


ぬ 


な 


我 力 n 
~f こ 


で 


歳つ 




く 


し 


夫 ふ 子 こ 
人 £ よ 


を 


は 




な 


へ 


が 


が 







耻 5 






力 > 


翌 f 承 春 
曰ミ 諾も 


兒& 


、 


勸 2 


ら 


キ、 


雪? 




しか 


び 


子 こ 




、 


け 


の 


母き 


: め 


m 


穢ね 






氣げ 


に 


な 




昨き 


な 


學カ/ 


を く 


淸窄 


1^ ん 




k 


多た 


か 




に 


か 


れ 




" ふ 


が 


校? 


與き 


& 


、 

今え 




開ミ 


ヒ 


な 




少さ 出さ ば 
し た' 〜 


さ 


話!^ 

,,U gf* 


ら 


の 


へ 


心ミ 




さ 


同 g 










甘 そ 


歸ミ 


ぬ 


よろ 


度 S 


寧? 


瞬 




同? 




頭? 


ね 


; に 


力 > 




傍き 


b 





f) 


連 5; 


其き 


を 


さ 


廣: 




をら 




爾こ 


へ 


の 


へ 


It 




響? 


て 


IS? 


破 や 






、力、 


幾 や 


や 






ゆ 


MS 






求き 


を ひ 


ぶ 


の 


ね 




し 


歲っ 


力 > 


古い 


o 


さ 


の s 






て 




る 








げ 


に 


は 


ひ 






穢ね 




る 




さ、 




田 ね 


中き 






か 




な 






多た 




聲 1 


宜そ 


る 


告 1 


は 






、 






が 






の 




n 


ク 


力 > 


事 ど 


れ 


< 










ら 






子 こ 




恰§ 


て 


宜き 


に 




遊》 










其き 










^か 


、 


歟か 




人き 


n 
/ レ 






へ 




子 こ 






誘 5 




天无 


% 


)£ 


h 


X 


や 

、 






9 




の 






61 を 




の 




ゆ 


れ 


b 


か 










貌ほ 






て 




反? 


% 


躇た 


さ、 




















歸ミ 




響复 


、 


a 




忌い 


れ 










見み 

ノし 










の 5 


%、 


し 


、 


ま 













れ 

ば 






ぬ 



玄! [ 




如き 
、 


な 
し 


が 
、 

お 


此ぁ 
身み 


る 
ゝ 

1 ど 












色ミ 

白き 






關^) 

は" T> 




母? 




さ 


女 1 


















^ん 




の 


Hi 


な 


の を 


し 












< 






h 




疑き 


子 こ 


兒& 


事 ど 














丸 意 






が 




懼く 


で 


は 


な 














貌 S 






る 




心, L 


す 


甘 そ 

:?^ の 


れ 












に 






や 






1 


心ミ 


ば 


は 


















否 g 




打 1 


、 


好 は 




れ 












て 






や 




破 や 


宜ょ 


よ、 


#? す 












兩^ 










ぶ 


< 


b 


親? 


我 g 

み 

て 

其の 

な 

b 












の 5 






方た 






ク 
















目め 






の 




ぬ 


て 


淸! 


し 












の 














け 


て 












さ 










母? 


% 


れ 














へ 






b 




y ヽ 




ば 


雪? 
子 C 












さ' 










覺 § 


% 














へ 






mi 




X 






の 


















只! 




す 






m 












し 






今^ 






















た 






ピ 




わ 






を 4 












る 






先 ま 










あ 72 



庭のお しへ 子 



1六 六 



It 穢ゎ 


な 


や 


か 

枚 5 


_ > ひ 

ど 




nn た 


し 


ひ 


2* 
t. 


JtLi の 


*、 にち 


1 » 


古 い 


お 

《ち 


さ 





の 


y 




な 
さ 


よ 


产、、 

へ 


z よ 


口 ひ 




お 

® も 


jr 1 
(A 


さ、、 t 


土 




ルせ 

生!; i 




二 


ソ 


A 
ク 


さ 


A 
V 




f 


ら し 
はろ 


ソ 


る し 


レノ 


1 め 
し 


m 




ノ 、ん 


ズ 
な 




含ま 

M づ 


U 


h 


ど 


TP 






ク 


ii、 




- おは 


V 

JL 




^ し 
忠ぃ 


し 


グ、 


し 




A 

9 


わ 


さ し 


七 


7、、 
七 


中る 


むれ 


A 

9 




V. L 


さ 


o 


ゲ 
に 


天 




一 f- L 
ナ 


す, Y - 

ど if 


な 




ひ 
• ど 


'ヽ 


ハ 


も i? ふ 


/^ば 

外、 
ィ王ゅ 


八 ひ 
ノ 、ど 


BLt 

もれ 


ィもか 

傲の 


K> 


甘 を 


Z よ 


、 の 


A 

9 


い 

7 3 


人 


さ 


八 た 
ノ、 ん 




a) 


m 


や 
ふ 


ミ惠へ 

ん 


si ?、 


何 ^ 念 2 


け 


V i 




懷 


ノ V ん 


レン 


ホ、 


右 あ 


"^た 


をた 
多 


A 





mt 


時つ mi 


な 


兄 


、 

し 


夕な 
多 






ナ 


け 


の 




さ 


ぁヽ 


It 


の ら 




■:fii せ 

里 5 


X 


*o 




vD か 




る 


博、 


で 乙 
十 





り 


\ 


代よ ぎ 


お 
れ 


の 


ィ iT, か 
彼? L 




笛 だ 
菊い 




爭ど 


よ 


•J て 
, よ 


ハ 




る [51 2 
纖 




よ し 


は 


お 




カゝ 


\r 
ic. 


S み 
兄 


)> 

K 


A 





し 

屢 f 






L 

IL 


り n 




US c 

ゆ 


Q い 
'じ、 


=r2 て 
入ん 


せ-そ 

の 




ォ— 
ず 




八 ひ 




A 

9 


«^、 
じ 


歟か 誠き 


此の 


7r ん 


tC 


性い 

焚 ひ 




> 
よ 





>! ^れ 

憐ん 


あ 


乎 ゆ 
"^き 






"V 


M にど 


影 S 
響 1 


る 


M も 

るの 


ar 


A 

9 


わ 

I こ 


み 

憑ん 


V\vi 


"21 こ 
于 




-iir t 
んば 


! (し 


非び 目め 
人 さ 出で 


隱の 
腦? 


サ f 

《 




ほ 


么% つ 
矛' s ひ 


k 



V) 


ん / 
や \ 








ぽ 
は 


せひ 
; g 、い 


imi 


f 

\ 


し 








も、、 


牵ゅ 
垂き 


« ^い 
尔へ 




ェへ 


雪 f 

ェ こ 
ナ 


^ 度た 


の 


《 


1 き 


や 




みこ 


1 ^ふ 


ナ 








し き 


て 


山 A 
中 6 









ini を 
,1/1 に 


ム 


2w か 

"b ふ 
大 


K 








て 事き 


廿を 

::^ の 


に 


71 


質つ 




^レ 


a み 


き" # い 


ズ K"、 




CA 


T 1 


せ 5 


m4 


ハ 


/、 
9 




k 



に 


7、 


ノ、 ん 


み 


に 




の 

登 》 


ム 
マ 


めし 7 


ml 


機。 




> ^よ 

容 6 


7c 




よ 




お 
れ 


尔 









け k 


等き 


タ 


日 こ 

是 


ほ' 

Mi 





し 


A 


て 

入ん 


て 


Art 
れ 




魏る 


X 


ん 、 


) > 


ど 

ョ, い 
ぬ、 


れ 


\p 
c. 




a; 


田 さ 

里 ど 


1±も 




-ぽ 
は 




い 

P 乃 ざ 


、さ 鳴 5 


L 

及 S 


ヒ 


i, 

Z 


//U か 


タ 


n び 
ノ、 ど 


は 


傲 






v\ ひ 


CA 


幸 S 呼、 

k ひ 普 ふ 




HQ も 

m 




やの 
え i 




• 


Q み 
兄 


タた 
多 


难ゅ 

雰 a 




纏 こ 
f# ろ 




ひ 


の 


> 


て 


ら 


Mia 
宋^ 




な 


44 む 

村ら 


ナ 




71 -* 


京' 
暴ら 

き 


歡 %1 


て 


A ね 


ダた 
あ 


る 


士 

す 


r 、 




【'こ 




ふ- 




A 

9 


等ら の 






\ 


V 




グみか 

%\ 


し 


jn 1 


號ぁ 


77 ま 
乂た 






- ゝ 


明 5 下 あ 


A い 


ノ か 

\ な 


の 





+J;4> 


ら 


て 


ひ 


ひ 


廿 

象へ 




乂た 


ゆ 


治ち' 王? 


ハ 


《 


ボ; [ん 




の 


自き 


•fe ふ 


T 


【こ 






\ 


の 土 ど' 


ィ tfr か 
恨れ 


> 

S 


Tn へ 
も 


之お 


ル せ 


•> か 
ら"^ 


A A 




ゆ 


Z 








US It 


AA- ら 

等ら 






に 


体 ど 
添 乙 


VJ 


*- 


れ 


さ 


肯ど 




魏せ 
顿ん 


=p: あ 
人! 




の 


穢ゎ 


Y\ 


親た 


等ら 


中 S 


f! も fl あ 

嘲 g 


) > 

に 


に 


パ 
つ 






野 


It さ、、 


兩^ 


^た 


=PP わ 


、 

し 




I' こ 


4^ わ 
笑ら 


力? 


る 


お 
i レ 




ゆ 




生 1 る 


称 し 






ケ 


—ひ 

ど 


も 


rk 


の り 








す 


專 i 


れ な 


のん 


ふ 




之れ 


ク 


穢ゎ 


て 


許^ 




終 2 




ぶ 


Mb 


て く 


腦? 


文 も 


{ 






多た 






此こ 


に 










膪怎 


字 e 


さ 


愛 5 


m 


衬な 


種 さ 


h 


處、 


は 




な 


まひ 
ろ 

け 


我 S 率き 


It 




其き 


し 




往? 


々く 


の 


に 


4^ む 




さ, 


:w 


% 




子 こ 


て 


の 




助 2 
力 1 


又! 




し 


れ 


君? の 


mk 


くた 






m 


來 5 


わ 


多 S 


の 




て 


ばお 


の :m. 






學 力く, 


果? 


&母 


す 


る 


をく 


< 


朋ど 




タ? * 


幼? 


mt 王? 


民え 


咏み 


校? 






る 


口 4 


m 


の あ 


友 も 






a を 


れ 
ぉ< 


t 


の 


へ 








1: 


へ 


• ^れ 






の 


等ら 



庭のお しへ 子 



1 六 七 



庭のお しへ 子 



ニハ 八 



よく こど ふか あにた つど 

k 浴す る 事 深し、 豈 貴から す や 

あだ. J こどば さておく あまの ふ C ん い. ^わい わが 《ye L ん へいみん ぃ*| 



? fttcau はさて おく 《35 グメ よ .S 々わ. & わか «A しん <-.s みん いや ねん 《 'も 1* こは e せい LA 

閑話休題、 夭 野 夫人 は 意外に も 我 四 憐の新 平民 を 卑しむ の 念 薄らぎし を 見て、 之 も 時勢の 然 らしむ る 



どころ か かん かへ つ をのみ BL をの; よく ひビ こど L さ 5V こ. e ら こど ふ ci 

所 歟ど威 卜、 却て 其 身が 端な く 其 動力の 一 ッな. し 事 を 知ら^る もお かし、 去ながら 是 等の 事 は 夫人の 

み ど をん ビく しつ こど ふ じん ものみ ほ、 ひど つどめ 5- なき こ き & -5<; く ちう い 

身 取ゥで n 何の 得失 も 4^ き 事な. cs、 夫人 n 其 身が 母た る 人の 勤 さして、 一 意 雪 子の 敎 育に のみ 注意し 

^ をれ もの てんしょく たは そのこ ど こ、 ろつ く ち t さ 

て 有れ は、 其に て 其 夭職ハ 終る なれば、 ; 3 た すら 其 事に のみ 心 を盡せ A>、 されば 健やかなる 愛らしき 幼 

^tt せ S ら. & s か しゅくじょ か は、 のケみ ,4/ る e や. あほ さ? -w ひ き 

兒 n 將來、 如何なる 》 女 歟^ るらん、 母の 望 をして 水上の 泡^ こらしめねば 幸 な 4 さ. ながら 記者 

^ みら. &こ so だんてい がた た 5- げん のべ この ものがた & きょく A も ム t ん 5 つ 

神なら なくに * 求の 事 ハ斷定 し 難し、 只 一 言 を 述て此 物語の 局お 結びなん に、 4< 人が §|| こに ゥて 



* S せ 5 <■ この さど ぴど 5 ち をに ぴど そら はれわた ひ ゆ *..>れ て よか おも 』 

年餘の 星霜 を經 た. y、 此 里人の 中 何人な Ass も、 天晴 渡る 日の 夕暮 k は 夭女歟 さも 思 はる、 優美の 婦、 



人 さ 愛らしき 七 八 歲の女 兒七八 人 さの 一群が、 やさしき 唱歌 節 面白く 四が のぎに 反響 させつ ゝ、 の 

ほそみち そ、 ろ あるき さ 5 ちか も は わん 2> お み 

細道お 漫 步 する 樣を打 霞ひ暮 煙の 中 i£ 見る なるべし。 




® 鄭丈麓 乙 羽 庵主 人 

((其 n 

わ わ も ひど こど、 だん & こど、 を ひど みや WJW *& が ち らくく わ か くちばし 

我が 思 ふ 人. うやな しゃ。 言 問 ひ 團子言 問 ふに よし も 無く。 人ぢ らしの 都鳥の 流れ 散る 落花 を嚙み 嘴 

いろ あい じんけん げ 《 'を づ *5> みこ かち か れいせいて. S か ふで ま をが ひ あや 

を 彩. $J る 愛らし さ 人 言 を 解す か點 頭いて 波に 古歌の 傲ら li 曰き ハ、 冷泉 定 家の 筆 を擬ね 長引いて 怪し 

) たけ や わたし たけ や み . ** つ s i る ゆ 5 ひ て と かげ V, ろ わな み をれ ざ ほ ゆ 

げな ゥ0 竹 厘の 渡 塲竹屋 も 見え 卞 待 乳 山の 森 夕陽に 照 A- て 木陰 黑し 渡 4 にさす や 水 馴棹。 往きに は 

や ばし げ St の かへ こ. L を 上く fj んケ む, め く f わた tt をび ど K>jb こ て ふ き や < 'がい 

柳 橋の 藝妓乘 せて。 歸. CV は 腰嫋々 の 新造に 娘。 をれ で功德 になる 渡 ふの 舟人、 花なら ば 蝴蝶^ S ふ 境界。 

くらし ひど ち き© あし は をみ ひビ むれ スチ? >キ さき ひさ &く、 つ い しょせ. S つれ 

さてく 活針も 人 さま-^。 千鳥足の 花見 一 群 洋 杖の 頭に 瓢溢. 付けし は 云 はで もの 書生 連なれ.^ さ 

げしゅくや なかみ ひ こ&ど め おん., = 'たく み 5 こ <ぴ かたむ をん をた いふ みぶ なを 

.o^ て は 下宿屋の 賄 にか 小言. 召さる、 御 方々^ は 見受けす。 小首 傾ける n 女 太夫の 身 振 6 を學 びて 

, むかし はんち よ まへ はたけ あ ふ JSi.g ふ をび ど よ よよ か は 上 y-b か 

か。 此處 古: ュ :3 ならば 班 女の 前 か 葉 竹に 扇 結 はれて 舟人 を 呼びし -。 世が 世 なれば とて 鍵った 世の中 

.> ち こ ほ の S- あ ひ ら i-e ん こんれい ざ c^e 6 で あ 3. がた もの みめ々 V い しど s-a ふね を か ねが ねん 

さ 愚痴 溢す 乘 合の 老人、 娘 鱧の 座に も數珠 持って 出る 有難 者に て 三 圍の石 華表 を 舟の 中に 拜ん でさへ 〈ふ 

ぶつ 3* あみだつ f たか t ゑ は を しょせ. S み 5 る さ したくお びる か te か はんだ くん & おせろ 

佛 申す 阿彌陀 通の 高聲に 談話し 書生 見て 五月 蠅げ k 下唇 嘴む も 可笑し。 r ャァ 半田 君 何う も 驚いた 實 

«- つ よ ち 5- つ <J よく よ ち たも い せい f れ, る 

に 乙れ 立 難の 餘地. 1& しだ。 「立食の 餘地 なし,... 恐れ入った。 西洋 料理お やわる まいし。 をれ ハム、 うど 

わが さ. r- み こし M. ゑ 5.J.J ろ へいから % こど、 だん £ ケ くぶつな は や ほ まつ くわいせ きく わい け S 

吾曹が 御 與を据 る處も 無い のに は 閉口お や。 さう ^云って 言 問 ひ圍子 俗物 多く。 八 百 松の 會席 會; 

げんぶんいっち 3 た L や 5 をむ. & かけち や、 さくらち や ほ X, わい てき さま ビほ 

言 文 一 致つ …… 」 の 沙汰お や。 仕樣が 無い 向 ふの 掛 茶屋の 櫻 茶に 微醉の 敵 を醒さ うぢ や^い か。 オイ 遠 

都 土産 一六 九 




都 土— 產 I 1_ 1 七 〇 

■5- -讕-|疆翻ー 疆 一一 一一 誦 一 一 --■ i 一 -漏ー—8|81^^^— B^— — — ■— — — B— 8aB8—aaBaaa—al—— 8— —B— a— — 8— — 1|8——-8— 

やまな つ てッ がく L やき さ をせ だ ゐ ど ほや ま きみ くび ひね かんが f( C か 

山 乙に 哲舉 者氣 取って 何故 默 止って 居 るんだ n レサ 遠山。 君が 首を檢 つ-て 者 へる さいふの は 抑 も 自家 

f^f は& し ひどみ くん ま づビ W か 5 あん ひつ わ 5 がく <1 せんせ S- ま さか K ん e や. r- てつがく 

撞着の 話ぢゃ 》 いか 人 見 君 »ら 未だし も圖 取の 考案 さいふ 必要 も わるが 法學士 先生 具 逆 人情 哲學ぉ 

けん & 5 ひつ わ. 9 ひどみ くん きみ ね <^ さん も _0 し うれい しょうち き - 1 た て .&» くこ 5 か けい 

硏究 する の 必要 も あるまい。 チ. '人 見 so 君の 敌鄉は 山水 秀靈の 勝地 だ^ 閬 いたか 到底 墨 江の 好: K に 

ね 上 けんぶん ひろ たいど ^ きみ! iJ むか ほ ほ &5 で 5. /\ れい 

や 及ぶ ま so 見聞 を 博め るの は 何う しても 大 都で 無くち やい けない。 君 何う だ 向 ふ を 通る 蒲 腰裊 々の 令 

ちゃ 5 ^ み び じゅつ げん もく か を る ふ <- ケく わが さ <- ひどみ くん もくてき C ゥ 5 らゃ > め: み みゝ 

孃。 何う 見ても 美術の 涼 則に 適 CV て 居る 風俗だろう 吾 曹は人 見 君の 目的 は實ふ 羨ましい。 眼に 見 H に 

き こど. f ひクど 5 ざい.? きょ 5 ち $ む e んざ 5 ビ ほや まくん きみ ? 

聽 くもの 悉く 筆 刀の 材料 さ » つて。 朐 中の 無盡藏 € な るんだ からね。 遠山 君。 君 もさう 思 ふだら う or わ 

しか び じゅつ ざいれ. 5 せんたく. S かん よ はん _0 だつ こど »fi t&y み び 

ァさぅだく3^»>美術も材料の馔擇如何に因ゥてはをの範圍を股する事がぁるから。 强ち何 を: H 儿ても 美 

e ゆつ ざ S れ 5 い ざいれ 5 わら び eg つか だい ひつ わ $ f > ちう い ^« 

術の 材料 云 はれな S サ0 だから 材料 を 撰む の は 美術家 第 一 の 必要 か S 思 ふの だ 「然 りく 注意 到 

つく ひどせ み ひビ ひど み ひごみ くん じつ たせろ 

れ. 盡せ ANO ャァ 乙の 人 は 何う だ 花を兑 すして. <o 人 を 見る か 人 見 君實に 驚く:^ らう 

は&、 かれの かへ むし 5 むかし しの か tiS を か ほ& あし むか ふ e ほ で ひど やま をみ S 

花無くば祜野歸ゥの虫賣.<=^に古昔忍ばる片田舍も花ぁゥて乙を足も向島o 出る 人 は 山 か 波。 さても t-s 

は * &ひ どひら ひど 《- あ ゆ た 、 ft ど ひ &ど は み ひど a. & こゝろ 

た 60 花 1 片 AJ 1 人に 當て ゝ は。 花の 多々 に は 劣るべき も さり € て 日每の 花見る 人に は 花の 心 もさ ど 

いら 

ゃ忙 がし 

K つくば ^3 わが 3、 もの はんき fctf は &み ひど 

惜 くらし ゃ筑 波の 山の 我儘 者 人氣 よい £NJ ゑん やら サ サ 、よ 乙な。 ^跳 6 どよめく 花見の 人お 

たか や 》* た y を -oy ら かもみ ころ も< お あ ふ いだ かせ あた、 もみだ が K はら >* み 

高い 山から 谷底 睨み 霞の 衣 口に 當て ク K リ )(.-„ ^吹き出す、 風 暖かな 隅 田 川 腹 をよ CN たか 波のう 

もき あづま 3 くらばし なや むつ &ビ& > みかせ IsJ はらみ ほ ぶね 3 

ねく 名 を 聞いて さへ なまめかし、 吾妻の ほ^. に 枕 橋 閨の 睦言 波 a 立た 卞 孕んで 見 ゆる 帆 かけ 艄。 



ヘイ 舟が 着きました。 「ャァ 非常;^ 陽 氣ぢゃ クイ。 , 

ふね で さん! a ん はんだ を X! こ を つ ら 5 こ やつ もの くろ ゆ ふきつむ ぎ あはせ くろ を、 

さて 舟から 出た 三人。 半田^ S ふ 男 名 は 通 次郞。 此奴な かくのに やけ 者。 黑 すんだ 結 城紬の 袷。 黑七 

こ B ss. さが ん はかた をど こ * び ろ やまた かばう し かむ どし > twZ ひん い い ろしろ め 

子の 羽織 シッ トリ S 下る。 納 博 多の 男帶 黑 山高帽子 を 冠ゥ。 年 は 二十 二三。 人品 を 云へ は 色白く 眼 

あつ ばれ かう だんし SJ こ ふく #4. け は を 3SSJ げしゅくや はる げ ちょ かげ 5 はさ 

はバ ッ チリの 夭晴 なる 好男子 佝處 やら 福助に 似て 居る よさ は 毎度 下宿屋の. か 春 さ. S ふ 下婢 か 陰 * な. 00 

つ ひどみ ちか を わかもの ま あさく さ ふため づ , や 3 た , い づ * 5 を か もこぶ け む- * こ 

次 は 人 見 親 雄 さ S ふ 十八 九の 若者。 未だ 淺 草の 富士 珍ら しかる 山出し なれ ^孰れ 田舍 では 頗る 家の 息子 

.A ぶ r ふ < ど<-3- い わん ど ほ かねめ t&ltj ま つむぎ は を わき した あ を か 

株. るべ し 衣服 も柬 京に はチ ト綠 遠けれ^。 金目の わる 瀧 縞の 紬の 羽織 は 脇の 下 五六 寸 明いて 可笑し 

V15 やまさん の もけ しまら f や や AT ふく を、.: こ よ ス ーヅキ ふくべ もの ほ かろ ま かけち や、 t や i 'ぎ こし 

f.i 山 蠶之助 縞 羅紗の 洋服 男らしく して 好く 洋 杖の 瓢 物欲しげ k 輕 し。 先づ褂 茶屋の 床几に 腰う ちかけ 

あくび ひどみ w やて かほ あ ほろ わ S ねつ はか の & くる 

やれく さ 欠伸せ し 人 見。 兩手を 顏に當 て、 微醉の 熱 を 量る。 「あ ッ吞み 過して 苦しく ッ ていけない。 

くる 上 わ やつ 5>< ほや ま き み 50 も だち が ひ を かいほう か あい 

「十 11 苦し so ァレ ばか. で 弱 S 奴。 「チイ 遠山。 君 は 朋友 甲斐 も 無い。 介抱して おや. よ。 可愛 さう 

ほ つ » つ お VJ を ゐ ねへ おや く 

か 坊ちゃん を ::: 「十 11 お 坊ちゃんお 「まァ 大人しく して 居た まへ。 ァ。 ジレ姊 さんが 茶 を 吳れる 

しっけい fts - 5 やちき たも い 

ぢゃ ないか。 r コリャ 失敬。 「ホ、 、。大層に マ ァ陽氣 で ゐらッ しゃいます? >さ0 「恐れ入. ました C 

け ふ ぼつ いつしよ き せわ しゃ 5 はんだ X 

今日は か 坊ちゃん.^ 1 所 來 たら 世話が やけて 仕樣が な so 「半田 チイ 止さな いか。 「あやまった く 

おこ ひどみ つ si h や を 《>J ) むか. & 

マ ァ^vんなに怒るナo.«人見^v^cくぷ^^くさせぅo 遠山 は 何う した。 ャァ早 S 男お。 ナ 11 向 ふへ 行ッ 

ねへ しっけい 

た。 姊 さん 失敬。 

ひ ばお かげ ひか んくゎ ちゃ ゝ を あいさ, r- つく かへ 

火鉢の 隙に 光る 銀貨 茶屋の 女 愛想 造って。 か歸. さま 引。 



ゼゎ と、 XLe ばり かけち や、 ちょち ろ か あかた き か ひどこ ゑ 

見渡せば 此處 にも 葭簀 張の 掛 茶屋 あ 6 て 女中が 懣 くる 紅 樺の か 掛けなさい^ 引き 止 ひる 聲も かしまし。 

こ &t=l わら づど 5 め わん ま ち ざ S げ こ .C や こ L^^vl^v はんめん さ 5 5 し ご せんちゃ, r めい <r> むれ 

此方に は 藁 € に 刺す 目 かつら 賣。 閻魔 地藏下 に 上戸。 種々 樣々 の 半面 相。 牛の 御前 長命 寺 は 一 群む 

だ ひど やま おやばん げいにんお は£ビ む こ かみけ した 3 てぬ 々ひかぶ さくら りん も だ た、 てぬ 々ひ くび 

ら 立つ 人の 山 G 茶 翁 は 藝人鬼 事 は 娘 ツ子 や。 紙 芥子 玉の 手拭 被. 00 櫻 一 輪 染め出せし 疊み 手拭 を 省よ 6 

か ちょ ど まへ む も も. * そ は L を ひ ち 《- めん をが ti ゆ K ん か あい たれ かく か かぶき もん たく 

掛けて 一寸 前に 結び。 裳 端折. C 'て緋 縮緬の 長 襦祥を ひらめかす 可愛らし さ。 誰が 隱れ家 か 冠木門。 奥よ 

C つ 3 &ど ゆか きみ 5 らゃ にん わら かた あり か をた ほろ わ. S は K ザみ 

ろ 滅る、 妻 琴の 床しき 君の 羨まし さ。 三人 n 笑; 3 つ 語 A 'つ。 を >H :步 くに。 彼方よ 6 微醉の 花見 一 トな 

30 ほや 》• もさ み も ねだ にんき おも くっさき ふ い もの 

だれ 遠山 は 其 を 避けん さ 身 を 反る を。 ドャく さ 押し出す 人數。 思 tt 卞 靴の 先 を 踏まれ。 痛た や^ 其 

ひどみ わち ゝ お、 ね 5」 ろ たも、 ち さんの けけ がけが つ ぃ< はん 

人お 見れば 我が 父な. >o 父 は 驚き L 面 地。 「蠶之 W 怪我 せんか 怪我 せん^、 さう か。 連れ は 幾人ば か. 

はんだ くん ひどみ くん にん 

だ 「半田 君 さ 人 見 君^ 三人き. * ^です。 

さんの #4- け あど か 7 ふたり よよ あ きみ L つ こ 、 ちよつ ど はく ち、 せ 5 かい 

蠶之助 は 後 を 顧みて 一 一人 を 呼び。 r 宜ぃ €rJK- で 逢 ッた。 君 失敬 だが 此處で 一 寸 僕の 父に 紹介し やう。 

もどつ w や、 r くん ほく せわ * はんだ くん ひどみ くん わたく さんの をけ ぉゝま 

父さん 兩君は 僕が S るく 世話になって 居る 半田 君に 人 見 君です。 「あ ゝ さう か。 ^ ハ 蠶之 助の 父 正 

はる あ を い がた ケん わたくし はんだ つ 5e ら 5 ひどみ ちか を 

春 。チト 遊びに お出でな さ so 「あ. 難う 存 卜ます。 私 は 半田 通次郞 …… 「私 は 人 見 親 雄 …… 

ふた & こ^i^ そろ ぃ& を y ぶん- け ゆ わが 

二人 聲を 揃へ て。 「以後 は 何分 御 敎授を 願 ひます ♦ 

あいさつ を K ど ほや ま! S3 はる ぎ よしや .T* &が か をた さ おも りゃう ば しゃ まくらば し つ を sfj ろ. がた 

挨桜畢 -ilg 山 正 春 は 駭者を 促し 彼方に 去 6 ぬ。 思 ふに 一 輛の 馬車 枕 橋に 繫 ぎし^るべし もの 後 姿 は 

くろ やま たかは あやら しゃ モ.' 11 ングコ I ト まんにん ち ひど a-K め だ けだか 

黑の 山高帽子 。緩 羅紗の 洋 服 は 萬 人の 中 一際 目立ちて 高尚し。 • , 

び e んさ び 4J んきた き Ji! もの ね ほ び じん みや、 J& ひどみ め てんにん かい がん せん L t> や 3 

美人 去 .^美 人來る 來る者 は 多く は 美人 都 慣れぬ 人 見の 眼 はは 夭 人界か 眼前に また チラ リ。 叱ッ 邪魔 



ひご ざんねん み?! Js- かみ おど I の を e かく あづま げ^ たど かも か 1 ゆた ひ >」 かげ ^マ > ゆ,.' . > 

な 人な だれ k 殘念ゃ 翠の髮 は 跳る 者の 釉に隱 され。 柬 下駄の 音 微かに 彼方の 人 蔭に 響く。 床 かしき もの 

*» み ひど たく te く ちつ は を ね も み れん たく は を こなや のこ を み, 

は 未だ 見ぬ 人の 奥。 奥に は 美く しき 花 ある^ 思 ふ 未鍊。 奧 のみ 花 は 濃 かなら ね 殘. CS 惜しき は 見えぬ 

奥な. 00 

は を々 も 《- をら ど かく あ あ こ か S きぬ、 》• き や む をめ ほる さめ をみ だ かへ 

花 曇の S 觅角當 て k ならす。 當て 込みし 借 衣 濡らして。 a 屋の娘 春雨に 涙ぐんで 歸る はま >- ある 事 さ 

ふ かへ を は Is- み ひど くせ み つくば ね <ろ く も は 

れ^ ポ ッくさ 降 6 か、 ら ぬまで は歸る 惜し さに 花見る 人の 癖。 見る く 筑波峰 J^o 黑蛛蜘 の 這う か^ 

み てん あみ H も た ほつ ぶ あめ ま みづ た ど .S き ほひ を ふ 

見れば。 一 tKJ^ 網 を や 張 6 けん。 はや 拽れ か、 る 大粒の 雨。 先づ 水の 昔 k 勢 を 添へ て。 一 ト しき.^ 降 

き 5 ろた もの 5 しほ わ きし ひた &ど き ら よ, V ほ む もめ きん. L ゆう をび てぬ.! > ひ 

來 にければ。 す はやさ 狼狽へ る 者。 潮 湧きて 岸 浸す 如く。 綺羅 粧 ひし 娘 も かうな. て は 錦 繡の帶 手拭 

かく き ^ L んケ も,4^を はさ を か もよ S- ちゃ、 -«ALft あまや^ ひさ y んみ い 

に隱 され 氣 取る 新造 も 裳狹む 可笑し さ。 最 寄の 茶屋 門下 は 雨 宿. の廂^ な ゥて。 三人の 身を容 るべき 

ひど お ひど はさ あゆ 3 くらばし へん いた はんだ KB > きつ - 一 

隙 もな し。 人に 押され 人 k 挾まれ 步む さもな く 枕 橋の 邊に至 A,.o 半田 は 俄かに 氣の附 きし か 連れ を 

かへの は を ひどみ か きた ど ほや 3 きしこた あめ はげ 

顧みれ はかけ 離れて 人 見の 駔け來 るの み 遠山 ハさ 聞け^ 知らす さ 答 ふ 雨 はます く 烈しくな 6 て 

つね 5 る m、 くるまや あ. JIS- ど にら こ をた み む くるま か を のこ .* く こ 

常に n 五月 蠅勸 める 車夫 も。 足元 を 睨み 此方お 見向き もせす。 はゃ車の數も殘6少な^^^4^>れは0 是れで 

ど ほや ま さが ひ 3 を はんだ はや ^1 BL はし ひどみ ほろ 5 ち か" 

はならぬ^ 遠山 を搜す 隙 も 無く。 半田 は 早く も 二 挺 を やさ ひ ひた 走. y に 走らす 人 見 は 母 衣の 中に 隱 

あ づ 3 ばし らんかん >ib か ひどみ 3 さ ほろ わい くるま , かん は 

されて、 吾妻橋の 欄 千 半ばまで たやお ぼる く。 人 見 は 未だ 醒め やらぬ 微醉を 車 k ゆられ。 アツ 閎靜 な 

どころ にぎやか ひ VJS- & 3 を ゃゐ はや こ、 さくら 1* が W んゃ 5 $ 

處 だ。 …… 熱 鬧^^ 獨 言つ 間も無く。 矢 を 射る 早 さ。 此處 にも 櫻が。 さても 長い 一 軒屋。 大丸は 長い^ 

きこ こ 3 くち きゃく さま 

聞え たが。 をれ も かく 此の間 口に は。 へ, 4- 客 檨引。 

, 都土產 1 七三 

」_ 二- BJ]T— m^n— — ^uraa— ■— n 



土 



七 



„> ^ん ど. 5 は を あ いつ ひく あき こど ふしぎ ひどみ f っビ 3- ね か 

れば, 萬燈は 花よ 6 明けて。 何時までも 日の 暮れぬ は 呆れ。 事の 不思議;^ 人 見 は 恍惚。 ま つくも 可 笑 

ひどみ くん あが こ ゝ ざ S れ 5 

し 「マ ァ人見 君 上. CS たまへ。 此處も 材料の 一 ッだ。 . 

((其 二》: 

きな わ A y» た、 かたさきいた おも ほ;^」 へ のち そこ • a び, おゆ. 

後 朝の 別れ 際に ポゾ さ 叩かれし 肩先 痛し さも 思 は^... ^しが。 程 經て後 ヰ ュ其處 はか. ^痕れ しゃう は覺 えて 

き タて あ 5 かせみ な よ L たも く n- め かせ ひ AJ で 力 ほ 5 S 

氣に. すれば 堤の 朝風 身に 戰さ 染みて 思 はぬ に 嚏 ニッ 三ッ。 風邪 感 S たかさ 袖 顔に 當 つれば。 床 かしき 

S つ. いふ にまい わ もで むつ &ど 上し あ t く かへ L を 

移 ゥ香弗 さ. Ii?;S 出で \ 我が 袖ながら なつかしき に。 睦言の 善 惡を繰 返しての 品 さだめ。 くす. く S 

? ^3 5 しふ む か み 5 やむ や うち に ほや #4^なちゃミこ.,けぃ あど む を わだち 

笑 就 つく て。 後 振, ^向けば はや 霞して 無 耶無耶 の 中。 情く や 車の 早 さ。 翠帳紅 閨の跡 も S しく。 鱲 

A ろくく おどみ きざ を か を &りを い こビき こど , 'ゆ ふべ ゆめ 

に嚙 まれて 轆々 の 昔 身 を 刻む。 さて 何ん さして 期く 名殘 惜しき。 云 ふべき 事 聞くべき 事 は。 昨夜の 夢 W 

き B づ ひビめ しの あ こ ひ. & ズザ さけ か きゃく い . こ ちらき &き 3、 

消えた る箬。 乙れ、 が 人目 を 忍び 逢 ふ 戀さ云 ふで もな し。 情 を 買 ふの 客。 云 はや 此方の 氣隨氣 儘。 さ i 

さ さ かぎ がい *; の そまで- J ど を じみ かさ こちらむ 5> ま 5 

て 沙汰の 限ゥ W 1 槪に 云って 返ければ 夫れ 迄の 事な れ^。 rJ れさ 馴染 を 重さね て 此方の 無理お 具に 受け 

きょ 5 を ◊ さ こ ひひ ど L あ みら こ おら *& さけ ゥビ めぎ みづ くさ L お 

さすの もまた 1 與 慰みに 戀 する 人 は S さ 知ら 卞。 彼方 も 此方の 情に; 3 かされ 勤氣の 水臭き 仕 打 さら 

はも たが ひ &ぶ こ ひ S くつ しんそこ かた あ かく だ ひも ど 

'さ 離れて 互に 五分く の戀に 理屈 をつ け . 眞 底 しんみ As の 語 6 合; S に、 隱し 立ての 紐 解きて たさ 

みゝづ が き やつ て せ 5- し たら よこば 5- $s 'や ふだ この どき こ、 ろ 

へ 蚯蚓の よ ばへ 書きで も。 彼奴 自づ からの 3i 紙^ 思へば。 よし 橫 張に する 賣屋札 も。 此 時の 心 は どく 

s れ f ゆび わ あね さあ あさ さけの ^5 いん きみむ;: J を せい 

rJ ん 嬉し かるべし 、す 尾惡 るく 逢 はで 寢て覺 めし 明けての 朝 洒 呑まぬ に 溜 飯の 氣眛胸 わ き 折 誓 

し かた もみ も. J てば さみ き きざ くお の くだ むねね ► の 5 がき 

紙の 片隅 少しば か 手缺に 切. 刻み 一 口に 呑み 下せば グ I ジど胸 押しつ くると なかく 能書に も 



&、 め もの ひ 3 、J ほん かげ 5 はさ ,-け あ ひ 

無s功能ぁ-T^てo 其 日 は 先づか 三^の は 御飯の 陰晴 さる、 と請 合な. 

As ほ ろ ほろ ね ひ つ、 わ ひき げん いさ かんだ S おへん あ こぎ れい げしゅくや 

車の 母 衣に 微酔を Q ひ これどホゾのは^c醉機嫌でo 勇ましく 神 田 小川 ra 邊の 或る 小奇麗なる 下宿屋の 

のきした よ こづ にんの S- かへ こ ゑ だん を さの を か へいき か は た t-ss 5 

擔 下へ 潢 着けに つけし 二人 乘 か歸. 引の S ばか. は 旦那 殿め け 中で は 平氣な 顔で 唯今 ホゝ さの 受 

て, た ; Kt( くる 2 ね ふたり しょせい ま S5iJ がた ひ かへ くるまや はし & だん しゃ 5t> 

け 答へ 莞爾で 車 を 下. CS る 二人の 書生 每度 あ. 難う で 引き返す 車夫 OKyf の 檔子段 、カラ リの 障子 

ビこ, I ^ ひどみ ちゃ <- だん を か あい つめ 

1 ャァ床 か …… 「ャァ W>J さう, たんよ ゥッ 何う した 人 見 「串 戯ぢゃ 無 S 可憐 さう に 冷たく i ^つてら 

ァ r ィ、 よ 直ぐ 寢 るから …… 「また 寢る のか r 寢^ くって サ 。何う せ 學校は 止し だら う。 「をれ 

. . 1 をは ふ もく むつ など い のこ ちゃ < 'だん. S ま C 

はそう だか。 「だ, かさ ハ何か 不足が あるか ハ、 ァ 睦言の 云; 3 殘 しだら う 「串 戯 云って …… ra 面 

め > 'たか. きみ *» ゆつ $u せつ さくや て ぎ 《 たて ひく き 

目になる から 可笑し so 君なん ど は 未, たか 坊ちゃん だ。 何う だ 拙が 昨夜の か 手際 は 先 拂さ來 ちゃ ァ。 ホ, 

や も ね だ t» ゐ さ き ばら ひ て ぎ« "J f >^ ^5 

ィ 安く 無いだら う。 「モ -寢るから默止ゥて居^^0 「でも 先拂 のか 手際 は 何う ,た。 「あ ァ騷々 しい 。郵 

で お. f る * > る た, V- S にっけい きみ 上. J み なて み 

便 ださ 田、 ぬって 居 やかる。 「居 やが るた ァ 恐れ入った。 失敬ながら 君なん さァ橫 から 見た つて。 縱 から 見 

零 - をん も わん 5^ ほ かた S づひ ケ タト だいたん ひ にっけい ひ 50 い 5* かもの し 

たって 女に tt 綠 遠い 方お をれ も をの 箬緋 毛布 大盡だ 「ナ 11 鯡ケタ ト …… 失敬な 人 を 田 舍漢視 して 

) い かもの し い を か う た ほつ あ. S き や 5 しん ビ げん & &xf 

…… 「田舍 漢視 する にあら す。 田 舍風を 矯めん さ 欲す だ 了 得 は愛鄕 心に 富んで る * たけ 言語 * 動に 

ダ つ > ねく に.^ 5 ほケん を おも. & せつ け、 りこつ れいろ 5 ふ f し も たま あいだ ね 

何日まで も 國風を 保存して 居る の は 恐れ入った。 チト 拙が 俠骨 玲瓏たる 風姿 を 摸し 給へ この間 ジレ小 

が はてい び じん s つ yjq さ き をよ きみ をが た 5 つど w 

川亭で 美人 を 恍惚 させた の は 何う だッた 「聞き^く も 無い 止せく。 君の 姿に 恍惚した のぢ やない。 

53 だ ぃ$ か, C しん きみ 4^ も ^ やう も 

義太夫に 感心し たん ぢゃ。 r 君なん かさう 思 ふだら う S 乙 が 何う して 話せな so ァノ檨 子 ありげ な 

I- ― 一 _ーー = 画 _ I ml 

都 土産 1 七 五 

mn ! i …ほ ^ h,h Mr^^^^^ ^ 



^ 土 產 一七 六 

そぶ 5- き <f 'ふる ひどば か もれ ど ほや ま や 5 か 5 い つ 

素 振。 君 震 ひつく やうで わったら う。 「ケッ 人 を 馬鹿にして …… チイ 夫 は S 、が 遠山の 洋行 は 何日 か 

ビ つさん おお い か を ぶつ や 5 か 5 いつ し ち. a& ろ たも 

しらん …… 「突然 恐れ入った。 ァヅな 金佛の 洋行なん fl, ァ 何日 だか 知, ゃァ しない 。近頃^ 思って ゥ 

3 ち?, ひ や.,' ね ひどみ だま ね きら < こどい しやべ L やべ 

ァ 間違いない。 ぁァ漸 やう 寢 ひくな ッた 人見默 止って 寢 るべ し。 「氣樂 な 事 云って。 饒舌る だけ 饒舌 

< せ を い やみ いふ こん! だ きみ のろけ く 

ゥ た 癖に …… or 十 1】 が 何んで をん. ><b に 厭味 を 云んだ。 今度 ハ何 うせ をろ く 君のお 惚 氣さ來 る: ^らう。 

こ 、 て 5 ビ まく ひ ひ *- やつ ひど ひせ ね » 

此處らは恰度慕の引き^^J^Cたo 「酷い 奴 ••:: 「酷い か 酷く i^s か 。話しかけられて チッ S も寢 かさ 

ひビ こ 、ろ み L やべ だま ゐ つみ を 

れ》 い 人の 心に なって 見た まへ。 「また 饒舌る、 默 止って 居ゥ ゃァ 罪の無いのに …… 

を w ほし & の fS きげ ちょ はる や も を たも た * この ひ, 

折から 楷子 をパ タくさ 登って 來た 下女のお 春 「チヤ また か 寢み。 「あ ァ 何んだ S 思ったら 煙草 火 か 

はる いま、 で いつも や 5 ま かへ ね も fj んぜク い を 

春さん 今迄 かゝ つて …… 「た ッて每 日の 樣 未だ ゃ歸. ぢゃ 無い S 思って ::: 乙れ でも 心 切に 急 

たこ き &ざ ため がた を ひどみ くち わ 

いで 爆して 來 たので 御座います ク。 「4- 爲 rJ がし は あ. 難く も 何ん^も な so 「人 見さん か 口の 惡 るい 

rJ さ。 ァノ 子に 敎はッ たので 御座いませう。 「何んで す W ァノ 子。 ハ 、ァ刿 つた。 鹿の子の 根 S は 何う 

ff はる さくばん ゆ あそ 5 けど ゐ ねむ がち ゆ 

も豪氣な^$-んですね0 ィュ な;^ か 春さん。 昨 晚か結 ひ 遊ばした つて。 n リャ請 取れない 。居 眠ゥ 勝に 結 

まづ ゆ ふべ かみ こわ かた はや だれ こて 

ッ たから 拙 S んだァ 。をれ でも 昨夕の 髮には チト頹 し 方が 早 いぢ やお ゥま せんか。 ハ 、ァ 誰か 破. Q し 人 

み ね ざ, 5 わ ね を S はる £i あ 

がわった さ 見える 十 n 寢 像が 惡 るいから。 n リャ 恐れ 人った か 春さん にも 似合 はない ナ。 「ァラ お 

ふ た 《- ひ £ ざ を もったい ^ ねっし や 

二人して 冷やかし ちゃ ァ いやで 御座 S ますよ。 「何ん さして 勿體 .ta> い. こさ。 「無い つて 被 仰い ましても。 

かほ f> るし を 5^ を に あ をた たのし を &M, ほ 5 のこ & 

か 顔に 印が あ AN ます もの。 「何が。 「何って 貴君 か樂 みのお 名殘が チヨ タビリ 頹に殘 つて 居ます よ 



そこ を こ- こ らんみ. V お へいこう ひどみ 

タレ 其處を めて 摩って 御戮 遊ばせ。 アラモ f 落ちました。 ホ ゝゝ。 r ャ アコ リャ 閉口した 人見 モ I 

& くお ベ K つ を さけ きみ けだ お ひどみ 

無い か。 「ァ ハゝ 口紅なん か 付けられて …… 「情けない 君まで か 助太刀す るた ァ or 人 見さん さん/^ 

わら のろけ くせ つ 

笑って.:^ やん なさい。 か 惚氣の 癖が 付きます から …… 

はら か > ざしき. S さ あ .Jo は J^s し た ほさへ ふた S- いびき こ, sfft か . みだ s> 上 5 はん ふ 5 

腹 を 抱へ て 座敷 を 出で 去. し 後 は。 談話 も 絶え 程 經て兩 人の 軒の 聲 高し。 さてもく亂れ^^^^兩人の風 

ぎ こき や s S ピ き せんきんたん K こ かた き T6 ズ _b 

io これ W て も 故 鄉を出 づる時 は o まさかに 千金 丹の 箱 葛に して 來 しに は あらす かし 學 若し 成らす 

S かへ きま もんく やせが まん かた ひち た き の ふ こど ひ a. み せ あし R> ど 

は 生きて 歸ら ぬの 極 ゥ 文句。 瘦 我慢の: 肩膽 立てし は 昨日の 事 はや 戀に 身お 責められて は。 足下 はから 

あいちゃく $ あし ど かく 5- く か かたくる は $ む はゝ L なく わたいれ わた あつ みにく どて きら わ さらい 

みつく 愛着の 繩。 足. 鬼角學 校の 堅苦し S 方へ は 向かす。 母が 仕 送 ゥの綿 入綿 厚く 醜 》J 迚 嫌;: so 往 * を 

ど は くた び はタき 5.- ねいらん もんじ た * し ふた はめみ ふ 上 こめ つか ちよ 

通る にさへ 草臥れる 程氣 取って 。花魁の 八文字 誰が 敎 へ^る に 踏み 覺ぇ 目 は 見ぬ 振. の 橫目遣 ひ。 一 

タどぷ る 5S やみせ 1 あだ し を い ろく -{>ん くせ f> ぶ や は いき 

寸古驚 屋の見 世へ 寄って さへ。 婀娜 めく 品に あかして 色々 に 難癖つ け。 コ レ澀 いの コ レ 野暮の 亡 意氣が 

ft か &ん& 'さ * »J よせい ふう きつ を どこ S や B をし をつ 

る 可笑し さ。 言語 も 動作 もな まめかし く。 書生 風の 德 £ して 男らしき £Ni>c 厭に なゥ。 談話す る さへ 乙 

かう しやくし せんざ つら 1^ e s" き t ね は .S び や.^, か < は い 々さ 

k 講釋師 の 前座ぶ る 面憎く さ。 これ さても 自力です るな ち 未だし も。 根 も 葉% 無き 胃病 脚氣を 言; S 草に 

は、 ふ どこ いた しな <&a- ん よ ぶん くせもの かた や も プック ふたつき み つき 3 へ かみ はし 

して。 母の 懷 h: を 痛め 仕 送金の 餘分 をね だる 曲者。 肩 休めな の は 書籍ば か. 00 二月 も 三月 も 前に 紙の 端 

• «» い を をの まゝき C や 5 も ひるね でば * »J 、を まけ. S- の 

1 枚 折られた ばか 其饞 机上に 棄 てられて ミ か トン マ n レ t 晝寢の 出花 あ ァ玆な 怠惰 者に かゝゥ 

お かんく ゎ£? よく たよ せんてつ かた, で. > L f がいたん もつ 5J たび 《J よせ. & い ろし や, 4- の を 

て は 己れ の 威 化 力 も 及ばぬ か 先哲の 方々 腕 細み して 史 中の 慨嘆 尤も 旅 書生 ほ < ^色 仕 易き 者 は 無し 

さ き》;^ fj ゆく. &を たび 5-ビ つげ ふ ねん ねん さう * さ きち べんき f ねよ 

前々 の 宿 急ぐ 旅人に あらす。 卒業 は 三年 か 五 年 かの 相 庭 あ. y て 左まで 氣を 縮めて 勉强 する にも 及ばす。 

都 土産 一七 七 

mn びけ M し-" P^^^^M 1 

^BBUM ml^RSHnHDOnHnllnsHMSanssilsmBIIIIIIIIIII 



都 土産 1 七 八 

<K tt る B1* * こ tVJS ひど を L なく S- か C » おやく おや i わか き らく 

國を遙 かに 離れて 居れば 小言 云 ふ 人 も 無し。 仕 送の 金 滅茶苦茶に しても 少しも 判ら 卞。 わ ァ氣樂 ^る 

S たび. L よせ 5. み 5 へ 

もの は 金の わる 旅 書生の 身の上。 

ほんだ ひ y- み &ょ 5 はん い くわが い f を よる ひる むお 5 ね ね < わせろ け ふ 

半田 人 見の 兩人も 今 は 花街の 風に 慣れて。 夜お 晝 さのう ッて違 ひ。 夢中の 囈語 ドゾの 昔に 驚き。 今日 も 

はお くら ふっか も ゆく も ゑ あは く K *- みだ み やげ く! K もど おやき や 5 だ いか こど L SC 

また 1 日^ 暮し 一 1 日^ 遇ぎ て 。行末 は 哀れ 國へ 涙の 土產。 國 元の 親兄弟 期くなる 事 も 知らば ー观 めよ. 

てば * しま なき おや &、 ろ .so こど むら け. 20 ん さま S L f が く f -ゃ 

手 離し は 仕 間 敷 もの さ. さて は 親心の 脆き 事よ 衬の敎 員樣に 御子 息 はな かく 學 者で ゐらッ しゃる 

た わ こ だいせんせ. & こ * ち よろこ つね かみく づ を わか. *- の しか 

i 焚き ゥ けられ 我が 子 n はや 大 先生に でもな りた 心地。 ポクく 喜び 常に は a 屑 1 ッ 捨てる 若者 を 叱 

»> たくちび るか み もこし かもいね あた わ おや & だい しへ. &み、 もろ わ 

4 つけて 下唇 喷み ft 噌 漉の 糟犬 はやるお 三 を 當ゥ惡 るく する 親 掏 も 大 まいの 紙幣 耳 を 揃へ て。 我が 

こ ね いわ e LIL き K ほん.? c.s»> ね きら ft の かく もんじ よこ & C よ くせ ね せがれ 

子に は をれ 英和 辭書史 K 日本 外史 さ 値 を 嫌 はす 己れ 四角な 文字 さ橫 文字 S 讀 めぬ 癖 nso 己ら が悴 はか 

»> きはん よ C っ&き や. 9 か <'f5f か 5 しんか <- ばんむ らち <- & ふ S ちゃ 5 あら ひげ かたて 

うくい ふ 六ケ敷 本を讀 む €o 實語經 の講釋 する やら。 か 庚申 講の晚 衬 中への 御 吹聽。 頤 の荒髯 片手に 

tS かん .J ん みづの ft やかた せがれ i. わさき ま ふたつき 3 くわん y んか 5 た 5 ばん わ .St 

拔き かけて 威 心する 水荐み 親方。 悴の噂 聞きたい ばか ゥ。 未だ 二月 も 間の ある 觀音 請の 當番 我れ から 急 

やき? U5 ふ こんぶ まき せんぶ だて か はむ むらち. 5 ば も 5 をろ た ば <* し ど 5 け S ゆ 

ぎて。 燒 豆腐に 見 布卷の 膳部 立。 栗の 皮剝 きながら 衬 中の 婆さん 打ち 揃 CN ての 焚きつ け 話。 東京へ 行か 

が 55? や >> にん i 5S3 なろ か せがれ sii が ぅぎ 

つし やったら 豪氣 なか 役人 樣に でもな らっしゃ るべ いさ 噂 s4,,^o ィ ^^愚鈍な悴何ぅしてをんな豪氣 

R> の e た. S こ、 ス 5W fc つ VJ ほ が 5?w .« の _c らん い おも 

な 者 に^れ ませう さ辭 退しても 心の中で は 被 仰し やる 通ゥの 豪氣な 者. i£ ならして 御覧に 入れ ませう^ 思 

こ ゝ ろ 5 れ どうけい の a のち もん も LK く 3- きん か あい ゑん _« ん fe< よぶん たにん 

へば 心 嬉しく 柬 京へ 登して 後 も。 五 圓で濟 ひ 仕 as 金 も 可愛 si^ 六圓も 八圓も 送って。 餘 分か あらば 他人 

みめ づ ほんよ R-©Lfl ひど はや りっしん < ね や、 J _a ft ん こ かせ, ふ 

の 見ぬ 珍ら し S 本で も 讀み。 博學 になって 他人よ. 早く 立身して 吳れ さの 親御の 御 思 も。 何 處を風 吹く 



む *JO かんが 3 お 、/- わん 505 fj よせ. S がた こ 、 ど <• けい ひるめし <-< の や た がん もべ 

やら f の 子息 殿の 者へ。 先づ奧 關 東の 書生 方なら。 やうく 此處は 東京, た 晝飯は 上野の 山 下の 雁 鍋。 

めつ 35 が <• ぎ ff わ ほせい lO ちょろ 5 L た £1ら I け 5^ がか ほ 2 

ィャ滅 想 豪氣な ものお や。 女中の 大勢 居る の は 女郎の 下搏 へで も ある, たらう さ膽 お消した 苦い 顔の 未 

5 ち れ 《i や い まつだ がん * ベ も をお fc- 6 の $ こしゃ < や ほ S つ こ, 7 

だぬ けぬ 中 は。 料理屋 £ 云へば 极田雁 鍋に 過ぐ もの 無し。 ヒ思; S し 者が。 チジ € の 間に 小 瘤に も 八 百 松 紅 

? レ く,? <; をに くも み ちょち S てん はん みめ み つきよ つき も ほる Kws> み あき 

葉 館 何が 資さ 鼻で あしら ひ。 はで 見た 女中 を 夭 人 さ 見し 眼ハ はや 三月 四月 S 過ぎ ◦ 春の 花見 秋の 紅 

3 S も か は だん *- ざ か れいち や 5 そで. t あ た ふく わるくち 5- はんねん このかた あく 

菜 色々 さ^き 染め 變- >て0 團子拔 に 令 孃さ袖 摩り 合 ふて は。 ウジ か 多 覼さ惡 口 云 ふ も 半年 此方。 惡 

A.5 さも をん th5s だ いちき しょて さ ビ よざくらき f «vy- まよ 々 も あし もど 

友 k 誘引 はれ 女 義太夫 閗 いたのが 一 初手。 廓の 夜 櫻氣晴 しが 元 ビ^ウて ひらく の 迷 ひ 雲足 下おから むに 

ひど 3 わ. もの じゃま やみく もお i5v B るし 3 c&" や 

至る。 まして 人§ 未だ 若者。 邪魔の 閽雲無 か 6 しなら ば。 何 さて ノ\ 容易に 春 は 知る 間 敷に。 一 夜の 

je, さォ r* ん fci こ ひ. 》 の あは L こ ひ S • IC こ ひ 

ぎ 百 Is- の 仇 さなる は。 さても くうた てき 戀。 物の 哀れ も 乙れ よ 6 ど 知る 戀 さは 云 ひながら。 愁いの 戀 

くさ をは をけ たが か sb あや 

は 腐れ 繩で 桶の 嵌 は 代 ふるよ.^ 猶以っ て 危うし。 

>i> s> * め さ かしら の 《♦ くら もど ひ いれ &> がき ぜ * ひ よ ぶく も . かたて め 

親 雄 は,, やうく 覺 め。 頭 さし 伸ばし 枕元の 火 入 を 長 煙管で 引き寄せ。 一 喫 吸; S ながら 片手で 服 

j ッニッ の 屈伸して o またしても ズッパ くさ 吸; so 口 を 尖が らして をの 煙 を 吹き出せば。 煙 

か を ? * $ しゅら 5 &> がぎ せる i .h- ボこ こちら む さしだ おも S ひビみ 

の 中 はわ. く € 馴染の 親 しかも 朱 羅宇の 長 煙管 吸 ひつけ 煙草 此方へ 向け 差 出す 思; S 入れ。 人 見 は 

.It も 、だ ひビ はつ こ わら ♦ ^ひ ら as ふ た、 ものみ めば たき はこ. /\ \ ぶく 

思; S 出して 獨ゥ莞 爾さ笑 ふ 吸殻 を。 ポ ゾさ K 吹 J:^ 叩きつ け。 物見る さもな く 瞬 もせす 莞爾 また 1 喫 

^クて1^1;を鲼^^|;し當て0 ゥッ。 さ 冷笑 ゥて思 はす 身 震 ひする 檨 子。 他人に 見せたら S 氣の沙 法。 「ゥ 

らく LJ-vf *<ん5^ ft はんだ つうじ ら 5 かも め ひら や々 をで こおら の *^ 1 1 さ 

ジ蓄生 …… n レサ^ 田 起き 5^ S か。 半田 通次郞 微か i:^ 眼 を 開き 。夜具の 铀ょゥ 此方 を 覼き。 「何う し 

&土產 1 七 九 



わら, > もに おかしい しっけい ひど §w ゐ ま さい &ん げちよ お 5 て き,. 5 >£ 

た 笑って …… 何が 可 笑んだ。 失敬な 镯.^ で 惚氣て 居る。 間 も 》 く 最前の 下女。 llsyl 持ち i て W 

み * — ひ si- み.^ ノぉ ^i. き ど!^ み — かんしん い. 》 ど こ< 'けんにん <cfs J.. クか ん W 9 

見に 渡す 人 見直に 封お し 切. て 一 通. 見た <r,o 「あ ァ 感心な 妹 だ 後見人が 苦情 云 ふの を 母さん さ 一 一人 

かく がくし おく く を が < し き 》?• き ふ ゆ < 5 ま や P 

して 隱し て舉資 を 送って 吳れ た。 「何んだ 舉資が 求た。 言 龜の浮 木 ジリャ 旨い。 今夜 また 行か うぢ や^ 

I こんや ふ た 《• たせろ の あが ? な $ み 

い 力 r ヒャ -/\0 ーァラ 今夜,^ ゐ らっしゃい ます ノ。 二人 は 驚き 伸び 上. て 夜具の 裙を 見る。 「チヤ 

ほる 3 もこ ゐ ひどみ をん &上 5 &ざ め. J た、 a S ? 

か 春さん 未だ 其處 居る ノ。 「人 見さん 何 か 御用で 御座います か か 召 物 を 疊んで 居ました ので 御座い 

ふ たり だんわ よも き はんだ ひどみ しょ e や <- よ くだ ひど, 9 く 《. きみ c.«swb づけ ウイ フ 

ますよ C 二人の 談話 を外處 聞く 半田 は 人 a の 書 狀を讀 み 下し。 「人 見 君 をれ じゃァ 君に 許嫁の 妻が わ 

め 5 もく 2- をい れい まよ ち,、.. JbiFS 6© 

る ノか。 「た^^名目ばかゥサ。 「纏 云へ 。をれ で 例の を 迷 はして …… n ヅ菩生 あやか.^ 者め。 「ァラ 

はんだ およつ ど あ をた ねっし や ほる ひ >; み をに た, C 

半田さん 1 寸 貴君。 只今 何ん さ 被 仰い ました ノ。 春さん 人 見に 何か驕 らして かや ゥょ 

《其 三)) . 

^,x» ひ せ さ 5 ? a さ だ きもん た. ひた ビら ひ s L ゆつ でつ ひ K ちの 》<CN 

曆で日 をく. 00 三世相で 方位 を 定め 鬼門 は 旅立た せす。 寅の 日 を 忌みて 出立の 日.^ 一 日 さ 延ばし 一 1 

かの さみ たれ はま を かも ひ 5^ Af あや y く ム 43 や - 

日ビ 延ばして。 五月雨の 晴れ間 無き は。 はや 十日 も 過ぎ。 さて 愈 is いふ 日に ナ かれば。 今日 生ぎ も不 ^ 

そ k び 3 , 3 か いよ i あつま こよみ ひね ちか & ろお & ひ .J んる& 35 

就 日 C 乙れ ではならぬ 家內 寄, 集 て 曆を检 くれせ さて 近頃 思 はしき 日 はなし さ. て 親類 相 

だん 5 へど S> き たちび いまさら の み を さま み おく くだ て iJ ゆん てんき よ ひ 

談の上 取 極めた 立 日。 今更 さう べん f さ 延ばされす。 皆樣 のか 見送. 下さる 手順 も あれば 天氣 好い 日 

きち はち みや お さ だ さ S 'だん みや. rK ち i ひ _* や おいへ で 

を 吉日 さして S よく 明後日^ 定め ませう さの 相談 をれ にして は 明日 は 好い 日おから。 明日 家 を 出 

, つも ぉタ ど,」 ろ みち. *e ど f V, ま き わらじ ふ ろ し きづ、 みその は 5 ど t« ね b 

た 積 4 にして 叔父さんの 處は 道筋 なれば。 途中に 泊った 氣で 草鞋 さ ®>n 敷 包 其方へ 屆 けて 置け <$jo ^ 



こ はった び ど a- ねゃ& t ん ばい 》* め くるみ で さき いは わらじ ひも む を おが ■*、 かた ほ 

が 子に-初 旅さす 特の 親御の 心配。 豆で 胡桃で 出先 を 祝; so をれ 草 1^ の 紐の 結び やうが 違 ふさ 父が 傍ら か 

せわ や ■ は、 だ 5 ち 5 a 9 はへ き づか や や ふろ * せ S まき き くれ., (- さ しづ C 

ら 世話 燒 けば G 母の 道中の 護摩の 蠅氣遣 ひて。 宿屋の 風呂場で 胴 卷に氣 を かっけ さ異々 の指圖 子 もも 

ん せつ L せんね 5 れ をみ だ けがよ だ 5 め ほし を み かほ L» か、 

の 心 切に あまえて。 自然に 落つ る 嬉し涙 を 怪我 除け に 出す 檢 千の 酸^で 顏皺 める にか 乙 つけ。 母さん 

た つ 5 め ほし こん L» 4J ゆ 5^ ん ,V で みだ をぬ. 3- お 、は、 ゆくさき こど あん 

大層 酸ば ぃ檢 千です さ。 鉗 絞 の襦祥 の籼に 涙を竊 S 拭 ふ。 され は 父 も 母^ 行 先の 事い よく 案 卜ら れ。 

3 へ- & も づけ あが £. 'め iJ し t さ. ん よ を、 づけ けがよ い 

前 茄子 漬もか 上. y かい。 栴千は 一時の 災難 を 除け る € いふが。 煎子漬 ttl 日の 怪我お 除け る さ 云; S ま 

* や a,,- き きつ ど 3- や 2- は, 2«- ら あが さやう い まゐ け が や う き 

す ど so 宿屋 をた つ 時 は 屹度 兩方 直って.;^ 上ゥ よ。 左様なら 行って 參ゥ ます い、 か 怪我せ ぬ に氣を 

& きげん せんじゃ.,' しゅっちん & むら さか ひ み ねく 

つけて。 をん なら 御機嫌よ h: しく さ C まるで 戰塌へ 出陣で もす る やうに。 隣村の 境まで 見送られても。 

ひ VJ のこ を こ、 ろ は 七 にち S- づめぁ S. だ 5 ち 5 か さもが n ン 

別る、 人の 殘, 惜しく > 勾紬 さよ。 ま rJV 一 日 十 里 詰に 步. く 芝て。 百 里の 道中 は 十日 かる、。 了 得は偷 

W- ンパ リ S らゃ 5 らゃ きの ふ こど みちの く はて をん か. S もみ てつだ や fa- き てき 

敦 巴黎羡 ましい さ ん だの は 昨日の 事。 隆 奧の果 から 南海の 隅まで 鐵道蒸 氣ス ラリ ^f^i a 笛の 

たど 3 つ., >** み ^s.l めした つ むか ふ i:** はす 5; ぬ ふべ を 5- たび 3 へだれ W n- だ 5 ち f あ; 》々 む 

音 I ビ ro 极 島の 翠 朝" に 摘みて。 向島の 花 夕に 折る。 百 里の 旅 も 前垂 憑け。 千 の 道中 キノ im: 具 tt 無 

よ- r- ぺ いこく ff^ ほん くば & いこく y くつき ぢ へん れ 5© やい さて ぺん 9- X tfve" べん 《- な かげ 

用。 米國の 牛乳 日本に 配れば。 英國の 肉 築地 邊の 斜现屋 に 入る。 W もく も 便利の 世の中。 S 利の. 朴 

はんだ つ 5 じ らう ひどみ おか を こき やら 《ズ% >J うけ I い ぃ5 がく い ま e-《 は. < だ おほさ かもの を つ あ つ 

で 半田 通次郎 人 見 親 雄キ、 敌鄉を 離れて 東京に 遊學 する 今の 身の上。 半田 は火 拔者名 k 釣 6合 つた 通 

たん ど <■ けい はんき ? * ん e ifrt め を をビけ >y のく せばん にん も け; iK く めっき ゆびわ み 

人。 東京の 人氣に 慣れて 萬事拔 目の 無い 男。 其«萬人は摩れて輕薄.*^^れ.^0 減 金の指輪 ーァゾ プラ^ 見せ 

ct? くお さき しんせつ およつ どみ ひど f fx, ん ひどみ い 3 505 けい き ねん た ばん 

ぬ 上手 口先ば か. の 心 切。 一寸見て 人 は 好かれる 性分 人 見 は 未だ 東京へ 來て 一 年に も 足らね は 萬 

P ていよ ひた < はんだ む に 5- ゃミ ぃ5 ね も ほ 3 «** ゃズ, た みづ かたあし ぬ かたあし けつ 

事賻 好く 引き立て、 丑れ る 半田 を 無二の 良友ぐ』 思 ひ。 嵌れば 嵌る 泥 田の 水 片足 を拔 けば また 片足。 結 



都土產 一 八 二 

= ■ == __ 画一 — 匪 一画- -- -- i - 一 i 誦 I s - i ai= ■ i 醒 =pl 議 == 漏醒 漏 一 I 固 ulsijsu III I ■ iiii - II 

< の <- み t さ だ 3 よ ほや な ひわけ め. じる L けんた 5 ちが ど はち ズォ よこみち i S ひど fl 

句 儘よ さ 腦漿の 定まらぬ だけ 迷 ふに も 早く。 8^ 分の 標木 見當を 違へ て 途方 #無ぃ 橫 道へ 踏ん 込み 人知 

は を L &/ ビ き や ちねつ おろか い £ はんだ ひどみ よし はらつ 5 き ものがた ビ ほや? 》 さんの 

らぬ花 一 枝 折. 取って 恐悅 がる 愚 さ。 をれ よ.^ 後 は。 半田 人 見吉原 通に な 6 し氣で 物堅い 遠山 麗之 

け か をぶ つ 50 を み ぶる あ ひて ど ほや SS こん や 5 かう けつく e や 3 の け ふ .yf べつく be- 

助 を 金佛^ 稱 へ。 身 震; 3 して 敵手に せす。 遠山が 今度の 洋行 は 結句 邪 魔除けな, さて。 さて 今 日送 別會 

わんせ き つら を こ 3J あぶ を ひどみ: ちか を * の ひどみ ま V& こ ど» ほ ち?' ち A* «<1 

の 宴席に 連る 事 さな. ^ぬ。 危 S かな 人 見 親 雄。 己れ 人 見る K に 乏しく。 ー步 違った 親 雄の 行末 rJ れ S 

む しん しら. &ど 

て も 元は 無心 の 白糸な ゥ ける もの を。 

ゑ ざ 5 し や みせさきけ いき ら たい • ひ e ん び じゅつ & & くつ み ど a «- く f > やせんせ <■ 

緒 草 紙屋の 店先 景氣 つける 裡體の 美人 を 美術の 極粹ざ 理屈 をつ けて。 うつ €6 さ 見 德れて 居る 學者 先生 

いま X J5, か た 5 ていみ あ びじゅつか でき & た S せん ちか s ろび esc ふ 5 あた、 

も ある 今の 世の中。 到底 見上げた 美術家の 出來 ぬ, の理の 當然。 近頃 美術の 風 や、 暖かに な. しょ. OSO 

ち は 5 ものもちせ A ケ でんらい かけ e ベ、 ゥ ぶ おわか ね も た むし はし 々わ し ねんだいき く 5- かへ K ^ がんぶつ ひ 

地方の 物 持 先祖 傳來の 掛幅扉 風 俄に 思; S 立っての 虫 千。 書師の 年代記 繰返して 似ても 似つ かぬ 震 物 を 引 

ど か たか ❖ けい もん ね 《• ち 1* い もさん い むしく ひもの かんて. & たの せん も ひ 4. & き S- ぶこ 

き 捉らへ 乙れ く 金 岡 だ具慶 ださ 三文の 價爐も 無 S 竿 山水の 虫 喰 物 を 鑑定 赖んで 純 子の 表具 桐 箱 

fj んて 5 こどし だ や あた Sj し つね あたま さ だ. sn. とろ で リ. い t の いか かも ふ 3 わ だん 

の 新調。 今年 道具屋の 當. ^年。 常 はは 夭 窓 下げて 臺 所よ,^ 出入した 者が。 如何なる 風の 吹き 廻し か。 旦 

♦& がた わざ < ft つか f へく わ L ね W も • かんて. S だの .<v らゐ き K が 9- ひどめ おが か を 

那 方よ <y 態々 の 御 使 ひ。 をの 上 葉 子 折 添へ ての 鑑定 赖み。 だら う 位の 極め 書。 た > の 一 目も拜 まれぬ 金 

くぎりう わ 5 きょ か がた お S た *• S れ こど f で ほん さつ か 

釘 流 も。 應 *ビ 書いて さへ あれば あ. 難し ビ。 押し頂か、 る 嬉し さ。 Nl んな 事なら 折 手本の 百册も 書い 

お .S3 さら こ 5 くわい f々 や かほ いろ せ せがれ ゑ iSs ら あらた いんぎん 

て 置く のに^ 今更 後悔せ し 道具屋の 顔色。 何 うぢ や 悴に書 AJ 習 はしち や アビ C 乙れ はまた 改まって 慇 S3 

& . さ 5 だん をる ほせ ひど こ、 ろ あき そら か S B や 3< ねん あき ビ< 'け. S ほく、 わ. S だ 《• f 

なる 御 相談。 な …… 成程 人の 心^ 秋の so 變る乙 V- の 早 いもの。 一 昨年の 秋 束 京の 窬師 、が。 北海道の 方 

まわ d *j ゝ おく ざ La- XI ゑ がき f みに ふ 5 て. S み L もんだ ぃ》2;\ わし けゥ 

から 廻って 來 て。 此 家の 奥座敷の 襖の 緒書ぃ た 時。 ァノ 醜く S 風體 見た か 子孫 代々 まで 害師に は决 して 



も S は こ VI ゎづ ねん <M わ も fit 

成らせ はせ ぬ さ 云れ し 事 僅か 二 年で 未お 忘れ もせぬ 箬 さて 



や わ 



流行 は 恐 し S もの £。 道具屋 我 

ふしぎ ねか ひどみ おか * »> や. r こく みやぎ けんぜん だ S ものいへ. J f .« の 1 ち ち、, ねん せん ほつ 

れ から 不思議が る も 可笑し。 人 見 親 雄の 生國は 宮城 縣 仙臺。 其 家 市中き つての 物 持。 父が 四 五 年 前沒し 



S & ちか * * の さ へ f ふ あが こうけんにん お ち しんだい まか こった 5 だん >zf- き ,、ご あき 

てよ 6 以後 は0 親 雄 己れ ハ 土俵に 蹈み 上って 後見人の 叔父に 身代お 任せ。 骨董 旦那 を 氣取. OSO 秋の 收 « 



か^^, L こきぶ つねぶ み め あ こった .* 'や てだい C ぶん もちだ & e »• ん さ 

何 石 ふ數ば 知らね. 古器 物の 蹈價に は 眼が 明いた もの さ 骨董 屋の 手代へ 自分 持 出しの 御 自慢 C £ 



やう &ざ わたくし だん *$> さま めき-' か& けつ かけね <» を 

樣で 御座います 。へ 。へ。 私.^ も は 旦那 樣の 4^ 目 利に は 叶 ひません。 ですから 决 して.;^ 掛直は 申し ませぬ 

み たか t ろ もの かこ で SS- けらい $J tt を たま & き-i や 5 £ む & 

な见 すく 高い 品物お 買 ひ 込んで か 出入の 家 * にこれ は 何 うぢ やさ 鼻う rO めかし 給 ふ 御 氣性。 御 I、 ん现 

ざ..? S や 5 のち ど たい 3-5 5J うけい ゑ をら み はや くわ がく か 5 せ いど 

はます (- 增長 して。 後に は 途方 もな き 大望 を 起し 東. 1M で繪を 習って 見たい 早く 綣事學 校の 生徒に 

s- つ. > わん は、 & せ お SJ ろ おか * これ . B かくべつた 15 はんげん st» よ を か 

ならう W の 立願 母御 も 一 度 は 驚かれし が 親 雄 は 是^ 云って 格別 多用の 人間で も i& し。 今の 世の中 k 

いま ど,. ろ ちょろ *t - ら しん Y5 のケ 5 へ.. > よ t く ひど つきあ み 

今の 年頃。 女郎 S ひする もの も. ^るに。 緒お 習 ひたい さは 神妙の 望み をの 上 諸國の 人に i 父って 見た な 

こ よ を か だ ss- さど は、 & SR- ど ひざ あ 》 さ. T だん *J5 け. < にん さっそく しゃ もお ちか 

ら 少し は 世の中の 道理 も る, たらう さ 母御^ 妹^の 膝 を 合せての 相談。 後見人 も 早速 承知して さ. て 親 



を ど うけい て は t* どら の B を 3 さ この こど 

雄.^ 京べ 手ましたみ虎を野に:^て.<=^さは正に此事0 



ど ほや 3 さんの け ビ 5 けい is ち、 まさ はろ » しゃ 5 くわち や 5 おる L たま た ほ is て もの しゅつ- J ばし 一 め 

遠山 a 之 助 は 東京の 生れ。 ハ乂は 正 春^て 威る 省で 課長の 地位 を 占め 給ふ大 達者。 出仕に は 馬車お も 召さ 

£ みぶん さんの をけ さやが か <• ど け 5 いく 5 はつ s< しさ 5 5r た けだか > > ! • • > *5 ゆ.; > ゆび 

るゝ 御身 分 蠶之助 了 得 高等の 敎育を 受けし だけ 發育も 思想 も 至って 氣尙 <o しかも 二十 三の 秋 首尾 



よ < だいがく を つげう £ いこ < い 5 がく み < 'へ たや こ ゆく ゆ い いか. _ た 5 に,^ ? ゆ S 

克. K 舉を 卒業して 英國 へ遊學 する 身の上 さなり た. 00 親御の 偸 快 は 如何ば か. 00 當人も 傍輩に 對し て 



む だ 



めでた 



あ ひさつ 



身巾の 廣き 心地し。 常には無駄ロ叩く親友もか目出度の挨拶のみは眞面目で云ゥて„„^-れるだけ0 隱れ無 



都 土産 



-】 八 三 



^^^^^ ^^J^ I. /^^^^/Mr ^ 



1 1 着 I 



郁土產 一八 四- 

sfu ば を、 あつ ばれ ば. 5 じんぶつ おや ゆる よ スこ を や: リ ね 

き名譽 のま 嬉しく。 さあれ S まー步 進みて。 夭 晴 一方の 人物 さならん S て 親の 許し を 喜び。 名殘 惜し 

ひ ts 上 こはま かいらん びんせん の こ わい こく む しゅったつ ふ、 ろ ft 

き 日 を 急ぎて 近日 S よく 橫濱 解纜の 便船に 乘ゥ 込み。 英國へ 向け 出立す る 乙 £ 、はな.. ^ぬ。 心 ある 同 

ね,, い ^ さんの け いく をゑ J 'らゃ む しん ひビみ はんだ や こ-ろ むし は 

卜 年輩の 友なら ば。 麗之 助の 行末 をいた く 羨むべき にさ ゥ さて は。 無心.^^>る人見半田0 心に 虫 生へ てよ 

をのみ くさ し さんの け めいよ S らゃ よる かね はや あ 《- ら ひる あき ひ 

.CV 其 身の 臭き を 知らぬ にや。 蠶之 助の 名譽 お羨み. せす 夜 は 鐘よ. 早く 明くる を 怨み。 晝は 秋の B の 

; a む S A こ がく か 5 5 い < 、わい L ら ほ f い f つま はち せっこう 

眠ゥ 足らぬ を 嘲ち 學 校よ ゥの 注意 を 受けし ハ はや 幾 回 £s ふこ を 知. To 朋友に は指彈 きして 絕 交さ 

? L ゑ fea つかみ ひんせき ま さ ちて 5 ゆめ あめ ほ.^ み、, yjtt だ し? きん 

れ。 敎師に は 行末 覺束 無し さて 接 斥され 乙れ にて. ^で。 未だ 醒めぬ 痴蝶 S 夢。 雨の 窓に H 欹て、 は 借金の 

3- く おも かせ たど ゆめた" 一ろ e しょお >& がれ き げんち か 5 ら ► く/ r さ;:、 ク.. ち, i_5T — *w 

邋繰 6 を 思; so 風の 音に 夢 驚かされて はへ ポゾの 辭書 流質の 期限 近づく を怨 ひ、 空想 現 W な.? の 影 

,* もき XJ わら か わ <» さ !•* &み よ み、 もど くちよ さ、 や た みつ ,その 

身に 添 ひて 消え 卞。 我れ 笑へば 彼れ も 靨に 漣 を 寄せ 耳 下に 口寄せて 囁く もの は 誰 を0 見 詰 ひれば 其 

ひど を たま S げしゅくや ゆめ ? よる かみ し し《 ねつめた > おも い だ のお ゆぎ > ひ 

人 も 無し 逅か 下宿屋に 夢., ど 結びて は。 夜の 風 身に 染みて S 冷く。 思; S 出して は 後の 契 の 日 を S ぎて 

h, < まゆめ $ ち たち ま ひ お こ ひし み こ、 ろ をん 

明けぬ に はや 暮る、 を 待てば 夢の 中に 忽ち 日 は 落ちぬ。 惣 SJi^ 懸知ゥ し 身 は 心 何 なく S もくし 

もの わざ て つ, - 3 

て。 物の 業 だに 手に は 就かす。 

ntn. i as a んだ ひどみ ま ca i こ 、ろ ほんだ けいはく きら かげ 、 ひどみ くれ 

慰咁 i が雕は めよ ゥ半酽 人 見さ は 交り 親し^ 6 しが。 心 半田の 輕薄を 嫌; so 蔭1^^がら人見に吳々も注 

ひどみ いま ば し 上, 6- わかもの つ ひ はんだ 14 の 3 い 3 k , ^^1) > 

意せ しが 人 見 は 未だ 場所 馴れ^る 若者。 遂に は 半田が 甘口に 乘. y て。 今 はか へ つ て 遠山の 交ゥを 疎む 

ど 5 や 3 まこ ど しんせつ い づく ひどみ ほ& いろく は 5 べん め W 

に れ. 00 され.^ 山の 奥 わる 心 切 tto 何處 まで も 人 見お 保護せば や so 種々 をの 方便 を 巡らせ <5U も。 

を ^£ あら i> ん はんだ つく さんの もけ きょか S .« ちせ *» > いま まよ . 

1 度 に 染みし 糸 は 洗 ふも設 なく 半田が 作る 鬣 之 助の 盧 構の 落度お 具にう けて。 今 $: はや 迷 ふた.? < 



み ちか を ち i な? つるさく さ. w ざき 《 'つ ど SO まや ま はんだ にん し やしん K5^A い くに も :0 い もヒ 

見 親 雄 近頃 淺草江 崎で 寫し 撮りた る。 遠山 半田^ 三人の 寫異 さへ 俄に K やにな りし^て。 國 元の 妹の 



もど ねく や こど 

許へ 送り 遣りし^の 事。 さて. 



t 、ろ まが こど 

心の 曲. <r> たる 事よ 



の 師匠 弟子の 身 振お 矯めて 弟子に は 辛し さ 



こ SJ をべ ひど こ、 ろ あ S- さま ど ほや まさん の ,4^ け て ふ お ろ /、わかん あらし は をち 

S さる、 もこれ も總て 人の 心の 有檨 かや。 遠山 蠶之助 さ. て は 蝶 を 驚かす 花 間の 嵐 。をれ も 花 散らす 

ゥれ& い あらし ねむ て ふ あめ fj あらし あ まよ こ て ふ 5 ら 

無情 嵐に わらで。 眼る 蝶に 雨お 知らす 嵐。 され < ^飽くまで 花に 迷 ふ 胡蝶 は。 れを しも 怨ひ うたて さ。 

はの . ^け ふ ,^5 べつ パ わい わん さい わ い ひどみ ぺっ f つ 3 ね こんくみ うへ r こど ゆ ^ん かいしん 

蠶之助 は 今日 送別 會の 宴,^ 幸 ひ。 厭や かる 人 見 を 別室に 招き。 懇々 身の上の 事識言 すれ. さて 改心^ 

けつだん 5- 上く で や 5 も あき は この、 4- へ はんだ ち 5 こく ど か < このま ゝ もね つ ひみ 

S ふ 决颧カ も 出ぬ 檨 子に 呆れ果て しが 此上は 半田に 忠告す るか 鬼 も 角も此 儘に 棄て 置か は 遂に は 身 

は/;! ' , > ゆ そ- ね や もば , い f ひ y み く はもど ひ ど かた 上ろ し よく ti つ L よ e やう さしいだ 

を果 すべし ^かに 親元へ 云 ひ 送. Tso 人 見お H 元へ 引き取らす 方宜 からん さて 翌日 書狀. ^差 出した 



こ 、 か < 'ち a ち ふ e みろ 5 け ふ ど ほや <a さ. e の もけ を. べつく わい いま い 3 さわ 

此處は 鶴 w 富士 見樓。 今日 遠山 蠶之 助が 送別 會 今が今まで 騷. 



-じゃ £> ろ. n か きゃく か へ 

がし か 6 し樓. H 樓下 も。 容ハ はや 歸 4 去 

? SS , I ► ■ > • I . ,&レぶっ,.^ . ん. L た ども し ん は を こ をた もみ ど ほや まさん の もけ はんだ- - 

.0 て は。 殘 着の 喰; S 荒らせし 遺物。 二三 人 親しき 友の 一 ト 酒宴 かけ 離れて 此方の 隅 遠山 蠶之助 半田 

つ ら S ひ をく かた あ だ, わ ひどみ ちか を み 5 へこ ど さんの もけ はんだ はら いた やわ かい しん 

通 次 郞笆密 々語- ^合 ふ 談話 は 人 見 親 雄が 身の上の 事。 霾之助 は 半田の 腹 ゑぐ る やう。 痛く 和ら かに 改心 

こどた の たの み せつを て あせ K ぎ ね. B- s- きみ わ あた 



たの み せつ ** \ I 

の事赖 む。 颜 まる、 身の 切 無 さつら さ 手に 汙 握る も 可笑し。 「かう 云つ ちゃ ァ 君に 惡 るく 當る やう だ 

きみ ひ 50 み み ビ しか さ がく S 'よく あ にぶん あに しっけい きみ & 

か。 君は人見から見.<^ゃァ年嵩も學カも兄分^2^^^ぃか0 をの 兄さんが …… 失敬お やが 君 何う かして 

ひ 5J み かいしん くた ま きみい なん を ゆく ちか ひどみ くん かい <3ん 

人 見 を 改心 さして 吳れ 給へ。 「わ ァ君 にさう 云 はれ 6 ゃァ 一 言 も 無い が。 僕 は 誓って 人 見 君 を 改心 さし 

^み くん ゆく わ きみ 

ハ見 君に …… ぁァ 僕が 惡 るかった。 「君が さ 



み ゆく C まよ まだ 5 はま つみ 

て 見せ やう 僕 も 一 特の 迷; S で ツイ 魔道に 嵌. Ts 罪 も 無 



都土產 



八 五: 



ぶ--2^^—ば\ゅ."1ノ^¥2^ 1^ ぶー l^ltM^^^li 



都-土産 一 八 六 

い きゐく e つ あんしん » く ねん ねん 5 ち かへ き きみ ひどみ くん 

う 云ふ氣 で 居て 吳れゥ や ァ實に 安心お。 僕 だっても 二 年 か 三年の 中に tt 歸 つて 求て。 君^^>4人見君な.0 

. «- ゥば じんぶつ ゐ ゆく わい けっく わみ あく ひや. f き ひ 

か 立派な 人物に で^なって 居り ゃァ 愉快 だが。 もしも ::: 結果 見るべし な^い ふ惡評 を 聞いた 日に や 

ほ 5 55 めう 《. X は をし を こビ ゆ くくち S t? じふ 

ァ あま 朋友 冥利の 好 S 話ぢゃ 無い から ナ。 rJ んな事 を 僕の 口から 云つ ちゃ ァ 洋行す るの を 自負す る 

き. J きみ かんが み 

やう k 閬 える だら うが マァ 君も考 へて 見た まへ。 

ねつ しん かた ふ ど はんだ かほ ね も み あざわら きみみ けん も さ てい よ を ほ や 5 

熱心に 語 6 かけて 不圆 半田の 顏を偷 み 見る に や \ 冷笑 ひの 氣味眉 間に 拽る \を0 iy あらぬ 體に ffl ふ樣 

i かた せん おも はは こビば やわ S ひどみ は 5 た 5 きみ おし い 

子。 語. しさて 詮なし S 思; 30 俄かに 言語 を 和らげ 「かう 云つ ちゃ ァ人 見の 放蕩ば 君が 敎 へた ざ ぶふ 

きこ けゥ わけ きみ はら だ く ひどみ こビ i 

やうに 聞え るお らうが。 决 して をん な譯. やな S から 君 腹 立て、 吳れ ちゃ いかん。 しかし 人 見の 事は宜 

たの ゐ さいし や S お たつ はく あやま きみ あちら つ きつ 50 L くた ま 

しく 赖 むよ。 「ゥム 委細 承知した。 あ ァ實に 僕が 過つ たんだ。 君 彼 地へ 着 S たら 屹度 知らして 吳れ紛 ひ 

きみ ひ にほんで きこ ど L くた ま 々わ いこく い ちから こき や 5 

な 「あ ァ。 君 も 暇が あったら 日本の 出來事 を 知らして 吳れ 給へ。 外國に 行って は 力に する もの は 故鄕 

な どづれ きみ S まほ を ど ほ ひどみ こ しんぱい 

の 音信ば か. ださう だ。 をれ ぢゃァ 君。 今 話した 通- y 人 見の 事 はい ゝ か。 「あ ァ 心配した まうな。 

ふた M- は. *- し や さんの >*- け べん 、しょ B5 ゆ ふむ あ ベ か をた こ .>ら もみ たれ ひど かげ いぶ 

二人 は 談話 を 止めて。 蠶之助 は 便所の 方へ 行 かん^て 振-^, S く 後邊。 彼方の 小暗き 隅に 誰 やら 人影。 訝 

ちか ひどみ K»- ら もた くる ひどみ S5J きぶん わ 

かしながら 近づけば 人 見な 00 柱に 凭れて 苦しげ なる 樣子 「オイ 人 見 何う した 氣 分で も惡 るいの か。 

はら いた d の の ちょお. 上 

十-腹が 痛い 。藥 でも 呑んだ か。 ナ ゾダ吞 まん。 をれ ぢゃァ いかん。 女中で も 呼んで やらう か。 S ゝっ 

ん&ょ ねよ ねつ きみし つけ. S f さき & めん か 5 む 

て 遠慮す るに や 及ばな so 「ぁァ モ Is ゝ やうく 落ち着いた。 君失敬ぢゃが僕ハ先に御{5^^蒙らぅ0 

しっけ い くるま たの R- ら きみ ひどみ くんち よつ y ま せんこく い 

「さう かもれ ぢゃ 失敬 人力車 を 親んで 貰 はんか オイ 君。 人 見 君 一 寸 待った。 ィ 、 か 先刻 も 云った ァ ノ 



I 

J 



かんが 



きみ しんせつ 



がた 



事 は。 マ ァ よく 考 へて 御覽 「あ ァ。 君の 心 切 はわ. 難い 以 後 は 屹度 



きみ あんしん < ft3 

.0 君 安心して 吳れ 給へ 



ど はや 》• に はか わ が ほ 

遠山 は 俄に 笑顔つ 



^cだからチo をれ ぢゃ君 失敬 

((其 四)) 

ふ き^ 

$ る や rJ ん 



»< あんしん e ク はく こん & わか はん せいしつ ゆか 

「をう 云氣 なら 僕 も 安心した。 實は 僕が 今度の 別れ は 三人の 性質の ft るゝ とこ 



き Ma L ろた へ ふ どんき はた みゆき くれたけ ね ほ つも ゆ ふ .0^ れ さび > 

樹も庭 もみな 白妙の 布圑 着て。 葉 垂れの 深雪。 吳 竹の 寐る程 積る 夕暮の 7- の 淋し さ を 



ぎ||に^^1もぞ^-1 1^ あら ゝ^ まし 面白 や。 しほの め 夭 窓う ち 振-.^ て。 S たづら 盛 惡る 盛-..。 冷 飯 

! れ くさ. <r>o つめたき 足 を 爪立て、。 負けぬ 氣を 出す S おらし さ。 倒さる まで も 我慢して。 まるめ 



き こ てき ね ほて せっかくた ゆき 

研, 込む 敵の 大手 口。 折角 立てた 雪 



は をち 



たが ひ き や 5 



,ウ ゆきつぶて こ , おんた. S しゃ 5 こま あし 

て 打つ や 雪礫。 此處 まで.^^ れ 御大 將。 駒の 足^ しゃん 

t.p 3 S ^ な A へ か をた こちつ を あ げんぺい てきみ かた ま かちみ t ! I -- 

ぉ郞。 ぎら れ な^げ を さ 行き 歸 ゥ。 彼方へ さ を ひ 此處へ 連れ。 名に 合 ふ 源平 敵 咏方。 ft け 勝 見えぬ 雪 合 

さ ゆき ふ ど 

戰 雪 吹き飛ばす さら 

A め き あわゆき こ は f め 

i 洋犬が 來てァ レ 淡雪に 飜れ梅 

ォ 3 さ わ こ か、 こゝろ お どづれ み 

今朝 も 今朝 さ て 我が 子に 期る 快よ からね 音信 見し 



S はさな, がら 花 散る 里。 餘念 泣く 子 も 笑 ふ 子 も。 果て は 互に 愛嬌つ 



こ、 ち あ ふゐ ちか * は、 わ や わ こ 

心地 惡 しとて 臥し 居た る 親 雄の 母親。 我が 子 は 

フ く -**-5<4 ち A へ け ふ *_* かひ を ど ほめな ちう こく (;ょ i 5 れ 1 づ 

お^な W こな. 明日 は歸 るか もし 今日か^。 待つ 甲斐 も 無き 遠山の 忠告 書。 さて はさ 讀 みて 憂 ひに 沈み。 

:v-c : ^'i 5-b < 'る さ へや ふ も 3 L こたつ あた 3 な ち つか &き ぶん 5- か *- 

お. -?^ ^の 騷ぐも 五月 繩く。 部 の 紙 門 閉めき りて。 巨 縫に 頭 押しつけ 滕。 ^母さん 御 氣分は 如何で ね 



らッ しゃ <; ます さ 案 卜頃づ らう 娘.; - 妙。 なんなら 御 本の I ニニ 枚 も か 聞かせ 申 ませう かさ 愛嬌つ くる 可愛 



都土產 



1 八 七 



都土產 



1 八 八 



にぎ て 



ひ た a. 



む も to み 



むね 5 



らし さ s;.4-mlK みて さらば 1 トロ 聞かう か € 握ゥ手 を 額に あて ゝ苦勞 を 娘に 見せ 卜さ すれさ 朐は有 

., & り,. & X C もこ を り ざ ど 《 '、め いち み まひ *r. をし-め々 こ ゑ む 4^ め 

ぎう つらく の I ぎ; so 讀み人 も 少し ひるむ 折から 座頭 梅の 市 か 見舞 S 申. H る 聲めづ らし。 娘 は 

M ほし き^さて。 んで mil の. FWi いて 慰め 申さう ざ。 呼べば S をく 口 輕な檢 の 市。 「へ ィ。 Z 

れ tt 船 だ, i も^^ 獻ょ >c しうか^ ^ たう 存じます 其 後 は 一 向に 御 無沙: ^致しまして^ う も 



« 6 e.s ど ころ き く こ、 つか かたさ も あ く ノ 

はや …… 「かう のがさん S ゝ處へ 求て か 吳れ, たチ。 此處 でか 母さんの か 肩 を 按ッて 上げて か 與れ。 



いつも 5 



ね. S- しろ は を 



をして 何日の やうな 面白い 話して か 聞かせ ナ 







1-; も たくさ ま こ, <に ち だいぶ さむ 

へ へ0 宜敷 御座います。 奧椅 今日 tt 大分 か 寒い やう 



& ざ まへ ふつ あるく き がた ケん た > 

で 御座います 于。 「さぅチ0 4^前^Jん^^は降ちゃァ步行にもさど難義だらぅo 「あ- 難う 存卜 ます 奥 

さま だ. &ふ かたはつ & せつこ わ . 1 おつ,. 一 わ * 

樣大 分か! 眉が 張ッて 居. ますが。 何處 もか惡 るく は ゐ らッ しゃいません か 「何 處も惡 るか ァ ないか 

け ふき ぶん ば こたつ はいる 

今日は チさ氣 分が いけな いから。 4^ 婆ァ さんでも ある やう i£ES^ へば か 4 這 スッて 居ました よ。 r ハ。 

& let ちか &ろ だいぶ か せ はや M- わた^ <» - まゐ だんみ St た 

-0 をれ がかへ ッて御 養生に な. ます 近頃 は 大分 風邪が 流行ます ので。 私 か參 4 まする 旦那 方で も 

こ が IJ よち 'た かせ ふ 5 ち げんみ • こ- 40 ら さ^ ^みた i 

4- 子さん 方 やか 女中,^ が 風邪で 臥せ ッて ゐらッ しゃる か 家 も 一 ニニ 軒 見えます か 此方 樣 では 何誰樣 もお 



ししゃ s たび < よ 



およつ SJ ま 



ぎ. は 御座.?^ +ま so 私 先頃から 師匠が 度々 呼びます ので。 一 寸の間 東京へ. ^ッ て 居ました ので。 何 

£ A t*、- さ r>s z »* つ、 か たれ かほ ) $ けつ 

う も 御 家,^ 樣 の御樣 子. トシ^ 不束に な.. ました。 「かう 。誰も 變ゥハ な いよ。 「タレ は 何よ. か 結 

こ 5 &ざ 

構な て さで 御座います。 

• り s^l き』 A>v* AJ^ に ^tftvs-t に- £ をめ た 、おや め い お じゃ£ 'さま けっこう ちゃ & ざ 

^1きの^^-に^^の1ぁして0 ^のか$4^を栴の市にす、む。 「か 孃樣。 乙れ は 結構な か 茶で 御座 いま 



I 



to へ。 /。 モ, に^^ました。 さて 今日は 雪が 降 ますので 。療治の 方が 至 ッて閣 で 御座います 



こん Si ち ゆき ぶ 



ら 1^:^ の 酽!^ たへ ぎき、 か^の か iil^ におら うさ 卜まして isi ましたが。 ィャハ ャ ぎう も 東京 S は 

-1 y- ,ま * き f 2 & もん せん は を を き > はい." 

i ひました もので ぎ & います。 乙のお ifi は 下駄が.^. いつきまして。 ツイ 御門 前で 羼 緒お 切らし 御臺所 

へ鳜. -か 3 せんに i ぎ ^ のぎ ii> がん を 聯ひ。 ききまん 1化 ひひ 轳を r てき 脚.^; i ま:?。 £ おに あ ぎ 

ました を こで かま i が歡: ^か ilLS おげ たいの は赠 W ^ザ しかも 京 仕 人の 本 s_sl。 藍 明けて か 

が^-!^^ませぅ。 ぉぉ^-^vは^^きは,c^して。 か 茶 一服 さかね だ 6 申す 梅の 市 €は 違 ひます よ。 れ 

はした. C わ^しば か .0 か^ を ^まし て。 ま rJ さ;^ はや 何う も …… 。 「> 'ラ 梅の 市さん 前 振れば か As して。 

S がの やうな ills はまやで すよ。 舉 く 話して か 聞かせな さ so -Js さん も か 聞. 5 ^遊ばして。 面白い や 

ち .MOVJ つま き た *-ぃ ま を たくさ 5 る さ < &さ > 3 r- ) 

うなの を。 一 寸 摘んで お聞かせよ 「へ へ 。只今 直ぐ …… 奧樣か 五月 蠅は 御座 S ません か。 「なんの 

月蠅 S A3 ある もの か。.;^ 妙が 問きたい ッて云 ひます から。 チ ッ さばか. でも. S ゝ から 話して か 吳れ。 

さ や 5 e や 5 さま は を は ti & ざ 

「左 樣^ ら 4^ 孃樣。 サァ くお 話しの 始ゥで 御座 ゥ ます。 

し さい あたま ふ 5" や, r て おくさま かた おからい ど <ST.»i\ めば たき.. ろ ほ、 _ D ^1 .V- • ■ ) 

仔 らしく 夭 窓う ち 振ゥ。 兩手は 奥 慮の 一 胃に 力 入れて 時々 の眼瞵 白く うるむ 13^ き^ 出 もせぬ 咳 



で かけ 



力 



きんもつ KJ& 上.. JR ら ま を 



ばら ひど ふた ど いだ ものがたり 

拂; S 1 ッニッ さて 說き 出す 物語。 

の 観 I? Mi ぎし P の霸; ^の 野。 k つして か &かぃた檠 たのき ま。 f 吉 f 申して は。 此處 

§ti^o r& ま irr。 ffpi^o ? ぞ にく しゃ。 t が 



都土產 



1 八 九 



u-ah MM " ,G む 



都 1 土産 一九 

ビ zsii き A~s く 5* が は ビ 《- ろ f にわか きく ど かく わかもの ,4- たばこ 

閉ぢ たさ S ふ 大門。 四季 折々 の 眺めに は。 花に 燈 籠に 仁 和賀に 菊に。 觅角 若者 吸; 3 つけ 煙草。 をれ。 を 

o^>, <fe.^ ほんち や st^sj か どや しき あど め つ ねんめ ば 5 ふ ねんき あた をんだ た む 

れが if 湫の 口火 さな 6 て 本 町筋の 角 屋敷。 後 目を繼 S で 三年 目。 t 父の 年忌 當 りに tto 涙で 手 向ける 

M >5 チ 《• き ♦* さけ 5 らだを もま ゐ ビ *<b い もや かま ビ < らゃ いま き やうが い むかし 

辦 in の 煙-. さ 消え。 ^Jれは^Jれは.^5情なぃ裏店住居0 隣 6 の 羊 屋の竈 を 羨む 今の 境界。 乙 れ W て も 昔特 

だん & い まく づゃ な ふせ. & この ひど あくま みい しまつ. S.3 さ 

は 6 うさした 若旦^。 今 a 屑屋 もなかくなる 御風 情 此人惡 魔に 魅入られし 始末。 今 を距る 乙さ。 ナ 

も- Las こど a まで を でき &ど こ どし はる ほんだ e やうし S き y ふ ね やゆ. ひひ ど ^び ころ だい 

1】 夫き 斷る迄 先 無い 出来事 は 今年の 春。 しかも 本店 はよ 州 桐 生。 親指 か 人 さし 指 k 數 へらる ゝ處 の大盡 

ひビ a む. * こ がくもん しゅげ ふ くわん &ん さま ひきこし やみぎ が M, り e やくき や £. あ 

をの 獨子息 ^のが 學問 修業に さて。 官員樣 の.;^ 引越な さる やう。 柳行李 ニッ 三ッ。 4 うさして 上京. |g る 

L.?^<M6 £ ? がく ま Wb ぉゝ ビ 5 けい ほんち L てんだ ? f き S ベ ゑ レ ほい やく わら にん て だい 

校へ^ 逋學 間も無く 父 は 柬京本 町へ 支店 出 す^て 管 頭の 久兵衛 支配 役に 選ばれ。 六 七 人の 手代 

6 よ こんち L^^ をが の れん で だ を が 5 ぎ を S3 か きぬ や でっち ふ. J ぎ ねか- I わか 

召し寄せ。 靴 地白拔 きの 長 暖簾。 出店で は 豪氣な もの さ。 直ぐ 向 ふ耦屋 の 丁稚 不思議 かる も 可笑し 若 

vc^^ r f ^< &. ひど してん ひ &ど & つ 5 がく こ どし いろし ろ やせ ,4. がた わかもの ? もれぎ は を さ 

i 一 那は下 屋を 引き取り 支店よ. 日毎の 御通學 今年 十九 色白な 痩體の 若者。 む^ f 埋 木に 花^か 

^ 5 はさ L た J0 ねら L ろ: e や」 み きぼら や あ. y よこち や ほ い 

せん 《 惜しい もの 噂す る は.; ^下地お 窺 ふ 白鼠。 ッ ィ氣晴 し € 1 夜の 遊び は。 乙れ どこれ 橫丁 k 這 入 

こ さ &た くさ "ん よくじつ て だいで つち からかね ひ ばち ど »* 1* ぶ み AJf しゃが ほ &か ど. しか さ 

.0 込む 溝板の 腐れ 緣。 さて 翌日 は 手代 丁稚 唐 銅の 火鉢 取ゥ卷 き。 口々 に 嬲って 見る 功 者顏。 中に も 年嵩 

VJ s^f ひば ク あ £ か て つ か かふ ひ ばし ど まい らろ らくが わか だん を よこ かほ 

の1?1.^1藤八0 火^に 頤に 片手お 衝ッ 掛け。 鐵 火箸 把 ゥて 灰に 參らせ 候 かしく £樂 書き。 若旦那の 橫顏 、 

しりめ にら わか だん *M ^ は を f およろ 5 まこ ど い まき, 95 し I ベ ゑ 5 らゃ たかを 

ツ^ 尻 眼で 睨み 若旦那 何う も 話せ をい チ。 抑 i 女郎の 誡^ 云って は。 卷繪師 の 吉兵衛 三 浦 屋の高 尾に 

& 5 & さけ こ て ざ. &< まきゑ さか づき ft も をヒこ み 5 6 ま、 みづさ かづ はさ ど きちへ ほ 

馴染み。 情 を 籠め し丰 細工 蒔繪の 盃。 思 はぬ 男に 身受けされ 貰ら ひし は 儘ならぬ 水 盃 。悟って 吉兵衞 

ら さ》* まら ュん おつ S- ん まい. &は さ、 をむ あみだ をの ほか かケ さいけ f よ $ こど き ぶん 

SK^O 二 いてぎ!^ 阿彌陀 く。 其 外 かう さ數 へたら 1 切經誦 むよ. も 長い 事 紀 文の 



はて s ざ ゑ もん かみこ かつ だ ちょら 5 <5 もりおら ふ ひど S をし > .?^かだ.525.:^&.^リ 

なれの 果。 伊左衞 門の 紙子 擔ぎ 出して 女郞を 魔物^ 思 ふ もの は。 振られた 人の 負け 惜 み。 若旦那 初會 

あち L じみ 3 ぶ あど ま * わか だん を 5 

ぢゃ咏 が 知れ ませぬ。 馴染から 間夫と^ つて ハ ィく後 は 申し ませぬ。 若旦那 か 打ち » さるものち や 

&ざ S た あどけ つ S まよ やみく ft. ゥひ み しゅ L 上く t <づ これ さ 5J 

御座いませぬ。 わ ァぁッ 痛 S 後 决 して 云 ひません。 迷 ふ は 闇雲。 遂に 身お 酒色に 持ち崩し。 是 はさ 悟 

ひら ぶ A ち * L や しき ひどで わがて L や 3- のこ ふんべつ で で 

.CN の 開 くる^ 分 は。 父に は 死なれ 屋敷 は 人手。 我 手に はか 舍 利の 一 ッも 殘ら卞 さて 分別 は出卞 出る の 

をみ だ 3- や 5 もで ぬ た きが きぬ を をみ だ にじみ の <j ミら > いま 1!! 力 さ 

io 兩 袖に 拭っても 足らぬ く。 着 摘への 衣 無ければ 涙の 染痕殘 るた け 恨めしく 今 は 未練に 伊 ま 

ちょら 5 む しんい ね R. ひん さ をが. J 、ろ ふ £ ぁゥ くるわ 《. ち いこ-, * > 

ながら。 女郎に 無心 云 はう^ 思 ひ。 貧 すれば 了 得心 も 太くな ゥ て 厚かましく 廓の 内に 入 込みし か。 

や ほ を み ねきさころ*^> ? L をビ みち 4- fj づ をよ 5 しろく か *^ はげ,. 

瘦せ 細りた る 身の 置 所 無く。 格子の 外に 身お 縮めて。 靜 かに 名 を 呼ぶ にさへ 後 暗ら く。 彼方 は何氣 く 

だ f たばこ 上 乙め その を 3- たさつ La- £ あし あし f, か. t の 

出す 吸; S つけ 煙草。 橫 目に ジ ti リ其 姿の ひさぐ るし さ 驚 いて 尻 込 ひ^ 1 一 足 三 足。 う くす る 若者 

きてんお だ あげや • わか し 5 わか だん を き ぬ こ、 ろ まよ こ ct s^ゃ,nひざ も K くお だ 

to 氣轉に 追 ひ 出す 揚屋の 若い 衆 若旦那 《氣 も 拔け心 も 迷 ひ 小 砂利に 兩膝を 摩ゥ剝 ぎて。 口 惜涙は 

い 3 さらせん かた- は がみ つき ねく かへ わ 5し ろ. がた はづ こ、 L ちへ 5 へ I 

らく。 今更 詮方 無く 切齒 しながら。 月に 送られて 歸る 我が 後 姿も耻 かしく。 此處で 死んで 父上への 

ま * しわけ ね。 かんが K をん を を どこ たぶ それ い & ねめ 

申譚 so 思; S ながら 先考 ふれば 惜 くき は 女。 さても よく)/ \ 男お 誑ら かした なさ。 夫よ. CN お 後 は 寢る服 

あ K たら た わん かね を くわ いちう もくさん でば 

も 合 はさす 働きぬ いて やうく 溜めし は 四 五圓の 金な. CSO 失れ を懷 中に して 一 目 散。 出花に < ツパ^ 

ひか さわ _ よふ あん^, n かげ ,》 ら ふた 9 さしむ か こどば を わか だん *^ くち '4 i 5^ り ど 

光らす 騷ぎ はや 夜更けて 行 燈の影 ほの 暗く 1 一人 差 向 ひて 言葉 も 無く。 若旦那 は 一 ロー 一口の 怨み さロ。 

をん を はビか た かく たんた 5 みづ たま こ^ た さわ ろ やうろ S か こむ 

女 は 憚, さ 立たん V する を 隱 せし 短刀 水 も 溜らす キヤ ッ さの 1 聲 はや 立ち騒 4\ 樓上樓 下。 是 では 

さわ 353 はし ま くらみめ みち あさく さ ば 5 ふ か でら » お まへ K.^ ) せん ケ, > ゆ 

ならぬ^ 騷 ぎに 紛れ。 走れば 異ッ喑 雨の 道 淺 草に C 父の 假. 寺。 墓地の 前に 腹く ク るぎ て。 先 翻の 墓 



^ 土 產 一九二 I 

ち ぬ々 f> はぜき もみち が きを ふ びん あ 50 のこ は、. K やひ ど 5> や あが みやつ & 

^血 拭 ひの 手跡。 あはれ 紅 菜して 流せし 浮 名。 た > 不懲 さは 後に 殘る 母親 一 人。 病み 上りの 身の 窶れ 子 

たく L よ < つ 5 れひ ま た にん fc- ん たおよ き あは よこち や f どこ や き 

に 後れ 食竭 きて。 憂お 荷 ふて 他人の 門に 立 寄る € は 聞く も^かく 哀れ をれ を橫 町の 床屋で 閬ぃた 

も のどき *6 みだ あは こど &ざ よ >s> かふ しあ はせ ひど こざ 

其將 の淚。 「さて 憐れな 事で は 御座 ゥ ませぬ か。 世の中に は不仕 合な 人 も あれば わるもので 御座ります 

十 

V* も をみ だ もら を ね や こ こど み こ かほみ あ K こどば を 

他所の 涙に 貰 ひ 泣く 親子。 をの 一 事く も 身に 應へ 顔 見合せ て 言葉 も 無し。 

め いち まへ はもし e や 5^ わたし もら を たへ まへ 

「梅の 市さん か 前が 話の 上手な ので 。妾まで が ツイ 貰 ひ 泣き を …… 妙 チヤ か 前 も 泣いた のかい 。「お ィ 

あほ Hls> し みだ 

わん まゥ 哀れ.^ か 話で ツイ 涙が …… 、 

ね や- J たが ひ かほみ あは さめく を あほ 5 め .& おや 5 も L ほこが ほけ ふ だいぶん は *a> し ぎょい 5. 

親子 は 互に 顔 見合せ また 潛然さ 泣く も 憐れ 梅の 市檨子 知らねば 誇ゥ顏 T 今日は 大分お 話が 御意に 入 

み ど ft' ふ や ま をし わたくし ちか &ろ B をし ct^ 

.CS ました € 見えて …… ィ ナ 11 豆腐屋の 八が 申ます るに は 私 は 近頃め ッきゥ 話が 上手に な ゥ ました S 

こど &ざ K** し た 33 でき S ざ あは こど ま * しあ ひど 

いふ 事で 御座 います。 へ。 へ 。話 は 何誰檨 も出來 ます もので 御座 S ますが 。哀れな 事 を 申 上げても 。人 

i を あ 七 こど K><b し e や. TA- s»Lh ほめ あっか 

樣 がか 泣き 遊ばさぬ やうな 事で は。 話が 上手 おや,.. -は申 上げられません。 へ 。へ。 さう か 賞め は預. 0ま 

がた ケん 

す さ。 何う もはや へ へ あ. 難う 存じます 

ま を ふ もま あ ね ど ff »J きて て いんぎん こどば やわ ねく rsfr め いお たね だ さ 3 

間も無く 襖の 明く 昔して 女中 は 閾に手 をつ かへ。 慇翹に 言葉 和らげ or 奧樣 梅の 市さん を 種田樣 からか 

むか ま& たね だ さま つか き た 4-5, まも さん e や 5.S たし つか おつ 

迎ひに參ゥました0「種田檨からか使ひが來まし^^0 ハ ィく 只今 直ぐ 參 上 致ます さ か 使 ひに さう 被 

»> やくだ たけ さ K 4- か & ざ 《• め ,5 お たね だ S わた .J X 

仰クて 下さい。 か 竹さん 何う も 憚. さまで 御座ります or 梅の 市さん 種 田さん へ 行く のなら。 妾 ハモ f 止 



まへ おやの つか & -S つ. L よ い ね:?' 

しても い、 から。 か 前お 茶で も 呑んで。 .i^ 使 ひさ 御 1 所に 行 ッても S ゝょ or へ ,o へ 。をれ ぢゃァ さう 願 

たけ つか お- r" つど W* ね さ や f ねく さま ちょ S さま & めんく だ 

ひませ うか か 竹さん か 使; S を! 寸待 たして 置いて 下さい。 左 樣 なら 奧 檨.; ^孃樣 御免下さい ませ 。「チヤ 

かへ WJ そ 3 つ たけ 5 め S ちて ど あ たォ 

モ.' か歸 何う もお 粗末で ゎッた チ。 竹 や 梅の 市さん のお 手 を取ッ てお 上げよ or ハ ィ orn リ ャ.; -竹さ 

がた やわ ふくれ てい はぎ 5 め い ち 

んぁ. 難い。 さて 和ら ッ かい 膨ジ た 子 or 厭やです よ。 握ッ ちゃ ァ。 「オヤ 乙れ はした ASO 梅の 市な か 

げんき おくさ; 》 さ やう 

く 元氣。 よい さ 乙 な。 奧樣ハ ィ左樣 なら 

あ ビ おやこ 3 しむ か しほ こどば や、 む. *- め こ ビ?! i 5 だ つか たへ 

跡 は 親子が 差 向; so 调れ かへ 6 て 言葉 もな し。 良 わ ッて娘 は 言葉お 出し or お母さん or か 妙 or ,^ …… 

御 心配 遊ばして はいけ ません をして 御 氣分は 如何で 御座 います。 「あ、 S ゝ。 

む め ^s- みだ そで ぬぐ つぎ ま S ゆ あど ひど L あんむ ね. S た s、 &> みだ いた 

娘は淚 を 袖に 拭 ひて。 次の間に 出で 行きし 後 tto 獨.^ 思案に 胸 痛めて 母は淚 にくる ゝも 痛ま LO 「あ 

ちか * を 乙 わたし LS: ばい ひどぎ わ をん る この 》J ど たねな «i 

ァ親雄 は 何ん £ した 子だろう。 妾にば か. 心配 させて。 人聞きの 惡る S 女 狂; so 此事は 種 田さん へ 何う 

L < L Z S ひ を づけ きん K だん たつ しゃ 

か 知れないで 呉れ. や い 、が。 もしも 知れたら ァ ノ娘 …… 許嫁の か 金さん を 破談す る ッて被 仰る ま 

*- しんば い おか を さき &ろ しょめん つき がく か 5 そつげ ふ い ど 《* 

いか。 ぁァ 何う も 心配で ならない。 親 雄が 先頃の 書面に は。 モ f 1 月で 學校は 卒業す る £ 云ッ たが。 fjl 

$»i しょめん み こど L *4> つ たいがく ね や 5AJ S, あ おや ふ f ちか * .S3 

山樣の 書面で 見る W 今年の 夏に 退學 さやら …… 親にまで 嘘 を 云 ッて。 呆れ かへ ッた 親不孝。 親 雄が 今 

3 でっか かね » ❖ らゐ たも ゐ *J ビし や さん もこ £ ん こ 5 け, CK ん 

迄費ッ たか 金 は 何の 位さ 思ッて 居る やら …… 今年の 養蠶 では 少しば か 6 の損ぢ やない。 ィ、 後見人 

まへ めん » く を 3 へ か あ. & たち も ©S おく かね 3 へ a つば 

の 前 も 面目無 so お前が 可愛い け A> や こそ。 叔父さん S 物 云 ひしても 送ッ たか 金。 をれ もお 前が 立派な 

もの く たのし いきが ひ 5 め. S ちき ほ、 ね や 

者に な ッて來 るの を 幾み にして :… 0* ゾに生 甲斐 も.^ so もしも 梅の 市さん に 聞 S た^ 親の やうに :••: 

都 土産 1 九 1U 



都 土-庫 !!! I m! 一 九 四 Jml 

わ ァぃッ を 死ぬ ••:。• 死んだら ま…… まし, た K ^う。 

•* をい も か < たへ &>K&VJ をみ だ ね ❖ しづ ビ む もめ かた ,》 みだ つか 

間も無く 忙 がしく 馳け來 る,; - 妙。 何事^ 涙 を 拭 ひて 靜 かに 問へば 娘 は 語らぬ に はや 涙ぐむ 。「お母さん 

お金さん がね らッ しゃ いました。 ^ ::: か 母さん。 か 金さん が :•:• 

み: きん こ L や 《. たい も は、 ね^ろ あき きん yj こたへ あは t ^みだ ひ ゑ ば 

見れば お金^ S ふ 娘 も 正 體» く 泣く に。 母 tt 驚き 呆れお 金に 問へば うるむ 答 も 憐れ «聲0「,ぷ 婆さんお 

» くだ どつ ちか を 5Tt さ よめ 5- 

閬き 下さい ませ お父さんが 親 雄さん のか 嘴お か 聞きなさい まして か 嫁に やる の は 厭や おやから 。は 

はだん ば 4* & ざ 

…… 破談す るッて …… お婆さんく …… 口惜しう 御座います 

どめ &、 ろ はづ 5 わ もお- * き い を でか fi をみ だ かた の? お ゆきこ 、 

乙女心の 恥 かしき も 打ち 忘れ。 思; S 切 ッては 云 ふべき だけ 袖嚙み \ めて 溟に 語る 擔 下の 雪 此處 のみ 

ど みた C も ね むら 3 め 

解けて 三人 泣く 音に 衬雨 はらく 

《其 五》 

co-f < せ e を も しぶ ゥ ^9 X L^-y &ん かん ひど こ *- の. S つ よ どき ね I 

實 直にして A 世辭 無き 者。 死物 さて 今の 抵 に 退けられ 。隱奸 にして 人に 媚びる 者 何時の 世に か 時 を 得て。 

きんしう LSJti ねむ 上 5^ & こど ほんだ ゥ 5e ら 5 け sa< あら は 》! んせゥ かざ ばんじ ぬけめ 一ず 

錦 鏽の簿 に 眠る S はさて キ、、 世の 濁. たる 事よ。 半田 通 次 郞の輕 薄に して 陽に 心 切 を 飾 6 萬事拔 目の 無き 

L 5 ち つい ひどみ ちか を 3 だろ ね ど ひどみ ど はやま fs> く y-s-JJ むか ひ 5J 、も かへ あど 

仕 打 は 遂に 人 見 親 雄 を 魔道に 落せし が。 人 見 は 遠山の 注意に て& 元よ 迎 ひの 人 共に 歸. し 後 はゝゃ 一 

ねん- さら なビさ た を ねく t よ e や. n ゆくさき ふ ぶんめい きた い ま ひビみ こし め あて 

年 k なれ. 更に 音沙汰 無き のみ か 送 6 し 書 妝は行 先 不分明 € てみ な展ゥ 求れば 今 は 人 見の S も目當 

ビ かく あ t f6. あ ビ がくし こま f か を 

に は 4 &ら卞 兎角 遊び 5^ すうち。 後に はもの 學資 にさへ 困る 樣 にな. eO かば 斯うして は 居られぬ と0 

さんの もけ ねい こく たく Lie や 5 しんせつぎ ど はやま いへ R> おこ れい ぺん せつ つ S ど ほや 3 お、 ど ぶ 

蠶之 助が 英 國ょゥ 送れる 書狀 ある を 心 切氣に 遠山の 家に 持込み。 M の辨舌 もて 遂に 遠山の 父 を 說き厌 せ 



at み くわん ゐん か ft**- しゃう くわ S けいく わ fig つど 5 こビ ど ほや ま、 さ B る はんだ Li せ. S ぎ はも 

をが 情 はすが ゥ て 身 を官 員に 變 へ 某 省の 會計課 へ 出頭す る 事 さはな 6 ぬ。 遠山 正 春 も 半田が 書生 氣 離れ 

5ti ん 4J ちょ さい を この < 'へ を もの おも こど さんの け 《$ぃ5 ふか しんよう もち 》> せん 

て 萬 事 如 裁 無き を 此.. - 無き 者 さ 思 ひ。 殊に は蠶之 助が 朋友 なれば 深く 信用して 用 ゐる乙 £ なれば 自然 

た くわん ゐん L や <- きう はや so* かく 5- わい かたく か 5 かひ めしつか くら せ. & どくぶ らい しれ 

他の 官 員よ. は 昇紛も 早く。 今 は 格外なる 家宅お 借 6 受け 下婢 召 仕 ふて 墓し ける。 され. 生得 無 赖の白 

もの み t したが また しゅしょく ふけ を -し ひどこ、 ろ **る が だ^ きち や 5 へん け 

者 なれば 身雞 なる k 從 ひ。 又もや 酒色に 耽 6 居る を 知らぬ 人心の かど まし。 驗河臺 鈴 木 町邊の 1 家お 



か き こぎれい tro はんだ つ? C ら. ゥ かさ &iA^ ふだ はんだ つ, ni> ら 5 

借. 切. て 小奇麗に 住居す る 半田 通 次郞。 門 は 杉枉の 札に 半田 通 次郞の 名刺 を 貼, 90 庭に は 少し バか 

/メなこ み は い ひだ 《- くち た 5 せつ よ さ だ つ? 3 ゆ e ん a ま きゃく つく 》5 ど. J 3 »• へ かざ- 

.0 の 植込も あ. CNO 這 入 ッて左 の 口 を 應接所 さ 定め。 次の間 は 主人の 居間 1 脚の 机 床の間の 前に 飾られて 

て ム ていさい toi-l よ さク かたへ あま ほ つ ほん >^ こ f へ や 5 ふく かけはしら か . ^を をが 

手に だに 觸れ ぬ體 裁の 洋書 五六 册 傍に は 餘る程 詰められし 本箱。 をの 上に は 洋服^ 柱を隱 くして 裙長 

お?. げつきん よこ ひ ばち てつびん も ね かも まっかせ ひ ビ き ゆ 5 

く ドッツ サ リ^ 垂 る。 逯; S 棚に は 月 琴 を橫た ふれ 火鉢の 鎖 瓶 其の 音 を 掠めて tt や 風の 饗 優な. CSO 

«Jse ん くろ てん しきぶ ビん ざ かほ かたむ か を fl よめん した、 を い ぶ この 50 きか をた あしお yj 

主人 は黑害 IK の 敷布 圑に 座して。 顏を 傾けながら 假名 t か 6 の 書面 認め 居る は 訝 かし。 此時 彼方に 足音 



J 3.1 *! ど ザ ち 上し &み て こ ゑ t づか あいさつ だん を さ 3 ひビみ かた, S らっしゃ 

して 襖の 音 £もじ 下女 闞は手 をつ いて 聲靜に 挨拶す 。「旦那 檨人 見さん さ A ッ しゃる. 方 か 被 入い ました 



si ビ ほ 》** し ひビみ ひどみ を ひビ おか を S 3 3 ひぶ 

此方へ お通し 申 ませう か。 ナ 11 人 見。 人 見 何ん さいふ 人お や。 親 雄 さは 云 ひ はしな いか ハイ た 人 

かた ひビみ かた s< つ 々ら.0 かた さ や 5 

見さん てかッ しゃる か 方が :… •。 おや ァ人見 かしら …… をして そのお 方 は幾歲 位な-; -方ぢ や。 左樣で 

御座います ニ十三四はも.^-成4遊ばすかさ&ふぉ方で御座ぃます0「ゥ ム。 をして 顏は ::•• 「色が 黑 

か J できもの た いもう で かみ け まこ ビ び. はん a ざ 

く ッて顏 へ 黴 瘠が 大層 出て ゐ て。 髮の毛 は誡に 薄く ジて。 まるで 病人で でも ゐらッ しゃる やうで 御座い 

^5 くろ か 5 できもの み を w さ てい D 

ます or ィ H 色が 黑 くって 顔に 嶽瘡 …… をして。 身 装 は 何 うぢ や 。「をれ は 何う も 醜 S 體を なさ S ま L て 



都 土産 1 九 2 



^^^^1 ^.^ M^.^ V^^.K^ ^ ^^^^ "は" 



へ こねび ねづ みいろ かわ & だん を さま いつ さ i^L <i ざ S よ 5 

兵 子 帶もモ I 鼠色に 變 つて 居ます。 旦邵樣 また 何日 どやの 壯士^ かぢゃ 御座いま せんか。 御用が あ. CN ま 

はや かへ あ を は 5 よ ゃゥぁ f め 

せんの なら 早く 4^ 返し 遊ばした 方が- Has いぢ やお. ません か。 r ムゥ をん な 奴に 逢つ ちゃ ァ いかん 梅 や 

しゅじん も い はや かへ < わい ぶん わ こど は よ & ざ. & 

ま 人 か 居らぬ € 云つ て 早く 返して 5^ れ 。外 闞 が惡 るい…… or をれ ぢゃァ さう 斷 つても 宜ぅ 御座いま すか 

はや 

「わ ゝ い 、。早く 

げち 上た さ のち つ ら 5 み れん L や,, 'e ほ をめ ひら み 3 が かた も ひだみ ちか を い か お は 

下女が 立ち去 6 し 後。 通次郞 未練ながら 障子 細目に 開き 見れば。 擬ふ方 無き 人 見 親 雄。 如何に 落ち 果て 

い ま( おか 5- こくる せいたく き は もの 5 ろ さ ひざ ほど り を か き み くづ し? •<» 

し^は 云へ。 前に a 絹布 纏み に 贅澤を 極めし 者が。 色 もはや 褪めて 膝の 邊 半ば 切れ かゝ. たる 身 を 崩 縞 

あはせ しろ へこ ft び ふる いろ み さ だ あどへ ひ よ ©げ た は ? L を みだ 

の 袷。 白の 兵子帶 古びれ て 色 も 見定めが たく。 後减. 'のした 日和下駄 穿き。 帽子 無ければ ザシ パ ラさ亂 

かみ かく よし かふ も&が さも はづ み か < ばい $1 く や かほ. J 

れし髮 隱す由 もな く。 蝙蝠傘 持たねば 恥 かしき 身を隱 しもなら す 梅毒に 病み ほうけ しか。 顔に は徵 

もつ あど yjs- きよ ねん たも かげ ひげ の さ 3 あやし i が はんだ 5 お Sj ろ たも t ふで 

瘡痕を 留めて 去年の 俤 なく 髯 さへ 延びて をの 樣怪げ なる ko 了 得の 半田 も 打ち 麓き 思 はす 持ちた る 筆 

たど ねか ひビみ おかな はんだ め A くわい こど ゐ かんた み みにく ほ しい 

はたさ 落せし rJ を 可笑し 人 見 親 雄 は 半田 面 會を斷 はられ。 遺憾 は 堪えかぬ れ^ 身の 醜き に 恥 ぢて强 

い しほ, (- かへ みち つらく かんが つ 5e ら. n けいはく L かたむ ねん た ひビ 

て さも 云 はす。 悄々 さ歸. しが 道す がら も 熟々 者 ふる ko 通 次 郞の輕 薄なる 仕方無 念に 堪えかね。 獨 

**>み だ か あやま さ く い ま せん ちか を たも われ か やつく み R> ど -Ns- はん 

o!^ を嚙 みて 過 を 悔いても 今 ハ はや 詮なし。 親 雄 思 ふに 我 期く * 々しき 身^^り しも 元を亂 せば 半& 

. L >*?1: ち せ くせつ ねち ゐ ぃ3、 で 3 を われ S- つば K ん げん はしき こ き や 5 

か師 さな ろしと。 汝の 毒舌 陷ら すして 今迄 學び たる rJ さなら ば 我 は 立派な 人間 ざな. て 錦 を 敌鄕に 

かざ ヌ< はんだ つ. *.e ら. fLf fts- き 《■ はく たも きふ め々 

飾るべき;^^0 さ. て は惽 らしき 半 ffl 通 次郞。 さき 同宿せ し 折 はは その 窮迫 を 助けて 急 を惠 みたる 

こど. £-/«、 わ S t その £ をん ち くわん ゑん もど .&3 みぶん わ も 5$- ふこ 5 あ 53 れいらく 

事 幾 回さ. いふ rJ さ を 知らす 其 後 汝は官 k 綠を 求めて 今の 身分と^. <>o 我れ 數 度の 不幸に 遇 ひ 今 零落の 



み «vy_(LtL ちか こん K お きょた く たづ _* te ちつき たり 

身 S.Ja> る も。 元々 生死 を盟 ひし もの を 今日 やう >(. -をの 居 宅を霉 ね 出し 身の 落着 を賴 まん さする は。 

>*< がた み a くき み めんく わ. S こど K *J の 《- へ も 《- ら S つ あだ や ,1 み 

姿の 醜 を 見て 面 會を斷 る を 此上も 無き 恨み. ^^>れ0 何日 か 仇せ では 止 ひべき so S たく 怒 か..^ て 身 を 

し 《- ケ . ) い 》• L ど ほや ま .JSC げんみ あた き w むね 3 &ビ は、 こどい もビ こど, V? fe4 い 

退きし か。 今 ど 知る 遠山が 針 言 身に 當. て。 雜 もて 胸 を 刺さる、 如く 。母の 事 妹の 事 坐 vck 思 ひ 出で ゝ。 

»1 はこ はかせ 

さて 足の 運び も 渉 取らす 

い 3 さらかん が ft や e ひほ& がた きせ 3 は、 おやき A あこた び 

今更 者 ふれば 親の 慈悲 程 あ 6 難き もの はなしまして。 氣の狹 S 母親の 氣 k な 4 たらば 可愛い 子に 旅さ 

あめ かせ ゆく ゑ たも だ ひさら を vt& ろ ひビ こ み わが こ か お <^ 

せて は 雨に つけ 風に つけ。 行末 を 思; S 出さぬ 日 a 更に 無く o、 年頃なる 他人の 子 を 見て は。 我 子, 期く 成 

たつ よろ さ 3 さいれい こ f^s, き ゐ あはせ I f ほれく わ こ よく たこ よ 

長す さ 喜び 稻荷樣 の 祭禮に 子の 朋友 か 着て 居る 袷の 摸 檨に惚 々して Co 我が 子に もさの 愁を 起し 夜 

め あ はたね そ つきめ や 5 できあが 5 れ わた あつ い あた、 わたいれ 1*- ん 

の 眼 も 合 はさ 卞機織 < 初めて 三月 目に 漸 やう 出 來 上ゥ。 やれ 嬉し やさ 綿 厚く 入れて 温かな 綿 入 納戸 

s ら つ <» も-, J でも ぬ ど ど ぬ いもが かせ. さ ふゆ よふ s$ ら ど. 《 しび か た 

裏の 種 少し 出過ぎ し^て。 縫うて は 解き 解きて は 縫う 忙は しさ。 風 荒む 冬の 夜更け 薄暗き 燈搔き 立て ゝ 

せい ばい H^t § ひど さま ま f かげ ちから がた てら まゐ こづか ひせん もこ 

精 1 杯の 針仕事。 人樣に 負かさぬ 樣 k さ 蔭ながら 力つ ける あ 6 難 さ せめて 寺詣. の 小 遣錢。 少 しづ、 

たね こ こづか ひ め. L つか ひ けち. S み、 も 50 き、, * が ひど .J 

溜め 置きて N> れ でも 子の 小 遣の たし.^ もな ス. さ。 召 仕 k 吝嗇^ 云 はる 、の も 耳の 外に 閱琉 して 人知ら 

/V ら. 5 たや & がた ね も ふ こ 5 もの ひどみ ちか を t し こ ひ み はた げしゅくや 

ぬ苦勞 する も 親御の 情。 をれもぁ.<^難しさも思はすか不孝者の人見親雄ハ由なき戀に身を果しo 下宿屋 

ひるね ゆめ たせろ は > きふび やう し みやこ こ、 ろの こ こ $«, かへ み は. f ち 

化 畫睡の 夢 を 驚かせし 母が 急病 さの 知らせ。 都 は心殘 れ^い をく 敌鄕に 歸ゥて 見れば。 報知に まさ 

た. &び や?' き は、 び や 5き おの ぶら ち < ftvw さもが し- 5i ゥね くさ ちか * き お fc> 

る 大病。 聞けば 母の 病氣は 己れ の 不傅を 苦にして 求め し^ど 了 得 性根の 腐. し 親 雄 ももれ 閎きて は 思 

**> みだ こざ は、 はか を け L5 しゃ 5ぃ かた わ si ど たへ か& 

はす 涙 を 溢し ける。 され^ 母 は 果敢なく も沒 去.. = ^しかば。 一家の 愁傷 云 はん 方な く。 別けて 妹 か 妙の 悲 

都土產 一 九 七 



都土產 1 九 八 

謹 U I JUi l fcg —8— 8a_— n 8M lEEgB B— — a— — BMS— S I = III I- 國 ■ 疆 I m l Msg JICLfescugugiEJUM 扇 MS C 8E - - 霤 I ■ 冒 一- 匿 -一 匿— i 一 ui l— g —naBB— ice l g = l 國醫 画 i 

たの は ね や L あ" み fi ちから あみる ざこ おや S ちゃ &ど 

しみ。 賴む毋 親に 死なれ 兄ハ身 持:^ 瞎 なれば 行末の 力 さも ら す。 網に れし雜 魚の 親を禁 む. 如くな- y 

きん 4J よ 《 を くちさ が を をん &! さも 5 はさ iMS か も に fj さはち も か. a しゅ 5 く おどか か したが か を S fy 

し 《 近處隣 6 の ロ善惡 無き 女 共の 隠0 七日 さ 過ぎ 二七日 さ 過ぎ。 鉦逾 木の 音微 になる に隨; so 家內 は漸 

さび たへ われ かた ひど を は をた を W あ か をけ みづく は/. はか 35 から を み 

やうに 淋しく 》00 か 妙 は 我 亡 語らう 人 も 無く。 花手折闕*桶に水汲み母の蠤^^^龍で、は0 鳥啼 きに 身 

せ た .》 いだ はゝ上 こど わ し か あ S くだ つか 

を 責められて 。思 ひ 出す は 母の 世に わ. し 事の さま ァゾ なに 妾お 可愛がって 下さいました。 か 母 一 

はち a たん ねく a あ を S しんぱい か 

さんに 1 日の 御 恩 も so もせす か 果て 遊ばす まで 御 心配ば か 6 かけて rJ ん.^ 乙 S ならせめ て 十日 も 

つか き .》 の さし あ おも か を くち を をみ だ く あやめ わ を KS 

.f^ 母さんのお 好な 物で も 差 上げて •::• 思へば 悲し 口惜し さ漠に 暮れて 黑白も 判 かす 泣いて 居る さ 乙 

を べん &. W こ. 5 かぞ かさ は/ 'さま じ や < 'ぶつ や r^e つま, > を む 

で 無い。 せめて 1 遍の御 回向 も數 重ならば。 母檬が 成佛. ^さる も か 易す い rJ さ、。 珠數 爪繰 6 て 南無 

あ みだぶ つ ん せん こ さも むれ いぬか あ たけ 53 の た ii& ど of も 

阿 …… 彌 陀佛。 門前に.^ よめく 子供 一 群。 嘴み 合 はす やら 竹馬に 乘る やら 鬼 事に 氣を * ば、 れて卒 

ビ ば ひ たは たむ 《 もしき みあ かもた K かく たへ. & つまで はかば さ あや 

塔婆 引き倒し。 手 向けの 花 機 荒らして。 彼方へ 通げ 此方 k 隱れ。 妙の 何時 迄 も 墓場 去らぬ を 怪しみ。 

たれ こ かこ まへ た s し ふさが ゆび わら さ、 や <- &づく きこ ビ わ 

誰來ょ 彼れ 求よ? 前に 立ち 後ろに 塞- >て0 指さして 笑 ひ 囁きて 點 頭な^。 氣 にく はぬ 事の みなれ. 回 

こ 5 ちゃ 3 きんちゃく せ はど だ わか あた はか あ はみ ど f 上ろ こ 

向の 邪魔 なれば 巾着よ-^ 少しば かう の錢 取. 出し 分ち 與 へて。 墓 荒らすな 花 章る さ敎 ふれば 喜び 

あめや は * みづ も、 あめ を X ねん, 》 たへ わ こう くさ ど きょ ゆん クれ i 

て 節屋に はせ 涕 から 飴 甞 めて 餘念 無し。 .f- 妙ハ 回向しながら 草 を 採. 塵を淸 め。 さて 夕 暮の雲 

f いへ かへ ぶっだん 3 へ ぬか み fj らは a ゐ K いめ どき おで し れ は、 いま は 

k 送られ 家に 歸 4 佛 壇の 前に 額 づき。 見れば 白 張の 位牌 眼に ちらつきて 膀 ならぬ 袖 k 時雨し。 母が 臨終 

I ぶ La どこ あど いた i ものた こ * お やみみ よ さめ f & やっか は、 

の 際まで^ 居の 床 跡に 至. て n 何やら 物 足らぬ 心地し fflk 身お 寄せて 潛々^ 泣けば 病み 8 れし 母の 

ね-かげめ s つ は をつ は 、さまいだ つ や ふた の かたみ わ もんつき かさね あ も 

係 眼 ちらく さ 纏綿る 懷 かしゃ 母檨さ 抱き 着けば。 柳 籠の 蓋に 戴せ て 遺物 別け の紋附 一 重。 明日 



寢ね 年き 見み 



, J } I » i 1 1 1 



しんるい f £*、 xf^ t& み ねづ みた a- ん t もで は、, この ものね f た ' ^ こ I > ぼ ^ , 

親類へ 贈 6 屆 ける 用意の 品。 見れば 鼠 小紋の 小袖。 乙れ も 母が 好みの 物 £ 思 ひ 出せ は何處 やら 殘り 惜し 

とりよ L もで ビ し ゆめみ たのし ねむ ゆめ 5 めき どき しんや めさ 

く。 其 夜 は 小袖 抱き ズめ せめて 夢に 見る を樂 みに 眠れば 夢に 苦 叫て 時なら ぬ 深夜に 眼お 覺 まし 

あわ ど び ほか あた w ひど を きょねん あき は、 3<ら**>$ かせ もさ ばせ * ゃ*^ - ^ . ' r ) 

れ^ も 淡き 燈の外 四 邊に人 も 無く o 去年の 秋 は 母 さ 枕 並べて 風 荒 ひ 芭蕉の 破れ も 知らす あ.. y しか 今 

5- か ゐん々 わ こ が たどむ e や 5 まくら お どづ しどね ひや ほねに 5™ 1 1, め 5 ベい 

如何なる 因果に や 木枯らしの 音 無常の 枕に 昔 信れ。 あはれ 褥 冷やかに 骨冰 AN て。 夢現 覺 めて 後 1;. ^易く 

ね も くつ よも もがら あ がた ゆめ <*l«w たど *^^】ろ ね あが,, -ひ t^:? ひゆ C ビ 

つかれ 卞。 思 ひ 屈して 終夜。 ト は く V- 明け方の 夢 車 井の 昔に 驚き 起き 上れ は 日 高く 光て 权 元をキ 

_0 s づ わ き - <^< て. il* f へや さ いま e ぶん は、 さ 2 

ラく^ 射る K かし さ 我れ ながら 氣 後れして。 手水 も濟 まぬ に 部屋 を 掃除す るな^。 今時分 は 姆樣の 

te-c <^ ころ ひど ❖ ち こ は さめ つく ま くわ S ち 5 か み を ふ ビ S だ _ を 

起して 下す つた 頃 だのに 獨. CS 愚 溢して はまた 潜 々o 化粧らぬ に 先づ懷 中 鏡竊さ ^ゥ 出して。 泣 

か はかく あ 《 . I 

き 顏隱す ど 哀れなる 

J おか * こき? 5 へ み クゝし は、 かんび や 5 .S5 は、. S か やわ ふこ 5 こ ほ «J.» あい 

さて 兄の 親 雄 は 故 鄕に歸 60 身 を 謹みて 母お 看病す るに ど 今 は 母の 怒. CN^ 和らぎ 不孝な 子 程 可愛き 

わ や をら ひ ** ほ び や < き かく & こ、 ろ せつ 8.- めさ くら き や 5 だいの こ ゆく も ゑ み L お f : .^f- よ 

は 親の 習 癤らぬ 病 氣さ覺 悟す る 心の 切な さ。 梅 櫻の 兄妹 殘し 行末 も 見す して 死ぬ る rJ さ 思へ は 浮世 は 

ら あに ぃもど タ <s:.« ^み こどくれ.,; たの いも ど あに ゆく も 》« ゆ ゐ£ん あ がた "^:^ 卞し , • ^^a^y, 

恨めし。 兄に は 妹の 緣 組の 事 吳々 a み 妹に は 兄の 行末 こま f 遺言して 明け方の & 西へ カツ クリ^ 終 

しゃ 5 ねん だいれ. 5e やう さ. r-tsu あつ ばれみ &50 さき わる V 'はさ ものち か * む 3 かへ ,ダ ^^5 つ &;、 "yli 

正 < ム」 の 大往生。 葬式 も 夭晴見 寧 先に 惡噂 せし 者 親 雄^の は 生れ 返りし か^ 云 ひ 直す 嚼さゥ a3J 中 

も おか &; < らし ちゃ i-gsvj だ をろ ばん わ だ ■ , • ^-^K X . r- タ k 

も 過ぎて 親 雄の 活: の 帳雜取 6 出し。 十露盤に かけて 割- > 出せば。 これ はくさば かゥ 吃驚して 一有み 

きせる たど ふ ど ためい さ s でく め > た = ^こ 、 あ., ブ . ' >' > ? 

さした 煙管 ハ タ^ 落し 太き 溜息 一 ッ …… 腕 組んで 吸 は。 < ァ千く 煙艸 にで も.:^ 群 ひ 遊 はした 力 さ。 

いも ど かたさ て ^5- か くさ * をみ だ を た ほ,. ^ 力 W ざ 3 > . -^u - 

妹が 肩 摩する 手 l^i ハ夂 はして。 口惜し 涙 泣いても 足らぬ 程。 何ん な譯で 御座いま すよ よ 兄さん wSsE れ 



都 土 逢 二 00 

ぃもビ もみだ む t- や しき S ひどで わた を ねビ ろ こうけんにん か はみ そ み 

ば 妹 も 涙に 咽び。 をれ ぢゃァ 屋敷 も 家 も 人手に 渡って 居 6 ますか^ 驚いて 後見人の 顔 見れば。 夫れ 見 

あざわら が ほ ち. a* わ を あやまち しほ s まさら こ S けん ひ 5 わけ や々 ひ かぶ 

よがし の 冷笑; S 顔。 親 雄 は 我が 成せし 過に 凋れ かへ .c^o 今更 後見の 非 を 打つ 譯 にも ゆか 卞。 夜具 引き 被 

&. はち かんが ビほ よ < ふ.,' で f へ だ,? 《f 5 せん きょねんべ .T ぶ も かん 

つて 二 夜 三日の 考へ 通し。 され.^ 宜 S 工夫 も 出す 乙の 上 は 道具お 賣 るよ A\ 詮なし so 去年 扉 風 繪の鑑 

て 《• たの だ や はんよ *- ^ つか ひ こ ちか を C ゝん .J ゆつ ば を たの や 5 

定賴 みし 道具屋 四 五 人 呼べ なか. (一度 二度の 使で は 來す。 親 雄 自身の 出馬 泣く やうに 賴み漸 やう 

き き きょねん ゑんね 5 ち こ 々わけ ふ b づ ほん ゑん ひんさ i ? ふ e さい 

來 n 來 たもの ゝ。 去年 五 圓の價 値 わる 古薔 今日に な CN て 僅か 半圓 こ の 貧相な 防さん 富士 われば 己 を 西 

ぎ や f み くら, ほ & ^>^*5 さん >i-.» わるくち さ げ らく その < せ か しょしき か 5 

行£見 える 位。 乙ん な 反故 同檨な もの- S 散々 の 惡ロ。 さても くも 情けな S 下落。 其 癖 何も彼も 諸 色 高 

ちき e せつ おか * たへ ほ. ざ 5 い たいせつ ひ ざ 5 4? もつ だ やて わ 

直の 將節 親 雄 か 妙 ハ寶藏 に 入-^ てハ。 大切に 秘藏 せし 什物 うやく しく 出して 道具屋の 手に 渡せ tto 

ft たき *>• たば « せヮ くる を とら しんば い やま つ はぐるま 

乙れ ハ いかん さ 濡れ 薪 束ねる やうに 投げ出され 切なき 苦し さ 泣きた さ を 耐える 心配 山に 積んだ 荷車 

ち &f ね K め-^ V ほ-^ ま を も を や しき は^ を £ 'らだ を 

二三 挺。 をの 直 を 問へば なんの 眼藥 にもなら ぬ 程。 間 も gl く 住み 驯れし 屋敷お 離れ。 わるに も 無き 竊店 

h^f -0 こ 5 けん み かく いひ を づけ つま せんば 5 は だん い まさら. > わ?. ぶんり こき ゃミ % 

の 詫 住居 後見に ハはゃ 身 を隱 され。 許嫁の 妻に は 先方よ ゥ 破談せられ 今更 外 M 惡 るく 故 鄕にも 住み 

ど VJ5 け S の は L る ひど たの あ くわん ゐん i つど ほ 5 こ 5 ちかお ち 上 fl くら ゐ ^9 ひどり 

かね。 妹 は 東京に 登り 知人 を 赖み。 或る 宫員檨 に 勤め奉公 すれ. 親 雄に さへ 住所の 知れぬ 位。 今ハ獨 

み けっく き かる んん ばつ お & 5 ち よわ め をに L や S わ ばい く か、 め あ 

身の 結句 氣輕 なれば 乙れ よ 61 ト奮體 さ 思 ふ內。 弱. CS 目に 何^ やら 性惡 るの 梅毒に 罹ゥ 眼も當 てられ 

み K< もがた かねった のよ せ や 5 はんだ ち f しょ き し み ね 、つき たの 

ぬ 醜き 姿 £ な 60 金ハ竭 き赖み 寄る 瀨も 無く。 漸 やうに 半田の 住所 を 聞き 知. <yo 身の 落着 赖まん ^せ 

む e ひ き や 5 わ も めんく. CS こど むね s ち *ど乙 を を あゆ あさく あくわん のん けいだい 

ば。 無慈悲に も舊 情お 忘れて 面會 を斷ハ られ。 胸の 中 男 a きに 泣きて。 步 ひ^も なく 淺草觀 音の 境內に 

いた こ、 ろ わが てきた 5 -i や £o* い ^ たづ S つ あし きた ^ ' > . 

至る。 プさ 心つ き 我す る 適當の 商賣ハ 無き や^ 尋ね 廻 6 て 何時しか 足 n 牝へ 向けば。 乙れ で n ならぬ 



都 

± 

產 



き ど. が «w L むか し ふづ たと が ゆ ふま々 ひど な くるわ ^ こ ."i ざ.; 1 

さ氣に 咎めても。 何處 やら 昔將懷 かしく。 n や 誰彼れ の 夕 紛れ。 人に S; されて 鬮:^ 入 d 込り ば〕 娘 5 ハ 

きょねん かほ か はは わみ は みは 4" せば &c み か 5 し ささ た、 づ おも 

去年に 瘦ら ぬ^。 變. 果てし 我が身お 恥ぢ 身巾 を 狭めて 馴染り 袼子先 に\ィ み。 思 3 おかけ?^ る》 化 雖 ど 

たも よ 5 しろ ひ VJa わかもの つ &び くる * ^fc き y ど たん 

手 折. CS ハせ ぬかさ 寄らん^ てう ツ^. する 後よ. <=> 1 人の 若 *9。 綱^ さの 腕 車^, S せて 此方 る迩 端) 

ちか * かちば f つ あ ぬき もで ちから を か 《 へ が 5tl しり みむ か. tj,v:.;- 

親 雄 n 梶棒 を衝 き當 てられ。 拔铀のカi^\ょK-めきてo 傍 K 岸 破 W 尻 i ^ちつく お 31^:1 さ ij^ やら 門口 

上 t づ fl やち 5 ひさ はんだ ねせ ろ だ 5a おかお あき t ご & fee S あしばや た 

へ 横着け にせし 車中の 人。 アツ 半田 …… ビ驚 くも 道 ao 親 雄 n 呆れて 言 装 も II く 釉ぉ拇 ひ 足早に 立ち 

去ゥ て。 溜め息 * ツ^ 一 ッ 

つ たもし ろ こど くるわ い あさく さくら 2 へ き -9 しろ よめ vi 

續 け^まに 面白から ぬ 事の みなれば 廓お 出で ゝ 錢草藏 前に 來かゝ りし 後よ ク。 ァレ お嫁さん がま-る^ 

かけな & た ろ み .B "なへ よが. i- VJf ひか み K わ いひみ づけ つ *• た "な む もめ f 

« 聲す るに 驚き。 身お 傍に 寄せ 瓦 期 燈の光 A 'チ ラビ 見れば。 愴 くや 我が 許嫁の 妻^ し.. 3 田の 娘〕 今 ハ 

いづ ひど み まか (t あど つ ちゃ. 5 « ゆ ぎ しゃら か 5 らゃ むかし .> 

何れの 人に 身お 住せし やら.^ 車の 後に 踵いて。 二三. J も馳せ 行く に ま 乙 さ 4 や- s?^ss 家〕 羨まし 昔^の 身 

くや せん をのよ き ちん やせ あか よ、 てう はんだ つ を やくしょ いな めんく OS ま& 'し 二 お 5 

なウ せば 亡 侮め, ^も, なく 其 夜 ハ 木貨 宿に 明して。 翌朝 平 B が め 居. 役^に 至 CN 面會ぉ 2. 込み 應 

せっしよ ざんじ もの ひ M J e かん も な もころ 5 し ひら せ おど ね. 5- ろ み A 

接 所に て 暫聘其 人 を 待てば。 C や 一 將間も 遇き し。 ヒ思ふ 頃) 後ろの 開さ卢 の 音が チャン。 驚 さて 見返へ 

ま jV の ひど たが ひ こど こど ほな 《ん だ ど かくひ どみ さげ を,. t がう 4* ん も ぶ 3- み こ H_b て オンく や 

れば 待つ 其 人 互に 一 言 1 一言 <kJ 話せ 半田 ハ鬼角 人 見お 蔑 舰て。 傲 85 の 素 3g 見 ゆれば 此方 ハ 結句 燒け 

き あ を .4. ちた S あらそ んだ 々わい ぶん わ き やむ e やう 3 く こ、 ろ こ、 

氣 にな 靑 筋立て、 云ひ爭 へば。 半田 ハ外 閬惡る さに。 氣 を扣ら げかへ す 乙 も 上策 7 ヒ心 づき 此處で 

ひどめ は, し ゆるく たく き 5- のが さど ひどみ t, か み " 

n 人目 わ 話 n 锾々 宅に て 聞かう so 云; S 遁 れん £ する を。 悟りて 人 見 〔ますく ^ゥ。 乙の 身の 期く 

み を , あくしょ ね. J こど われ こ 力ち 々わ をら は * &ム 3 ハク 

な 6 しも 皆 か のれの 惡 所す、 めよ. 起 4 し 事 我ハた >此 地に て 書 t 習 $:ん£ こも すれ。 もれお 英 1 



〇 



m 濃と ぶ 



て 上 くわが い あそ び e ん ゑが ほ J れ のこ あさ づ 3 ふね よ R- はや あ ふた > 

蝶 C 花街 k 遊びて。 美人 を 書く k 春 を 殘し。 淺妻舟 ハ今も 世 i:- 持て 離さる ゝな. *J 煽ぎ立てられ。 ツイ 

づ こ、 ろ よ か み..' へ ひどく る L くわん らく む 3 は かげ 3 た S ケく お ほ&ゑ の、. L 

1 圖に心 迷; so 欺かる 身の上 さなる。 人 を M めて おのれ 歡樂を 貪る 乙 を 蔭間の 盗賊 なれ < ^夭聲 はて 罵 

こどお. J けつけ ひど. f か ぶ この ひや 5 ばん づ たか つ ひ ど ほや 3 くわち や 5 み、 S — つ 

る を 事 起 6 ぬ さ 受附の 人々 驅け 寄. ければ。 此 評判 一 麵に 高くな. CS て 遂に 遠山 課長の 耳に 入. 00 以て 

ほか はんだ はら だ さ 5 れ. 5 お 5 さ S も はんだ 5 はさ やくしょち 5 L くわち や 5 

の 外なる 半田 £ 腹 立 たれし が。 同僚の 仲裁に て 事無く 濟め 濁. たる 半田の 噂 役所 中に 知れて。 課長 

さ 5 れ 5 はんだ こ を ひ め f 

同僚 も 半田の 舉 動に ゃゝ眼 をり ける 樣 i£ な. し。 

《其 六》 

たへ J5- t% L およつ 50 こ 、。き わけ き > > 

「;- 妙く 。泣いて ハチ ジ€ も樣 子が 知れぬ。 一 寸此處 へ 來て譯 をお 聞かせ。 

LA せつ 50 ど. ろ yj ほや ま、 さ はる ねく がた こんか ひ き も を- f らっ > *©) f へ した 

心 切に 問 ふ n 年頃 四十 五六 rJ れ 遠山 正 春の 奥方。 ffi 甲斐 錯の裙 裏付けし や はら か 物。 上から 下まで; N 

かさ こ *j んも しきぶ yj ん の きせる ひ ばち ふ は » は、 3 つぎ-ほみ- . よ, 

ッ タリ さう ち 重ね。 古 純 子の 敷布 翻に 座 60 吞 みさせし 煙管 火鉢の 綠へ靜 に 叩き。 次の間 見て またも 呼 

こ ゑ たへ な 七 ざ t9 L きみ ひざ さめ ^ を か あ S • ? S ろ L ろ か _ まゆ 

聲. .^-妙$:恐るく座敷の閾k膝もたせて潜々さ泣く可愛らしさo 年ハ 十七 八 色白く 羼 高く。 盾 $: 

ひ yj み も *- あつ ばれ じんみ *j>c 3 み a . ものお. f ? ふ V せ-い ^ ^- 5 

くして 眸冷 しく、 夭 暗なる 美人。 身裝も 左まで 醜く からす され. $j 物 思 n しげなる 風情 ハ 何處 やら 素 

おもて あら びん ねく V か 5 も $ たへ かほ 4^ いま 力た 

の 表に 現ハれ て。 鬚の 後れ毛 親に か ゝるも 一 曆な. 00 4Jj 妙ハ漸 やうに 顏を瘙 げて。 今 ぁハゃ 語らむ V 

や さき 4; ん くわん か、 X こ ゑ かって でむか S ft* S きた ど ほや 》• 、さはる 

する 矢 庭 玄關 にて. 歸 4 …… ざ 呼ぶ 聲。 勝手にても出迎ひ^^^出でし^思ふ、 間もなく 來る 遠山 正 春 

かへ み や々 わふくき か i i «A I I ^ I > し i . 

役所よ ゥの歸 Ass 見へ。 直 和服に 着換 へして 設けの 布圑 k 座 60 か 妙 は 何う した^の かけ 聲。 . ;^! ^は 

しら た te くが JJ ビの £ き げん. か *• きしょく ? * こ.,、 ろ あ ^ 

た >ハ イ^ 頭を垂 る、 のみ 奥方 は 殿の 御機嫌 伺 はれ 氣色 もい さ >麗 はしければ。 .^づ く 心 安堵し 



たへ い も $ > どの - ' ^© CI やわ たへ や i- も つね か S おくがた 

て。 お 妙 を 急かせ 茶 をた てさして。 殿に す、 むれ は 殿 は 言葉 を 和らげ 4- 妙の 樣 子の 常と 變 し を 奥方 

ビ たへ さ たへ &ざ > . 'け ふ& せんお * ♦*> お- 5 < K ひビ たづ 

k 問 はる or 妙 は 何う したのお や or 妙で 御座いま すか。 今日 御前の 御 留守中に 敌國の 人 を 尋ねる つて 

わたし ひ 3 ねが ゆるつ か , ま かへ ま a ひ W * 

妾に 暇 を 願 ひます から。 許して 遣 はしました か。 問 もな く歸ゥ て.^ ゥ まして。 獨 .CS で 泣いて 居ゥ ます か 

ら。 只今 もの 譯を M いて 居 ましたき 乙 で 御座 6 ます 

乙 どば しづ こた まさはる い かほい ろ たへ よこが ほ み ゥ かたて 

言葉 靜 かに 答 へら るれば 正 春ハさ もさう 卞さ云 はぬ ばかう の 顔色 か 妙の 橫顔を ジジト 見詰め 片手 は 

ひげ ひね & かめ たへ した む をみ だ く どかく どひ らち あ たへ まへ さ 

1: 檢 る威嚴 しさ。 か妙ハ た》 下 を 向いて 涙に 吳る、 ばか, なれば。 兎角の 問 も 博 明かす T 妙お 前 何う し 

わけ 《&> を わけ, わ I せ こビ お < かた き. 

たのお や。 譯も 話さす 泣いて ては譯 か!; からん 何う いふ 事 ぢゃ。 サ 、奥に 語って.;^ 闘 かせ 

ビ たへ をみ だ ,てで を ? どの さ 3 ねく さま ビ ほ き くだ わ?,』 し & あん を S さ *• みや 

問 ハれて か 妙 はやう くに 淚を 袖に 窃と 拭; so 「殿 檨。 奧樣 一 通. か閬き 下さ いませ。 妾 は 御 案内 檨の宮 

ぎ, rs を はふ らし * 、あは ピ しど... き や 5 »i ゆげ ふ あくい 5 さも は よし はら 

城 生れ 何 不足 無く 活 W て 居りました が。 兄 はさる 年 東京へ 修業に 參ま して ッィ惡友^^^誘引れ。 吉原 

がよ こど は や しき 《- や 5 しん L あは «&> たよ かた を 

通 ひ をし ましたの が 事の 初 60 トウく 屋敷 も •::• 兩 親に は 死なれ。 兄に は 離れ 賴 るお 方 も 無くな. 00 

ビ の i おく i & おん いた *• & しんせつ つ わか あは こ ひ 

やうく 殿 樣奥樣 の 御 恩 を 頂きまして 御 心 切 して 下さ S ますのに 就きましても 別れた 兄が 戀 しく 

こき や S た よ W- f: よざい わか を を こ の& ろはん だ 

な. 00 敌鄉へ 音信し ましても。 所在 はチ ッ とも 判み ません。 泣いて ばか. 居. ましたが フさ此 頃 半田 

さ 》• たび. fr-..s らっしゃ き みあに ほ 5S5 し やしん し を かた あ は し 

機が 度々 被 入る の 氣が つきまして。 見れば 兄の.; - 朋友 ビ寫眞 で 知って 居. ました.; -方 逢って か 話 を 

5 けた ま あは fLi L ね 6 ひ 3 5- た !■ たく あが き み 

承 はったら。 もし HkJ- や 兄の 住處が 知れる かさ 思 ひまして。 .; ^暇 を 頂き か 宅へ 上って K いて 見ます ^0 

«0 ほか かた こビ わるくち 5 へ わた f> ff あに H んだ さ ** る 

以ての外のお 方に て。 兄さんの 事さん f 惡ロ なされた 上 妾 k まで 惡ロ 》 され。 もしゃ 兄 は 半田 樣に遗 

鄱土產 11CUI 



土 產 u ^ I ^ I 

l-milmBIIIBHi^^Bi 一 [ 50 さ き にい 

. t 口惜しく つて?, ませ K.f ?き!:けれ2§ ひ;^ 

ff<f^io 0K^ff<fto コ。 き 三人 寫ゥて 居る 直の 中 21 人 

さんお やさ i いて & 5 ました。 奧樣 これで 御座います o.^ み! i くだ ! 

0fff i f0t .^T ゲんは 兄の 身 4 心配し L てんつつ パ いまよ f んて? f 

$ifo をの iizf んへ。 fffkda 信切の御 書面; J. やで さ 

stutlo pig くへ? つし 5 まして。 JJltfur つ;: や:: ぬ 御 

iftfizift f<o<fio 殿樣|何ぅ| み 少な sf 行 

ゑ. &が か あい * くだ - D 

末長く 可愛がって 下さ いませ。 たへ ひどみ おか を ... 

if の f :浮く ば?。 i& 菌 えて:^ f うち r れ まんなら 妙 は 人 見 親 雄 S か" …… きハ 

ィ。 pkl if r 存 A き :.:. 。「r 「委 わ:? く S:r 居る,。, 章 SSS へ 5f;:f 

いたが。 a^pffi y レ 、ノ の? は!: 服 着て ゐる書生 は I 之 助 IO I 方 

.§ff^^^api 00fs0iao ァ …… ァ. II でね きしゃ 

。ます か 。「かう く St. や モリ 間 まく まつ てく 來る。 lo^r 方の あ^! II 問 は 出精したら。 00$ 

,/ ) ^ ^ S も 5J ほ, C だ I 

、 ので あつ S …: 。「まぎに £as ます。 のき 果たしました の |は半 田 I . 

。 f0fhfo gi>t しさ る. ^養き f 驚き 裏き し。? れ i り 



れ 


遠 S 


)£ 




門 力 さ' 


ぬ 








我 わ 


外? 


之の 


云い 


k 


た 


ば 


ヨ酾 





し 


It 




鄕? 


さ 


は 


れ 




g 


は 




ら 





切 S 


た 


立た 


ば 


の 




鬼 ど 


獨? 




が 


れ 


ば 


親 か 


t 


少の 


な 


ま 





ね、 


Q ビ 

信 2 


角? 


b 


歸き 


て 


ぬ 


雄 を 


す 


腦 


き 




心ミ 


b 


遙^ 


に 


旅 ま 


h 


朝? ふ、 










時? 


ぬ 


のろ 







力 3 


お 


烏 力ら' 


る 


の 


歡 


中 も 此§ 


ぐ 




の 


力、 


果 B 


思ち 


る 


It 


CA 


の も 


く 


B ひ 


は 


方? 

k\ 


方お 


心ミ 


國 を 




さ 


敢か 


ひ 


ぺ 


船 さ 


出 だ 




は 




き 


へ 


にき 




t 





な 


寢ね 


し 


の 


す 


定^ 




近? 


し 


资づ 


呼よ 


藺^* 






m 巴 


さ 


k 





便? 




め 


さ、 


づ 


泣 を 


ね 


ぶ 




ひ 


U 





親み 


朝 t 


h 


の 


gffi み 


知 L 


さ 






の 




入い 




續? 


待 3 


の 


の 


を 


tt 


< 


ら 


ぬ 


に 


や 


で 


生; 


b 


o 


け 


て 


夢 g 
見: 


手? 


4? も 







す 





泣 を 


る 


ァ 


ト" 


o 




て 


ば 


水で 


にら 


鄕? 


立た 







< 





ク 





學ゲ 




熟き 


生ま 


惡 S 


1 之 


し 


の 


ち 


1 










勉? 




) 


睡ろ 


惜? 


し 


ふ 1 


て 


爭き 


て 


し 




道? 




が 


if 




z ベ 


ま 


其き 




早? 


國^ 




は 


十 




理《 









い 


ぬ 


曰 ひ 


て 




b 


泊ま 






ど 




歸ミ 


餘ょ 


無 を 




夜よ 


It 






にく 


o 


6 











念 2 


さ 


田お 






缺 


聲 £ 


へま 


ま 






%、 




た 


無 を 


敌 g 


ふ 




來こ 


力 > 


力、 


問え 


し 










サ-ぁ 




It 




る 


卞 


ら 


け 


す 


て 


て 


の 




は 




で 




IP 


な 






ぬ 


る 


る 


本 'ま 


は 


旅き 




殿の 




h 


身 A 


た 




の 




人き 


人? 


國? 


立た 

—謬レ 


す 




の 









く 





t 




聞き 


さ 




の 


t 


ち 

ノ 


れ 




言き 




ft 


ま 


校 t 




力、 


月? 

ST 
回;; 


夕? 


身み 


去 3 





ば 




葉"^ 




ゆ 


n 


長? 




朋? 


ぬ 


のぺ 


It 


る 


PI* hJ 






^ 




へ 




















て 




力ま 













の 




い 


房 S 


b 


千 ま 


mi 







にら 




さ 


里 


に 




お 




日 ひ 


に 


て 


何 t 


& 






し 






の 






"# ん 




毎き 


ふ、 




百^ 


It 






て 




< 




愛 レミ 




信 k 




k 


寢? 


o 


里 $ 


餅^ 


に 




さ 






さ 


せ 









m 


み 


戀き 





團ふ 






て 




に 


ら 




さ 




船ん 




し 


m 




親? 
兄警 








念 2 


離 g 


れ 






父 や 


の 


挨 5 




な 


It 




曰 ひ 






れ 







朋? 


上え 








ら 




5^ だ 




一 ふ 









g々 




、m 


r\ 


ゆ 




の 


ば 


ま 


が 




曰 ひ 






敢 i 




甲 か 


M ぶ 

れ" 




る 




未 ま 


無ぶ 








し 








斐ひ 


事 e 


侍つ 


人き 




だ 


{ 


事 e 




暮! 






の 


辭【 




の 


力 > 


て 




出 だ 


し 


t 


It 




せ 







お w ぷ 


を 




,を 


母で 


今け 
曰 ふ 


ま 


す 


も 


^ め 


居 を 




ば 




ま 


受; 






へ 


ft 




の 




る 











M き 


< 




朋? 


n 




見み 


の 




妙む 






早? 




配! J 


< 


る 




病? 






n 





ば 


の 




< 




す 


事き 


位 1 




力、 






慣"" 


先 ま 




れ 






% 




る 


さ 








で 




れ 


づ 


風 S 


ぬ 







3^ さ 
威ん 




に 



都 土 產 tlo 玉 



^^^^^^^1 ^^^^^^^^^ wf%. 



都 土産 二 六 

3 ビき >2>» は s: &く ら stA この 5 へ よろ, t T« Bsc た つ fsBSSTB^HBIIH^-^sy-IB^^^ 

へ 稀れ く なれば o 時々 本國 よ, の來 信お 此上 》 く喜ぷ も 道理 ど 半田 通次郞 n なかく の奸者 なれば 

ほや 1 ゆく ゑ じんけつ こど さつ あつ か 5 さいむ も お のお/.. » ため ょ< し,;" ぃゥ K 31 

遠山の 行末 人傑 る 事 を 察し。 厚く 交際 結び 置かば 後々 の爲 もなる べし さの 慾 心な. 00 何 特も日 * 

で き &VJi みこ <»t した、 ねく §ゃ<» ひどへ こゝ ろざ., 1 ぶか よろこ いま Be 5 ビ { や 5- た 

の 出來事 書钿々 さ 認め 送れば。 遠山 ハ僞 k をの 志の 深き. び。 今ハ かへ ゥてー 初め 疏 みし を 侮む k 至れ 

ひ か ひビみ ほん &く こど j5> にかれ を つ <-»1< たの おた JI1 た ビづれ ? ? 

i 引き 換 へて 人 見 ハ本國 の 事 何 彼 さ 無く。 通信 赖み 置きし k 絕 へて 一度の 音信 も 無く 二 年 も 三年 

5 た ふ f> 53 f fef あき 3 ゆ ひ t t> ん. (- はか ;£• た ひビ ち こご fc5 

も 打ち 絕 えたる を 不思議 k 思 ひ C をの 溝 情 k 呆れ 盾を鑤 めて 人心の iils.<y 難き を獨 語せ る 事 も あ. CS ぬ 其 

のち ひ 50 み つ 5 しん さ を , はんだ いつ みた あま をが. 6- ん&ん よ いぶ よこ はま 1* つか 5 

後 も 人 見の 通信 ハ 更ら k 無く。 半田よ. は 何時も 身丈け k 餘る 長文 言。 讀 めば 訝 かしゃ 橫濱を 出帆す る 

3 で ひ yj み M<? はんだ かげむ しゃ おも yj ほ あめ K か K t<i のこ ひど, * さ- a 

人 見の:^ 蕩も 半田の 隱 武者 さの み 思 ひし ko 通 6 雨 はや 霽れても。 うつて 變 つて 閽 雲の^る s^s^i 

も J* つもら み K た おくてん よ 》>5 さんの 、け »5 せん ちき <i 3> ? 

雄。 夏の S はド tt ゾさ身 を 果して 逐電せ し 由。 蠶之助 ハ たい 茫然 ざ 呆れて 口 開きし 儘 力 -. 'ヒ I も 呑み a? 

>v の& タ ほや, さんの けぶ C だいがく を つげ ふ if かざ ほまれ がく a いさ よろこ びんせん の Z 

fbo さても 其後ハ 遠山 鬵之助 無事 k 大 《 を 卒業し 敌鄕 k 飾る 春の 學位 勇み 喜び 便 艄に乘 .oa みて 

こ、 ほん &<K ほん め で たくき て f 9fLA よろこ Si か 

兹本國 日本 へ 目出度 歸朝 せる 乙 を兩 親の «ぴ 如何ば か. どや , 

あにち か * ふみ 》* おお も A こ ひ あだが たき おも. たへ M- ゑた の t 3SJO をけ 

兄親雄の不身持を恐K^,^くs;sしょA^O 戀てふ もの を 仇敵の やうに 思; S 居し か 妙 も末賴 母し き籙之 助の 

かへ き こ、 ろ s れ こど さら 》J や fj ん み ば S よ をビ こぶ ^if & つば ひん か まゆ 

歸. 來 しに 心 嬉しく。 殊更 寫眞で 見し よ-^ は 十倍 も 好い 男 振 ゥ0 洋服 も 立派に てし かも 上品。 羼昂く 眉 

ひい いろ L ほかせ くろ * どこ よ わ わ. * か, * た か. & まみ 

秀で 色は沙 風に 黑 みたれ^ 男らしき さで るか へって 好きに。 我れ を 忘れて 彼方 を墻舰 てう ゥ さ 6 する を 

かたへ ちょお $ ^ あか いもへ や ケ ものよ い か さ. Co やさ も S- た ゆめ 

傍の 女中に 嬲られて。 顏 赤らめ 急ぎ 部屋 返き た .yo さて 其 夜よ,^ 如何にし けん 蠶之 助の 優しき 姿 夢に 

5 さ ねかへ めど み、. P ど きこ ま 3 もの ひど こ ゑ しんせつ <;5 

人. CS て 去. やら 卞 うたて や^ 寢返 6 して 眼を閉 おれば 耳 下 k 閼ゅる は 正しく 其 人の 聲。 さもむ 切 箧 



いろ あはみ 5 へど くだ 5 れ わ わ も & みだ むせ や ❖ feM ^ は」 ろ *^ ビ 

々^兄の 身の上 を 問 ふて 下さる 嬉し さに 我れ を 忘れて 涙に 咽び。 夜具の 襟ヒ ャ./ \s らせ しに 驚き 四邊 

み t かげ * こ ゑ およ わか だん ** さま おも か わなし あ 5* ね を こ ひ み はた 

を 見れ.^」 其の 影 も 触、 ^ く聲も なし。 fJ れ半" 及び もない 若旦那 樣は 思; S を 憑け て 妾 も 兄 Mm じ戀に 身 を果す 

<«*4 5 め かたへ ちょお 5 S たこ ゆめ ゆめ 2 'リハ さや, > ' 5 ^ 

か^ ロ惜 泣きに 苦 叫く を またう. されて さ 傍の 女中に 振ゥ 起され。 夢なら ぬに 夢 や 現の 境 も わ 力す。 解 

もつれ ものね も び-? n& S9C9 おろ- V < く fe^ かさ ま め ばたら 

けぬ 鏈の物 思 ひに 病氣 でもして か 奉公 を 竦 かにして ハ ならぬ も。 苦勞に 苦勞を 重ねて 老寶く しく 御く 

ど いぢら し 

さん 0- .* けき て 5 いも 3 ぎ お、 は、 3 -I み f K なし くら & つど ^ . 

籙之 助が 歸 朝しても 忙 がしき に 紛れ。 父 さへ 母 さへ 未だ 染々 さ 話さへ せぬ 位。 されせ 4Jj 勸めハ お勤め だ 

|»4 やくしょ 3 |» おくがた ちょち $ つ さんの $ ぶ C かへ 5 ちがみ れいな ゐ ^ 

け。 正 春 ハ 役所よう 未だ 屍ら す。 奥方 ハ 女中 連れて 蠶之 助の 無事に 歸 6 し を 氏神へ 禮詣 6 かた 御 

K か ••row る も rO んの け K はさき S はんさい みづ *-、 》• つ K た 3 ねんさき こ Lis ひ, ど 

墓參の 留守居に 蠶之 助。 庭先に 出で ゝ盆 裁に 水 澀ぎ。 极の 葉に 玉 まるば し綠 端に 腰 打ち かけて 眺め 一 

»> は のこ ぼん たへ きてんお や. 5 

曆。 殘-^ 番の 4- 妙 ハ 氣轉に 茶 を 入れて。 

わか だん la ぶく め あが たい も 5 & せいで & ざ > 

「若旦那 樣御 一 服 召し 上 6 ませ 。大層 御 精が 出ます こ £ で 御座 S ます 

さんの け こっち ちょつ み 

蠶 之助ハ 此方 を 一 寸 £ 見て。 

ね t おや たへ 》• つかさ ま かへ > まへ ひ •sow る も K5 a *^ び 

「十ァ - 玩弄物 やって るんだ 。か 妙 未だ 4- 母 樣ハ- ;-歸 6 にならん か。 1 人で 留守居して 居ち やう 徒 

つくも f{ しんぶん の どつ & らん が た ケん > : 

然だ う。 コ の机の上に新聞が載ってるから取て御覽ょ0「ハ ••:: お ィぁ 6 難う 存 卜ます。 をれ ぢゃ 1 

つど as けん いた よ &ざ よろ 》• へ ひ L ん ぶん およ よ * ん& X 

寸拜見 致しまして 宜ぅ 御座いま すか 「わ、 宜しい お前 閑が わったら 新聞 ハ 毎日 讀ひか 好 so 女で も 世 

の 中の 出 來事を 知らな くち や いかん。 英國の 婦人 んどァ …… 

都土產 二 七 



鄘土產 I I 

IHBIBIHIBI^IIIHUBBBIBI^HI^IBLHH^BBIBI^ . V i た I をみ だ fj づ くさん の け S ぶ 

けて す. 4^1? や 4。 あの i をが r るに。 1 心に H みかけて 思 n す 溟ート sa 之 助 か 

ftt たへ まへ I 

しく 思; so 「妙お 前 何う した。 

ま し b らまぎ ビひ たへ みだ ,ごで ( 

Is ぷか ウ^が らも を 知 4 かね。 笑 ひに 紛らし 問 かくる を か 妙 ハ淚を 袖に 拭; so 

…… ^^1^. さい ませ。 こ ゝにゎc^たーが^iなが;iぉi8みましたらo、俄かは兄が 戀 しくな .0 ま 

f, I い 0* をし 6 わたし あ をた さま 

して ツイ …… 「ナ %0|0 …… 、ノ ノぁム さんが" 飨 うした or ハ ィ。 おだか 酈.^ 申 よげ ません が。 妾ハ 貴君 樣に 

S るく Allf した。 〃どぎ, …… o?^fc&^ …… 。 をれ I 僕が 三年 前 S 前の 

iT>- へ? て ゃゥた mr のき, て f か。 「ハ ィ よく, てす ます。 ァ Is きして ひ. CS 

x^.00kf < :… 。「もして 1 ハ!: うした。 I すき 襲 S いから 實 S じて 居る きろた 

が。 慰^4しで膨^^严"るか0「ィ 、 -0 0f ッ さも せん。 i 旦那 樣 もれ を 御存じで ねらつ しゃる 

か^ M じまして. …: or ィ 、 ャ僕 ハチ ッ S も, らんが。 半田 £ いふ 男ハか ねく 親 雄 君 も nic 乂 つか 《 かりた 

から もしも 半田が …… or ィ 5 ^ . 

れ I 鎖 f ぎて ま 喜せ う あ f ぎぎて。 iizf 議 の if S 聞けば A て や 人心 S 

ま、 

^PFr^o sno m が して 鲈. また 。半田 s 金 を …… 



ほ さ -, > ち よお 5 ども f かへ き ねく が hj はや かへ あいさつ むね や も 

驚きて 此方に 去れ は 女.^ 共々 歸. 來し 奥方。 お早う か歸. さま ざ 挨拶 すれ. さてし か 卜 か は 胸 安 か 

らす 

A の ひ つき も はふ おく は こど あや たへ つみ こビ 

其 日よ. ハはゃ 1 月 も 過ぎて 今日 ハ何 うして 奧 にか 話ば か 6 ある 事^ 怪しみながら 妙ハ 罪な事^ 

ね も こ かげ たちぎ ひる どの さ 3 おくさ 3 ふたかた ひ, y>;:\ ば >j>fl** を どの i わん < わい い あそ る を 

思へ 蔭の 竊 聞き。 晝 ハ 殿 檨奧樣 か 一 一 方の 密々 話 間も無く 臞檨 n 宴會へ お出で 遊ばして。 その 留守の 

»* ぉ< さま わか だん を I わたし み 5 へ をん を &、 ろ せか S ち ビ しんば い 

間に c 奧檨^ 若旦那 檨。 もしも 妾が 身の上で n あるまい か 《 女心に くよくよして。 世界 を 縮める 心配 も 

を どめ くせ 

乙れ も 乙女の 癖なる か を も * 

き t a*4>L ね もむ き たへ きも ひ あ. L こみた 》J«- ケ み れん の *j あど &ん み、 

チ ラ リ^ M えた 談話の 趣。 か 妙 n ホ ッさ膽 を 冷やして。 一 足 此方に 退きし が 未練の 殘る 後の 1 言。 耳 を 

i Ltc かげ 

澄して 障子の 蔭。 

さんの *t け 2 へ やう か 5 み む S かんが & らん ikJ まいに ちか ほ あ 

「蠶之 助か 前お ゥ て 洋行 もした 身 だから 無理に n 云ハぬ マ ァ よく 考 へて 御覽な ァ ノ子 なち 毎日 顔 を 合 

ゐ こ、 ろ だて L 6 わたし わ こどい わたし み e つ かん. L ん こ ) 

n して 居て 心 立 も 知って 居る 乙. だから。 妾 ハ惡る S 事ハ云 n な so 妾が 見て ハ實に 感心な 子 だよ。 を 

, まへ べつ ね R- こ かく S もの 3 へ かんが & らん — 

れ^ も か 前 か 別に 乙れ つ ヒ思ふ 女が あるの なら 隱さす さ 云; so また 其う ち 前 マ ァ よく 者へ て 御覧な。 

たへ た 、ろ あ 5 しろ ,4. がた が? ^ふお が しま あ L たど ひく や 5 へ や 

何 ゆへ にか 妙 掌 ハ して 後 姿 あ. 難 さう に し 拜ひ。 あさ n 知れぬ 間に 足音 靜く漸 やう 部 居に た 

I お. f »>づ ^つ 乙 《- わら が ほ こ 上 ひ おもかげ ゆめみ 5 れ よふ 

. ^ゥ つき。 思; S に 沈んで 莞爾 £ 笑 ひ 顏 せめて 今宵 も俤 ばか. 夢に 見る を 嬉し さに。 夜更けな ば S を S 

ひど まくら ク »JyJ 

を獨ゥ 枕に 着く 事 どかし。 

《其 七》 

都 土産 二 C 九 



都. H « ニー。 . 

i<9 fa. t ts- £* は こめぶ くろ < さ 3 か 3 t か so み ゆ こみ やげ. ^£ ^ ぼ ) 

mif の も &の賑 ひ はわら 卞。 米 袋の 口お 倒 まに 篩った やう さ 。田舍 者が 都 土産の 言の葉に 殘る。 

«• た む く b んさ おんだ. s<4 さゥ 》 ふ ふ I ん はんだ S はち ねん as おが ほ& ひど »t K»* まさ & 

さても わ. 難の 南無 觀世 音大 菩薩。 今日 普 門 品第廿 五日の 緣日 さて。 すれ違 ふ 程の 人の 足 濱の眞 砂の 

か <c< をら &ど や 5 が B れん 々わ だ を、 が ビ ころ S せ ゑび K K あや > ま もん せん かみ を S- か.^ を ほ 

數々 並べし 如く 兩側 の煉冗 店長 S 處 n 伊勢 鰕の 這 ふに 似て 怪し 先づ 門前の 雷 か しハ雷 門の 名殘を 

yJA- fcs こ かんばん のき 3 が こ 5 ばい やき S そが や * ちょち, T ほ 5 ひが *^ • I 

留めて。 太 皸の 看板 檐に 下ゥ 紅梅 燒 の忙ハ しさ。 燒 いて 居る 女中 頰化火 形つ けて 膀 ならぬ 季違 ひの 

こ *! 5 め ら SS- だ L ん ざう もで S VJ ほ き や 5 にんぎ や $ る を か もの > つ, み 5 し 

飜れ梅 稞體 書の 寶 出しに 新造 袖を掩 ひて 通う。 京人形 はう ッ る 田舍者 no 連れお 見失; S てま,^ 

まげ や At は この ばん VJ5 こ ほ さど &ん さい け い ビ ざ ぐ み ど a をく ほつ む め 

つくも 4^ かし。 鬣屋の 店に 撰 好みして 管 頭に 飜 さる \ を 覺 らぬ權 妻。 毛絲 細工 見惚れて 居る 束髮娘 

& ft*. ち A きんちゃく もら < は、 & おの &も ほう ya- や あし ど C 

子に 玩弄 品 ねだられて。 巾着 を 掏れし を悔 ゆる 母御 あれば 乳呑み子 を 泣かして 鬼 灯屋は 足を留 ひる 子 

t9 みづ. vbL fc- みづま ち 9 あら だいふくもち ひど や こ ❖ ち こ ほ き や. 9 んさ 

傅 も あ 水 菓子屋 は 水を攒 いて 塵 を 洗 ひ。 大福餅 は 人な だれに 燒き 焦がして 愚痴 溢す も 一 興。 南京豆 

や をん きん ひ yj み や 51 ゆ てん ゐ も あか ひげ きやく さもが ま をい ち ざっきょ 5 ぶ &ゑ き せいや 5 

屋に 南京の 人 も 見えす 洋酒 店の 椅子 赤 髯の客 もな く。 了 得 は 未だ 內地雜 居の 生聲を 聞かぬ だけ。 西洋 

よ e ん くじ やく めづ こ f た を こ ケ 5 5 へ ら をん <* はん こど さ みせん あ て が 

婦人 を 孔雀か^ 珍ら しかる 古風な 店の 小 僭 も あ <>o 菰の上 Ji£ 並んだ 女 二人 琴三咏線の合ひの手は鍵-.^ 

« 'ふ? < を さけ ねが ね や こ みづ f へ. S し 5 くお あ な ST ろ ちゃ 5 まつ でん ti ゆし か は をが 6 よ 5 おも 

て 合力の 情 を 願 ふ 親子 ァラ 水の 上に 石が 浮 S たさ 口 を 開 S て 驚く 長极 傳授 師の顏 眺めて 御用の 遲 

b( こちら かせ まかみ ふ *». せん たま どば さけ あ *• ざけ や てんぶ も たち な く 5 ふく 

くなる も 忘る。 此方 はビ, I 風車 紙 風船に ゴ ム珠 飛し。 かでんかん 酒 甘 酒屋。 夭 鉄羅の 立噙ひ 空腹に 

こ しょはん またく s- か. i*A さんもん A- らせ たけ くら ゐ ち f た ふ f 

ドヅさ 應へ。 諸人に 股 潜らして 高慢が る 山門 あれば。 空 S 脊 1^ を 競べ て 居る 五重の塔。 五十の 十 S はさ 

や も Ki 9» ま かみ しれ. S わ. * わ がお ついば はビ ぎ や 5 ぎ わ きみ 

て 安い もの so 子に 豆 を 撒かす る內 室さん われば 三 枝の 朧も 忘れて 我れ 勝に 啄ひ 鳩の 行儀の 惡る さ。 君 

X iz か あ お上せ sjj C せ. & あめ さや おさ *• しゃ < .* んみた i ぬ & らん 

が 代 唄 ふ 可愛い 女生徒。 特世 もま 乙 さに よかく 餅。 鞘に 納る 六尺 八寸 身丈け に 餘れ. ^拔 いて 御覽は 



い ふこ いれば L をが & ひや 5** け くん t> ふ くし は ひ つら 5T わんば くこ ケ S はみがき .《 ら IS つ こも 

入れます で JO 振れ 込 ひ入齒 師長 井 兵 助 たかる 群集 は 櫛の 齒 お挽き 貫かれた る 腕白 小 僭 齒磨貰 ふて 莞爾 

JJ おら f か は ざいく て さ フランス. &リ ち さ gi (わさ, 9 はんさ ivt み 5 へく ほ せん L や 5 ふだつき 

顔。 此方 は 打って 萆 細工。 力 パ > '手下げ に 佛蘭西 靴。 地相 火 相に 人相見 身の上 精し く 一 錢さ 正 札附 

ばい » くき せんせ ゐん々 わ をみ だ ゆや •* け ^1 やき だるま げんろくち よら 5 かたへ お 5 きょ ちゃ さど 

の賣卜 M いて 前世の 因果^ 涙ぐ ひ 湯屋の 三助。 今 mjl の 達 摩 元 祿女郞 を 傍に 置き。 浮世 を 茶に して 悟 

W. ほ げ f &< .J よ あさ <さ まてら をむ むれ e ゆん れい. J5 せ あんらく を f 

.C ^顔。 實に 柬國の 三十三所。 淺 草に 勝す 寺 もな く 南無 一 群の 順 鱧 衆。 一 一世 安巍 はほんの 名ば か 60 風 

ひ ね 《. か t» ど 5 けいけんぶ つ K5a 1* これ おさろ ゑ ま めづ て ちおん 

袋 引けば 願 ひ 叶った 東京 見物。 乙の 娠 やかに 何ん ^して。 是 ハ くさ 驚く のみ。 繪馬は 珍ら し提燈 も。 

いさ 5* :v*<i こん まも か み & s & しゃ 5 みやげ み あか を こ せ に*こ 

勇む 魚が し 大根が し 守 6 買 ふて 御影 受けて 。婆が 孫への 後生の 土產。 ハ ィ 御明し € 投げ込む 錢箱 

ぎ t! し かケ み をん げん はしら よ が 5 ぎ つ f> や 5 ね やさ か々 ら だ 5 

義母 子の 數.^ 算 へて 見た. 00 何 間 ある 柱 を讀み 。豪氣 もの。.. -珠數 爪 操る 性根の 優し さ。 か 神 纏 堂に 

Q ん ぶつ iis e んぎ. J やくけ 5 こ ひむ e や 5 てら を あ でん はふ るん やしろ よ を あさく さ じんしゃ かね を だい .L や 5 ろ 5 ち 

念 佛堂。 神祇 釋敎戀 無常 寺 は 名に 負ふ傳 法院。 社 ttK に 鳴る 淺艸祌 社。 鐘に 名代の 鐘 樓ゎゥ 稻荷地 

ざ 5 ざい _35 で t" き aifs ざ si* いぶつ やくし だ、 ゥ わんの 5 でん *J こ ど を こ 七 だて わ 5 もん しんめ まめか ねき み 

藏に大 費 經藏大 佛藥師 堂。 閻王殿 を 子 は 恐 はがれ 隣 6 は 子 育 婆 王 尊。 神馬 k 豆 買 ふ 翁 われば 

T ん& A らだ B や 5 め ひビた C f き ft<f けんぶつ あか 3 へだれ や ぼ をん を ふたり せん 

1 錢 投げて 身體の 量目 を 獨ゥで 試め す 自動 器 わ さて 奥山の 見物 はは 赤 前垂の 矢場 女。 二人で 六錢 

广 A 4. さ 3 5 る 3<%> しゃ しんや たけ だ こ f» ま K おや だ. & ,5=,» か s.s$i おや るん. 《r わ こ f 

如何 樣 f- 五月 蠅勸 める 寫異屋 われば。 竹 田から く 獨樂 廻し。 親 は 代々 獵師 にて 親の 因果が 子に 報 ひ 

ft ろくろ < び たいこ おど はる ほ を Kt& や しき やく. I や ほっく & ぎくた か ふ C ぎんかくじ 

生れ もっかぬ 轆轤 首。 ド ゾ くの 太 皸の 音。 春 は 花 か は 花屋敷 。役者の 似 顏造菊 高 S は 富士に 銀閣寺 

て eisvNS ざ.? KSL かけ こて ざ. &< たまつきば ふきや や た 3 & t ば ゐ はも ぁづ 3 Sj んさゃ 5 yseK ざ 

手品 大象大 仕懸。 乙れ 饅 細工 玉 突塲。 吹 矢に。 < ゾ屋 ゆで 玉子。 芝居 は 花の 吾妻 座 鈍 張 なれ.^ 常 盤 座 

し ひ ど L お 5K ん tlbif 'れい あかつら で さる., 1 ばる つちか <-.L や < き. S ろと ゑで { ひビ せん さ ばんべつ ひ 

$: 知る 人 ど 知る 大 繁昌。 幽靈も 赤 顔で 出る 猿芝居 、辻 講釋の 黄色い 聲。 出て 來る人 も 千 差 萬 別。 緋ケジ 

ゐをか だ いりん *.f ふくた か?' < わん asri み &ビ ^tl *L くつ も K&v> よこ t C L f 

ト の田舍 大盡。 洋服 高 帽の宫 員樣。 さても 見事な か孃樣 足の か靴ハ 何事 ど。 N> れ橫 文字 を 知った 風 



I 都 土 逢 ニニ 1 

奥方の 髮 出過ぎ ハ せぬ か。 冬 なれば か 風邪 召す らん 氣遣 はし か附の 女中 も 箱 布ぐ るみ。 さ てく 

fi 1<41 の f i る" pv 飛 &く。 iT の^ の やうで i よく。 觀 しの 

^ I- ' : 3 ^^s, 1 ね ほや わか だん を おや 53 つ 5 を おも か ど ほ 

遠く 句 ひを殘 して。 書生の 暴に ビゾ ささせ。 大家さんの 若旦那 長极に 促が されて 思 ひお 嘴んで 通う 

f 。 ioi ii のに やけ。 r 稚 のこ 4? がし さ。 s^po s^pf no 

を か はらし ふでつ か クぉ うさい は をつ か よ つく ゑつく ゑづか へい 7^ P- i -、 ^ J こ- 

中原 氏の 筆塚 や。 笠 翁 齋の花 塚 も 世に ふる 机 机 嫁 五瓶の 塚ハ苔 蒸す ばか. 00 期る.^にも戀ぁれば 

ちゃ、 をん lib た ほむ せん を C- まみ をん & むれ ぁヒ few- なォ. soo ろ 

乙 そ。 茶屋の 女に 戯れて 五 錢の名 殘惜み もせ t 今 見し 女が み 跡 を^ ふて i を li へ。 §^?のなぃ<& 

r 1 > 、 > を t! こ - ft もて S ら ひど ひど や 》• J& かも や を せん & ざ こり て こ や 

路 k ま rCJ つく 男 も あ. 表 も 裏 も 人 …… 人の 山。 か 腹が 空いたら 八 百 善 御 坐れ。 好み ハ 恰度し る 粉屋す 

ノ. さ をけ ,f-,«->> .^tc マん > さらし 1* , およ <ど5 ふ さけ けんび fl を どこ とど しゃみ はやし e よ 5 き ば 

し屋 C 2 に 氣取ゥ て 珈琲 店 更科を はに 一 直 豆腐。 酒 は 劍菱男 山。 琴 あ. 三紘ぁ 雠子 あ. CSO 蒸 汽に馬 

C^^UD t . 、4- まかへ e てん しゃ かね & かね <-、 の あさく 3 

車;^ 人力車 ゴッ サイ ヒ f ヒが ラ,. \/ 馬で 歸 るか 自轉車 か。 ァレ 鐘が 鳴る。 鐘 は 上野 か錢草 か。 

い、 み 虎 , ひど にぎ ys3 

入. れ たる 人な だれ rJ の 賑やか さ脤 やか さ 

^CL ,.i^^^r ) , > かれ,」 だち.' たちば 《ら は、 き あど をみ 、ち S5 S か も & がきし あた り 

秋 なれ は 花 無き のみ か は 枯木 立。 落葉 掃; S し 箒の 痕に 波のう ねく 百千鳥。 砂で 書 S たる 砂 書師。 四邊 

• ► - i ひ ^や <5_ み &W て ぎ K ほ を だ せ Si ひざ あた W ひろ あつ 

k たかる 人の 山。 見事 手際 さ 贊 め^よめ きて 。パラく 2; ッさ 投げ出す 錢は 膝の 邊 にかち 乙ち さ 拾 ひ 集 

1 ぎん ち ぬか み あは ひどみ ちか を はて み を 3 つ やれ あは さむ をら 

めて。 慇翹 k 地に 額づ く, る も 哀れ 人 見 親 雄の なれの 果な. CVO 身に 粗末なる 破 袷。 この 寒天に さど 

> > > をで ひざ あか < ろ t しろへ これび や あが かみ むかし しの よしほら かぶ 

寒む 力ら う。 釉^ 膝 さは に 黑み。 染まねば 乙れ も 白兵 子帶 病み 上. の髮毛 薄く 昔時 忍ばる 吉原冠 

3 K^.^ 1 ど、. ^くま みにく ちか を L ろた へ ふる ひ か つち f- きし かた お くろ をつ か 

AVO 黴毒の 痕顏隈 ど, て さても 醜し 親 雄 は 白砂 篩 ks け 土に 色紙の 形お S き 黑砂摑 みて はら.^,. jO 

aamr- |||ー隱| 一一 匿 画 腦ーコ 935=1画=瞧 ------- 圉 | 一 1 = 11 = 111 = ||| = |誦| |曆|國國—|5圍|| 重 ■■— !■ - l i ョ國画 ■ = ■=■ -■ ■■ ■ ■ 



> め, ふで あど > この ひど I ど み I ど た 《• ふで さ 3* ゐ さ 5 らふ々 らゐ か 

書く も 愛でた き 辇 の 跡。 此人 さても 元の 身元 を 乱したなら せめて 一 筆 を も卜樣 参らせ 候 位 ハ 書かれ 

み けんぷつ.. 15 ゃゐ かんてい いか よ あさま ひど ゆく I* ゑ 5 での 

し 身 だる さ 見物 衆の 稗な 鑑定 如何 なれ ば^て 世の た > しまい 淺猿 しき ハ 人の 行末 また 腕 伸ばして 

は *^ か め か s ろ ももく は できあが ひ 5,5 »> や もん み. Jbi-eJ らん 

さら《0 鼻 j ッ 書き 目 一 一 ッ 書き。 色 砂 加 へ て 出來. rl る 一 人の 沙門 。「サ ァ く 皆檨 御覽ト ませ 乙れ 

ふ.^ 2* もけいせ. a- 1 かみ ふ s*s< に が ほ むか 》J たも かげ その まゝ か さ たは いづ 

no 風流 砂 傾城 髮風俗.$^似顏まで0 昔聘の 俤もゥ く. 其 饞0 書きます^ るが 御 慰み 材料 は 孰れ も 

*^ あん を S さ 3 よ ちんさい ほく、 わ <t> だん 5 も & ? I こど ふで ま め & ひや, r ばん ひ&. 5 ばん 

御 案内 樣。 世に しる 塵 哉が 北 廓 事譚。 臃で無 S 實 ある 事 筆老實 なの n 御 評判。 いよ 評判お やく 

^,t*£ に あ AJ5e や. T & らん あ も むか く ふ e んみ この & ろ はやる ね あが しま だ つ? - 

身 装に 似合 C ぬ粹^ 口上。 ァ レ御覽 遊ばしませ^ 向 ふから 來る 婦人 を 見れば 此頃 流行 根 上. 島 田飽々 

S g5^づ^^*^fめん P お, け き をが げいぎ ? まげ きんしゃ ね がけ だい じん む .4. め 

し 銀鼠 縮緬の 羽織し つ さ 着流し。 藝妓 かさ 思へば 髴に金 妙の 根掛を かけた る。 また 大盡の 娘 かさ 

s-iLS k I e. らゃ て ど Irw i び e んみ つむ むかし いひ づけ ど 

見^ は 緩く 女中 もな し。 羨まし stt 手 を 取る 男 何 さま 美人 <W 見 詰れば 乙れ はした ゥ 昔時 嫁 許して 取 

. だ > をの、 ちわ はだん いつ ばんよ め. み きん かたへ を どこ をつ ど み 

ら せし 種 田の 娘。 其 後 我れ ビ 破談して。 何日 どやの 晚 嫁入す るお 見た るか 金。 傍の 男 ハ失さ 見える ポ 

. / if みづ みが あ み { に. 《ど あかぬ A あつ ばれみ あ々 ちゃ 5 さま 

ッ テリ^した 顏。 水道の 水; ^磨き上げた さ 見え 國 元の 垢拔 けた ハ拔 けた ハ。 アツ. 夭晴見 上る.; - 孃樣。 

^1 - み *3 , ありさま おさ あ ,て むかし み あ L ね も ざし われ むかし ちか * しゅび 

我れ ハ 見下け た 乙の 有檨 精な 遊びの 昔時 馴染。 逢っても 知れぬ rJ の 面相。 我 も 昔時の 親 雄なら 首尾 

よく まへ さか づき SJ て ふく 《 を たはむ がさ よの を か は K 

克か 前^ 盃 して。 三々 九 度 も 蝶々 の 花に 戯れ あ; S く 傘。 世間 晴れて y レ をの やうに。 ィ H 馉 くらしい 

て ど あそ けいせ so る L はじ だいつ *• いへ くら ひどで わた を じみ まち たちぬ 

手 を 取って 遊ぶ てあらう に ふ ウ^ 傾城 &ひ を 仕, g め 三代 續 きし 家藏 人手 i£ 渡し 馴染の 町 を 立胶 

みぶん か は は がた たみ はづ * & みだ tfe や ほ 

きし 身分 變.. 果てた rJ の 姿。 誰れ に 見せ やう チ ^ I 耻か しさ 涙ぐ ひ を ャァ f 成 田屋さ 賞め られて 

み つも がふ & 上く せに きど を ほ も- * つか か こ、 あわ は を fj ころ 

見れば 積った 合力 錢ゃ うや ラに氣 を 取 6 直し 砂を摑 みて 書き がら or 爱 k 憐れ 4^>說 話が な 1^ る 頃 

都土產 二 im 



都 ± 產 二 1 四 Im 

£ んほ 5 むかし こ 503 ? かひち や f よ. J はら ころ か S 'がね や か、 - 上ら う、 ねめ だ si むか..! も がた た 

ハ延寶 の 昔時の 事 。未だ 堺 町に 吉 原が あった 頃。 雁金 屋の 抱へ 女郎 采女 太夫。 昔時の 繪姿 をつ く 6 只今 

か a らん そ &> た. S も 5.S た 5- がた S ざ 5 ねめ た い ふ 

書いて 御覽に 供へ ませう。 ハ ィく 大層 頂きました。 何う.^ ぁゥ 難う 御座います。 さて をの 乘 女の 太夫 

しゃもん も にがし ふか. S かよち たび かさ >* «5 や 5 »ij ねだ 

さん は 沙門の 何某に 深く 云 ひか はして。 通; 3 路の度 重り。 をの 坊さん は S うもう 師匠の 許 を 追; S 出さ 

れま した 

いさ かた *- と ***み だ ff あど さいそく かた 5 し にん <i* » 

勇ましく 話れ も何處 やら 涙に くもる 檨 子。 さて をの 後^ ffi 促され 語らう する 後ろよ .00 人 數を目 

が しんぶん や こんに おはつ か 5 き や ん ぶん で, 9 f かいせい ろんせつ < わんば 5 くわん れい i た 上 てんき よ f き, 5 

懣 けて 新閬屋 or 今日 發 行の 東京 新 M はハ。 條約 改正の 論説から 官報 官 4^ は 申す に 及ばす。 夭氣豫 報に 宫 

ていろ <e ざつば- 4 L ゆ. i-s ろく き e たくさん .L よぶ つか VJ め? 5 ば fa を だ S き 《- ざ ひや, つばん 5 んし S.5 

廷錄 事? 雜载 にハ 種々 色々 の 記事 澤 山。 をれ に 諸 物 價米相 «o 當時 名代の 桐 座の 評判 かまけ に 本紙 同 

f ふ ろく くわん きんせつた 5 はんだ つうじ らう よ ら め, -ビ けんく B ぶ せ. 9 せつ だい 

檨 の大附 錄にハ 官金 竊盜の 半田 通 次郞。 吉原 にて 召 捕ゥの 一 ft を 詳しく 綴った 一 部の 小説。 をれ で 代 

か ゎづ せん— 

價ハ 僅か 一 錢。 

fvi 1^3 «»s め 《*、 み * どこ こ L る L はんてん たけを く ろ- $ L 

風鈴の 音 勇ましく。 一 枚 召せ W 勸 ひる を 見れば。 十 一 ニニの 男の子。 印半纏 丈長が く so 苦勞も 知らぬ 

こも feA おか * き どが み * をば だ あや あや fj んぶん 

, れ聲 高し。 親 雄 ハプッ €氣 に 咎め。 耳 欹てゝ 怪し や 怪し or アツ をの 新聞 ::: 

C, み き あた C み けんぶつ やま z£ S3 み きんさ こ ゆ 

さ 云って ハ a しが 氣 がつ S て 四邊を 見れば。 見物 ハ 山の 如く。 今 見し お金 ハ何處 へ 行きし ど。 ァラさ 

_* つむ S4 ん *i> te< けんぷつ さい. y く か た S ふ ひだ w かた もで L や 6 ん 《5 L>f 

見 詰る 人數の 奥。 また 見物に ffi 促され。 書きし $: 太夫の iy の片袖 。「サ アサ をれ から 沙門の 坊さん。 師匠 

& *5 tii > X ゑん e や さか もど へん わび *A»K3 かく 5 ねめ avi かよ 

の 御 1? に勘當 うけ。 身 を 寄せます る綠者 もな く。 圾本邊 k 詫 住居。 隱れ. /\ に采 女の 許へ 通って ゐ るの 

のち Art ク か ほ あげや こど せんかた つて ど 5 ねめ ふみ f こ 

で 後に ハ お金 も 遣 ひ 果て。 揚屋よ. <= -ハ斷 はられ 詮方な さに 傳を 求め ゃぅく^3f^^へ文を蹭ゥo 今 



よ ひ (J り ft A, きつ rj あ i.f ^ f おはよ ろ こ ひな ま < ^がね や 

宵 忍んで 御出でな されば 屹度 逢; $ま す 話 もします €o 云 $: れて 坊さん 大喜び。 日暮れ を 待って 服金屋 

の 格子 先.^ 參ゥ ましたが。 客の 都合が 惡 S で」 見えて。 待て $J 暮らせ^ 采 女に 逢 n 卞。 ハ ゃヒケ 過ぎに な 

ころ ぼ 5 ひど ビ.. -ろ 5 ひか 5 ら かう し かげ か < iruf みビが は 

つた 頃。 坊さん ハ獨 燈 籠の 光 6 を 怨み。 格子の 蔭に 隠れて ねる を 男 共 は 見咎められ 果て ハ^ 々打擲 

ftf しもみ だ ね t * んを あ 》 ほせ ま で こ I 5 ねめ このみ み 

かれ。 霎時 涙に くれ ましたが。 思 ふ 女に 逢れ もせす。 乙れ 程 待 つに 出て 來ぬ ハ。 采女も A 身 を 見限った 

I ざんねん むねん づ こ、 ろ きくる もこ さ あは むざん 》^ は を _ 

か チ H f 殘念な 無念な さ。 一 圆に心 も氣も 狂ひ。 其 所 を も 去らす 哀れに も …… 無慘 にも。 未だ 花の 一 1 

さ S & C « & ざ ちよら 5,. まよ をの ひど 

十三 歲を 一期 さして。 ツイ 自害して しまいました。 乙れば かう でハ 御座 ゥ ませぬ。 女郎に 迷った 其- <の 

» か? 《 わたくし t ど しんちゃ で ih» さか つか はた s*» こ i f? 

4^>れ の 果て。 期く 申す 私 も 元 C 新茶の 出花の 盛. <yo 遣; S 果して 今 $: 此の 檨 ゆめ 放蕩 ハな. ませぬ。 Z 

: も か fj まつ & けんぶつ さ 3 いづ さ ひどこ ど わか , ゆ &ゅ げん P ざ フ -^^at 

れか 乙の 繙を * きました 始末。 御 見物 樣 孰れ も 樣 orj の 1 言 ハ 4^ 若い 衆の 御豫 言で 御座 S ます さて S 後 



た い ふ Lt, 



か &' 

n 采 女の 太夫。 沙門の 橫死を 泣き 悲しみ …… 

い ft をみ だ わし はや かた ひ 50 かげ * いだ せんぎ. ^くわ ^^? ^ 

云へば ホ は く 落ち 來る涙 y レ か錢 やる 早く 語れ 人 蔭よ 投げ出し たる 十錢 銀貨 乙れ ハさ 驚き 其 

ひどみ わ も ビ はや 3 さんの け ぁ& tvjff 

人 見れば。 忘れ もせぬ 遠山 蠶之 助。 アッ^ 果れて 言葉 もな し 



なせろ もの 



別れて 



《其 八) 

ねん ゅ<.*- ゑめ 



C んぶゥ 



み あ 



& つば; 



n はや 三年。 行末 目 出た S 人物 さなる であ 思って 居し が 期く 見丄 W たる 立派な 人^ 

S3? せん あ み ど 5 き や 5 い <はん か ケ e んぶ つや 5 ふくた か 》5 も び A ^1^^^ pu-b 

丽に 逢って 見れば まこ さ 東京で も 何人 さ數 へらる ゝ 人物 。洋服 高帽ハ 一 層 人品 を氣 高く 見せ, 

* どこぶ & い ふる si S こ てん 5 ビ ころ かほみ .24 わ L — , , ^ % 

男 振 さ 云 ひ 癍鋤色 云 ひ。 是れさ 一 っ點 打つ 處も 》 し。 顏見 合せても 我れ さ 知らぬ か。 此カを 見て 笑 ひな 



都 土 產 



二 1 玉 



都土產 I 1 二 六 nn 

て ひ ふじん かほ 5 つ ふ じん おさろ い L だ. S やかた さいくん ふう 

がら。 手 を 引きし 婦人の 顏の 美く しさ をの 婦人 さ ハ さても く 驚き入 As たる 次第 姿 rJ を 細君 風 なれ 

げん ざい ち わ 5. もど たへ ふた ゝ あき みぶ る け あ を Tt さむけ KB かほ ひ 

現在 血 を 分げ し 妹 か 妙。 再び 呆れて 身 震 ひすれば 毛孔よ. <y 戰々 £ 寒氣 だち。 俄かに 顏 n 火の やうに な 

せん & さ い 5 わき くら ゐ ど ほや 》• かほ S もど かほ を ひも 》£-» ば At われ あざ の、 し 

6 て。 ハゃ 前後左右 キ i 辨ま へぬ 位 遠山の 顏 妹の 顔 何 か密々 談話す る さへ。 我 を 嘲け るか 罵る か。 う 

ひど &ゝろ あさま み を W かた あ 上ろ. J た $ti つ ひ で ど ほや 3 めいぎ か、 

たて や 人心。 淺猿 しゃ 乙の 身 装 語. 合ハ やさ ど 喜ぶべき も 當 時日の 出の 遠山の 名 儀に も關 n るべ し。 

こ JJ .5- もど まる 3 げさだ さんの け かた よめい & さ 5& わ s- つば み を & sw* めいよ 

殊 さら 妹の 丸髢 定めし 蠶之助 方へ 嫁入せ しに 相違な し。 我れ も 立派に 乙の 身 を 過 さば 今ハ ァ ノ名 ® あ 

さんの もけ あ はぶん さんの をけ よ も もったい ざ ま あ にき せ ^1 おかい こ あに 

る薩之 助の 兄 分。 蠶之助 £ 呼ぴ 捨て ハ勿體 ない 乙の 醜 姿で 兄氣取 00 妹 ハ 領布ぐ るみ。 兄 n コレ の 

み 々る &っぱ は お S はかま かりぎ たづ あ みはた しるし かほ 《 いさく さ かほ 

見苦し さ。 よし 立 ig» 羽織: 借 着して。 尋ね 逢; S しさて 身 を果 したる 印 あ 6 く 顔の 黴毒。 何の 顔 あつ 

をの あ ど ほや a や. *. か 5 をり から くれ.. :>- わたくし ゆ げん く こど もち いぬ ちく. L や 5 

て 名乘. <= ^逢 nA. やう。 遠山が 洋行の 折 柄。 與々. ij- 私 は 諭 言して? おれし 事 用; 3 もせぬ 大蓄 生に 何 逢; S た 

あ SR> ど つら あは どき.. 5;^ たづ く S もど 上め .St /ねい ぶん わ ぼう 

からう 逢つ-て 妹の 面よ /^し ァ V 十 兄が 時々 尋ねて 來る乙 さなら。 妹お 嫁に する の も 外 閟 惡る so 坊 

e K けさ わけさ ころもき あつ ばれ £ だ f ひら かほ しゅもつ い か もみ も か せん 

主馉 くめば 袈^まで か 我れ 袈裟 衣 着て 夭 晴 悟道 を 開く さも 顔の 瘡痕 n 如何に せん 砂鎗 書きて 五錢 

せん かね ろ めい つ を な も L ろ L ^A.(L s きを た わけ 

十錢の 金に 露命お 繫 げば^て 何 面白から う、 いつを 死んで …… 否々 死なば かへ つて 浮 名が 立 oo 譯も 

を S も yi さ 15>は さら-, J 、ろ .«,. る さて を S や .-(.- し S きを た 5 れ も 

無い 妹にまで 晴 さる > やうに なって は猶更 心苦し。 扨 何ん £ せう。 否々 死んだ さて 浮 名 立つ 憂; S は 無い 

わい いま てんか こせき &> むか t むしゅくもの いる * L めんさ 5 Si ざ 

哩。 今 は 夭 下に i*- 無ければ 昔時なら ホゾの 無宿者。 生きて 居て さへ 乙の 己れ^ 知れぬ 面相。 土 左 

ゑ R- ん ム く かほ ちか を L はづ かく, C はん かほ み ft さ 

衛 門の 膨れ 顔 これが 親 雄 卜 や^ 知れる 害がない さ うぢ やくさ 覺悟 はすれ ^-れがニ人の顏の見納 

ft* か 5 らめ ね みだ つ * 'れ もで S かんが かんが 3f d 

めか さ 思へば 悲しく 恨し く。 パ ラくさ 落つ る溟。 g 縫の 釉に 拭へ. さてく^ 考 へれば 考 へる 程 浮 



i 



^,^^9$ か そら けいせい 一 

只今 直に 書きます。 乙の 空泣き n ホシの 傾城。 十 11】 



I わ ゑ 3、 こど S やく わ み .&»♦ しんぶんき はんだ くわん 

世の 腹 立し さ。 我がた め 何故かく 儘 ならぬ 事 か。 否々 我が身ば か. ^ でもな し。 今の 新閬閬 けば 半田 も宫 

きんぬ. t だめ ど HC め わ もの 、しつ ビ れ はづ は を み よ 

金 盗み出し 召し捕られ し^ゃら。 一 初め 冥利の 惡 るい 者ハ。 行末の 實ハ 収穫ぬ 箬。 花 あれば こも 實 ある 世 

&> か ひど み 5 へ ほせ ほか 

の 中。 人の 身の上 程 圖られ ぬ もの はなし 「ハ ィ 

たいふ ゑ はや できあ!?,: £ きど $ 

太 失 の 繪が 早く 出來上 る 御 新禱。 

t ぁビ かた その あど 5 ねめ せ いた しゃもん わ.,' し をげ へん き 

チイく 其の後 を 語らん か。 其 後 采女ハ 何う 致した。 沙門の 橫处. ^歎いて から コ リャ樣 子が 變ぢ ゃ氣 

くろ おは ひビ さいそく みだ つ、 

が as $: せぬ か。 さ 多くの 人に 催促され て溟を 包み or ハ 



i 



ffili もし ませぬ。 狂 ひもし ませぬ C 矢ッ 

たいふ しゃ 4 ん わ 5 し を か いか かね 

張 元の 砂 書師で 御座います。 さて その 采 女の 太夫さん ハ。 沙門の 橫 死お 泣き 悲しみ。 如何にお 金に なら 

かた わか しゅ <- ちゃ 5 ちゃく を.,: i<c ビ ら &ざ を わけ 

ぬ 4- 方 ぢゃビ て。 n レ若 S 衆 打ち 打擲 ハチ H I 何事 ど。 か 恨めしう 御座います さ 泣いて チジで J も譯が 

やみ さ s« f ねめ る は 

閽を 幸; S 采女 は廊を 



わか しゃもん L みっか め ぶん そら き き くも 

判らす。 さて 沙門さん の 死んで から 三日 目の 晚ハ。 空 も氣を 利かして 曇った 

R . だ あさち , はら か *- み いけ み どこ み づねど みみ さま あほ S &ざ 

通け 出して 淺茅か 原の 鏡が 池に^ う-/ \臭 を 飛び込む 水 音、 ザゾ ブ。 あん^ 皆檨 哀れな 話しで ハ 御座, est- 

> > . ゑ ざ 5 5 ねめ だいふ S ざ めど & らん か W がね や 

せぬ か。 rJ れ の綣 像が をれ をの 采女 太夫で 御座います よ る しく 眼お 留めて 御覽 じろ さて 雁金 屋 では 

« 'へ した おほさ ほ 5 ねめ み いづこ いつ は ひビ だ さが み か * 'み いけ みき-ほ まつ 

上 を 下への 大騒ぎ C ,3^ 女ハ 見えぬ 何處へ 行た。 方々 へ 人 を 出して 搜 して 見ます さ。 鏡ケ 池の 汀の 松に ァ 

ろ もの ゆ うれい あし、 《-& み fj ろむ < かた もで お しま あど 

ラ 白い物 乙 わ や 幽靈さ 一 足 尻込み。 見れば 白 無 as の dt 袖に 血 汐の痕 わ, 



5 ねめ 

采女, 



わたくし ちょつ どこ 、か み 

あ. ます どへ。 わ 私 1 寸此處 に 書いて 見 ませう。 これ 



しゅ C せい うた 

首の 辭 世 の 歌が 



御存知の 御 方が 御推キ i じ 下さ S 



ますれば。 をれ 死. 



のち わか かたみ 

後 ks;, ります。 乙れ を 遺物 € 



かたみ 



遺物のう 歌で 御座ります 。此處 へ 書き 示す ど。 



都土產 



二 1 セ 



都土產 二 1 八 

を し さる さは あど か 4>み いき しづ 

「s ハす さも 名ハ もれさ 知れ 猿 澤の跡 を鏡ケ 池に 沈めん。 

か どし ゎづ& つゆみ は を & ざ & み 

^書いて あ ゥ ました。 ジ をして 年ハ 僅か 十七。 惜し S 蕾の 花で 御座いました。 ザ^ん ふ投 けます 身 を… 

か i 'み いけ むかしく こど 5 た た いふ かたみ &ざ , 'どし 5 へ お をし み— 

…鏡が 池 n 昔々 あった 事。 さ の 歌 n をれ く 太夫の 遺物で 御座います 歲乙を 上 だか 同じ 死ぬ る 身。 

しゃもん こど &ざ & あん をい さま どし さい わたくし こ どし さい ち. Ms だん わたくし し 

ィ H ナ 11 沙門の 事で 御座います。 御 案内 樣年 a 1 十三 歲 私 も 今年 n 二十 さ 三歲。 戯言 はも 7 一の 私が 死 

を く を, 〈を ひど S? あど のち どもら 

にました ^て。 泣いて 吳れ ます 女なん ど はた ^5- の 1 人もハ イマ ァぁ. ません。 跡の 吊ら;! so をの 後の 吊 

か t- み い け あん? ふた 3- み 5 へ あ K れ 5 け かたへ はか た < こど _ く S パ 

atto 鏡が 池の 庵主さん が 二人の 身の上 を憐ん で。 池の 傍に 墓 を 立て、 與れ ました^の 事。 さても 功德 

こど &ざ fj はかた も , — ふた m> k a.^ こど-^ 

に » る 事で ハ 御座. S ませぬ か。 死んだなら 墓 を 立て、 貰ら うの か •:•: i ィくナ 1 ニニ 人の 墓の 事で 稚 

ざ さ だ みら S 5 れ たも かた つ *• かほ あ 5E ほや 3 いら ど いぶ , こ 

座い ます 定めし 未 求で 嬉しく 思 ふでお. ませう。 語. 續 けて 顏を 上げれば。 遠山に 妹ハ訝 かしけ は此 

ちら み や.!' を 3 ど おも わざ わら 5- ほ めう こど まもし あ ) さ だ い;? . p^;^^ 

方 を 見る 樣 子。 悟られて はと 思; 5 態 さ 笑ひ顏 or へ ィ 妙な 事 を 申 上げまして。 定めし 孰れ も樣の 御機嫌 を 

損ねました らう 

b ,: の 上 S50??u ふた 5- き も 、ゥ f ろ がた み おく あ ふ 1& みだ たも がれ 5 も くら、 _ ふゆ ひ に は 

K ぶる も此 世の 睱乞 ひ。 1 一人が 行き 過ぐ 後 姿。 見送れば S る、 涙。 tt や 黄昏の 薄暮が 40 冬の 日の 俄 

か H あまもよ ほ おか を い ろ も lib あつ ふた s- さど かへ はやみ かく み e たく . 

かに 變る雨 饉ひ。 親 雄 ハ色砂 集め. ^せす。 二人の 悟. 歸ら ぬう ち 。早く 身を隱 さう さ 身 仕度 もい を 》/\.o 

i ふだ あめ さん づ か H みづカ さま L けっく よふ わた I ふ ど 5^ 1 

折からし よ ぼく^ 降. 出す 雨 三途の川の 水 * 增せ^ 死ぬ はハ 結句 夜 も 更け 亘- り。 降って ハ通 6 も 稀 

ひゃく ぱん. &ひ か はかせ あめ ふ さぶ まあ ころも • ^を >1 を ^?) 

れな百 本 杭。 川風 雨 を 吹いて 寒く。 捲き 上ぐ る 衣の 裙 T アツ 南無 

のこ あみだ ぶつ みづ おど け た, み づけ 

殘る阿 彌陀佛 ハ水音 k 消され。 パ ッさ 立つ 水煙。 



可 許 省 務內日 十三 月 八 年 六 廿治明 




明治 廿六年 十一 一月 十 玉 日印 刷發行 I 定價金 拾五錢 1 



所 有 



麵摘 I 大橋新 太 ® 

B 本 檔區本 町 三 丁目 八 番地 

印刷者 杉 原 辨次郎 

京搐 E 元 數寄屋 町 四 丁目 二番 地 



印刷所 



杉 原 活版 所 

京 橋 區元數 寄 屋町四 丁目 二番 地 



小 日本 橋 區本町 三 丁目 



發兗元 



文 舘, 




タ 



册 十全 



「 ill % ぶ ^l^lv , バ, , , 



i 據財 陸軍 中將 川上 操 六 君題辭 幸 田 露 伴 君 序文 

野 崎 左; X 君 著 第 壹镛时 



A^h^ > K- 名所 舊跡 

ノ 立ロ 千 餘ケ所 

】 册 紙数 玉 百 五十 頁 

正 價 i 三 拾 錢 

郵稅ー 册 金八錢 

k K-m 約 、_^ ^ 

4H AnJ 壹圆 八拾錢 

^Aui4ffi0^^5 <询 ^密圃 數十涸 宛 挿入 隔月 10 明年 十一 月 完成 

我 邦 名所 鬮會 若く は 案內 記の 著に 乏しから す V- 雖乇、 ft ね 一 1 國 又は 近傍 一 一 三の 勝地.. ど蘂 ぐるに 過き 

すして、 記事 亦 繁簡 宜し さ を 得す、 其繁 なる もの は、 徒らに 數帙 に涉. ゥ、 浩擀 にして 携帶に 便なら す、 

其簡 なる もの は、 唯 だ 地名 > ^列す るに 止ま. o、 粗^^:にして參者さなすに足ら卞、 而も 其 書 は 多く 數十年 

前の 上梓に 係る を 以て、 昨の 桑田 も 今の 碧 海で」 變卜、 往々 實地さ 差 ふ 土" のお.. o、 豈に 漫遊 者の 爲 めに 一 

大缺點 なら 卞ゃ 、著者此は感ゎ-^、 終に 奮って. g 書. K 者 はす、 全 SI 都て 七 冊に、 して 之 を五畿 八道 分ち、 

初め:^ 日 水 地理の 總 論お 錄し、 次に 谷 道 谷國皆 地理 草 等 を 叙し、 名 S ;、 舊跡、 神社、 儲閻、 山川、 沼湖、 

温泉、 海水浴 塲の 如き は、 各々 郡 別 さし、 遠近の 順序に 由 りて 之 を 詳述す、 其 位置 名稱 は、 悉く 新 WW 

の 名 を 以てし、 s 程 口、 亦 最近の 調査に 係る もの を 舉ぐ、 而 して 每編卷 首 は 細密なる 地圖. せ、 卷 

中には 數十 個の 寫具 木版. 稀 入して、 て 各 名勝 域の 實. 激を描 m す、 記事の 精確、 文章の 流暢、 豈に噪 

々する を須 ねん や、 此 書の. MS 刊 名所 圖繪の 類.^ 優る 啻に, 此のみ は 非す して、 其の: S 理 風土お 始め 山河の 

形勢、 人情の 厚簿、 氣 候の 寒喧、 物產の 多寡 等お 記す る 極めて 確實、 一 國 一郡 一 市 一 町 悉く 小 地誌 を備 

へ たる を 以て、 之 を 一 部の 大地 理書 さして 見る も决 して 妨げ 卞荖 者が 名勝 地誌の 名 を 負 tt したる の意盖 

し此 に存卞 、具に 近代の 一大 著作な. CS 




I g I 3 \ f 桂 舟、 I. 永 典、 I、 丹 陸 へ 廿七年 1 月ン 

€ S E ^ Jm 一^ 廣業、 國松七 翕 伯 密譫入 \ 二日 發梵/ 

本鴛は 夙に 文壇の 一 かに 雄視 して、 梁山泊 ざ 呼ばる 現 友 社の 諸英 が、 午の 年に 因み て 結構 意 

匠を焉 に寫 し、 谷 妙想奇 文お 鬪は したる、 新作 七 鴛を聚 め 00 



秋 求 



ス 

= 密書 入 



每年 四季 一 回 宛發兌 

每册大 刿紙數 百 六十 頁 

: K 美本 



® - 



き cccccocaHclxcxc::^ 正價 一 册 十五 錢郵 稅四錢 



春の 花、 夏の 山、 江 月、 暮雪、 天地の 美 を ^E.^c^ さ 題し、 四季 毎に 各 家の 新作 

鍾め、 宇宙の 妙 を 極む るに 擬 して、 兹に ^7^^^. 數篇 を綢 る、 小說を S 刊 せん 

さす、 羅 する 所 は 偏に 當代 知名の 大家の みに 非す、 後進の 才子、 永 題の 俊 « 及び、 特に 憑 賞の 

方法-^ 以て、 普く 傑作 を 募り、 之, 江湖に 紹介すべし、 此等 秀才の 錦心繡 腸よ- 織 成す 文の 

美 は、 夭 地 宇宙の 妙 € 相對 して、 特に 精華 絢 調た らん、 抑 も 叉 後進お 誘掖 して、 深山 幽雞を 

拓き、 名花 美 玉 世に出さば、 期 文の 準ん 步 上の、 一 德 たるべき 哉 



I 



ひ, 



ノ ^ 

* ,秦, 



1 




1 






お 



— -»-^-3?(— 

=^ f '■:S:r -fr- iifi? m *f 



し t 

I 

z ま 



•t 



ぞ > 



奥 5 ャ級? 天々 5" ^ 




.1.1 齡 # 




一入 庫 五 儘 



, き: 



-i 二'' 






m m ^ 

^ I r み m X ま 徵 )4 

^1 lit 1§ II 

s I m 

S? >4 蒱 



sgisj^rg^s .r-^mi^m^mi -广 や、?^ ミ^^ 

§ や A " ¥ >r . 4 た'' ^ス s き? k^^©^^ - ^ 

I m ^'Mm 



K = 直 

ふ? s 



T い ま-ヰ 



(I) 




左の 割 5; にて 御 注文 に 應す 〇此 割引^の 有効期限 は 廿七年 1 月 三十 一 日限 さす 

雜誌、 全書、 圖 書類 は 一 割! 豫約 書類 函 は 玉 分 引 さす 

伍し 舘友 諸君 に 限-. 鑒 規定 外 五分 引ミす 



® 此 券.^ 添 へ 御 注文の 諸君 へ は 定佤の 1 割引 ざす 



i§i 特別 割引券 



© 此 券の 有効期限 は 廿七年 一 月 三十 1 日限 リミす 



4 



©此 券. ^添 へ 御 注文の 諸君へ は定惯 の】 割引 W す 



瞻文 M 特別 割引券 



©此 券の 有効期限 は 廿七年 1 月 三十 1 B 限リ W マ 



切 斷 



.At 



線. 



©此?^添へ御注文の諸君へは定愤の 1割„;?;ミす 



IMi 特別 割引券 



® 此 券の {^ 効 期限 は 廿七年 】 月 三十 1 日限 リ さす 



© 此券 > ^添 へ 御 注文の 諸 君 へ は豫約 楚價の 五分 引 



特別 割引券 



© 此 券の 有効期限 は 廿七年 1 月 三十 1 日限り ざす 



パー,. V つ 



I 



M 鑼豫 約. 晴版鬮 書 廣 吿 1 

今般 is 二 於 ーァ; dul 名所 11 繪等ノ 著名 ノ 木版 數種買 入? 1 付 聊カ視 意.. 表, V ン が 爲メ. 1^ 七 

年 一 月 ヨリ 1 1 月廿八 in 迄 左 e ノ 谷 書 參百部 宛 チ限リ 豫約赏 似 n テ 發寶仕 候尤モ 期限 中 11 ?モ 豫約 部数 

一一 滿 W ノ凝ハ 普通 ー賈 價"! 相復; 可 申き, 付 至急 文 * 上 候 代金 ハ 一 切 前金 ノ親定 一? 送 本 

ハ 製本 旣成御 送金 次第 即日 發送可 仕 候 

1 月, g 刊 ノ雜誌 一一 挿入お; -圆 書 割 引 券 相. 添 H 御 注文 ノ 節,、 豫 si 價 ョ-更 一一 五 八 刀 引 r 

ス且ッ 館 友 諸君 一;. e 蘭 引 券 * 添 H a 注文 ノ 節ハ豫 約實價 ヨリ 一 割引 トス @ 金高 五圆 

t.M±lis ノ 方 < ハ 館 友 證 - 贈呈 ス ぺ シ 右 f 證ハ 次回 ョ タノ 御 注玄 一一 効力 チ有ス 




m^m 軒 長 秋 編 

谷川 雪 旦 » 

, ,山 . 鳥 編. 

M 谷 川 鍾 旦書 

齋ー藤 月 scr 編 

長 谷川 雪 旦需 

圆. 子 德 先 生 選 

關世道 先 生 鶴 



全 « 拾 刑 裝 大本 

正. 價 < ^五 13 

金 四 册 裝 大本 

正價金 四拾錢 

全 五 装 大本 

年價金 五拾錢 

全 拾 二 滞 装 木版 

圧價金 K 聽 

全 二 冊, g 装 本 版 

正價金 四拾錢 

全 六 冊 木.^ 和装 

正價金 五拾錢 

全 二 冊 木版 唐 装 

正價金 四拾錢 

fsBHB 先生 校閲 全 三 册 木版 唐 装 

鴻齋先 生 著 正價金 五拾錢 



米 庵 先生 手輯 

米 庵 先生 輯 

石 川鴻齋 先生 著 



豫, 約 寶價^ 四 腿 

通 fSJ 斜金 五, 拾錢 

豫約 實價金 三 拾 錢 

S 稅^ 拾 四 錢 

豫約赏 噴 金 四拾錢 

m 稅 金八錢 

豫約實 價金壹 m 貳拾錢 

m 税金 贰 拾貳錢 

豫約 實價金 三 拾 m 

四 錢 

豫約 實價金 四拾錢 

m 稅金抬 11 錢 

豫約實 價金三 拾五錢 

郵 税金 六 錢 

豫約 赏價金 四,^5 錢, 

» ! 六 錢. 



嚳參 藝傪 翁 暴鬱傪 繆縿嘛 • • 

I 画變 響ぎ 廿五資 大流續 文 R 



- 續正 

八 1 




十 龍ぶ〜 

'凡 化 一 „ 



文フ 

史 章文丄 




FI 貝 HJ 

註本範 



治 曰 芳へ法 法 
i 代 本 法 

讀: 通,. 遺 洗詳詳 

it 鳥 叶 

本 略史 鑑史墨 諭 論 論 



本 




安 


矢 


藤 


土 


定 


勝 


格 


之 


先 


先 


生" 


生 


纂 


調 


釋 


點 



近 安 南 石榧淸 
藤 原 摩 川 木 沈 

m 健 羽 :m 宽饞 
城 堂峯 7 則 潜 
先 先先 齋 先 確 
生 生生 先 生士 
標 築 校 生 標評 
註 ft 閲 編 註點 



正 全 正 全 正 全 正 全 圧 全 正 全 

« 七 11 ニ價四 f A ,靈 11 

壹册 金 W 企 冊 壹賺 ま 冊 mm 
圓木 _ ^洋 六 木 銅 M 木 回 木 

貳版 2 版 六 版 # 版 五 版 

拾 手 n 拾 美 拾 初 拾密 ma 拾^ 

錢装 錢本 錢装 mm 錢装 錢装 



石 山 三 農 農 
川 名 島 す 

鴻 善 中^ 問 
齋 讓州^ 務 
先先 先^ 
生 生生 局 省 
核 訓梭 纂 
訂 點閱 訂 



勝 



伯 



著 



石 
川 

先 
生 
著 



石 
川 

鴻 
齋 

先 
生 
著 



石 
川 

鴻 
齋 

先 
生 
著 



正 全 正 全 

價六! 2 八 



金 冊 登 冊 金 »貳 冊 
木 阊 木 拾 洋 
壹版 五 版 = 装 五 装 

fa 拾 称 1 美 拾 背 
E 装錢装 顔 本錢皮 



正 全 IE 全 正 全 正 全 正 全 正 全 
鋈ニ價 二 價ニ價 二 



價き S 四 



壹冊金 冊 金 冊^ 冊 
[ffl 雅 四 木 西 木 [jq 木 

五 装: 版 江 版 反 
拾 美 拾 唐 拾 唐 拾 害 

錢本 錢装 錢装錢 装 



郵 豫郵豫 郢 豫郵豫 

約' 約 約 約 

實 實實齊 

mn 秕價 mm 稅 m 
金 金 金 金 金 金 金 § 

戴八^%^威齒 

拾 拾 ま!、 1《 
錠錢 錢錢錢 綴錢錢 



通豫 通豫 郵豫 
、> ^約、 > ^約 約 

^ 實 實 

mm 科 n mm 
金 金 金 鸯金金 

四 i 四 i 拾 ま 

拾 拾,〜 jm^ 
飛 拾お 拾 《 ^五 

錢錢 • 錢錢 錢錢 



郵» 通豫 郵豫 郵豫 郵豫 郵豫 郵豫 

約 、w 約 約 約 約 約 約 
實 资價 實實實 

mm 料價 稅價 稅金 mm 税價 税價 
金 金 金 金 金 金 金壹 金 金 企 金 金 金 



五 



も' 



マ 或 +な九 拾 ^^?^拾六*&>^拾 
ノス I 拾 四 四 拾 五 五 五 
錢錢 錢圆 錢 IQI 錢錢 錢錢 錢錢 錢錢 





&坩昔 s 

詳訂 释頭 
註篆 



の 



假日 

本 國撰名 撰 撰日康 

古 軒 育 人 日 f 本 明日 本 @« 

代 十 離 名 本 gll 治 本 大"" 

法 辭節学 字 字 玉 字 



新 明 

g« 治 

曰 



本 

政 



粟 典 訓典書 用 典 林 典 典 篇典經 記 



佐 增小栽 西 木 
^ 田 ま 野 田 村 

綱 信 集 之 止 先 
先 先先 先 先 生 
生 生生 生 生 編 



山 
田 

美 
妙 
齋 
先 
生 



'木 
弘 



編 編 著 著 著 編 S 編 編 編修 修版 



大 


太 


石 


宫 


田 


川 




淳 


鴻 


司 




齋 


先 


先 


先 




生 


生 




編 


ム 



石 石 
川 川 

鴻 鴻 

先 先 



後 大 
^ 橋 
藤 學 



ha 



先 



生生 大生 



あ 

次 



正 全 
價ー 
金 冊 
壹ー 
11 千 
パ 五 
拾 百 
錢資 



正 全 
價ー 
金 冊 

ft — 

m 千 
貳買 
拾 上 
錢 



正 全 正 全 正 全 正 全 正 全 正 全 正 全 正 全 正 全 正 全 正 全 正 全 

慣ー 塁 一 m 二 價ー 價ー 價ー 價ー (1 二 價三 m 六 繁壹 塁 拾 

ま 冊 _貳 冊 金 冊 金 冊 金 冊 金 冊 金 冊 金 fit 金 冊 金 冊 貳冊 壹冊 
壹チ aa 千 參洋 S 銅 洋 7T 洋 三 銅 壹銅 參銅 六 銅 M 木 m 木: 
二 五 買 装 販 "^装ぶ &装拾 版 版 版 版ォ 版 五 版 

百 拾 上 背 ボ n 拾 背 拾 背 五 称 m 雅拾^ 拾 称 
H [頁 錢装 頭皮 EI 装 錢皮 錢皮 錢裝 Hi 装 m 装 EI 装 錢裝 錢装 



通豫 郵豫 
、f 約 約 
逮青 實 

rm 稅慣 
金^ 

貳+ ^ 

拾" 六 登 

錢 BI 錢 EI 



郵豫 通豫 通豫 郵豫 郵豫 郵豫 郵豫 郢豫 鄹豫 通豫 通豫 通豫. 

約, 約、 1 約 約 約 約 担 |カ 約 滞 ま 3 渾 渾 g 
實 i 實^ 青 寶實 實實實 實逆實 1 せ 實遗實 

em mm mm mM 稅價 稅價 税 d 稅慣 mm 料 價 科價 料 ffi 

金 金 金 金 金 命- Hi 金 金 金 金 金 金 金 金 金 金 金 金 金 金 f 金 $ 

拾 八 武齒 H« 拾 六 四 山 四 四廿 A ji -r^i |i 

八 冊 g 拾 四 拾 A 拾ハ 拾〜、 1§拾8 拾 iff 
錢錢 錢錢 錢 d 錢錢 錢錢 錢錢 錢錢 錢錢 錢錢 錢錢 錢錢 錢錢 



明治 廿六 發遵 i 



:, 有 

: 直 k 



本年 ョ 9 諸 雑誌 共 大改茛 致, a* 版. 事 暴 ii 

ノ爲メ 含 S 沸ヒ トシ テせ六 年 發刊ノ 左記 諸 雑誌 共 

ヽ\ 一 一:t!;sr 品 切; -ト相 成 候 一 ァハ御 需メ- 

? ^ノー ー應 I- 難ク 候 間 御望 ミ ノ方 ハ此際 





謹 賣廣吿 

發賣 Sf 殘本. "各 

文 希上繞 



定 ffl 



g 三 第 壹號. ^ 3 ^ ^ 第 拾八號 、第 拾え 號四^ 缺.^ 

第三 ggtss も 四 ^ f«w 第 贰抬號 、第 廿壹號 E ま p^s* 

:: J ニ錢宛 



き ーョ . ま 第 廿四號 

1 冊 111錢© 六泄 前金 拾 八 錢© 十 一 一冊 前金 三 拾 五 錢© 廿四潘 前金 六 拾 八 錢© 郵税 



⑩日 本 さ 少 年 第,. 囍 4?J 廿 四 部 缺號: 

日本 商業 雜 錄 § 謹き I i ^ 第 垂ま 塞 編 



00 本 農業 雜蘭 第一 1卷..議&| 廿 I 內 鼸 S1 置ず? J 號 



以上 111 誌 同 S 

】 冊 1 錢 

iB 本全國 P 

Is 小學 生徒 ル fff 

以上 二 g 同價 

導 日本 大 



少 





1 八 錢⑩六 冊, 前金 四:^ 五 ®© 十二 冊 前金 八 拾 五 錢©廿 四 冊 前金 1 圆六 拾錢⑩ 郵税. 

モ き ii 3 第 壹 號 1^ ^ 第壹號 〔ぼ^ r^^f 汁缺號 

第三 卷至第 廿四號 せ四齊 P 九號、 第 廿號、 第 廿ー號 .ra..^ 

1 g 第三 翻 si§ 拾 二部 缺號 ナシ 

§錢|- お i 前金 廿七 ll-i^ 一- 五 拾 錢⑩廿 si 前金 九 拾 五 錢© 郵税 一冊 壹錢 

第六卷.^彌^^| 拾ー i 內 第壹號 壹 部缺號 V 



至 第 拾 一 

露 一 藤き ー| ^ sipulm 

f:.^. 自第壹 _號 4n こ, .GrT ^壹號 、第 貳號、 第 拾號& 部缺滤 

第五 卷 至^ 拾^ 一 .1 拾 二 音 R 第 拾 賫號、 第抬貳 號五苟 鉞.^ 



年 




術 共 進 會 き卷 sg?J 抬ー 一 II は 



b ぎ ま * 1 冊き swf 翁七管 十 1 i 金 1 H 八 錢* 郵稅 一 冊 1 錢 S 厘 



1 

il に 

闺 i 




明治 文庫 第五 編 目次 



みみす はれ 

めけ ほり はる 

曙の 春 …: 

っ& は. * み た 

月 花見 立て 

I 奢已 , 

糸?? 冒 



&-ク は c ひど だ t 

一 初 め 人を懷 ひお こ て 

はか &ん ぶん 



賴 朝の 墓附 韻文 

れ だけ 

霧 竹 



音 



五 一 

五 四 

五 五 

■ 五六 

五六 

五八 

八 



を かしゃ f e や 

聖者. 



かま くら *j ひ をめ.. - ひの 5 ちみ 

縑倉小 雛 失明 恨 



ねん 



古 切 乎 • 

くされ 緣:: :: 

あめ: g 降る 降る 

む もめ 

ゐ. ^^娘. …… 

はは 

母の 4^ さけ 



次 



春の 花鳥 



ま. < ^ベ, あそ ベ、 ね ふれ :… 

いづれ 務め の ある 世 か t 

しの あ づ みだ はら 

忍ぶ 合 ひ 圖の炭 後 



みち ゆき , た a 

鵜の 道行 一名 種 ほ 卜り 



ニニ 

二三 

二三 

二 四 

二 七 



ど か <» -ゃ <»き かう 

戶隱山 紀行 , 1 五」 



以 上 



二 

^5 ちょ み たし を sc せつ 

妖女 身嗜 みの 一 節 一 七三 

£ も A ざっきょ 5 *5 ち 

都門雜 興の 內 

はつ,, 

I 初 卯 一 七 七 

年始 ま は. 1 七 九 

いお ❖ わつ e ふ& e ふろく 

一 月の 十五、 十六 一 八 五 

雪 1 八 七 

よる ゆき 

夜の 雪 一 九 一 

ふ 4>ん かみ かた S 

婦人の 髮形 一 九 三 



Sli 明治 文庫 第五 編 



, 纏: £§1 みみず ばれ 山. 田 美 妙 

第一 

ま ぬ $x でよ 3 ひか で ふ ざ La- ほん まへ た、 み 

何^無く 間の 拔 けた 長 四疊の 間を扣 へた 六疊 ばか <: 'の 坐 敷、 rJ の 盆 前に 疊が へす る ゥ も. のさ rJK>、 

せ T せ ゆ C んふ どころ つ がふ ,ての ま、 くせし ろ 5 ど あちら こちら や 

少々 御 ま 人懷中 都合が わる. S ゥヒ云 ふので 其 儘に し、 をの 癖 素人の 手で いぢく つて 彼方此方 つま. は燒け 

こ *^ く へお ね ヒ、 みた、 み * の ひだ ^iJriK-VC^J>.&<w ズゅ 

つ 焦げ も 少なく、 綠 もいた まぬ の を 人の 目につく 處へ 置き 換へ たため 疊, ヒ疊 £ の 間が 隨分 仲間 われに 爲 

U いたて をろ か ぁゥ t> ゥま .A た *A> み -で CN 

つた^ 云 ふ、 可な ゥ言ひ 立てに も 手 敷の 掛かる 茶の ST さすがに 暴くて 邪魔に され、 片 隅に 押し付けら 

ゐ にぶ C だい もが ひ お ひきだし どって ど あか こよ w 

れて 居る の は颇る 時代の ついた 長火鉢、 一 ケ 所の 抽斗 は 取手が 取れ、 をの 代ゥに たらけ な 紙 燃が さも 

I :» r た: - さ 力 ゐ A- の L た あぶらむ f> るせ い か & 

力 ささう にだら り^ 垂れ 下って 居る、 其 T に は 一 一三 疋の 小さな 油虫が 威勢よ くちよ ろち よろ 驅 けて 居 

S ぶら い SAW よろ を このい ゝ な し, IV? フ ^0, を WC J JL よ ^ 

油む し^ 言 へ バ 開お も 宜しく は 無し. - が、 をれ を此 家の 御新造の 擔ぎ 好きから 黄金虫 さ 呼び 換へ 

.1 ;? . I たの る い む L ど L 3 を ね ほ 5* ^ こ ひふ を 

て S っを繁 ® るの を槃 しみ はして 居る さ 云 ふ、 大き^^:^虫に取っては仕合はせな住まひ、 御壕に 住む 鯉 鮒 

ばん せっしゃ S きんたん わいち こ けん ケく <- ち をる 

€ 1 般、 殺生 禁斷 の靈 地に 肥え ふくら,. -で先 は 春屬の 中さ爲 つて 居 4^0 

みみす にれ . , 】 



みみす ばれ 二 

—醫 : ■■ = 麗 1 = 11 = 1 = 1 隱 I = ||- : 11 I 画醒,國ー 鱷: 三 y= = ■■ 髑隱一 ■■ IIIII = |1ーー||画國誦疆ー| 顯醒- - Is—— HFnwIlfn inT i 二 

あみ じ き ど < 'つね どき い ねんぱい みみがくもん ほか これ でき ん ぶつ もじ や 

i 人 さいふの は 喜 藤 常時 さて 五十二 三の 好 S 年輩、 耳學 問の 外に 是ど, 1 出 來る事 も 無 S 人物で、 素 生 

あら い せん をん &ん もけ る にんげん こ?" ねた を あが 

を 洗 ふさ 以前 は 下 總の何 S か 衬で名 生の 櫂 助 をして 居た 人間、 ^うかして 小金 を 溜りて、 成 ゥ上ゥ 者の 

クね ^t* か 5 た A & き T をけ くづ を ゑ *^ しん わら 

常ダ 一て 俄かに 顔が 高くな. <y、 もさの 名の 久助は 葛 見た やうで を かし い^て 大骨を 折った 末、 自身 は擇ん 

» つね どき ぶけで L ものい たの t たが ま ゆら . ^ 

だ: >9 が 即ち 常時。 武家 出かさ 知らぬ 者に 言 はれる のが 何よ の變 しみで、 從ゥて 叉 駄法螺 も 段々 上手 

»* くち へんめ ラ かんな き こう e やう あらた & ^ ひげ a Be ち s めん へこね び 

ロも變 妙な 漢語 ま. rio の切ゥ 口上に 改まって、 無け 無しの 髯をも 生やす、 始めて 縮緬の 兵 兒帶を 

ど き ょ5 こしら び ビ . 5 ち ほ 5」 み、 がくもん よ 

グめた時にはゎさゎ^!;用を搏へ て知人の家をまはゥたさぃふ程でぁゥた。 を 乙 で耳學 問, たけ 有って 世 

を か つ 5 よ 5 こど わざ もんきりがた ある f ていしゅ を あかね は L 

の 中に 通用す る 俚諺の 紋切 形、 やれ 大が步 くさ 棒に わたる さか、 やれ 亭主の 好きな 赤 烏帽子 さか、 をん 

こ S わざ は をし を か 3 だい も を のく お き S A-i ^ぶんせ けん ひやう ばん 

な ffl 諺お 談話の 中へ 交せる のが 大好きで、 其 口の 利き やう W 云ったら 隨分 世間の 評判 もので か 本人 は 

.S つか 5 へいき あ ひか なれ み れい でん ぉこ>^> 

一向 平氣、 相變. はら 卞誰を 見ても 例の 傳 を, ハ行った。 

い 3 L や.. 'ばい こ か か さく か ほか ち よか ねく せん て fi だい *^.-そき 

今の 商賣は 小金 貸し さ 家作 貸しで、 をの 外に は 地所 家屋の 周旋、 手. た 次第にぶ つかって 裾 切らし 

げたべ いぶ A こん あ きんに よ にく しゃ ばい や は たか ほたか 

V 下駄 滅ら しに は隨分 根お よくし て 中中 飽き 卞、 近所に は 憎 まられ る商寶 ながら 矢 張, ^御顔,^ 高く する 

こどつ ひ たれき き, C4J よ むか 5 ち ぎんか 5 あ パリ お "Hi ひ ► ST — 

事 は 終 どやめ す、 誰も 聞き もせぬ に 近所の 人に 向 ひ、 家で は 銀行へ 八千圓 預けて 置きます € の 御 披露。 

ぶ あつ かひ よ うい を いた. S だけ .1 ん 53 はんせん ひろ 、 

分の 厚い 鐘 は 容易に 鳴らぬ もので ち さ 痛み入る 丈で、 眞僞 の處は 判然し ない 披露に むさ ひさ S 欺され る 

ばか 上 iS> か あ もの を これ きん e よ. i げ など たね I 

ほきの 馬鹿ば か As が 世の中に 有る 物で も 無し、 をれ も是 もこ さ^さく 近所 蔭 言の 種であった。 

き わる を や a sj ちら 5> しィ ろヅぷ みづ *» くら tO あ 3 

かさ 言 ウて氣 立て は惡 いので も 無く、 矢 張 何方 かさ 言へば 一 合の 舎利別 を 一.Ttr の 水 を K 夂 せた 位の 甘 



ま 5 f ら tJ ら 《- そ か を 5 を あくい を や £ 'も らいきゃく f だ 

S 白白し い 嘘 はっく も の の 必ら すし も をの 嘘が い り も惡 意で は 無 か ゥ た樣 子。 來客 を: *K 出し て 

ちゃ 》* ぃを くた び ばか お あ * むけ ね a さき は 5 * 

今 茶の間へ も.^ る や 否や、 ええ 草臥れた さ 針 ウ^ しん^ 地 ひびき 仰向に 寐た ふれて、 頭の 先の 方に 居る 



おくび 



いっしょ 



女房 を 額と しに 見遣って 欠伸^ 1 所に 「かッ 、阿玉! 出した 菓子 を已食 ひたく ゥ て爲ん なかった が、 



.& や 



が 3 ん 



自分 も 食 やわ 人 も 食 ふで、 もれが 否 さに 我慢して 居た。」 はは はさ 笑って 阿玉 は 起ち、 やがて 持ち かへ 



> つば 



し て 來た藥 子、 さ て 何ん な 立派な のか^ 思へ ば 腐れ やすく 》 S 石 衣で」 い ふ 德用も の 



によ 5 ゆ げ ちょ をし こどば い ざいさんか き aos くん 5 ちかた ねく さまれ いふ じん ね たま 

常時の 女 一房、 即ち 常時が 下女に 敎 へた 言葉で 言へば 財産家 喜 藤 君の 内方 奧檨 令夫人、 をの 阿玉の 素 生 

あら み f- も ふ 3 ひゃく 》J や まれ を ぬし AT- ち i MV を こ せ 々る ま ひ をた 

を 洗って 見れば 是亦下 總の百 姓 生れ. - 十二の 時から 名主の 家へ 傅 娘に 住み込み-、 錢 車の 日向ぼっこに 

かまいろ ^ あ ねんい ひかげ fs め お a ん げん 

覿 色の 染め上げに も < ふ お入れ、 やがて 日蔭の 豆 も はおけ るビ いふ 十八 九、 諺に さへ.^ も 十七、 人間の 事 

み た. 5 にん かんが かた こし を た a せ Si 

ゆ ゑ 十八 九 も 十四 五に 見える だら う^ は 當人だ けの 者へ で、 やう やく 肩 腰お 撫でさす る 事も覺 え- 蓊 

た 3 みづ かぶ かたち を ほ わ^ふ. x' だんだん き おは かん L ら たなの こ 

の 溜 ゥの水 かがみに すつ さ 乙 冠り の 形 も 直せば、 江 風 さ S ふ 事 も 段段^ 聞き 覺, si、 寒さら しの 白玉 教 



ぬ を だ ねし ろ. & か は S- をビ や しん おこ さいれい も SS ズ ね も きつ 

をで も偷み 出して 白粉の 代理に しゃう 杯 さの 野心 も 起って、 鎭 守の 祭 禮衬內 の 若い者に 思 ひ 切った 調戯 

さ たた けっく & ふ ど み かさ みづ も を か ほか 

口 を 叩かれる のが 結句 うれしく 爲ゥた 頃、 不 圖 した 事から 馴染 を 重ねて 水 も ir ら さぬ 中^ 爲 つたの は 外 



ざいさんか き どつつ ね どき - — 1 

でもない 其 時は久 助の、 今の 財 產家喜 藤 常時。 r 久助ウ てら 好い 名 だな. - 葛に あやかって 色白-た」 £ 

さ 5 た 5 ほ よろ. J お め へら £• を たたま つ . 'ゆ 

をれ 相應の 褒め言葉 を 男に^ かせて 悅 ばせ、 「御前 等 も は あまた 好い 名 だつ て。 阿玉た わよ く 付 はた..^ 百 

^ た 3 3 つ f- ろけ れい い 》- ん e つ S れ か か おぎ わん 

合つ 玉の やうに 具 白氣 だ」 *W 禮が てらに 言 はれる が 具實 嬉しく、 疆は るな 鍵 はらぬ^ 契った 綠、 をれ 

みみす ばれ H 



* ま J J I « s s P I fl i 0r 



みみ や. はれ - Imm!!!!!! 四 

^f^A み つ ひ やぶ いま を その: a 、か t ? - >J 5 b r J SHBBlsB^lBm 

も 良綠も 見えて 遂 a 破れす、 今 爲 るまで 其 儘 固く、 失婦の 中には 阿世 ®^ いふ 呵!? みたが^:^;.^ 

來て爾來^-こに三十年、 ^1- でた S 事で ありた。 総し .si: ョ は 百姓の s.^^ おな iU して^た^ に^げ 

. ^く、 請み 書きす る 事が 妙に 好きで、 もさよ ゥ ぼ っぽつ の 拾 jsif 問、 ^うせ..^ §^:;hfav かぬ ものの、 

しゅ , み , あつ ばれたら だいけ 5 さいち 上 fj ん まか を J ^ 

i から 見れ t 夭 晴當代 稀 有の 才女 P 負 上の 賄; 3 に 至って tt 是 全く 掛け まなし の 4f|i で、 一 錢の叙 をれ を 

1 錢w上に働かせてc^かふ段にgてはむし^^HHも及ばぬ位.^ 常時の 今の^ 射 も;?? が M 女房のお あり 

た。 糟 糖の 妻、 ひかし 友 稼ぎした 夫婦 中 も 立身す る 從ひ i く^ ゥ、 irp ま nji が や^した が 

る 此不德 の 性の 中に、 乙 こだけ は 常時が》 贤ん だお^^、 ただ 一 ゥの おぼけた rgili で 3 す .Co て^^が 

i S らし S のが 好い 杯 £ の 野心 も 起こらす ぎの I: かで、 けて きへ る 時必ら すお &は へて^ 麟に 

嫌 も 取る ほ.^ の 同 和。 

をれ に. をれ で 仔細 は 有 .o.^ t 石の 無い 清 く 4a>6si し、 I. な. -獻 しい 附 ずの i ル きぎ «に 常時 も: g 

は 腐れす、 で、 丸く も 治まりて た。 Jk^ てに 於て tt 阿玉の ぢか 1! およ... は^く 無い が、 ^射の^ 戯 

で 田 舍卞れ ii- 擦れて 居た。 乙れ が 鼻緒 卞れゃ 靴 すれさ 1 つて P すれ は sssm で まさか i らす、 X 

くるわ さ ビ ちが て 'さ 1 J S • 

廓 すれ や、 花街 すれ ざ 違つ. て、 體裁も S よ 構り た 事で 無—、 ^麟に s.^ 酽^ る 心 は 有りても 纩^ の^^ 

■of. 一 きん ピく, y く か さ ほ", - くち あ さ 5"J *,6; ム き .? 一 J ? > 

-ゃ 貸金の 督促に 掛か り て は 裂ける 程の U を 開いて 裂け る^の 吹つ 切う、 i农ける^にk^^,o:l^げて 

めいき つ か 53- かし かう w か. し てんさ c、 ビ& f © くや 」 外 

手氣な もの.^ あれ r し を 生れ 付きの 高利 貸、 高利 貸の 夭 才だ € 隣 6 の p.. 宿 の 書生に!^ がれる のを當 人い f 



L はる 

向 知らないで 花。 , 

颜 立ちに 於て は 大した 出來損 ひで もな しで 亭主が 言った、 をれ 乙 そ 百合つ 玉 は^ 白く も 無い ものの- 

P^Jih .Jk^^ ソ々 ま おやい ろ いったい で き をん き, <だ な こ つぶ お 50,V つば なへ 《 こ &; 

王 や^ お 玉 は^ 茶色で も 無し、 一 體の出 求が 南京玉 流の 小粒で、 些反齒 で 前齒ニ 枚の 間 は 小 i 枝 

が 差し 支へ 無く 通行す る 位 透 S て 居た。 髮の 毛が 本人の 自慢で、 成る 程 これ は 美事な. ii- ので 結 ひばえ 

力 有る さの 髮 結の 評 は 全く 本當 で、 乙の ため 顏も 大き;:^ 引き立つ で 一 度何處 かで 藝 者に 一度、 御 うらや 

ましい^ たった 一 度 褒められ たさ 言 ふの が 每も每 も 阿玉が 人に 向って する 披露で わった。 . 

第二 • 

話し は 前へ 立ち 戾. o、 常時 は 來客を 送. 出してから 寢 倒れて 類 杖つ きながら 例の 石 衣 つ 一 ふ 『つ、 だ 

C おいん ひど S t や 5 ばん きゃく だが らお や ゆのみ つど 

ぺ るの は 自分 一 人で、 相伴 は 誰に もさせす、 客へ 出した 出し 売の 茶 を 阿玉が 湯 1^ になみ なみ 注いで iw し 

たの を 縮めた 儘の 左の 手で 受け取. o、 常の 癖 S てす すすす 吞んで 1 旦 ふくんで またがら, がら sms^ で-都 

,>|>| 。ゝ^ 、くだ くち きふ いき は ね も こ み これ またはし や 5 たお あ 

をた たせ 呑み 下して 口 を 曲け 急に 呼吸 を齒の 根へ 吸; 3 込んだ 處 見れば 是亦齒 性の わるい 質 か 「鳴 

あ r いこ、 ろ き むら やつ £ri の ゐ <^ L s- 上 て C- を こ- U 

呼 さつば 6 して 》 い. 心 もちだ。 木 51: の 奴め US さう に 飮んで 居た つけ」 さ 別に 思慮 も 無 い 體何氣 無くさ 3 

に はか たも つ ふ 5 いぬ i f たも f 々ち さパ 

つて 俄に 叉 思; S 附. S た 風、 「犬 も步 けば 棒に あたる さ 思って、 木衬め 儲け口ば か. 探して 居る が、 をの 

- ) >、. ^ヽ ぶ かぶ い き こつお & ころ a. づ& ころ あん! W い きも 

癖 乙つ ちへ 向つ ちゃ 重荷お 打つ 被せ やう 亡 言ふ氣 だから、 此方 だって:^ i 心 有れば 水心で 餘. 好い 氣 持ち 

爲 いでな あ 

みみす ば. れ 五 



みみす ばれ mauaHBSBaa BSBBSBSBUa -J ハ I 

X'K かね む (-ん 

「へえ、 何 か をん な 事 を?。 金で も、 無心で も?」 

さ f かね こっち か こん K お rj ま L や, r- ばい © かや 

「いいや 左 樣ぢゃ 無い。 金^ら 此方 だって 貸す の も 今日 樣の 商賣 だから 利お 取って 貨 して 遣るまい 

の くわん か た あみがさ いつかい L ぎ やく かいもの ね いや 

物で も 無い が、 百 貫の 抵當に 網 笠 一 蓋 さいふ やう 仕儀で 厄介物お 押つ 付けられ るの も 否お や 無い 

もん ft めへ け ふ , やきよ 5 ほか 、a ざん 

か? 何 だって 御前 今日 わの 木: S がわ^ わさ 遣って 求た 用って への は 外ぢゃ 無い、 わの 兼さん を暫 

C ひ ビ この おれ 5 お 

時 引き取って くれ K 'つて へんだ。 だから さ、 此 己に よ。 さうよ、 乙の 家へ o」 

かね い ふ $ ふ つか ひどり む **こ いま れいらく たよ み 

兼さん さ 言 ふの は 以前 常特 夫婦が 仕へ た 主人の 一 人 息子で、 今 は 家. 零落して 赖る處 も 無くな ゥた身 

ぶん き ね ろ てい め まる t< で くせ か ぎ や 5 さん ひた ひ 

分であった 閱 いて 阿玉 は駭 いた 體、 目を圓 くして、 に < '出て、 是も癖 期う いふ 時には 仰山に 額へ 八の 

C L ほよ さ& しゃ .f feK ばか を ん 

字だか九の字だかを絞.<^寄せて宛がら生の鬼を見るゃぅ、「人、 馬鹿にして S る 木: r たよ。 何お らう、 

^ お くひ &ゃ をん か に ま ひどみ & <5 あ ひど 

ま、 人ん と 乙 を 好い 御 救 小屋 か 何 どの やうに へ: 鹿 島 さまの 人身御供 ぢゃ 有るまい し、 引き取って くれ も 

よく 出来た。 をして、 何だから 何な ゾ だって?」 

もん , 

一 をの、 何だづ てんだ OJ 

もん - 

「何 だり て?」 

frw たく むか た 5a ん 5jvn し い 9 か-りき つ たが ひ め も ) i が つね どき は ね 

つくしの g.o 迎へ當 人 同士に は 一 向氣が 付かす、 互に 眼は据 ゑる で 流石に 常時 も 跳ね起きて、 

ど ほ しぎ ねお ぶれ だん を L どころ かね び や 5.J ん 3 たこれ t や 5 ばい を 

「わの 通ゥの 仕儀で 零落たら う、 旦那が 死んで から。 處で 兼さん は 病お V で、 X 是ど ふ 商 寳も無 

かね ふる か は みづな たつ か いつ よ ち ぶんた ぶん も 6 を かみ か 

S だら う。 ゎづ かの 金 は 古川に 水 絡お 卞で阿 母さん^ 1 途に 千分 多分 持って は 居る か 中中 をれ で 



.5 つばんだ の を か S つばん やぎ んば X こどで き 1*5^ 

1 本 立ち、 野中の 1 本杉艺 頑張って 世 を わたる 事 は出來 ない のさ。 何 さ、 千 M —— 千圓 有る ま 

は おも ふた K こ あ S i だ S ちゃ S ぶ .ffc -s^ft まへ ふた は こ 

いさ — 木衬は 嵌め やう W 思って 一 1 千圓は 有る さ 言った が醯 だよ、 大丈夫 噓だ よ。 又 御前 一 一千 圓 

^ V ( < い ち にん. V ち に にん. ち せ いたく 

有 6 や 五 朱の 利 もして 百圓は 利が 食 ふ もの、 かつかつに 暮らし や 一 人口 や 一 一人 口 は 11 贅澤 す.?^ 

き を だ 53- さ 5 こ 3 つい たう きん ひど ほ こ , 

. 切 ゥも無 いが 11 ね 道理が 左檨ぢ やない か で、 < ^う も 困る、 就て は當 金まづ 一 千圓 だけ 入れる 

S 5 ち たい S なや こ ひビ もら £ -?、 二 3 こ,?: 

から… 入れる、 ああ 家へ さ… もれ 對 して 兼さん 母子 を 引き取って 貰; S た s€s ふ譯. *8>ん だ 是 

L ゆ 4 'けらい わん あ ほか たよ VJ ころ ゆるみ か おねが 

まで 主家 來^ 言 はれた 綠も 有. o、 かたがた 外に S る 所 も 無い 敌 見掛けて^ うど 御 願 ひ 申す さいや^ 

う 手の甲 類 措って たよ o」 

もの ひど wij い あど かへ むかし むかし ぶ さは ふ くち まへ 

「其 一 函は 入れた つきり で、 跡 は 返さな S でも S S ん おらう」、 昔が 昔 §: ゑ 不作法な 口前。 

「まあ 引き取 つ て 食 はせ て さへ 置き や •:•: 」 

く いのお い • け ふび を も f& を まい にお 

「食 はせ るって ほんの 命 をつな がせ さき や 好 いんだら う 今日日なら 茄子 か 唐茄子 ぐら ゐで每 日… 

も i 'むしみ 

はは は 鈴虫 見た やうお ッ。」 V 

S く W き もの た i-T* を い かげん かほい ろ < き め 51 

金の 功力 亡 云 ふ 物 は、 只噺 しだけ でも 好い 加减に 顔色が なほって 來 るから 奇妙。 

かね ぶん はん どよ もつ もの を たや こ if ふ たの かね &> ク 

金の 番人の 身に 取 ゥては 世の中に 金よ ゥ懷 かしい 物 も 無し、 親子 夫婦よ まだ 賴 もし、 金 さ 名の 付く 

き 3 上せ けん ふ つ 5 y ん e や 5 3 つた きくらげ かね t,-*- や はん 

物なら ば氣 がね や 待ち かねな *J でも 宜し、 世間 普通の 人情に は 全く 木 B の 耳ながら 金の 響きに は 夜半 も 

さ てら げ 5 し 上 5 ぶつち < E> き めいめい C ぶん き 

冴えて、 をれ だれば 乙 を 寺に も曉 鐘、 佛地 にも 金錢の 功力 は 有る もの, た S 銘銘 自分から 極めての 言 ひわ 

みみす ばれ 七 




! Bn みみす ばれ 八 ■ _ 

た ほ, jb を .t の はいふ ^i- がた げ ゐづら S かげん る あま かんしん 

け、 溜まる 程き たなく 爲. CV たがる さ 云 ふ、 其 灰吹き 姿に 下水 面、 好 S 加减 にして 居て さへ 餘. 威 心 もせ 

ま げ &づら た ほ L をん を かめ たま P 5 ら 

ぬ もの を、 况 して 其 下水 面が 大きく 爲られ て 何で 岡目に 堪る もの. - 乙 W に は 自由になら ぬで 怨 ひが 世の 

fj ぶう 巧 は あ ふ た れんち £5 つむ e 3 にら ほ: を さ f こころよ 

中、 SB 扇に 爆ぎ 立てられる 連中が ぢゥぢ ういさ^ 夭 柱お 曲げて 睨み付ける 程に 爲 CN て 左樣快 S 事 

は いふ がた 3 ん ざら し をれ .5- を いん 々わ か 

でも 無し、 さは 其 灰吹き 姿の 自身す ら滿更 知らな くも 無くて 夫で 何う にも 爲らぬ 因果で 千圓. ふ 掛け 

に た 3 ふ だん たかて 5 し に はか ひく たも こど 

聲に 阿玉 はいつ を 目お 無くして、 不斷の 高調子が 俄に 低くなる の も 思へば よくよくの 事でした。 

5- ビ お a ひど はこ こ がね か -; > らゐ み ぶん ようい 

利で 取 6 立てて _ も覺 えが 有る、 一 函を乙乙で浮かせるのも小金^^0;し位の身分ではゎんま,0容11^な事で 

を て. & つくろ fj ゆ、 しんね や こ ひ か. a t X あ 

も 無し、 乙? I は 鉢よ く 繕って 主人 母子 を 引き取って、 をして 其 金お 捲き 上げる が宜 から うぢ や 有る ま S 

はや あ て たく か さ 5 ねい さ 4- が い や き も を Sli 

か^ 早 目的に して 企ら み 掛かれば、 をれ も 左樣 ださ 男に 於ても 流石 は 否な 氣 持ち もせす、 「何 さかして 

SMS いったん ひ * &に たか ひどっ,^こ 5 ち か 

旨く 言って 1 旦は、 をん なら 引き取る か o」 —— 「さう さ 何し K- 高 は 1 ®^ 家の やうに して 貸し付け. や 

か ss- ふ た 9 < *1 ころ 5 へ »*i み めく 

高利 ,たからね いら 一 一人 を 食 はせ る處か I— J 11 「をの 上で 何う か 叉 折 6 を 見て ぽんで J いふ 目 を 食 はせ. 

5SJ これ. S くお も どこ 

やな あ ::: 」 —— つた^も さ。 や ゥばゥ 何う しても 是ゃ 好い 口 だよ。 ぢゃ 直ぐ また 是 から 木 衬 の處へ 

ね まへ C ね ど き ひち K ね ほ さ 5 きもの 

御葡 がちよ つくら o」 たちまち 常時 は 肱 を 張って 「大きに 左 檨だ、 着物 を 出しな o」 

よで ふ は L if ft- の る む もめ たせ は いまお やちで か ぬか およつ 

次ぎの 四疊の 端で 鏠; S 物 をして 居た 娘の 阿世 穗、 今 親父が 出掛ける^ いふの を 聞いて、 鏠ひ 掛け 1 

ど L ぶかみ あぶ しか わ を い ど は 3- いて 5 みね さ ゎ3>さ き 

寸澀紙 を かぶせ、 叉しても 危な S から e 叱られる の を 忘れて 絲の付 S た 針 を 鴨 脚が へしの 峰に 刺し、 襟 先 

* &が で ど. L& ろ わる ふ ど 》<- か ひづめ 

, ^し き 乍ら 出て 來た 年頃 は 十九ば か, o、 惡ぶ €ゥ に 肥った 方で、 にくらし いほ^の 甲斐 爪、 いさ 



て さき めだ を はらめ ケめ ゆ かた か はし を. J よわ L ゆ も をび こ ぎ れい か は 

^ぼつち やうした 手先 を 目立た せた 小 原 女染の 浴衣に 掛けの 端が 少し 弱った 襦 子の 帶、 小奇麗な 顔 

ゆかた はで は あ をみ いか ま. を=^ き 

だけに 浴衣 も 派手ながら 可な 6 似合って、 十人並 さは 誰でも 言 ふ 顔、 に 乙に 乙しながら 側へ 來て 「か^ 

このみつ で か 

つさん、 此暴 いのに 出掛ける の?」 

親 はふ- > 返って、 「うん 木衬 の^けへ o」 

い 3 き 

「今來 た あの人?」, 

き やつば な 5 くお ほね * ケん くたびれ く 

「うん、 さうよ。 Ms てたら う、 矢 張.^ 儲け口よ。 骨折 ゥ 損の 草^ まう けさなら ないで 吳れ なき 

S こどよ をの をん s ち ゐさ ふら で き 

や 好, S が。 事に 因 る^せ 《何 だよ、 家に も 居候 ふが 是 から 出來る o」 

せん しゅにん め, C だ 5 やく かい ねば いや 

「をの 先の 御主人^ か? 面倒く さ いぢ や 無 S か、 厄介 だね 威張られる だら う 、否お ねえ を 

だい $J こ せ ほ たれ き あたし んた W 

れ にや 叉 臺所も 忙しくな らうし、 誰よ 4 何よ. 一 番利 くの は 女 さ 妾の 一 一人 だね o」 

「はは.^、 大きに 左 i だな わ をの 代ゥ にや 着物が 难 るせ、 着物 を 買って やったら 嬉しいだ らう。 

また &ん しゅ ん いま ゐさ ふら や *f ^ ば 

で、 叉 何 ぼ 主人 だからって 今 は 居候 ふ も同樣 だ、 威張らせる もん ぢゃ 無 so」 

もの S さもが わば 5 どみ わ ば あ 

着物 さ 言 はれて 流石に k つ 乙 6、 威張らせぬ さ 言 はれて 又に ゥ乙みヽ 打ち解けて 見得 は 無 S 場合 ひな 

ヒし K あさけ を かま K さ 5 ざ. & $ も む め ねまへ 

がら、 をれ にしても 年に は 似ぬ 婀娜氣 無 さ。 人の 竈で 煮た 救茱、 をの 味 も 知らぬ、 措れ ぬ 娘、 御前.^ ら 

こ ひど 3- だ た ほ どき き い こどば まんざら はべ を 

ゐの年 なれば 子の 一 人ぐ らゐ 抱く のが 多い さ將時 k 阿玉が 言った 言葉 も滿更 上部 だけで も 無 ささう 

て/ 

な 鉢。 

みみす ばれ 九 




みみ やばれ ^ ml 1 

第 三 

これ 上く 50 y つち ゆ 5 ひど ぼ こ ;; 3 ああつ たも ^£ ゐ もの し w< 

是も慾 ゆ ゑ, 石^}^鎔ける日中ながら千圓の厦の有る*さ£思へば厭ゥて居られた物で#無く支度する 

5 ち S をづら あぜ たま f や 5 ゆび ね つね どき で ビ あど か を £, り こ お たま 

内から 鼻面に 汗の 玉、 無精に 指で 押し 拭っても 乙 もこに して 常時が 出掛けた 跡、 家 內に殘 るの は 阿玉^ 

たせ ほ げちよ きょ. にん ひど やま をろ をん > &じ 3 あつ ふ 5 ろ ろく くち き &- て. sfle- 

阿世 穗^ 下女の S 代 さの 三人 一 山に 揃った 女 島。 暴 さに 封せられ て 碌碌に 口 を 利く もの も 無し、 亭主 

たく だ どき が 553 あらた た たま まん ケく き もの き $ ざ fja, ひ かへ ど ちゆ 5 tes ち ^,1 

を 送り出した 將 だけ は 剛氣^ 改まって 阿玉 も滿 足に 着物 を 着て、 直に 座敷へ 引つ 返す 途中 k 於て 立ち 藝 

ひぬ ほ だみ 1* こど たせ ほへいき これ ぁ を 

でく る. さ 引き 脫ぐ 肌、 見馴れた 事 £ て 阿世 穂 も 平氣、 や は. 0>是 また 一 っ穴ハ 

「暴い のね H 、 意地 わるく^ 

あたし 4? さき 

だから 妾 も 股ぐ さの 先 ぶれで 

あせ 

r: ら、 こんな 汗、」 • 

みぎて だ み -J ろ K や ひだ 5- 5 で ふ どころ もぬ おぶさ さ が fl よちよ 

さ 右の 手 を 出して 見せる 頃 は 早もう 左の 腕が 懷 中お 摺, 拔け るで あら はれた 乳房の 流石に 處女 だけ ふつ 

く < あが 5 も. S ろ みめ 5 つ へん .S み あ たたま ちょつ どみ かへ め なせ ほ かほ 

くゥ e 括れ 上って 薄色の、 見る目に も 美く しい 邊、 意味 有. さう k 阿玉 は 一 寸 見て 返す 目で 阿世 穗の顏 力 

むか みめ であ しょ ち よ つね をん たお ま ぎ や 5 さん わら 

向 ふの 見る目^ば つた. 出 遇へば、 處 女の 常で」 て 何でも を かしく、 忽ち 仰山な げたげ た 笑; so 

「何が を かしいだ?」 

ビ また こん^ をのき かほつ 、た, 《 まぬ S ころた- 3 せ 

ク.. J 問 はれて 叉 げらげらで 今度 は 其 M いた 顔付きが 恐 しく 間か拔 けて おかし 云 ふので 轉げ 倒れる is 

お ほ つ こ い は、 をみ ま ミづ を か i が み を おやこ も A 

の大 さ. Q ぎ..^ 釣り込まれて、 好い年 をした 母まで が 同 卜浪 間の 渦の 中、 琉 石に 見ぐ るし く 無 S 母子 中. - 




ひど こ I, 

「人、 S やな子 だよ、 はは はは ま、 何が を かし いだ?」 

は C 3 たねつ か を か , — 

「を かし いだ! を かし いだ! 始まった 又 阿 母さんの 可笑し だか o」 . 

& を かも ** を どこ ちが ね た 3 4.3 ゆ 《 'ぶん ぬき め 5 こど. ss いだ- k > f 

田 舍訛ゥ が 男 さ 逢 ひ、 阿玉 は 充分; 拔け 切らす、 よく 妙な 事 を 今でも 言; S 出して をの!^ 度い つも 自 

しん む もめ これ L や S めい ねさ ねせ ほ わら いなかわら, まんざら. & ここ も *^ 

身の 娘、 是 だけ は 正銘の 江 ti:, うまれの 阿世 穂に 笑 はれた。 今 も 斯う 笑 はれて は 滿更好 S 心持ちで も 無 

ねこ ほせ を ど かく. S3 つと わら 5?. ほき 

し、 怒る ふ 程で は 無ぐ て、 鬼に 角 今まで 釣.^ 込まれた をの 笑 ひ 顔の 消えた は 事實 C 

およつ VJS へ や i か かや や 

1 寸前 は檨 子が 疆 はつ て、 しょげた 中に 稍 あらたまる. - . 

かね き& らん ひど こどば Co. ピ ひ おど ク & 乂 一 I 

「兼さん なんどが 來て 御覽。 さう 人の 言氣 尻なん ど 顶ゥた 日に や 11 阿 父さんに 怒られる よ o」 

こど おつか K はか これ 3 e め を かね ひどく ) ^ ^h. 

「をの 事、 あわか 母さん」 さ 俄に 是も * 面目 k 爲 つて、 「兼さん て 人が 來 るって な あの 何時 ISV ?」 

わ い つ ひ L ビ ほた ほタ をち わか だん- * - - 5 

「分からな いよ、 何 K だか、 日 は。 知って る 通, 御坊ち やん 育ちの 若旦那おから 11 をれ;^ゃ椎^!印 

5 お せっちん ほか 

も 家の 雪隱ょ 6 外 …… 」 

また せっちん • 

「叉 かっかさん 雪隠なん て、」 

ちゆ 5 ど かほ 

さ 中途で 顔をしかめれば、 

て. i:' ば てろ づ ば , - 

「ぢゃ 手水 塲さ. - 手水塌ょ.c^ほ^> …… 」 

い しも はだぬ み ひ 5J S こど わか わがまま 

「好 いってば、 下が かふ を」 さ 肌 を胶ぐ やうな 身で 他の 乙^、 「もうもう ユー 12 ふ 事 は 分力つ. K よ。 我 簾 

するな S 言 ふんだら う をん なら 疾くに 承知の 助 さ。」 

みみす. はれ 11 




! SMM! みみ やばれ 1 一 一 lull 

はやさき たた 3 ね は て もぶ さた 

早く 先お くぐられ て 阿玉 は 大きに 手持ち 無沙、 汰で 

「ね、 を うだらう、」 

さ跟け 入られて、 

を ま ft S くや 

「生、 御言 ひで 無い、」 t 口惜しん ばう。 

おれ おが * & , たつ か かほ 5 へ e か たつ か 51 こ 

「だゥ て 失に 違; S 無い。 あ 4 あ. es さ 阿 母さんの 顔の 上に 字が 書いて あるよ 河 母さん」 W 何處 まで も 

たや ども 

親 を 友 だち も^き^ 

ね や - 

「親 ありか まへ て」 • 

さ 睨まれれば、 , 

「つかまへ てゃ爲 ないで 放し てら あね。」 , 

第 四 , 

たせ ほ iS> ^ むし むか fi つけ f $j おら S ね やみ こ をく あんしん 

阿世 穂の 人^ 爲 目へば 寧ろ 昔 流の 観お 受けた、 何方 か S 言へば 親の 身 して 姑息の 安心の 得られ 

や も た. MLS まる せ けんみ is- に たや をね 4J5 めん さいそく こし あ おや もね 

易い、 大抵 を さなし い、 丸き. の 世間 見す、 何が 無し 親の 脛 —— 親が ffi 面 や 催促で 捲らへ 上げた 親の 脛 

ただへ いき こころた の くへ だけ む をめ S3 だい 25 むし fj や 5 がい i い あたら 

を 只 ^s. 氣で心 しく 食; S 减 らして 行く 丈の 娘であった 今の 大望、 寧 ^生涯の は、 何 かさ 言へば 新し 

は^;-り き & のきき ほ& つ いも ふゆ た. 2^ を おや $ ねいた ろ 5 や 5 かん ひど さほ 

ぃ琉行の着物.^着切れぬ程^^しらへ て、 夏なら 藷、 义ュ なら 唐 逝 子、 茶 受けに 榮太樓 の 羊 養 一 棹 をべ ろ 4 

ひど & あつやき くちど ^ しょくじ を <v ざい t ゆん きんだい や もん & ゆびわ L やむ ろ t> ん で き, y.J-<i- 

£ 1 人で や CN て、 厚燒の 玉子 取 を 三度の 食事の ® 菜 はし、 純金 金剛石の 指環 を暹羅 人の 出来 損; 5 



み みぎ ひだ s- ばん ゆび は いつ く. C が. P でた ち しゃふ ひ ばゐ けんぶつ S ち L んこ 3 i ね ほ 5. ね 

見た やう 右左 十本の 指に 嵌めて、 每. 黑鴨打 粉の 車夫 拽 かれて 芝居 見物 をし、 家へ ハ新駒 や 米 藏が阿 

ちゃ S £ きげん 5 かが < . &ぁゥ おいや をに 

ilさま御機縑ょH:しゅさ每日伺ひに來るさ^J^Cで、 かやよ く 御出で だね 暴かった らう 氷が 御 否なら 何 を 

あ か 今 た. S 、ゑん りよ びつ く S- ね つ みか 

上げ やう、 斯う 遣って 每日 御出で だに 遠盧も 人ら ^いぢ や ii いかなん ど^ 悠然 落ち着いて 見せ掛けて 

ちょつ ど そヒ で さ こ た いけ たち *.«■ さ! S み i かへ < ほ をみ きくみ k 

で 叉 一 寸 でも 外へ 出る 時には 何處の 大家の 呵娘樣 かさ 人が 見て 振 6 返っても cj^ れ、 花見 さか 菊 見さ か大 

せ. &ひ W 上 ある ビき を^ ちょつ ど あつむ もこ 々あ ひ だんしゅ ね SJ 

勢 人の 寄ゥ て 居る 處を ぶらぶら 步. S て 居る K 杯に は 一 寸叉 跳ら へ 向きに 其處 でもう ま S 工合に 圑洲ゃ 昔 

はや あ むか こどば か こんにち S. あんばい けんぶつ 

羽屋に 逢って 向 ふから 言葉 を 掛け、 かや 御孃 さま 今日は 笆 言った やう i ず鹽 梅に 無って を こらの 見物 か 一 

こっち み かめ あ いまの ケ I 

同此方を卜^c.oさ晃るさsふゃぅな、 斯う 言 ふ 目 逢 ひたい さいふの が を も を も 今の 望みで あた。 

ひど s- ru i み Jls く わがな..' を だいじ さ だけ じつ もん ま 5 a 

1 人っ子 ゆ ゑ 甘やかされ るで 身の 毒 k 爲 6 ながら も 我儘 は爲 るで 大事 爲れる 丈 實は損 を 儲けて 居る.^ 

たや わる おも か あい きび ビて でき S も か 

親^3^惡くしっけゃぅ^は思はぬ.15-のの、 可愛 さに 嚴 しく は 迚も 出來 すで 十二 三の 頃 好 S 加 减に最 う 可な 

あさね ね さ こ を か だれ たし 1*5 が 5 た あさげいこ せい, で ► *&• 

.0 の 年 をして 居ながら 朝起きる や 否や 寢 床の 中から 誰も 敎 へぬ 長唄の 朝稽古 4- かよく 精 か 出る、 泣 

❖ あ よ ば $JC,5iT を を こ ゑ ひね あんばい て 5 し の き まさか おや S せ * さ 

き 工合 ひが 餘ゥ程 上手 k 爲 つた、 聲の撿 .0 鹽 梅が 調子に 乘 ゥて來 たさ 真, 逆に 親 も 言 ひは爲 まい か, 言 

& ほ 5 ぴ &ん しまた くわし あほ だ らきゃ 5 ば せ a 

つたの も 同玄 乙^で 御 褒美 か 何 どの やう i^、 仕舞って 置いた 菓子 を あてがへば、 阿保 佗 羅經坊 まか 錢を 

$ い L ま た を さ 5 はや ねら ほ^,^ みや *Jb や 

もら ふさ 直行 ゥ て 仕舞 ふ の さ 同 卜 ゃラに 、 よくも 左樣 早く だまれ る € 思 ふ 程 速 か に 泣き止ん でし まふ^ 

まつげ をみ だ .1 らた _» か をのく わし がくから ゆ ❖ づ 

目 毛に 涙の 白玉、 がきら ゥ い て 居る 中から 其 菓子 をむ しゃひし や やがて 學校 へ 行く^ 間 さなれ は 叉愚圆 

いや. & .«-■ づ こさ も かふら は f> ま けび や 5 ね は こ 

る。 始めハ只否ださ言って愚圆ゥたものの、小兒.^^がら甲羅が生へ終ひには假病さぃふものを覺ぇ込み、 

みみす ばれ 】 三 



1 四 

i の ゆるい is ぎ やう、 ff0t ぼん ぽんが i いき」 は r へ あ。 病 iii はれて 弱く 

なる の は 1 お i なら g め,, i く を 折れき、 ぎ f たまが も fs で S 又 治りて 仕舞 ふで 苦くな 

く、 葡み I: きもせ ぬ、 fmf&s^ iftf i 利 s たやうな f 爲た ば 

の 位牌が 言 ふだけ であった。 だ きづ I 

r お 阿世 穂 は £ ぉ酽 のて 手の,』 のた や うつ? すき S げ £ る、 轉げ 出せば S 付く さて 其方 

^rfafff さす £ 其 か 甲 ひ斐は5 てま! ま S へば 食 SS たりい J 

. i0ff0imtff.fft 薦、 i 肌、 まな i 子 

でも さわ 來 い、 來 れッ? 

第五 むな 

g まの ひ 4- の Ss ぎサ 其 世の中 あぎ 身の iMsi ままなら 無くて、 い 酷 

くて f がしく I 口へば、 ほんのた *M ゃ攀 r 付けられ あの 事、 T 日 一す 乙し の 隙 S 有れば、 何 3 の S 

,たらう が、 らうが lly すれば "t^r れ ての r わぎ、 百年の 大 m まや まるの, が 先づは 



ふつ. f はも , 

普通の 咄 しです。 

をん み さ., 'もく * び みぶ. 5,55.«r わ ねし ろい ^ » さんか 5 

十五 六で 女 並の 心さな 6、 草木の 靡く の も 身 振, o€ 見えて、 冬瓜に 向 ゥ て も 白粉の 付け 工合 ひ を參考 

だ けクき わんせ 5 e つみい ぶ か は かほ い つてん さ. 《 ひ あだみ あほ 

し 出す 頃 V- なれば、 血氣 の焰微 をの 實內郃 に 乾き 乾いて 1 點の 誘; S の 火 も 中中 仇に は 見過ぐ さす、 哀れ 

其 火の 近寄れ さばかう 

ふ け いけん こ、 ろ お < 5 ち けつ ほむら さかん たくび や,!' かう だい ケ-ん lib をの 

不經驗 が 心お 臆させる 內は まだし. *i- 結搆も 思 ひの 炎が 熾に なれば 臆病 も 高 じて 大膽 S 爲る D しも 其 

ひ は 5 ちか 上 こ こちら ちか 

火の 方から 近寄って 來 なければ 此方から して 近づかう さまで 

.& ち ねんしん ことろ かた ん どき あ あや ふ だ らく き ゆ 5 やく のが 

何 か 一念 信す る 心、 つま.. > 心 を 堅める 念が 乙の 時に せめても 有れば、 危ぃ. がら 墮 落の 究 厄^う か 逃 

を だいじ .& ち だ. se 上 たうた 5 た. S て 

れられ る ものの、 それが 無かったら 1 大事." が、 乙の 一 大事が 世に は 多し、 滔滔 € して 大抵み なをれ で 

.S んせ 5 ひさ も a ばくれつ た L5 & よな からだ みみ 

焰微 久しく 燃えす に は 居す、 爆裂した 處 k 立つ の は 臭氣、 くす ぷゥ 汚れる の は 身體、 人 はい やしんで 耳 

ft ど ど e LA 

を掩ふ 音、 鬼 も すれば 叉 自身 もく だける で ただをれ だけ 

たせ ほ はんげん いま き や 5 か. S い を ものがた い 

阿世 穂が 物が た S 人間 か.^ うか は をれ 敌 今の 境界で 言へ たもので も 無し、 物堅い^も 言へ る ものの、 

ものがた *,_b S わんせ 5 ね やか S ねれぶ どんかぶ る L わか だ 5 

物堅く 無い^も 言へ る 11 c^ま.<^焰微が親の加護の下に濡布團被って居るのかも知れす.- 若い ものの 道 

どくざん 1SS だい めっき わい めん 5- つば を かみ ぷき ゆる i けん £ 

德 三昧 はま づ言 はば ァ k ミ臺の 鍍金、 外面の 立派 だけ 中身に 一 分 も氣は 許せす、 乙れ が 何 かの 堅固な 

しん e や どかく か ゐ ぶん は か 

信者なら 觅も角 も、 賈 ひか ぶれば 隨分 恥お を も援く 事です 

ふしぎ おやみ たいてい ほど とれ & L みばい つ ひや ひ 

處が 不思議な キ、 ので、 親の 身になる^ 大抵が 殆ん^ 是 は^に は 思 ひ 傚 さす、 多少の 心配 は 費しても 非 

みみす, はれ 一玉 

41 め りむ:? r : J メ 1^1 ^^v^^^^ 



Ilm みみす ばれ 一六 ■ 

e や 5 < ば めぬ て づを き たも ■ き を さわ 

常に 心 を配ゥ もせす、 いっか 目お 拔 かれ、 手綱 を 切られ、 遲 くな ゥて氣 が 付いて 泣いた. 騷 S た 6、 も 

S やその どき かんじん どうにん ぬ つゆ. &ど ばか $J きょ 5 ねつ たや をみ だ しづく 

う 早 其 時 になる i 肝心の 當人は 濡れ ぬ 先 こ を 露 を も 厭 へ さ 馬鹿 度胸 を 落ち着け て、 親が rJ ぼす 涙 の 爭 、 

をのい つてき ぶ s: ばい さ ころ をに S たも さかね ち だ だ ね ほ だ だ 

其 一 滴に し >C 分配し やう S 云ふ處 か、 あまつ. さへ 何 を 言 ふかさ 思へば 逆 稳に爲 つて 駄駄の 大駄駄 

や もこぶ ぬ さく さもが .& く ねん け 5- けん つね C しん もば i 

親^ S ふ 人、 よしや 颇 るの 拔げ 作で も 流石に 幾 十 年 かの 經驗は 有ゥ、 且 tt 常に 自身の 傍で わが 子の 樣 

t みゐ をが しっさく も ぷ • k . 1^5 か&か こ かんどく 

子 を つくづく 見て 居る、 で有<^乍ら此朱策0 捨てて置いた かぎ-聞けば 中中 どうして 11 わが 子 監督の た 

よ は * &ん せん み や がふ ざ た まった ひ ♦ibibw L ざん まい かって ま a 

めに は 夜の 目も寐 す、 世間 何千 組の 野合 沙^、 を も を も 親が 全く 許して 雛鳥の 爲 たい 三眛、 勝手な 具 似 

さ 5 ほき かげ ふ どかく おい その たつ <§ 

を爲 せる^い ふの は 11 浮氣 家業なら 觅も 角^ 其 外に 於て は 11 其實 ほさん^ ない 程。 

こど はじ ね ろ を かめ ばかば か た 5ii ん む おゆ 

で、 事に 爲 つてから 始めて 驚く、 岡目から 見て 馬鹿馬鹿し S 事、 當 人に 取って は 五里霧中. - ただ 何が 

を ゆだん もど ほか おや & ころ どか ゆ ゑ 

無し k 油斷が 元で、 をの 油斷芝 S ふ も 外で はなし、 親心 もして 吾子 を 鬼. すれば 買; 5 か.^ 6 たがった 敌 

わが こ ^ C f f- ゆ ゑ め ぬ ただ ゆ ゑ 

—— 親心^して 吾子 を 兎 も すれば 子供 あっか; S に爲 たがった 敌 —— 目を拔 かれた^い ふの も 唯 さの 故。 

ね ねんね こ こ 3 ひど おや レ くぶん せひ か あい こ ft も 

根っから 小 兒で困 6 ますと 他に 向って 親 は 言 ふ、 よしや 幾分の 世辭は 有ゥて も、 15. 愛が ゥて子 を 遊 手 

おや いくら まで おも ゆ ゑ だいじ あんしん 

物にする 處 から 幾千 か 叉 わが 子 をい ゥ迄も 子供^ 思 ふ敌。 子供 だから 大事 あるまい さ 安心す る、 なる ほ 

か をい みづ. S ば あ む め たち や 5 »k> & ぶんた ほみ し を だ さつまいも 上 t . み を 

^家內 水 入らす の塲合 ひに は 十八 九 娘 さか. の御孃 さまが 隨分 大足 を 投げ出して 甘 藷 の橫 かぢ. <^、 $ 

こし ばい た ひ き. S ろ ほ ばんめし ほいい かざ も これ 

濾 一杯 を 平らげ てげ つ-ぶつ さ 黄色 S 水 を 吐き、 晚飯 も最ぅ 入らぬ さ 云 ふ 飾ゥけ ia> し も爲る ものの、 是で 

おや あんしん そ、 tR- ね ほ ま ちが ひ fjff ゐ わ S- こみ まも 5 ま もの ろく た 

親が 安心す るの は 8; の大 間違; 5で あくる 日 芝居の 割込 桝、 さんさ 人間が 生れ か は ゥて物 も 碌に 食べす 



み わ ゐ どころ おめ ゆめ ねんね こ irEAJ ど だ もの 

見得 をして @ る處 によく よく 御 目 を もめられたら 夢にも 小兒だ な^の 澹言は 出された 物で も 無 



-SV 乙 



を 左樣 行かぬ で 終に まく まる、 



む * 





めむ ろん ね やさて S ただただ 乙 ころし だい 

も 無論 わる ものめ、 飆^ 扨い. S>J は宫 へす.、 ^^.s.^ffio 



第 六 

き むら をど こ いへ ゆ いろ S ろ さ 5 だん > か 5 まーズ つ み をれ た 

木衬 さいふ 男の 家 常時が 行き、 色色 相談して^ うか 角 か 纏ま ゥも 付いた S 見え、 夫から 四 五日 經ゥ 

5 お t ろべ かねた ら ぅ^ぅ きょ たもむ つね どき て く やくしょ おや 5 めん の い を この 

內に、 城 部し で、 同 兼太郎 同居 さいふ 趣きが 常時の 手から 區 役所の 帳面に 乘 つた。 言 ふまで も 無い、 此 



ふため つね どき ふ 5 ふ もど ゆ e ん た しづ た 5 ねん い く まんせ? -sw- ま ち を かんだん を やせ が ひだ W かた 

二人が 常時 夫婦の 舊の 主人で、 阿 靜は當 年 五十.^ 幾つか 慢性 僂 痲 質 期の 間斷 無い 宿 家で、 左の 肩な 

まど vr- き またもの かね た ら 5 れい *» へ い S で かね ね しづ ど てんち か 

き は 利かす. - 又 其 兼 太郞^ S ふの は 刺の 前に^ 幾度 か 出た 兼さん で 阿靜は 1^ つて は 夭に も 地に も掛 



が ひどり む i<.J y-L い * どこ S ち Si ん まへ は もど だ い ち, y ん み なビ. か さい 

け替 への II い 一人息子、 年^ 云ったら 男 一 人前、 齒 から 外へ 出した 一言で も 美事 刀に 掛けられる 廿七歲 



ねんぱい ね ちば ひ がさ あ, まみ つ さてば か あ さど を f>;y が き 

€ いふ 年輩^がら、 乳母 日傘に 甘 14 が 付 いて、 扨 馬鹿で も 有るまい が、 鋭く も 無し、 隨 つて 氣 のせい か 



ちょつ ど 



i つどみ を さ が ほ の i ゐ あんばい こ f くお a- ひ 50 め が ほ よ 

寸見る さ 幼な 顔^い くら か殘 つて 居る 鹽栴、 しかも 子砠』 の やう. ち .5 口の 利き やうで、 人の 目顔な^ 讀ひ 



こ VI もど もど ふ わて は 5 ふた 《 ひ ど はんつき は^ 5fc を まった もゥ き ど 5 いつ 

事 は 元元 不得手な 方で わった 二人が 引き 殿ら れて 半月 程 さいふ もの は、 嘘 も 無い、 全く 15 て 喜 藤の 一 

ナ どき KJ^ さ しききんみ かく い かね た は C か A が ゐ 

家に 將 ならぬ 花が いた。 敷金 見た やうな 格で 入れる 金、 をれ も千圓 足らす ぐら ゐさ 始め 者へ て 居た 

どころ ふる か は みづな もき み 5J ころ s~ なれ f その きんがく せん 

™ 處、 佝 さま 古川に 水絕 えす で、 やがて 持 CN て來て 見せられた 處で 意外に 思った、 さ 云 ふ は 其 金額が 千の 



上、 一 一千 足らす は 有った * 



たも L つね £ きふ 5 ふ 

をれ からして 思 はす 知らす 常聘 * 婦. も 主人 1 1 人 を 大事に する 氣に も爲る D 

I だれ かま かね めか fr! あた かね われき てあし はた をお しづ おやこ 

忠も愛 ももん な 事 k 誰が 搆 はう、 金の 重量で 頭 もさ がれば 金の 電氣で 手足 も 働ら く、 何が 無し 阿靜 母子 



みみす ばれ 



】 七 



ぶ 



^^^^^^ みみす ばれ Bmn 一 八 

ヒ かく かね だ 3 み • > • > て. あ? - も を さ is. S つ f 3 た 上ろ こ た 5? か を 

か 鬼 も 角. f 金 魂ぐ らゐに 見える ので, 可な. に 手厚く して 持て 做せば、 琉 ^ に 1. 方 も 亦 喜んで 當 坐は必 



かほ たか む ろん しゅじん かせ さら ふ れ ぃら< み かん 5; や ゑ せん S を こど 

らす しも 顏を高 く 1 - やう V- もせす、 無論 主人 風 a 更に 吹かせす、 零落した 身^ 考 へて 据膳を 辭んだ 事 も 

つね どき ふ $ ふ こころ 



二度三度、 S をい を 常時 夫婦 も 心よ く爲 つた。 

た • 、め いはく *s せ ほ げちよ ど かく ひど ま みづ S ふた e- まへ よ 91 こ 

が、 只 迷 或な の は 阿世 穂であった。 下女 は 鬼 も 角 も、 人增 せば 水增 すで 一 1 人前の 用事が 一 度に 込 ひ^ 

る さ ふら ふ L たも 上く * a や 5 しん せんげん a しま か! b よ はら 

を こ で 食客 わ つか; S は爲 やう^ S へ ば 愁張ゥ の 兩 親が まさま^ ^前言お 食ん で 仕舞 つて 蔭へ 呼ん で 睨み 

つ ひど 《- つ こ わがまま だ . だけた *5>ぎ 5 ねこみ ど かく fe ま ^ JK- ゥ ひどみ L 

付ける。 一 人 子で 我儘に 育った 丈 棚 木に 生まれた 猫 見た やうに 兎角 大きな 衡: が 人 見知 ゥ 11 

ひビみ し い をが わか をビこ はを あ a はに- a み を か »«c お こ&ど rt. 

人 見知 6 さは 言; S 乍ら S くら か 若い 男 さ 鼻つ き 合 はせ て 居る 羞慚も 中には 六久る —— 親に 小言 を 言 はれて 

み わ き あ いつ あらだ くち へんで ふ し もの 

も、 さすがに 見得 をす る氣か 有る ので、 每 もの やうに 荒立って 。ひんし やん 口返答 は爲 なくなった 物の、 

その C つね もしろ 

其實 面白く. つた。 

Lv*<c お しづ おやこ つね どき K や こ • くるまざ も をん な. r 5 1C ぺ ひ 3 

S つも 食事 は 阿靜 母子に 常時 親子の 合計 五 人が 車座に 爲 ゥて爲 る^ fjw: で、 何だか 阿世 撒の 食物 キ今 

なで ほ. 5 一 や たら f あん 《 い たまへ むら 43ょ< ひ 5J くち つ 

迄 程 矢鳕で 無くなった 樣な廳 梅、 御前 此頃は 暴食 を しないね S 1 口 言 はれる さつん さして、 「夏 だもの、 

いつ い た *• 、ほみ あ め 5 わら はら を か 

何將, たって 」o する さ 親た ち は 何 さも 言 はす、 唯 顔 見合 はせ て 妙に 笑 ふ、 腹の 中 は 何う いふ もの か。 

あ ひだ はだ A ♦* せ もで き てんく わ ふん 

は 卜め 五六 日の 間 さいふ もの は 阿玉 も 肌 はさす かに 脫 かす、 をの 內汗瘡 は 出來 たから 夭 花粉お 付ける 

い 3ぃに ち あせも , ,i ん e ん もの を ほ 6- . ぁク 

さ 云って、 をれ から 毎 曰汗瘡 さわぎで やがて 肝心^ 物 は 治 ゥても 終に 脫ぐ乙 V; は 止め 46> くなる ち あわ 暑 

つぶ. 'ねせ ほ 5- おね i れ 5. せ 5 へんじ L» & 

いさ 咬く 阿世 穂に ひかって、 H いから 御脫 ぎな S 勸 める さ、 冷笑して 返辭 もせす、 ^る やう k 爲 つても 



ylc? よ 



か 5 どん <9 やく 



のろま 



行 狀 C 良くして 居た。 

阿靜 さは 阿世 穂 も 可^. き, を しました。 が、 兼 太郞に 向って は 一^に st^ も 無し、 sso 間 卜み た 

事を^ ふで 言 ふ^、 き!; i になって i をが くさ S ふ惡 澄まし。 でも 兼 太郞の 方で は 何も も 思 は 

ゆ ふが た きの ふ か <i K 3 ゥ むし こ ゑ • したくさ を か 3^ 1 , 、 ぎ は こ? に 

ある 日の 夕方、 昨日 籠から 逃げられた 极 虫の 聲が 庭の 下草の 中に 閎 7- える^ 云ゥて W 山に 兼 太 I 力 

阿世 穂 を 呼んだ。 實は 阿世 穂の 思; S の, かって 居る 极虫、 昨日 餌 を やる^き 逃した さて、 まだ 今日 も 

げ たこ iQ や さ き をみ だ で こ くさむら ゐ k ^ ( > A * f 1i? 

下女が 怒られて 居る 矢先、 涙の 出る ほ^ 戀 ひし S 虫が 草叢に 居る さ 云 はれて 阿世 穂 も 飛 ひ 立つ やうな 氣 



持ちで、 返辭に 及ばす 驅け 付けて、 

ははげ た it 

庭下駄 を橫 からつ ッ かけ. 1^ がら 

ほんど 

「本 當?」 

め i かほ むか み わら, だ i 

目を圓 くす る 顏を向 ふ はしけ 卜け さ 見て 笑 ひ 出す 

「ほん^で あれ わの をら、 ちん. ん ちん. ん 0」 

fts- .3 fl む t こ ゑ を S„J は はつ 

a し 得 知れぬ 虫の 聲、 极虫 杯^ は 似て. 似:!!: か卞で 



「あれが 

きつもん 



あ ひて 



たか わら 



詰問の 語氣で ふたたび 問へば、 相手 はます ます 高く 笑って、 



みみす ばれ 



一九 



ゎパ -SE 



みみす ばれ 二 

■■WBBBtfiBMMSBaHggsllBt ー漏ョ 一; BBS8aaBIB8BB8Blw8gg818 一一 疆醫88-國,|5-|醫 疆 一一 iral 一一 IglM 匾 匿ーーー画誦隱ー画國瞾画ー 国 一一 画議醒 _ー= 靈顯冒 一 漏 ー誦疆 |薦| i 一 薦疆 糧=,國画ー漏==- 画 ■■■■ 画; 扇 11= 1 8 

3 つ やう むし 

「核む し 11 の樣な 虫」 

くわつ め わけ がんお 5 i{b みだ い ち&ん い きび を かへ -0 3 

赫^な つ て 阿世 穗は目 も くらむ. - 譯も無く眼中^^^さしぐむ涙。 1 言 も 言 はす 踵 を 返して、 わが 居間 

へ 驅けも つて、 

たは や ら 5 

「大 …… 。< 力 野郎!」 

ねせ ほ L や 5 さいふ, V ふく e ぶん &ま かもせ あど め 《- ほみ み かねた ら 5 ひ 

阿世 稳が 正齋 河豚の やう 脹れて 自分の 居間へ 駔け 屍った 跡から、 目顔の見ぇぬ身さて兼太郞^3-引き 

ot> fl ちぶ さんぶ おがね か へや ほ. & ねせ ほく まぎ, SSJ を 

續 いて 七分三分の 逢; S で 追っ掛けて 部屋へ 入った からに は、 うしても 阿世 穂が 口惜し 粉れ 怒鳴 ゥ た 

た ほば かやら f ど かく をのい くぶん き おが を わけ をみ S つば 5 べつ 

「大 馬鹿野郎」 も觅 にお 其 幾分 かにし K: 聞 rJ えた は 逢; S 無い 譯で 、が、 さう でも 無 S さ 見えて 一 方 は 別段 

かほ ひどよ a- t S L だ. &ふ だん あ あ 

變 つた 樣子も わら はさ 卞、 をれ さも 人が 好 S ので 氣 にも 爲 なかった さ 言 ふ 次第 か、 1^ 常 有ゥ合 はせ さほ 

6 の 11 穂に 言 は せれば、 野呂 間ら し S I— 顔付きで やがて、 追って 入 ゥて來 て 吸 ひ 上げる やうに 

げっけ^ 笑 ふ 

たこ おせ ほ 、 

, 「怒りた の、 阿世 穂さん?」 

い こおら ケク みちち を ばき を わ ら 5 ひどめ き 

さ 言 はれて 此方で は 竦 さして 身が 縮 ひで S きな ゥ 側へ 來て べつた. 坐. かける 兼 太 郞を卜 K? ゥさ 一 目 極 

し a め か もの. & た かほ した f かねた ら 5 みあ 

はめて する. $J く 尻目に 掛けて、 物 を も 言 はす、 つん さ 立つ 顏、 をれ を 下の 方から 兼太郞 はに や k や 見 上 

げて 

まつむし ね かみ だ 》• ねこ 

「核 虫の 御 神さん が 欺かされ たって 怒ゥ たよ ケ o」 



もの い 3 た ゆ か たせ ほ てい. &ま e よ 5 だんい つば 5 たもる み をん を こ 

物 を も 言 はすに 叉 行き掛ける 阿世 穂の 體、 今まで は 冗談 一 方^ 思って 居た 身が も 乙に 至って 何だか 些 

き せく C こころ づ きふ.,' ひや. r たん ぉ& びつ く S- 3 e め 

し氣の 毒の 「キ」 の 字 ぐら ゐは心 付く わ 急 雨た ちまち 瓢簞の 塵 を あらって 吃驚した ほき 眞 面目に 夯. c>、 

共に われ 知らす 立ちながら、 

お fc せ ほ をん feij & 

「阿… 阿世 穂さん、 だ、 かい。 怒らない だって S いぢ や 無い か. 10 

t で ひど ほら 

袖 を 引き止めれ ばつつ さ拂 つて、 

た ひどば か 

「御よ しなさい よ、 人 を 馬鹿!」 

* かば か 5^ か L e 上 55^>ん まつむ. し かつ ね. J 

「馬鹿… 馬鹿… 馬鹿 4^ ん どに 誰が 爲 たらう 冗談 はた だ J@ 虫で 檐ぃた W..CS だね をん な 事に 怒る 

やっこね せ ほさん -' 

て 奴が 11 S い 子お、 ね、 阿世 穗樣 o」 

こ でき くち き や 5 L te まば か こちら はら む 

い S 子お もよ く出來 た、 口 の 利き 檨も 知らぬ 大 馬鹿め S 此方 は いよい よ 腹 は 無し やくしゃ、 

ねこ 

一ち つ さも 怒 やしません £ も…」 

をの 5- や 5 き あら 

其 言;! S 檨は極 はめて 暴し、 , 

ねこ L また ^ は * か だま かた お 3- *J5 

「怒ゥ ゃ爲 ません もも 11 1^ さう でし やう、 欺 まかされた 方が 馬鹿 »ん でさ 欺かした 方 は 御 利口 

で …… 」 

s かねた ら 5 にら つ か; a た ら., ' か ほいろ ぺ っ^ん か 《 <b で や T を ばか わ 

言って 卜つ さ 兼太郞 お睨み付け たが、 兼 太郞の 顔色に 別段 變 つた 雲 も 出ぬ 樣 子で 馬鹿め、 分からぬ か 

て 5- たせ ほ もこ あざわら 

さ 云 ふ體で 阿世 穗《些 し 冷笑つ て , 

みみす ばれ 1 1 1 



みみす ばれ 



ニニ 



C た C- か a こどい Is- ん へん ねまへ おほしん ぶん た よ 

r 自體、 もし 兼さん、 こんな 事 言 ふの は 何だか 變で すけれ.^、 ね、 御前さん だって 大新 閡 ぐらね 御讀み 

なさる 身で 」 

< 'わけ まか & た ほ しんぶん -J やせつ よ ばか 3 へ か eft ろ 5 なを は か 

さ 言 ふ 譯は^ でも 無し、 かれは 大 新聞の 社説が すらすら 請め る さ 一 一日 前に 兼 太郎か 恐^しい 鼻高に 

を こど あ じつ そのし つべ い e ゆ 5 ぶん み くだ S た > f 

爲 つた 事の 有る、 實は 其執抦 がへ しで ^分に 見下して 叉 わさ わら ひ、 

ひど、 や やたら は S わる 々らゐ ど &ケ, C こど 

「人の 部 室へ 矢 if に 入って S いもん か惡 いもん か 位 は 疾っくに 御存 まの 事で しゃう。」 

Z くにく い ど かほた ら. 5 み&. く かん おほしん ぶん S ち W わら 

僧愴 しく 言; S 飛ばされて やう やう 兼太郞 の!^ にも 感卞 るで 大 新聞が.^ うさ か 言 はれ、 些笑ひ かけた 

かほ に はか さもが あらた He W つぶく ft 

顔が 俄に 流石 改まって、 むら むらさ 始めて 立腹した 樣 子.. - 

たい も 5 こど. &だ 

「ふん、 大層な 事 を 言 ひ 出した o」 

.* たまへ こど > 

r 當 6 前の 事です よ o」 

あたまへ L 

r 當 6 前 は 知って らい!」 

「知。 てるなら 何故 さう した?」 



. S きふ か をき ゑ かねた ら 5 い い „ti か つぎ 3 は5 む 

曰 g だけ は獨, 言の やう 言って、 たちまち 急 k 金 切聲、 谦太郞に行け^言はぬ計.<=^、 次の間の 方 を 向い 



て、 



お. t ど 

「4^ ッ かさん、 あの 1 寸. 



第 



七 



^づ 



み ふ どころ ね ゆつ $-5 し ゆが あ ひよ つ こ さい ダ i ん つな どき ふ f ふ た 《.< わく き 

何れ を 見ても 懷中を だち、 御坊ち やん 同士の 曲み 合; 5、 雛兒の 裁判 はは 常時 夫婦 も當或 極 はめた 



, かね S. たつ ど その a くわ 5 かねた ら 5 かた か 4 'や ど かく 5 ち 》 

ただただ 金 さ 云 ふ 貴い もの、 其 後光が 兼 太郞の 肩の わた. 0.£ら きらきら さ 輝く ため 兔角は 圑扇も 兼太郞 



は 5 が おせ ほ そこい タ .S くわ 3- わる ふ ど >J ろ つ ひ もこ よ を か へん 

の 方へ あか. 勝ちで、 阿世 穂の 底意 地た しかに 幾 割か 惡 くも るで 懷中 をお ちで 終ど些 しも 世の中の 變 



ゝ くつ 5 し み ふ. I 53 こど ここ Be た ん 

^苦痛 も 知らなかった 身が 不思議な 事から 爱は 始めて 他人と S ふ- 



いつ., 1 ゆにん げん を や 5 $ S 

1 種 人間で 無い 樣な ものの 味 も覺ぇ 

1* んを へだ ま { で き 

て、 吾家ながら^:さ.^^く隔ての膜も出來た0 

おど わ や 3 で t- く を K< おも i S ねお がね み &> ひ .& おおお あ ひだ 

些親 たち 迄 も 惜く爲 る.. - 愴ぃ^ 思 ふ^ 佝を言 はれても 揄 金お ゃゥて 見た く爲 るで わくる 日 1 日の 間の 

しょくじ S あち せ 

食 S> は 好 S 咏 がした の やら、 爲 ぬの やら 



J せ ほ St ちょつ どき しか は せん あたたか め 》> 

あくる 日の 朝 はやう やう 膳部が よく 揃った 處で 阿世 穂 は 急がし さう は 一 少來て 而も 二 膳、 暖 sffi なが 

や f も L るか fj 2 ひどい き も くろもじ く ほ 3、 ft *J ぶん ゐまた 《PSJ L 3 

ら 暗雲に 汁お 被け て 仕舞って 一 息に 濟ま し、 楊枝お 啣 へた 儘つ ウ^ 立 CN て 自分の 居間へ 立ち 炭って 仕舞 



た もさ かんが こころ を^ なせ ほ こどば か い れ S のろ SS や ら <- たも かげ 5 

立ち 戾ゥて 者へ だす 心の中に は、 御世 穂の 言葉 を假. て 言へば、 例の 野呂間 野郎の 俤 がわ. わ 4 浮 

ひやくし や os> う は し さき ね 3 んま おは や 3 か .< お を か いつ. K t 5 »9 そ 《- た. S わ a- 

かぶで 百 勉 流に 箸め 先へ 御飯の 大山 をつつ 掛けて 口の 中へ 寧 を 押し込み、 受け 餘ゥて 總» の 二割 ぐら 



ざゃ< おやわん を か ふ ほ、 かほ f た 

ゐを 逆も^ しに 茶碗の 中へば らばら 降らせて、 をして 頰の皮 を 脹れさせながら もぐ もぐ 食べる 姿が あり 

み げ もば ものし ぁク く さ S かん ざし ひ A 

あ, 見える で 下司 張. も 物 知らす め、 厚かまし やめ € 繰 ゥ かへ して 二三 度 言;! S ながら 簪 を 引き 拔 いて 



みみす ばれ 



二三 



ノ ,》, "^り. S ^^ソ 



みみす., れ 一一ぬ 



ひ yjt あ, C 



あらわら しく 慰 を ま き獻 し、 をの 手 を 止めて 一 思案。 , 

f &.r くで 出る に、 ffi%m. ip3i<s<s.i<i 

ベ を J らぬ mi を T あにぎ V4f i ろへ き あの if f てく 來る、 わるく して 蒙 や 醫汕 

の の はかから i くして、 y やう やう S; の滿ゃ 只; 3f 得意で 笑 ふ 顔付き、 不圖 目 

に^いて まの 酽 P "も譯 は 分からす に 笑 ひ貌、 

飞 Si ふだよ、 乙の 子 は、 ま?」 ざの こ かま む はや 5 くちつ 

. f^^ffff. - fiat 早く 受け取って 口 i 

かねた らう BS4 お しづ ,T- 

5/ たの a 兼 太郞の 母の 阿靜で わりた 

お. 5 3 は ほ ゝ 

乙れ も 阿玉に 負けぬ 國訛 6 

「あら、 ま、 i しさう だって。 何よ 思 ひ 出したん ベ。」 

? ちち &ゃ つね どき これ こどば も ゑ 5 £ t 

^^ffhff. ぎ f § 親の 常時 S5 口 葉の 末 i け 取 4、 

「何 さ、 i さん. - 1 ゥ鎖 の i を ^ i らょ、 なう 阿世 穗。」 ひど 

一; しみる r 葉; え 鍵い あ!? 1 ず, f よげ: f ? らせ sr のの: トま 

W きい,". ts ち? Ik ら はれ あ f おはめ 目 あむ.^ 默 りて 居 やう さ I りて I 承知せ ぬ 



の は 口であった」 

にくにくし さう に齒を 見せて、 

-o どな どつ 

「くだらない 事 を 阿ハ乂 さん o」 

か た ら 5 ね やまやま も ゆ 5 き を ち を か は 3々w- が ひ ゎづか K や 

はづ みに 兼 太郎を 睨めつ けた S は 山山で も、 さすがに さう 爲る 勇氣は 無し、 家の 中の 蛤蜊 貝で 僅に 親 

ち ら はやが まん を 

父 をつ よく 睨んで、 もう 早 我慢 も 無くなった。 

いっし 上 & . 

「一所ん 爲ッて いぢめ やかる!」 • 

これ くち 5 ち あど ひどこ ど もの い ちゃわん SJ て も ひどせ かって < 

是 だけ は 口の 中、 後 は 一 言 も 物おば 言 はす、 茶碗 を 取って 手 盛う で 一 一杯、 人 は 何う S も 勝手に 食へ! 

さい ちゃ- 9ビ こ あちはつ ほね, おは みつ. ち 4^ い はは は &> せ fie どころ b 

柒は了 度 小 修の煮 け、 骨が 多い よさ 三 子の やうに 注意す る 母 を 鼻で あしら; 5、 蓊筋 だけの 處を 撰って 

わる あ はや たれ た *a いか 5 つ わがままよ Hi げちよ い めいわく 

惡く 暴ら し、 早く 誰よ ゥさ きに 食べ 了って、 怒ゥを 移す 我儘 呼 は. <y、 下女 乙 を は 好 S 迷惑、 

きょ どんま ひど お ほの ろ ま K や も こ おちゃ 

「淸 ッ、 鈍間お ねえ …… 人、 大野 呂間! 早く 持 ッて來 ないか、 御茶 ッ!」 

けんまく ね &ろ ざ L ら ざんじ む £ん 

見脉に 驚いて 一 座 白けて 暫時 は 無言。 

^なせぶ,c^ぶ.o爲るんだ^co 毎 も 饒舌る 癖に 口 も 利かす …… 」 

にゲ はは さい は どか か 

さ 言; S 掛ける 母、 乙れ 幸 ひさ 取って 掛 てゥ、 

しょく かた. 9 & せん ビき お ほ ❖ ち た ^ 

「食に 語らす さ 言 ひます よ。 御 膳の 特にし やべ つた ウ、 大ロにもぐもぐ食ぺたiするなぁ田l^の!^^ 

びやくし や 5 か 53 

百姓に 限 るんだ!」 

みみす ばれ 二 玉 



みみす ばれ 二 六 

た 5 ざ 5 ち つね どき ふ 5 ふ ね もてむ かねた らう ひゐき L をん S しんみ あ. &e や o こん はやく ばけ. V のみ 

當 坐の 内 己 を 常時 夫婦 も 表向き 兼 太 郞の蟁 負 を爲 たもの の、 何 ^言っても 親身の 愛情、 蓖篛の 化物 見 

たやう 阿世 穂に ぶ. ぶ 6 されて 見れば 心持ち は 好く も 無し、 惡 まれる の も 馬^な 噺 しさ 氣が 付けば、 夫 

ふ ね ものがた さ. r. だん だんが ふ ビき きこ 5 ちほ ft ど し 

婦寢 物語. の; 3 を ひも 相談、 うした もの かさの 談合 は 時なら ぬに 聞え る 團扇づ かひの 音で も 知れる、 

つぎ あさ かぎ ふ e- ふ た た 3 かねた らう たい やう も もこぶ へん 

をの 次の 朝に 限つ て 夫婦、 こ £ に 阿玉が 兼 太 郎に對 する 樣 子が 頗る 變 になった。 

かげ たた W たせ ほ わい L ど ほ こんたん C つ さんよ 5 ひ ど 

声 おに ま はつ て 阿玉 は 阿世 穂に ほ^ほ^ 詫び入る で 11 知つ て の 通りの 魄膽 から 實 tt 算用 づ くで 引き取 

.L ゆ 43 んふ 5 ふ たいじ む. * め ね まへ をん ぎ か き *J くま かいろ ひよ w ft 

ゥ たま 人 夫婦、 をれ で 大事の 娘の 御前に 迄 難儀.^ 掛ける の は 氣の毒 だが、 待てば 海路の 日和 さやら、 阿 

つ いろいろ a らき ft い ど ほ 5 ち をん またい しょち つ 

父さん も 色色^ 腹を决 めて 御出で ゆ ゑ 遠から ぬ 內に何 さか 叉 好 S 處置を 付け やう さ 

5 ち こど ほか もく を た したが しゅ e ん なや こ たいぐう だんだん か 

內 にもよ ほした 事の 外に わら はれぬ は 少し、 日 一 日ど經 CN は從 CN てま 人 母子の 待遇が 段段に 變 はって 

き ひどく ち い し. よく かく かく . 

來 た。 一 口に 言へば 食客 W いふ 格に。 

いま ね にづ おやこ さい さか を あぶら て. & さい み わら この & 5 

今まで は阿靜 母子に つけた 菜、 魚なら 脂の 有る、 體 裁の 見ぐ るし く 無い の を^ 撰んだ のが 此 頃に なつ 

, か f さど かねた らうむ しづ わ たね 

てがら. 變は つて、 をん な 方に は 敏ぃ兼 太 郞律延 の、 湧く 種^な つた。 

よ くわい かへ つ::; 2どき みやげ れ 5S- を もき その も き A ねた らう 

ある 夜 何 かの 會 から 歸 つて 常時が 土產に 料理の 折ゥを 持って 來た W こ で、 其 持って 來 たの は 兼太郎 

』 み * ► その * だく ひも ひそな しづな や こ あ ひだ ふへ S »J ゑ わ だ き 

ちら. 見た、 をれ で 其 折. を 出して 食 はせ なかった も 密密 阿靜 母子の 間に 不 1^ の聲が 湧き出して 來 

た。 

S ち 0f^i きた ひど ,みぶん ね や i こビ が 《, ぎ さわ 

意地 は 境遇に よって 汚なくなる もの か、 さし も 人お ゥ かふ 身分で もあった 母子が 乙ん な 事に 剛氣 と騷 



ぐで s っ铲 A, を^い ちゃった らう、 おお 酽!^ で^べ たんだん ベ、 き 年甲斐 も 無く 阿靜が 邪推 を ま はす." 

. あど ねせ 5 は を &ゑ き S^A- けら ね 

なせ さ |l 口 はれて 慰 气鼸、 「& &、 酽 て^んな かったん ベで わの 跡で、 な、 阿世 穂の ™ し 聲が久 助 等の 寐 

床で 閬け えた」 さ。 

つ て f ./sr 兩ゃ; r で S お, が is どき? Fili くし、 r き S て 居た お 人 f 反動 

で をる を k: &き 1=5 つてが る、 ^や 生意氣 なさ 此方で も 亦 風よ け を 造らう で」 骨 を 折る で 面 わて 盡 くしが S 

< ^のつ ま. CNO 

^^^6 を酽ら S てよ しゃ i¥ の S 凱の ひ でも Mr ベな さ S さ はれたなら をれ こそ 氣は 心で 嬉しい 

, Z も がふ に さき さき こっち こっち 

が、 & された と 思 ふ.^ 業が 赏 える.^ 先が 先なら 此方 も 此方お。 

けお よよ ね しづかね な ら 5 くち ろ、 * 

下女 を 呼んで 阿靜兼 太郞ー 一人 口 を 揃 へ 

ちょつ どい 3 つか 5j 

r 1 寸 今す ぐ 使 ひに 行って くれ」 

「はい、」 , 

5づ<3 にら きつみ * 

€ 隙 るの を 睨める やう k:^ さ 見て * 

「s およぎ 戲の酽 にが ふやう に。 it へ つて 井 七り、 士 ー錢 の を 極 早く。」 - 

? Hi 贜 する^! を S よいよ i めて、 あは や を& さし さうな 體.^ 畏ま .0 ました € 受け合っても 、流石 

に:8だか:^1>^く、 お S 二人, 4 を i へて る I 翁 酽の i ろへ t 仃き、 事の « ^をつ 告げ 知らせる く 琉 石に 

みみす ばれ 一 一七 



みみす はれ 二八 

1^8BW^MMHMB— ■— 8— B— H—— — — I—— a— BHI 一 I 匿 画 |ー ■ 51 111= 麗麗— 國| ■ 顯 I Fa—BMMBWBI^BBBBaB— ^f—— — H 二 画一 匪 ■ 一 漏 1 

これら またた? J ろ 

是等 も亦駭 く." 

め, r- せんぶ W 

「妙お や 無い か、 丼 七つ?」 

げちよ 3 へ 5 はぺ これ をい. J ん かんが つ ぃタば を み さど 

下女の 前 も 有ゥ、 上部 は是 だけ "內心 ははわ^ 者へ 附く. - 意氣張 6 に爲 つた^ 見えて 差し止めす、 を 

3 まげ ちょ だ たた S ど かくき ^^..3? てい S きづ これ また ゅふぺ * - あだ かんづ 

の 儘 下女 を 出して やれば、 阿玉:! 角氣 になる 體ゃ 脛に 疵で是 も 亦 昨夜の 折 の 仇 うちだ ^勘付 S て の 

にが しの & ゑて 3 ね く S 

苦 わら ひで 忍び 聲で手 眞似を 加へ、 

ね を S ちば 

「恐 H: しい 意地つ 張 4 だ o」 

のせ どげ た 5 をぎ めし ちゃ ま & ら あざわら :?. ほ た L づ おやこ つね どき ふ 5 ふ おせ ほ よ 

咽喉へ 刺の 立 ゥ やうな 鰻 飯: が 卞ら. 茶の間に 並べば 冷笑; 3 顔の 阿靜 母子が 常時 夫婦 さ 阿世 穗を呼 

をん ゆ ゑ い ただ ど た はか 

び、 何の 故 ださ も 言 はす、 只 取った から 食べ K-^w ゥ 

さ が つね >J きら ふ- 5 ふ おゆ 5 ちょ ゐ 《« ち お しづ こころ わが ほ よ いちせ 5 しら も け てん 

流石 常 特等 夫婦 も躇 蹲して 居る 內に、 阿 靜は叉 心得顔で 下女 を 呼ぶ で I 同 白ける 樣 子に 化轉 しての つ 

かほ さ だ あいこ むか Si んぶ & ゆび 

を ゥ顏を 差し出す 相手に 向って、 丼の 1 ゥを措 さして、 

け ふお 2 へこれ た 5, ひど も ゆ お ほふ バ おゆ バ 

「今日は 御前 も是ぇ 食べる さ 好い から 一つ 持って行きな」、 S 大 腹中。 

ぉビ げちよ わた きど 5 かふ f し a この つらあて いま が 3 ん a ゆ 

S つも 何 を 取っても 下女に は 直ら gt 喜 藤の 家風、 をれ 知って 居ての 此面當 で 今まで は 我慢して 居た 阿 

たま む: C き ね せっかい いまいま L^f も た ふんぬ 』 しな ねさ • き • » 

玉 もぐつ さ 胸に 來ま した 御節介な さ 忌忌しく、 心頭に 燃え立つ 憤怒な か. か 舌で は 押べ 切れす、 , 

_c ざ まも 

「よう ム S 升よ」、 

CI S ft しづ こおら かへ くち さき ビが 

さ 邪魔 を 入れる^、 阿靜は 此方 をふゥ 返って、 いくらか 口の 尖 も 銃ら せ 



I 





ま 






見み 




•ti* い 

口 


へ 


當き 

田 7C 


不ふ 


れ 


水き 


ム 

か 




A 

ノ 


麵 5 


ば 


% 


ni 

M ち 


惡 S 


—Tut* ^ 
へ 


何 

y 4 tit- 


人き 


激『 


が 




だ 

/ レ 




k 


せ 




癖 4 




食た 


馬ば 


ら 


、ゝ 




ま 


ベ 


鹿 か 


れ 


k 


た' 


な 


に 


れ 


も 




下げ 


い 


し 


ば 


It 


も 
ャ 


女? 


カゝ 


食? 鳴& 
客 t るミ 


つ 


が' 


だ 


ら 


く 

、 






偶き 


の ふ 


物 さ 


い 


! 


下 ft 

星 も 


ir 

V 、 


< 


で 







女? 

ん 


や 


せ 








だず 
1 し 


to た 






下げ 






前ミ 

\Vl へ 


差さ 


葉ば 


び 




め 

-ズ 


だ 

1 レ 


し 


の 


濯 5 




レ 


り 


出で 


行 ゆ 






て 


れ 




おら 




か 


ね 


—も 


が 


t/» 




YK 


今 


言え 力、 


青い 










b 


观 






叱!? 




か 


め 

ノ 




鰻- 5 


し 




らお 


N メ 




射 
ルん 


V 




阿お 


昨 ゆ 




を 


が 




玉き 


夕べ 




食く 







の 


の 




H- 






方'? 


折 を 






O 




で 


A 

ソ 






















意い 


jf: &ね 




谛 






地 ち- 


I 、 




X 
♦«/ 






に 


特も 

3 ォ 




キ、 

し 






が 


つ 

-ノ 




の 

^ ノ 






る 






か 

! 






氣き 
It 


®| 




人き 






b 


めぎ 




の 






ま 


し 




召め 






し 






し 






た 


み 




使; 









ん 












な 




を 






へが 


で 













a* し 
をて 始? 
つ 耳 まめ 
ね、 の か 

ふ 根ね ら 

Wl t 始き 
梅 S で 終? 

式! も の 
° ill m 
く 子 も 
爲を ^ 

b 見み 

父き 居 a 
を 1Z 
見み 阿た 
れ 世せ 
ば 德' ま 
是 に 
は は 

^む 一! 5 

言え 向 t 
で に 
ひ 神え 
ん ― 
づ 
b 
t 
% 
口] 
を 
開; 



て 下げ 

\ 女 1' 
高ま の 
笑な 方? 

a を 
の 向む 
は い 
は て 
は に 
は や 



は 
は 



秘ひ 
密§ 
の 
ェく' 
合 あ 

が 
力、 分 わ 
す か 
^ ら 
苦 § 卞 
b 、 
切 S 母 g 
k 
て 見み 
五 れ 
六 ば 

分 ふ' 

力 % ん 

の け 
上き ん 



t 

笑? 
ふ 



棒? 
な 

何 t 
が 

か 
し 

兼 8 
太 T 

郞 5 ら 

を 

れ 

同? 

時 C 

It 

—き 

拍き 

ぼ 

ん 

手て 
を 

叩き 



れ 

つ n 
不ふ 夫き 
斷 2 n 
何 食 け 
% な 
食た ら 
ベ 可よ 

な し 
い ゝ 

力、 次し 
ら 第? 
偶き に 
に 惜? 
や い 

御ね 事き 
前ミ を 

n 言い 

は 

て れ 

ね て 

え 腹? 

i の 

は 
烹 K 

< 

h 

返 5: 

る 

\5 



吹 ふ -1 
き い 
立た い 
つ ぢ 
1Z や 

Kl い 
US か 

、 w 

言き ゥ 
葉ば れ 

% 



し。 



L_ 



It 
麁き 
末き 
It 

ft 

巳 g 
れ 

青い 

氣: 
地ち 
解 を 

し 
が 
ビ 

玉? 

は 

む 

し 

や 

< 

し 

や 

而 

た 
た' 



みみす ばれ 1 



みみす ばれ 三 〇 

も食ッ ち-^ へ! 

もの *1 んぶ& だい こつお ふビ ころ だ げち 上く や S** か 5- さ だ 

た^へば 其 丼 まだけの 代 を 此方の 懷 中から 出して 下女に 吳れて 遣った にし K -、 今期う 言って 差し出さ 

く さき こっち こっち をん め がね せん 

れて をれ を かめ かめと は 食 はせられ ぬ さきが 先なら 此方 も 此方 だ C へん! 何の 目く され 金の 千 や 一 一 

せん かま が は s を 

千! 搆ふ もの か、 我を張ら ァ! をれ で 否.^ ら きうで もし る! 

5" ち- M ね » 

下女 を 睨めつ けて、 

JS" I、 2 か? でき ね かぞ で き 

「it の 御菜 はもう 出來 てる か ら_ I よ 玄 かね、 御菜 は出來 てるから。」 

b し を SJ たん さて あ S がた おもつ s あくたい , • い a ' 

目で 知らせた 其 途端、 扨 も 有難い、 思; 3 付いた 好い 惡 鉢で 乙れ か 言 はすに 居られう か! . 

み どころ せんぶ & め .%ケ • > 

見 わたした 所 は 七つ-の 丼、 をれ を 卞らゥ € 目で 数へ て、 

it くさん を せんぶ 3- かね みつ < 

「澤山 も 無い 丼お。 兼さん だって 三り は 食 はう さ!」 

第 八 

*- ^5 f a^x jjs ど "-.litfl- a ^vf ひ さ あど せ 5 ざ ども 

をれ でも うか 角 か 下女 も 一 丼 を I: 領し、 s.vs もさ 引き下がった 跡、 やがて 1 同坐 を 共に して 愈 

f ほおく に た i ろで、 &ね1 おき にぎって はせ r の i しず S の i らか いのも s?i いかに れて、 ^ 

しのい 好い, Hrf rlH が ひ、 i だけ きお &が rt:< で あけた f 、 ff< 

り t ピ つね ヒ き ど かく ねた 3 H.9 よ ほ む a き た * は あ *^ た 

も 二つ sn に は 手 を 出さす、 常時 はま だ 觅も角 も、 阿玉の 方ハ餘 程の 胷氣で 食べ 了って 改ま.^ 仰仰しく 

れ S のに、 • 

禮を 述べ fto 



f 



のんき わか おや の Bs- ねせ ほど いた を は を さき ゆげ ふ 

呑氣^^^のは若ぃもので、 親た ちの * む 針、 阿世 穂に 取って は 痛く も 無し、 鼻の 尖から. 湯氣を 吹かせて、 

わか ひな ひ いろけ L わよ. &き あら ひど 》JA ぶ 《• { かたづ ねほさゎぎ 

まだ若ぃ額に色消しの皺さへ寄せ、 呼吸づかひを^$-暴くして、 一 丼 を 片付ける にせ ゥ せさい ふ 大騷ぎ C 

つも む を さくぶ の かたいき & L« K « か や ちゃ ふし, 

詰め 過ぎて 胸ぐ るし く、 產婦 そこ 返け の 肩 息に 爲 つて、 舌う ちして、 煮え かへ る の 鰻屋の 茶を不 S 

53 み わ もて の かたて 5 ちほ $ あつ S もがた よこめ ft た 3 さげ. * 

議に 外見, il- 捨てす すすす 飮み、 片手に 團扇 をつ-か; s.^ ら 「4^ か 暑い」 さ 言 ふ 姿、 橫 目で 阿玉 ハ 冷 蔑む や 

Si ら みつ wbK おも かへ め かねた ら f かほ ひどめ 

う、 睨める やうに じつ さ 見詰めて 何 を 思って か 返す 目で 兼 太 郞の顔 を 1 目。 

あま つね かねた ら 5 み めビ. * がさて たいけ で こ K あ ふ^ろ:^ しき. IB つ a お た ほふ 5 ふ * 

甘 S が 常の 兼 太郞、 見られた 目に 取ゥ 鍵って. S も 大家 出の 子に 似合 はぬ 風呂敷." 常に 阿玉 夫婦お 叔母 

* ^ X ほ しか いやみ 

叔父 さ 呼,^ 事 さて、 褎 めら れ たさの、 而も 否咏で 1 - 

をば せ y ださ ものく を •) 

「叔母さん、 ね、 かい。 錢 さへ 出し やわ 何ん な 物で も 食へ なか わ 無い からね え o」 

き よこむか 3 3 たやつ, 

SirJ えぬ ふ. で橫を 向く の を 構 はす 叉 も 二の矢 を繼ぎ 

「え、 かい、 左 檨ぢゃ 無 いか?」 

S わるぎ を ばら むか つま WJf> ろめ にらつ 3 ぬ 

言 ふの はさして 惡氣 でも 無し わ が、 ひしゃく しゃ 腹で 迎 へられれば 到底 白眼の 睨み付けられ 又 免 かれ 

もの 

た 物で^ 無し." 

「あ S 5 檨 です^ も」、 

ばか さ さも か て もぶ さたよ つ をば しんぶん 5J あ むだめ 

さ; & 6 つん さ 爲れて 流石に しょげて 手持ち無沙汰 わ 讀み盡 くして ある 傍の 新聞、 取. <y 上げて 無駄な 目 

を 廣吿の 上に 休ませた 

みみす ばれ 三 1 

J,^^^^^^ 3 *fi ト,, け ほ J,t * レ,レ ,» ― nn^^^l 



^みみ やばれ =三 

■BBB^HBI"^ i ク ひも ひそ さ 5 だん ねせ ほ まっか 5 あび 力.' 一 

II ぎ ぉ酽の 酽 では 酽 ilf 乂 喚び 付けられての 密密 相談。 阿 si は 具 向から 浴せ 掛けられる 

> 、 a >r ん いぢ たいがい そ. <ら ! Sj びん 

p^^. sfc おや るまい し、 い 旅减に 意地き たな も大槪 はしろ、 反るは^食ぃ^-みゃがc^て土瓶£ 

び び せんばい あ < こ 5< ち ク で 3 

首 つ 引き も 無 いもの ださ 專賣 の惡 ロロ を衝 S て 出た 

'-^ * こくき このま S a ひ ひさし 

わん を の i (辦? ^も 無い、 S#< さハ言 ひながら 酷 極 はまる.^ 此儘 でぐ づぐづ して 居た 日に は 庇 を 

, t、 .2. ん& こど わざ ね 3 む だか 《• で *& が くび ひ a つね どき 

It て «酽 わ^られる、 ざ^の i 語 s@ 諺 さで 煉. -交 せ、 胸せ 问に 腕ぐ みし 卞ら首 を 総り たの は 常時で あ 

つた 

r …… I 田に さ、 m たら ii のが や fl. おわか。 ^^根り子取ゥかめへたくゥてむづひづしたが、 御前が 默 

まりて る もんで —— , ^うか 法 さ 付け^ あねえ」。 

ぎ? 侍 5;^ で しく i をし かめて にぢゥ 寄られて、 身 を 避けて、 

, ら CV K&> は; S> でき 

「乙 の gJk は I. ちょつ、 暴い。 離れて …… て えても 咄 しゃ 出 求る o」 

rl^r 取 な^あ II まえよ。 im して « ぎ なんど さ 言った くせに。 今逐ん 出したら 惡 からう か?」 

「工合 ひもん だ^わ、 をれ も。」 

を あ ぁづか きん * ) 

「惜しく も 有る から、 なう、 あの 預 i 金 か。」 

「へ る に 1116 や 造作^ S が、 夫お や あ 全での 骨折 損 …… 」 

く れ を かんが み 5»* つが ふて ゥ 

「1 ゥ だ、 まう け か.^ つまら 無え。 よお く 者へ て 見なせえ よで 旨え 都合 手 付か 卞 に。」 



もば ねせ ほ こ&ど K らだ つ ゐ か は は いふき ふた ね もお や L 

傍に はまお 阿世 穂 かま 卜 ま 卜. - 小言の 腹立ちが 乙び う 付いて 居る 顔で K 吹の 11^ を くるくる 手 遊に 爲て 

居た。 

ぎ W- がらみ にん? SJJf かせ い づ む ざん いま & ft 6 お fl づ おやこ Bf を か を か 

義理の 柵、 人情の 枷、 何れも 無 殘に今 は 無くなる で は.. 'め 鷹揚め かして 居た 阿靜 母子の 方で も 中中う 

L ゐ ひど はこ かね **乙 5- こづか •* のづら 

つか 6 亡は爲 て 居す、 一 函 あまりの 金なら ば 些しは 利 も あがる だら う、 小 遣; 3k 爲る からさ 野 面になる、 

f> かた 、だ つね どき かほ s ビ e> けんまく 

仕方無し にしぶ しふ 出して やる 時の 常時の 顔 <kJ 云ったら 取って 呑み さう »見 脈 

ね f- づゎゃ こ さうた を K さ 5 だん てい こちら ま つ Sj に はら はた 

阿靜 母子 も 相應^ ひ を ひそ 何 か 相談す る體、 を 乙に は 此方 も 邪推 を 交せる で をの 都度 化烹 える 腸。 

^ はを 2 > ゆ f» へき げちよ き ちく, しゃ $ たんし 30 んぶ S- め 

何ん な 話し をして 居る か 御前 間いた かさ 下女に 閬 くさ、 畜生め、 恩 知らす! j つの 丼に 目が くらんで 「い 

さき ひゐき も 

いえ」 ど 先の 最負を 爲る。 

3 た こころ もの &ど S ろつ ああ かんが だ こビ i ね たま 

する さ 叉 SK- い h: に 心で 物事に 色を附 け、 かう だ如此 だ^ 者へ 出す で をん な 事お 穴ぐ. たがる 阿玉の 

こどば わたし み L をん のろ 3 f ひゐき さっき L んハも 

言葉、 妾が かげで 見て 居る の も 知らす 何でも あ S つ (下女) tt 野 呂間共 (主人 母子) の最貧 して 先刻 も 新字 

の 筋の 無 ささうな 處を わ^わ^ 撰って 野呂間 共の 婉に 付け やが つた。 

お f> づ おやこ まへ ふた ま ち ひ へや あて ゐ た$ ざ き & 

阿靜 母子 は 前から 一 一間 はか ゥ 小さい なから も 部屋.^ 宛が はれて 居た ものの、 當座 まだ 氣まづ く 爲らな 

ころ もの :5,<^ ひ いちにちじ ぶん ゐま あ い つた i は 5 ビ どころ この &ろ 

かった 頃 は 物 珍ら しさ は 日 かな 一 日 自分の 居間 はまる で 空いて 毎で も 阿玉の 方へ 入. びた ゥ、 處が此 頃 

& い さ が ね もに ろ みビた つきさ まく も 上ら どき まか ま ^5 * が 

に 爲ゥて 艺云ふ もの は 流石に をれ も 面白く 無い さ 見えて 飛んだ 御月檨 雲が くれで 用の 時よ. 外 御 親は拜 

& £ S はんた 5 な たな ひど S- &ど 

めすで うつさし く 無くって 極く 好い さは 本當 らし S 阿玉の 獨 言。 

みみす はれ 三 三 



.^nm みみす ばれ 三 四 

た S ざ しょくじ どき ね 》>づ たや. J へや ひこ ゐ どき いつ お た 3e しん むか ゆ つね 

當座 食事の 時に 阿靜 母子が 部屋 へ 引き、! んで でも 居た 時には 每も 阿玉 自身が 迎へ に 行く のか 常の さて 

い ま それ げちよ 上 1*5 ね ャ 《*c しん か4^>き £ ゑ れい い せん 

K^、 今にな つて は 夫もう る さく、 下女に 呼ばせる か、 をれ で 無ければ 阿玉 自身が 金 切 ゥ聲、 例の 以前に 

野中で 吹つ 切った 琉 儀で 「御う まん まあ!」 

いままで たい.^ f わた け ふ この &ろ てつ いままで ひ け ふ この i ろ みづ ► か これ もつ 

今迄の 待遇が 綿なら ば 今日 此 頃の は鐡、 今迄の が 火なら ば 今日 此 頃の は 水.^ S くら か 馬鹿で も 是で以 

is らた ゐ ひみ づけき けっく わ いせん i& かた くちき き むら を どこ ど, ろ 

て 腹 は 立た す k 居られ もせす、 火 か 水 か 激した 結果: 前に 中へ 立って 口 を 利い 4^ 木衬さ S ふ 男の 處を 

お しづ たづ こど な 

阿靜が 尋ねる 事^ 爲 つた。 . 

S, き むら めんく わい $J ちら 5- & くっした き ど 5 ざんそ み さ じんぶつ ど 

行って 木衬 に面會 し、 佝方 k も 言へ る は 理窟で、 舌の かぎ. csk 喜 藤の 讒訴で 見 1 げ はてた 人物に 兎 も 

かく 、., ま ね や こ い のち ね せん ゑん かね き ゆる どてね しょち もの さ. t が あ ifJ 

角 もゲは 母子 命の 根の、 千圓の 金、 氣を 許して は迎も 置け ぬから 何 さか 處置 をしたい 物. ^流石に 汗をか 

たゥ きむ s- を さ 5 £ ざ ひど つお も 

い ての 賴 みで をれ も M けば 無理で も 無し、 左 樣でム いました かな、 をん な 人 S も 實は思 ひませんでした 

»c M 'ちい A ねざ を W だんだん せ のつ ぴ $J したお つ 

がさ、 初めの 內 言って 居た 御 坐 形 も 段段に 攻められて 退行き ならす、 では 何う か 處置を 付け まし やう ど 

こどば つがまで & ^ しょち あらた はんもん あは ^ 

言葉.^ 番 へる 迄に 押し ゥま つて、 をん なら 何う S ふ處 置に します € 改まって 反問 すれば、 哀れ、 さう 爲 

また S くちき めみ は ばかた だ • 

る さ 又 乙れ さ 言 ふ 口 も 利け す、 目 を 見張った 計ゥで 只. S ^か^。 

$ よわ せ かい L かよくた め ぶ ぶ わか め やぶ.? 5. ひ ,4- め のが 

まかし 乍ら 弱 S もの いぢめ の 世界、 而も 慾の 爲も あれば 二分 か 三分の 若菜の 芽 # 藪 in の 目 さへ 逃れ 

t けんむ f さぎし たつじん だ i 'どく はふ りつ い ろ もつ ね ちから を よわ み その上 わ 上 わ 

す、 世間 無数の: 欺師の 達人、 道德^^-法律でゎづかに色の保っ常さて、 力無い 弱い 身 は 其 弱いだ け 弱く 

ばか ね や ふ せき I 

され、 馬鹿にされ、 押し遣られ、 蹈 みに おられる が關 であった。 . 



みみす ばれ 



三 玉; 



ノ -》 す ^^v^^^^^ 



ひビ こ かね しょち や ひど. S&. ほね を f むくい み. S ち を ゐみ げん 

1 函の 金を處 置して 遣って I 息 骨お 折る からに は 少なくも 報酬 は 三つ 1 で で 無ければ W いふ 意 * を 言 

<r れい いや こっち のこ ど はら i<b か 

外 k ほのめかせた。 をれ がまた 否なら ばいつ を 此方で 殘らす 取る ゥヒで さて 乙れ は 腹の 中で わった。 

き むら とけ にん もの #4- ち ど: SJ け むしょくげ ふ L ケく を e まん あかいわし かた 

木衬さぃふは後家人ゎが..^で、 其 筋への 屈 は 無職 業.^ 士族^い ふ 名 を 剛氣に 自慢で、 赤鰯の 形ば かゥ、 

さ s; びん い み Sj も &ざ かほつ ?ゐ ぶん た を を かま せけん あ e んぶっ 

三 一 さ 言 はれた の は 身共で ムらぬ さいふ 顔付き、 隨分 じ 仲間が 世間に 有り さう^ 人物であった。 

げきけん でき *j まん & s-s,. ぎ い ほくしん いった 5 しんかげ S "う こ y .& つた 6 

擊劍が 出來る さかい ふの が 自慢で、 御 流儀 は^ 言 はれる と牝辰 一刀の 眞影 流^ 答へ るで はてな、 1 刀 

05 ん かげ 5-5 おが はんもん >§> に せっち 5 こた 

流^ 眞影 流^ は 違 ひまし やうが^ 反問され る さ、 何 さ 折衷した のさ 亡 答へ た 

W ん C ゆつ 3 をめ を ひど. & き むら はく いた ,f 

劍 術を學 ぶ^ 目が 乙 はく 爲るさ 人が 言 ふ, ヒ、 木衬に S つも それ を駁 すで 11 「をれ ハ まだ 至らぬ ので 極 

を& つ ぬ へいじん か を, み, y みそ み を あら しょちよ f; よちよ 

髓に 突き 拔 ける € 平 人^ 餐 はらな く爲 るで はて、 味噌の 味噌く さき は咏 に 非す、 處 女の 處 女らしき は 

なほ あて を ほ ひどの しま き むらみ を K さ A* こく をる つぬ , み め 

多く 當に ならす ッ」。 成る 程 ざ 人も吞 まれて 仕舞って 木衬を 見る さ、 何 樣極髓 に 突き 拔 けた^ 見えて 目 

つ へ いじん た & 

付き も 平 人 さ 同 卜で あ ッた。 

ほ «i けん CSC で き かへん * &んゃ sij どべ: & さう ば ^ むづ 

をれ 程に 劍 術が 出來ナ やから、 何でも 歸 去来が 何う した さか、 五 ifr 米の 相塲が S くら 爲る さか 六 かし S 

た その けんぱ ふ たね ほ 51 上く を L ■ い い さいがく く み, さ 5 

宫ひ 立てで、 其 劍法を 種に 奉職な 6 何 ゥ爲 やう €は 言 はす、 かさ言c^て才學で食へなぃ^見^^<て左檨 

^ .& ちにち. & ちにち も ゐ 

もせ 卞、 只 何が 無しに 1 日 1 日 さ 過ぐ して 居た。 

こ々 ちき その 5 で を はきだめ さんびゃく こ を ふ どころ R- け a- はふち ざ S はふよ みせ だい 

小口が 利け て 其く せ 腕の 無い ものの 掃 溜 は 三百に 越した もの も 無し、 懐中 持ちの 刑法 治 罪 法 夜店で 大 

な いろく ぜん ねぎ ビ み つきば か i たも S も お さも み に. r-M- ばう S き よう &ざ 

枚 六錢に ffi 切 6 飛ばし、 三月 讀ん だか^ 思ふ內 —— 御 擦り 見た やう. 女房 も 曰 ふ 「器用で ム S 升 か 



ml みみす ばれ 三 六 

t < e さた ♦^c' き むら 5 ど あき が ほ きんじょ ひど む ハ ちい 

ら最ぅ < ^んな 公事 沙汰で も JO 直さ 木衬が 受け取って、 呆れ顔の 近所の 人に 向かって 、「な あに 一 意 道理で 

つらぬく です」 

てん ど かくへ た は 5 L よくげ ふ さづ もの み しんき そつげ ふ *j ぶん か A が eftjx-fy き むら たの 

が、 夭 は 兎角 下手な 方へ 職業 を 授けたがる 物, ヒ 見え、 新規 卒業の、 自分が 考 へても 上手な 木衬 に赖ひ 

な がん くんし ど か > もく をれ あ £ こた こた をの は て あた L ちゑ 

やうな 具眼の 君子 は 兎角 少なく、 つ; S 夫な. で腮 にも 答へ る. - 答へ る £s ふ 其 果て は 手當ゥ 次第に 智慧 

(?) での 世 わた. <y。 

ち f> よ ぜん か ねく ばいばい かね たいし.!:、 く しょ 5 し 上 ていた 5 よめ. &W- むこ ど 《- や sil-TS や,?. i . &ん &さ S? し.,' ん 

地所の 周旋、 家屋の 寳買、 金の 貸借、 證 書の 抵當、 嫁入 聱取 養女 養子、 つま. は 何でも 厶れの 八宗兼 

がく かたで たんてい ま め 《• 3- 5 ほ 

0V 片手間には探偵の具似をして妙^^^利を吸ふさの噂さ。 

f ,v い ち 上つ ビた まへ を み げんくわん どかく み を & 

妙な 利 W 云 ふの が 一寸 立ち 前に 爲るさ 見え、 玄關 がまへ は 兎も角 牛 * 見ぐ るし く 無くして 居た で。 

JJbK たんてい て した を たづ e つもつ お ざ は を fj かせ けん せ 5 や 5 

何から して 探偵の 手下の やう 爲ゥ たか ^尋ねる さ、 實 以て 御座の さめた 話し^がら 併し 世間に 同檨な 

A<_0 ぶん たくさん あ さいし はた ほんにん み も 

の は隨分 S 澤山 有る、 乙れ も 才子の 働ら き ださ 本人の 味噌であった 

き むら ビし& ろ ふんべつ た ) に V. ぎ やう い い どころ 5 はき まち あ ひち やや をん を ある 

木衬は 年頃 も、 はや 分別 ^か 6 の 四十 足らす で で 人形ぶ り か 好 S か 言ふ處 か ら浮氣 な 待合 茶屋 の 女主 

じみた わけ わ. ほん ケん あが . こづか Si .> やん まち あ ひち やや 

人に 見立てられて 譯の 分からぬ 本尊 さまさ 崇められ、 をれ からしての 小 遣; S 取. で 自然 待合 茶屋 S あれ 

きゃく で い S- を? A を かた ほ ひ いくたび ほんた 5 たんてい く こんい :&ち K 

ば 客の 出入 も 中中 多し、 日に 幾度 も 本當の 探偵 € いふ もの も來 る、 それら. やがて 懇意に なって、 一 二 

^ は をが つ せん e ゆ こん それ ど. &を まふ ケく ケ <じん もつ ど 5 ら い は ゆるら < み 

度の 花合戰 をれ を 入魂の は 卜め 亡し、 夫から しての 飛び 入ろ 相撲、 俗の 俗人の 最も 羨 やむ、 所謂 樂な身 

は爲 りた。 



もど ほ, C た 6 たんてい を べつだん どが き s- つ ズザ 'フて -3$ だ まお あ ひち^ゃ まん 

素よ. 本 當の探 慎で も 無し、 別段に 咎められる 規律 も 無し、 をれ からしての 勝手 放題で 待合 茶屋 を 本 

ちん ■ あしむ まま あ, y ば しょ き ま は たんてい 》< こ £ はもて でん 5^ ふ は e い ちせ. 

陣 さし, 足の 向く 儘の 遊び 塲所 切って 回って、 探偵 ふ觸 れ、! :$? みから 强 面か^ しの 傳 、ぉ 肌。 一 度 

y > ^ ) >'..> s^,^^ > . ^ た^^- くせ は お W い ぎ ctt,^» ねん 

力 力 合った か 最期、 乙 だは. を附 けて 只 ttHF かす、 をの 瘤 羽織, OH:^ 言 はれる 琉議 で、 情婦 愛慕の 《ふ 

こ J" ( atf ^5 み いかげ.^ は ぶ, I 々わ、 せ、 たく ざ 一」 C* んて V* 

の 籠った 御仕着せの した 身の ま はゥ、 ニ圓 £S 下の 下駄なら 穿かない よ ふ 分外の 贅 it 沙汰で 炎 1K 

たいや 5 はげ て & や ころ ビ こどち もの か _t£ ど 

ノ の 太隔 S しく 照って 何故 こいつ らを燒 き 殺さ ぬ さは 1 度い たぶ られ た 事 の 有る 者の 蔭 言 であった。 

じ".^ さほ を あやま あま ふつ 5 を いまさら み けつ だれ ft", 

(右人 物 木 衬の名 は 誤 ゥて餘 普通な 名お つか; 5、 今更 を かしく 見える ものの、 决 して 誰を昏 さい 

ゝ P セ.、 . v-^> / V ^ , 』. ふ ゥ よ ::;1£' めい ひど あ ♦JIKSJ ケ 々5 せん ち & 上 5 しゃ 

ふ靜 でも 制 ^ し しキ 不幸に して 世に 乙れ さ 同名の 人が 有ったなら 何卒 偶然の 1 致さして 御 容赦 

ねが びめ 51; る 

を 願;: S ます 美妙 誌) 

第 九 

あみ や VJ ん » みつ しゃ 《- がいく もに たの Jet ら ? rr.; 

網に かかった 痩せ 蜻^、 見付けた が 生涯 蜘蛛 tt 逊 がさす、 赖 まれて さ 云 ふ * 合 ひに なれば 流が に 

平常の 性質が 性質 さて 慾 も氣^ す、 宜し み 5^3 んだ木 衬の肚 に は つた か。 ii^ から 

^ほ を 力 ば 力 たの かへ こ たも あ^ か, <が こど L さ广 か. T* だ ら 5 つ し 

透せ す 拜 まぬ 斗ゥ にして 赖んで 還って、 子ビ 思へば 甘い^も 考 へす、 事の 子細お 兼太郞 J ^告げ 知らせ 

をに & fc^^*/^ よ < め あ ぁっ^ れぃっ.^^ぃちて,1まへ をヒ こ で J づ ころ 

れば 何が 無しに 只 同意. - をれ でも 愁 目の 有. がた さ 、夭晴 一 角 一 人前の 男 さ 思って、 阿 靜の心 も いよいよ 

き *► » をのき だけ しち しち い も あんばい ひどし よろこ き ,5, ら ちてん 

决 まる、 あは や 其决 まる 丈 は 死地へ 死地へ で J 急ぐ 驪 梅.^ 人知れ す 喜ぶ の はた だた だ 木衬 j 人 だけ。 

すぐに 木:?!: は 支度して 自分の 家 は 出た ものの 途中 k 爲 りて 思案 も 出た。 は 。麟 のまに る、 を 

- みみす ばれ 一一 一 t 

I づり ~ /りり リほ I ゆ i\ \ ば》, メレ ^Z^H^yr\ 



L- 



外^ t つ 
にい は さ 
肝 I 言い う 
の ゥ で 

小? 1Z す 

さ 物 あ -な 
な の 

奴ミ 跡き 
た' は 

さ 出で 
相 ま す 

手て 、 

k 舌 i 
見み の 
透 を 根ね 

か の 

さ 邊 A 
れ が 

る む 
種 g づ 

t 痒 S 

作? く 





て 



が 

る 

の 

は 

分 わ 

力 > 

る 

の 
の 

扨? 

自 e 
由? 

に 

脅 を 



t 
け 

相き 
手て 
に 

%\ 



k 

m 
て 

見み 

詰つ 

め 

ら 

れ 

て 

や 

や 
< 

心チ 
付 さ 
< 



も 其き か 
有 あ 血ち ぶ 
るの つ 

、 出で て 
不ふ る 叉き 
思 L や 大き 
儀き' う き 
で な k 
% 大 5 考え' 
有 あ 事し' へが 
る の 、 

、 金き 段 2 
夢 t 段 2 
のね 笆 
や が 打 S 
う 物 さち 
で に 解 e 
^すけ 
わるら 

る m れ 
、 It て 

五 こ' 乘の 且?; 
P ぶみ れ は 
る、 《わ 
た 臆? や 
ま 面》 し 
せ もみ 
の 無 を 、 
心ミ く 最ミ 
もろ 言い 後 5 
ち ひに 
で 出 だ 本? 
、 さ 當? 
返: J れの 

辭 e 1Z わ 

^時 まる 

急 i は 企? 
に 驚き 、み 
はきろ つ 
口 も^ま 

t す b 
出で る 手て 
す 、 着つ 
、 嬉ぇ か 
しし 卞 
け く に 



事 e 
行い 件! t 
つ お 
て さ 
相き 額? 
手て を ひ 
の 集 § 
肚? め 
の て 

中^ m 
t 合 s 
聞 s し 
く 始? 
迄? め 

は 1Z 

隨 f 、 
分 'ぶ 幾^ 
^ 分' ぶ 
混 こ 力、 
ひ 木 S 

苦く m 
勞 f を 

最 g は 

初 i く 
木き 思? 

tn ふ 
の さ 

口 も 見み 

ぶ Z 
b て 

の 

乙? 

此も 

方ら 

に 

世せ 

辭 e 

I: 

• ^い 
ふ 

て 

買 か 



が 

今け て 
日 ふ つ 

に き 

爲' ォ h 
阿ね 
て 靜ぁ 
俄 g に, 
にか %U 
怪き 1/ 
し た 
い »;| 
、 さ 
て 常 S 
つ 時き 
き ^ 
h 早? 
子し く 
細き 察 § 
^ し 
有 5 て 
る を 
事き れ 
1 か 
半 ま ら 
ば 膝? 
占 I を, 
つ を "^! 

居ゐ て 
れ 阿ね 
が 玉き 
果は ^ 
た 相? 
し 談 2 
て ^ 

違 力 1 阿た 
は 靜ぁ 
ぬ や 
ゝ ■ ^か 

是 g 太な 
は 郞, ら 
餘ょ の 
程' き 素 も 
の 振ぶ 



た 





へ 



て 

何き 
角 か 

の 

魂え 
膽ミ 




ま 



k な 
の る 

實ミ 程 § 行い 
跡き を 

で れ 

お、 さ 
る う 
目& で 

的て h 

有 あ 1Z 

m お b 
I i ろ は. 
! 定 i 打; 
い め 明' 

きて け 

ほ 趣 i> て 

向ず 機! 

快よ を 密: 
く 變, 
乘の へ 

h 、 

着つ It 
け は 
て か 
手 S t こ 
紙み 車ん It 

を の 3 吿っ 
書か 向む げ 
いきる 
て をの 

使 2 轉ミ % 
ひ 卜 餘 t 
1$ IS b 
持 も 時き 上ぶ 
た P 手!. 
せ 近 I 
J 處 f 沙 S 

常 2 の yc た 
時 ま 料? で 

ir 理 a も 
招 g 屋ゃ 無 4 
力、 へし 
せ I 、 



の 

ん 
を 

党 2 
ほね 

時 ま 



みみす ばれ 



三 八 



わら .s つば 5 たけ や s- づ . 

笑って 1 方 は 竹槍の や. たら 突き、 .. 

& ム fs. L かた 

「御 不同意な らば 仕方 は 

ただ だけき こちら むね く れい こど わざ せりふ くもり で >- *^ 

唯 をれ 丈 S1S た £rj ろで 此 * は 胸に ひや ケさ來 るで 例の 俚諺 づ くしの 臺 詞が藥 はも 出さう も^し.^ 流 

石に、 しかし、 肝 もす わる ill 實は是 から 坐. CV かける で —— 

ふ さ f. & ほ IT こど 

「不同意^い ふ 程の 事で もな…」 

をん こど vf- に *U しょしん どこ あ ひて こ いつ e ^5 

何の 言葉 を. 渦す 初心な 男 さ 相手 はいよ いよ 見くびる だけ、 此奴^う でも 自由になる^、 S よいよ ます 

の くきつ ひざ *d ほ 

ます 乘 つても 來 るで 屹さ爲 つて 膝 立て直し、 

& へ ,<rc ちかが &ざ 

「しか さした 御 返 辭を伺 ひたう ム S ます o」 

いっしょ はら を か は 53- ソ し やつ ふ び, ん 

乙れ も 一 twj^ 腹の 中で は、 「法律 を 知らぬ 奴 ぁ不懸 だ!」 

あくじ ま VJ ほ せん e ど ど& せ けん だ 5 どく こ 53 い を K い いべち I K ふ をバ f;rK.^ - t!i ゾ せ, ん K:f 

惡 事の 纏まる 程 善事が 整 ふ ら 世間に 道徳の 講義 ハ 要らす、 何 を 言って 依怙地な 法則, 惡 人の 惡善ス 

せん めた よ したが あくにん あくせん にん せん ケ くこの お、, L - ゝ , > s*tlu な 

の 善よ. 目に 立つ 世^て、 從 つて 又惡 人の 惡 善人の 善よ 6 は 俗に 好まれ、 逐; S つ、 くぐ ゥっ大 修羅 塲 

をが わ だ を たのこ かげ も かみく まろ か 5 し *?s を 、ど , *^ : , 、 ► , • 一 , -^♦Lv - . 

鎚る枝 は 折れ やすし、 賴む 木裔 n 漏ゥ やすし、 紙屑 を 丸めて 格子の 內 から 外へ 投 けて ほ €ん^§っ5 に 

*f ま S M S3 ビ ぬ かけ さいな 55 ゆ 

すれば 巧く 飛び 拔け、 巧く 飛び 拔 かせ やう^ 賭で もしたら ば を も を も 最期、 ^うしても 旨く は 行き 

こ k かズか V ま f ど 5 もこ レ を にんげん C や ,4^ ゐ またお 4 

かねる、 是が 必らす さう^い ふ理は 毛頭 微塵 も 無 S ながら、 を 乙が 人間の 邪推 W やら をの やうに も 亦 思 

f A を W か & たの & ねヒ お しづ どつ た 5 きょ もの ぶんし ひど 

はるれ 檨. - 悲しく、 果敢無く 賴 みがた く、 凄く、 恐^し いのは 阿靜に 取て 唯 乙の 浮世、 ただ 其 分子の 人 

みみす ばれ 三 丸 



sm みみす, はれ in mlm^l 四。 

であった。 

は を さ 5 だん もの へん て AT き ひみつ わ た. V こい く ふ 5 き^ら 

^う S ふ咄 しの 相談に した か、 其邊の 天機 は 秘密で 分からぬ ももの、 恐ろしく 混み 入った 工夫 を木衬 

き ど 5 り や, rki ん まど やが め あ fl 3 どころ He お しづ たや こきつ 

^喜 藤 € の兩 人が 纏め た^は 纏て . や^ S ふ 目に 逢つ て 仕舞った 處で 始めて 阿靜母 子も氣 が 付いた。 

こど しょち た f> づき むらた の のおよ > ^かも 50 ころ き むら きて がみ ** に. U ど f 

事の 處置を 阿 ® が 木 村に 赖んだ 後ち 凡 を 四日; it う 過ぎた 處で、 やがて 木衬 から 求た 手 a、 何事かさ5|^を 

き ふし か かねた ら S よ み .S ろい ろく K は I* あ こん ちゆ け SIS で お ふ た s- せったく お S 

f、 節 を 掛けて 兼 太郞が 讀んで 見れば 色色 委し S 咄 しも 有る から 今日 夕景 迄に 御 一 一人で 拙宅へ 御出で 

くだ ぶんめん さて あ K* & むね を ,ヒ L たく たや こ い つ しょ つ. た. S み き 

下さい さの 文面、 ば 彼の 咄 しだ ビ胷も 躍ゥ、 支度 もも 乙 を rJ 母子 一 所 k 連れ立って 行って 見れば、 氣 

^く たほ& ち を 5 この & ろし 上く かくはん ぶん み を もこぶ げび き め かか きん わ 5 &ん かま 

の 毒な! い K-SK: の大 御馳走。 此 頃食容 半分の 身^ 爲 つて 頗る 下 霹て來 た 目に 映る 金さん の 黄金、 蒲 

£$こ はくぎん ね y がら や いろ くれ をゐ S みば 5 ふ ひげ み" 15- はや む しづ ti ふぶん ぶ き むら あ 

鋒の 白銀、 免 売燒 きの 色 は 紅、 海坊 布の 鬓 は綠、 早く はしる 津 液に 十分が もの 八九分 は 木衬を 有.. がた 

ね も せわ * & かん たん はも の はや ♦i- かへ そん 

く思ふほ^の世話挺lしど^c;3、 肝心の 咄しハ をゥち 返け、 S ただ かすに 早く 澄まして 歸る ハ 損お ビ、 や 

まま ど あ ぎ はし さ 

がて 勸 めら れる 儘に 取 4 上げる 杉箸、 さつく. さ 割いた をの 乙 rJ るよ さ。 

た しづ かねた ら 5 & くお およく つ どて わら 5 ど 

阿 靜も兼 太郞も S くら か は 成る 口 £ て 猪口 を さし 付けられれば 迚もい なめす、 えへ へん 笑 ひで 受け取 

だ、 P やれ, ヌゎ き むら 5 れ あん %is あら &ビし に は せじ 

つてく だらぬ 駄洒落に き やっき やつ さ 騒ぐ を、 木衬は ほい ほい 嬉し SSI 梅、 暴 事師に 似合 はぬ 世辭 上手 

き おんど e やうね ^ じゃれ か や せん & ば 5 きゃく けんし 5 ざん ま. S はも ばか 

が 切. 賃も 取ら 中,^ 上價に 駄洒落 を 買 ゥ て 遣ゥ、 前後 忘却 させての 獻酬 三昧、 果て は 盛 .OCN ぶさぬ 斗. 

お ちゃい ゥ ぶく を あらた , さ 5 だん を 

にして、 御茶 一 服^ 爲っ たさ 乙ろ で 改まって 相談^ 爲ゥ た。 

をに S だめ あいけ 5 くち まへ をん £ ゥ む ち i<v く おや 

が、 もう 何 を 言っても 駄目で 愛橋た つぶ.?^ 口前う まく 何 ださ かかんだ さか 説き付けられて 無茶苦茶 



ただ ゆめ よ よ しょうち L ま LxiLX 5 さつ たち ま てう いん 

k 喉 夢 を た^つ て 好し 好し さ 承知して 仕舞 ふで 證書笆 言 つ て 差し付けられ て 忽ちに 調印 さ爲 つた クヒ は! 

.-v- のさ 4. だん たもむ い ほか X ず ぁづか にん めいぎ か じつ わたし て もど せ, T せ £. 'ふ つ がふ 

其 相談の 趣きと 言 ふ は 外で も 無し、 つま ott 預 6 人の 名義 を變 へた だけで 實 は 私の 手許が 少少 不都合 

jj ちら か もら これ ま VJ £ こんい はつ き ビミ L ふ <^ん せつ おこ >& 5 へ V 

ゆ ゑ 此方へ 貸して 貰 ひたい、 是 迄の 御 懇意 づく、 决 して 喜 藤が 爲 たやうな 不 深切 tt 行 はす、 其 上 k 利 も 

よ ね ふたりげ ち 上つ あんらく た を ゆた もち たち い 々さ 

好く し、 御 二人に 下女 を 付け、 も 乙で 安樂に 暮らさせます さ 棚から 牡丹餅の 落る 檨な言 ひ 草であった。 

ひ ビ よ * ひど 上 < また ひど £ ち を S 'いち i 一 ふか き むら よ おも さん ほう 

1 つ は » つてち 居る、 一 ゥは 慾に も くらむ、 X 1 つ は 御馳走 一 度で 深く 木 衬 を 善く 思 ふ、 もれら 三方 

L f せん ij,/.- かって しょうしょ て 5.S ん 

四方に 煽動され て、 をれ だけの 勝手な 證書 にかめ かめ^ 調印した のであった。 

む ざん お しづね や こ き むら て ま る Lf L1 しか いん. L & か 3- し 上 5」 よ をつ いん 

無 殘阿靜 母子の もの は 木衬の 手の内に 丸められ て 證書 11 而も 印紙 さ へ 無 ぃ假譖 書に 11 捺印 を さ へ 

L L まつ せじ e や 5 こ. rs たも かみ た ほ ばか ね も あんばい i まま 

爲た 始末. - つまらぬ 世辭 上手に 浮かれ 込んで 世 は 助ける 神の 多い さ 針.^ 思 ふかの 拔栴、 勸 めら れる譫 に 

そのよ き むら x- お 503 あ < あさき 505 は 5 R-^ かほつ つね お ほ かた かせ き 

其 夜 は木衬 の 家へ 泊. <y、 翌る朝 喜 藤の 方へ 立ち 房る 顔付き も 常よ. ^も S さ.^ 大きく、 一 眉で 風 を 剪る いき 

もど 5 あ あ こんたん か こころ き ビ5 ふ,, . ふ れいせ f ぺっ こころ つ 

ほ; so 元よ. 打ち合 はせ の 有る 魂膽、 馬鹿め さ 心で 喜 藤 夫婦に 冷笑され る 、そこら は 別 k 心 も 付かす、 

われ はんしゃ をの あほ 

吾; 5^.0 賢者ぶ る 其 哀れ さ。 

こど し まク 《» たた ま き むら きど 5 は 5 でんわ か をのよ S. ち た 5 きんせん ゑん き むら き- ><5 

事の 始末 は 瞬く間に 木衬 から 喜 藤の 方へ 電話が 掛か. C -、 其 夜の 內に當 金千圓 をれ だけ を 木 村が 喜 藤 か 

5 VW ざんよ きど 5 もの を. # や 

ら 受け取って、 殘餘は 喜 藤の 所有 さ爲 つた 敏捷 さ . 

あし 3 たで *^^ほ き こつ せん き むらき ど 5 かた たづ き きん e よ よ せ おもしろ て 

をの 足で か、 叉 出直して 來 たもの か、 忽然^して 木 村が 喜 藤 方へ 尋ねて 求て、 近所の 寄席 k 面白い 手 

t- をる これ ゆ を C しづ.; :,- や こ せん^!|<' 

品が 有る か ら 今す ぐ是 か ら行 か うぢ や 無 S か ^阿靜 母子 を 煽動した。 

みみす ばれ 5 



みみす ばれ ! In!!! ? 一 

C かん ね< やみく 4 せ ど. S- のビ のんき を たや こ をろ き ビ<- け 

すぐお、 時間が 後れる^ 閽 雲に 急か せられて 取る 物 も取ゥ あへ す、 呑氣に 爲ゥて 母子 揃って 喜 藤 一 家 

Lv» か ね -tj ゐ ば W でか 

を 尻目に 掛け、 大 威張で 出掛けた 

よせ まへ い み き むら ひ b.5ff ん て -I を *& き むら おは めん はく *<> 

寄席の 前まで 行って 見る^、 木衬が 評判した 手品 は 無し、 かや^ 木衬も 大き はしょけ て 面目無 ささう 

あた 3 か 5 ん をゥ みちばた 5&> ぎ や あが こ かばやき 5i ほ は を つらぬ よせ ね 

k 頭を搔 き、 まづ 運な はし さ 名お 附 けて 道 傍の 鰻屋へ 上. 込めば、 蒲 燒の匂 ひ は 鼻 を 貫く, 寄席の 御 わ 

びは最 う 出來た 

わ S 、かへ あく あさ しはん - めさ S み: きゃくま f き むら こ ゑ 

醉ひゥ ぶれて 家へ 歸, o、 翌る 朝まで 死人 さ爲 つて やがて 目を覺 まして 見れ は 客間の 方に 木 村の 聲。 

べん じょ わき K を き さ だ fi せんけんた いし だんばん ちゃく. L ゆ 

便所をかこっけに側を^ほゥて話しの檨子,,^,-閬き!1^^めれば、すはゃ要用、ぃょぃょ 全權大使か談刿着手." 

れい いさ だい" b ん々 て 5 ぁづ きん かへ をの か H このの ち せっしゃ ねい な しづ さま. tJ しんし ふたり ひ ど 

例の 勇ましい 代言 口調で、 預け金 を 返して くれ ^c、 其 代 ゥ此後 は 拙者に 於て 呵靜樣 御 親子 二人 ttHF き 取 

じゅうぶん ほ £ ゆ じょ きみ 5 & ぼか 5 れ げ ちょ * く くわつ あい そ こ 

ク、 充分に 保護して 行く さの 序 びら き。 聞く 身 も 動く 斗り の 嬉し さで 下女 か來 るので 割愛し、 其處を 

たさ わがへ や む Q f & しづ さケ き VWAy た^ろ それ こきみ 

立ち去って 吾 部屋へ も^ クても 胸の 動悸 は靜 まらす、 嘸 や 喜 藤が 驚 S たらう 笆夫 ばか. <y が 小氣咏 よくて 

たま てまねみ こ ゑ ひ かねた ら. 9 ほ& ども ) 

堪ら す、 手 具 似 や 身 .^-rv 聲を潛 ませ、 兼 太郞^ 咄 して 共に は 乙に 乙。 

55 げちよ き ちょつ どな ふた w S きゃくま つ ゆ > < どころ ► むね またせ よ 

をの 內に 下女が 求て 一寸 御 二人に 入ら ゥ しゃって 芑 客間へ 連れて行かれた 處で す はさ 臂は叉 動搖め 

たや こ ふた © だ きやく 3 はい をが き むら かほみ あ , • わら が ほ, や ► 

く、 母子 二人 つれ 立って、 客間へ づゥと 入. 乍ら 木: 顔お 見合 は せれ は 堪へるゥ^^-.<.'の笑ひ顔か矢 

はた 3 も で ざつ きどうみ き にが にが かほ > 

張 ゥ堪ら す 直に も 出る、 坐に 着いて 喜 藤 を 見れば 極 はめて 苦苦しい 顔つき。 

わけ &ざ しら き むら S こ 巧ら ら き 5 れ • 乙 ころ 

乙れ 乙れ いふ 譯でム います W 白ば くれて 木 衬が言 ふの を 此方 も 白ば くれて 聞く、 をの 嬉し さ 快よ さは 



くら もの せっかくお を tl <H を いま さら ざんねん い きど 5 かほ 

ほさん^ 比べる 物 も 無し、 「^う も 折角 御 馴染み 申しました が…」 さ 今更 さも 殘念 さう は 言 ふ 喜 藤の 顔 



あ を あ が だけ いのち ど かくの ^ ^ f せじ い L よ.? S 

を 穴の 明く は^ 眺めた. でも 命 は 鬼 角 延びる らしい 御 坐 形の 世 辭も言 はす、 すぐに 承知した ゥ X; 挨拶 

いちじ はや き むら その 55» き f C ねく でお しづ おやこ かほみ あ めタ わち 

すれば、 をん ならば 一 膀も 早く^ 木 31: は 其 儘 « 藤を辭 し、 送って 出る 阿靜 母子 さ顏 見合 はせ て 妙に 笑 ひ、 

ぃをぃ を^して 歸った , 

はやた も y ね あんばい $ ざ しき た おやこ S ろつ や て K お よ 

もう 早 重荷 も 下 6 た 醱梅. - 直に 坐 敷 へ 立ちも^ ゥ て 母子 は 色 も k 施 も 無く 手 ま は. の 荷, しら へ 其 夜 



ふ たも だ se ものつ いで てば. J ひら き むら S ど 

の やがて 更ける も 思 は卞、 をれ にしても 大事な もの さ 其 序に 手函を 開いて 木 村から 受け取った 證書を 見 

こ かげ ^ さて た たづ たもつ. S せんき ど 5 ぁづ 

やう さすれば、 是は S かに 影 も 無い、 扨 は 置きね すれた かさ 尋ねる ついで、 思 ひ 付いて 以前 喜 藤への 預 

しょうしょ ど. S だみ これ を ゐ. 

け 證書を 取..^ 出して 見やう^ すれば、 是 さへ いっか 無くなって 居た。 

しょうしょ ムん C つ た t づ おやこ あ を & ちま をこ さわ だ みあた 》*、 さまざま 

さすがに 大事の 證 書の 紛失、 阿靜 母子 も誉く 爲ゥ、 血 服で 噪ぎ 出して、 見當 らぬ饞 に樣檨 うたが ふ、 

づ めはしつ を ど $ K い ふん ひつ いはれ を これ をん & ろば 5 いへ 5 ち ゐ 

1 圖に をれ さ 目星お 付ける. - 外から 何も 這 入らぬ に 粉 失する 所以 は 無し、 是は 何でも 泥坊 は 家の 内に 居 



きこ & £ ゑた ね L づ. & こ ゑつ ひ ねたまみ、 い やま 

る 事 ださ 四邊 かま は 卞 M えよ がし、 泣き 聲 立てて 阿 靜の言 ふ聲、 終に は 阿玉の 耳に も 入って、 山の やう 



ざ しき ばい ど ち 

に 座敷 1 杯 取 6 散らした 所 へ 出て 來た。 

しさ. &き め みほ &> ん ねの にく か し ほ $j くち i あた さ K 

子細 AJWS て 目を睜 るで 何の 己れ が^ ぼける さ 惽さ搔 きひし ゥも爲 たい 程で で、 口の 儘の 當 6 障. 

(J 上 fi- もん はね は あた 55 くれ ねづみ ばつ ぱ はい 

「證 文に 羽で も 生 へ て たんだ。 ひ^. <y で k 頭 ゎ黑ぇ 鼠の 懷中 へ 入つ たんだ。」 

LS 'め にら ね た 3 む;:; きてい こ おら も ほ K DfJ か 

尻目に ぎる. 脘 まれて 阿玉 もぐつ, y」 胸に 來た 體. - 此方《猶^^-1 一度の 驅 け。 



,fcsa3 3e 5,i j 



みみす ばれ S 



に. にり" はジ \ ぶリ, ^ ド り.? リ 




みみ やばれ 叫 四 

ぷゥさ 5 5« だれ ビ ❖ つ あ 

「物騷 な 家, たさ わ 誰、 ほか^ 取る 奴が 有る もんか」 so 

ね た 2 これ きつ & こどば どか 

阿玉 も ほ :! ^では 屹,. J 爲る、 言葉尻に 取っても 掛かる で I ! 

だれ だれ だれ こど &ざ 

「誰、 ほかにた あ を かし いね。 誰た わ 誰の 事で ム います かね o」 

「^つか 其 處邊に 居る だんべ よ OJ . 

あ ひづち 5 かねな ら^ 

相槌.^ 打つ 兼 太 郞.. —— 

ぬ もった たけ だけ 

「盗人 ぁ武 武しい からね o」 、 . 

れ&- つど いってい ねん *&K L しゅじん こま C やくた け お 

「盗人て へ もな わ 一 體に ひかし の 恩 も 何も 知らね えだ。 主人お 困らせて、 へん、 三尺 高え srj で 御 

L たき を たも み いまば ち あ き むら たの しゃ 5 ば S 

處 攛に爲 らう かで J 思って。 見や がれ 今に 罰 S 中て て やる で 木 村さん に赖 みや 商賓 がら だ、 *JSCN 

ぬ. i- め • K ら fj ま ばか 

が 盗んだ かわ 一 目で K んで 仕舞 はわ、 馬鹿な。」 

きも か てい ひどこ ど 5- 3- はさ おたま め かさ た 

閩き 過ぐ し 兼ねた 體.. T もし」 さ 一 言德 « しく 狭んで 阿玉 は 目に 稜を 立て、 

i i ^ だ ゐ 1* ん ひど fc めへ 

「何… 何よ 言 ひな さる? こ o ゃ默 まっちゃ 居られね え。 何だか 人 を, $ てつ rJ する が、 ぢゃ 御前 

ら わた L ら ど f 

さん 等 あ 私 等が 取. でもした かさ 思 はっしゃ るね 0」 

せ せら 笑 ゥ て、 , 

「へへ へ へん?」 さ阿靜 

かねた らう ん., ほみ あ ま Ji5K 5j わら, にらた § みだ. 3- 

兼 太 郞さ顔 見合 はせ て 叉 一 1 度ば か 6 せせ ら奖 ふ? をれ をし け ドけ聣 みつけて 呵玉は いくらか 淚合 ひ、 



るビょ わら ほか こどちが ひどよ „5i あか ; 

「乙れ ッ」. ^銳 くつめ 寄って、 「せ せら 笑 ふた わ —— いや 外の 事た あ 違 ひま さ。 ぬす 人 呼はゥ 明う 一 

さ 立てな いぢ や…」 一 

if.* ぴビ あ あし ど かねた ら <- 

「だれが いつ 盗人よ ば は.^ した?」 さ 揚げ足.^ 取る 兼 太郞。 一 

いまい K らおた ま 一 

「今 言った さ」^ 睨める 阿玉。 • 一 

「ぎ 鎖 を Ik た わ lc はねえ よ。 無え から 無え さ 云った 丈お。 無え からに や 取られた に 逢へ 無え。 

さ 5 あ た 3 へ SJ ろば 5 つめ あか j 

また 左檨だ 有ん め.^ か 御前が 泥坊 ださ 爪の JJ§ ほ^も…」 " 

3 かぶ S- K が ちぎ ためへ がた 5 ち 一 

「うんに や 待ち^せ」 さ 搖頭を ふって、 「逃げた つても A> やい けね。 剛氣 S 彻 前さん 方 あ 家の もの 一 

5 た だま t- た た ほ *r た 一 

を 疑ぐ 6 なさる から 默られ ね。 疑ぐ るなる. 大きく 疑 ぐれ 0」 丄 

*a>y * &ん 一 

「何… 何 ださ?」 . 、一 

あて いくち をと ど も にん そ にん 

r 當っ 乙す 6 なんど: 地の 無え 事 をし すに、 訴人す るなら 訴人し な o」 -A 

「訴人し な も 無え もんだ o」 

ね.^ ヅど たん わ も ~せ わけ お しづ かねた ら 5 

「盗人て へ もな わ ひ.^ しの 恩お 忘れる た あ 何う いふ 譯 なのかね? もし、 阿靜 さん、 兼太郞 さん、 一 

.J ゆ e ん こま e やくせけ た し ねき あて を &> ん はばか • むかし 一 

主人に 困らせて 三尺 高 > ^御處 置た あ、 もし、 當っ rJ す A- で 無くって 何です かね。 憚ん なから 昔 や 一 

いま いま たち ぶれ ひど かま 5J ばか これ いま い, つ け あるじ はよ i 

むかし 今 わ 今、 落魄て 人の 窗卢ま は. ません よ。 馬鹿にし さるな、 是 でも 今 は 1 家の 主人の 女 一 

f &ざ ぜん せん め がな びん ふみか は. L たがね だれ ど ひどば ; 

房で 厶 いま さ。 千 や 二 千の 目く され 金、 貧乏 のく つつ S てる 端金 を 誰が 取らう なんど さ、 人馬 

みみす ばれ 四 五 




みみす * はれ © 六 

n .IJ 上 二 あ わ. NJ く t ら ぬ を さ s き 

鹿な! をれ さもた しか 》 證據が 有って 私 等が 盜ん だて への かね さうなら 左檨で 聞き まし や 

うよ。」 

1 段聲 を, ら ためて、 

し. TUT- こ あみ - 

「證據 が 有るなら 見 まし やうよ」 

第 十 一 

し上5 こ r つ ぶま.; > はいだ どころ さわ きつ つね どき 3 たや く 

SS 據^ 言 はれて 行き詰ま o、 藪に 眞鐡を 言 ひ 出す 處へ& た^たの 騷ぎを 聞き 附 けて 常 特も亦 遣って 來 

ら 5- ら -arf- ひク たつね たま こどば 53 3- み わ. S f , k 

るで 油 火が 點 いて べらべら。 ヒ 焚き 附 ける 阿玉の 言 菜、 もう 義理 も 見得 も 入らぬ^ 思へば さう かさう 

C C fl づぉゃ こ そ こ も ぬれぎぬ ねんざい か!: SJ た L よ 5t 

かさ 取り上げて 阿靜 母子お 其 處へ据 ゑて、 やれ 濡 衣お さか 冤罪お € か、 それに は をれ で 角 を 立て、 證據 

& r- ど 3 は ばか つ はズ b ばつよ & < つ 

の 鲕、" S ふの を 根に 取つ て 乙 づき 回す 斗. C 'の 突つ か fv 鼻つ 張-^ の强 いば か 6 で、 もさ. ij- さ 理窟の 

、 2fo; 一 く や ま なみ y ま S, ど ほ のんき かねた ら S どかく ね. L づど ひっし 

I 口へ ぬ^子 口 & しさ ttin 身に!^ るが 言;: S 通せす、 呑氣な 兼太郞 はまお 觅も角 も、 阿靜に 取りて は 必死の 

苦しみ、 身 も 世 も わられな くな ゥ た。 

irl » S わら &ゑ みみ B い ビ ころ をは&乙 ろ を 

する する さ橫の 窓が 開く. - くす くす さ 云 ふ 笑; 3 聲が たちまち 耳に も 入った 處で、 やかて 何心無く ふ 6 

ざん ね,^ また >4> ん こどた せ ほ げ せよ いっしょ 3^ むか もみ こおらみ 

かへ る^、 殘 や.? これ は 5 何たる 事! 阿世 穗 めが 下女め さ 1 所 窓の 向 ふから 透き見 をして 此方 を 見て に 

げ ちょ fff <t おん おも ばち k 4. く . -^3 

や. はや ゥ0 下女め、 畜生め 鰻め しくら つた 恩 も 思 は卞は —— 罰 あた. < ^め、 僧み は 優る C 

ler A またく や めくらく ち かって しだい 53 力 力 

. ^うお 馬鹿 k される か^い さき X 口惜しく なれば 目 も 眩む" - 口 も 勝手次第になる i 今まで はまお 歡 



みケす ばれ 



II 七 



rO ぶん, 

しんで 居た 分。 

ひど くつこ 

「人を理窟で、-:^ めゃが ゥ た つ て 、」 

い , 'れ こ, R を &ゑ 5 50 ん こころ おんし おきし や ぃ<» み リ 

^言って 吾^ わが 聲の 泣き 聲に爲 つたに 殆.^ は t めて 心づ く、 「恩 知らす の 畜生めら 今 k 見る か 

ぼえ て や がれ。 木: さん 連れて 來て白 S か黑 いか 分けて やる! ええ、 くやし いや、 口惜しい や 

so」 

み さけ そのく ち さ M- が かねた ら f み み さよ な ' ' . a^^wcsD 

身お ふるはせて 叫ぶ 其 口、 琉石兼 太郞も 見る は 見 かね、 差し 寄って 押さへ るの を ふ 6 もぎって ち。 

ね もて はや ひど くろ.? -2- い ま じゅんさ き あ ST ば ぃ> 

表に は 早もう 人の 黑 山で 今や 巡査 も來 さうな 鹽栴。 

i ^ft ,MVJ む ri お た &• かほ A- の ひど みおよ い 

がら. T-^^ の 格子の 音。 す はさ 胸 をう ゥ たらし i 阿玉の 顔 もた ちまち 其 人 を 見る に :5 ぬんで また 活き 

か, へ ❖ あ ひど き むら > 

返ったら しい 工合; 3.- をの 人^ S ふ は 木 衬でゎ ゥ た。 

き むら ビ £ ね. L づを もの 5. はや くち ひら れい なた 3 プノ 

「かお 木衬 さん」 、^飛び立った ぎ. o、 阿靜は 泣いて 物 も 言へ す" - 早く 口お n いたの は 例の 阿玉で 一 

l^lAi を隱み k^、 はが^に!^ ひ 1 で 乙れ 乙れ ださ g し 出せば、 阿靜も 默ゥて SSS て は 居られす、 

it C ^1 ,J こ!^ みぎ ss>J ら た ,y り は こ ゑ か をの ひ さ 5 ほ. r 

是も 自分の 言; 5 た S 事、 右左. から 並べ立てれば、 其 果て は聲で 勝た う €s づれも 其方で は 引けぬ 双方 

きみみ t*- 4? f $ さら わ *S>?i ちゆ ささい & にんげん き むら 

聞く 身の 耳 は拔 ける かの 樣。 何が 何やら 更に 分からす、 さり 乍ら 仲裁 k も 慣れた 人間、 木: e はぐっ^ 

のこ ね たま ふ 5 ふ wbK め しづ ほ 5, ,ズ, ^ぺ^ t ^,ru.i p > V, t^* 、 

呑み込んで 阿玉 夫婦に 何やら 目く ばせ、 阿靜 さんの 方が^ ちらか ゥヒ言 ふさ 掬 尤も 證據か 有らう か ^ か 

び? 5> むき を 5- こど これし かた かんが, たべ /-ポ 5 U ル. 

らうが つ ひ. 驚した 土" んで 向に 爲 つても 言; 3 なさった 事、 是は 仕方の無い さ 者へ て 阿玉さん の 方に 於て 





5 


ら 


の 


が 


% 




b 、 








世せ 


で 


n % 


m 


、 


噴 ふ 


物き 


ら 


5 


口く 




• ^い 




つ 


辭 e 


微み 


け 


• の 


啞? 


き 


t 


が 


早き 


,|rtfc や 


グ t 





や 


倂 




塵 2 


は 6 


逸 ほ 

Oil 


が ( 




を 


ら 




し 


め 


て 




し 




は 


奉? な 


辛 から 


げ 






ん 


< 


切き 




ま 


御ね 






ゲ さ 


子し 


. さ 


ら 


抽 § 
斗? 


な 


て 


る 


阿ね 


す 








ら ら 


ほ 




せ 


へ 


否 も 


堪 5 




m 




の 




哀 1 


れ ぬ 


ん 


咽む 


、 


撒 ま 


を 


な 


ら 


\> 


の 


の 


し 




れ 


て が 


の 


せ 


m 


さ 


拔ね 


家 も 

― つ 


す 


同? 


氣き 





み 




t 


おは !&ろ 




た 


水き 


散ち 


け 


、 


B き e 


の 




で 




も 


れ し 


の 《 


檨? 


に 


ら 


出 だ 


時? 


阿ね 


下 


付つ 




ム? 




は 


に い 


綱 2 


だ 


伊 


し 


さ 


% 


靜ん 


へ 


力、 








す 











て 


せ 


居る 


は 




ぬ 




升? 




、 

口 た 


直 何ろ 


艇 


跡き 


て 


、 


中 ま 


る 


獨? 


ム 


間 ま 
、 




、 




に 方ち 


ひ 


で 


の 


ffii も 


の 




h 


げ 




か 




ふ、 


得? か 


木き 


喜き 


取 ど 




按ぇ 


の 


で 


た 


木き 




つ 




n 


意'" t 




藤? 


り 


£^:| 


摩 ま 


力 > 


や 


ふ 


m 




し 




X 


さ 言い 


の 


付づ 


見み 


m 


と 




れ 


は 




て 




れ 


爲を へ 


家ミ 家け 


す 


即? 
ま 
紙し 


荷に" 


さ 


て 


ふ 




5^ か 

太, C 




ば 


る ば 




に 


け 


る 


で 




< 









乘の 


\5 か 


到 ^ 


古い 





阿た 


し 







t 




郞き 




る 


mt 方? 


h 


は 




世せ 


、 


ら 


さ 


< 


阿ね 




さ 




さ 


も だ m 


着つ 


れ 


告タ 
別き 


穗ほ 


烟 g 


へ 


、 




世せ 




ん 




知し 


や 負き 




る 


に 


草 こ 




う 


笑な 


穂 ほ 




が 







力 > ^ 


て 


種 g 


の ひ 


く 


入 




ぢ 








せわ 
るか 




て 


て * 向お 




t 


挨ま 

拶 5 





の 


々、、に 




を 


百め 








只 § 


乾?; ふ 


餘ょ 


o 


< 


古意 


k 


ぢ 


呑の 






に 




な 


く は 


憤え 


< 






緖ぉ 




す 


み 


目め 




似? 




ら 




の 




ほ 


笑? 


ベ 


k 


る 


こ 






合 




ば 


、な ち 


晴は 


て 


ん 


は 






兼き 


む 


た 




は 




開き 


猛? 合 あ 


れ 




の 


れ 




\> 


太た 


樣? 


ま 




卞 




& 


惡 f は 


ぬ 


立た 


是 n 


て 


至 L 


縛 L 


郞 f 


子 も 






御ね 




捨を 


な せ 


語 こ' 


o 


只き 


益? 

m 
怒き 


何 t 


らば 


k 





力、 




大ど 




て 


目め が 


氣き 


鳥 5 


酽 


n 


卞 


m 




ね 




人 を 




It 


力、 有 5 


も 


m み 


式き 


力 > 


に 


< 




て 




し 






ら る 


銳 J 事き 


る 


得 わ 


手て 


は 




窓き 




< 




な 


晃 み ゆ 




に 


片 2 




知 L 




触サ 




の 









ら 


て ゑ 




跡き 


白き 


れ 


庫き 






障 も 








ぬ 


ひ 怒 t 


期 か 


k 


h 


烟 2 


ぬ 


を 


が 




子き 




御お 




ば 


し b 




% 


の 


を a 


包 3 


小 こ 






を 




利。 




お、 


ダ) % 


期 か 


mi 


姿 1 




脇 S 






阿 r; 








b 


內 r て せ 




す 


はた 


窓 3 


、み 


に 


飛 ど 




世 ほ 




で 




の 


心え す 






何 さ 


の 




か 


ば 




穂 




ゐ 




白き 


%% 、 




さ 5 




明 i 


た 


力 > 


し 




が 




ら 






ふ Z 


の 


k 




地ち 


る、 


へ 


て 




ば 









し 


斗 ま ち 






ら 


力、 


た 








た 




し 






b ら 



みみす ばれ 



四 八 



ひ^ら; so 

あん. & わい き むらて い > 

する^ 案外 务木衬 の體! 

い <5 ちか れいたん これこれ わけ を ❖ さ B を i-L つの か、 ど 

今まで さは 打って 變 はった 冷淡、 是是 S 譯 おく はしく、 慰められ たさに 咄 しても 牛の 角に 蚊が 止まつ 

く*^-ゐ かん さ う 々も ゐ 5 

た 位に しか 感 せす、 へえ 左様です か 位で S ける ばか 40 

へん § つ お ほつ か& め や 5 も み をん へんみ, > 

IT た.^ さ氣が 付い て蠻束 無い 目で 樣子を 見る ウれて 何 さなく 變 はも 見える 力 約束の さほ 6 ちゃん さ 

あて ぶち こころ き み むろん はんせん はな 

宛が ひ 扶持 をし て くれる かさ 試 みに M S て 見る さ、 「をれ は 無論」 さ をれ, たけ は 判然た し か に 答 へ 

た 

へん を われ わがめ ふ め S わら そのよ あん しん 503 をのつ 53 ひ ^ e 

では 變 でも 無かった のか^ 吾^ 吾 目の 不明 を 笑って、 其夜ハ 安心して を 乙 泊ゥ、 其 次の 日 も 無事で 

も だいみ つか め を 50 ころ &| むら あさで かへ き かし. &へ あ やく をく き 

過ぐ し、 やがて 第三 日 目さ爲 つた 處で 木: 朝 出て 歸ゥ て來 て、 いい 貸家が 有る から 約束して 來た、 を 

お い くわき ふ めいれい 

Z へ 御出で 46> さ い £ ^急の 命令。 

い み やや I つば 5 い へ で ふ で ふ おひ も あ り てのひら はは もの をつ ぎく, や 

行って 見る さ 稍 失望.. 家 さいふ は 1 1 疊に 六疊の 小さな 住ま; S 、蟻の 手掌 ほ^の 庭に 物 あはれ な 夏 翁が 瘦 

せ rJ けて 生へ て 居た。 

せまい き むら ,*こ めいか お ふた & げちよ お 

ち^ 狄 いさ 云; S かける^、 木 衬 は 些し目 を 怒らせ、 「だってた ゥた御 二人で しゃう。 下女 を 置いた 

どころ にん ひどく ち S け 

處が 三人ぐ-らし」 ど 一 口に 言 ひ 消した 

が 3 ん て あて やく をく き つぎ たびたび さ 5. をく 

我慢して 入る で をの 月の 手當は 約束 さは. に來 たもの の、 次の月からはばゥた.<.^さまるで 度度 ffi 促し 

みみす ばれ 四 九 



みみす ばれ 五 Q 

きざ がね < ね- -づ かねた ら. か <• た S き むら い へ ね 

たも 乙 K> で やう やう 刻み 金で 二三 圓。 食 ひかせぎ してやらう^ 呵靜ゃ 兼 太郞が 交代して 木 村の 家へ 押し 

> JS: ん たどき はらへ き むら S つか. r き ゥ かほし かば 

かける^、 午砲の 音 は 聞 乙 えても、 腹 は减ら ぬか、 本衬は 一 向氣の 付かぬ 顔、 知らぬ顔。 

つぎ つき その づゥ きざ がね fe f> ま た しづ ね ほ^た はん 41 や, T らん い 

次の 月 あた ふから は 其 二三 圓 宛の 刻み 金 さへ ふつつ. cs^ 絕 へて 仕舞 ふ. - 阿靜は 大方 半 狂亂。 かさ 言つ 

e ぶん は. *- f-isL よ を あ ビ ころ あらだ ば あ を おも あし ちか < ^ 1 は 

て 自分の 方 證書は 無し、 よし 有った 處が 荒立てる 塲 合; S で 無い さ 思えば、 足 を 近く 口説き 寄って、 果 

て は 怒鳴 6 つけられた。 

しやく こどめ はい き ど 5 せっか 5 C た ほい こ 5 げん き むら S3 これ か 5 さ S み 

瘤に さはる 事 も 目に 入る ! 喜 藤^ は 絶交し ます S 1 時 は大に 公言した 木 衬 が 今 も 之 さ 交際す る さ 見 

た しづ み あ っ.^:?50き e や,, -ょ S や だ. & ひ ょ&げ た を をき むら 5 お くつ をろ 

えて、 阿 靜には 見 覺ぇの 有る 常時の 常用 燒き臺 の 日和下駄が 折. 折. 木衬の 家の 靴ぬ ぎに ちゃん さ 揃へ 

てあった 

はふ ど *-o!s きん さいもく S き むら る も つか な しづみ つ 

今日 も 滯 .0 金の 催促に 行った さ 乙ろ で、 木: e が 留守お つか はう さし、 使; 5 も 乙な つて 阿靜に 見付か 

な しづ お ほき き あら だんばん き むら もつ ほか てい こど い 

i 阿靜も 大に氣 を わるく し、 やや 荒く 談判す る さ、 木衬は 以ての外 も S ふ體 で、 にくらしい 事 を 言つ 

おもむ きたく た をみ だ ね L づ ゐ 

た 趣きで す.^ す;^ «歸 宅して 溜め 涙 を阿靜 はみ なぎら せて 居た 

はか5^4か さう だん の かねた ら 5 &, は ほ はらた 5© こどば かひ こビば いか 

けれ^ 渉 渉し く 相談に 乘る やうな 兼太郞 でも 無し、 つ; 3 をれ 母 ^腹が立つ で 賣 言葉に 買 言葉で 怒り を 

ゥ や かべ ひどへ ど を a らんぶ お さわ はじ おやこ K あ 

移す 八つ あた. 00 璧 j 重の 隣の 棚から 洋燈が 落ちる < ^たばた 騷ぎも 始まって、 親子 恥お おさらし 合 ふ 

ね はせ はば 

大 世話 場。 

L くるね „ ーづ ちゆ 《 さい 》> つ か だ かね t~ ら 5 £ また ふ 

死んで しま ふ eft ふ 阿靜も 仲裁に なだめられて 靜 まれば、 驅け 出し かけた 兼 太 郎も同 卜く 亦蹈み 




I^A^ い t や こ よく じつ を か efi ん c ゆん き むら き ^.-f ひや f > 

まる. - でも 扨 何 S 言っても 母子、 翌日^ なれば 交情 も. ほって、 諄 諄 もして 木衬ゃ 喜 藤の 評 も はじまる.^ 

^ ビんか 5 fj> だん ね や こ げんく わ を -cw の. J よもめ あはき は > て, 

さ、 言って 颧 行の 手段 も 無し、 S たづら に 母子 喧嘩の 名 殘を殘 して、 餘所 目に も 哀れ 極まる の は や 手 

*t 一, '[ _ン 

足の みみす ばれ! - (をお 0) 




I — み ちん を. J や 5 こどば 

ぬぐ も. さか I ふ 空、 花香る さか 言 ふ 風。 高殿から 見. Q たせば、 ま 乙^ 慈鎭の 和尙の 言葉 も かも; S 

ビ ふゆつ きを 》> うせん ら かげ かげ 5 つよ , み 1 k * あ >m の 

出される。 更け 行く 月 を 惜しんで、 鞦韆 は 無く も、 影の ままに 影 を 移す 夜お わ はれ^ 見た の も 曙 

f ゥ b も は ゐ いちび はる せい い 5 び い 5 び はる せい 

の 乙の 美く しさ を 忘れ 果てて 居た からで あらう。 優美! 春の 精が 優美 か * 優美が 春の 精 か? む 

け! 5- むくろ 9 め か も かき もも こころ あら 一 1 * き の J 、 

しろ われわれの 汚れた 髏も 11 梅の 香に 染まる 墻の桃 11 心から 洗 はれて、 むしろ われわれ か 昨日まで 

<;-t づ VJt ハだ ^ <.ら いま あど ひそ .J せんぴ ぶんかい め t 

i にに 犬に 抱いた わ^け 無い 怨み も、 ひし >C 今 は 跡,^ 潜めて、 乙の 4?n 然の美 を 分解す る 目お、 それでも 

あな 5 I にく こ、 ろ てんき I 

與 へられた、 をの 嬉し さ 11 肉 はた を やかな 風に や はら か、 ^して 心^ うらら かな 夭氣 におた や 力 

ナ ," み ら も. f- き は. * ふで i さい ひど retf はも ^ X - 、 よ, 

「今 tn 見す ば 明日 は ど …… 」、 花 をお まんで 筆に 寄す る才は ひかし の 人に 及ばす さも 花 を 惜しんで 夜 

i .?c し ュな こ、 ろ づ あ 3 け きょ い ess ぶん ひど ちゃ 5 つ *- 

,半の a を 妬 ひ 情 は.^ うして W らう。 朝 開 i ただ 淸 いさ 言って 充分 か。 人の 孃が 摘んだ ばかう で 持 c\ 



をら はふ. い かせ たか ビの 



曙の 春 (玉 二 ! 

き, & ど あ こ! H«JS- 5 れみ の Sj ぎん § ふ り せ-., 

て 來た菜 取.? H げ てみ づ から 駒鳥に やる その 嬉し さ。 身-^ る; S をして、 gi 喉 —— 銀の 鈴 を 振る 咽喉 

あ. & くち いっぱい ひら こ t&fr! たた #*- がた あい でき て 

を ふくらし, 愛らし い 口 を 一 杯に 開 い て 、 此方 を稱 へ る やうな 姿の 愛らし さ。 出来る 乙^なら 手 

かしら つばさ を 

を さしいれて をの 頭 や をの 羽翼.^ 撫でても や ゥ たいば か. 00 • 

ひヒ こ- J ろ あさお て を を まこ y> ゐ い け .^MJ' 

人 も. S な 卜 心 か、 朝起きた まま 手 馴らしの 須磨琴 を さらさら ささせて 居る。 庭づた ひに 池の 水 す 

< ひび か& 5 まつ <- ら あや ほる さめ あが 

べつて 來る をの 響 さ、 風 を 受けぬ はさ どかし 怨み もしゃう。 綾 をかん だ 寒 雨が まだ ゎづ かに 上った 

, みづぎ e わかくさ み たけ をで しらたま a ぬ B ね 乙 

ばか. の^ rJN:、 水際の 若草 は いづれ も 身の 長 を くらべて、 袖に 白玉 を つづって 居る。 濡れ 果てて 猫 

> あ Lf> ;- はる は を つち 1 はやね もも 4 &み 5 6 きし 

の足痕 にも 1 1 ああ 春 11 花 を^ める 土の 間で 早 落ちた 桃が 波の まに まに か だ やかに 浮いて 居る 岸の 

f し みづ 3 5 を かた はやい つか むいか は ほどね き 

石の 水。 魚の 肩の あたたかになる の も 早 五日 六日 力 晴れたら ば 鱗の 音. しゃ ラ、 をれ を M くの も 

たの 

また 樂 しみ 

ゆ 《• ベ あつぎ も ここお はだ み さ こ あおら づ , 

^夜までの 厚着が に はかに 薄くな つた 心地の よさ。 肌の 味 も わが 身づ から 何處 さなく 滅 S てな めら 

> ) ゆ ふべ ふ しさ い ぬ はだぎ 3 ま- 9 で け さ ひ £ わた 

かです。 ^夜 臥床に 入る さき 胶 V た 肌着、 をれ ももの 儘 腕に さほら 卞、 今朝 は j つ 綿 いれの しせけ f 

3 ひど あ しづか われ ほか はる あ ひて & どき ,5, か を か こ、 ろ 

さ。 人に は會 はれぬ 姿、 *^かし閑に我の外には春ょ6ほかの相手の無ぃ特には中中の心たのしさ0 

>5| I K を e ふぶん ぺっ かも ど た ね 3> か ね ほ 5 ち f めい t こ t レり 

香水の か をゥは 花です でに 十分. - 別に 香 を 求めて は 焚く 媸香 大內さ 打った 銘 —— ならば 此處 は吉! 《 

V, A\w 'みや > so を f ねん まさつら たも かげ ?んで ぃぬりは ね あ ふぎ く e.a 

の 行宫か 美く しい 隣. の 少年が 11 をれ も 正 行の 面影 11 金泥 翁 骨の 扇 を か^し Ji^ 來 るの もお しく 

見える。 . 



P ひ: V , み てん も さらみ だつ みはるみ またみ はる ひど せん 3 ん S- 

人 を はなれて 身 を 夭 地^し、 更に 身 を 股して 身 を 春 ど 見ても、 亦 身 を 春の 人 さしても あじ « いは 千 萬 一 

む 3 'や./' はる ばんぶつ はは C せん ひめ ふゆ 5 か や a あいき や- 5 いけ ^ 

無量。 わ あ 春! 萬 物の 母、 慈善の 姬、 む たらし S 冬の 怒 6 を 和らげて、 あ^けなく、 爱敬づ S て 池 ^ 

! どら ど むひ こ ほ w £ ちから きょ る S- そら ゐ むら 5 き くも くも c を I. 

ど 共に 閉ぢた 胸の 氷 も. 解く 力の あ. 0が たさ。 淸らか 瑠璃の S にたな びいて 居る 紫の 雲、 をの 雲に 簿 I 

ベに はだ こし か げかい & がしめ み さ ざ 5 てんにょ おも V 

紅の 肌の まま や はら かい 腰 を 掛けて、 わらって 下界 を 流 目に 見る 想像の 夭 女で ^でも 思ったら は. r めて 

K る もがた ゑ どく はるみ つき ひ か をく e ふ はち あ wtt り はるよ K はる ひる はる i 

春の 姿が 會 得され やう か。 春 三月、 日數 九十 日、 曙の 春、 夜半の 春、 4- よび また 晝の 春。 しかし、 

5 つ. く はる ほまれ やさ あけ ゆの はる によ わ 5 m 

美く しさ は 暮れの 春に 名譽を さ.^ めて、 て婉 しさ は 曙の 春が 女王です。 いたまし さ 、おだやか さ、 

I きょ み を つ R> ど ゑら きょ あ 

うらら かさ、 淸さ、 いづれ も 皆 美く しさの 本. - しかし、 rjv- さらに 撰めば、 淸 さに まさる ものが 有らう 

か。 

J{5 ん どく, あ をん れい あ 5 ク てんお みね でき 

我れ に 何の 德が 有って、 われに 何の 靈が 有って、 乙の 美く しい 夭 地に 身 を 置く 乙 さが 出來 るの かさ、 

あは てんの ケ てんむ たん ふ おみ ちむ しん よこ しんら ばん. Jbif ど L んら ばん 》J&i*' む 

仰いで 天 を 望めば 犬 は 無心、 俯して 地 を 見れば 地 は 無心、 橫 さまに 森羅萬 象に 問へば 森 雜萬象 も 無心! 

ff * & 5 f 5 つせ み みつゆき われ た $ 

茫漠 さして 限の 無 S 宇宙に いっか S 蟬の * は 露 さ 消える 乙の 我の はかな さ、 をの はかな. S ものに 賜 

てん び た ふ ど だ め. v み い た かんしゃ こどば たも ひき か 

はる 夭 の 「美」、 乙れ を 尊い 道理の 惠^ 言っても、 ナス かし 足らぬ の は 感謝の 言葉" 趣を更 へて やがて 

$ あき ふゆ < さら おも ^ん げん 5 f .i- ゐ み Si ん ザん 

は 夏 も、 秋 も、 冬も來 る^ は 11 まる さ、 更に 思 ひかへ せば、 ああ、 人間! 宇宙の 粹を 見る ための 人間! 

曙の 春 ま 一一 



藝 

月; 

^ メヒ 



月 花晃立 て 



五 四 



あ 5- あけ つき っゐ かんばい 

1 有 明の 月で 0a 寒梅。 

i か. J さど ゆき むか きょ か 

「何 をし のぶ さ^けれ <^ も」 さ啷 ち、 また 「よしのの 里の 雪」 ^たさへ た をの 昔し もす ベて 淸ぃ 中に 

さ ヒ ころ 9 こ、 ろ な こふせ い あほ み 

冴えた 處を 持つ 心で あらう。 かの づ から 立ち 超えた 風情 はた ふさい ものの、 しかし 哀れ を ひかへ る 身 

染みさ ほる 味 は い づれ 劣らぬ ながめです 

ゆ ふづき つる びゃくれん 

をの 二 夕月. - 對は 白遘。 

けだかけ さみ ふせ S ひるま ほこり をよ かせ お W 5 

氣高 S 氣は ひ、 しかし 淋し S 風情。 晝の 間の 埃、 嫩 風の 塵、 受けても 受けぬ さまの しほら しさ。 

も V から も » みなく どころ ひ, y こ £ ひ ひれ てい 

茂林 はかへ る 鴉 を 惜し さう に 見送る 處、 やや 潜む 小 鯉の 鼯に わす かふる へる 體 いづれ も 無常、 はかな さ、 

ふく S つづ & 

しづけ さ を 合んだ 1 對。 . 

づき つる や *23 tt を 

をの 三 かたわれ 月. - 對は 柳の 花 、 

まん, y ん >x> た ひわた w や £-< わの ゆき ていて. f こ ゑ はさむ し 》*s を, T- のかせ さむげ や をぎ は 1^ ほ だ 

「滿 衬疑得 楊: 花 雪. - 啼鳥聲 寒昧爽 風」。 寒氣 なのが 柳の 花の か 牛-ひき か、 ま 乙 さ 肌に くるし 

もがた たのれ た あ 5 つ かがみ ねよ 

S 姿。 しかし、 &く、 かの づ から 自分 だけに 足うた さ 乙 が 有る 體、 美く しさ は 鏡に 及ばぬな 

jSs ほよ こ々 し - ぎんでい をし お VJ を ほほく きん ひか こ 

がら 猶橫 櫛の 銀泥 を あら はし、 あでやか さは 梨に 劣 4 ながら 猶 白金の 光. を 凝らして 居る 

らくげ つ つ _0 しらぎく 

をの 四 落 月." 對は 白菊。 

や ど ゆしび き お &6 HC ひか ©- さら よみが へ Li 

山 を ふく ひさ ま B: 燈の 消え かかった のさ 同 卜く を さま. 一 初めた 光が 更にし ばらく 蘇る かの やう。 霜 



のこ た た たきもの わ を L せん sv-** ち ひ ゐ 

k 殘る姿 は斷ぇ かかった 焚 物 さ 同 卜く、 自然の かをりが かすかに 糸 筋 を 引 S て 居る。 あはれ より は ひ 

た ゆ ふせ. S め どこ やみ ひか やま は ね も ムゅ ほ 

し 橈まぬ、 かさ へぬ 風情が 目に ゥ くば かり. - 常闇 も扣 へて まだ 山の端 を 襲 はす、 冬 もた めら CN て 酒 

,c の 5 ち を か はい 

園の 中 侵して は 入ら 卞。 

こ.. 3 Lf き 

5 め み かへ .4 さ 5 あんか 5 ものた も たね & きゃら きみ 5らね^^み か 5 も W 

梅 > ^見ての 歸 みち、 浮動す る 暗香の か は 6 に 物 思: S の 種 は爲る 伽羅の かをり わ ああ 君が 裏 鼠の 蝙蝠 

て ひひ ビめ は こ^-げ いこ ふせ. & ひどみ こ み 

照 4 あへ ぬ 日.^ 人の 目 もろ 亡 もに 逃げて 樹陰に 休 はれた 風情 を、 人 は 見す さも 戀; 3 にや つれ はてた 身 

め ど& ゐ .&»• め きみ あし た くれげ てい 

の 目に止まら 卞に居 やう かで 今の わが 目に もさし ぬけた 君の 領關が 後 毛 を ほ つかせた 體がぁ 4 あ ク^ 

み きみ さ こ 5 しゃ 4 かげ はくしゃ £ 'び はる つ ほみ ゆめ いま て. &み きみ このな 

見える もの を。 わお 君、 かへ 4 去った 紅 墻の裔 、白 薔薇が 春に 蕾の 夢 を も 今やぶ る體 見れば 君の 此 後の 

せかい な きみ ゆ ひど つき かつら を *=i いび おぎ いろ さ つま if 

世界 も 推し はかられて。 あわ 君の 行く 人 は 月の 桂男、 齊 眉の 契, 色 は 褪めす、 夫に 塗られた もの ら 

はくぎ よく ち ぶ さ L たかげ の. J ゐもリ ち. S ろ ち ゆく ろ つま を きみ 

ば 白玉の 乳房の 下 蔭に 殘る 守宮の 血色 もむ し ^黑 子^ » つて 失の 名 を あら はせ! をれ ままでの 君 

こののお てん てん び か 5 ふく きみ ひど 3- およ ば5< わん み 《■ ら 

の此 後、 わ あ 夭、 夭の 美の 幸覼 はたお 君 一 人に € ^まって、 及び もっかぬ 傍觀の 身が さても 恨めし so 

はるさん 々わ つも も わ 5 わ 5 こ どつ わ 5» せんか むか t つ こど せかい だんし ちょし きみ 

まこ^ 舂 三月 桃の 夭 夭、 乙の 子 乙 乙に 歸 いで 王 母が 仙 家の 昔 を繼ぐ 事. - ああ 世界の 男子、 また 女子、 君 

は を どの か 5 しゃ わ めいよ み ほん <^ ころ ど 5 お 5 つき び は K-b び だんちよ む げん 5 ら 

が 花の 殿の 校合 k 得た 名譽の 見本お 試みに 問へば if ただ 月 も 美、 また 花 も 美、 男女 乙 乙 k 無限の 怨み 

い だ はる ** ものね 《w たね 

を懷 けば 春 £ い ふ 名 も ああ ああ 物 思 ひの 種 



K の 初め 入ん、 懐 ひお 乙して 五六 

もつ Be . ひど たも 

⑩夏 ^一校め 入な 懷ひ おこして 

はだ. J こち みみみ. &せ S ほ £ ビ?? * あい はる SJ こ あ 5J ひも ただ 上る かも 

やや 肌 心地の S い 南風。 待 ゥ ばか クの 杜鵰、 愛らしい 春 tt 何 處に痕 お 澄めた か、 今 只 夜 は 薰らぬ 

つき しろ た 3 だれ み" 」《- S ろ: S いけ * さ を どき ね あめ ほら もら こねせ W め 

月の み 掛けて、 白の 玉 簾に 綠を 彩る さは やか さ。 池の 幼い もの キ、 時 を 得て 雨 孕 ひ 空に 雀躍 すれば 芽 

ばへ 5 きく 3 あ t 5 み J* づき からむし ゆめ ひ X む も T る ほ をよ かせ つち 

生の 浮 草 も ほのかに 足 を 浮かせる。 無水 月の 乾 蒸 はま だへ だてる 夢 一 結び。 濕ふ嫌 風に うる ほふ 土の 

S みち もち ぎん のこ かたつむ W おから たも こけ ぎんし ね ひど LS 

間 わが 道筋に 銀を殘 す、 を £ なし S 蜩 牛の かよわ い 力 を 助ければ 蓊も 銀糸 も 縫 取 6 した 據 <S.J なつ て 、 

ち. L やせ か をつ はじ はる むき は ちが ふせい 

徵 6 布いた 花に はかない 宿 を 貸せる。 ああ 夏の 一 初め? 審さ はまた 趣 を 似せさせて 逢へ. K 風情、 ゥ 

くち. &っ いつ ひど ど. むか ども を わか もみち おもかげ 

たない 口に は 言; S 盡 くされす、 言ひ盡 くすべき 人 tt^ 問へば、 昔し 共に 祈った 若楓 ばか- ^が をの 俤 さし 

ほのか かせ ささや ゐ 

て 1^ に a に 囁いて 居る。 

よ 3 y~ 6 はか 

• 賴, ^墓 、 

む を よつ を あば 5 けぶ © ゆ, 

「ますら ♦SH}-; しかるべ きょる づ代 にかた <rv 繼 ぐべき 名 はたた すして o」 さても 阿房の 煙が 雄圖 

^ ^ K か うこん つるぎ かげ ビ 

の 名 殘ゥ、 果て は 香 魂お cl の 影に 飛ばせる ばか ゥか? . 

い ま きみ ほ. J づく上 か 3 くら やま くさ めん きみ 5 ろ お s: x< かせ 1* い 

今 たづね て來て 見れば、 星月夜 鎌 倉 山 はは 草 一 面、 君が 雨露の 恩に 浴して なびかぬ 風 は 無い 窆云ゥ た、 

むかし あど しゅ やしろ けん めん くわいら. 5 6 i<b ら さ ぶら ひ へいき £ 'も ひゃく ば y 

昔の 跡 はも も を も いづ 乙? 来ぬ<=^の社、 四十 間 四面の 廻廊、 むかし 居並んだ 侍^も の 貔魏數 百、 萬 

^ $i つかん が ろれ S しれが の S fj や f か くらつ ほ たた ふし だ て つづみ つる •《 か S ち *• ん しゃどう 上しの やま 

馬吶 喊の號 令に 皺 嗄れた 咽喉の 唱歌に 鞍 许を叩 S て 節 くれ 立った 手の 皲、 鶴が 岡 八幡の 社頭に 吉野 山の 

のこ さくら を きょ しづか &せん かんゆ 5 た 5 てい かげ は ねだ, けん 

殘 んの樱 へし 打 ゥて來 て S は靜 御前 さは さても 奸雄! も さは 唐棣の 蔭に 生へ た 枝、 をれ ながら 櫂 



a あらし ふ しか よ B げ ふ vi^ ん た をケこ a ぎ つ ひ vif- や 5 わざ わ ひ ね も しゃ 

威の 嵐に 吹きた しなめ て 而も 六十 餘州^ 覊業 をた だ 三寸の 掌 k 握. りつめ、 終に 蕭牆の 禍を思 はす. - 社 

f ぃ~ だん いま ち は を ゑ つゆ あら ほふし ひ 4> いて ふ き かげ せん flo む ねん 

頭の 石段 は 今 も 血に まが ふ 葉末の 露 をした たらして、 荒法師の 潜んだ 銀杏の 樹が 影く らく 千秋の 無 やん 

こゐ くげ 5 ね な やいば めくぎ か さんせ わい 々わ ねた > ..^ゃ 

を 籠め て 居る やうな ああ 乙 乙で 公 曉が嫉 みの 目釘お 噴んで 三世の 榮 華の 根 を 絶った か? 社 

f かが s- び K を お ゥ 5 を &ゑ わ いみん みみ い ひゃくねん こんげつ 乙ん お 

頭の 娘 火花 を 散らし て 突き ゑぐ ク た 聲は 永眠 の 耳に 入らなかった もの か? 七 百年の 今月 今日、 

を よ を ゆ むかし もの こ を ゑ はら まソ 1& せ ゆ ひ はまべ f 4& みお ど 

はか 無い # の は 世の 成-^ 行き、 昔ながら の 物 さて は 棺を拂 ふ 松の 風 さ 由 比が 濱邊に 打つ 浪の 音ば か. 

ちゃ 5 f £ て A あど まめ -5 はた も K つち 5 ち かつ お ほ あた 3 あし ふ 

八 町 四方の 御殿の 跡 は 足 を植 ゑた 畑さ爲 4 果てて、 ああ rJ の 土の 中の^れ かが 曾て 大 頭の 足に も 觸れた 

L t ゆ はか ど 《. "きょ やま の i S S> んを& こけ やま つきつね 

か 知ら 卞、 其 墓 は^ 問へば そ も, V も 浮世" 山 ふさ rJK^ に殘る 五輪が 名 殘ゥ、 苔 さびて 山の 露 常にうる 

した c らい ねんかん は. 《げ ふ うづ ま a こど たも S ゆめ & こち はか あた 《- あ * 

ほふ、 を も を もこの 下に 爾來七 百年 間の 霸 業が 埋ゥ て 居る 事か^ 思 ふさ 言 ふの も 夢心地。 墓の 邊の靑 

き 5 ろ みさ 3- つばき は を はる まき お ほき かげ まっくろ き 53 を K しゅ £ & 

木の 色 は綠、 椿の 花の 春 はくれ なね、 ffi の 大木の 陰 は 黑、 もれら 木木 は S つまで か 何 を 守護す る氣 

力? 

いのち もろ 

さらで だに 命 は 脆き もの 

をの 時め きし かげ も 無き 

M 乙 を ひ^し ほ つれな けれ 

いはを. *i- 裂きし のの ふ 

rJ ぷし も S ま は. S はの 



さ 間- 



の 

かげ、 



ふみに ぢ. たる あ をく さ も 

いま a かしら のうへ k 生 ふ 《 

をみ 50 

浪 の 昔 ばか ゥ むかし にて。 . 



つき 



月 は 今日 まで ま^か な 6* 



一 



⑩ 震^ 竹 (利久 S 太閣) 

. 第 一 

きつく わ S きつく わい だいたん ふ てき おはわ わが 3<» ざん まい てんか ひの もど 

「か のれ、 やれ、 奇怪、 奇怪! いや ぢゃ さは 大膽 不敵、 寵 遇に ほこる 我儘 三味! 夭 下 B 本の 

でんか む おの ら やしつ は. L-fi- か で ふ こ ざ しき を か むらさき あつ 

殿下の 旨に さからった ク」 は 己れ、 やれ!」 茶室 を ひかへ た 端近の 十二 疊 ばか. の 小 座敷の 中、 紫の 厚 

しどね かたひざお め みは ほ こ ゑ さけ ざいが 5 いま い つてん L をん さん *V ん た を ケこ 5 ち 

裀に 片膝 立てながら 目お 賻ゥ、 える やうな 聲で 叫んだ 在鄕 さむら ひ、 今 は 一 夭.^ 四寸か 三寸の 掌の 中 

お 5a $ 5 み い き ほ お たれ めんせん た a の を われ tj L ん ゆる 

に握ゥ つめて、 山も碎 き、 海 も ふさぐ、 勢 ひに 於 S て は 誰^て 面前 は 立つ 者の 無い^ 吾 も 自身 i£ 許して 

ゐ もど ど S きち. * だ を よ さる めんく わん C や いま たてまつ たいか ふでん か L かい. や はつ < わ 5 でんか を まへ かんぶく 

居る 元の 藤吉 渾名に 呼ばれた 猿 面 冠者、 今 あがめ 奉られる 太閣 殿下。 四海 八荒 殿下の 名前に 感服され 

せいさ クょ だつ い つ さ S じ ゆう ね も もの f て ? を お tj や 5 ね てん S- C f 

て 生殺與 奪の 一 切 自由、 重 S 物お 宙で 手;^ しにして もれから 地上へ 落ちる、 もれら 天理の 自由に ならぬ 

い ま いままい $ をれ それ だ だ. S くわ 5&< ft& ひさ ただ な & も のまた ひさ 

のが 今 は 忌忌しい 杯^ 夫から 夫 ささが し 出しての 大廣 言。 驕る もの 久しから す、 但し 「驕ら ぬ 者亦久 

^!| こ ねハケ i ち.? け L つぶ jS> か び ぶん.. J たも さ、 i. が so しま 

しからす」 さ何處 まで も 捻くれて 宇宙お 芥子 粒の 中の 微分 子 ほ^ £も 思 はす、 をのく せ 流石 取, 締ぅ 

あ をのが い はし. まつな きょ 4-5*5 み はたら せ かい かたむ か を むか 

も 荷って、 其 我意 を 走. 過ぎて 全く 兇暴 を 見られる やうに は W かす、 世界 は 乙 乙で 傾いて 必らす 向 ふで 

へいきん 2 «J5 ねんかん けいけん はは f いつば 5 ひ きの した 

平均す る さの 道理 を S つか 五十 年間 經驗の # に敎 へられ、 一 方 ,ど いぢ-めて ぐっと 一 呼 咽喉 をつ かひ 下 か 

い つば 5 &> わ ど れ ,つら かれ 上ろ. J たくみ ぬ をべ ぬ せいふけ ふせ S S 

ら 一 方の 繩,^ ば 解き、 是に怨 まれて 彼に 喜ばせ、 巧に す ゥ拔け ヒゥ拔 けて 正お 負で 消し、 ft を 正で 拭 ひ、 

ここのへ ん ゑん どころ しゃし 上く かんばん これ &ざ ただ あが みつだけ よ fis あし の 

かしこくも 九重の 深遠な 處をば 社稷の 看板 是で厶 いさ 唯 崇めて 見せ付ける 丈に して、 六十 餘州足 を 伸べ 



どせ くま 》1 んけ S らん e や か を か まくら び じん ひざが..; ら をん もの ふ e «5 «!> の 

て も 屈かぬ 隈なく、 深 S の 蘭 若の 香の 中、 枕に する 美人の 膝頭^ 何の 物、 富 士の山 ぐら ゐな物 だ 

み .1ゃ< ただ の 14- んまん は 5S- いってき あぶら みづ ね をん げんし はう , 

らうよ! 身 は 五 尺 但し 伸ばせば 何 萬 方里.." 一滴の 油 を 水に 落 亡して 何 間 四方に ひ K- か..^ わたる、 を 

み ひで よ. J さ,.' ざ. J. や < ほ かせ ふか いも まつ しんめ < f L 

れ 見たら ば 秀吉を も 想像し vco 八重 潮の 風 吹れ て 磁极の 新芽 かもし 曲ぬ る ものなら ば、 思; 5 知れ、 

ひで よし いっか あ たんざん :i- f や ほ このみ ぶん み ぶん もった. &を 

秀吉の 一 呵に 遇ゥて 泰山 も 土砂になる ど さ o、 をれ、 をれ 程の 此 身分." 身分 さいふ も勿體 無い、 ^.*れ、 

これ は SHJ たいか ふで. < か な まい ケ くぶつ & きう だいげん で ね 

是 程の 大閤 殿下に わへ て さから ふ^い ふ 愚昧な 俗物、 利 久の大 言^ 乙から 出た 音 か? 

& 51 たう S ん の はな 4J,?S き や *> てんか ねさ ゆみ ふくろ たお さや. はる こどし た 

名ば か. ながら 牛を祧 林の 野に:^ っ狀 s^、 天下 やう やう 治まって 弓ば 袋に 太刀 は 鞘、 春 は 今年 も 立ち 

へ け f らく は,^> い ろ ひ VJ& とろ 5 * た とま か& みやこ さ Aj さくらが 

返って、 京洛の 花の 色に 人心 も かの かの 浮き立ち、 駒 をうた せ、 駕を かかせて 都 は 何 處も櫻 狩。 

Kv^-t ん, ff め. StJj ひビ みやげ .S ちビ ふ .fws ゆび そ い ふ 5 & 5 

や 人間 何が 風流、 れも 冥途への 一 つの 土產、 一度 は 風流 J ^指お も 染めた さ 言へ るた め、 風流 さやらん 

み ど ど < わんば < y はかいう び /- ろお i4 めいく わ を か S けいひつ こわ 

やって 見やう^ 魚 ま 卜 .o の關 白の 俄 優美、 黑 谷の 名花の 中 を しづかに 打た せて、 警蹕の 聲をさ を さいか 

ゐ ふち $13 やち はんげん K*& < わん ちん めいほち こう. L お ろ かん は を み かた さき ど む, L る ひ 

めしく 威風 は 有情の 人間の 花、 觀覽の 明眸 齒 をも駭 かして、 むし 肝心の 花の 見方 は 先へ 飛ぶ 虫類の 

こて ふ *L や 5 れつ ゆ ど .4^ ゆう れいじん はる &ぃ ゆう むね 

蝴蝶に S へられる ばか の 行列、 やがて 行く 逾 中で いよ S よ 麗人 か .^K: かされて、 春 は 英雄の 胸に も 

もよ ほ みち K みち へ いふく さ. t が »^ ぶく かほ ぬ を が め 

催した? 路を 逃げ を 乙な; 3、 .;-をる.;^^をる路ばた..-1.午伏して、 流石^:^!^^を合んだ顏、 偷ひゃぅな秋波 

こちら み ゐ ひ >i リ び ^!ん ビも KJk ほ^ き もの この むらさきち ゆき 

で 此方お 見て 居た 一 人の 美人、 やつ やつし S 俘 を つれた ものの 心 はくい 程な 着物の 好み." 紫 地に 雪よ 6 

しろ くわて 5 ふ 5 げっ よじ 5- あ あ い むざん はもの を ひど き でんか 

白く 花鳥風月の 四 字お 拔き 上げた 梅 11 無殘ゃ;^物の無ぃ人^^^^し。 何もの S 聞かせれば 何の 殿下 

つな ね ほ わ C ん e や 5 さ だ ft. せん 3- き,.' ひつ & かつ もづゃ fl や 5 か どつ をつ ど はや わか 

が 常から 寵,! S 尋常で な S 茶道 千 利 久の實 の い ^し 子、 曾 て 百舌 屋さ S ふ 商家 へ 嫁いて、 夫 早く 死別れ、 



ぷぅ れい は パカひ つ ほみ 14 を を く $ け S tt み うへ こヒ &く よさ 2VJ 

また 姊 齢の 半 ii の荅の 花、 惜しくも今は^^^閨を守る身の上さの事0 妙 至極、 さても 淀に も おらぬ g^" 

リミ /ぺふ 、! i5、 alH » さい K み そばめ だ り き 5.1 よ 5 お e ふぶ せいこう 

差し 支へ 無くて 極めてよ し、 幸; S に 身の 側室に 出せ、 利久 承知して くれ^ 十分が 十分の 成功 を わら かじ 

め 漁 d て賴み 込んで、 やがて 使臣が もたらした 返 音、 閱けば案外^^敵な挨ぁ、 ? 一 ふ 14 の^は;^ つて 

k V » ど f- んさ, > w き 5 ふ ぎ £ぃ々ゎ わい よ 5 L 

% ひし 6 取って 眞を 探れば 「利 久、 不義の 榮華 榮曜は 死ぬ よ. もい やで かお やる」 ^い. 4^0 

斜 な,. MH 吊から 寵愛して S5 る が Irll さも m に Irt t たま 6 も!! くぎん 卩 の^" ず かへ して!^ 

吹く 風 ざ 間き 澄ました こざ、 實は琉 石の 大 g の 身に 取りても 15^ fi- が II ぎ に^て、 しばらく は^ がの 

恩盧 牛、 おかぬ くら ゐ Q 何故 だら うさ 考へ はじめた ものの、 例の くせ さて 碌 、や 金 がせす、 ^^の 

暮れ を 待ち かねて 1 人 同 t 座歟に ruv^vjvc して、 時時 は 心氣 活動す る^ 見え、 15k おに わる M おど 齡 ゥ つ 

める rjs さへ 有った 

人間^ 身に 取って 生れ 落ちてから 死,.^ 果てる 迄 慾^い ふ 物が を も そ もぎ M が ある ものの、 i しい m 挑 

) . ^1 そのよく こど ,c L まこ ど あ こ 5 めいめいよ h ケ R- ど 

名 譽のゃ I に は 時 ざして 其 慾の 敌 さらに 殺 がれて 仕舞 ふ 事 も有ゥ P 功名 名譽を 得たい 望む、 乙れ 素よ 

慾に 逢 ひ 無し、 が、 時 € して は 此念が 他の あ 6 來ゥの 看板 掛けて 所謂 慾^ 名 唱る其 慾を壓 g する こさの 

! は は e た ,(, かふ ひどり ひち でつ ばう V, ら はら た 

無く も 無し ; は 卜き 鼻 頭 を彈 かれて 大閬 もこの 一 人 さなった。 膽鐵砲 を 食 はされ て、 1 も 立ゥ、 

い.^ J い,^ A くしゃ、. n w き 5 たんし れ 5" か をつ ほ ど S .V, ォづま さ Si み さわ ビ 

忌忌しく も 有る 畜生 利 久め恩 知らす^ 倒の 金 眼に 時なら ぬ §9 妻 を きらめかして 切齒 をして 噪ぎ出 

✓ > -> > > 』 』* ^は いか りき 5 む もめ ふしぎ び e ん きひ こまち もの i«.ti< 

した をの 原因 はも もも も 何? 如何 さま 利 久の娘 a 不思 儀の 美人、 貴妃も 小町 も 物數^ せぬ. 容色で、 



をの 色に 大 間-が 迷; 5 出し 駄駄っ子の 飴 葉 子 ST じだんだ &み 1^ したに も 腐ず は S ひ || くも l-r.^ をュ 

で彈 かれて 怒ゥ 出した、 をの怒ゥ出したのはひしる聘|恩?^^の^ょ6は^卩げられたさ|?へば乙を0 

くち ね も はん &< う ゆん .*>-5 そ e& くて き もり ? £ビ '31 / 

れで 挫ける か^ 思 ふ 煩惱、 をの 煩悩に 煽動され てむ しる 其 目的 W した I を ぬよ 6 も ■f.^ おに^かって 

くやしが .0 出す のが 世の中。 千 丈の f ど 叩きく おく ii^ ぎ ¥ まつ て 11^^ の i,s、\ は 俯しず す、 ^ケ « 

の 虎狼の 中に 却って かよわい 人 は 立つ が をの 浏、 rJ れを鱗 直の 極.^ 言 はば 言 ふ もの、 い 一 つがの に f つて 

少なからぬ 不愉快 は 得て 多く もよ ほす もの 

いま- &S だ& 5- つてい ゐ ぶ いっしん せた つ た くわん ばく でんか き ど、,. fa! " 

今 海內を 1 定 して 威武お 一 身に 昔 貧て 立ち、 觀 白 £ やら、 殿下^ やら、 好 放題の 名目 を 振 S> ままして 

ケん ぶん しつ &ばぁ もん はんおん s- き 5i せ. & ひどく み 

存分に 爲盡 くして 居る 場合 ひ、 何の 凡人の 利久 風情、 もれに 一 S ぢめ食 はされ ただけ、 はかな S 身の も 

) ^ • ■ r はな, まが あん? ^4 い おも しん くわ こ 5 や 5 t JT く 

のに 遣られた だけ、 いさ さい^ 鼻ば しら も 曲る 鹽栴。 さ 思へば 心 火 も. I 几 動して、 € も すれ ば^の 六 

C5v*t5 の み 》 ?.. さう いっぺん < ろ ぬの を かし. L fl ^6 I? 2 、 ゝ 

十餘 州に 伸びる 身が 妄想 一片の 黑 布の 中に 絞め 絞めて 絞められた。 思へば 思へば 器量の わるさ ! ぎ 鼠 

あ ひて &け &け をば め だ ヒも き ,3!.e5 Z V. 

みものの、 相手 は、 後家、 後家で もい いから 側室に 出せ さ、 さてさて 思へば この 時から 威光 は 「ー< 刀 さは 

わけ せいこ 5 t こビ もの み £ビ >^> ど あ ひて かさ を ちく 

ゥくぢ けた 課。 で、 成功したなら 知らぬ 事. - 物の 美事に 拋げ 飛ばされて、 しかも 相手 は 風、 跺竹 にわ 

たけこ ゑ ど tJj いや かな はや も こ かせ こつ < *V むュん 

たって 竹聲を 留め 卞、 否ぢ やさ 堅く はねつけて、 早く 澄まして 何 處を風 骨 髓に食 ひ 入る 無< ふ 

けつ にく L ん々 わい こ 《 'め SS けね. S ft る さく.. 一 ふ びん rt. つべ t 

血肉 をみ. つかせる 心外 C わ はれ 功名 經營 に齷颧 さして 居る 策士の 不懲 さ。 これら 一 ,^^の式かな い 



雪 折 竹 六 二 

あるひ ゐ ぶ t や 3 おも はんだう いちねん 》 を はだ むね 5 ち も だ , 1 > ^^ty *5 - > 

事 も 威 は 威武の 邪魔 か.^ 思 はれ、 反 働の 一 念 は甚 しく 胸の 中に 燃え 出した。 「や はか 其 儘に さし 置か 

上て き つぶや この S つく だ S せ 5 せん 3 ん くつ 5 こ ちんし ぶ, ざん まろ ねん k C 

うか、 不敵 もの!」 く. かへ して 暖く此 一 句 k 大小 千 萬の 苦痛 を 籠め、 また 沈思して 無殘な 妄念、 小 

姓 を 呼んで、 

「うさ 晴らしお や、 淀お これへ 呼べ^ 申せ!」 

. 第 二 

a"- * b ら かる ❖ め よ に ゆ くん & ざ よ §- み L こ 5 みづ ぎほ た 

^もな く 女の 童 17 人ば か 6 輕く 具し、 召し k 因って 主君の 御座まで 淀 君が 伺候した。 水際の 立った 

ド ? I からだ おんた: & た ほ がら もらた み どこ ス や ほそ たいか ふ ほどん ふつ あ 

$さ ま 美人、 身 體の乙 しらへ は 全體に 大柄で、 並べて 置いて 見た 處、 瘦せ 細った 大閻 さ殆 不 釣り合 ひ 

ね も £,3 にがむし ひ よせぎみ しこ 5 み .S つば 5 かほ 

らしく 思 はれる ばか- y の樣 子。 今までの 苦虫 は 引き か へ て、 淀 君の 伺候す るの を 見る よ 4 も 一 方の 顏 

ひろ t ちま 9 へいふく あ ひて さ. J まね ね を こど こど こ 

色 は 忽ちの 間に 和らいて、 を 乙に 平 ^55る 相手をしば しば 麾き 、「いつも S つも 同 卜 事ヒゃ 殊に は 今 

,,5 S f & 5 ど おか もも を .* &み あ 上 め 

宵 は 晴れが ましい 席で も 無い に、 打ち解けて 近う 進め」 さばか ゥ。 なに さ 無く 凄咏の 有る 淀 君の 目 さ 

feej め 5 つむ び 4d5 ふく しゅくん み れい ももで こころ わ 

し、 其 目 ざして 俯向きながら 微笑 お含み、 かるく. W 君お 匕る,. > ざ瞻て やがて 鱧して 進み出れ は、 心得て 

も 4 メ i が i し^す 酽^ ばか. - の^ぞの 臺、 をれ を太閣 はしげ しげ 眺 ながら、 「^^^も 人 は 遠い か?」 

& づ.^ こどば つつ ひか 3 ふら よた いった W たれ —ほ W も ゆ さの 

と氣^ はし さうな 言葉 「次ぎ 次ぎに 扣 へさせて 候 ふ 四 人 五 人」 i 「誰お や?」 11 「堀 尾 淺野、 それ 

だ, T あん 

道赛 …… 」 Z 

半ば 言 ひかけ たの を 屹さ食 ひさめ、 



だ <..<^ん ふ f> んがほ • 

「道 か?」 さ 不審 顔。 

あいさつ さら れ6 てい , 

御意の さほ. OS 挨拶 すれば、 更に また 思; S かねた 體 . 

さ ザ 5 だ ちあん w きち こ 一 

「茶道の 道-葬が、 利久の 子の?」 

.»< ふせ 3 ま ね 

「^かな か、 仰の 儘で 御ぢ やる o」. 

む;: や ft む げん たいか ふ あ ひだ した む Lfc^^ きつ 

はなはだしく 胸に 乙た へた 樣子、 をの まま 無言で 太閣 はしば らくの 間 下 を 向いた ままの 舌娥づ *、 屹 

しら ど ほ はげ *JVJ* こしゃ 5 ど こどば P* み を 

さなって 頭 を わけ、 「遠 fl; け >c」 さの 烈し S 言葉、 小姓の 問 ひかへ す 言葉 も 待た す、 「いづれ もお や、 皆の 

の を!」 , 

をパ e めいれい ど さら たも き こしゃ 5 た きひ めい これ 

、にり 出て 命 4=- のま まに 取ゥ はから ひ、 更に 立ち 風って 來た 小姓 を も 「立て」^ ばか As に嚴 しく 命 t て是 

つ 53 つ ぎ ざ La- い ち、.^ ん のこ V は し SJ ゆ 5 ふしぎ さいせん もくねん み ゐ 

を も 次の 次の 座敷に 一人 殘らす 遠 さけた、 もれら 始終の 様子の 不思儀 さ、 最前から 默然 さして 見て 居る 

よ,; - ざみ きょ..' ち f に&ビ お こど た いてい ひ さっき ね 

淀 君の 胸中、 さて は^ 事 か 起こった 事^ 大抵 は 推測して、 ,でして かにう かがへば かの づ から 殺 氣を帶 

しゅくん かほ せん あくいかん はか を もく ゐ 5 ち あた W ひどけ た 

びた 主君の 顔い ^c、 善惡 如何お 料ゥ かねて、 ただ 何氣 なく 默 して 居る 內、 やかて 四邊に 人氣も 絶えて、 も 

けねん A; かが たい かふ い *» もこ おか よ ふたた み よ 51 L 

はや 掛<^ ^らも なくなれば、 身 を 屈ませて 太閤 は 今些し 近く 寄れ € 再び 三た び 淀を强 ひ、 

ft んみ き こ V】 あ しの どた だ .IT か &ろさ だ 5 き. r を 》> や 5 :& まみ うへ 

「卿に 闞 きたい 事が 有って、 かく 忍びやかに 問 ひ H す ぢゃ。 近頃 茶道の 利 久和尙 、今の 身の上に つ 

なんみ ど かくね も つ ふしね 

S て 卿 は 兎角 思 ひ 付いた る 節さて は 御ぢ やらぬ か?」 

い あ ひて かほ *cwb あ ほ." -み がんく わ 5 r£ き かがや ) 

言ゥて 玄ゥさ 相手の 顔、 穴の 開く S 見つめる 眼光、 比へ やう もな S までに 極 はめて する^く 輝 S た。 



が? けつ い K ス げん ふし 53 ! K よ. L や 《• ちょ &ん だ いじ どき き たづ ざ.,' 5- ど 

豪傑 S 言 はれる 人間、 さ 6 ながら 不思議に また いつも 女性の 助言 を 大事の 將に 聞き 尋ねた 草履 取 ゥ 

しゅっせ s まみ ぶん へ の S まで 《< ふ ふしんく をん は a- .S つ さい? tiA たん ft くげた ね まん かた 

から 出世して 今の 身分まで 經 上った、 をれ 迄の 粒粒辛苦 も、 何 ど 料らん、 一切 萬 端、 奥方の 河 萬の 方の 

ほち よい 5 だ. 5 た ほ も どづ けいれき t> つ まった たいかん ふ たん ちょ とん をか& かかろ がろ み を こビ 

保 助 誘導に 多く は 基 いた S S ふ經歷 が實は 全く 太閤 をし て 婦人の 助言 は 中中 輕輕 しく 見做せぬ ざ い ふ 事 

をん お f つ く H よ 一ぎ み いんげん むね さいさ い か かぎ 

を 何 S なく 思 ひ 付く やう Jt^ させた。 をれ に 加へ て 淀 君の 陰險な 胸、 才氣 は以 何にも 限. のない、 をれ 

たい *» たへ. & せい しん. Hf はいか *j ん ぶつ をい e や S いん e あるひ ね まん かた あるひ よ^ぎみ 

に對 してい^^ 又 甲 生から 奪へ ぬ 信用、 S つも 配下の 人物の 内情 陰 事 は 威 は 阿萬の 方、 或は 淀 君、 rJ れ 

れ< 'によし や 5 くち でんたつ ど ねく たいか ふ みみい つね ふ うせつ たせう Z f あ 

ら兩女 姓の 口から 傳 達して 兎に角 太閤の 耳に も 入る のが 平常で、 も^よ. をの 風説に 多少の 謬 は 有る 

**K もつ い つ L ゆ べん S- か e や f L たよ 《- i が け, < せい あ 3 お まん かな 

ものの、 何し 2: 乙れ を 以て 1 種 便利な 下情 を 知る 便 どした 流石 は權 勢お あらそ ふ餘. rN、 阿萬の 方^ 

よどぎ み &ゃ 2- たん いんせんた はら あ どころ あ ひげ つら <-fl やく ぶ し あるひ iy< がた 乃ち, *- あるひ よさ 

淀 君^の 兩 端に 隱然 立て わかれて 睨み合 ふ處の 有. o、 鬓 面の 五 尺の 武士が 或は 奥方の 一味 S なり 或は 淀 

ぎみ て した あ ひ l,<ii3 ぶん ひ みづ. 《 る f>s< ん み た S かふ し & 

君の 手下 € なり、 をの 間隨分 火水 を 揉んで 居る 乙さ、 をれ らお 主君の 身 して 太闔 がよく 知って 居た か 

6 てんき ひみ ゥ ,あか .S だけ や C は 5 どかく か is や 5 けい 

居なかった か は夭氣 わ ま 6 秘密で、 もも を も 明ら さまに 言 ふ 丈が 野暮の 方、 兎に角に 下情 をば 乙れ ら閨 

L5 たたき 6 こど い ま V き $ 5H3 上せく お ど た ビ こど 

秀を 叩いて 聞き馴れて 居る 事 さて 今 もまた をれ さなく 利 久の嚼 を 淀の 口から 問; S 正す 事 さなった。 

fl さい- & ビ ただ だ しゅくん を お & これ いは あ こど *JbK & たもし ろ 

子細の 無い;^ 問; S 正し 出す やうな 主君で も 無し、 思 ふに 是には 曰くの 有る 事、 何 か 利久に 面白から ぬ 

どころ あ み S まか ビ たづ こど おも ひビ こど へんじ でき 

處 でも 有ゥ、 をれ を 見て 今期う 問 ひ 尋ねられる 事^ 思へば * 1 言の 返辭も かるがる L く出來 たもので も 

よ"」 ぎみ >5 ざ だま ゐ だま 5 つむ & む CJ 5 ち わ み またたい 

なし、 淀 君 も 當坐は 默ゥて 居た。 默ゥて 俯向いて 居る 胸の 中、 もしも 割って 見られた ものなら ば叉大 

へん をさ は 5 けい & んゐん はびこ ゐ B き s 5 ん めい いってん だ もの あ. & 

囊、 凄ま ト S 謀 W が隱隱 どして 蔓ゥて 居て、 わ はれ 利久の 運命 も 乙れ からた だ 一 轉 う;^ き 出す 其 愛らし 



こ c ゆ 5 »* か あんばい R-{ ねん ゐ -Jf; くん か S き こころ はげ 

S 舌の. K 由に ほさ ほ^ 住せて ある 鹽栴、 をの 默 然もして 居る の はむし KHH 君 をして 好奇の 心 を S さ.^ 獎 

まさせる 種で あ ゥ た。 

せんたい s- き f ん げん ひビ もち ゆた さ & もこ ど め は を ぬ たち 

全體が 利久ビ いふ 人間、 なかなか 一 筋繩で 行く 性質で も 無し、 爲る 事い つも 目から 鼻へ 拔 けて、 大刀 

ビ これ ま. なせん &く C だい いっこ じんぶつ さ S- や 2. 'ひろ こビ つ また こまか こど ゆ 

rJ を 取らね 是 W て も 亦戰國 時代の 一 個の 人物、 度量宏 くて 事に 屈せす、 をのく せ 叉 細い 事に も 行き わた 

しゅら ちまた あ ひど ふ S 'か r?. よこ め その は 5 む さい 9- やく おや は を ぎじゅつ あは てい 

つて、 修羅の 街の 有. さま を 一 風變 つて 橫目で にらみ、 其方へ 向く 才略お 茶 や 花の 技術に 當て篏 め、 體 

さい たい-」 もち を を . か, ./ss ひろ お 9ij ろ だいみ や 5 をい ぶ た い るん せん 

裁の. S S 帮 閑窆爲 6 澄まし、 -1 ハ久 遊の 廣いは 驚く ほ^で、 sc^も大名の內部i:^立ち入.c^、 隱然 また かの づ 

かれこれ. S せいち 5 へ でき らど くわん けい ゐ つね e しんの 4.- あ い たづ め くら 

から 彼是 言 ふ 政治の 上の 出來 事に 關 係して 居る が 常で わった。 で、 自身に 能 も 有ゥ、 徒らに 目 を 眩 ま 

ひど こ けんせい ない こぶ さか よ &ぎみ たい あいさつ 50 ほ いっぺん ほ いっぺん 

して 人に 媚びす、 權 勢に 於ズ は颇る 盛ん iga 君は對 しても SCN も挨俊 は逾ゥ 一 遍、 をの 通り一遍 がかね 

上 み こ.: やく さほ ゐ S たビ ほ^J こど みかたつ よ 

がね 淀 君の 小癥 にも !:ゥ て 居た。 € 言 ゥて擠 しいれる 程の 事 もな し 、おはよ くば 咏方に 付けても 宜し、 

«» た を よね も もき いちに ねん 5- ま たづ さ. * が こ?: £ 

1^ 無い もの はしても 宜し さ 思 ふば かゥ はして 過ぐ して 來た 1 1 1 年、 たちまち 今 尋ねられて 琉 石に 答へ に 

ただ も ど &ど さ いちょ あ S かた *& こどへ た. S い ひら でき ね ほぶ ま 

ま/^ ついた。 但し 素 素 乙ちら^!^才女、 跡形の 無 い 事 を 下手 は 言 つ て 言 ひ 開きの 出來ぬ やうな 大 不間 を 

L でか はんや S- はだ あ こど をの f** つ さど どく. S »5 きつ かんが ク £ 

仕出 來す jiJ 然肌 でもな し、 有る 事 を 其 儘 告げて それさ 悟らせる に 得意な 方 やからして 訖も考 へ 付けば 兎 

か < へんた ふ ま 5 あ こど あ をの ね を *<b ほ たいか ふ おも つゆ さんざん 

も角も返答.どして申し上げる事%有.=^、其乙たへ の遲さ^^稍ぃらだっ太閽を思ふ评と散傲にはぐらかせ、 

くちき き 9- こ こ yj を きこ ほ 1- こど 

やう やう; 1^ して 口 を切ゥ 、「聞き込み まいた 事の 無く も か. やらね. 5J、 さして 閎§ 'べき 程の 事で もお 6 や 

き も 》• あ ひて の せひね よき *j ど もの まま ねん かな f> ん はや e ゆ f ぶん 

らぬ」 €氣 を 持たせれ! 3 相手 は 乘ゥ、 込み、 「是非に 及ばす 聞いた 事 だけ 其 膽 に 御語ゥ やれ」 さ は 早 充分 



き 


nuts; 


に 




た 


鄉? 


1 65J 
< 


の 


が 




% 


澄 も 遠 S 


返 又 


7 7^ 

みろ 


Am さ 

ス f 


さ 


ふ 


は, 


m 


の 


旣さ 


X 


ま 攻 S 


が 




> 

し 


t 


の 


Ml 


1^ た 

奥? 


氏怎 


曰 み 

見み 




に 


ほ 


し の 


た Z 


ど 


力 > 


佛' さ 


% 


州 \ 


鄉 i 




^ さ 

才ミ 


r お 

人 は 


、 

し 


て 意い 


v> れ 


し 


さ 


顏カ f 




の 


の 


7 

か 




か 

力 S 


72 


5 Ft 


,ハ 




は 


f ほ 
し *3 


H げ 


田? 


大ま 


ぉゝ 


さ、 


は 


語 t 




の 實ミ 


つ 


る 


け 


の 


w* 


し 


-> 
b 


の 


御 t 
求ま 


が 


ザ 




降 


の 


> 

し 


a> か 

影 5" 


武 g 


た 


7 

t- 


や 


o 


し " 


か で 


る 


,し^ 
山? 


け 


の 


1 - も 

士 5 




れ 




ん "お 

知ち 




お 






風 S 






に 


UL つ 
おせ 




づ, 

《 


の 


今^ 


m 


や ョ 


曰 み 
兄み 


1 


んれ 


で 


>p5^ も 
4^ 




な 




事き 




く は 


る た 


» ぶ 
は 




に 


せ f た 





< 


も、 え 


乂ク 


き 


よ 事き 


ソ 


暗え 


重 で 






O 


m お 

恩ミ 


k 




は 


然 5 し 三 




ふ 


に 


A 


し 








起き 


の 


力 > 




ら 


b 


氏^ 


1 




て 


丄? 


騒 f》 


に 5 


し 


油 ゆ 





し は 


k 






鄉! 


> 

し 


IB 


は 


い 


事き 




斷ぇ 


、 w 

K 


て 攻ミ 
居 a 擊? 








い * 
か 


て 


7Z 


EBP せ 

戰 X 




寄よ 


翻 ど 

豐 f 


の 


物 さ 


言い 


さ 


殿 4 






+H ち 

場? 


It 






《 


力》 


た t 


ふ 


に 




何 t 


の 


に 5 






の 


ら 





卞 


ま 


排は 

怫ら 


の 


の 




-H^ は 

花 g 


氣げ 


奥? 


天え 


ぬ 


始? 




で 


^\ 








花 ま 




"TT か 




め 


さ で 




Jl、 

カゝ 


置 


し 




し 


な 


四し 


k 


MX 


72. 




な 


し 


. 命 

ど 


力 > 




f 

\ 


+•11 
ゾ' 


一^ 


者^ 


の 


が ま 


< 




刺 S 




の 


屢^ 


tnrf か 

m 


m 


は 




利"^ 






夜 や 


丄た 
大ま 


ど 


逮き 萬! 


し 


ルま 

生, 


蒲 5 


容き何 * 


久 t 


卜 

に 


Jt 


の 


热ざ 


> 

ふ 


ま 


石? 


て 




生 


貌 f 處こ 


は 


ん 


の 


密き 


の 


る 


じ 


の 


.想< 

覆さ 


鄉き 


rr, i 


1: や 


そ 


-fee* 


♦ 

ど 




程 § 


'ョ, さ 




-ーだ 


ヘリ 


t 


Pi 


i 


れ 


れ 


說ビ 




は 




lit お 
另さ 


«| 


ゆ 


御ね 


>L 


ふ 焚た 








さ 


限 カ^ 


れ 


發^ 


た' こ 


1 い 




膝? 


禾 r 








鬼 ち 


破 1^ 




で 


ら 


け あ 


取 ど 




下さ 


A! 


量 1 附っ 


い 


柳? 


ら 


h 




卞 


有 あ 


h 


企? 


ぢ 




せ 


メ 




の 


ラ 


れ 


分 わ 


き 




立た 


み 


か 


の 


有 る& 




お 


糸 2 




ば 


力 > 


世 各 


て 




II 重が 

出 だ 


< 


tttt あ 

間き 


f) 氣 S 


f 


し 


は 


吹 ふ 


る 


のい 


早? 


て 


さ 


It 


•to: だ 


、 昧 A 










か 




望? 


< 


Hia い 


ぬ 


置ね 


でら 


へタ 


利 


は 


や 


ね 




み 






» ゥ 

t 


< 


わ 


さ 
な 'ミ 


久? 


を 




さ, 


何 食 




殿 X 


< 


•=t* い 


時 g 




t 、 


の 




や 


花! 


事 i 


全き 下 か 


之& 


は 


n 




肚? 


k 


せ 


は 


の 


ひ 


の 


を 


は 




o 


h れ 


の 




す 


散お 


mi 




m2 遠 § 
心き さ、、 


れ 




、 を 


中 ま 


何 t 




る 


が 


で 


ぬ 


mi 




へ €^ 


は 


の 


利き 




有 あ 


さつ 


寧き 


け 




ま 




凝 


兎ビ 


不ュ %\ 


の 





さ 


し 


れ 


の 






然? ^ 


m 




が 




て 


果は 




時 ま 


殿 X 


い 




^ 聞 S 


さ 


の 5 


之& 




お、 


て 


氏 4 




下 か 


稀け 





した を ほ しゅ び f もの どんち やく かほ はんぶん どころ き く 

した 下 k 猶 かつ 一 種の 微笑 をよ そ ほって、 物に 頓着せ ぬ 顔つき." 半分 ぐら ゐの處 まで 閬ぃ ただけ で、 句切 

L は て 3 ね く は 上せぎ み あど こどば せど . 

.0 を機會 手 具 似 を 加 へ 、 しっさば か. 淀 君の 跡の 言葉 を 堰き止めた。 

き a.t どき き 5 ぬ ft やち f 

「聞 いた、 をの 咄 なら 疾く 間いた。 利久 も拔 けぬ 親父よ、 喃。」 

もづ はや で あいさつ たも か 5 はら.. J き こどば ひ また へんめ 5 

珍ら しく 早く 出た 挨拶 さ 思へば、 一 向に 肚の 知れぬ 奇な 言葉. - 引きつ づけて、 X 變妙、 

「はは はは、 利 久も歌 はうまい!」 

上せ ざみ きも ぬ ただ かし ら さ ど 2 きれ. & 5J ころ をが 

淀 君 も いくらか 肝を拔 かれ、 只 かしこまって 頭 を 低げ る、 をの 頜 元の 邊の 奇麗な 處を しけ t けさ 眺め 

また わら だ S つ をに く も かた ね 《> もど ほ おもつ 

て、 叉 笑; S 出し、 「いつもながら 美く しいよ 何 食 はぬ 澄まし 方。 襟元 を 褒められた さは 思 ひも 附 

たち ま かほ h なれい ま めんせん さ だ しか くわ S せ 5 まんめん しゅくん 

かす T は ッ?」 さ 忽ち もたげる 顏、 意外! S つの 間に か 面前 k ぬつ さ 差し出して 而も 快笑滿 面の 主君の 

か は あま こど これ あき しか いろか もつ ちゐ 

顔き-^ つかって、 餘-^ の 事 k 是は ゥヒ 呆れる で たま ゥ かねてく つくさば かゥ、 而も 色香 を 以て 地位 をつな 

み つね や 5 も お ほォ さ ぎ や 5 さん わら .L ゆ/, ん いど どくい てい かろ 5 お だ ひどこ ど 》« んく また 

ぐ 身の 常の 檨 子の 大袈裟、 仰山に 笑 ひた ふれれば、 主君 も最 得意な 體、 輕く打 出した 一 言の 文句 は 亦 

も こ ぶ をん & ころ s- き 5~ ?こ f ゥ 

頗るの 女殺し、 11 「利久 が 娘よ. < ^美く しい ッ o」 

«5 も こくこく 5 つ たいか ふ ど めづ こビ .& まか ふ 

ただし をの 場の 樣 子の時 時-刻刻 移.. y か はる はいつ も 大閤に 取って 珍ら しくな S 事で もな く、 今期う 巫 

ざけ だ おもま しゅんかん をに おも きふ 5 ひど ふ みね あら み 3 あらたま 

山戯 出した かさ 思 ふ 間 もな S 瞬間、 また 何 を 思った か 急 雨 一 降. OS を 洗って 見る 間た ちまち 改 つて、 

35 $ i みみ ぬ こ -J や. r- i 

設けの 鈴 を 動かしながら 5キ> 拔 ける やうに 小姓 を 呼-^ で —— 

だ SC ど よど も かた あ だ 2. あん め > 

「大事ないで みな 疾 くも^れ。. 夜 さ 共に 語-^ 明かし もしゃう、 道 乙れ へ 召しいだ せ o」 

- 



こど こころ 3 ゆ 上必 1 ぎみ み め 5 わら かた を a ^ き <» 

事の 心 を はか, かねて、 を ひ をめ る 淀 君 を 見て ま 4^ 妙な 笑 ひ 方" - をして 何 を 言 ふかさ 思へば、 極ゥ 

き わけ こど だ 5 あん B- きう こ ひど w/y ど f 

切つ. K、 譯の わからぬ 事ち 11 「道 蒼 は 利久が 子お や」 . ^しかも をれ を獨 言の 樣に。 

めした 5 で き だ 5 あん や 5 も たいか ふ これ せつ こど . ^ぶぎみ 

やがて 召;^ 應 卜て 出て 來た道 蒼、 を も を も.^ の やうな 樣子を 以て 太閤が 之に 接する かさ は 殊に 淀 君 か 

ひどみ こ わきめ み ひっさい み いな わ S, き 3- を か 

眸子 を 凝らして 他 目 も ふら 卞に 見た 事でした。 が、 實際を 見て、 意外 k 出られて 霧の 中 はも さまよ ひ 

だ あんば. & もぺ で だ 5 あん たか わら あび か ひさ ちかよ ヌ f 

出す." をの 鹽梅 11 ヒ. 出た 道 一.!^ に まづ高 笑; S を 浴せ 掛けて、 久しぶ. o, た k 近く 寄れ、 S つもの 茶道の 

fvi しんや 5 0, ゥは ど 》1 た ❖ あ り き 5 む もめ - 

風流ば なしに 深夜の 鬱を はらって くれ^ 常よ. も 解けた 昵 しみ 工合; so 利 久に娘 を 所望して はぢ かれ 

へだ い つば 5 L ?> ゐ .S3 か 一 S 

て、 ま * た 日 一 日の 陽た ゥ もない、 をれ を 1 方 も 知って 居る で 知ゥて 居る だけ 今 斯うした しくされ て、 脛 

きづ &かを かふ か S ね もて へ いふく てい み , , 

に疵、 中中 深く S たみ 入ゥ、 ほ^ほ.^ また 面 を あげす、 平伏す る體を 見て、 さも 乙 を€ 言 ふ檨 子、 淀 君 

Ls- め た S かふ からから わら ぬ 

を 尻目に かけて 大閻 はまた 呵呵 笑って、 S ぽけ拔 いて、 

「^うぢ や、 利 久に變 は, 無 S か? 」 

3 'きう か を S >< わき さり あん ほど ほか はか &ん< e た^ね.^ ほ 

利 久;^ 變は, は 無い かさ H はれて S よ S よ 弱 切る 道 H^、 殆ん^ 渉涉 しい 言 句 も 出す、 只 S る 恐る 挨 

さつ む さん あらぎも ぬ ひ ^ I ^ > fe^ ^ c\ 

拶 する 內、 無殘 ややが て 荒肝 を ひしぐ すつ ば拔 き、 HF き續 いて 何 を 言 ふかさ 思へ は, 

む もめ か を 

「娘 はも 變はゥ は 無 いか?」 

& くき のお さら n ども < は 

ぶつ- y さ 語 を 食 ひ 切って 後、 更に 一 揉み 力 を 加へ、 

む, め を を厶 い 

「娘の 名 は 何^か 言 ふたの?」 



<-A たぶ J& ん 3 た そくざ で おまか.!.,, -ゎ り.《 ど , ゆ ,二お め くら y^J - ころも 5^2 

お S をれ^ 返答が 何で 叉即 坐に 出る もの. - 夭方饋 元にお を濺 S で 目 も 暗む iE6 の 心持ち、 ただぎ つで 

! へいふく る どころ L ふねん あき? * 

伏して 居る 處を、 さても 執念 まだ 慊ら す、 - 

「せめての 事に は 名 をで も覺 えて 寐覺の II ひ^にし やう か。 mi^、 をの^ を やれな」。 

1^ を > め f た そ た!? 4 せ 5 あん 5 ま 

「名… 名も無い 女郞 P 恐れ多い 乙^で… 道 蒼 も 今…」 

い ず いま * をん ぴ tj ん み れん わら L たも き *0 つ を 

「今 I— 今 か 何お や。 美人お やの。 未練^ 笑 はれる か 知らぬ が、 思 ひ 切る は 切 無い 乙^お や。 

SJ*- あん をん お I 

道 ^を 乙 は 何 さ 思 ふ?」 

「全く 以 つて 恐れ入 ゥ て JO 

1 た f だ おもだ 《- き 5 む もめ SR. ど をた さん S たさん まった 

「s ひ 出した S ひ 出した、 利久か 娘、 を 乙の 姊の名 は 呵三さ 言 ふたの。 はは は、 阿三、 全く をれ ぢゃ 

ねさん たさ v*r わ も , 

阿三、 阿三ち もうもう 忘れ はやる まいど o」 

かたはら よ 11 ぎみ 

側 の 淀 君 を かへ. みて、 

よ; のち た, C み を ね さん か ま 5 *&K わら こころ.." よ を これ 

「淀、 乙の 後 は 御身の 名 をせ めて 阿三^ 代へ 申さう 何 を 笑 ふか、 心 知ら 卞! 淀で は 無うて 是 

ね さん 1& わ 5 れ SJi- あん 上ビ きょ. X 'わつ 

から 阿三. - をの 名の 好いで 嬉し S か 道莽、 淀 は 恐悅ぢ や」。 

あ ふざけ あ ひだ だ AT あん せ を わ ひやあせ かさ IT. をん ど ん e や 5 みめ き SJ く 

鉋く まで 巫山戯て たし をめ て、 をの 間道 蕓の 背に 湧かせた 冷汗の 量 は 何 斗 何 升で 見る目 さへ 氣の 毒な 

た き ほ き R 卞 JJ ら ぶ あ も V. はや き おもま を させ ま K 

ほ < ^押し 究め 究めて 頭 を 1 分 も 上げさせす、 最早 をれ 切. かさ 思 ふ 間も無く、 差し迫って つがへ た 二の 

や こ ゑ きつ 

箭の する^ さ、 聲 がら さへ も 屹^な 6、 : 



I s 折 竹 七 〇 I 

あん " き 5 わ さん と ゆる お マべ ^ > * ^ き 5 こころ.' " P P 

「道 赛、 利. 5< は 何故に 阿三 を 超す を 許さぬ のお や? 阿三の 胸 か、 利 久の心 か? 打ち明けて 聞 

きた S の」 

をん い もの たいがい ねつび や 5 つ つね せつば 

をれ 何 さして 言へ る 物. - あわ 大槪 はしても くれ。 熱病 はさ. 付かれて 夏 寐ゥヒ ほす よ. つらい 切迫、 

お- 5 た ゆ ゑ L やく. L ちゃ ちぎ あざわら お を ね ほ あ ; ひで よ.. > 

「ただ 恐れ タグく 御お やる 敌」 さ 构子定 親 をなら ベれば、 冷笑って、 「げ にも 恐れ多く も 有らう 秀吉も 

げもゅ ゑ f I 

さは 下司 故 喃 Jo 

ろよ こビば 

「いや S や、 乙れ は 快くない 言葉で わった」 

ただち 3 か 

さ 直 はまた 氣を變 へた —— 

«- き ._ こころ を か みし ね ぢ ほんじん を ひで よし 

「利久 をない な 心の 無い a 兼ねてから 身 も 知った。 あの 親父も^ もと 凡人で も 無い、 秀吉 かひ 力 

わ も ふ ざん ま S めかけ ざん まい てんか $ C f を ね. ^^か お ねぺ 、 んギん こ 化、 

し 忘れて 風流 三眛、 妾 三脉、 夭 下 は 何も 自由に 爲る^ 想 ひ 高ぶ 出した さ 想 ふてね ささ 諫言した 事ち や 

だ 5 あん みた a さ だ 5 あつ ばれ じん ぶつ き. r- を きもた 3 た s たか ひで よし ► 

さ、 をれ 道莽、 身 は 思 ふ ど。 茶道ながら 夭 晴 人物、 利久は 惜し S 肝 玉 ぢゃ。 傲. 高ぶった 秀吉 1 

を あ t さてみ あき & はげ を だ 5 あん 5 ま ひで よし ねせ 

た も 無く 衝る さは、 て も 扨 も 見上げた 肝 ぢゃ。 をれ 似氣無 S はこれ 道 蒼、 をる a 今の 香 吉の威 

まこ ど おせろ , おや はき も おやめ きょ 5 ちゆ 5 さか 

し、 はは はは、 具 さして 驚 S たげ な。 はは はは、 親に a 似ぬ 肝ぢゃ 親 は 愛でたい 胸中ち や。 逆 

かへ 5 れ ケん ねん はか み 

ら はれて 却って 嬉し S 秀吉の 存念、 よう 測っても 晃 い!」 

みぎ a もの も & あ あへ た S も& せん ほね 

右 ひだ. <y 稳ぢま はされ て 物 建く も 有,.. -、 た ふ^く も有ゥ 、 下手が 活けた 水仙、 筋 も 骨 もぐった 6 して 

き どころ をみ だ ょ5 つぎ た めい ばい もべ いだ またよ 

歸 する處 はさし ぐむ 涙。, 「もう 用 はない、 次へ 立て」 さ 命, せられ、 二三 拜 して ヒゥ 出せば、 やさ X 呼 



び 止める、 見れば 主君 は 手 i:: 短刀 1 本、 「威した 詫ぢ や、 乙れ を 取らす」 ^而も 而も 手づ から 氣輕 く。 

5 ま ほどば し ぉゥ だ あん をみ だ み S つば 5 なんめんく わい せ 5 はんね 5. f き たけ もの. *^ & ひど 3 み 

今 は 迸 落る 道 菱の淚 見て 1 方 は 満面 快 笑— 反映の 數 寄な 丈に 物凄 さは 一 室に 滿 ちました。 やや 

た い だう あん もがた もりみ み み 

立ち 出 づる道 の 姿 を 反身に 爲ゥて 見.;^ く. ながら 

だ 5 あん み れん i<b に i ビ を のちお さん C み 

「道 蒼、 ただし 未練 は 乙よ ひかぎ 6 ぢ や。 何よ、 か.^ く 事で は 無い をの 後 阿三の 三の 字 も 身 

い .& こ ど さ だ- 5 か は よ. V- こ & き 5 つた 

が 言 ふま 言 ふ事ぢ や。 茶道の っ^め は 變ら卞 ^好う 其 許から 利 久は傳 へ!」 

一 第 四 

あさ いへ かへ だ .2* ん せん & い ちぶ L *.) ふ おや W- き 5 つ どころ ©- き 5 き -K^J ろ み 53 

. あくる 朝家に 歸ゥて 道莽は 前後の 一 伍 一 什 を 親の 利 久;^ 告げた 處 で、 利 久も閎 いて 驚 いた。 右 

た & ひだり を た. S かふ しん, ゆつ きはつ をの でん ね も さ が きょ 5 も ゆ 5 るき よく 

から 思へば 左に 爲る、 S つもの 太閤の; t 出 鬼沒、 やはり 其傳 S は 思 ふ ものの、 流石 は 胸中の ffi 曲の 

じゅうぶん はか これ みやげ はい 5- や 5 t& だう あん さ だ たんた 5 くわ .njras &ん りん せ こ 

Kv^ 充分に は 料 かねて、 是が土 產の拜 頒の品 S 道 蒼が 差し出した 短刀、 をの 光芒の 驥德 £ して 何處ゃ 

さっき はう ふつ をが a み ね3- も W ひやみ づ を. V きも や 《: も 

ら殺氣 の髮髴 たる 姿 を 見る にゥ けても 襟元から 冷水 注がれる 氣 持ち もした きの やうな 檨 子で わら 

いぐせ き *<b は ^ H§ 5 ビけ こた さて しん 

せられた かと 幾度 か 聞き直す も を もも^ 愚痴で 甚だ 打ち解けられ たと 答 へ られ て、 採 さう さは 信じな か 

いっしゅ 53 ねん どかく はら か みだ 

ら 一 種の 疑念 は 鬼 角に 腹 を 搔き亂 した。 

だう あん をん ね もし ね ゆ だん しゅくん ね ば よ ゐ き 

道爹、 を もじ は 何 e 思 ふか 知らぬ が、 根が 由 M- のなら ぬ wwr しかも をの 御 側に 淀 か 居た さいふ も奇 

め 5 ,5 つ はん e やう おれ む. V め や こころ も わる もの a づ t 

妙で 無 S か。 人情 € して 己が やう k 娘 は 遣らぬ £ 乙 さわられて 心持ち 惡 くせぬ 者 はな S 笑"^ を 乙を假 

L つつ つつい たも このの ち S- こころ もど を 3 へ つ ほケ 

令 包む にし K^、 をの 包む さ 云 ふが 恐ろしい。 されば 此 後の^ 乙 ろ は 何う わっても 心 1^= ^無 前以て 臍 



B 雪, 5 , 竹 , 七 二 

かた を $^:^ &ど み ぶん たも 5 ら ころ をに を この はら 

を 面め なければ 爲ら す、 何事 も 身の 分^ 思へば 怨む處 #何 も 無い。 ゥ ま 4 は此 やうに はの めかす 肚の 

-5 ち さつ た 3 こ _c ころ » み W だ. 2* ん きつ 

中、 をれ 察すれば 堪らぬ 子 心. - 目を隨 つて 道莽 もた ち t< ち屹 さな ゥ た。 

. 3 つ でんか & しょ ケん たた 5 はべ た かざ こど a 

「.J& らば 全く 緞 下の 御 所存、 只 をの 表 部の み; P 飾- ^ やった 事で も御ぢ やる か?」 

ば あたれ い あ い ひど. L でんか & きしゃ 5 

「をの 場合; S に 己が みづ から 出で 逢 はねば さだかに は 言 はれぬ が、 人 も 知る £ほゥ の 殿下の 御 氣性乙 

はか はか お a- 3 はか つね こビ ひか どかく はふ け ふ はやね も 

なた よ. り 料る 料る S 思 ふ 間に 料ら れ るが 常の 事 ぢゃ。 日數も あらば 兎も角も、 今日 ゥ t いふ 今日 早く 思 

っゐ しょ 5 ざん 35- け 5 を こどば $ たんか づけ もつ ** いっか 5 

a か へして 追從 三昧 稀 有で は 無い か 言葉の みならば 猶 まだし も、 铷下賄 物 さ へ rO れ 有る W は 1 向に 

が てん ゆ e や ♦Ais L f m- き 5 たも Siws をに この こど いのち およ 

合點 行かす、 邪推 か は 知らぬ が、 喃、 利 久の思 はく は 今 言 ふ S ほ 6 ぢゃ。 なれ < ^何も 此 事が 命に 及ぼ 

いはれ も 5 いのち たよ • 3 たでん か さ かた で せん & てい L 

う 所以 も 無 so 喃、 命に は 及ぶまい S ! 叉 殿下 さても もも さ 然る 方、 旣に 前後の 體 でも 知れた、 よ 

はら 5« おど M 'はべ lS> わた 5 ちほ 3- っク これ どし 

し 肚の中 は 御 解け やらす さも、 外部 はは あら はし も爲 さるまい。 綿の 中に 針で も 包みて 是 から 年 を.;^ 

くるのお や o」 

を ザ を 5 じつ じっし 5 あ f> ゆ e ゆ ひ みク 5 ち さど 5 た を, r た 5 X つた 

何氣 無く 言 ふ ものの、 實 はわが 實子. さへ も 打ち明けられぬ 種種の 秘密、 氏鄉 さの 歌の 贈答が 世に 傳 

ね もむ 5 'き 5 た. S し & いま お 5 & >«• を か Mi3 さつ r-tb 

はった 起き tt 利久に 於て 知らぬ でも 無し、 今にな つて 懊 憎の 中、 い^ SK^ に 推察し、 また 邪推し、 をれ 

をれ かんが くち ひか S をれ だけ しんつ 5 せんしん ほひ さ 5 ざ 5 あ だ. 2© ん 

から 夫。 ヒ者 へれば、 口に 扣 へて 言 はぬ, たけ 4K 丈の 心痛が 只 全身に 蔓 乙った。 想像 を 荒れさせ たさ 道 蒼 

あた ざた 乙の ちゃしつ どこ も はや たれ 上う しゃ を たんせん せいざ 

はも 暇 を 興へ て 坐 を 立た せ、 好みの 茶室に 閉ぢ 籠もって 最ぅ早 誰に 用捨 も 無し、 端然 さ 正坐して、 ねぶ 

ん おゆ 5 お ほ ね ゆ でんか がん.,! よくたい せ 5 gs. ゥ りゃく ど め もる Si をに いだ し 

つた 眼中に 朧ろ朧 さ 殿下の 顏色 態度 を 浮かべれば 謀 赂 k 富んだ 目 さし 銳く、 何 を 言; S 出す か 知れ 



くち きつ む も こ ちら にら ゆめ を を ほ *- つつ を 

ぬ □ を屹さ 結んで 此方 を 睨みつ める かの やう。 もさよ. CS 夢で も 無し、 猶現 でも 無し、 ただ 端坐しての 默 

さ 5 4$, か その ど め M やか きん 5>ん 5 つ を か しゅつ » つ じざい もがた 

想の 中、 をれでも其閉ぢた目の中のくらゃみ金輸の美くしくきらきらする中に出沒自在;^^:姿をほのめか 

む もめ ねさん おや み 50 ばか ようしょく 5 れ が ほ e や 5^ ら く は た. S かふ 

せる の tt 娘の 阿三。 親ながら も 見惚れる w.<> の 容色、 S さき 愁ひ顏 i:d 情 致 を 加へ て、 ああ、 やれ、 太閤 

まよ だ か ゆ たぎ ひど まっかせ たき ね ど どこ をみ をめ.. i 

迷 ふ も 道理 か! 掛けて ある 湯 もや や 沸って 一 間 -^Jt^c の极 風に 瀑の 昔、 床の 女郎花の くね .cs がちな の 

たも. &た ti ぶんみ ど .Ms かふ おんぎ 5 f & あだ きろ 

思; S 至れば 自分の 身に 取ゥ、 太閤の 恩義 も 受け 受けて 來た、 をれ を 仇 k する 氣は滅 の 

へ S- K ひ を この うへ わいく わ いろか もど ふ $ん《"2.- もゐ 4^ぃくゎ くら S くお を 

緣の灰 ほ.^ も 1、^ し、 此 上の 榮華、 しかも 色香 k よって 求める 浮 雲 流水の 榮 華に 眩む^ 言 はれる が 口惜し 



も 矢 張. 因敏。 



さ、 第 1 の餘念 は そもそも をれ で をれ からしての 頑固な 言; 3 分、 要する k 殿下 て 之 を 知らな くも, ず 



わる ただ も かんが よ あげく 14 て 

るまい、 心 もち は惡 く. 11- されたら うか 只 をれ だけで 濟ひ であらう さいふの がさし も 者へ 據ゥた 揚句の 果 

けつだん を きも どか いつも ぐせ ちゃ 

の决斷 で、 をれ でい かなければ 何う でも 爲 され さ 肝 を据 ゑて 取 6 掛かる のが や は. の 癖で おった。 茶 

た S つぶく あち K あち ほ どこ たい い な たも だ ^5 せん ど. J み ふ. ^さぃさ しろ 

を 立てて 一服 哝 ひ、 ひながら に對 して、 今 はまた 何 を 思 ひ 出した か、 茫然 さなって 床お 見る. g 采後 

み まへ み ■ ts-K を へ. S へいゆん はる ゐ さっさ S ざ 5 な あ またへ. S ほん こころ てん わけ & 

から 見ても 前から 見ても 何. が 無し 平 }^ 凡 凡、 推察 想像の 工合 ひも 亦 甲 凡、 をれ だけで 心 を 轉じ、 譯も無 

IXJi! いちい せん しんちゃ あち ゆ 4- せん 1* へ 5 めん いっこ にんげん 

く 叉 一 意專心 茶を咏 はつて 茫然 S 爲 ゥ た srjv<: は 表面^う しても ゥ まらぬ 1 個の. < 間であった。 



つ ひ w き 5 か た .L5 つし でんか つね ^ ねく でん たか 

次ぎの 日 は 利 も 角 を 立てす、 乙 乙ス よく 出仕して 殿下の 常に 住む 奥 殿の 高い 敷居 > ^跨いで をれ さ. 無 



►.J か 5- や は 

,樣子 を 窺へば、 矢 張. 



さつ これ い ふく わい け I きみ み こど 

ら かの 推察^ は. 5ns ど ざ K ふ 不快の 氣色も 見お. す、 をの 見えぬ さ., SH 事、 



f レ f た 



.S ^わい けん かざ 



、わ 5 ふ 5 せいげつ しゃ. "令ら, 



、み ちん. S- つてん iifcc の * 



を も そ も 情 を 矯めて 外見 を 飾る ため か、 をれ さも 光風 霽 月の 洒 洒落 落 微塵 一 點も心 を 殘さ ぬた めか^、 



雪 折 竹. 



七ョげ 



雪 折 竹 七 四 

を はまた ftt いづ w ft-o さど & ものた か し きゐ お ほかた よ ほさ ひく 

今 も 猶叉思 ひめ ぐらせば 何れ^も 利久は 悟れぬ ものの、 何に し ろ 其 高かった 敷居 も 大方 餘程 低くな つて、 

BC もい さつ つ もが も ほあん 々わい ? ft さん こど クめ あか たいか ふ くち 

をれ さ 一 初めの 推察 は 付いた 乍ら 酒 案外に も 思 はれた 。しかも 阿三の 事 は 爪の 垢 ほ^も 太閤の 口から 出す、 

ただただ ちゃ は を ^6^5 ものが <55 どき ふた どき ク ひや しょくじ 乙ろ & きう 

ロハ 只 S つも ほう 茶 や 花の 優 優 さした 物語-^ に »1 l時ばか.c^♦^費してゃがて食事の頃£もなれば利久に 

ばいせき めい 

陪席 を さへ 命 卜た o 

ひ これ しゅび W i が を り f t: ゆ 4 ぶん だ 2 

乙の 日 は是で 首尾よく 果てて、 琉石 にかろ かで も 無かった 利久 ながら 充分 これに は 欺され た。 さま 

< 'たが ビき f: ゆつ ゆつ を こころ こころ なさ 5 たが つ ひ めいさつ こど を ビみ 

さまの 疑; 3 も 時 さして 出沒し 》 くも 無い、 をれ も 心 を 心が 抑へ て、 疑 ひが 終に 明察 さなる 事 も 無く、 與 

や. t でんか f もこぶ む? 3 た つ 

し 易い 1- 下 だ W 思 ふに つけて 頗る 寶は 落ち 付いた。 

む; 3 ね つ こ ビ ただこれ ゆ ゑ お R- ! X こビ めめ かぎ さた ただこれ ゆ ゑ もつ V 

IE の 落ち 付いた さいふ 事、 唯是 だけの 故か^ 思へば 誡は 女女しい 限. の 沙汰. - 唯是 だけの 故 を 以て 利 

f い もの しんじつ こころ や を こど 》J よげ ふ ちから & ひど は を. S き 5 かが 

久 さも 言 はれた 者が «實 に 心お 安め た 事^ すれば、 をの 所業の 力無 さ、 乙せ 乙せ さして 人の 鼻息の み 窺 

ただ いっこ ひ < つ は 5 かん たも f: さ S あ 5 あ S. こんたん 

ふ、 只 乙れ 一 個の 卑屈の » 閑 S しか 思 はれぬ、 をれ に は をれ で 仔細 も 有ゥ、 打ち明けて は 言 はれぬ 魂膽 

が 有っての 上の 事で わった。 

おや #4- も f ひね だん おい 0. f -C C けん. P ん し ゆつ に ふ い の ft C ぎ い おにん げいはん 

茶 を ゥ、 香を检 る、 をの 段に 於ての 利久 居士 は 櫂 門に 出入して 命 を御辭 儀の 數 でつな く 一 人の 藝人 

か けんもん f- ゆつ はふ どき お ほ あた S* をい e こころね おも つ V ころ ね も ク ちから ft- せんの & 

であった。 が、 併し 權 門に 出入して 時の 大頭 の內事 を 心得、 思; 3 付かぬ 處に 思; S 付かぬ 力 を 持 ゥ 千 利 

き 5 あつば れいつ こ さう さ-, n おも ぶし さ. S さ. & もク あつ ちゑ ひで よし こころ わ 

久は 夭 晴 一 個 堂堂たる、 恐 し S 武士で わった。 才は才 .^£5 て 集まって 、智慧から して 秀吉の 心 を 得、 

あさひ の a sal は 9 つ t ん さむ C 'ひ! jj も なさろ また きも C い 5 つか き 上 もつ e つ 5 どかく ち & 

旭日の 昇る 勢; 5 の 立身に 侍 共 を駭 かせ、 叉 その 肝 を 自由 は 役って 盧を 以て 實を搏 ち、 鬼 角して 地位の 



ゐ 


の 受 5 


從ヒ 岡 ま 




< 


此き 


し 


好い 焚 


k 


土 e 


の を 


心 i け 


沙 1 


目め 


人 


ま 


方ら 




い 


草 i 


ん 堂い 

iiS» を 


m の 
ひ ほ 以ぃ 


持》 身み 


汰た 


お、 


は 


づ 




来き 


利" 


t 


、ち 1 こ 


、 


ら 


智ち 


籠? 然 3 




久? 


加 も 






^ *f、 


し ^ 


ひ 


a み 


慧も 


絡 ^ 


る 




、 


へ 


れ 


く 


誰 S ま 

言い tt 


力 > 


し 


れ 


の 


さ 




頃き 


打 S 


て 


出 だ 




% て 


ム 


ば 


有 あ 


れ 


の 




ち 


< 


し 


め 


ふ 利" 


與 i は 




を 


る 


丈 5 




捨も 


れ 




n 


t. %气 


し 思 も 


が 


れ 


た' 


別:^ に 


の 


て 


た 





今ミ 


も は 


易 言 ひ 


地ち 


n 


け 


條? 


早? 


間 ま 


て 


人? 




曰 g 


く 對 S 第 


い 迷? 


位ゐ 


げ 


欺 U 


の 


< 




置た 




忌い 




、 す 


殿 X は 


の 


で 


さ 


餘ょ 


見み 
拔ぬ 






始は C 


ひ 


野 や 


大 5 る 

閤!: 太 S 五 


1 か れ 


威る 




れ 


令ね 
ふん 




m 


め 




火 も 


た' た 


酽ん 


可 を 


お さ 


の 


< 




は 


爱ミ い 




が 閤 1: 


f 


を 


笑 か 


い 


太 ま 

閤 1: 




ft 


身み 


し 


ふ 


_ 'ひ 

>^ 


禾 0"" の 


侮 ま 


損^ 


し 






A こ 




て 


は 


m 


久 f 寵 f 


る f 料 g 


す 




の 




れ 


、ろ 


利き 


暖^ 


m 


i}、 


の 遇 1 


心 を ら 


る 


咄? 


で 


な 




W 


< 


また 


ひら 


半 》 


娘お は 5 


もろ れ 


ま 


し 






知 L 


二 さ 
~~ «ん 


藥 i 





で 


をめ 前ミ 
所と よ 
望 f b 


m\ る 


で 


、 


陰 いん 事^ 
險^1 ^ 


ら 


所 i 


に <0 




無 を 


の 


し は m 




瘦ゃ 


卞 


m 


毒? 


< 


し 




ft ら 


し 


せ 


の 




顔 S 


の 


有 あ 


れ 




は 


し 一? 


、 れ 


て 


て 


比 1 


o 


に 


一 g 


る 


た 


茶? 


道 g 


て 入 i 


是ぇ る 






ベ 


て 


す 


條? 道? 


人き 


道ず 


行 ゆ 


k 深 i 


が t 





枯か 





深 i ね 


で 


理《0 




in 


< 


し く 


大 g 知 L 


て 


れ 




< 


て 


h 






間 S 








掛か 


て 


1 こ 


安》 


見み 






の 


で 


に 


彈き る 


な つ 


お、 




M 


心え 


せ 


た 


の 


~ '72 


無 を 




力 > ば 


m ね つ 


る 


主 ゆ 


て 


t 


て 





や 




し 


せ 


れ か 


落 t 知 L 


、 


おん 




し 








無 を 




ら 




で 6 


ム 


た 




た 




內 1 


な 




を 


れ 


t で 


あ 




る 


で 


譯^ 


れ 






因た 
Jill' ん 

人え 


の 


て 


の 、 





は 


の 


利" 


で 


か 


h 


ど 


實 $ や 


風 t 他 g 
聞^ 目め 


n 矢 や 


深 


身み 


久 1 




ら 


る 




で 


? 1 ひ 


が 


?MH 






の 





し 




や 


h 


さ 


て 


も ic 


h 


心き 


以も 


方? 




て 


a 






立た 




傳? % 


料 £ 

q つ TP 

ら 


のろ 





力 > 


o 


の 


の 




n 




里 W 


は ほ 


何? 


て 


後 こ- 




試 g 


外き 


知 L 


o 






れ 


れ 


で 




手て 




し 


に 


れ 




< 


廣 g 


ば ほ 


て 


無 を 




の 




く 




ぬ 


何 ど' 


れ 


が 


、 さ 






か 


方ず 




ら 


ら 


さ 


處こ 


た 


ら 


臆ォ/ 目め 


幾'? 




れ 


に 




ベ 


は 


批 で 




れ 


斷 2 立 だ 


の 


た 


な 






れ 






て 


で つ 


力、 





上え 







で 


る 


田ね 

tCjy も 


受5 


は 


は 


說 5 く 




が 


の 


n 






體 5 


a 


け 


じ 


を 


k ら 


心え 




mi 







早ま 


出お 


の 


め 





雪 折 竹 七 六 

,i かくつ よつ ね いま s- f あよ あ. s い つ, y うよ それら ゆ ゑ ふ <■ せつ み こ 3/*^ P. 

兎角 付けたがる 世の 1ぉ さて 今の 利久の 寵愛が 一層 好く^ つたの も 夫 等の 敌 ^風説し、 見込んだ 花が 捨て 

み れんみ はの こ たや どこ ど 5 はさ 2 たせ わ や 

られ す、 未練 猶殘ゥ て 親から 取 6 込む つも.. であらう さ 取. 取りに 浮 評した。 する. W 叉 a 話燒 好き I 

ひつ を ひげ ち a ビ q たち ろ^,^^ ら くわて 5 つか もこ S S き, ふ 5 せつ ど か 

—をの 實は尾 鬆の塵 取 達が 六 波羅の 花鳥の 使;: S 其處 のけさ 云 ふ 意氣 組みで をの a 說を わさ, 0® ゥ、 狩ゥ 

! あつ て がらが は さぎみ もど も く また ど つ • は S つ あ t^fe 

宽め、 手辆顏 J^i^ ゥて淀 君の 許まで 持って 來る D をれ を 又 取う 次いで 剝ぎ剝 ぎの 繼ぎ合 tt せ AJt 手に し、 

か 5 けい 53 むつ &ど 3 たく 上 ssf み でんか みみい み まこ ど ,ヒ iJ ふ. J 

香 閨の裡 の 睦言に 交せて 巧み 淀 君 tt 殿下の 耳に も 入れて 見る. - これが 誡 k 度度で あつ. KO が、 不思 

ぎこ ど あ あ -ただ ふんせん たれ こ vJ ろ わる is せつ みみ ^ まさき 

議な事 も 有れば 有る もので 只なら ば 憤然 さして 誰も 心 もち を惡 くす る やうな 風說を 耳に たこの 入る 程閬 

あ ひて へいき 5 はさ をん S. ばか ど あ く ぜ また £ 'は 3 

かせられて 相手 はさつ ば, CS 甲氣 であった 晴 では 何 さも 言 はうよ と SEO で 取. 合 はす、 をの 癖 叉 をの 噂 

3 る こころ か ノ. たも まな どころ あ こおら S だ ビき e ぶん は.,., き 

を 全で 心に 掛けぬ かさ 思へば、 又 をう でもな ささうな 處も 有. 0、 此方で 言 ひ 出さぬ 時 は 自分の 方から 切 

だ いろいろ き だ ひどく ち い よ^ぎみ ほんしん み せけん 5 はさ 

出して 色色 さ 開き出した。 つま. は 1 口 ^言って 淀 君に も 本心 はま だ 見お なかった もの、 世間の t;- 

を y か じつ たいか ふ み ど よ を 

も 何も 角 も實は 大閤の 身に 取って 好い、 うまい 道具に 爲っ たのであった。 

AiVVG ろうらく さ をが ぬ G- きう かれこれ はんだん しかつめ くだ み 

すつ か 6 旨く 籠絡され て 流石に 拔 けぬ 利 久 ながら —— なま 彼是 さ 判斷を 鹿爪らしく 下して 見る 

だけつ ひ ひで 上し あみ 一 おちい しま いくか た いくつき も わん々 5 ふか を か き や 

丈 終に 秀吉 の 網の 中へ 陷 つて 仕舞 つた。 幾日 經 つて も 幾 月 過ぎ て も 恩 遇が 深く 爲 -Ts まさる 斗, の 境, 遇、 

• ^ ^ を またみ ぎ み ひだ & み いつ K-n- み どころ • しん じつ e XJt 

をれ が 一 度 や 二度で 無く、 叉 右から 見ても 左から 見ても Si 僞 らしく も 見お なかった 處 から 具實に 油斷も 

ゆ だ. <r けっく わ むらさきの だいどく J" し & 5 C しん こ 5 ざう たれ た こビ 

する をの. - 油斷の 結果 さいふ は 紫 の大德 寺に 利久が 自身の 彫像 を 誰 はばからす 建てる 事で わった 

^ に ,, て,^ や ,?^ん たつ どひ ビ でい もん 5 へ て 5 ざう はきもの a まま 

言^s盡くにすればIK子將軍の貴s<:も出入,oするさぃふ門の上にょしゃ彫像にし^c履ftを穿sた儘の 



ら どつ た き{ わい るく ひや 5 も ひど しか 35,<: ざ,, >e ぶん あいこ たいか ふ 

老^が 立ちはだかる S は 奇怪な 咄 さ、 やがて 惡 評を爲 る. <が 而も 現在 自分が 爱顧を かう ふる 大閤で わら 

さ だ 5 おい せんけ & いかづち を どき いっこ け 5 をし や 5 を たれかれ ろん 

う^ は! 茶道に 於て 千家^. S ぶ 名 は 雷の やうに 鳴-^ ひびく; g、 一 箇稀 有の 和尙 ふ 名 は 誰彼に 論 

を つた どき 3 たいつ てんし かい K53 けん ゐ てい わ 5 しの ひど *<t ほざ S- ちょ あい 5 a 

無く 傳 へる 將、 で、 叉 一天四海 を握ゥ つめて 櫂 威お さ を さ 帝王お も 凌ぐ 人の 等 閣^らぬ 寵愛お 受けて 居 

ヒき いうげ. S かん.. la- たい にん てき ほどん を み われ ひど おも ち どき あた <5 たさ 

る 時、 S 藝の 鑑識に 於て ハ 1 人の 敵 も殆. き 無 S 身ゥヒ 吾 も 人 も 思って 居る 將、 乙れ らー つ さして 頭 を 抑へ 

を け 5.0.5 5 へ き ゆる こど これ せんな あ ひ あつ だいどく 4J R" ん 5 へ 

る ものの 無い 境遇、 しかも をの 上に 氣を 許す^ S ふ 事、 をれ ゃ是ゃ 前後 相 集まって、 大徳 寺の 門の 上に 

ff た こビ さて *&れ げ を たも これ さ やく をん たね ゆめ し 

SEq 像 を 置く ざい ふ 事 も 扨何氣 無く 思 はれた。 を もも も 之が 避けが た S 厄難の 種 さは 夢にも 知ら 卞、 

お & たか わけ べつだん 上 か こころ け いわい つ ひや ものし たく ちゃくしゅ し ま つ はや たち 3 た. & かふ 

ま<^は傲.o高ぷった譯、 別段に 深く 心に 經營も 費 さす、 ょゥょ 其 支度に 着手した 始末、 早く 忽ち 太閤 

み.; 》 'い fl かほ 3 を K おか やく をん 

の 耳に も 入った。 が、 知らぬ顔." しかもい よ S よ 優す ばか-.' の 恩 遇 —— 即ち S よいよ 近づく 厄難! 

の-」 L たく ^ど で こ も どころ あん ❖ わい たいか ふ だいふん ぬ せきけ た 

1 切 殘らす 支度が 調の ひ旣に 工事 も濟 んだ處 で、 ま^ま ささして 案外な 太閤の 大 憤怒。 席 を 蹴て 起ち 

あが $ くる まい も **-ゐ さん ま、 お くる たつ ののし こ ゑ も 

上. o、 躍. ひ、 かの れ賣 僧の 推參き はまる、 をの 儘に さし 置かう かビ 狂; S 立っての 罵る 聲、 れて 

S- f つた 3 た こど い々 わ S ただただ これ これ 

利久 にも 鹅はっ て 、 さすが亦^Jれも事の意外に唯唯是は是はさばか<=^。 

ねら , て の:?. US い を つ はか あげく つ ひ り f かま $ ち a A-^ 

. 狙 ひ 澄まされて 通れる の は 客 易で 無し、 釣られた 6 料ら れ た.^ した 揚句 終に 利 休 は 釜の 中の 哀れ.^ ffi 

& きの 5 ひ か きん e ゆ み ばか でんか ぎ や £-35 はら も . 

さ爲 つた。 昨日 i!d 引き 變 へて、 近習 さへ 仰いて は 見られぬ 斗ゥの 殿下の 形相、 さも さも 腹に 据ゑ かね 

てい およ 5 .* ゐ さんき け £y あ < ぶつ la まね 3> みちた 

むた 體、 窬に ほこって 推參極 はまる 稀 有の 惡物、 をの 儘に さし 置いて は 理も道 も 立たぬ さばかみ 

でんか た ほい きしょく もん き どころ せつがい *■ きめ か C 'ふ こど 1* S- きう た: ij ろ 

殿下が 大に氣 色 を損ト て、 歸 する 處 殺害の 憂目 をい よいよ 被らせる 事.^」 爲 つて、 利久も 驚き もした 

§—■■■_— = —- III = 11 國 = ——0_— — a - 画 -— - B 



stl 折 竹 七 八 

I 3 たきつ たも ほ い た さど ねん ひ K< はつ 3 で たん あだ を 

のの、 叉屹さ 思; S 直した。 乙 乙に 至って 悟る 四十 九 年の 非. - 白髮 に^って、 をれ 迄の 恩の 仇に 爲 つた 

かんが くお- い ほ! じこ みつ. L こみつ ほ を ねん .,- 

威慨、 口に 言へ ぬ 程 一時に 混み あげた。 蜜お 知らぬ 子 は 蜜お 欲しがって 啼 かす、 恩 さいふ もの をれ 受 

こ ど 1* み たい あやま まね いはれ を かんが わる き お 

けた 事の 無い 身に 於て をれ がた めに 誤 を 招く 所以 も 無し、 つくづく^ 者 へれば 惡 びれ ぬ 氣も起 乙らぬ 

き や. r がい だ. S ビく e ひど. J ど もさ ひど こ, T-e つ K か を L 3 たも は SJ こころ づ 

境界。 大德 寺の 一 事が 逮ま じい 人の ロ實. W 圜ら卞 も爲 つて 仕舞った こさ 思へば 初めから 心 注 かな かつ 

み 1& が い ままた ねか s> い ち 3<3 うざ. f い わ かんにん 

た 身の ぬか 6 乍ら、 をれ を 今 叉脫落 ださ 云 ふだげ が 愚痴. - 「さま^まの 莫 妄想 を 入れ 置きし 堪忍.^ く h: 

.S3 さ 3 っ& たも ほどん これ ひ L 3 せんや かね ね 5 め こだ 

今 切れに け 6」、 末期の 思 ひ は 殆^た だ是。 あくる 日の 死お 待つ 前夜の 鐘の音、 帥く やうに 樹立ち を 

f. な よる あんこ,、 や は これ またせい めい か. *' た. S よ を か めね む さ. みか iSl まんち 5 

潜って I — 夜、 をの 閽黑も 矢 張 6 是亦淸 明^ K 久 代の 世の *o 目 を 瞑った が 最期、 身 は變 はる 土饅頭^ 

さ まんち f まへ & e つ ひど fe ^ « *?- ひど ふか 5 ひビ せ した ほ 

をの 土饅頭の 前に 異日 人が 立ち 駐 まつ て、 わ あ 利久ビ S ふ 人 も 不幸な 人であった さで も 切め て 下 生への 

を ❖ さ つゆ ほ がんち ゆ 5 こど にんげん みね ぺっ こど; じど クぉ ひぶん た 上く のケ 

小 草の 露程 眼中 をうる ほした 事なら ば、 人間の 身 k$5s て 別に 事事し S 愚痴 をなら ベて 非 分の 大 f ど 望 

こど 

も わたらぬ 事 か。 

$ « f む ざん さい- U ど しま かつ は をみ めね む かつお や ぁぢ Lfc かほ てん 

旣に 利久も 無殘の 最期 を 遂げて 仕舞った。 甞て花 を 見た目 も 瞑ゥ、 甞て茶 を 味 はった 舌 も 乾いて 天 

か いちにん ki よ ひど を ひどこの よさ あ だい もよ ほ かんが てんち い く 2 ん 

下 また 一人の 似寄. < ^の 人 も 無く. i ^つた。 人の 此世 を 去つ € き k 當 たって、 第一に 催す 考へは 天地 幾 萬の 

ぁ《^ .cr ん じゅ か にん ものし ひど まった SSJ こ 5i こ はよ お を ひど &: 

蟻の やうな 群集の 中 また 一 人 も 其 死んだ 人 さ 全く 何處 から 何處 まで 似寄った ひし 同 t 人の 無くなった 



u, こど ただこれ お. * ふたた また 6 ど もの ひど も せい ほか ふたた これ あ ひみ で 

さ 云 ふ 事、 只是 か?、 同 卜 ものが 再び 叉 索め られ す、 其 人の 蘇生す るよ. OS 外 は 再び 之 を 相 見る こさの 出 

き, ゆ ゑ ほ 5 い 5 これ を また か >{1> き 5 てき これ おも いだ よろこ ► たいか ふ これ 

來ぬ 故に こも 朋友 は 之が ために 惜しみ、 叉 悲しみ、 仇敵 は 之お 憶 ひ 出し、 また 喜び もす る、 太閤^*-是で 

ありた。 

とろ L »^ H*iJ い のこ る ざ しき e ふき いったん & のむ ざん L ひどめ 

殺して 仕舞って 腹は瘛 えても、 な 1?.- 'ひに 殘 CN て 居る 坐 敷の 什器、 一旦 は 其 無殘に 死んだ 人の 目に も 

" かんが ひ しゅうじつ よる しゅうや fl&,.* の か^かせ L にん かほ やや かた かる を 

觸れ た^ 考 へれば、 日 は 終日、 夜 は 終夜、 品物の 稜稜に 死人の 顔 もちら ゥ くやうな 稍: 肩の 輕く 爲ゥ 

どころ 5 れ ► し W は おもしろ &> ? 23 のこ をげ 5 し 3 

た 處は婧 しし、 死に顔の ちらつく の は 面白く も 無しで 什器 殘らす を拋 つてた たきこ はして 仕舞 はう か、 

^^^9^ ゐ やかた あ やかた かつ もの ひ ビ あざむ JO ころ やかた やかた くづ ほ のこ ゐ よ t ぎみ み 

猶殘 つて 居る 館 も 有 6、 館 11 曾て 其 人 を 欺いた 處の 館. - をの 舘も頹 さう か、 猶殘ウ て 居る 淀 君 も 有 6、 

> ひどみ <- へかった づ 上さぎ み のこ どころ も ほみ e f> ん ころ をん 

淀 I - しかも をの 人の 身の上.^ 曾て 尋ねた その 淀 君で 殘る處 は滔身 も ぁゥ、 自身 を 殺せば 何にも.^ らす 

ビ ct ほん * お 5** ふ もよ ほ & たんしん こ しゃ5 ひき 

取. 直す 情 は 熾な から 懊悩 も 催した。 し ゥ か.c^し^c^氣をはげまし單身ただf>Jづ かの 小 « を率ゐ て 、 

ひど ま— よる L ひビを てかげんお やゆ ざ, C まい 々ら あか S- むか ふ どみ 

一間 さ 乙る に 夜 乙 もって、 もの 死んだ 人に 敎はゥ た 手 加减で 茶の湯 三昧で うす 暗い 火光の 向 ふ を 不圖見 

て k . S づく 3 a しろ ひど か 5; こ ちら. め a かにら 

れば ほんや. OS して 蹲 つて 居る 白い 人影! かの れゥヒ 此方 も 目 をい からせ、 齒を 嚙んで 睨めれば、 

かげ き ただの こ かれみ し ふ. *3 ム かせ あめ よ な つぎ み ら 5 

影 は^えて 只 殘る枯 蘆の 澳。 吹き かくる 風 も 雨 を 呼び 顔で き ゥさ爲 つて 次 を 見 かへ. <y、 「三十 郞 これ 

よ よ をべ で こ 5 がん びし や もの ひど <» ,7 & てん もの ひど. J ほ も £ 

へ」 ^呼べば、 呼ばれて J んゥ 出る 紅顔の 美少年、 物す,^ い 一 間の 中ー點 のうる はしい 物に 一 入の 凄みお 

をみ こ しゃ M.S ほ ら 5 ちゃくふく ちくしゃ 5 xyf £<c むろ ,rt こ ぬ をの 

添へ て、 見れば をの 小姓 掘 三十 郞の荖 服 は 畜生、 をれ も 薄 ひら さきの 獨鈷 を 白く 橫に拔 いて、 しかも 其 

を たさん るん わん 

名 も 阿三の 因綠! 

雪 折 竹 七 九 

I MTL i( s ! > 




力) 

< 

れ 



は 

小 こ 
m 

る 

岸き し 



卞", ^ vs." S V 



韻文 大!^ 王 八 〇 




ゆ ふかせ の をよ ぎ を ど 間く 

海老 蟹 ささ もに 群れ 居て 

あし ね お W ひ ic- の > . 

蘆の 根の 麈浞 を 吞 ひ。 



雲 ひ £ へ 夭 地 を 罩 めて 

さは くら あめ たま 

澤閽し 雨の ら玉、 

かせ を やま 、 

M 鳴. て 山 ひびけば 

あま はれ あめち 

夭晴! さて! 夭 地 を 

あさ め こ 

淺 まし や 目し; 3 の 小 

て ひらた さ K 

手の 掌 足らぬ 澤 

われの みの 夢の 

とど & し , . 

事 成. て はじめて 知れば 



は 雲に 駕.^ 行. 



i 




® 謂 文大龍 fH 



H ひや かみ a ぬ だいわ 5 

破^ の 神、 威 怒 の 大王. 



C つげつ 

日:!!: さ 力 を たぐ- V 



夭 向 f わが く Ktf に 

-JJj ほ はれて 光- y % 空し。 

つち さめ 

壤 何 ど! わ が むら 雨 は 

涵 されて 海 こ を なれ 

かけ き 5 まん 

大鵬 の 翔る 九 萬 

ゆめ. 5- き た 

わが 夢の 呼吸に も 足ら t 

ふゆ み ひろ 

蜉辦 の 身の 宏し £ わ ふぐ 

だ. S せか S ま こ 

大 世界 捲き も 込め け 



難'' 

'に- 



八 



かみ やさ 

k^AV に しまぬ 神の 宿、 

ほ^け の 御座 が 知ゥ たくば、 

しゅ < & き よこみ 

宿の 擾の 木お 橫に 見て 

蜘手づ た ひ の §き あた. o、 

茅 の あばら や 尋ね 見よ。 

や み, y あち 

かさう % 納屋 の の 味 

ふ み び ど 

雷め て % 見さい みやこ 人。 

さしみ の つま の はつ.^ の あ 

おそ こ がね あち 

鈍 や 金で ,お つけて 

錢を 嚙む齒 のよ く 見れば 

さて も した 6 や 金 入れて、 



⑩ 田畫聚 

まて 來 S な..^ 

やつち や して 求い、 して 來ぃ な! 

まか. いでたる をれ がし £ 

名のる も かかた 管 なれ^、 

管 はこの 性の さほ. もの。 

くだ そら み わせ てんもん 

管 で S 見る 似非 夭玄、 

くだ した げも t や. r& 

管で 舌 まく 下司 上 111,、 

L 上ら 15- ん 

よって くだん の 證文も 

神 や ほざけ の 知らぬ もの 

ね は よ か 

いつは. CS 多き 世の 中 の 



をね か 

かやお の 脛の 嚙み よさ よ! 

かまゆで 

あたら S のち を k 

むし ころ いど 

虫 を 殺して 糸 さみて 

お みがら 

織 As て かづけば 身抦 よき 

みやこ 

もれが 都 S ゆ ふぐれ の 

あち L び W 

乙の 咏 知る か みや 乙 人! 

L つち & 

知らで ひさむ 土 € 爲る^ 

はん をう ひ 

つね 煩惱 の 火 S も なる で 

みづ を 

うはき 乙 K- の 水 さ 爲 るで 

鳴る な 瀧つ せ さう さう € 

いちや を S- 

1 夜 の 澄 招 % SJ< ^まらす、 

み, つ 

めぐれば きょき 水ぐ る ま、 

S 'んね .& ど 

乙れ も 輸廻 の 糸ぐ るまで 

外界 は 修羅 の 矢ぐ る ま R 

ふ かざ 1 

ZZ は を、 ら 吹く 風ぐ るまで 



げかい か S- 5 しょ 

外界 は 假の 御所ぐ る ま、 

B を 

ZZ は しぼまぬ 花ぐ るま^ 

げかい つみ に 

外界 は 罪 の 荷ぐ る ま に、 

ねむ 

?£ は 眠, o の うまぐ るま^ 

つづく いのち の 緒ぐ る ま ド 

こころ をが 

VD は 長き うしぐ るまで 

くる わ くるくる つ- \5 くらめ 

ふる も 

乙 ど の 敌巢 の たのまれて 

はる ちょち よ を を 

春 は 千代 千代 鳴ん 鳴き つれて 

やまぶき あきた ぶき 

乙^ 5 き、 山吹、 秋 田 藤、 

笠の や^ ゥさ 言 ふて ほし 

ひ 

曰 に やけて 

はん を A- や つ 

S まで も 燒き 盡 くし, 

ま rJ さ の ほか は つ ひ 觸れぬ 



田舎 聖者 八 三 



て ,*-き くわ まめ > 

手 鋤 鎌の 豆 を さ こ。 

誰 ださ かも ふ、 つが % ねえ。 

か へ かみ 

借 6 て も 减らぬ 神 の もの、 

せ 《J いひ こん e き 

»h の 入 6 日 の 金色 ド 

ひ ひめ あか 

をの 日 をの 日の目の を 

ゆ さつ 

ぬぐへば われ も 1 なゥ 

ひど ゆ ふ はた 

人 % ぼさつ さ 木棉機 の 

音 も き 乙 ゆる かへ 4 みち、 

つ 3 てわざ た 

妻が 手業 も 誰が ため さ 

思へば たのし 世の中に 

われ も ね ぐら か、 ひら がらす、 

か あいか あ S よ > 

可愛 可愛 さ 呼び か はす ◦ 

< び 

首 しめる 

わ S ま B1 きぬ 

襟卷 ならば 鍋 も 何! 

ひ V- 

いく を の 人の あぶら わせ 



a ウて つや ある 唐び つ ド 

愁 を を さめて えん やら さ 

ゆて しで やま 

さして 行く手 は 死 出 の 山 

さん づ が は 

やがて は わたる 三途 川。 

げ だ 5 さど はち ちん 

外道の 里の 八陣に 

ま 上 - 1 

^ 迷 ひの やみ の くらま ぎれ 

" ね » したき 

をれ 覺 えて か 舌 切り の 

S ひかし がた 6 を 子/^ 乙 k 

き^み あげて も 年の 皺、 

^ ^ 後生 さ しらが なる 

やせみ ね も が.^ よく 

痩身 に 重る 强愁の 

あくま あくげ だ 5 

すがた は 惡魔 惡 外道。 

げ だつ げんせ く 

解脫 現世 の たのしみ を 

あは 

くるしみ € する 哀れ さ を 

のべ みづ— 

. をれ わ fl- わら ふ 野邊 の 水。 



m 舍 聖者 



八 四 



みづ よ みづ み 

水 は 乙の 世 を 水 さ 見て 



たれ に へだて も なかなか ド 

草 も けもの も 鳥 も 呑む。 

tJ や, r こん げ こん せん あくま 

上 根、 下 根、 善、 惡魔、 

しゅう ちがた を 

主 を 乙ろ した 血 刀 も 



親に もて ゆく 1 桶 4" 

に 無し。 

つかれたる 

や ぎつ ね を おも 

痩せ 狐 に は 尾 も 重し。 

餌に こさ かかぬ 籠の 鳥 

く. pa 

されば 雲井 の 乙; 3 しさ i 

笑止、 しらぬ が 名ば か. の 

& ころ び ど 

は S け 心 の みやこ 人 

みやこ ^ 

都 て ふ 名 の やさし さ に 



か、」 

籠 さも しらで 乙 も. OV く の 

果て は 地獄 を よ を に 見て 

こころ きも も 

心 を くだく、 肝 を 磨る で 

も ゑ ひビ 

する する 磨. 餌 1 はち ,ぃ 



乙れ 萬 人 の S のち さて、 

む げん てち 

あだし 無 間の 寺の かね、 

なさけ なや、 

む e や 5 ひど 

無常 をスに ささらせす 



とほ 見 に も 

ゆかし わが 家 の S たびさし、 

かもみ まく も., y 

霞の 慕に 雜 させて 

くろ さて 

黑 すむ かげに 扨つつ む 

おも 

たのし 思;! 5 は いか ばか. 

か ぼる t わけて 見、 わたせば、 



田舍 聖者 讀む 



八 五 




田舍 聖者な 讀む あたみ 無. 黃 道 士 

し々 わつ みっか こくみん しんぶん ふ ろく かか りつぶん {5 め 5 さい. L ゆ じん ゐをか しめ 5tJ や つ きんらい いちだ. S さく S ち 5i< 

四月 三日の 國民 新閗附 錄に褐 げたる 律文、 美妙 齋 i 人の 「田 舍 ffi 者」 は實に 近來の 一 大作な 0、 一 讀し 

上 so き ばつ さや 《- たん さいさく さく C こ 5 ち かんぷく さん^く く て $ け. S め 5 あ わ も 

て 用語の 奇拔 なる に驚數 し、 再讀 して 措 辭の巧 総 5 & るに 威服し、 三讀 して 句 調の 輕 妙なる に 厭く を 忘れ 

ぁ あ ん ゆく わ S もんじ e つ きんねん ぶんがく しゃく わ. S ふ L ん さい よ *j も く き や.,' S お だ. ん さく 

しむ、 鳴 呼 何たる 偸 快の 5 字 どや、 實 近年 文 學社會 の 不振に 際し、 世の 耳目 を 驚すべき 一大 新作な. o、 

これ ,.. ゆ e ん これまで さ < つ. & ひや さんぶん おい むさし の S- つぶん おい このへん しゅじん ぶん 《• くしゃ 

之 を 主人が 是 迄の 作に 就て 評すれば 散文に K て は 「武藏 野」 律^5- は^て は 此編乙 を 主人が. 15<學 者 さして 



うき 世を 思; S 引きし ほ に 



のど- 



み づ 

水 かがみ。 



53 でて .IP きょき 川^ 乙 ti 

は K け 

佛 が 

夕日 の あかね やや のこる 

そら くもま 

空 の 雲間 の をれ を 7】 が 

むしゃ ていざ 

無上 帝座 か う. う £ 



f % や を.^ 卜 ^ すね 仲間 

やさし 顏 して あれほ^ の 

酸い 實 生る さは 思 はれぬ 



をれ も 誡. かで きよらか な 



つゆ 



露 さ 乙よ; S % ひつ 言 の 

名殘 の 笑顔 か はらす に 



風 が . ささやく 蕭 の罄。 



みち 



さらば さらば! 路 の 



さらば 叉 明日 見せよ .s- し 



田舍 聖者.^ 讀む 八 六 • 

i-i III -III ■- 1— 隱||理誦=麗『8 Tr I— —^inlll— nnn —ilnnlllll^nllln^l 

い らい けっさく い 

以来の 傑作 さ 謂 ふべ けれ 

きんら ハゐん ぶん をの よ あら ものた ほ S へ SJ $ よ き かみ &f f& あへ このへん 

近^ 韻文 さ 名 乘ゥて 世に 現 はるる 者 多し €雖 も、 半ば誦み來て紙を拋たしめ^^;るものは鮮し、 敢て此 編 

め 5 ひ た べっし あらた e つよ た © つぶん かち L さ 5 び 

の 妙に 比して 他 を 蔑視す るに は 非す、 他に 實に誦 ひに 足る もの わらさるな <>、 律文の 價値は 思想の 美よ 

むし f.5e び L や S しか た もど に ゆ. J5 こ 5 く は さく c め 5 

Av%. 寧 H: 修辭の 美 を赏 する ものな. 9、 然るに 他 は 元よ 趣 ェの巧 あらさる 加 ふるに 摺辭の 妙 あら 

*W た t* づ ハん ぶん しゃう けつ た 5 &ん ゆ ゑ したが ほゐ A C ざい L や 5 ち た お Af 

す、 叉自 から 韵 文さ稱 すれ^も 决 して 押韻せ す、 敌に從 つて 步 韻の 自在 を 賞す るの 地 » し、 唯 だ 音數を 

L ら て t S つ おん しゃ 5 * &か ど どの へ. S へへ fl ん ほん f> さ 5 やひ へ 5 ざゥ げんじ 

調べた る點ょ 6 は 俥 文 ^眼すべき^、 中 ktt 調 は^る も あ 6 て、 甲 凡 凡の 思想 を 野卑 S 雜 なる 言辭も 

ズォが い あら い ほか 

て、 長たら しく 言 ひ 現 はした るの みと 云 ふの 外な し, - 

し. ん こ CN へ t たま よかん けだた かん も 5 もん t> われわれに ほん じん くお てき はん もこぶ わ 

主人の 編が 4^ に 余お 威せ しめたる は、 盖し 他の 乾燥 文字が 我我 日本人の 口 k 適せ さるに 反し、 頗る 和 

ゆう き ふく は, si かくて 5 てき t よくい, おも しゅじん このへん つづ あた た ほい 

融の氣 を 含んで、 甚だ 格調に 適した るに 職 由せ 卞んば あら 卜、 想 ふに 主人 は 此篇を 綴る k 當 つて、 夭に 

わ M-t く e ん K おさ. x-vs どころ 4: や 5 る 《- さんか- 5 を これ た ほや さき お ほ. S l^v つ ひや 

我國 人の 日常 口にする 所の 淨瑠墙 を倉考 したるな.. =,^、 其の 之 を 公け にす る; 先 だち て は、 大に 推敲 を 費 

^いこ 5 つ ひ a ん e わ. T わ 5 む e ふたい あ ど まぬ もの た わ もの あど 

したるな <>、 推敲.^ 費やした るの 文字 は 往往 無理 澀 滯の痕 ある を 免 かれ^る 者なる に絕 て其痕 なき はこ 

L ゆ et- しゅ e ん どころ よ きんらい しゅ ん さくいつ まん べんいち りつ へんく わ ど! SJ ゆ 5e5 の 5 こ,.' てき 

れ、 主人が 主人た る 所 4a>,<, 人 余 は近來 主人の 作が 何時も 万鴛 一 律 はして、 變 化に 乏しき 優柔 濃厚 的の も 

i み ひ, C お &へ L ゆ e んもで たいか Lt わ みづか どく どくせん いま をた め. つく ti> 

の 夕.^ きを 見、 私 かに 以爲 らく、 主人己J:^K家の稱を得て自ら得得然Sし、 今 は 名の 爲に 作ら 卞 して 名の 

2* つく ひど おは やん か を まこ だいさく み たよ そのし か f> よろこ これ 

爲に 作らせら るる 人^な 6 了れ <>、 已 ぬる 哉 さ 今 此の 大作 を 見る に 及んで 其然ら さる を 知. 喜んで 之 

しょ 5 やう • 

を稱揚 する ものな ゥ、 , 



いで 5 んぬ/ せん へき? 5 く ふか をん ら だいたん この だいたん くわい 

^まかA^出たる」云云の前は、 劈頭に 「やつち やして Nls」 の 句を附 加した る は 何等の 大膽 ど、 此大膽 快 

かつ ま ビ くしゃ }^ や i-rc ん かんぶく ざいれ 5 これら やべ ケ< きよく もんく き.^ > 

活が先 づ謅者 をして 驚歎 感服せ しひる の 材料たら すん ば あらす-、 是等 凡て 俗曲の 文句よ. 來.^ たる もの 

ら のた & たき みづ 1 二 feebly た ため おも たの よ <* か s^、、p,^^ -ぉ ほ. S^5J なに 

にして、 其 他 「鳴る は 離の 水」 三销 誰が 爲^ 思へば 樂し 世の中」? 力.^ 「をれ 覺ぇて か 舌 切の」 《2r 及 

ひど < f JttJ ク :!?^-をらび やせ,. t ね も が 5 よく Ai^vv ど 5 いづ を ケく きょくせ^ つ 

び 一 句 挿入せ る 「なさけな や」 檢ク t 弁に 「瘦 身に 重る 强愁 の」 恭 力..^ 等 何れも 其の 俗曲 然 たる 點か 却て 人 

f ** や も ど を てき ゆ へん 

口 k 狎れ 易く、 唱 ひものに 適する 所以な. 

f> ゆ C ん このへん ねい ちか 3 つ. V のた ケ くきよ くがく しゃ を &ど , C ざい かけ々 ちゃ. 5 もち ^ 

主人 は 此篇に 於て 近 核 其 他の 俗曲 學 者が 爲 しし 如く、 自在に 掛ロ調 を 用 ひた. o、 下司 上 tlx, よ. ^よって 件 

か か • • 

さ 掛け、 水 さなる よ.. CS 鳴る は満さ 掛け、 うしぐ る まよ ゥ くるわ くるくる^ 掛け、 えん やら さよ. さして 

か I か — をのた き は く て..' 05 ちゃ 5 ^や 

行く と 掛け、 山よ. やがて さ 掛け、 rJ, て 4 くの よ. 果と 掛け、 其 他 極めて 口調の 流暢 を. 1^ したれ は 第 

い つ fj. や 5 くだん へん だ. S さんしゃ 5 くび 5 ん ぬん まつだん だいしし や- 5 くび へん を こ いみ めい 3- や 5 か &ど 

1 章 「よって 件」 の邊、 第三 章 (首し める 云云) の 末 段より 第 四 章の 首の 邊、 少しく 意味の 明 暸を. K く か 如 

どころ かか ほ い どね い どた 5, $ が げん もち , ケく 

き 所 あるに も拘ら す、 「糸^って 織って」 "^云 はすして 「取. て 織 て」 ざ K へる 杯、 雅言 を 用; S たる か 俗 

きょく ち あつ つねめ だ もの かか ほ わさ こて 5 ゐ& > か しゃ 5e や こ>^5 ふ K 

曲の 中に 在て は 常に 目立つ 物なる k も 拘らす 、「つが もね え」 は 江 つ 子 調に して 田舍 聖者の 詞に は不似 

あ ひ かか は かみ い いみ か び ど し さ 5 か 《-し よ 5 も かか は また をの かみ あ W 

合なる k も 拘ら卞 、「神の もの」 な,^ 云 ふ は田舍 人の 思想に は 高尙に 過ぐ る はも 拘ら す, 盔ハの 神の W に 

ただ ぶつ & もち こん じき つ £ ど ふ つ &ぁひ かか ん よ ゆ. いつ との 

直ちに 佛語を 用; S て 「金色」^ 接け たる 如き 不 釣合 あるに も拘 はらす、 難なく 誦み もて 行かる る は 1 に此 

&, -NT ちゃ AT- どく よ • 

流暢の 德に 依ら すん ば あらす、 

しひ をん S t. たづみ 上 そよ を み も &ど SIS もこ f-i.- くわん てき たづ き 

强て難 を 云 はば 「茅の わ ばら や 尋ね 見よ」 は 餘所餘 所し く 見え 過ぐ るが 如し、 今少し 生觀 的に 「尋ね 來 

田舍 聖者 ズ厶 I? む 八 七 

,1 I ,r I 1,1, —に: い ^ m rr^ r^M ^ 



田舍 聖者.^ 讀む 八 八 

をん てきせつ い あら こど ね やち ね か £ もんじ のケ ん 

よ」 さか 何^か 適切 k 云 ひ 現 はした き 事、 「親父の 脛の 嚙み よさよ」 は嚙 みよ さよの 五 文字 望む らく は 順 

ci に もんじ さんもん c さんもん C に もんじ もつ S* ゥ ただ こど かせ せん 

序 を 二 文字 三 X 字に せす して、 三文 字 二 文字 さし 以て 律 を 正した き 事、 「6 う. う S 風が ささ. 5^ ^..^ J は 前 

き 上 .St} や 5 のち しゅくしゅく a み ふ つ S- あ ひ もヮ あらた L ら 

k.<rN ラ .0 うさ 淸ら かなる 以上 は 後に 寂 寂 たる 意味 一 ささやく」 は不約 合なる を 以て を 改めて 「調ぶ る」 ど 

* &ん Y ク e こど このほか をん もちろん <ゎ つばん あやま 3- み SJ ころさん が 

か 何 さか 別 字に したき 事な..^、 此 外.^ 難^て はなし、 勿論 活版の 誤 さ 見 ゆる 所 三 ケ所ぁ あぶら あや」 

あぶら ころ しゅう ころ よ たも ひき おも ひ 

は r 膏 にや」 なるべく 、「ぬしお 殺した」 は 「主 を 殺した」 なるべく、 「うき 世 を 思へ HF しほに」 は 「思; SHK き 

これら さくしゃ つみ あら をれ よ S かい 

し は」 なるべし、 是等は 作者の 罪に 非す、 夫 £も 余が 誤解 か、 

< f & つづ かた つい しゅじん げんかく ろんしゃ ほん ぺん Is か&ら お 5 ゐ よ 

句讀^ 語の 綴ゥ 方に 付て は 主人 は嚴袼 なる 論者な 力、 本鴛を ffi す も必す 注意 をな したる. 1^ るべ し、 余 

もど しゅじん $J,T 'い ゆく ゑ さんぶん &sr_c &ん& あ ひだ を か きをく じっか.? < f か をら 5 

は 元より 主人 W 同意に て、 行末 は 散文に も 言語き 言語の 間 を 離して 書く 規則 を實 行し、 句 讀をも 必す打 

こど L ん々 わん もの しか このき をく つい しゅじん よ S けん こど てん の けんき, 5 れろ 

つ 事に したき 心願の 者な ふ、 然 れば此 規則に 付て 主人 €余 ^意見 を 異にする 點 お述べて、 研究の料 さす 

ベく 思 ふな. o、 

L ゆ e ん ほん べんち ゆ, T ざ もん < s お かか かんたん く, もち S かに S つばん ぶん ねい 

主人 は 本鴛中 疑問の 句に? を 用 ひ^るに も拘 はらす、 感歎の 句に は! を 用 ひたる 如何 どや、 日本 文に 於 

S3 もんかんたん く あら は ため どくべ つ ふが 5 もち S ろん よ. y の a- t しか や 5 ぶん ふ 

て も 疑問 感歎の 句 を 現す 爲に 特別の 符號を 用ぶべし ざ K ふ 論 は 余 其の 理 わるお 知る、 然れ^ も, f の符 

もの ま 2 は ほんぶん もお よけつ も & み ゃ<- ぶん へ く. 《ち ゆ ゑ ぎ 

を 其 儘に 日本 文に 用 ふる は余决 して 其の 理を 見さる. J&o、 洋文は 平 叙の 句に • を 用 ふるが 故に 乙 そ、 疑 

** ん く かんたん く ども をの か ぶ たぶ ど- ろ もお はつばん く てん もち .se や 5 

問の 句、 威 歎の 句 共 k? ど 其 下部 k 帶る 所の?! を 用 ふる なれ、 日本に て は 句點に を 用 ふる 以上 は、 

ぎ もんかん 1;£ん < ね& W ふ?. う S f ぶんしゃう L5 び く まゥ 

疑問 威 歎の 句に 於 て も に 似た る符號 こ を 用 ふ ベ けれ、 ? ! H て は 毫^ 文章の 終 尾 i&<> 句 末な ウ^ の 



かんかく ^く しゃ あた t ど あた 

烕 覺を讀 者に 與 ふる 事 能 はす、 . 

L^c^ もで もお もち ど き はつぼん く 5 はふ L たが ふ 3 た だいよ 5 この あちし 

主人 は 巳に? を 用 ひす、 用; S さる 時 は 日本の 句讀 法に 遵て、 叉 は P を 用 代すべきな, 然る kr 此 ft 知る 

> み び ど た ほ したき ね 上 むじ や S ていざ さんく ども し t < てん 5$J.,1 

か 人」 「をれ 覺 えて か、 舌 切 の」 及び 挺 I 上帝 座 か、 う. うさ」 の 三 句 共に 「か」 の 下に 句點 を^さ 

. k ► 1々: ,、 ため お".. た. り よ $ よ ど ほみ わ や い たび L 5i くど も L ゆ 5 

す、 又 「誰か 爲 へぱ擧 し、 世の中に」 及び 「遠見に. ゆかし、 我が家の 板 の 二 句 共に 「し」 の 終 

.J げん くてん ほ $j こ また かつ み みやこび ど をら くもま c づ -れ c く かん 

止 言に 句點を 施さ 卞、 叉 r 甞ても 見さい、 都人」 及び rs の 雲間の、 をれ、 を 乙に」 は 何れも 命. $ ^句、 感 

たんく . , ほ"」 こ か あるひ に ゆ じん この どころ したがつ ほ SJ こ どころ たね A- のこ ど しゅ じん ち 5«- た 

教句 なれ は を 施す 歟 或は 主人の 好む 所に 從て! を 施すべき 所なる に 絕て其 事な し、 主人の 注意の 足ら 

は くわつ ばん あやま S- 

^るか、 將た 活版の 誤 か、 

-I ね も. S か ftR- y & 5 がつ S ち & もの あ:. S だ ま を 

「たのし 思; S は 如何ば かり」 《r たのし」 さ 「思 ひ」 の 一 一語 合して 1 語 e な. し 者 なれば、 間 を 離す ベから す、 

^ . もつ れん ケく ,r れ &みだ まぎ た かた るゐみ みこ れい L ゆ C んべっ 

離した くば f を^て 連續せ しむべし 「嬉し涙」 「くるし 紛れ」 「いさし 御 方」 の 類 皆 此の 例な ゥ、 主人 別に 

せつ . k こ を はたが ひ ろん き 5 Z にち かんがへ わ 5 しゅじん この さく たつ ぶんがく 4J や 5 い ちだい げんし や 5 

說 わらば、 乞 ふ猶 互に 論究して 後日の 者^.^ さん、 要する;^、 主人の 此作は 實に 文學 上の 一大 現象^し 

み きも クき しゃ ど $ 

て觀 るべき 4}- のな 6、 記して て 貴社に 投す; (國民 新聞 所載- 




田舍 聖者.^ 讀む * . 八 九 



羽 は 

風 S 

知 L 

ら 

ぬ 

戀き 

風 S 



鳴 意 お 
子 ^ 中 g 

の 小 こ 
す 

す が 
め 

呼よ 
び 

の ^ 
の 

が 

It 

身み 
の 



It 

し 



力) 

t 
へ 







ば 
さ 

を 

へ 
て 

寄よ 
る 

み 

の 



共 f 行 ゆ 
さ さ 
へ ね、 
づ へ 

h b 
の の 
評? わ 

m n 

I こ 鳥 (0 



t. 名 は 羽 は 

^さ を 

切 S 伸の 
つ 利" す 
て 得? 

家' レミ 

の を 

の 

c 鳥《 

ま 屋ゃ 繁冗 

6 昌ミ 

や さ ' 
さ、 て は 





力) 

ま 
く 
ら 
山; 

の 



注? 
意い 



書か 

下 4 
し 

•ii か 

r 
や 
は 



m 

m 



石 






顏ゃ 

m 


-ひ 
ど 


氣 




れ 


籠 こ' 


月? 


づ 


% 




崖 や 




る、 


X 






卞 


へ 


し 




水き 


の 


ま 












a 




か 


It 




き 












靨 4 


に 


足 5 




% 


は 






ぶ 


や 






に 


曰 ひ 


み 





程' 


碎も 








て 




け 


陷! 




せ 




は 


る 






す 








1Z 


暮《 






有 


に 


ぐレ K 


^^如 






る 





さ つ 
何 ま 
さ 




伯 を 
父 S 




掛か 


け 




IT ふ 


れ 


け 






て 


が 


小 こ 






UK 


の 


1/^ 



櫂: 
面' 



ほ 

U 梶$ 

原? 

k 九 < 

郞 5 ら 



は 





る 

が 

岡 ま ほ 
、 し 
月づ 
夜 I 6 

お 

に 
し 
た 

の 
の 

鼻 ま 、 

毛げ 帆 ほ 句ミ 
配 ま 

を k は 
從 f 

伸の 孕' t ^ 
ばみ の 
すて 淨ぶ 
瑠 尾 
璃 a 

さ 
ら 
に 
違 § 
は 
ぬ 



小 



裉 



で 
れ 
で 
れ 



縑倉小 雛 失明 恨 . 九 〇 



これ た R> L ん c つ 

s . 思 ふ s か 



をち は惜ぃ 

うん さ さへ 

左し むき をち 

鎌く ら^の の 

かち ほら ,《ん 

梶 原が 一門 

きた かた 

牝の方 さ 

が てん 

Z Z に 合點 



か、 嫌らしい か? 

やい、 喃。 

言 ふた なら 一 

たれ あ .ー 

は 誰 有らう、 一 

たき ビ 

の 一 

なる しあ はせ 一 

が 行た ならば 丄 



いつ 迄 を^い な、 いやさ 乙れ」、 も 

ひざよ どの 

膝 さし 寄 すれば ちゃ ウ^ 飛び退き- 



「わ * 申し、 



た ほ 



數 ならぬ 身 ド 過ぎた 仰せ。 

ぁゥ がたい € ■% 嬉しい さも、 

お れい cv-ff つ 

御 鱧 は 言 菜 に 叢く せませ ぬが、 



鎌 倉 小 雛 失. 明 恨 



つねづね % 申す ,ヒ ほ. *y 



いささか 心願 有る 身のう へ。 



ig: ^ 言 ふ 字 は か た 錠 の 

て 3 へ たい y ど 

手前 R 對し、 をの 事 は」 £ 

S, こ ゑ 

言 はせ も はてす 聲 あららげ、 

さて わる 

「はて、 探、 レタ^い 惡 すまし、 

閬 きたう も ない の け 沙汰 

顏 いろ かへ て 腹 立ち やる、 

さき を ほ 乂^? 

先 が さう なら 猶の事 C 

ひや $ さく を どこ あ 



兵 作 S さ いふ 男の 有る は 

し i これん ほ 

知っての うへ の 橫戀 慕、 

いち か おも ひ ど ほ > 

意地 に 掛けて も 思 は 透す G 

. をれ も 是 

人並の 男 ならば 鬼 も かく もで 

あた 活地 ^い 青二才、 



九 1 



•<§0 ►oQcH =3og>- 



土 2 亭?、 赖 g 宿 5 心 
臺 S 主 も ひ 中 



名-ゆ ほ 無む 膿 ふ 



縑倉小 雛 失明 恨 九 二 



風 吹き 烏 の すかん びん、 

5JS や のき 

鳥屋 が 軒 を うるつ いて 

ゑ C き あ は if ^5 

餌食 ド 有. つく 羽 拔け鳥 に. 

だてが 何に 爲る! 

ていしゅ 5 あ 

の 亭主 ド 打ち明けて 

は 知って 居る なれさ、 

は 木佛、 いし ほ.^ け、 

が 咄し に のらぬ ゆ ゑ、 

それで 4 りき ぢき ロ說く の を 

だか 

外れて S つまで をれ 鷹 の 

高 を くくった 落ちつき かた、 

彈 かれたら ば をれ な k 

ゆび ひこ くら 

指 を く はへ て 引っ込 ひ 九郞さ 

思 ふ は 大き な 威ち が ひ。 

ゆよ を か 

襟 も £ で 行く 世の中 に 



上く わ もき い 

慾 は 忘れて 來た £ 言 ふ 

その 爱ら しい かほつ き を 

ち 上つ ど み 

よう 7- れ 一 寸 見せて たも、」 € 

また さし よれば 据 はら; 5、 

いや らざ 

I あの、 わしゃ 否 で 厶ん すわ S を o」 

「何、 いや ぢゃ さ?」 「あい」。 

1 これ たの 

1す.<^ゃ 是 まで に 赖んで も 

, い き 

^う でも 否 ぢゃ ,ヒ 言; 5 切る か?」 

「否で 厶ん すで いや や の」、 S 

せい く らろ 

はねつけられて 暴き 入る 九郞、 

「か.; - よく 言 ふた、 よく 拔 かした 

お を ia> さけ か を か 

の 血 を 吸 ふ 情の 數數、 

駄 に 爲 つたら もつ ち も 男。 

ら かかぬ 用意して、 

を ど こ 

に 男 S さちぐ るへ! 



^ 敷き 開 ま 願 S 



縑倉小 雛 失明 恨 九 三 



, ォ I .... 1/^ ^ W wffl> 



ゑ からこ かみ 

笑 ひ や 唐子 の 紙ぶ すまで 

襖の かたに 身 を 、寄せて 

4J こく さる 

時刻 を. tt かる 猿 まな,」、 

こころ さる ど さる 

心の 猿 か、 の棧 か、 

へだて の 杉戶 i 明けて 

こ ひ やみ を がら 《 'か 

戀ゅ ゑ閽の 長 廊下、 

かって し ひや 5 さく 

勝手 知った る 兵 作 が 

L ん よ しの S 

寢所 へ rJ も は 忍び入る 

内 はは をれ さ 露 知らぬ 

こ ひ を ゆめ , ► 

小雞が 夢の ねいりばな、 

おや 

か Ar- をめ ならぬ 親 さへ も 

ゆる をつ ど ひや 5 さく 

許した 夫 兵 作 が 

かへ. 5 を 夢に 待 ゥ ど さも 

L < ら、. ぬ あし さ あし 

知らぬ 九郞 は 拔き足 差し足、 

さぐる 枕 は 見.;^ ぼえ の 



か たぬき あま 

う 期う ^れば 狸 阿 魔、 

ZZ !± 置く さへ 已も S やおや 

はや たさ 

£ 早う 立ち去れ、」 S 

.V ち 

S まい まし さ の にくて 口 

ふ さ こる £ つん ク t して 

しゃ 5e そ W あ 

く 障子 も 反 合 はぬ 

居 またいで ほつ",. - 息、 

見 かへ 4 も せ卞 

出で て 行く 

あど み f かち はらく らう 

跡 見送って 梶原 九郞。 

むね に たくみ は わり.^ け の 

かた てばこ 

わか ク 搔き 立て、 手 E ょク 

取う S だす 

藥 の 壺。 

すかし ながめて はつ rj, リ £ 



鎌 倉 小 雛 失明 恨 



ひや 5 さく み 

かの 兵 作 £ 見ち がへ て 

ビ W や 5 がん て 

閉づる 兩服 手 さぐ ふに、 



用意 の くす A 

ひ SO こ ゑ 

あつ W 1 聲 はねおきる 



i 注せば、 



これ 



おさろ 一 



氣色 是は W 駭く 九郞 

め ひやち さく 

「さて は 女が たき 兵 作 さ 

たも ひど 

思; S し 人 は をれ ならで 

こ ひ を 

あがる る 小 雛 で あつたる か € 

の 



いま せん & 

今 さら 前後 たう わ 

むね 



|E に 乙た へる 泣/^ ゑ k 

み ど 

認め られ t € にげ も^る^ 

ぁヒ こひ& { ゥ$ 

跡 ド いさし や 小 雛の 苦痛 

くす の 毒氣 目 ド しみて 

せん ゆん ば 3- 

千 本 針 の やたら づき、 

がんお ゆ $ t 

眼中 さながら 燃 ゆる か € 



九 四 



あやしむ までの 死の くるしみ- 

ナチら 卞 € 雄雄しく も 

つけぎ J- づび 

HF 火 奴 を さぐって 埋み火 を 

, おこ かく あん! 

かき も 起す や 角行 燈 に 



うつせ <^ 浮世 の ひか. CNO 

?て 

^ は うつつ に 何もの か 



ちか 



近よ.^ 來し さ 思 ふた が 



g め 



やつば ゥ 夢 k は あら 卞 して 

を 

をの 折. くす, CS を さされた か? 

目界 見えす なった 力 W 



心づ S たる くち をし さで 

くだく る ばか.. 身 を もだえ、 

「ちえ、 ^ん ねん や、 口 をし や! 

あ ひて い 

相手 はたれ ざ 言 はす さも 

よ ひ かち 

ffi に く た 圈まら 



た ほかた 

大方 うらみ で 乙の しだら 

をん 

fo.o や 何 さ したら よから う ど o」 

思へば 思へば、 . ^さけ 無い! 

ひやう さく 

兵 作 さま の をの ほかに は 

» い む 3 

明けて 言 はれぬ 胸 の うち、 

親 の かたき が 討ちた さ に 

5 きょ みづ 

浮世 を しのぶ 水し わ fl^Q 

かみがみ 



神神 さま に 願 かけて 

^う ど 御な さけ、 乙の いのち 

S らして かたき が 打てるなら 

翌日 は 死ぬ • ^あ いさ; S ませぬ 

. ^う ど 御 慈悲 に うたせ て € 

祈った 斐 も 無い かい な。 

かたき の 顔 も 知らぬ 身 が 

めぐ. % 合 はす Z の やう に 



鎌 倉 小 雛 失明 恨 



を のち 

言 目 に 爲 つて 乙の 後に 

** ん 5 ) 

何 さ かたき が 打て やう ど。 

^5 かる ばか 

喃悲 しゃさ にて 

せん £ ふ かく &> 

前後 不覺 に 泣き しづ ひ 

あほれ - 

うらみ の rj^ ば 哀 なる 

やや 有ゥて かもて を たげ、 

「ちちう へ さま、 ははう へ さま、 

ふが ひ を をん &ざ まも 

贿 甲斐 無い 女め で 厶<> 升る 0. 

4 f もったい 

口 に 申す も 勿體 ない、 

おち , ► 

父う へさ ま は たれ あらう、 

へいけ か *^ > , に 

平家の 方に かくれ 無き 

た か 



重衡 さま £ いふ 御 方。 

御ん い たはし- 



おん {び 

も 御 首 を 



げんじ む しゃ 

あげた 源氏 の はした 武者 

ひど !=! ち 

せめて 一 太刀 かへ して € 



九 玉 



1 hs ¥1 IW-^lsiYl 一 



鎌 倉 小 雛 失明 恨 



九 六 



「いま は の 待に かか さま が 



をみ だ /J 

淚 ながら の 御 遺言。 

«>ら 

かなら す 怨み は かへ し まする ^, 



い ま ほ & 

ちか ふた 言葉 も 今 は 反古! 



兵 作 さま ^ • もろ^も ド 

こ こ ろ 

心 わ はせ て さぐった も 

たも & i 

思へば ^-れ が 名殘 か や!」 

さん if! んぜ か& L ひど 

三千世界 に 死ぬ 人の 

か? L 

數 は かぎり も 知れ まい k 

た ほ 



多. 



は 目し; S に ならす 死に、 



のケ あみ 

望み の 有る 身 は i ^まじ ひ k 



目し; S き なって 長ら へる 

めかい み わ 5C や 5 

目界 の 見えて の 往生 は 

か 

うらやましい さ 搔 きく^く^ 

L C5 かち ぽ らく ら 5 

始終 を たちぎ く 梶原 九郞、 



を 



さて はさ ばか. O 躍. 入. o、 

あ ま 

「阿 魔 め! い 



こど A 

事 吐かした な 



かく 言 ふ かれ が, をの 太刀 取、 



重衡 が をつ くび ちょん 切った 

剛の ものお や ^ 知らぬ か やい, 

さう 聞く 上 は .i^.*- しれえ、 

間ち が ひ ついで の 腹い せ ド 、 

息の根 さめる.. -覺悟 なせ!」 

1 おの かたき 

「さあて は 己れ が 仇敵 よな? 

ねん. わん あだ 

念願 つ; S に S ならす、 

fAy あ ふた か、 あ. がた や 

. ^おはらく ら$ 

うらみ tt つもる 梶原 九郞、 

め み * • ねん &き 

目 は 見えす £ % 念力 の . 

いかで 通 はで 置くべき か!」 

「やわ、 血 まよ ふた よま; 3 言、 



-<^oB= >c@o, :^ag)> 




) -[^ ゐん ぶん 

® 貰 is 



貧 すれば 緞子 S ねし はぶた への 

はだ も つづれに つつまれて 



紅栴 ぎぬ の 頰 S 見し 



きの ふの SH:^ .uv^ よみの 



をれ!」 £ 言 ひさ ま こしがたな 

ぬ ビ き 

拔 かん さ したる 時し も あれ、 

誰、 芝 は 知らす 障子!^ し , 

やつ さ 掛け/^ ゑ つきいだ す 

に らは く ら ろ 

白 刀 に 九郞 は わ きばら を 

づ ぶ.. £ 鏠 はれて たぢ たぢ たぢ。 

よこ かみ 

よ 2: めく 橫 の 紙し やう ヒ 

け ひらた 

さつ^ 蹴 開き 立ち いづる 



こ ひ をつ ど ひや s さく 

^^れ ど 小皺 が 失 の 兵 作! 

> ► かく £ こ, した 

かたき め、 覺悟! の 聲の下 

( ら$ 5 么く び 

も く も 九郞 の 細 首 は 

まへ お さ 

^roA, S 前に 落ち 粟 の 

M の いがいが 因果 の 道理 

かた. <^ つたへ て をの まま t 

3 つせ き ろく 

末世 の 屋 に き 君 ける。 



餘ょ 

る 所 も 



目め 知し 



い の 


は 




し 


は 


ら 


t 


で 


お、 


れ 


づ 


づ 


ぬ 


し 


や も, 


な 




が 


力 > 




て 


ほ 


< 


人!? 




し 


身み 


や 


*j リ 








な 


の 




の 


に 


の 


屋ゃ 


が 




貧 


> - 


な 




に 


ら 


い 


に 


は し 


ふ 


屑 






力 > 




It h 


竹 g 


u 




身み 


It 




m は 


か 


る 


ま 


も 


ど 




の せ 


こ、、 




れ 




や 


れ 




の 




で 
し 


U 

t 

b 





來 





It 






泥? 




わ 




の 






の 




れ 




な 












色 S 


お、 


百; 


み 


ち 


白 2 


末 
人" の 


は 


に 


合/, 


な 


に 


m 






の ふ 






のん 


の 
























淸會 


花 ま 




る 


猩 5e 


m 


あ 


m 


m ム 


k 


緋? 


る 


の; 


泥? 


や に 




ひ 


に 


t 




に 


お、 


田お 












な さ 


へ 




疾さ 


おゆ 




か 


ん 


力 > 




< 


ひ 




ふ 


h 


し 






哲 

に 






出 









れ 








す 







秋き 




な 




甲 か 


キ、 く 




は 




な 




斐ひ 
絹き 














の 








は 


な 


&み 




ろ 


A 

ヌ 




X 




の 


ね 








Y\ 






す 




ふ 






け 


や 


み 


ほ 






骨 'ま 




せ 




を 




ふ 


さ 






鳴 を 




み 


ば 


へ 


橐 


見み 




ゆ 


ぢ 


X 




腰? 






< 




に 




に 


る 







氣き 




田た 






せ 




k 




m 




ひ 
か 


す 














し 






み 








•mt: 





ぢ 



喜?, 




や 


け 




指' さ 






せ 


ふ 




に 


の 




帶 g 


は 




裂 さ 
お、 


は 


世よ 


力 > 


無き 紅き 


歌 も 


れ 


て 


は 


け 


常 t 白? 


k 




t 




し 


の 
















さ 




ん 


紙 i' 






ぬ 


み 








め 


ぎ 


れ 


る 




の は 


し 


ぬ 


め 


の 


h 


b 




の 



か U 引 g % 
らのゎ 
に h 

さ 



,s H?il が^ ^ ^^^^ y 



てんち だいか.^ ろ 

われ も 夭 地の 大拱爐 

K たけ か& 

をれ にも 似た る 竹 籠に 

ひど かみ 

にな ふて かへ る 人の 紙 

みくだ ん はし 

三行半の 端 も あり、 

結納 乙め しも あるべき 

S づれも わかで 五十 年 

.& の * & の 

をれ を 命に 漉き 延ばす 

ぶん か 

いづく k 分 を 欠くべき ど。 

欠か 玄 S S へ^ 欠きし にも 

さる すがた を 見る からに 

たのまれぬ キ 1 の は うき 世 かな。 

かもせ こ みた S- 

夫婦 ふた 4 に 子 は 三人、 

ひかし は いまの 胡麻 驢も 

いろ 

びん づら く h: く、 色 も Z く 

かま^ ir つみて われ. ia> べに 



.& つたい 

ふた 1 體 ふさ はしき 

妻 も わ 6を の 海よ ゥも 

深き 慈愛の 子 も うまれ、 

子 さま ^もへば 身の はし W 

ふしぎ め 

をら 不思 儀に も 目の くれて, 

わが 身の つとめ まも 6 ふだ 

まも かみ 

守らぬ 神の わる もの か 

お a よ ひんて き 

思へ うき 世 は 貧の 敵 

、 I ん らばん しゃ 5 

森 羅萬象 乙 €ru さく 

じひ きちね ぶ 

慈悲の か tt 着て 血 舐る。 

e や 5 か S げ かい くも 

上界 下界 雲 ひ £ へ、 

ひどへ せん W ばんなん 

1 重 は 千里、 萬 人の 

こ ゑ 

くるしむ 聲は つた はらす 

量 は かるけれ^ s£ 重き 

乙が ねに 代へ し 羽衣 も 



^ レ n ^ wwi.kw-- 



貧 



〇〇 



人に ぬ はせ て 舞 ふ をら の 

IK 女 は ; S さ A> 月お 見る 

び 言? 

ま NJ^ わらば 、 甲 等^ 

い つき 

言 はれし かひに 月 だに も 

? め 

思 ひやる 目 も あるべき を 

L が ほ 

知らす 顔に て にしきに は 

さら 

. て. て つづれに めかす 

e やしゃ 5 みお を K 

邪 正の 道に 繩 うちて 

ただ 

正せば ゆがむ か はぎし の 

みみ づも 夜 は ほたる^^ 

いろ よ ♦ を か 

色 を よ を ほふ 世の 中に 

ひど ね ほ 

か, ャ,, れる 人の 多き かな。 

をに かみ 

何お い はれに 紘さ 石、 

か た よ を か 

片 し なる 世の 中 か 

ど かた 

富みた る 方 は うらやま 卞 



な^ まづ しき か . さ f- ゥ得, 



ふまれて さわぐ 溷 板に、 



簡耳 たてて ゑむ つまの 

問 はぬ^ くるし うすまう け 

よ こ を K 

世 は せちがらく なる 子繩、 

こ tn- ひど もち 

ひすぶ 紙撚の j 筋 も 

かに すてぬ うき 世よ .o 

つなぎの 乙せ し H.! の 緒の 

ど ひ 

糸の はし 引く はかな よ。 

ら にん. «- ち 

われ も さもに 五 人口 

& はん ろ 

五 人に